パナソニック MK-K81 ミキサー・フードプロセッサー評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥9,090
パナソニック MK-K81 ミキサー・フードプロセッサーの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック MK-K81がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/09/23 更新

ランク王編集部

料理の下ごしらえは、この1台で バッチリできます。

3種類のカッターとパンをこねる羽根が付いた使い勝手がとてもいいフードプロセッサーです。中でも野菜の千切りができ

るカッターとパンをこねる羽根が付いているのは、この機種だけです。また、高速・粗びき・低速と速さを変えることがで

きるので自分好みに仕上げることができます。料理の下ごしらえをするには、これ1台で何でもできるのでとても時間の節

約になりますよ。

料理好きな方には、是非おすすめです。また、日々の仕事が忙しく、作り置きをしておきたい方にもピッタリの商品です。

カッターは、簡単にかえることができるので使いこなせるか自信の無い方も全く大丈夫です。

MK-K81の基本スペック

ミキサータイプ フードプロセッサー 設置タイプ 据え置き
容量【L】 - L 回転数【回/分】 ナイフカッター使用時(無負荷時)、スライス・せん切りカッター使用時(無負荷時):2900(高速回転時)、2200(低速回転時) 回/分
定格時間(連続使用時間)【分】 ナイフカッター使用時:30、スライス・せん切りカッター使用時:30 分 消費電力【W】 ナイフカッター使用時:120、スライス・せん切りカッター使用時:120 W
コード長【m】 1 m きざむ
つぶす・おろす スライス・せん切り
こねる ジューサー -
泡立てる - サイズ【mm】 154x212x225 mm
重量【Kg】 2.8 Kg

MK-K81のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

気になるレビューをピックアップ

高評価が多いトピック

「性能」に関するユーザーの反応 まとめ

面倒な玉ねぎのみじん切りが数秒でできるといった声やお肉のミンチが一瞬でできるとの声がありました。時間のかかる料理の下ごしらえが簡単にできるようです。調理時間を短縮したいと考えている方に、向いているといえるでしょう。

「ガラス容器」に関するユーザーの反応 まとめ

ガラス容器で良いといった口コミがいくつか見られました。多少重いですが、臭い移りがなく、衛生面で安心だそうです。食材への臭い移りが気になる方に向いているといえるでしょう食品と一緒に使用するものなので、安心して使える商品と言えそうです。

「価格」に関するユーザーの反応 まとめ

コスパが良いといった口コミが見られました。簡単にみじん切りができるのに、価格が安くて嬉しいという声もありました。機能性と価格、両方を重視したい人に向いていると言えるでしょう。

低評価が多いトピック

「重量」に関するユーザーの反応 まとめ

容器が重たいといった口コミが多く見られました。ガラス製のためそれ相応の重量があるようです。使用する上で重さが負担になるか検討する必要ありそうです。

「性能」に関するユーザーの反応 まとめ

みじん切りや千切りの精度に不満を感じているといった口コミが見られました。野菜を切る際きれいに切れない部分がでてきたりみじん切りの程度の調整が上手くいかなかったりするそうです。大量に下ごしらえをする際には、時短になる商品と言えそうですが、用途を考慮して検討する必要がありそうです。

「刃」に関するユーザーの反応 まとめ

切れ味が良いだけに、洗う際指を切ってしまったという口コミが見られました。刃が鋭いため注意しているという声もあります。使用後の洗浄など刃に触れる際は、怪我をしてしまわないよう注意する必要がありそうです。

この商品が紹介されているランキング

【徹底比較】フードプロセッサーとジューサーの違い|兼用タイプもご紹介のサムネイル画像

【徹底比較】フードプロセッサーとジューサーの違い|兼用タイプもご紹介

2021/09/08

【2021最新】フードプロセッサー比較&おすすめ24選|各メーカー特徴・口コミも!のサムネイル画像

【2021最新】フードプロセッサー比較&おすすめ24選|各メーカー特徴・口コミも!

2021/08/29

【徹底比較】フードプロセッサーのメーカー|特徴やおすすめ商品も紹介!のサムネイル画像

【徹底比較】フードプロセッサーのメーカー|特徴やおすすめ商品も紹介!

2021/09/16

フードプロセッサーとハンドブレンダーの違い|離乳食におすすめなのはどっち?のサムネイル画像

フードプロセッサーとハンドブレンダーの違い|離乳食におすすめなのはどっち?

2021/08/25

【2021年最新】おすすめのフードプロセッサー16選|安い・一人暮らしモデルも!のサムネイル画像

【2021年最新】おすすめのフードプロセッサー16選|安い・一人暮らしモデルも!

2021/08/24

【2021最新】ペーストにおすすめのフードプロセッサー12選|離乳食も!のサムネイル画像

【2021最新】ペーストにおすすめのフードプロセッサー12選|離乳食も!

