【2021決定版】スムージー特化で選ぶ!おすすめミキサー15選

美容と健康にいいとして人気沸騰したスムージー。スムージー用にミキサーを探していると、あまりにも商品が多すぎてわからないということになりがちです。この記事では本当に選ぶべきスムージーミキサーのみを厳選して、それぞれのユーザーに合った商品だけをご紹介します。

2021/07/15 更新

「健康的に野菜や果物を摂取したいけれど時間がない」そんなふうに考えてスムージー生活に行き着く人は多いです。毎朝栄養バランスを考えたスムージー生活で、体の中から健康的になれたら嬉しいですよね。

 

しかし「スムージー生活は続けられない」という声があるのも事実です。実際に、スムージー用にミキサーを購入したものの、しまい込んでいる・置物になってしまった…という声も。その理由には、使いにくさ・洗う時の面倒くささがあります。

 

いくらスムージー用にミキサーを購入しても、使いにくければ意味がありません。この記事では、「本当に選ぶべきスムージーミキサー」という観点で、おすすめのミキサーを厳選していきます。これからは「置物」を卒業して、しっかりとミキサーを活用していきましょう!

今すぐ見る!スムージーミキサーのおすすめ15選の決定版!

ここでは忙しい人に向けてあらかじめ簡単に、ミキサーの選び方を特徴別にまとめました。サクッと簡単にミキサーの選び方・おすすめ商品を知りたい人は参考にしてくださいね。ちなみにここで扱うミキサーは、

 

 

の4つとなっています!

一人暮らし用(一人サイズ)のスムージーミキサーを選ぶポイント

メリット
  • 小型で扱いやすい
  • 軽い
デメリット
  • 量が少ない
  • 素材によって耐久性に劣る→トライタン素材がおすすめ
選ぶポイント
  • 洗いやすさ
  • 氷対応か
  • 持ち運ぶならキャップなどの付属品

今流行りの「そのまま飲める」タンブラーサイズ(300ml〜600mL程度)のミキサーに大切なのは、洗いやすさ氷も砕けるパワフルさ。それに加えてタンブラーボトルのキャップが付属かなど、作ってそのまま持ち運べるかという視点も大切です。

今すぐ見る!おすすめの一人暮らし用のスムージーミキサー

氷も砕けるスムージーミキサーを選ぶポイント

メリット
  • 氷だけでなく、本来ミキサーの苦手な繊維質な食材も粉砕可能
デメリット
  • 静音性に欠ける商品が多い
選ぶポイント
  • 家庭で製氷した角氷がOKか(対応商品多し)
  • 市販の氷も使うなら300W以上のハイパワータイプから

スムージー作りに氷はほぼ必須ですが、ミキサーの中には氷対応と非対応あるため注意。もっとも、家庭で製氷した角氷はOKの商品が今はほとんどです。その際、大きさの指定(2.5cm以下など)がある場合が多く確認は必須。

 

ちなみに、900W以上のハイパワーミキサーには市販の氷も砕ける商品も存在します。業務使用をお考えであればこちらを検討しましょう。

今すぐ見る!氷も砕けるおすすめのスムージーミキサー

洗いやすいスムージーミキサーを選ぶポイント

メリット
  • 洗うのが簡単
デメリット
  • 特になし
選ぶポイント
  • 洗うパーツの数
  • パッキンが楽に外せるか
  • 小さめボトルが洗いやすい
  • 刃の裏まで洗いやすいか
  • 食洗機対応か

スムージーミキサーのパーツは基本的に「ボトル」「刃」「刃の土台」「パッキン」で構成されています。パッキンを外す時に専用スティックが必要なものは面倒になるのに加え、刃が土台と分離しないものは洗いにくくなります。

 

また、刃の裏側までスポンジやブラシが入るかどうかもポイントです。構成する部品をしっかりチェックしましょう。なお、食洗機のある家庭なら本体(モーター部分)以外全て食洗機対応のミキサーもおすすめです。

今すぐ見る!洗いやすいおすすめスムージーミキサー

静音性重視!静かなスムージーミキサーを選ぶポイント

メリット
  • 深夜・早朝でも使える
デメリット
  • 特になし
選ぶポイント
  • 基本的にミキサーは音が出る
  • 中でもTiger(タイガー)社製がおすすめ

