【2021最新版】一人暮らしにも人気!ジューサーおすすめ10選|低速と高速の違いも

お好きな果物でジュースを作るのに便利なジューサー。この記事では、最近話題の栄養を逃さない低速ジューサーから素早く作れる高速ジューサーまで、おすすめ商品をご紹介します。高性能なジューサーは価格が高いですが、中には一人暮らしにも人気の安いタイプもあります。ぜひ参考にしてください。

2021/05/06 更新

家庭で本格的なジュースを簡単に作りたい人には「ジューサー」がおすすめです。ですが、ジューサーはジュースを作ることしかできないのに、基本価格は1万円以上です。特に「低速ジューサー」というタイプは、栄養を逃さない高性能を持ち合わせているため高級モデルです。

 

この記事では、なるべく安くジューサーが欲しい・一人暮らしでも使える小型ジューサーが欲しいという方にもぴったりな商品もご紹介していきます。もちろん高性能な高級モデルもご紹介していくので、選び方をチェックしながらご自身が1番使いたいと思うものを選んでみてください。

 

よく間違えられがちな「ジューサー」と「ミキサー」の違いや、ジューサーを使ったおすすめレシピも詳しくご紹介してくので、ジューサーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

今すぐ見る!おすすめの低速(スロー)ジューサー5選

まずはジューサーとミキサーの違いをご紹介します。似ているようで用途は全く異なる2つのアイテムの特徴を解説していきます。

ジューサーの特徴と用途|野菜や果物から液体を絞り出す

ジューサーとは、野菜や果物をすりおろして繊維と液体を分けることで、ジュースを絞り出すことのできる調理器具です。野菜や果物を機械の中で自動ですりおろし、いらない繊維の部分はザルにキャッチさせ、ジュースとなる液体だけを取り出せる仕組みです。

 

水や牛乳がなくてもジュースを作ることができるので、果物や野菜そのものの果汁100%ジュースが楽しめるのが特徴です。出来上がりはさらさらとした液体なので、非常に飲みやすいです。

 

 

ミキサー|野菜や果物など固形の食材を粉砕してペースト状にする

ミキサーとは、容器の底についている刃物を使って果物や野菜などを液体と一緒に攪拌する調理器具のことです。底の刃を回転させることで素早く食材を砕き、かき混ぜることによってジュースを作ることができます。

 

【ジューサーとの違い】

  • 入れた食材が細かくなるだけなので、ジューサーでは取り除かれる繊維も一緒に入っている。
  • 攪拌する際に水や牛乳などを一緒に入れなければならない。
  • 仕上がりはジューサーのようなさらさらしたものではなく、ドロドロになる。

 

ジューサーとミキサーは「ジュースを作る調理器具」として同じに見えても、実は明確な違いがあることがわかりました。どちらの方がいいのかは、以下の点にも注意した上で選んでみてください。

【ジューサーorミキサー】あなたはどっちを選ぶ?

ジューサーがおすすめな人 ミキサーがおすすめな人
  • さらさら果汁100%ジュースが飲みたい人
  • ビタミンなど栄養を逃さずジュースを作りたい人
  • 稼働音が静かなモデルが欲しい人
  • スムージーも作りたい人
  • ジュースを作ったあと洗いやすいモデルが欲しい人
  • なるべく安く購入したい人

 

ジューサーで繊維を取ったジュースは、非常にサラサラで飲みやすいです。また、ジューサーの種類の中でも「低速(スロー)ジューサー」を選べば、低速で食材を搾りつぶすため摩擦熱の発生が少なく、熱に弱いビタミンや酵素のロスを抑えられるので、栄養満点です。

 

さらに稼働音がジューサーに比べてかなり静かなことも、人気の理由の一つです。その代わり、取り除いた繊維をお手入れする手間がかかる点や、高性能なだけあり価格が高くなったりするデメリットもあります。自分が重視したい点は何か踏まえた上で、どちらの方が選んでください。