2021/08/24

【徹底解説】フードプロセッサーでパンを作るコツ|ホームベーカリーと比較のサムネイル画像

【徹底解説】フードプロセッサーでパンを作るコツ|ホームベーカリーと比較

2021/06/08

【徹底解説】ミキサーでみじん切りはできる?手動みじん切り器やフードプロセッサーも紹介!のサムネイル画像

【徹底解説】ミキサーでみじん切りはできる?手動みじん切り器やフードプロセッサーも紹介!

2021/05/18

【2021最新】フードプロセッサーのおすすめ10選|離乳食・お菓子のレシピも紹介のサムネイル画像

【2021最新】フードプロセッサーのおすすめ10選|離乳食・お菓子のレシピも紹介

2021/09/21

【みじん切りができる】フードプロセッサーおすすめ10選|使い方も!のサムネイル画像

【みじん切りができる】フードプロセッサーおすすめ10選|使い方も!

2021/02/03

【フードプロセッサーから煙?】原因と対策を紹介|発火することものサムネイル画像

【フードプロセッサーから煙?】原因と対策を紹介|発火することも

2020/12/07

多機能フードプロセッサー10選|千切りやみじん切りを簡単に!のサムネイル画像

多機能フードプロセッサー10選|千切りやみじん切りを簡単に!

2020/11/30

【2021最新】ガラス製のフードプロセッサーおすすめ10選|安いモデルものサムネイル画像

【2021最新】ガラス製のフードプロセッサーおすすめ10選|安いモデルも

2021/02/10

【徹底比較】大容量フードプロセッサーのおすすめ10選|業務用ものサムネイル画像

【徹底比較】大容量フードプロセッサーのおすすめ10選|業務用も

2021/02/10

【2021最新】高級フードプロセッサー12選|高性能モデルで料理を手軽に!のサムネイル画像

【2021最新】高級フードプロセッサー12選|高性能モデルで料理を手軽に!

2021/02/10

【徹底解説】フードプロセッサーが動かない時の原因と対処法!のサムネイル画像

【徹底解説】フードプロセッサーが動かない時の原因と対処法!

2021/02/03

【徹底比較】フードプロセッサーの価格順おすすめ12選|相場は?口コミものサムネイル画像

【徹底比較】フードプロセッサーの価格順おすすめ12選|相場は?口コミも

2021/02/12

【時短家電】フードプロセッサー10選|選び方・カレーレシピも紹介!のサムネイル画像

【時短家電】フードプロセッサー10選|選び方・カレーレシピも紹介!

2021/02/04

【2021最新版】結婚祝いにおすすめフードプロセッサー9選|縁起の良さ!のサムネイル画像

【2021最新版】結婚祝いにおすすめフードプロセッサー9選|縁起の良さ!

2021/02/03

一人暮らし用おすすめフードプロセッサー5選|人気のパナソニックも!のサムネイル画像

一人暮らし用おすすめフードプロセッサー5選|人気のパナソニックも!

2021/02/03

パナソニック MK-K81の基本スペック

パナソニック(Panasonic)

MK-K81 ミキサー・フードプロセッサー

価格:12,956円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 MK-K81 ミキサー・フードプロセッサー
容量 最大500g 消費電力 120W
定格時間(連続使用時間) 30分 回転数 2200~2900回/分
コード長 1m サイズ 154x212x225mm
重量 2.8kg 付属品 へら付きブラシ,カッター3種類

パナソニック MK-K81のおすすめポイント

1台8役!料理に合わせて大活躍

MK-K81には、刻む・する・混ぜる・おろす・粗おろし・こねる・スライス・千切りの8種類の機能が搭載されています。ミキサー・おろし金・スライサーを買わなくてもこれ1つで十分なのが嬉しいポイントです。パンの羽根を装着すれば、パン生地をこねることも可能です。また、鬼おろしカッターを使うことで水分の少ないシャキシャキした大根おろしができます。

高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」搭載

高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」が搭載されているのも特徴です。ゴマやナッツ類のすり潰しやパン生地作りは高速・野菜のみじん切りや肉のミンチ作りはあらびき・うどん生地作りや魚をすり身にする際には低速と用途よって使い分けられます。しかし、刻みサイズの調整はボタンではできないので、蓋を押さえる時間で調整してください。

ブラックハードチタンカッター採用で耐久度も◎

MK-K81は硬度がチタンの約1.2倍の「ブラックハードチタンカッター」を採用しています。ブラックハードチタンは切れ味が鋭く短時間で食材を刻めるほか、耐久性も高いので長く使用できるのが魅力です。

コードリール式で収納時もスッキリ

使用時のコード長は1mと一般的ですが、コードリール式(コードを巻きとる機能)のため使わないときはスッキリ収納できます。コードを取り外すタイプは収納時に無くしたり、逆に取り外せないタイプは絡まったりすることがありますが、コードリール式はどちらの悩みも解決してくれます。