ミキサーはその構造上どうしてもある程度音が出てしまうのは否めません。その中でも、タイガー「良い音設計シリーズ」で騒音を約40〜45%カットしています静音性を重視する場合は、タイガー製のミキサーを検討しましょう。

今すぐ見る!静音性の高いおすすめスムージーミキサー

スムージーミキサーを選ぶ時に、ミキサー・ジューサー・フードプロセッサー・ミルの違いについて疑問に思う方は多いものです。ここでは、この4つの特徴や違い、用途をわかりやすく一覧にまとめて解説していきます。

 

ミキサー

ペーストにする

スムージー、ポタージュ、離乳食
ジューサー 絞る(繊維も取り除く) サラサラのジュース
フードプロセッサー

刻む 混ぜる こねる他

ミンチ、みじん切り、おろし

料理の下ごしらえ他

(アタッチメントによる)

ミル

(乾物や豆など硬いものを)

挽く つぶす

ふりかけ、お茶っぱ、離乳食

 

このように、

  • 果実や野菜を丸ごとスムージーにする→ ミキサー
  • 繊維も残さずサラサラジュースにする→ ジューサー
  • 料理の下ごしらえ→ フードプロセッサー

 

とそれぞれ使い道が別れているので、間違えないように選ぶ必要があります。

今すぐ見る!スムージーミキサーのおすすめ15選の決定版!

ここでは、スムージー用のミキサーを選ぶ時のポイントをご紹介します。製品の特長やスペックだけでなく、容量や消費電力量など総合的な面を確認してから購入しましょう。

 

氷や冷凍食品に対応しているか

ミキサーには氷・冷凍食品に対応しているもの・していないものが存在します。スムージーを作る時には、生の果物・野菜だけでなく、冷凍食品や凍らせた果物、氷などを使用することが多いため、氷対応であるかどうかの確認は必須です。

 

最近は家庭で製氷した氷に対応しているミキサーも多く販売されていますが、家庭製氷対応のミキサーのほとんどが直径2.5cm以下の氷としていることに要注意です。スムージー用にミキサーを買ったら、製氷容器のサイズも一度チェックしましょう。

容量のおすすめは?

ミキサーを選ぶ時には1回に作るスムージーの量を考え、飲む人数に合ったサイズや容量を選びましょう。ミキサーは、一人当たり200mlを基準に家族人数に沿って選ぶのが基本です。

 

最近流行りの一人用タンブラー型ミキサーは、350ml〜600mlの容量も多いです。一度で飲みきるか、水筒のように持ち運んで楽しみたいかによっても、選ぶべき容量は変わります。自分の生活スタイルに応じて決めましょう。

 

1〜2人用 400~600ml程度
3〜4人用 600~1,000ml程度
5人以上 1,000ml以上

インテリア性が高いとキッチンが華やかに

ミキサー選びはサイズとデザインも考えて購入しましょう。デザインがおしゃれで邪魔にならないサイズ感のモデルなら、収納せずにそのままキッチンに置いておけます。最近はメタリックなデザインからカラフルなもの、レトロなものまで目を引く商品も見つかります。

 

また、棚やラックなどに収納する場合でも、コンパクトサイズのミキサーを選ぶとスッキリと収納ができるのでおすすめです。下記記事でおしゃれなミキサーやコンパクトなミキサーをさらに詳しく紹介しているので、ミキサー選びの参考にしてください。

消費電力はパワーに直結する!

ミキサーの消費電力(ワット数)は、そのままミキサーの出力(パワフルさ)と考えられます。一般的には180W程度のミキサーが多く、家庭製氷の氷も粉砕できます。しかしミキサーが苦手とする「繊維質が多い食材」などは粉砕しきれない場合もあります。

 

繊維質が多い食材を粉砕するには、300W程度の強力なミキサーを選びましょう。市販のロックアイスを砕ける商品もあるため、とにかくパワフルさが必要な人におすすめです。

 

200W以下

繊維質な食材×

氷×

(※家庭で作ったの氷は粉砕可能も多い)

200〜300W パワフル
300W以上

非常にパワフル

繊維質な食材もOK

(※ロックアイスは不可がほとんど)

900W以上

ロックアイスも粉砕可能

コーヒー豆など可能な機種も

刃の種類にも意外な違いが

ミキサーを選ぶ際に「刃の種類」は気にしない人も多いですが、実は違いがある事は知っていましたか?それぞれ以下のような違いがあります。

 

