フードプロセッサーのレシピ12選&レシピ本5選|主菜からお菓子まで

フードプロセッサーは調理を簡単にするだけでなく、時短も叶えてくれます。「フープロは便利と聞くけど、実際はどうなの?」と購入を迷っている方もぜひ参考にしてください。主菜やスープからお菓子まで、フードプロセッサーを使ったレシピとレシピ本をまとめてご紹介します。

2020/12/05 更新

フードプロセッサーはみじん切りや千切り、捏ねたり混ぜたりをボタン1つで行ってくれます。野菜のみじん切りや千切りは慣れていないと時間がかかりますし、慣れていても面倒に感じることもありますよね。そんな時に役立つアイテムです。

 

また、捏ねたり混ぜたりといった工程も行ってくれるので、ハンバーグやスープ作りにもとても便利です。時短になり、仕事や家事で忙しい日々を手助けしてくれます

 

しかし、いくら便利でも、活用するレシピが少なくマンネリ化してしまっては宝の持ち腐れです。せっかくなら、いろいろな料理を楽しみたいですよね。そこで今回はさまざまなレシピをご紹介!主菜やスープ・お菓子の他、おすすめの簡単・時短レシピもあります。毎日のごはん作りにお役立てください。

今すぐ見る!フードプロセッサーのおすすめレシピ本5選

まずはフードプロセッサーを活用した主菜のレシピを3つご紹介します。フードプロセッサーを上手に使って、毎日のおかず作りを楽にしましょう。

ハンバーグ

材料(2人分)

  • 合びき肉…250g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 卵…1個
  • パン粉…大さじ4
  • 牛乳…大さじ2
  • 塩コショウ…少々
  • ナツメグ(あれば)…少々
  • サラダ油(焼き用)…大さじ1

 

作り方

  1. 玉ねぎをフードプロセッサーでみじん切りにして炒める
  2. フードプロセッサーで、サラダ油以外の材料をすべて混ぜる
  3. タネを楕円形にまとめ、真ん中をくぼませる
  4. フライパンで両面を焼き、弱火にして蓋をし、蒸し焼きにする

 

まずは定番のハンバーグのレシピをご紹介します。料理に慣れている方なら簡単な玉ねぎのみじん切りも、慣れていないと時間がかかってしまいますよね。細かく刻むのも一苦労ですが、フードプロセッサーなら簡単です。

 

また、フードプロセッサーを使ってお肉をこねることで、手がベタベタと汚れることを防げますし、手の温度でお肉が温まってしまうといったこともありません。ご家族の大好きなハンバーグを作る頻度を増やせますね。

ピーマンの肉詰め

材料(2人前)

  • ピーマン…6個
  • 合びき肉…300g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 卵…1個
  • パン粉…大さじ1
  • 牛乳…大さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • 小麦粉…適量
  • サラダ油(焼き用)…小さじ2

 

作り方

  1. フードプロセッサーで玉ねぎをみじん切りにする
  2. 肉・玉ねぎ・卵・パン粉・牛乳・塩コショウをフードプロセッサーで混ぜる
  3. ピーマンを縦にカットして種を取り、内側に小麦粉をまぶす
  4. ピーマンに2の肉だねを詰め、表面に小麦粉をまぶす
  5. 肉だねを下にしてフライパンで焼く
  6. 焼けたら裏返して弱火にし、蓋をして蒸し焼きにする

 

ピーマンの肉詰めでも、玉ねぎのみじん切りをしたり、肉だねをこねたりとフードプロセッサーが大活躍します。ねっとりした感触が苦手、手に生臭いニオイが付くのが嫌といった方にもおすすめです。

 

ピーマンの肉詰めのソースは、ケチャップやウスターソースだけでなく、辛子+しょう油の組み合わせも合います。ちょっと手を加えて、あんかけ風にしても美味しそうですね。

レンコンつくね

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉…200g
  • レンコン(小)…一節
  • 長ネギ…1/3本
  • 片栗粉…小さじ1
  • サラダ油(焼き用)…大さじ1
  • タレ…しょうゆ・みりん・酒・砂糖を各大さじ1

 

