【時短家電】フードプロセッサー10選|選び方・カレーレシピも紹介!

フードプロセッサーがあれば、料理の時短が可能です。今回は、おすすめのフードプロセッサーを10選を紹介します。また、フードプロセッサーを購入する際の選び方・簡単な時短レシピを解説!この記事を参考に、フードプロセッサーを購入し、日々のお料理の時短に役立ててください。

2021/02/04 更新

料理の下ごしらえは、時間がかかりますよね?食材を切るのはもちろん、料理によっては練る・混ぜる工程が必要です。さらに、手が汚れるし、時間もかかります。「もっとラクに料理の準備ができたら。」そう思うことは少なくないはずです。

 

フードプロセッサーは大幅に料理の時間をカットできる時短家電です。一台で刻む・混ぜる・練るなど多機能で、料理の準備が簡単になります。

 

今回は時短になるおすすめのフードプロセッサーを紹介します。また、フードプロセッサーを使った時短レシピも解説します。何を基準にフードプロセッサーを選ぶべきか詳しく話すので、参考にしてください。

今すぐ見る!料理の時短になるフードプロセッサー10選

まずフードプロセッサーとミキサーの違いを知っておきましょう。大きな違いはそれぞれの役割です。フードプロセッサーは「刻む」が基本の機能ですが、ミキサーは「すりつぶす」がメインになります。

 

水分の少ない状態で仕上げたいなら、フードプロセッサーが向いています。逆にスープやスムージーなど水分を加える調理ならミキサーの方が得意です。フードプロセッサーでもスープなどは作れますが、少し粗い仕上がりになります。

 

とはいえ、フードプロセッサーで多くの調理法が可能なので、一台あれば十分です。メレンゲを作ることができたり、ハンバーグの具材を一度に全て混ぜることができたりするモデルがあります。おかずやお菓子作りに大活躍すること間違いありません。

ハンバーグ・餃子・うどん・パスタなどの練り物も手軽に作れます。機種によっては、スムージーやスープもなめらかに仕上げます。中には泡立て機能のあるモデルもあり、デザート・パン・お菓子作りまで幅広く対応可能です。

 

野菜の下ごしらえも簡単にでき、包丁を使わずに時短で料理ができます。料理家や専門家が監修した専用のレシピが付いているものもあり、献立のレパートリーを増やすこともできます。フードプロセッサーは、毎日の料理がより美味しくできる時短家電です。

フードプロセッサーを使って、時短で仕上がるレシピを紹介します。レシピ通り作るだけで、時間や手間をかけず、美味しい料理ができます。

ハンバーグ

材料(2人前) 分量
合い挽き肉 250g
玉ねぎ 1/2個
パン粉(or食パン) 1/2カップ(1/2枚)
牛乳 大さじ2杯
1個
塩・コショウ・ナツメグ 少々

 

【作り方】

  1. 玉ねぎの皮をむき適当な大きさに切る
  2. フードプロセッサーでみじん切りにする
  3. フードプロセッサーに全ての材料を入れる
  4. 粘り気が出るまで攪拌する
  5. ゴムベラで、ハンバーグのタネをパッドに移す(直接手で取り出すのは危険)
  6. パッドに出したタネを個数分に分け、丸める
  7. 中火で温めたフライパンに油を敷き、タネを並べる(この時、タネの中心部をへこませると火が通りやすく、ひび割れにくい)
  8. 中火で焦げ目がつくまで両面を焼き、弱火にしてフタをして5〜7分
  9. 竹串を刺して、中から透明の肉汁が出れば、焼きあがり

カレー

材料(4人前) 分量
ひき肉(豚でも鶏でもOK) 200〜300g(お好みの量)
玉ねぎ 2個
にんじん 1〜2本
りんご 1個
生姜・ニンニク 少量
カレールー 市販のもの1箱
 カレールーの箱に記載の量

 

【作り方】

  1. 玉ねぎ・にんじん・りんごの皮をむき、適当な大きさに切る
  2. 1で切ったものと生姜・ニンニクをフードプロセッサーに入れ、みじん切りにする
  3. 鍋に油を入れ、中火でひき肉を炒める
  4. 色が変わったら、2で出来たものを鍋に投入し炒める
  5. 水を足して、15〜20分煮込む
  6. 火を止めて、カレールーをよく溶かしてから再び火をつける
  7. とろみがつけば完成