 

ここでミキサーの方が気になる!となった方は、ミキサーのおすすめ商品や選び方について特集した以下の記事をぜひご覧ください。

ジューサーを選ぶときにチェックするポイントは以下の5点です。購入してから後悔することのないよう、ここでしっかりチェックしておきましょう。

 

  1. 種類で選ぶ
  2. 容量・サイズで選ぶ
  3. 使える素材で選ぶ
  4. 洗いやすさ選ぶ
  5. メーカーで選ぶ

ジューサーの種類で選ぶ|栄養を逃さない低速 or 素早く作れる高速

ジューサーには「高速(パワー)ジューサー」と「低速(スロー)ジューサー」があります。どちらにもメリットでメリットがあるので、どちらの方がいいのか選んでみましょう。

低速(スロー)ジューサー|食材の栄養を逃さない!本来の美味しさを存分に

低速(スロージューサー)は、ゆっくりと時間をかけて食材を搾ることでジュースを作ります。最近ではこのスロージューサーで作ったジュースを「コールドプレスジュース」といい、専門店もできるほど人気が高まっています。

 

【低速(スロー)ジューサーのメリット】

  • 熱に弱いビタミンを壊さずに栄養満点のジュースを飲むことができる。
  • 空気による酸化を防ぐため、ビタミンに限らず他の栄養素も失わずに済む。
  • 葉物野菜などの軽い食材も上に浮いてしまうことなくジュースを作れる。

 

【低速(スロー)ジューサーのデメリット】

  • 歯の回転速度が遅いので、ジュースを作るのに時間がかかる。
  • フォルターの網目に素材のカスが残ってしまい、掃除するのが大変。
  • 価格が高い。

 

スロージューサーは、栄養素を失わずにジュースを絞れる高性能調理器具ですが、その代わり価格が高く、安いモデルでも1万円台・高級モデルでは4万円と少し手の出しにくい値段です。作るのに時間がかかってでも栄養満点なコールドプレスジュースを飲みたい方にはおすすめです。

 

 

今すぐ見る!おすすめの低速(スロー)ジューサー5選

高速ジューサー|素早くさらさらジュースが作れる

高速ジューサーは、高速で動かすことでジュースを素早く作ることのできるタイプです。朝の忙しい時間でも新鮮なジュースを作って栄養補給をしたい方や、家族分のジュースを作ってあげたい方にはおすすめです。

 

【高速ジューサーのメリット】

  • 素早くジュースを作れる。
  • スロージューサーより価格が安い場合がある。

 

【高速ジューサーのデメリット】

  • 高温回転時に摩擦熱が発生し、栄養素や香りが若干減る。
  • 使用できる食材がスロージューサーと比べて少ない。

 

高速ジューサーはとにかく素早くジュースを作りたい方におすすめのタイプです。手軽さを考えるならこのタイプを選びましょう。高速ジューサーは「パワージューサー」とも言いますが、以下の記事ではそのパワージューサーを特集して詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

今すぐ見る!おすすめの高速(パワー)ジューサー5選

容量・サイズで選ぶ|一人暮らし向けコンパクトタイプ・価格の安さ

ジューサーを選ぶときに、容量とサイズを決めておくことは非常に大切です。使用人数によって必要な容量とサイズが代わり、価格にも違いが出てきます。

 

使用人数 おすすめの容量 平均的なサイズ 価格
一人暮らしコンパクトモデル コップ1杯分(200~300ml) 幅125x高さ280x奥行125 mm 3,000~1万円台
2~3人暮らし一般的なモデル コップ2杯分400ml〜600ml 幅150x高さ425x奥行177 mm 2~3万円
4人以上の大型タイプ 1000ml前後 幅200x高さ500x奥行200mm 4万円以上

 