平刃カッター

平らな形状

材料を切り刻むことに特化

スムージー作りには時間がかかる

波刃カッター

波のような形状

食材を砕く能力が高い

スムージー作りに向いている

ギザ刃カッター

食材を素早く細かくできる。

3つの中で一番粉砕パワーが強い

滑らかな食感のスムージーに

 

ミキサーの刃の種類は後から取り替えられないため、選ぶ際の1つのポイントとして押さえておきましょう。

容器の材質は使い勝手に合わせて選ぼう

ミキサーのボトルの素材は「ガラス製」と「樹脂製」に大きく分けられます。樹脂製容器は、従来のポリエステルやAS樹脂、最新素材のトライタンなどが複数があるので、以下でまとめて紹介します。

素材 メリット デメリット
ガラス

傷がつきにくい

耐久性がいい

匂いうつりも少ない

油ぎれがいい(洗浄時)

重い

ポリエステル

AS樹脂

軽い

傷がつきやすい

耐久性が低い

匂いうつりがある

油ぎれが悪い(洗浄時)

トライタン

軽い

耐久性が高い

耐熱性も高い

 やや高価

 

おすすめはガラスとプラスチックのいいとこ取りの最新素材「トライタン」です。最近はワイングラスなどでも注目されている素材なので、まずミキサーで家庭に取り入れるのはいかがでしょうか。

ミキサーで重要な洗いやすさ

スムージー生活を始める時にネックになるのが、毎日の洗浄です。パーツが多く毎回洗うのが面倒で続かない人も多いですよね。ここでは、そんなミキサーの「洗いやすさ」について解説します。

ミキサーの洗いやすさの基準

毎朝スムージーを作るのはいいけど、洗うのが面倒で徐々に使わなくなる人が多いのも事実。これを解決するには「洗う時の手間」を見直すしかありません。ファミリーサイズのミキサーは大きく重く部品も多く洗うのが大変ですが、タンブラー型ミキサーであればまだ洗いやすいです。

 

中でも、ボトルは普通の洗い物と同じとして、「刃」「刃の土台」「パッキン」この3つが洗いやすいモデルが望ましいです。何をもって洗いやすいと感じるかですが、

 

  • パッキンが外しやすい(専用スティック不要)
  • 刃の下にスポンジが入りやすい
  • 刃の形が洗いやすい
  • そもそも分解可能か

 

などを基準に選んでみましょう。

ご家庭に食洗機があるなら対応ミキサーを!

自宅に食洗機があるなら、洗いにくさの問題は食洗機対応ミキサーで解決します。メーカーをあげるなら、本体(モーター)以外のボトル、アタッチメントなど丸ごと食洗機対応のティファールがおすすめです。

 

最近は、食洗機の低温コース(60℃以下)であれば対応しているミキサーも増えているので、食洗機対応商品を探している場合はよく確認しましょう。

次の流行はコードレススムージーミキサー?

最近ではスムージーの需要が高まったことにより、小型化が顕著なミキサーもさらに小さな商品が発売されています。スムージー専用ボトルとしてコードレスで充電式かつ中に小さな刃が仕込まれており、フルーツや野菜の粉砕が可能です。

 

本体の小型さゆえパワーが心配になりますが、実は家庭で作った氷であれば粉砕できる商品も多く、一人用のスムージーミキサーとして不自由なく使用可能です。材料が手に入ればいつでもどこでもできたてのフレッシュスムージーが楽しめます。

スムージーミキサーは国内メーカーだけでなく海外メーカーも多く発売しており、実際にどの商品が信頼できるのかわからない人も多いですよね。ここでは信頼性のあるメーカーに絞って、それぞれのスムージーミキサーの特徴を解説します。

TESCOM(テスコム)

ミキサーメーカー国内トップシェアでもあるテスコム社のミキサーは、軽量でシンプルかつ価格が安いことが一番の特徴です。スムージーミキサーは氷&冷凍フルーツOKで丈夫なトライタン素材を採用。またタンブラーキャップつきでそのまま持ち運びもできます。コスパのいい商品をお探しの方におすすめです。

Panasonic(パナソニック)

パナソニック社のミキサーは商品の割安感はありませんが、その分信頼性の高さが魅力です。タンブラー型のスムージーミキサーのボトルにはトライタン素材を採用しており、食洗機に対応。容量も一人用としてぴったりのサイズで、家庭で作った氷・冷凍果実はもちろんOKレシピ本が付属しているのもポイントです。