作り方

  1. レンコンは皮を剥き、長ネギは短くカットする
  2. サラダ油とタレ以外の材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで潰す
  3. 2の肉だねを食べやすい大きさに分けて形を整える
  4. フライパンで両面を焼いたら弱火にし、蓋をして蒸し焼きにする
  5. タレの材料を入れ、よく絡める

 

上記のハンバーグやピーマンの肉詰めのレシピとは違い、こちらのレシピでは肉だねの材料を一度にフードプロセッサーに入れてなめらかにします。手間がかからず簡単ですね。

 

レンコンのシャキシャキした食感を残したい場合は、レンコンの半分を別にしてフードプロセッサーで細かくしておくとよいでしょう。残りの肉だねの材料をフードプロセッサーでなめらかにし、細かくしたレンコンを加えてこねてください。

 

他には、肉だねにスライスしたレンコンをのせて焼くのもおすすめ。盛り付けには、お好みで大葉や糸唐辛子、小口切りした万能ねぎなどを飾ってもおしゃれですよ。

フードプロセッサーを使えばスープも簡単に作れます。野菜の下準備があっという間にできるので、具沢山のスープも手早く作ることができます。

ガスパチョ

材料(2人前)

  • トマト…1個
  • きゅうり…1/2本
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ピーマン…1/2個
  • 食パン8枚切り…1/2枚
  • トマトジュース…200ml
  • ワインビネガー…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1
  • にんにく…1片
  • 塩コショウ…少々

 

作り方

  1. ヘタを切ったトマトはザク切りにし、きゅうり・玉ねぎ・ピーマン・食パンは小さく切る
  2. 1と調味料類をフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで潰す
  3. 冷蔵庫で冷やす

 

冷たいガスパチョは暑い夏におすすめのスープです。新鮮な野菜をたっぷり使って、自分で簡単に作ることができますよ。すべての材料を手作業でなめらかにするのは大変ですが、フードプロセッサーならあっという間です。

 

盛り付けには、イタリアンパセリなどを添えるとぐっとおしゃれになりますね。細かく切ったトマト・きゅうり・玉ねぎを少し残しておいて、トッピングするのもおすすめです。

緑黄色野菜のポタージュ

材料(2人分)

  • かぼちゃ…70g
  • トマト…1/2個
  • 人参…1/3本
  • 玉ねぎ(小)…1/4個
  • パプリカ…30g
  • 水…150ml
  • 牛乳…50ml
  • コンソメ…小さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • バター(炒め用)…10g

 

作り方

  1. 野菜の皮やヘタを取り除いて細かく切って、玉ねぎはスライスする
  2. 鍋で玉ねぎをしんなりするまで炒め、残りの野菜を加えてさらに炒める
  3. 水・コンソメを加えて煮る
  4. 野菜が柔らかくなったら、火を止めて冷ます
  5. フードプロセッサーでなめらかになるまで潰す
  6. ザルなどで裏ごししながら鍋に戻し、牛乳を加える
  7. 温めながら塩コショウで味を調える

 

ポタージュもフードプロセッサーを使うことで簡単になめらかになります。野菜を炒めるのが面倒な場合は、レンジでかぼちゃを柔らかくし、フードプロセッサーで野菜類をすりつぶして、鍋で調味料とともに煮てもOK。フードプロセッサーがあれば時短レシピの幅も広がりますね。

 

使う野菜はアレンジもできます。かぼちゃの皮を取り除かずに使うのも栄養たっぷりでおすすめ。パプリカの代わりにセロリやブロッコリーを加えるレシピもあります。また、牛乳の代わりに豆乳を使ってもいいですね。

 

盛り付けは、パセリやチャービルなどのハーブを散らせば、カフェ風に。生クリームで模様を描けば、さらにおしゃれになりますよ。

カボチャスープ

材料(2人分)

  • カボチャ…1/8個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 牛乳…300ml
  • 水…50ml
  • コンソメ…小さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • バター(炒め用)…大さじ1/2

 

作り方

  1. カボチャは電子レンジで柔らかくし、皮を剥いて細く切って、玉ねぎはスライスする
  2. 鍋で玉ねぎをしんなりするまで炒める
  3. カボチャを加えて炒める
  4. 水とコンソメを入れて煮る
  5. 冷ましてからフードプロセッサー入れ、なめらかになるまで潰す
  6. 鍋に戻し、牛乳を加えて温め、塩コショウで味を調える

