【2021最新】ガラス製のフードプロセッサーおすすめ10選|安いモデルも

この記事ではガラス容器を採用したフードプロセッサーを紹介します。ステンレス製やプラスチック製などの他の素材との比較や、どんな人におすすめなのかの疑問について解説します!さらにパナソニック・テスコムなどのメーカーのおすすめ商品10選を紹介。他にも食洗機対応の可否や容器を破損した場合についてご説明します。

2021/02/10 更新

野菜をみじん切りにしたり、肉をミンチしたりできる便利なフードプロセッサー。食べ物に関わる家電ですので、パーツを取り外して洗いやすいタイプを選ぶことは大事です。食材の残りカスをしっかりと洗い流し、臭いもきれいさっぱりに除去したいですよね?

 

フードプロセッサーを清潔に使い続けていくなら、容器の素材にこだわってみましょう。ポリカーボネート(透明なプラスチック)やステンレスなど種類がありますが、きれい好きな方にはガラス容器がおすすめ。ガラスは清潔保持で最も優れた素材の容器なんです。

 

この記事では、フードプロセッサーでガラス容器がおすすめできる理由を解説し、ガラス容器を採用するフードプロセッサーのメーカーごとのおすすめ10選を紹介します。食洗機との関係や、容器を割ってしまった場合の対処法にも触れるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

今すぐ見る!ガラス容器のフードプロセッサーおすすめ10選

フードプロセッサーの容器の素材は、ポリカーボネート(透明なプラスチック)製・ステンレス製・ガラス製の3種類です。その中でガラス製容器には、どんなメリットがあるのでしょうか?ここではガラス製容器をおすすめする理由について解説します。

透明だから中の食材の状態を確認できる

ガラス容器は透明なので食材の状態を常に把握できます。ステンレス容器は金属のため、外側から中を確認することはできません。ポリカーボネート容器も透明度の高い容器ですが、傷がつきやすく長く使用していくうちに見えづらくなる場合があります。

 

食材の仕上がりをフードプロセッサーの性能に任せるなら、視認性は問題にならないかもしれません。しかし、自分好みの仕上がりにしたくなった時、ガラス容器なら一回一回容器のふたを開けて確認する手間がなく快適ですよね。使い勝手重視の方におすすめです。

洗いやすく清潔保持に優れている

フードプロセッサーは口に入れるものを扱う調理家電なので衛生面に気を配るなら断然ガラス容器がおすすめ。ガラス容器は洗いやすく食材の臭いが残りにくいのが特徴です。また食材から出る油も落ちやすいので、ぬるぬる感が残らずきれいさを保ちやすいです。

 

ポリカーボネート素材は油を吸着しやすい性質があるため、洗うのが大変です。またガラス容器は、ポリカーボネートやステンレスに比べ、時間経過による劣化が少ないのも魅力。最も長く使い続けやすい素材と言えます。

見た目におしゃれで高級感がある

ガラス容器は重くてうっかり落とした時に割れやすいデメリットがあります。反面、ガラスならではの重厚感はキッチンをおしゃれに演出。見た目の高級感が日々の料理のモチベーションアップにつながるかもしれませんね。

 

ガラス容器を採用しているフードプロセッサーは、どんなキッチンにも調和しやすいベーシックなデザインの製品が多いです。キッチン回りの美観を大事にしたい方にもガラス容器がおすすめです。

フードプロセッサーに採用される通常のガラス容器は、60℃以上で割れてしまいます。そのため高温のお湯を使用する食洗機では、ガラス容器を洗うことはできません。ただし、製品によっては耐熱ガラスを使用し食洗機対応のフードプロセッサーもあります。

 

食洗機対応の場合でも、食洗機の温度によっては使用できないケースもあるので注意してくださいね。購入前にフードプロセッサーの注意点や食洗機の温度について調べておきましょう。耐熱ガラス容器では、電子レンジで使用可能な製品もあります。

ガラス製のフードプロセッサーは、パナソニックや、テスコムが有名です。ここでは、メーカーごとのガラス製おすすめフードプロセッサーを解説します。

パナソニック

パナソニック(Panasonic)

マルチプロセッサー MK-FE601

価格:68,081円 (税込)

食洗機対応容器のプロ向け大容量フードプロセッサー

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1Lの大容量容器で、食材に対してさまざまな下ごしらえができるマルチフードプロセッサーです。みじん切り・ミンチ・パン生地・泡立てと幅広い用途で使え、ファミリー向けで作り置きをしたい方にもおすすめ。クイックドレイナーで洗った野菜の水切りや揚げ物の油切りもできます。ガラス製容器とふたは食洗機に対応しており、お手入れも簡単ですね。オートメニューやスピード調節機能も充実した高機能フードプロセッサーです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 1L 消費電力 150W
連続使用時間 30分 回転数 1900回/分
コード長 1m サイズ 264x435x265 mm
重量 4.6 kg 付属品 ナイフカッター、スライスカッター、おろしカッター、生地ごねブレード、泡立てディスク
パナソニック