容器はお手入れの楽なガラス製

食材を入れる容器部分はガラスでできているため、脂のぬめりが落ちやすくお手入れが簡単なのもポイントです。食材の臭い移りも少なく済みます。人によっては重く感じる方もいますが、重量感のおかげで使用時のガタつきが少ないというメリットもあります。

パナソニック MK-K81の悪い点をレビュー

使い方にコツが必要

思い通りの細かさにみじん切りができなかったり、千切りの太さがバラバラになることもあるようです。しかし、「あっという間に千切りができた」「使いやすい」「コツを掴んでからはうまくできるようになった」という意見も多数あります。

パーツが収納できない

機能を増やすために、鬼おろしカッター・パンの羽根といった多くのパーツがあります。しかし、パーツ類を付属の保管容器にすべて収納できないのが不便なようです。すっきり収納したい方は、すべてのパーツを収納できるサイズの容器を別途購入する必要があります。

熱に弱いため食洗器や熱湯がNG

ガラス自体は熱に強いのですが、容器の中心部にある樹脂部分が熱に弱く、熱湯消毒や食洗器での利用はできません。樹脂部分が変形すると使えなくなることもあるので、食洗器をお持ちの方や熱湯消毒をお考えの方は注意してください。

水分の多いものは漏れることも

ポタージュやスムージーなどの水分の多いものを調理すると、蓋とガラス容器の間から漏れ出るというレビューも数件ありました。全体量をかなり減らしても漏れ出るとのことなので、汚れや掃除の手間が気になる方は、みじん切り・千切りといった用途に留めた方がよさそうです。

実際の口コミ

使い方が分からない! キャベツの千切りすれば、粉々になる。 玉ねぎのみじん切りすれば、ドロドロになる。 それぞれの刃の使い方をレビューして欲しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

収納面をあまり考えられなかったのか、パーツがとても片付けにくい。収まりきらないものもあるし…。

出典:https://www.amazon.co.jp

ただガラス容器の中央の樹脂部分が熱に弱く同社の食器洗い機で洗った程度で変形して使えなくなります 食器洗い機をお使いの方は本当にご注意ください 本体にも「食洗器NG」と紙を入れて欲しいぐらい残念です

出典:https://www.amazon.co.jp

玉ねぎのみじん切り等は問題なかったのですが、野菜のポタージュを作ろうとして水分が入ると、全体量を相当少なくしても、ガラス容器と蓋の間から漏れ出てきて、ガッカリな結果でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック MK-K81の良い点をレビュー

みじん切り・ミンチ・千切りもあっという間

玉ねぎなら1分もかからずに、ペーストに近いみじん切りができます。キャベツの千切りをする際も、食材の投入口が広いため1枚ずつバラす必要がなく、一度に4分の1を切れて切ることが可能です。ミンチ肉もあっという間にできるため、市販のミンチ肉に入っている添加物が気になる方にも高く評価されています。

おろし・とろろカッターを使えば大根・山芋も楽々おろせる

大根や山芋をおろせる「おろし・とろろカッター」も好評です。手動でおろし金を使う際に手を怪我したり、山芋をおろすときに痒くなったりするリスクを回避できます。おろす作業には意外と体力が必要なので、体力に自信のないご年配の方にもぴったりです。

重量感があるため安定する

容器がガラス製のため重くて運びにくいという意見もありますが、重量感があってどっしりとした形状のため、使用時にガタつきがないのが評価されています。1日に何度も出し入れをする方には負担がかかりますが、出しっぱなしにして使う方にはおすすめです。

有名国内メーカーで安心

Amazon・楽天などのネットショップでは、海外メーカーの商品が多く出品されています。しかし、見た目重視ですぐに故障したり、説明書の情報が不足していたりと不便なこともあります。パナソニックは国内メーカーなので、問い合わせがしやすく修理にも出しやすい点は高く評価されています。

実際の口コミ

大根おろしも簡単にできますし、みじん切りもあっという間です。スーパーで買うひき肉は混ぜ物と脂ばかりで体にもよくないのでフードプロセッサーでひき肉を作ったりしてます。洗う時間も考慮してもこんなに料理が時短できるなら、もっと早く買えばよかったと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャベツの千切りがしたくてこちらを購入しました。材料の投入口が大きくて1度に4分の1位が刻めるので大変便利です。1枚ずつバラさなくても大丈夫です。細いきゅうりなどには別の投入口があるので立てた状態でスライスすることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

意外だったのは、おろし金です。金属製です。 いままでは、手でやっていたのですが、試しにやってみて びっくり。簡単すぎました。 だいこん、やまいも、だいじょうぶです