スープ

材料(4人前) 分量
メインの野菜(にんじんorカボチャ) にんじん2本orカボチャ200g
玉ねぎ 1個
300cc
牛乳 200cc
塩・コショウ 少々

 

【作り方】

  1. メインの野菜を適当な大きさに切る(カボチャなら種とワタを取り除く)
  2. 耐熱容器に野菜を入れて加熱して、野菜を柔らかくする
  3. 2の野菜と水をフードプロセッサーに入れる
  4. なめらかになるまで回す
  5. 3で出来たものを鍋に入れたら、牛乳を入れ温めながら混ぜる
  6. 味は塩コショウで調節して完成

フードプロセッサーを購入する際の選ぶ基準を解説します。何も考えず買ってしまうと、収納場所に困ることや、使い始めてから後悔することも少なくないです。選ぶ際のポイントを参考に家庭に合った機種を購入してください。

容量やサイズ(何人用か)

容量が多いほど、一度に多くの食材の調理が可能です。ですが、大きければ大きいほど良いわけではありません。サイズが大きいと価格も上がりますし、収納するスペースも必要になります。

 

家族の人数が多い場合や調理でよく使う場合は、大きいサイズのものが必要になるでしょう。逆に離乳食やスムージーのために必要で、使用頻度が高くないなら容量の小さいものがベストです。収納場所にも困りません。

容器の材質

容器の材質も重要になります。ガラス容器なら傷やニオイがつきにくいです。ただ落下などの衝撃に弱いため、お子さんの多い家庭では収納場所に気をつける必要があります。

 

ステンレスであれば、衝撃に強くキズやニオイの心配はありません。しかし、中身が見えにくいものや、食洗機に対応していないものもあります。樹脂やプラスチックであれば、軽量で中身が見やすい分、ニオイやキズがつきやすいです。

 

材質によって一長一短があるため、家庭の環境に合わせたフードプロセッサー選びが必要になります。

どの調理法が可能か?

フードプロセッサーなら「刻む」や「ミンチ」機能は、どの機種にもついています。しかし「泡立てる」機能のないもの、固い食材には対応してない機種があります。自分の求める調理法を搭載しているか確認しましょう。

 

また刃の回転速度を調整できるものとできない機種があります。それによって、対応できる調理の幅広さも変わります。料理のレパートリーを増やしたいなら、多機能モデルがおすすめです。

洗いやすさ

部品の取り外しが簡単か、食洗機に対応しているか、洗いやすいかも重要です。洗うのが手間になると、結局時間がかかりますからね。調理法を切り替えるのに、刃の付け替えが不要なモデルもあり、お掃除の手間が省けます。

 

料理を時短にする上で、洗いやすいかどうかは選ぶ上で大切な項目です。清潔に保ち、長く使い続けるためにも、洗いやすさをチェックしておきましょう。

パナソニック(Panasonic)

フードプロセッサー MK-K81

価格:12,855円 (税込)

8種類の調理機能で料理の時短に大活躍

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5つのアタッチメントがついており、きざむ・まぜる・おろすなど8種類もの調理方法があるのが特徴です。さらに刃の回転速度は3段階に調節でき、幅広い料理が家庭で作れます。素材のシャキシャキ感を活かした食感にできる「粗おろし」モードも搭載。りんごジャムやハッシュドポテト、みぞれ鍋といった料理にも対応可能です。容器はガラス製なのでお手入れしやすく、清潔に保てます。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 フードプロセッサー MK-K81
容量 ハンバーグのたね 500g(4個分) 消費電力 120W
サイズ 154×225×212mm 重量 2.8kg
容器の材質 ガラス製 調理機能 刻む・混ぜる・する・おろす・粗くおろす・スライス・千切り・パン生地練り
クイジナート(Cuisinart)

チョッパー&グラインダー ECH-4SJ

価格:11,400円 (税込)

シンプルで使いやすさ抜群

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能でありながら刃を付け替える必要がなく、ボタン一つで切り替えられるフードプロセッサー。ボタンを押すだけで、食材の調理を使い分けできるシンプルな作りになっていて、誰でも使いやすいです。さらに、容器を傾けてもブレードが外れにくい「ブレードロックシステム」を搭載。混ぜたものを容器に移し替えるのが、スムーズにできます。コンパクトな大きさで、2〜3人用のモデルです。