MK-K48P

価格:6,100円 (税込)

機能性も価格もベーシックなフードプロセッサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製フードプロセッサーで最も安価でベーシックなモデルです。標準で「きざむ・まぜる・おろす」の下ごしらえが可能。別売りアタッチメントで「スライス・パン生地」などの下ごしらえも可能になります。手頃な価格で、途中で機能を増やすこともできるので初めてフードプロセッサーを買う方におすすめです。ガラス製容器で清潔面も安心で、長く使っていく1台としても適しているでしょう。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 100~500g ※食材による 消費電力 120W
連続使用時間 30分 回転数 2900回/分
コード長 1m サイズ 155x190x225 mm
重量 2.6 kg 付属品 ナイフカッター、おろしカッター
パナソニック

MK-K61

価格:10,361円 (税込)

耐久性向上と充実オプションが魅力のフードプロセッサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先述のMK-K48Pの上位モデルのフードプロセッサーです。違いは、標準付属アタッチメントに鬼おろしカッターとパンの羽根が加わり、調理の幅が広がっています。みぞれ鍋やパン・うどん生地を作りたい方に便利なアタッチメントですね。また、ブラックハードチタン製のブレードを採用したことで耐久性が増しています。ガラス容器の劣化のしにくさと併せて、長いスパンで使用していきたい方におすすめです。離乳食作りにも最適ですね。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 100~500g ※食材による 消費電力 120W
連続使用時間 30分 回転数 2200~2900回/分
コード長 1m サイズ 154x212x225 mm
重量 2.8 kg 付属品 ナイフカッター、おろしカッター、鬼おろしカッター、パンの羽根
パナソニック

MK-K81

価格:9,090円 (税込)

パナソニックの家庭用フードプロセッサー最上位機種

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製フードプロセッサーの上位機種です。鬼おろしカッターやパンの羽根以外にもスライス・千切りカッターが加わり、サラダ作りもしやすくなっています。パナソニックの家庭用の手頃なフードプロセッサーの中で最もマルチな機能を持っている機種で、毎日頻繁に活用したい方におすすめです。ブレードはブラックハードチタンカッターを採用し、耐久性もばっちり。食材の入れ過ぎによる故障防止の機能もあり、長く愛用できますね。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 50~500g ※食材による 消費電力 120W
連続使用時間 30分 回転数 2200~2900回/分
コード長 1m サイズ 154x212x225 mm
重量 2.8 kg 付属品 ナイフカッター、おろしカッター、鬼おろしカッター、スライスカッター、パンの羽根

テスコム

テスコム(TESCOM)

フードプロセッサー Pure Natura TK441-W

価格:5,980円 (税込)

1台4役のコスパに優れたフードプロセッサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「きざむ・まぜる・おろす・泡立て」の4種の下ごしらえが可能なフードプロセッサーです。マルチに活用できる製品としては価格が抑えられていて、コスパに優れた製品と言えるでしょう。ガラス容器で衛生面も安心ですね。販売サイトでは型落ち機種のTK440も出回っていますが、価格差がほぼないため本製品を選ぶと良いでしょう。モーター保護装置も搭載されているので無理な使用を防止でき、長く使っていきたい方にもおすすめです。

 

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 500g ※ハンバーグの場合 消費電力 170W
連続使用時間 3分 回転数 2500回/分
コード長 1.2m サイズ 260x215x170 mm
重量 2.7 kg 付属品 みじん切りカッター、両面おろし刃(細・粗)、泡立て
スタイルキッチン

TESCOM フードプロセッサー ベリーレッド TK700-R

価格:14,212円 (税込)

電子レンジ可・食洗機可の耐熱ガラス容器採用のフードプロセッサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱ガラスボトルを採用したフードプロセッサーです。耐熱温度は120℃で食洗機でも使用することができるので、面倒なお手入れが簡単に済みますね。また、下ごしらえした食材をそのまま電子レンジで加熱することが可能なのも便利。調理もお手入れも楽にしたい方におすすめのフードプロセッサーと言えます。みじん切りやおろし、生地作りなど幅広く活躍でき、スピード調整で好みの食感に仕上げることも可能です。

 

取扱説明書はこちら

容量 0.5L 消費電力 170W
連続使用時間 30分 回転数 2000~2500回/分
コード長 1m サイズ 305x288x164 mm
重量 3 kg 付属品 みじん切りカッター、おろし刃
テスコム(TESCOM)

フードプロセッサー TK213-W

価格:3,628円 (税込)

コンパクトでおしゃれ、機能性も優れたフードプロセッサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目にかわいらしくおしゃれなガラス容器のフードプロセッサーです。洗いやすく清潔保持にも優れ、ガラス容器の良さを感じられるでしょう。機能性も一見シンプルそうで、「きざむ・まぜる・おろす・泡立て」とフレキシブルに調理に活用することができます。低価格なので、フードプロセッサーを使ったことがない人もお試しで購入するのにおすすめで、レシピブックも付属しています。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 0.3L 消費電力 320W
連続使用時間 1分 回転数 5000回/分
コード長 1m サイズ 184x216x159 mm
重量 1.7 kg 付属品 みじん切りカッター、両面おろし刃(細・粗)、泡立て