 

硬くて扱いづらいカボチャも電子レンジとフードプロセッサーを使うことで簡単に調理できます。カボチャスープも手軽に作れますよ。カボチャは電子レンジで柔らかくすることで皮が剥きやすくなり、炒め時間も短縮できます。

 

炒める時間がない場合は、電子レンジにかけてからフードプロセッサーでペースト状にし、調味料と一緒に煮る調理方法でもOKさらに、牛乳の代わりに豆乳を入れたり、少しだけ生クリームを入れたりとアレンジもできます。

今すぐ見る!フードプロセッサーのおすすめレシピ本5選

フードプロセッサーを使えば、時間がかかる作業も手早く完了します。手の混んだメニューはついつい出来合いのものを買ってきてしまいがちですが、ぜひフードプロセッサーを使った簡単・時短レシピでチャレンジしてみましょう

ミートソース

材料

  • 合びき肉…200g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 人参…2/3本
  • セロリ…1/2本
  • ニンニク…1かけ
  • トマト缶…1缶
  • 水…100ml
  • コンソメ…小さじ2
  • ウスターまたは中濃ソース…大さじ2
  • ケチャップ…大さじ2
  • 塩コショウ…少々
  • サラダ油(炒め用)…大さじ1/2

 

作り方

  1. 野菜(ニンニク含む)をフードプロセッサーでみじん切りにする
  2. 1をフライパンで炒める
  3. 2に合いびき肉を入れ、塩コショウを加えて炒める
  4. トマト缶・水・コンソメを入れ、トマトを潰しながら煮る
  5. 煮立ったら、ウスター(中濃)ソースとケチャップを入れ、とろみが出るまで煮る

 

フードプロセッサーを使えば、野菜たっぷりのミートソースも簡単に作れます。ひき肉だけでなく、玉ねぎや人参、セロリを加えることで、野菜の旨みが加わり、栄養もアップしますよ。

 

トマト缶はホールでもカットでもどちらでも作れますが、ペースト状の料理にはホールがおすすめ。トマト缶もフードプロセッサーにかけてからフライパンに入れると、煮ながら潰す手間が省けます

 

ミートソースは作り置きにも便利です。大量に作ってストックしておくことで、パスタやドリア、グラタンなどさまざまなメニューにアレンジ可能です。ぜひ時短メニューに活用してください。

甘辛つくね

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉…200g
  • 長ネギ…1/2本
  • しいたけ…1個
  • しょうが…1片
  • 卵…1個
  • 片栗粉…大さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • サラダ油(焼き用)…大さじ1
  • タレ…しょうゆ・みりん各大さじ2、酒・砂糖各大さじ1

 

作り方

  1. サラダ油とタレの材料以外をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで潰す
  2. 食べやすい大きさに分けて形を整える
  3. フライパンで両面を焼く
  4. 火を止めてキッチンペーパーなどで余計な油を拭き取る
  5. 火をつけ、タレの材料を入れて絡める

 

こちらは、おかずやおつまみにおすすめの甘辛つくねのレシピです。しいたけ入りの手の込んだつくねも、フードプロセッサーなら簡単に作れます。長ネギやしいたけをみじん切りにする手間も、手でなめらかになるまでこねる手間も、すべてフードプロセッサーにお任せできます。

 

しいたけの他に、人参やゴボウなどを入れても美味しそうですね。少し手を加えてお店風に串に刺して焼いたり、盛り付けに糸唐辛子を添えたりすると見た目もアップします。お好みで卵黄を絡めて食べるのもおすすめです。

伊達巻き

材料

  • 卵…6個
  • はんぺん…1枚
  • 砂糖…大さじ4
  • みりん…大さじ2
  • 白だし…小さじ2
  • サラダ油(焼き用)…適量

 

作り方

  1. すべての材料をフードプロセッサーに入れる
  2. なめらかになるまで混ぜる
  3. フライパンにサラダ油を塗り、2を流し入れ、蓋をして弱火で焼く
  4. まな板にのせ、四角くなるようにカットする
  5. 巻きすを使って巻く
  6. 輪ゴムで固定して冷ます

 

