【2021最新】フードプロセッサーは食洗機で洗える?食洗機対応の4機種を紹介

食材のみじん切りや混ぜ合わせなど料理の下ごしらえに便利なフードプロセッサー。しかし、カッターのお手入れはケガの危険があり、食洗機の利用がおすすめです。この記事では食洗機で洗えるフードプロセッサーの調べ方と食洗機対応の製品を紹介しています。人気のパナソニック・クイジナート・ティファールも。

2021/03/31 更新

まず基本的にフードプロセッサーは食洗機で洗うことができません。ただ、少ないですが食洗機に対応した機種もあります。食洗機を使用できるかどうかは、以下のポイントをチェックしてください。

 

  • フードプロセッサーの耐熱温度
  • 食洗機の洗浄温度

 

フードプロセッサーは食材をカットしたり、いろいろな具材を混ぜ合わせたりと面倒な料理の下ごしらえに大活躍する便利な家電ですが、汚れやすく、ミンチを作ると油がべっとりついて、洗うのが大変といったデメリットもあります。

 

カッターを洗うときはケガをする危険が高いので、できれば手で洗うのではなく食洗機で洗えた方が安心・安全です。この記事ではフードプロセッサーが食洗機で使えるか調べる方法を解説します。

 

食洗機対応の商品とあわせて、食洗機には非対応ですが洗いやすい商品も紹介していますので参考にしてください。

フードプロセッサーが食洗機で使えるか調べる方法について説明していきます。フードプロセッサー、食洗機のそれぞれについて確認する必要があるので注意しましょう。

フードプロセッサーの耐熱温度を確認する

フードプロセッサーの耐熱温度を確認しましょう。フードプロセッサーはカッターは金属と樹脂、容器はガラスやステンレスといったように部品により材質が違うため、それぞれ耐熱温度が違う場合があります。

 

そのため容器は食洗機に対応しているが、カッターは食洗機に非対応といった形で部品により違う場合があるので注意しましょう。耐熱温度は取り扱い説明書やホームページをチェックできますが、この記事で紹介する商品は耐熱温度を記載していますのでご覧ください。

食洗機の洗浄温度を調べる

食洗機も日々進化しています。油汚れが落ちやすいように、従来のモデルよりも高い水温で洗浄・すすぎをするような機種もあります。その場合、フードプロセッサーの耐熱温度を超える場合がありますので食洗機の洗浄温度を確認しておきましょう。

 

食洗機対応のフードプロセッサーの耐熱温度は70℃~85℃程度です。食洗機の洗浄温度がそれ以上になる場合は食洗機を使用できません。また、漂白剤などの塩素系の成分を含んだ洗剤は金属のサビや樹脂の劣化が発生する場合がありますので注意してください。

T-fal(ティファール)

ティファール フードプロセッサー ミニプロ MB601GJP

価格:11,320円 (税込)

85℃の耐熱温度で熱した食材もそのまま調理可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ティファール ミニプロの耐熱温度は85℃と非常に高く本体以外の部品は食洗機で洗うことができます。また、熱した食材も冷まさずに調理することができるので調理時間の短縮にもなりますね。

 

カップの容量は600mlと大容量ですが樹脂製のため215gと非常に軽く調理中の持ち運びもラクラクです。コンパクトなデザインでアタッチメントはクッキングボールの中にすべて収納することができるため収納場所に困りません。

 

鮮やかなレッドカラーとおしゃれなデザインなので、キッチンのアクセントとしていつも出しておいても良いですね。

容量 600ml 消費電力 350W
定格時間(連続使用時間) 3分 スピード調整 1段階
回転数 3,200rpm コード長 1.25m
サイズ 幅270mm×奥行150mm×高さ255mm 重量 1,520g
耐熱温度 85℃ 付属品 おろしディスク、カッター、スライス・せん切りディスク、泡立てディスク
安全機能 あり
TESCOM(テスコム)

