狭いキッチンでも◎フードプロセッサーの収納方法|便利グッズもご紹介!

フードプロセッサーの収納について、危険な刃を持ったかさばる本体を収納場所は?キッチンのごちゃつき感を出さずに使い勝手を良くする方法は?この記事では、そのような悩みを一気に解決します。収納術と便利な市販収納グッズをご紹介!狭いキッチンでもすっきり収納させましょう。

2021/02/03 更新

1台持っているととても便利なフープロこと、フードプロセッサー。料理のレパートリーが広がるため、これから購入したいと思っている人も多いでしょう。でも、意外と収納方法に頭を悩ませている人たちがいるのも事実です。

 

「毎日の調理に使いたいけれど、狭いキッチンに出しっぱなしにするには邪魔」「流し台の下に入れたけれど、他のものをどんどん詰め込んでしまって持っていることすら忘れた」という声もあります。あなたも思い当たりませんか?

 

この記事では、フードプロセッサーを上手に収納するおすすめの方法を紹介します。フードプロセッサーだけでなく、さまざまなキッチンアイテムの収納にまで応用できるので参考にしてくださいね。

今すぐ見る!キッチンアイテムの収納に便利なグッズ

フードプロセッサーの収納方法での悩みとなる理由を挙げてみます。

 

  1. 縦にも横にもかさばる
  2. 他のアイテムとの間にうまく収まらない
  3. 一旦収納すると取り出すのが面倒
  4. 重くて出し入れが大変
  5. 付属の小物がなくなりやすい

 

これらの理由はすべてフードプロセッサーという製品の特性によるものです。"高さや幅があり、立体的で付属品も多く重たい"そんなフードプロセッサーですが、ポイントを押さえれば上手に収納することができます。収納を考えるときのポイントはこのあとで解説します。

フードプロセッサーなどキッチンアイテムの収納方法は、使用頻度・他のキッチンアイテムとの兼ね合いの2つのポイントから考えることが大切です。

使用頻度

収納方法や場所を決定するのに最も重要なポイントは"使用頻度"です頻繁に使うアイテムほど取り出しやすい場所に収納するのが理想的です。もしくは炊飯器や電子レンジのように、定位置を決めて設置するとさらに使いやすくなるでしょう。

 

滅多に使わないアイテムは、箱に入れて奥の方に収納しましょう。箱の上部など目につきやすい部分には中身が何なのかが一目でわかるようにラベルを貼り付けるのがおすすめ。ラベリングによって探す手間も省けて、取り出しが楽になるでしょう。

他のキッチンアイテムの収納

次に、アイテムごとの収納場所について考えます。大きく重たい調理家電は低く奥まった場所を選びがちですが、このようなアイテムほどすぐに見えて手が届く位置を確保したいですね。奥の方に背の高い小物を立てて収納し、手前に大物を入れる方法がおすすめです。

 

また、調理器具に付属しているカッターや小さなフタなどのアイテムをどこに収納するかも大切です。紛失しないように菜箸やトングなどと一緒に引き出しに収納するのが最も良い方法。中身が見える食品の保存容器などを活用して、まとめて収納するのもおすすめです。

今すぐ見る!キッチンアイテムの収納に便利なグッズ

フードプロセッサーはかさばるので、他のアイテムと同じエリアに収納しにくいのが難点です。セットで販売されている業務用商品などもありますが、ここでは、流し台の下などの"見えない場所"と、カウンターや調理台の上などの"見える場所"の2通りの置き場所での収納方法を考えます。

流し台の下の棚・吊戸棚の中

流し台の下の棚や吊り戸棚の中のように、普段目に見えない場所に収納する方法です。この方法は「キッチンには何も置かずにスッキリさせたい」「ワンルームだから生活感が出るのはイヤ」という人におすすめです。

 

扉を開けなければ外から見えることがないのはメリットですが、取り出しやすい収納法を考慮しなければ使用する前に面倒になることも。存在すら忘れてしまう恐れもあります。

キャビネット・キッチンカウンターの上

キャビネットやキッチンカウンターの上に置いて、カフェのような雰囲気を出せる、見せる収納もおすすめです。すぐに手が届くところにあるので、毎日の食事の支度に活用しやすくなるのもメリットです。出したり入れたりという手間も省けて、家事の時短にも繋がります。

日本の、キッチンが狭い住宅事情を考えると「狭いキッチンの中でのフードプロセッサー収納場所」よりも「上手に収納する方法」の方が重要です。ここでは、狭くてもスッキリしまえる機能的な収納方法を紹介します。

収納ケースを使う

今あるスペースを有効に活用してフードプロセッサーを収納する方法です。一番おすすめの方法は市販の収納ケースを利用するというもので、限られたスペースのごちゃつきを解消し、キッチン全体の使い勝手もアップさせることができます。

 

流し台の下の棚などの幅を計測し、その中にキッチンアイテムを収納したケースをきっちり並べましょう。できるだけ無駄なスペースが出ないように並べるのがポイント。積み重ねられるスタッキング機能を持ったケースや、棚がスライドする収納ケースが便利です。