おせちの定番「伊達巻」もフードプロセッサーで気軽にチャレンジできます。魚のすり身ははんぺんで代用し、だし汁の代わりに白だしを使うと便利です。

 

オーブンや卵焼き器がある場合は活用し、ない場合は上記の作り方のようにフライパンで焼いた後で四角くカットすればOKです。フードプロセッサーで材料をすべて混ぜた後、焼いて巻くだけなので、とても簡単です。

必要な材料や道具が多く、工程も複雑なお菓子作りも、フードプロセッサーがあれば作れるレシピの幅が広がります。来客時にも便利なレシピを3つご紹介します。

スコーン

材料(8個分)

  • 薄力粉…200g
  • グラニュー糖…40g
  • ベーキングパウダー…6g
  • 無塩バター…60g
  • 塩…2g
  • 牛乳…100ml

作り方

  1. フードプロセッサーに粉類を入れて混ぜる
  2. 小さめにカットしたバターを加えてサラサラになるまで混ぜる
  3. 2をボウルに移し、牛乳を加えてヘラなどで切るように混ぜる
  4. ラップにくるみ、冷蔵庫で30分寝かせる
  5. 麺棒で平らに伸ばし、8等分する
  6. 200℃に予熱したオーブンで13〜15分ほど焼く

 

フードプロセッサーを使えば難しそうなスコーンも簡単です。バターと粉類はサラサラになるように混ぜますが、手で行うとバターが溶けて失敗してしまいがちです。でも、フードプロセッサーならあっという間に混ざります

 

スコーンで使う小麦粉は、薄力粉だけでなく強力粉や中力粉でもOK。強力粉を使うとザクっとした食感に。お好みでブレンドしてもいいですね。オーブンは機種などにより焼き時間が変わってくるので、焼き加減を見ながら調整してください。

 

プレーンでジャムなどを塗っていただくのも美味しいですが、お好みで紅茶やチョコチップを生地に混ぜ込むのもおすすめです。

苺のムース

材料

  • イチゴ…300g
  • グラニュー糖…大さじ4
  • レモン汁…小さじ1
  • 生クリーム…90ml
  • 粉ゼラチン…5g

 

作り方

  1. イチゴは洗ってヘタを取り、水気を拭く
  2. フードプロセッサーにイチゴ・グラニュー糖・レモン汁を入れて混ぜる
  3. 生クリームを入れて混ぜる
  4. 溶かしたゼラチンを少しずつ入れながら混ぜる
  5. 型や器に注いで冷やす

 

フードプロセッサーで可愛いスイーツも作れます。イチゴをたっぷり使ったムースは、お子さんのおやつにも、ちょっとした来客用にもおすすめ。火を使わずにフードプロセッサーで混ぜて冷やすだけでできるので、お子さんと一緒に作るレシピとしても最適です。

 

型に入れて冷やしたあと外してもいいですし、透明な器に入れてもおしゃれ。トッピングに生クリームを絞ったり、イチゴやミントの葉を飾ったりするとさらに可愛くなります。

チーズケーキ

材料(18cmの丸型1台分)

  • クリームチーズ…200g
  • グラニュー糖…80g
  • 卵…2個
  • 生クリーム…200cc
  • 薄力粉…大さじ2
  • レモン汁…大さじ1
  • クッキー…100g
  • バター…40g

 

作り方

土台の作り方

  1. クッキーをビニール袋に入れて細かく砕き、バターと混ぜる
  2. 型に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす

生地の作り方

  1. クリームチーズをフードプロセッサーに入れてやわらかくする
  2. グラニュー糖を加えて混ぜる
  3. 卵を加えて混ぜる
  4. 生クリームを少しずつ加えながら混ぜる
  5. 薄力粉をふるい入れて混ぜる
  6. レモン汁を入れて混ぜる

焼き方

  1. 型に流し入れ、160〜170℃に予熱したオーブンで40分以上焼く
  2. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

 

チーズケーキも、材料を順番にフードプロセッサーで混ぜて焼くだけで出来上がります。手作業で数種類の材料を少しずつ混ぜていくのは大変ですが、フードプロセッサーがあれば材料を入れてスタートボタンを押すだけですみます。土台もクッキーを使えば簡単です。