テスコム フードプロセッサー TK2000

価格:5,088円 (税込)

ボトルのみ食洗機対応!ただし80℃を超える食洗機はNG

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでスタイリッシュなデザインのフードプロセッサーです。アタッチメントはすべて容器の中に収納できるので収納場所に困りませんね。容器は軽くて丈夫なステンレス製です。油汚れが落ちやすく食洗機にも対応しています。容器の耐熱温度が80℃ですので洗浄温度が80℃を超える食洗機は使用できません。また、容器以外の部品は食洗機には対応していませんので注意しましょう。

容量 300g(液体含む) 消費電力 320W
定格時間(連続使用時間) 1分(1分動作後、15分休止) スピード調整 なし
回転数 5000rpm コード長 1.0m
サイズ 幅159mm×奥行159mm×高さ210mm 重量 1,100g
耐熱温度 80℃(ボトルのみ) 付属品 みじん切りカッター(カッター保護カバー付き) 、両面おろし刃 、バター&ホイップ 、円板軸
安全機能 あり
Cuisinart (クイジナート)

クイジナート フードプロセッサー DLC-101J

価格:16,956円 (税込)

強化プラスチックの容器は耐熱温度120℃

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用のフードプロセッサーも取り扱っている信頼性の高いクイジナートのフードプロセッサーです。プロの厨房でも使用されるハイパワーのモーターは耐久性も抜群です。容器は強化プラスチック製で軽いうえに丈夫です。耐熱温度は120℃と非常に高く食洗機でも問題なく洗うことができます。しかし、カッターなどのその他の部品の耐熱温度は80℃と少し低くなっていますので食洗機の洗浄温度に注意しましょう。

容量 1,000ml 消費電力 190W
定格時間(連続使用時間) 10分 スピード調整 なし
回転数 1500~1800rpm コード長 1.5m
サイズ 幅140mm×奥行215mm×高さ325mm 重量 3.300g
耐熱温度 70℃ 付属品 メタルブレード、ドゥブレード、2mmスライサー、ミディアムシュレッダー、おろしカッター、スパチュラ
安全機能 あり
Philips(フィリップス)

フィリップス マルチチョッパー HR2507/05

価格:7,703円 (税込)

本体以外の部品はすべて食洗機で洗える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱温度は80℃で、本体以外の部品はすべて食洗機で洗えます。1,100mlの大容量の容器はたくさんの食材も一気に調理できますね。独自設計のバスケットでみじん切りをすると、食材が最適な大きさになったら下の容器におちるので常に同じ大きさに仕上がります。

また、500Wのパワフルなモーターにより固い食材もすばやくカットすることができ、凍った食材や氷などを刻んでフラッペなども楽しめますよ。

容量 1,100ml 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) 3分 スピード調整 2段階(自動調節)
回転数 1,500rpm / 5,000rpm コード長 1m
サイズ 幅135mm×奥行135mm×高さ265mm 重量 1,200g
耐熱温度 80℃ 付属品 チョップドロップ用ブレード、フードプロセッサー用ブレード、フローズンフード・氷用ブレード
安全機能 あり

ここからは食洗機には対応していませんが、分解しやすくて洗いやすいおすすめのフードプロセッサーを紹介させていただきます。フードプロセッサーの洗い方は、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

山本電気

YAMAMOTO フードプロセッサー YE-MM41

価格:13,800円 (税込)

清潔、丈夫で軽いステンレス製容器

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

清潔、丈夫で軽いステンレス製の容器が使われています。ステンレス製の容器はカッターを外せばそのままボウルとしても使用可能です。高性能のDCモーターが採用されており、温かい食材や液体、氷も料理することができます。

 

無段階スピードでの運転のほか、断続運転も可能なので食材を自分好みの絶妙な仕上がりに調整でき、コーヒー豆を引くこともできます。お手入れ簡単、モーター性能が良いため静かと評判の1台です。