T-fal(ティファール)

ティファールのミキサーはデザイン性が高く女性が持ちやすいサイズ感で、氷OKかつモーター部分以外は全て食洗機対応。そのため食洗機がご家庭にあるお家であれば、最初におすすめします。ただし一人用とした時には、タンブラーサイズの付属ボトルはなく、またキャップなどもありません。あくまで家庭で楽しむ専用のミキサーとなります。

Vitantonio(ビタントニオ)

ビタントニオのミキサーは、タンブラー型でそのまま飲めて持ち運べる「マイボトルブレンダー」が人気です。押し込んでスイッチを入れる時の構造が考え抜かれており、力の弱い女性でも簡単に粉砕可能。もちろん氷OKです。タンブラーキャップも付属しており、外出先にスムージーを持ち出せます。

一人暮らし用(一人サイズ)のスムージーミキサー

パナソニック(Panasonic)

ファイバーミキサー MX-X701

価格:5,100円 (税込)

好みの食感のスムージーを手軽に作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック独自の大型刃「ブラックハードチタンコートファイバー カッター」を採用し、繊維質を細かく刻めるファイバーミキサーです。「アレンジホール」を搭載しているので、仕上げに食材を投入することで好みの食感のスムージーに仕上げます。また、付属のタンブラーミキサーを使用すれば、1人分のスムージーやパスタソースなども手軽に作れます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 MX-X701
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 400ml 回転数 -
連続使用時間 - 機能 スムージーバー、タンブラーミキサー、ミル付属
サイズ 372×203×214mm 重量 2.9kg
消費電力 255W コード長 -
mottole(モットル)

ミニボトルブレンダー MTL-K004

価格:2,970円 (税込)

1人用に最適サイズのブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所を取らない、一人暮らしにピッタリのコンパクトなボトルブレンダーです。2cm角までのサイズの氷も使用でき、ギザギザ4枚刃が氷や野菜、果物をスムーズにかくはんして手軽にスムージーが作れます。ボトルはバッグに入れやすいスリムサイズで、冷蔵庫にも収納しやすいサイズです。小さいながら底面には4つの吸盤を搭載しているので、安定して使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー mottole(モットル) 商品名 ミニボトルブレンダー MTL-K004
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 280ml 回転数 17500回/分
連続使用時間 1分 機能 持ち運び対応
サイズ 78×80×276mm 重量 132g
消費電力 105W コード長 約80cm
山善(YAMAZEN)

ボトルミキサー YMF-280

価格:3,480円 (税込)

作ったスムージーをそのまま持ち運び可能

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで場所を取らない、コンパクトな容量280mlのミキサーです。回転ボタンのみを搭載したシンプルな設計で、食品を入れてボタンを押すだけで簡単にスムージーが作れます。ボトルに対応したフタとケースが付属しているので、ボトル部分を取り外してそのまま持ち運びが可能です。ボトル部分のほか、カッターと台座部分も外して洗えます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 山善(YAMAZEN) 商品名 YMF-280 グレー・アイスブルー・ホワイト
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 280ml 回転数 -
連続使用時間 1分 機能 タンブラー機能
サイズ 100×100×290mm 重量 0.7kg
消費電力 150W コード長 約1m
Vitantonio(ビタントニオ)

MY BOTTLE BLENDER VBL-50

< >
アイテムID:5836579の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5836579の画像1枚目
  • アイテムID:5836579の画像2枚目
  • アイテムID:5836579の画像3枚目
  • アイテムID:5836579の画像4枚目
  • アイテムID:5836579の画像5枚目

価格:3,363円 (税込)

「そのまま飲める」スムージー用ミキサーの決定版!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはビタントニオ社の定番スムージーミキサーで、作った後でそのまま飲むことはもちろん、キャップ付きのため持ち運びもOKの商品です。使い方は簡単で、セッティングしたのち上からグッと押さえ込むだけ。小さいながらパワフルで氷もOKです。交換用ボトルをお求めの人も多く、毎日水筒のように持ち運んでスムージー生活を楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Vitantonio(ビタントニオ) 商品名 VBL-50
ミキサータイプ タンブラーミキサー 設置タイプ 据え置き・持ち運び可
容量 400ml 回転数 -
連続使用時間 約40秒 機能 キャップ付き
サイズ 120×120×310mm 重量 約950g
消費電力 220W コード長 1.0m
テスコム (Tescom)