 

型に生地を入れたら、型をテーブルの上にトントンと軽く落とすようにして空気を抜くと焼き上がりがきれいになりますよ。オーブンで焼くときは、焼き加減を見ながら時間を調節してください。最後に粉砂糖をふるってもおしゃれです。

主婦の友社

決定版 フードプロセッサー ワザありレシピ

価格:1,250円 (税込)

日常で使えるフードプロセッサーレシピが148種類!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フードプロセッサーを使った料理が幅広く掲載されているレシピ本です。著者はフードコーディネーターの祐成 二葉さんです。定番のおかずレシピのほか、パン・うどんなどの便利なレシピから、パイ・ジェラートなどのおしゃれレシピまで多彩なバリエーションが魅力

 

主菜レシピは、ハンバーグやミートボールははひき肉から、さつま揚やつみれは魚のすり身から手作りできます。プロの技を学べ、作り置きに活用できるレシピもあり、日常の料理づくりに役立ちます。料理の腕を上げたい方、メニューの幅を広げたい方におすすめです。

発売日 2011/1/19 ページ数 192ページ
主婦と生活社

フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ

価格:628円 (税込)

おかずからお菓子まで、簡単おいしいレシピが91種類

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

管理栄養士であり、料理研究家の村田裕子さんのレシピ本です。高価なフードプロセッサーでなく、コンパクトで安価な機種でも作れるレシピが紹介されています。フードプロセッサーを買ったばかりの初心者の方にもおすすめです。

 

手に入れやすい材料で作れるおかずレシピから、パンやお菓子のレシピまで数多く掲載されています。チキンソーセージのタネやチーズケーキの生地も、あっという間にできてしまいます。シンプルにまとめられていて、手順の写真が豊富でわかりやすいと評判です。

発売日 2005/10/1 ページ数 86ページ
河出書房新社

あな吉さんのゆるベジ フードプロセッサーで野菜どっさりレシピ

価格:1,650円 (税込)

簡単にできるヘルシーな野菜レシピが人気

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆるベジ料理研究家の浅倉ユキさん、通称あな吉さんのレシピ本です。シンプルでわかりやすいレシピが多く掲載されていて、フードプロセッサーを有効活用できます。植物性の素材のみが使われているのが特徴です。

 

「冷製トマトヌードル」やご飯に合う「甘辛くるみ味噌」など、料理の幅を広げられるレシピが満載。蓮根ゆべしなど、お菓子のレシピもあります。さまざまな野菜を使った簡単・時短レシピを知りたい方にもおすすめです。

発売日 2010/11/6 ページ数 96ページ
KADOKAWA

フードプロセッサーで簡単 有元葉子のパンとおやつ

価格:1,485円 (税込)

パンやパスタ・お菓子づくりの基礎からわかる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レタスクラブのムック本です。料理教室も主催している料理研究家の有元葉子さんが書かれています。フードプロセッサーの正しい使い方やパン・お菓子の基本から学べます。パンや洋風スイーツだけでなく、パスタ生地や和菓子のレシピも載っているので、毎日の朝食やランチ、おやつに大活躍します。フルーツを使ったスイーツレシピも必見。どれも簡単に作れるので料理初心者の方にもおすすめのレシピ本です。

発売日 2003/9/1 ページ数 111ページ
講談社

フードプロセッサーでパン&デザート革命

価格:656円 (税込)

フードプロセッサーをお菓子づくりに活用したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お菓子研究家の加藤千恵さんのレシピ本です。「フードプロセッサーでお菓子革命」の第2弾。スポンジケーキやパン、氷菓のレシピが60種類も掲載されています。

 

泡立てたり、こねたりといった機能を活かすことで、お菓子づくりの面倒な作業が楽になります。写真も説明もわかりやすく簡単です。フードプロセッサーを使い、本格的にお菓子作りにチャレンジしたい方におすすめです。

発売日 2001/11/15 ページ数 112ページ

フードプロセッサーを使ったさまざまなレシピとおすすめのレシピ本をご紹介しました。「フードプロセッサーを買ってみたけれど、使うレシピが限られてマンネリ気味…」という方の参考になれば幸いです。ぜひ上手に活用して、日々の食卓を楽しく豊かなものにしてください