一人暮らしなら、コップ一杯分だけ作ることのできる容量を選べばサイズもコンパクトで、価格も比較的安く購入することができます。また、小型の高速ジューサーなら3,000円前後で購入もできてコスパがいいです。価格の安さ重視ならスロージューサーより高速ジューサーを選びましょう。

使える素材で選ぶ|中にはジュースにできない果物も

ジューサーを選ぶ際には、自分が使いたい素材が使えるかどうかはちゃんと確認しましょう。高性能なスロージューサーであれば問題ありませんが、昔のモデルや高速ジューサーの中には、果肉が多い桃やキウイが使えない場合があります。

 

また、水分が少ないバナナなども牛乳や水分の多い食材をプラスするなど、水分を補って使う必要があるモデルもあります。そして、スロージューサーは氷が砕けないものが多いので、氷を使用したい方はミキサーを選ぶか、氷に対応している専用アタッチメントのついているスロージューサーを選びましょう。

洗いやすさで選ぶ|掃除が面倒だと使う機会が減ってしまうかも

ジューサーは、先ほどご紹介したように機器によってはお手入れにとても手間のかかる調理家電です。特にスロージューサーはお手入れが少し面倒で、取り除いた繊維を掃除するのが大変な場合があります。

 

最近発売された新しいモデルでは、水を入れて動かすだけで綺麗に汚れを取り除けるものや、フィルターを無くして水洗いの手間を減らしたものなどがあります。長く清潔に使うためにも、お手入れが簡単なジューサーを選ぶようにしましょう。

 

以下の記事では洗いやすいジューサーについて特集しています。気になった方はぜひご覧ください。

メーカーで選ぶ|それぞれにこだわりポイントがある!

ジューサーをメーカーで選ぶのも一つの方法です。パナソニック、テスコム、ヒューロムの3社の特徴をご紹介します。

固い素材も使えるパナソニック

大手家電メーカーのパナソニックのジューサーは、スクリュー部分がステンレスでできているので、氷などの固い素材でも問題なく使えます。フローズンを楽しめるアタッチメントがついているものもありますので、冷たいドリンクを楽しみたい人におすすめです。

 

また、公式サイトにレシピが多数公開されているので、さまざまなジュースを楽しめるのも特徴です。パナソニックのジューサーは保証がしっかりとしているのも嬉しいポイントです。一度買ったら長く使う製品ですので、安心して使いたい人におすすめです。

 

パナソニックのジューサーを使ったレシピが知りたい方は、以下のリンクからご覧ください。

プロに近い味になるテスコム

テスコムのジューサーは、シンプルな設計になっているのが特徴です。シンプル設計ですが、低速のジューサーを多数発売していて、食材の栄養素を逃さずに取れるのも特徴です。また、食洗機に対応している機種もあるためお手入れも簡単です。

 

機器によって真空ボトルがついているものや、泡立たないジュースを作れるものなどさまざまなジューサーを発売しているメーカーです。価格もリーズナブルなのでチャレンジしやすいといわれています。

お手入れが簡単なヒューロム

ヒューロムは業務用のジューサーも販売しているメーカーです。そのため、業務用として使えるジューサーの技術を家庭用に応用し多数のモデルを発売しています。その中でも片付けがとても楽だと話題になったアドバンズド100を開発したメーカーでもあります。

 

また、世界で初めてスロージューサーを開発したのがヒューロムなので、技術力はとても高いです。本格的なジューサーを求めている人におすすめです。

テスコム

スロージューサー TSJ800P

価格:16,880円 (税込)

一人暮らし用としても使える小型のジューサー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あまり広くないキッチンでも置ける小型のジューサーです。手作りジュースの作り方がわからない人でも簡単に作れるように買ったその日からジュースをつくれる専用レシピブックがついています。高速ジューサーで絞れなかった硬い食材や果肉の多い食材も絞れるので、レシピの幅が広がります。