タンブラーミキサー TMC450

価格:4,827円 (税込)

コンパクトでハイパワーのタンブラーミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のテスコム社のタンブラー型ミキサーです。コンパクトサイズでありながら、400Wというハイパワー氷や冷凍した野菜・果物も楽々粉砕・撹拌します。お手入れの面では80℃以下の食洗機に対応。一点気になるところはカッター台の裏側が非防水のため拭き取り掃除を推奨されていることです。しかし400Wのハイパワーと考えるとコスパは非常にいいため、一長一短だと言えます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー テスコム (Tescom) 商品名 タンブラーミキサー TMC450
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 450ml 回転数 9200回転/分 (450ml水負荷時)
連続使用時間 2分 機能 きざむ、つぶす、おろす、スライス、ジューサー
サイズ 高さ36.0×幅11.0×奥行き11.0 cm 重量 1.5kg
消費電力 400W コード長 1.4m
Vitantonio(ビタントニオ)

コードレスマイボトルブレンダー VBL-1000

< >
アイテムID:5836581の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5836581の画像1枚目
  • アイテムID:5836581の画像2枚目
  • アイテムID:5836581の画像3枚目
  • アイテムID:5836581の画像4枚目
  • アイテムID:5836581の画像5枚目
  • アイテムID:5836581の画像6枚目
  • アイテムID:5836581の画像7枚目

価格:4,455円 (税込)

どこでも持ち運べる!スムージー専用のコードレスミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはマイボトルブレンダーで有名なビタントニオが発売する「コードレスタイプ」のスムージー専用ミキサーです。用途はまさしくスムージー専用。ボトル容量300mlと小さいながらしっかりした刃が装着されており、家庭で作った2cm以下の氷は粉砕可能です。USB充電式のため、モバイルバッテリーや車のシガーソケットから給電可能。出来立てのスムージー以外にも、粉末飲料を溶かす用途にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Vitantonio (ビタントニオ) 商品名 VBL-1000
ミキサータイプ ミキサーのみ 設置タイプ モバイル対応
容量 300ml 回転数 -
連続使用時間 フル充電で40秒運転x約10回 機能 氷対応
サイズ 95×85×185mm 重量 0.45kg
消費電力 - コード長 -

洗いやすいスムージーミキサー

シャープ(SHARP)

ヘルシオ 真空ブレンダー EM-SB1

価格:21,690円 (税込)

真空状態でかくはんできる真空ブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

真空ポンプを内蔵した、真空ブレンダーです。容器内の空気を抜いて真空状態で食品をかくはんするので、酸化を抑えながら栄養分も保持したなめらかな食感のおいしいスムージーができます。付属のドリンクボトルも真空保存が可能なので、おいしい状態での保存も可能です。スムージーのほか、スープやシェイクなどさまざまなメニューも楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 EM-SB1
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 1.5L 回転数 約15000回/分
連続使用時間 2分 機能 真空かくはん、5種類の運転モード
サイズ 168×289×351mm 重量 約3.4kg
消費電力 450W コード長 約1.2m
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

スロージューサー ISJ-56-W

価格:9,990円 (税込)

ジュースやデザートも作れるスロージューサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スムージーはもちろん、フレッシュジュースやフローズンデザートまで作れるスロージューサーです。スムージー用の粗メッシュフィルターに加えて、フレッシュジュース用の細メッシュフィルター、凍らせた果物に使えるアタッチメントが付属しています。パーツはすべて取り外して丸洗い可能なので、清潔にジューサーを使いたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 スロージューサー ISJ-56-W
ミキサータイプ ジューサー 設置タイプ 据え置き型
容量 1.4L 回転数 56回転/分
連続使用時間 15分 機能 安全設計
サイズ 150×165×440mm 重量 約3.6kg
消費電力 150W コード長 約1.2m
HadinEEon

ジューサー

価格:3,180円 (税込)

清潔に使える手軽なジューサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単にスムージーやジュースを作れるジューサーです。ステンレス製の4枚刃を搭載しており、電源を入れてボトルをひねるだけで30秒でスピーディーになめらかなスムージーを作れます。手軽に操作できるので、朝の忙しい時間帯でもすぐに作りたてのスムージーを飲めるのが魅力です。刃と台座部分は取り外しができるのでお手入れしやすく、清潔に使えます。

メーカー HadinEEon 商品名 ジューサー
ミキサータイプ 設置タイプ 据え置き型
容量 500ml 回転数 26400回転/分
連続使用時間 30秒 機能 安全ロック
サイズ 10.6×10.6×34cm 重量 870g
消費電力 200W コード長 -
ティファール(T-fal)

ミキサー ミックス & ドリンク BL1301JP

価格:6,468円 (税込)

本体(モーター部分)以外食洗機対応!