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 チョッパー&グラインダー ECH-4SJ
容量 ハンバーグのたね 150g(2個分)、玉ねぎのみじん切り 200g(大1個) 消費電力 170W
定格時間(連続使用時間) 5分 回転数 約3600~4300回/分(無負荷時)
コード長 1.5m サイズ 135×180×225mm
重量 1.2kg 容器の材質 AS樹脂
調理機能 混ぜる・刻む・みじん切り・つぶす・ミンチ・ピューレ、ナッツや乾物の「砕く・つぶす」
Cuisinart (クイジナート)

フードプロセッサー DLC-191J

価格:19,800円 (税込)

長く使える1台5役の多機能タイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刻む・こねる・細切り・薄切り・おろしの5つができる一台です。大容量なので、一度に大量の食材の調理ができます。ブレードも全面ステンレスなため、細切り・薄切りがきれいに仕上がり、野菜の食感を楽しめます。投入口が大きく、細かく切らなくても食材を調理可能です。容器は食器洗浄機で洗ってもOKなので、清潔な状態を保てます。ハイパワーなのに静音で、安心して使い続けられるモデルです。

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 フードプロセッサー DLC-191J
容量 ハンバーグのたね 400g(3,4個分)、玉ねぎのみじん切り 400g(大2個) 消費電力 170W
定格時間(連続使用時間) 5分 回転数 約3600~4300回/分(無負荷時)
コード長 1.5m サイズ 135×180×225mm
重量 1.2kg 容器の材質 AS樹脂
調理機能 混ぜる・刻む・みじん切り・つぶす・ミンチ・ピューレ、ナッツや乾物の「砕く・つぶす」
レコルト(recolte)

カプセルカッター ボンヌ RCP-3

価格:6,522円 (税込)

調理方法が豊富でおかず・デザート作りが簡単に

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦長で収納場所にも困らないサイズで、かき氷やクラッシュアイスもできるパワフルなモーターを搭載。おろしや泡立てる機能も含め、7種類の調理方法が実現できます。本体以外は丸洗いしても問題なく、お手入れも簡単です。料理家監修のレシピもついており、おかずからデザートまで豊富な料理作りを助けてくれます。料理のレパートリーを増やしたい人にオススメのモデルです。

メーカー レコルト(recolte) 商品名 カプセルカッター ボンヌ RCP-3
容量 500ml 消費電力 260W
サイズ 124×117×234mm 重量 1.1kg
調理機能 混ぜる・刻む・練る・つぶす・砕く・おろす・泡立てる
テスコム (TESCOM)

コードレス フードプロセッサー TKX500

価格:8,778円 (税込)

場所を問わず料理の下ごしらえが可能

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスなのでコンセントの近くでなくても、料理の下ごしらえができ時短になります。充電すれば約40分使えるため、料理の最中は手間いらずです。調理機能には泡だて機能もあり、お菓子作りもできます。材料を入れすぎたり、傾けていると作動しない安全機能もあるため、本体に負担をかける心配もありません。容器はガラス製なので傷やニオイがつきにくく、汚れも落としやすいです。

メーカー テスコム (TESCOM) 商品名 コードレス フードプロセッサー TKX500
容量 ハンバーグのたね 300g(2,3個分)、玉ねぎのみじん切り 300g(中2個) 定格時間(連続使用時間) 5分
サイズ 188×149×227mm 重量 1.7kg
容器の材質 ガラス製 調理機能 混ぜる・刻む・おろす(粗め、細か目)・泡立て
テスコム (TESCOM)

フードプロセッサー TK441

価格:6,072円 (税込)

素早く大量の食材を調理できる

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンバーグが4個分入る大容量で、一度に多量の食材を混ぜる・きざむ・おろすが可能。150gの大根もたった30秒で作れます。ハイパワーなため、おかず作りはもちろん、ホイップクリームやバター作りの手間を大幅カットできます。フタは水切りができるため、傾けるだけで調理後の大根おろしやバターの水分が取り除けます。安全面にも十分考慮されており、高温になると自動で停止する機能付きです。

メーカー テスコム (TESCOM) 商品名 フードプロセッサー TK441
容量 ハンバーグのたね 500g(4個分)、玉ねぎのみじん切り 300g(中2個) 消費電力 170W
定格時間(連続使用時間) 3分 コード長 1.5m
サイズ 360×170×215mm 重量 2.7kg
容器の材質 ガラス製 調理機能 混ぜる・刻む・おろす(粗め、細か目)・泡立て
山本電気

フードプロセッサー YE-MM41

価格:13,002円 (税込)