メーカー テスコム 商品名 スロージューサー TSJ800P
消費電力 150W 搾汁方式 -
サイズ 幅 145×奥行き80×高さ 415mm 重量 3.3kg
定格時間 15分 セット内容 ジュース用フィルター/フローズン用フィルター/カップ/カップ(カス用)/掃除用ブラシ/レシピブック
消化吸収率 -
シャープ(SHARP)

ヘルシオ(HEALSIO) グリーンプレッソ EJ-GP1-G

価格:20,500円 (税込)

ダイアルを回すだけで自分好みの青汁を作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フレッシュな青汁を作るときでも、葉物野菜を細かく刻む必要がありません。野菜をそのまま低速圧縮絞りにかけることで、栄養たっぷりの美味しいジュースが作れます。また、食物繊維がたっぷり残った搾りかすを料理に使いたい人にも、搾りかすを使いやすい設計になっているので余計な手間がかかりません。

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 ヘルシオ(HEALSIO) グリーンプレッソ EJ-GP1-G
消費電力 100W 搾汁方式 -
サイズ 幅127×奥行き195×高さ46mm 重量 4.8kg
定格時間 約30分 セット内容 ジュースカップ(黒)/ジュースカップ(透明)/ジュースカップフタ/フローズン用アタッチメント/ジュースストッパー(黒色)/清掃用ブラシ/取扱説明書/メニュー集
消化吸収率吸収率 -
パナソニック(Panasonic)

低速ジューサー MJ-L600-H

価格:18,244円 (税込)

3種のフィルターがついていてコスパの良いジューサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールドプレスジュース、あらごしジュース、フローズンスイーツまで1台で作れるので、自宅で美味しい色々なジュースを楽しめます。作り方は、作りたいアタッチメントに付け替えて食材を搾るだけでOKです。また、搾かすは料理に使うことができるので、食材を無駄にしません。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 ビタミンサーバー MJL600H
消費電力 150W 搾汁方式 低速圧縮絞り方式
サイズ 幅185×奥行176×高さ432mm 重量 4.0kg
定格時間 15分 セット内容 あらごしフィルター/フローズンアタッチメント/ジュースカップ/絞りかすカップ/ブラシ/レシピブック
消化吸収率 -
クビンス(Kuvings)

ホールスロージューサー EVO-800

価格:43,780円 (税込)

直径8.2cmの大きな投入口で素材を切る手間がない

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れがとても簡単な低速ジューサーです。ジュースの排出キャップを閉じた状態で、水を入れてマシーンを1分動かすだけで洗浄が完了してしまう画期的な仕組みになっているので、複雑なお手入れをしたくない人にぴったり。投入口が直径8.2cmと大きいので、食材を細かく切る手間がありません。

メーカー クビンス(Kuvings) 商品名 ホールスロージューサー EVO-800
消費電力 240W 機能 300ccが1分で絞れる/簡単洗浄
サイズ (幅)229mm ×(奥行)210mm ×(高さ)460mm 重量 6.8kg 
定格時間 30分 セット内容 本体/ドラム蓋/ドラム/スマートキャップ/回転ワイパー/ストレーナー/スクリュー/押し込み棒/ジュースカップ/繊維質容器/洗浄用ブラシ/出口洗浄用ブラシ/洗浄用回転ブラシ/レシピブック/取扱説明書
消化吸収率 65%
HUROM (ヒューロム)

ジューサー アドバンスド100

価格:47,350円 (税込)

分離搾汁方式を新採用したジューサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分離搾汁方式は、スクリューと2種類の樹脂製フィルターで食材を搾っていくので、お手入れがとても簡単になりました。従来のジューサーはフィルターが目詰まりを起こしてしまって、なかなかお手入れに時間がかかってしまっていました。こちらのフィルターは水で洗い流すだけで汚れが落ちるので、従来の1/6程度の時間しかかかりません。

