オーバーイヤーヘッドホンの厳選おすすめ【5選】デメリットに注意!?

この記事ではオーバーイヤーヘッドホンのおすすめ5選をご紹介します。オーバイヤーヘッドホンは高音質で音楽再生ができて便利だから欲しいという方も多いでしょうが種類が豊富で選ぶのが難しいですよね。そこで今回はオーバーイヤーヘッドホンのメリット・デメリットから選び方までご紹介します。是非参考にしてください。

2021/10/21 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

オーバーイヤーヘッドホンとは、その名の通りイヤーパッド部分が耳を覆うタイプのヘッドホンです。耳を覆うので耳が密閉状態になるので音漏れがしにくく、外部との遮音性も高いです。
耳を覆うイヤーパッド部分が大きいのが特徴的で、室内使用前提や音楽鑑賞用の高音質モデルが多く販売されています。重量の重さや大きさから持ち運びには不向きで、女性など頭が小さい方にも向いていません。

 

ただ、自宅で音楽鑑賞する場合はイヤー部分の大きさはそこまで気にならないと思うので検討してみてもいいかもしれません。

オーバーイヤーヘッドホンは便利な反面デメリットもあります。ここではオーバーイヤーヘッドホンのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。メリットだけでなくデメリットもしっかり把握しておくことで購入後のミスマッチを減らせるので是非参考にしてください。

メリット

ではまずメリットについてご紹介していきます。

装着の安定感がある

オーバーイヤーヘッドホンは耳を覆うタイプのため装着の安定感があります。耳にしっかりとフィットするので動いていても安定して装着し続けることができる点も魅力と言えますね。さらに耳をしっかりカバーしてくれるため長時間着用していても疲れにくいというメリットもあります。

 

オーバーイヤー方とよく対比されるオンイヤーヘッドホンは、耳の上に被せるタイプのため着用していてずり落ちてしまうなどの問題があります。また、耳の上に被せているため長時間着用していると疲れてしまうなどの問題もあります。

なので、着用の安定感を求めるならオーバーイヤーヘッドホンがおすすめです。

遮音性が高い

遮音性が高いのもオーバーイヤーヘッドホンの魅力の1つです。遮音性とは外部の音をイヤホンに届かせないようにするもので、遮音性が高いほど音楽がクリアに聴けて音楽に没頭することができます。ただ、遮音性が高いと外部の環境音も聞こえにくくなってしまうため、屋外で使用する際は車の音や電車などに注意しなければいけません。

 

対してオンイヤーヘッドホンは遮音性がそこまで高くありません。外部のおとも拾ってしまうためオーバーイヤーよりも音楽に没頭することはできませんが、環境音や話し声なども聞こえるため屋外で使用する際には安全に使用できるといったメリットがあります。

音漏れしにくい

オーバーイヤーヘッドホンは耳を覆っているため遮音性だけでなく音漏れがしにくいというメリットがあります。
重低音の響いた曲やビートの強い音楽を聴いていると音漏れして周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。ただ、オーバーイヤーヘッドホンなら音を密閉しやすいため音漏れがしにくいです。電車などで使用する際には周囲を気にすることなく使用できるのは便利ですね。

 

一方オンイヤー方は遮音性と同じく音漏れがしやすい構造になっています。外部の環境おんが聞ける分音漏れもしてしまうため音量を気にしながら使用する必要があります。
ただ音量をそこまで上げなければ迷惑をかけるほど音漏れはしないので利用できないほどではありません。

デメリット

続いて、デメリットをご紹介します。

サイズが大きめ

オーバーイヤーヘッドホンはイヤーパッド部分が耳を覆う構造上大きめに設計されています。そのため、持ち運ぶ際など不便に感じてしまう方が多いです。 また、イヤーパッドが大きいと女性の方や頭が小さい方が着用するとバランスが悪く見えてしまい屋外で使用しづらい場合があります。

 

ただ、逆に言えば人にみられない屋外であれば人に見られる心配もありませんし、持ち運ぶ必要がないため大きさも気にならないでしょう。

一方オンイヤーヘッドホンはイヤーパッド部分が小さいという特徴があります。特に折り畳み機能が搭載されているものも多く持ち運びに適していると言えます。

 

デザイン性が高いものも多いため女性の方で屋外で使用する場合はオンイヤーヘッドホンがおすすめです。

本体重量が重め

全体的にサイズが大きめのため重量もやや重めとなっています。そこまで重いわけではありませんが着用していると疲れてきてしまうため長時間着用する場合にはデメリットとなってしまます。自宅の音楽鑑賞で長時間着用したいという方は首が疲れてしまうこともあるので重量はチェックした方が良いでしょう。

 

対してオンイヤーヘッドホンはサイズが小さく持ち運びがしやすいだけでなく、重さも比較的軽いという特徴があります。長時間着用していても重さで疲れることは少ないと思いますが、耳に乗せるため耳が痛くなってしまう可能性があります。個人差が出るところでもあるので長時間着用される方は重さをしっかりチェックするようにしましょう。

価格が高め

前述したとおりオーバーイヤーヘッドホンは屋内用や音楽鑑賞用など高音質モデルが多く発売されています。そのため価格が高くなりやすい傾向にあり購入しづらいというデメリットと言えます。予算がある程度ある方なら問題ないと思いますが、予算がなく安く済ませたいという方にはあまりおすすめできません。

 

もし、低価格で購入したいという方はオンイヤーヘッドホンがおすすめです。オンイヤー方は比較的安価なモデルも多いためとりあえずヘッドホンが欲しいという方はチェックしてみてください。