ラックを使って収納場所を増やす

棚がキッチンアイテムでいっぱいの方や、もともと収納スペース自体がない方には市販のラックを導入する方法がおすすめです。サイズや棚の段数などの選択肢が多く、便利に使える収納スペースが大きく広がります。

 

ミキサーやブレンダーなど、通常しまい込んでしまうようなアイテムを同時に収納することも可能です。また、炊飯器や電子レンジなどの調理家電を置けば、収納と調理台の2役を1つのラックで兼用することができますよ。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ステンレス ワイヤー バスケット ワイド SWB-W

価格:1,980円 (税込)

3段重ねでスッキリ収納|見せる収納にもおしゃれ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

流し台下の棚に収納するのにおすすめのワイヤーバスケットです。幅広のワイドサイズで大きなアイテムも同時に収納できるタイプ。3段まで積み重ねて使用できるので、下の段から順に重たいものを収納すると取り出しやすく、目で見て探すのも楽になります。使用しないときには折りたたむだけでコンパクトになるので、収納スペースの隙間にしまっておくのにも便利ですね。濡れた手で触っても錆びにくい、丈夫なステンレス素材です。

メーカー アイリスオーヤマ 商品名 ステンレス ワイヤー バスケット ワイド SWB-W
サイズ 565×260×260mm 重量 0.93kg
ナカバヤシ(Nakabayashi)

ファイルボックス キャパティ ワイドタイプ FB-EW4-CRN

価格:938円 (税込)

ゆったりサイズで半透明|視認性と収納性抜群

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オフィスでおなじみのA4サイズがすっぽり入るサイズのファイルボックスです。ファイルボックスやブックエンドをキッチンアイテムの収納に使用すると、耐久性もつく上、目に付きやすくなります。軽量なのに安定感があり、吊り戸棚やキャビネットにも収納可能。半透明で中身が見やすく、持ち手穴がついているのでそのまま調理台にも楽に運べます。

メーカー ナカバヤシ 商品名 ファイルボックス キャパティ ワイドタイプ FB-EW4-CRN
サイズ 162×329×237 重量 0.4kg
ベルカ(Belca)

シンク下スライドラック 2段 SS-302

価格:1,974円 (税込)

低いところでも取り出し楽チン|清潔に使えるスライド式

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重い調理器具ほど低くて奥まった場所に収納しますが、それが仇となり使用頻度もどんどん落ちてしまいます。その「取り出しにくさ」を解消するのがこちらのスライドラックです。フードプロセッサーの本体も、手前に軽く引き出すだけで楽に取り出せます。2段式で高さが38cmから43cmまで調節可能で、調味料などの汚れがつきにくいところもおすすめのポイントです。サッと拭き取るだけで、いつまでも清潔に使用できます。

メーカー ベルカ 商品名 シンク下スライドラック 2段 SS-302
サイズ 296×450×380mm 重量 1.8kg
山崎実業(Yamazaki)

キッチン収納ラック タワー ホワイト 3257

価格:6,380円 (税込)

見せる収納にもぴったり|小物も迷子にならない

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フードプロセッサーをはじめ、キッチンアイテムをいつでもサッと取り出せる収納ラックです。カウンターやキャビネットの上に設置してもスッキリ見えるデザインで、カトラリー用ポケットやフックも充実しています。コンロ脇などのデッドスペースにおいて収納力をアップするのにおすすめのスリムタイプ。棚板の耐荷重は5kgと頑丈なので、安心してアイテムを収納できます。

メーカー 山崎実業 商品名 キッチン収納ラック タワー ホワイト 3257
サイズ 580×160×455mm 重量 4kg
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

メタルラック 5段 MR-6518J

価格:7,301円 (税込)

ワンルームにもおすすめ!棚の高さが自由に変えられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防サビ加工を施したスチールラックです。こちらは高さが178cmあるのでさまざまなキッチン家電も同時に収納したい人におすすめ。収納と調理台、もしくはリビングとキッチンの兼用としても使用できるサイズなので、ワンルームにもおすすめです。棚の高さは自由に変えられて組み立ても簡単。キャスターやバスケットなどの別売パーツを取り付ければ、オリジナルのシステムラックにもなります。

メーカー アイリスオーヤマ 商品名 メタルラック 5段 MR-6518J
サイズ 660×360×1780mm 重量 19kg

フードプロセッサー本体の収納ができても、中身の刃は危険なので収納は難しいですよね。そこで刃の収納には購入時に収納されていた発泡スチロールを使用すると便利です。発泡スチロールをちょうどいい大きさにカットして、収納するラックやケースの中に入れると安全にしまえます

 

サビを防いだり、衛生面に気を付けたりするのにちょうどいい収納です。

狭いキッチンでは邪魔な存在と思われがちなフードプロセッサーの収納方法について解説してきました。奥の方に押し込んで存在すら忘れていた人もこの記事を参考にして、またフードプロセッサーを活用してくださいね。