メーカー HUROM (ヒューロム) 商品名 ジューサー アドバンスド100
消費電力 - 搾汁方式 フィルター式(撹拌機能なし)
サイズ 幅293x奥行211x高さ462mm 重量 5.8kg
定格時間 - セット内容 本体、ドラム、ドラムキャップ、スクリュー、インナーフィルター、フィルター(細目)、フィルター(粗目)、フローズンフィルター、押し棒、ジュースカップ、搾りかすカップ、予備パッキンセット、掃除ブラシ、取説、レシピ
消化吸収率 -

【スペック比較表】低速(スロー)ジューサー5製品

  • 商品画像
  • アイテムID:5715363の画像

    テスコム

  • アイテムID:5715362の画像

    シャープ(SHARP)

  • アイテムID:5715361の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5715359の画像

    クビンス(Kuvings)

  • アイテムID:5715360の画像

    HUROM (ヒューロム)

  • 商品名
  • スロージューサー TSJ800P
  • ヘルシオ(HEALSIO) グリーンプレッソ EJ-GP1-G
  • 低速ジューサー MJ-L600-H
  • ホールスロージューサー EVO-800
  • ジューサー アドバンスド100
  • 特徴
  • 一人暮らし用としても使える小型のジューサー
  • ダイアルを回すだけで自分好みの青汁を作れる
  • 3種のフィルターがついていてコスパの良いジューサー
  • 直径8.2cmの大きな投入口で素材を切る手間がない
  • 分離搾汁方式を新採用したジューサー
  • 価格
  • 16880円(税込)
  • 20500円(税込)
  • 18244円(税込)
  • 43780円(税込)
  • 47350円(税込)
  • メーカー
  • テスコム
  • シャープ(SHARP)
  • パナソニック(Panasonic)
  • クビンス(Kuvings)
  • HUROM (ヒューロム)
  • 商品名
  • スロージューサー TSJ800P
  • ヘルシオ(HEALSIO) グリーンプレッソ EJ-GP1-G
  • ビタミンサーバー MJL600H
  • ホールスロージューサー EVO-800
  • ジューサー アドバンスド100
  • 消費電力
  • 150W
  • 100W
  • 150W
  • 240W
  • -
  • 搾汁方式
  • -
  • -
  • 低速圧縮絞り方式
  • フィルター式(撹拌機能なし)
  • サイズ
  • 幅 145×奥行き80×高さ 415mm
  • 幅127×奥行き195×高さ46mm
  • 幅185×奥行176×高さ432mm
  • (幅)229mm ×(奥行)210mm ×(高さ)460mm
  • 幅293x奥行211x高さ462mm
  • 重量
  • 3.3kg
  • 4.8kg
  • 4.0kg
  • 6.8kg 
  • 5.8kg
  • 定格時間
  • 15分
  • 約30分
  • 15分
  • 30分
  • -
  • セット内容
  • ジュース用フィルター/フローズン用フィルター/カップ/カップ(カス用)/掃除用ブラシ/レシピブック
  • ジュースカップ(黒)/ジュースカップ(透明)/ジュースカップフタ/フローズン用アタッチメント/ジュースストッパー(黒色)/清掃用ブラシ/取扱説明書/メニュー集
  • あらごしフィルター/フローズンアタッチメント/ジュースカップ/絞りかすカップ/ブラシ/レシピブック
  • 本体/ドラム蓋/ドラム/スマートキャップ/回転ワイパー/ストレーナー/スクリュー/押し込み棒/ジュースカップ/繊維質容器/洗浄用ブラシ/出口洗浄用ブラシ/洗浄用回転ブラシ/レシピブック/取扱説明書
  • 本体、ドラム、ドラムキャップ、スクリュー、インナーフィルター、フィルター(細目)、フィルター(粗目)、フローズンフィルター、押し棒、ジュースカップ、搾りかすカップ、予備パッキンセット、掃除ブラシ、取説、レシピ
  • 消化吸収率
  • -
  • -
  • 65%
  • -
  • 消化吸収率吸収率
  • -
  • 機能
  • 300ccが1分で絞れる/簡単洗浄
パナソニック(Panasonic)