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食洗機があるご家庭でしたらまずおすすめするのがこちらティファールのミキサーです。モーター部分である本体以外は、パッキンまで全て食洗機OK。パッキンは非対応のミキサーが多い中でこれは嬉しいです。パワーは300Wと氷やコーヒー豆までOKで言うことなし。ただ一点、パッキンが外しにくいことだけが残念です。またキャップなどの付属品もありません。総合的に見て、ご家庭で使用するのであれば非常に使いやすいミキサーです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー ティファール (T-fal) 商品名 ミックス & ドリンク BL1325JP
ミキサータイプ ミルサー 設置タイプ 据え置き型
容量 ミキサー600ml、ミルは不明 回転数 低速時 15,000回/分、高速時 20,000回/分
連続使用時間 60秒 機能 きざむ、つぶす、スライス、ジューサー
サイズ 幅10.5×奥行10.5×高さ31.5 cm 重量 315g
消費電力 300W コード長 1.3m
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ボトルブレンダー IBB-600

価格:2,960円 (税込)

そのまま持ち運びできる大小のボトル容器付き!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食洗機がないご家庭で「洗いやすいスムージーミキサー」をお探しの人には、こちらのアイリスオーヤマの商品をおすすめします。「ボトル」「刃」「刃の台」「パッキン」と別れることはもちろん、刃の形状がティファールやパナソニック製ミキサーに比べてシンプルな分洗いやすいです。性能面は氷も砕ける350Wボトルがなんと2個セット。大人気なのも納得のおすすめスムージーミキサーです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) 商品名 ボトルブレンダー IBB-600
ミキサータイプ ミキサー、ブレンダー 設置タイプ 据え置き・ボトル型
容量 小:330ml /大:600ml 回転数 -
連続使用時間 60秒 機能 きざむ、おろす、スライス、ジューサー、泡立てる
サイズ 幅12.6×奥行12.6×高さ28.8 cm 重量 1.1kg
消費電力 350W コード長 1.0m

氷も砕けるスムージーミキサー

Panasonic(パナソニック)

ブラックハードチタンコートカッター MX-X301

価格:9,604円 (税込)

ファミリーにおすすめ!大容量1000mLのミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはパナソニックのミキサーで、3人以上のファミリーでスムージーを作る際におすすめです。一番の特徴は二重フタとなっている「アレンジホール」。ここから食材を後入れすることで、例えば特定のフルーツのみの食感を残すという使い方ができます。ちなみに家庭で製氷した氷は当然OK。唯一残念なのが食洗機非対応ということです。スタンダードで広く使えるファミリーサイズのミキサーをお探しのおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 ミキサー MX-X301
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き型
容量 1000ml 回転数 低速時 7900回/分、高速時 10300回/分
連続使用時間 4分 機能 きざむ、つぶす、おろす、スライス、泡立てる、ジューサー
サイズ 幅20.3×奥行21.4×高さ37.2 cm 重量 2.9kg
消費電力 255W コード長 1.0m
Vita-Mix (バイタミックス)

V1200i

< >
アイテムID:5836587の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5836587の画像1枚目
  • アイテムID:5836587の画像2枚目
  • アイテムID:5836587の画像3枚目
  • アイテムID:5836587の画像4枚目
  • アイテムID:5836587の画像5枚目
  • アイテムID:5836587の画像6枚目

価格:69,999円 (税込)