これ一台で本格的な仕上がりに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

回転スピードを低速から高速まで、細かく調節可能な機種です。低速でも力強くパワーを伝えるため、パンやパスタ生地も粘り気のある仕上がりになります。機能も豊富で、コーヒー豆もひくこともクラッシュアイスにすることもラクラク。容器はステンレスで、刃を外せばボウルとしても使えます。温かい食材の処理や、容器ごと冷蔵庫保存もでき、調理面で万能なフードプロセッサーです。

メーカー 山本電気 商品名 フードプロセッサー YE-MM41
容量 ハンバーグのたね 500g(4個分) 消費電力 140W
コード長 2.0m サイズ 210×160×250mm
重量 3.1kg 容器の材質 ステンレス製
調理機能 混ぜる・刻む・する・くだく・おろす・こねる・ひく・泡立てる
タイガー(TIGER)

フードプロセッサー SKU-A100

価格:18,802円 (税込)

使いやすさと静音性に特化した一台

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この機種は使用中でも静かなため、会話やテレビの音も遮ることはありません。騒音を気にせず調理できます。5種類の調理ができ、多彩な料理の時短家電として役立ちます。カップやフタは食洗機で丸洗いできるので、お手入れが楽です。また正しくセットされていないと動かない安全装置を搭載してます。電源コードもコードリール式で収納でき、使いやすさにこだわった一台です。

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 フードプロセッサー SKU-A100
容量 ハンバーグのたね 500g(4個) 消費電力 125W/140W
回転数 1400~1700回/分 コード長 1.2m
サイズ 212×171×274mm 重量 3.2kg
調理機能 ミンチ・ペースト・おろし・生地・ホイップ
ティファール(T-fal)

ミニプロ MB601G73

価格:25,505円 (税込)

コンパクトなのに多機能

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でキッチンに置きやすいコンパクトサイズなのに、一台で7役をこなす多機能なモデルです。プラスチック製で、中身が見やすく仕上がりに失敗することはありません。ハイパワーなため、大量の食材をスピーディーに調理可能です。時間のかかるハンバーグやカレーや餃子に最適です。耐熱温度も高く食洗機で洗えるため、キレイな状態で使い続けられます。

メーカー ティファール(T-fal) 商品名 ミニプロ MB601G73
消費電力 350W 定格時間(連続使用時間) 3分
回転数 3200回/分 コード長 1.25m
サイズ 270×150×255mm 重量 1.52kg
調理機能 混ぜる・刻む・せん切り・つぶす・スライス・おろす・泡立てる
フィリップス(PHILIPS)

マルチチョッパー HR2507

価格:6,761円 (税込)

食材に合わせてベストな切り方を自動で選択

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力なモーターが搭載されていて、崩れやすい食材から固い食材まで、硬さの違う食材でも同時に切り分け可能です。食材に合わせて、スピードを自動で調節してくれるので、手間いらずで時短料理が作れます。フローズンブレードや氷用のブレードが付属してるので、デザート作りの幅も広がります。本体をのぞき、部品は全て水洗い可能で食洗機に入れても問題なし。お手入れも簡単です。

メーカー フィリップス(PHILIPS) 商品名 マルチチョッパー HR2507
容量 1.1L 消費電力 500W
サイズ 340x178x177mm 重量 1.79kg
調理機能 混ぜる・刻む・ミンチ

フードプロセッサーはさまざまな食材を扱うため、お手入れを怠るとニオイが残り、雑菌が繁殖して故障の原因になります。長く使い続けるためのお手入れは必須です。具体的な掃除の仕方はこちら。

 

  1. コンセントを抜く(誤作動を防ぐため)
  2. 本体から部品を全て外す
  3. 部品を洗い、乾燥するのを待つ(刃や羽根はブラシで洗う)
  4. 本体は消毒・除菌シートで拭く

 

このお手入れ方法をしておけば、問題ありません。基本的に、使ったらすぐ洗うことです。機種によっては、食洗機に対応していないものがあります。取扱説明書をよく確認しましょう。

 

注意すべきなのは、刃や羽根のお手入れです。手で洗うことは危険なので、購入した際ブラシが付属してなければ、ブラシを用意しましょう。また雑菌が繁殖しないよう、消毒用のアルコールもしくは除菌シートで、定期的にお手入れすることを推奨します。

フードプロセッサーがあれば、料理の下準備に時間をかける必要はありません。一台あれば幅広い料理が時短で作れます。これを機に、おすすめのフードプロセッサーを購入してください。フードプロセッサーについて他の記事もありますので参考にしてくださいね。