容量 500g(用途により変化) 消費電力 140W
定格時間(連続使用時間) 20分 スピード調整 無段階調節
回転数 800rpm~3,000rpm コード長 2.0m
サイズ 幅210mm×奥行160mm×高さ250mm 重量 3,100g
耐熱温度 60℃ 付属品 ブレード、グレーター、ウェットパッキン、スパチュラ
安全機能 あり
パナソニック

MK-K61

価格:10,361円 (税込)

へら付きブラシで安全にお手入れ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容器はガラス製で少し重いですが、ガラスは匂い移りが少なく洗いやすいというメリットもあります。ガラス容器は透明で中身が見えるので食材のカット具合を見ながらちょうど良いところで止めるということもできます。

 

カッターを洗う時は専用のへら付きブラシがありますのでケガをする心配もなく安心です。食材を粗くおろせる「鬼おろしカッター」を使うとシャキシャキに仕上がるので、みぞれ鍋など食材の食感を生かしたい料理におすすめです。

容量 最大500g(用途により変化) 消費電力 120W
定格時間(連続使用時間) 30分 スピード調整 3段階
回転数 2,200rpm / 2,900rpm コード長 1.0m
サイズ 幅154mm×奥行225mm×高さ212mm 重量 2,800g
耐熱温度 40℃ 付属品 ナイフカッター、おろし・とろろカッター、鬼おろしカッター、パンの羽根、へら付きブラシ
安全機能 あり
récolte(レコルテ)

レコルテ カプセルカッターボンヌ RCP-3

価格:6,880円 (税込)

大容量だけどコンパクト。樹脂カップで洗いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズながら500mlの大容量となっています。容器は割れにくいトライタン樹脂製となっており軽く、コンパクトで部品点数も少ないので洗いやすくお手入れが簡単です。

機能面では、3つの付替プレートにより「刻む・混ぜる・練る・潰す・砕く・おろす・泡立てる」の7役を1台でこなせます。毎分24,000回転のパワフルモーター仕様で氷も砕けるのでかき氷やジェラートなども作れますよ。

容量 500ml 消費電力 260W
定格時間(連続使用時間) ブレード1分 / 泡立て・おろしプレート2分 スピード調整 なし
回転数 24,000rpm コード長 1.0m
サイズ 幅124mm×奥行117mm×高さ234mm 重量 1,100g
耐熱温度 40℃ 付属品 おろしプレート、泡立てプレート、スパチュラ
安全機能 あり
TIGER(タイガー)

タイガー マイコンフードプロセッサー SKF-H100K

価格:10,778円 (税込)

大容量のステンレス製カップ。付属品も本体と一体で収納可能。

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

600mlと大容量ですがステンレス製のカップを採用しているため軽くて洗いやすいです。また、カップにはディンプル加工がついているので食材が貼り付きにくくなっています。収納プレートによりおろしカッターなどの付属品を本体と一体にして収納することができます。

 

電源コードもコードリールタイプなのですっきりコンパクトに収納できますね。肝心の機能面は4つの調理コースにより、みじんやミンチ、おろしなどいろいろな調理が行えます。スープやジュースなどの液体にも対応しているので料理のバリエーションが広がる1台です。

容量 600ml 消費電力 160W
定格時間(連続使用時間) 30分 スピード調整 2段階
回転数 1,600rpm / 2,800rpm コード長 1.2m
サイズ 幅287mm×奥行179mm×高さ238mm 重量 2,600g
耐熱温度 50℃ 付属品 チョッパーカッター、おろしカッター、パンこねブレード、収納プレート、カッターブラシ、ヘラつきブラシ
安全機能 あり

フードプロセッサーは肉の油がついていたり、カッターが危なかったりと手入れが面倒です。しかし、食洗機対応、お手入れが簡単なフードプロセッサーならキッチンの奥に眠ることなく活躍してくれるはずです。以下の記事ではフードプロセッサーを使ったおすすめレシピや寿命についてご紹介しているので参考にしてください。