ロックアイスOK!パワフルミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭で製氷した氷は、本記事で紹介するほとんどのミキサーが対応していますが、市販のロックアイスまで粉砕したいのであれば、しっかり機種を見定めなければなりません。そこでおすすめがこちらアメリカ生まれのバイタミックス製のミキサーです。硬化ステンレスカッター搭載&1000Wでロックアイスもらくらくです。一点、アメリカのメーカーであるため、電圧の問題から「正規輸入品」を選ぶようお気をつけください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Vitamix(バイタミックス) 商品名 V1200i
ミキサータイプ ミキサー 設置タイプ 据え置き
容量 2L 回転数 -
連続使用時間 8分 機能 きざむ・つぶす・ペースト
サイズ 203×279×432cm 重量 約5.6kg
消費電力 1000W コード長 1.3m

静音性の高いスムージーミキサー

岩谷産業

サイレントミルサー IFM-S30G

価格:14,790円 (税込)

時間を気にせず使える低騒音設計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約55dBの低騒音設計で、使用時間を気にせず使用しやすいミルサーです。新開発の4枚刃を採用しており、氷やナッツなどの硬いものも粉砕できます。カッターのエッジ部分の刃をつぶした安全設計により、安全にお手入れ可能です。ガラス容器はレンジ加熱や煮沸消毒に対応しているので、ホットスムージーや温かいスープも楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 岩谷産業 商品名 サイレントミルサー IFM-S30G
ミキサータイプ ミルサー 設置タイプ 据え置き型
容量 260ml 回転数 -
連続使用時間 3分 機能 低騒音設計、カバースイッチ方式
サイズ 238×338×140mm 重量 約2.6kg
消費電力 210W コード長 約1.6m
タイガー魔法瓶(TIGER)

コンパクトミキサー アーバンライフシリーズ SKR-V250AN

価格:6,136円 (税込)

「良い音シリーズ」で従来の音を45%カット!の静音ミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく静かなミキサーをお探しの人にはこちらのミキサーがおすすめです。タイガー社の「良い音設計シリーズ」で従来型よりも45%作動音をカット。時間を気にせず使用できるほか、赤ちゃんのいるご家庭にもおすすめ。もちろん、家庭で製氷した氷はOKです。ちなみに食洗機は残念ながら非対応で、「刃」と「刃の台」も分離しないため、お手入れにはブラシがあると便利です。静音性をとにかく重視する人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー魔法瓶 (TIGER) 商品名 コンパクトミキサー SKR-V250AN
ミキサータイプ ミキサー、ジューサー 設置タイプ 据え置き型
容量 250ml 回転数 約9400回/分(250mL水負荷時)
連続使用時間 60秒 機能 きざむ、つぶす、おろす、スライス、ジューサー
サイズ 幅11.9×奥行14.1×高さ30.4 cm 重量 1.6kg
消費電力 160W コード長 1.2m

最後にミキサーを購入したなら作りたいおすすめのレシピをご紹介します。スムージーは基本的に野菜と果物の組み合わせにヨーグルト・牛乳などをどう合わせるかによって変わります。

スムージー初心者&子供も飲みやすいならフルーツ系

【おすすめの材料】

  • バナナや冷凍ブルーベリー・いちごなど単体お好み
  • あるいはベリーミックス・柑橘系ミックスなど
  • 牛乳かヨーグルト
  • 家庭で製氷した氷

 

【作り方】

牛乳orヨーグルト→イチゴやブルーベリー→水分が多いもの→ 硬いもの(氷)の順番でミキサーに入れてスイッチON。フルーツ系なら誰でも飲みやすいスムージーになりますよ。

野菜入りスムージー初心者さんは小松菜から

【おすすめの材料】

  • 小松菜などの葉物
  • バナナ
  • 牛乳
  • 家庭で製氷した氷

 

【作り方】

牛乳→小松菜&バナナー→ 硬いもの(氷)の順番でミキサーに入れてスイッチON。スムージー初心者さんでも小松菜なら飲みやすい味に。お子さんでも野菜の味を感じずに飲めます。

腸活目的なら甘酒を活用!

【おすすめの材料】

  • 小松菜
  • バナナ
  • 甘酒
  • 冷水

 

【作り方】

材料をそれぞれ適量入れてスイッチON。甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養が豊富。発酵食品の力を腸まで届けられます。野菜入りでも非常に飲みやすい味なので、スムージーデビューの人はここから挑戦してくださいね。

多すぎてわかりにくいと評判のミキサーも、何を重視するかを考えれば自分に最適なものを選べます。普段のライフスタイルにぴったりで使いやすい商品を選んで、毎日のスムージー生活を続けましょう。