出典:https://www.amazon.co.jp

魚のミンチやハンバーグなど、今まで時間がかかっていた準備が、すぐに終わります。 耐熱容器で重いですが、使用している時に重量感があり本体自体のガタツキもなくいい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Amazon's choiceなどで候補に出てくる安価なものから選ぼうとしていましたが、安価な製品は販売元を調べるとほぼ中国となっており、更にサクラチェッカーというサイトでレビュー等の安全性を調べたところサクラ度99%と出たので、信頼出来るPanasonic製品を買うことに決めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

MK-K81とMK-K48Pの違い

パナソニック

MK-K48P

価格:6,100円 (税込)

何でもこなせる!1台4役の万能フードプロセッサー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のパナソニック製。1台できざむ、混ぜる、する、おろす、の4役をこなすフードプロセッサーです。コンパクトサイズですが500gものハンバーグのタネを作れるほどの大容量。いろいろな調理の下ごしらえに大活躍します。

ナイフカッターとおろしカッターがついてくるので、これ一台でひき肉づくりからみじん切り、材料のまぜ合わせに大根おろし、とろろ作りと様々な調理がこなせます。野菜のペーストもお手の物なので離乳食にもぴったり。ステンレスの刃とガラスの容器なのでお手入れもカンタンで清潔に保てます。一台あれば料理の幅が広がり調理時間の節約にもなります。毎日家族ために料理を作るあなたに!
ミキサータイプ フードプロセッサー 設置タイプ 据え置き
容量【L】 -L 回転数【回/分】 ナイフカッター使用時:2900(無負荷時)回/分
定格時間(連続使用時間)【分】 ナイフカッター使用時:30分 消費電力【W】 ナイフカッター使用時:120W
コード長【m】 1m きざむ
つぶす・おろす スライス・せん切り -
こねる - ジューサー -
泡立てる - サイズ【mm】 155x190x225mm
重量【Kg】 2.6Kg

パナソニック MK-K48Pは、MK-K81より前に発売したモデルで、よりシンプルな機能が特徴的です。容量はどちらも同じく最大500gですが、本体の重量はMK-K48Pが2.6kgと200g程度軽く、サイズも155x190x225と多少コンパクトになります。消費電力・回転数・定格時間に関しては全く同じです。

 

大きな違いは、MK-K48Pには3段切り替えスイッチを搭載していないことです。MK-K81は食材や用途によって高速・あらびき・低速にスイッチを切り替えられますが、MK-K48Pはすべて1通りのスピードで使うことになります。食材によってスピードを調節したい方はMK-K81を選んでください。

 

また、MK-K48には基本のナイフカッターとおろし・とろろカッター以外のアタッチメントが付属していません。MK-K81にはすべてのアタッチメントが付属しているため、パン生地作りやスライサーとしての使用を考える方には、MK-K81をおすすめします。価格はMK-K48の方が約2倍高いため、とにかくシンプルなものを安く購入したい方にはMK-K48P、アタッチメントが多くて機能が充実している方がいい方にはMK-K81が適しています。

パナソニック MK-K81とタイガー魔法瓶(TIGER) SKF-H100の違い

タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンフードプロセッサー SKF-H100

価格:10,463円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガー魔法瓶 SKF-H100Kは、2019年3月に発売したフードプロセッサー。サイズは287x238x179mmとMK-K81よりも大きいですが、容器がステンレス製のため重量は2.6kgと僅かに軽いです。スピードは高速・低速に2段階に分かれており、MK-K81ほど細分化されていません。また、高速時の回転数は2,800回で低速時は1,600回と、MK-K81よりも少ないのも特徴です。最大消費電力は160Wなので、硬い食材に適していると言えます。

 

ステンレス製カップはガラスと同じく臭いが付きにくく、ディンプル加工が施してあるため食材が張り付きにくくなっています。そのため、食材の張り付きが気になる方や軽さを重視する方はSKF-H100K、中身を見ながら調理をしたい方はMK-K81がおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

MK-K81 ミキサー・フードプロセッサー

価格:13,891円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック MK-K81について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

MK-K81は1台で、刻む・する・混ぜる・おろすなど8役をこなせる万能なフードプロセッサーです。3段階でスピード調整ができるため、食材に応じた使い分けもできます。また、ガラス製で重量感があるので安定感があります。一方で、慣れるにはコツが必要なことや、食洗器には対応していないことには注意が必要です。

 

以上の点から、さまざまな用途や食材の下ごしらえに使いたい方・ガタつきを抑えた使い心地をお求めの方におすすめの商品です。ガラス製のため、中の食材の様子を見ながら使いたい方にもぴったりの商品だと言えます。MK-K81は玉ねぎのみじん切りや肉のミンチだけでなく、パン生地をこねたりキャベツの千切りをしたりとさまざまな料理に使えます。気になった方は、ぜひチェックしてください。