高速ジューサー MJ-H200-W

価格:6,999円 (税込)

組み立てもお手入れも楽なジューサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カッターやフィルターそしてベース部分まで全て金属でできている高速ジューサーです。細かいメッシュ状のクリアフィルターでジュースとかすを分離させるため、さらっとしたジュースを作ることができます。お手入れが難しいジューサーですが、洗浄必要部品を削減することでお手入れの手間を減らすことに成功しました。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 高速ジューサー MJ−H200−W
消費電力 170W 回転数 11900回/分(無負荷時)
サイズ 幅210×奥行294×高さ293mm 重量 3.0kg
定格時間 連続使用OK セット内容 ジュースカップ/ブラシ
HOMEASY

ジュースミキサー BL05

価格:4,980円 (税込)

45秒でジュースが作れる高速ジューサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーカッターで食材を一気に砕くので、朝の忙しいときでもすぐジュースを作れます。氷も一緒に砕ける設計なので、スムージ作りもOK材料を投入してから完成まで45秒と1分かからないのも嬉しいポイントです。キャップ付きボトルが付いていて、作ったジュースはそのまま持ち運べます。

メーカー HOMEASY 商品名 ジュースミキサー BL05
消費電力 300W 回転数 22000回転/分
サイズ 幅220×奥行き160x高さ245mm 重量 1.5kg
定格時間 90秒 セット内容 ボトル2つ付き
クイジナート(Cuisinart) 

コンパクトジューサー CJE-500J

価格:21,600円 (税込)

大きめ投入口なので調理が楽

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1/4カットのリンゴが入る大きめサイズの投入口なので、食材を細かく刻む必要はありません、食材の繊維を仕分けるコンテナを外側に持ってきたことで、従来品よりも30%コンパクト設計となりました。クイジナート製のジューサーでとても人気のアイテムとです。

メーカー クイジナート(Cuisinart)  商品名 コンパクトジューサー CJE-500J
消費電力 300W 回転数 約8600回/分(無負荷時)
サイズ 幅215x奥行き295x高さ327 mm 重量 3.2 kg
定格時間 3分 セット内容 -
コイズミオンラインショップ

【コイズミ公式】 ジューサー KMJ-0500 |

価格:2,980円 (税込)

トップレベルの抽出スピード

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投入口は直径6cmと大きめの作りなので、粗く切った果物や野菜もジューサーにかけることができます。組み立てが単純で使いやすいのに加え、分解もしやすいので丸洗いして常に清潔に保つことはできるのもメリットです。1~2人分のジュース作りにはぴったりの容量で、素早くジュースを抽出してくれるので便利な商品です。

メーカー コイズミ 商品名 KMJ-0500
消費電力 145W 回転数 -
サイズ 約175(W)×240(D)×290(H)mm 重量 2.1kg
定格時間 - セット内容 カップ、ブラシ、レシピブック、取扱説明書
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

テスコム TESCOM TJ112-W 高速ジューサー Pure Natura (ピュアナチュラ) ホワイト[TJ112W]

価格:3,010円 (税込)

ゴールドチタンカッターで硬い食材もジュースに

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかい食材、硬い食材など、食材に合わせて回転速度を2段階に切り替えることができます。入れ味のいいゴールドチタンカッターを採用しているので、効率よく素早くジュースを絞り出すことができます。コンパクトボディで収納場所に困らないのもメリットです。

メーカー テスコム 商品名 TJ112-W
消費電力 200W 回転数 1:11000回/分 2:14000回/分(無負荷時)
サイズ 260x285x175 mm 重量 1.7 kg
定格時間 5分 セット内容 -

【スペック比較表】おすすめの高速(パワー)ジューサー5製品

  • 商品画像
  • アイテムID:5715366の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5715369の画像