その他メーカー

ビタントニオ(Vitantonio)

ガラスチョッパー VCR-20

価格:5,402円 (税込)

おしゃれでシンプル機能なフードプロセッサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで小容量のフードプロセッサーです。デザインがかわいらしくガラス容器なのでチープな印象にもならないのが魅力的。清潔保持にも優れていますが、内部に樹脂が使われているため食洗機は対応していません。機能はみじん切りやミンチに特化しているため、ハンバーグ作りなど特定の用途におすすめです。小容量なので一人暮らし向けの製品と言えるかもしれません。食材の入れ過ぎには注意してくださいね。

容量 0.2L 消費電力 200W
連続使用時間 30秒 回転数 -
コード長 1m サイズ 137x230x160 mm
重量 1.4 kg 付属品 -
ラッセルホブス(Russell Hobbs)

フードプロセッサー 14246JP

価格:4,000円 (税込)

使いたい時にすぐ使えるコンパクトなフードプロセッサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キッチン回りに置いておきやすいコンパクトサイズのフードプロセッサーです。アタッチメント類は容器の中に収納できるのでフードプロセッサーの置き場所に悩む方にもおすすめできます。コンパクトでも容量は0.5Lと大きめで、さらに250Wでパワーもあるので、調理時間の短縮が期待できますね。下ごしらえは「きざむ・まざる・泡立て」が可能。ガラス容器を始めモーター本体以外は全て水洗いでき、清潔さを保ちやすい製品と言えます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 0.5L 消費電力 250W
連続使用時間 1分 回転数 -
コード長 1.7m サイズ 185x230x160 mm
重量 1.6 kg 付属品 カッターブレード、クリームディスク
ラドンナ(LADONNA)

2WAYチョッパー K-CH1-PA

価格:5,800円 (税込)

パワフルさと手軽さを兼ね備えたフードプロセッサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「きざむ・まぜる・おろす」の下ごしらえを手軽にできるコンパクトなフードプロセッサーです。300Wの高いパワーで、2.5cm角までの家庭用の氷をクラッシュすることもできます。調理の幅を広げたいけど、価格や収納などの面で本格的なフードプロセッサーの購入に抵抗を感じる方にもおすすめです。付属の水切りおろしカッターは、すりおろしと水切りを同時に行うことができて便利。レシピブック付属も嬉しいですね。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

容量 0.5L 消費電力 300W
連続使用時間 30~40秒 回転数 5500回/分
コード長 0.9m サイズ 135x265x135 mm
重量 - 付属品 4枚刃、水切りおろしカッター

フードプロセッサーのガラス容器を割ってしまったら買い替えたり廃棄したりする前に、説明書やメーカーの公式サイトを確認してみましょう。各メーカーで消耗品パーツとしてガラス容器を単体で販売している場合があります。

 

例えばパナソニックやテスコムなどでは、2,000~3,000円程度でガラス容器を購入することができます。ただし低価格帯のフードプロセッサーでは、本体価格と大きな差がないため新しい製品を購入することも選択肢に入れていいでしょう。

 

またパナソニック製品の場合は、ガラス容器のみをAmazonなどの販売サイトで購入することが可能です。例として下に紹介するフードプロセッサーは対応製品の幅が広いです。ガラス容器が破損してしまった方はチェックしてみてくださいね。

パナソニック

AUA02-1201

価格:2,284円 (税込)

パナソニック製フードプロセッサーに幅広く対応したガラス容器

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの家庭向けフードプロセッサーに対応しているガラス容器です。本記事で紹介しているパナソニックのフードプロセッサーMK-K81、MK-K61、MK-K48に対応している他、旧モデルにも対応しています。「10年以上前のモデルにも対応している」というレビューも見られ、ガラス容器だけを探している方はお手持ちのフードプロセッサーの型番をチェックしてみると良いかもしれませんね。

 

スペック詳細はこちら

対応型番 MK-K60P-W/MK-K80P-W/MK-K58-W/MK-K80/MK-K60/MK-K5/MK-K41/MK-K7/MK-K45/MK-K46/MK-K47/MK-K81-W/MK-K61-W/MK-K48-W/MK-K70/MK-K71/MK-K72/MK-K50/MK-K51/MK-K73/MK-K74/MK-K48P-W/MK-K75/MK-K76/MK-K77/MK-K55/MK-K56/MK-K78/MK-K57

フードプロセッサーの容器の素材については、購入直後はその良さがわかりにくいでしょう。しかし長く使っていくと、洗いやすく臭いが残らず劣化しにくいガラス容器のメリットが感じられるはずです。清潔を保ちながら、美味しい料理を作ってくださいね。

フードプロセッサーの全商品一覧

商品一覧を見る