    HOMEASY

  • アイテムID:5715368の画像

    クイジナート(Cuisinart) 

  • アイテムID:5715541の画像

    コイズミオンラインショップ

  • アイテムID:5715549の画像

    楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

  • 商品名
  • 高速ジューサー MJ-H200-W
  • ジュースミキサー BL05
  • コンパクトジューサー CJE-500J
  • 【コイズミ公式】 ジューサー KMJ-0500 |
  • テスコム TESCOM TJ112-W 高速ジューサー Pure Natura (ピュアナチュラ) ホワイト[TJ112W]
  • 特徴
  • 組み立てもお手入れも楽なジューサー
  • 45秒でジュースが作れる高速ジューサー
  • 大きめ投入口なので調理が楽
  • トップレベルの抽出スピード
  • ゴールドチタンカッターで硬い食材もジュースに
  • 価格
  • 6999円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3010円(税込)
  • メーカー
  • パナソニック(Panasonic)
  • HOMEASY
  • クイジナート(Cuisinart) 
  • コイズミ
  • テスコム
  • 商品名
  • 高速ジューサー MJ−H200−W
  • ジュースミキサー BL05
  • コンパクトジューサー CJE-500J
  • KMJ-0500
  • TJ112-W
  • 消費電力
  • 170W
  • 300W
  • 300W
  • 145W
  • 200W
  • 回転数
  • 11900回/分(無負荷時)
  • 22000回転/分
  • 約8600回/分(無負荷時)
  • -
  • 1:11000回/分 2:14000回/分(無負荷時)
  • サイズ
  • 幅210×奥行294×高さ293mm
  • 幅220×奥行き160x高さ245mm
  • 幅215x奥行き295x高さ327 mm
  • 約175(W)×240(D)×290(H)mm
  • 260x285x175 mm
  • 重量
  • 3.0kg
  • 1.5kg
  • 3.2 kg
  • 2.1kg
  • 1.7 kg
  • 定格時間
  • 連続使用OK
  • 90秒
  • 3分
  • -
  • 5分
  • セット内容
  • ジュースカップ/ブラシ
  • ボトル2つ付き
  • -
  • カップ、ブラシ、レシピブック、取扱説明書
  • -

「ジュースを作りたいけれどレシピがわからない」という人のために、スロージューサーと高速ジューサーで作れるレシピをご紹介します。

スロージューサーを使ったレシピ

【にんじん&マンゴージュース】

 

材料

  • にんじん 1本
  • みかん 3個
  • マンゴー 0.5〜1個

 

低速ミキサーにこれらの材料を少し切って入れるだけでOKです。ニンジン多めやミカン多めなど自分好みの味にできるのがジューサーの魅力。お好みでりんごやグレープフルーツを足してもOKです。

高速ジューサーを使ったレシピ

【りんごともものジュース】

 

材料

  • プラム 1個
  • りんご1個(半分は冷凍用)

 

  1. りんごのヘタと芯をとって3cm角に切る
  2. 0.5個分のりんごのみ投入口に入れて押し込み棒で押し込む。
  3. 絞り終わったら冷凍してキューブにしておく
  4. プラムの皮を剥いて種を取り2cm角に切る。
  5. 残しておいたリンゴと一緒に投入口に入れて搾る

 

りんごでつくった氷のキューブの上からジュースを入れると、氷が溶けてもジュースが薄くならず最後まで美味しく飲めます。そこまで気にならないから手間をなくしたいという人は省いてもOKです。

ジューサーを使うことで、市販では飲めない栄養たっぷりのジュースを楽しめます。自分好みの材料を使えるので、毎日美味しい新鮮なジュースを楽しみたい方はぜひジューサーを試してみてください。自分に合ったジューサーに出会うことで、楽しくジュースを作れます。

 

他にもミキサーやミルサーなど、似たような機能を備えた家電の記事があるのでぜひ参考にしてくださいね。