このようにオーバーイヤーヘッドホンにはメリットの反面デメリットがあります。比較対象としてオンイヤーヘッドホンもあるため是非チェックしてみてください。

続いて、オーバーイヤー方ヘッドホンの選び方についてみてきましょう。
ここまでオーバーイヤーヘッドホンについてご紹介してきましたが種類がたくさんあり迷ってしまうでしょう。なので、ここでは自分にあったヘッドホンを選ぶための方法を詳しくご紹介します。

ハウジングの形状で選ぶ

まず、ハウジング形状を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
ハウジング形状とはハウジング内にある発音ユニットと外部の密閉度によって「密閉型」と「開放型」の2種類に分類することができます。それぞれ特徴が異なるので詳しくご紹介します。

密閉型

密閉型はその名の通り発音ユニットと外部が密閉されているタイプになります。密閉されているため音が内部にこもり音漏れに強いという特徴があります。また、密閉されているため遮音性が高く音楽に没頭し集中しやすいというのも特徴として挙げられます。加えて低音の出力が得意で、迫力のあるサウンドを楽しめます。

 

密閉型はヘッドホンのオーソドックスなので種類が豊富という点も魅力です。ほとんどのメーカーのヘッドホンが密閉型で作られているため探しやすいのもメリットですね。

ただ、音がこもりやすいため長時間着用していると耳が疲れてしまうというデメリットもあります。さらに高音が反響してしまいクリアに聴き取れないという点もネックです。

開放型

開放型は密閉型に比べると種類も少ないですが、聴く音楽や好きな音楽によってはおすすめです。開放型は音響メーカーゼンハイザーによって作られたタイプで、発音ユニットのイヤー部分に通気口が開いているため音がこもりづらいタイプです。

 

音がこもりづらいため高音がクリアに聴き取れるという魅力があります。ヘッドホンから聴いているというよりはスピーカーで聴いている感覚に近いため耳が疲れづらく長時間のリスニングもしやすいという特徴があります。

 

ただ、密閉型と比べて低音が弱く聴く音楽によっては迫力が足りないと感じてしまうことも。加えて通気口が空いているため音が漏れやすい点もデメリットとして挙げられます。周囲に人がいるときは音量に注意しなければいけません。

接続方式で選ぶ

続いて接続方式を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
接続方式には大きく分けて「無線(ワイヤレス)」と「有線」の2種類があります。それぞれ特徴があるので詳しくご紹介していきます。

無線(ワイヤレス)接続

ワイヤレスで接続するタイプは、本体とヘッドホンをBluetoothで接続してケーブルを使わず使用できるものです。
ケーブルが必要ないため持ち運びもかさばらず、ケーブルと服が絡まってヘッドホンが外れてしまうなどケーブル独自のデメリットもありません。

 

また、スマホが普及したことでどんどん使いやすくなっており、今後さらに便利になっていくと予想されています。従来のワイヤレスヘッドホンに比べてペアリングスピードも速くなっているので機会が苦手な方でも問題なく使えます。

 

ただ、ワイヤレスは音楽データを圧縮してヘッドホンに転送しているため多少音質が劣化してしまったり、接続が不安定になって音が途切れたりすることがあります。安定して音楽が聴きづらいという点はワイヤレスのデメリットと言えます。


また、ワイヤレスは高性能に分類されるため有線より価格が高いという点もデメリットとして挙げられます。

有線接続

有線タイプは従来のヘッドホンで主流なタイプです。デバイスとヘッドホンをケーブルで接続しているため音が途切れるといった問題も少なく安定して楽しめるというメリットがあります。

 

また、充電が必要ないためデバイスとヘッドホンさえあればすぐに使えるというのも有線のメリットと言えます。従来の有線はケーブルが断線してしまうと使えなくなってしまいましたが、現在の有線は「リケーブル」というケーブルを交換できる機能もあるので長期的に使用できるようになっています。

 

ただ、ケーブルが引っかかってしまったり、邪魔になってしまったりするなどケーブル独自のデメリットはあるので注意してください。また、iPhoneなどイヤホンジャックがないデバイスも多くなってきているので、使用しているデバイスに対応しているかチェックすることも重要です。

機能性で選ぶ

続いて、機能性を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
機能性は主に「ハイレゾ音源に対応しているか」「ノイズキャンセリングは搭載しているか」の2つが重要な部分です。

ハイレゾ音源対応

ハイレゾ音源とは従来のCD音源の音質を超える音域の広さや音の細かさを体験できるものです。有名な音楽サービスなどを中心にハイレゾ音源が普及しています。

ハイレゾ音源を楽しむためにはハイレゾに対応しているデバイスだけでなく、ヘッドホンやスピーカーなどハイレゾに対応した音響も必要になります。


日本オーディオ協会では40kHz以上の再生能力を有しているものがハイレゾ音源対応と認められています。この基準をクリアした製品だけが協会から「ハイレゾロゴ」という証をもらうことができます。

 

なので、ハイレゾに対応したヘッドホンが欲しいという方はヘッドホンの表記に「ハイレゾロゴ」があるかをチェックしてから購入するようにしましょう。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング機能は、屋外で外部の音が騒がしい時に外音のノイズを低減させてくれる機能です。音楽に集中したいときなどにヘッドホンのマイクがノイズをキャッチして低減してくれます。音楽に集中したい時や作業していて集中したいときなどに便利な機能です。

 

加えて外音取り込み機能もあると便利です。外音取り込み機能とは、ノイズキャンセリングと同様マイクから外音を拾って聞こえるようにしてくれる機能です。ヘッドホンをつけながら会話をしたい時などに便利です。

メーカーで選ぶ

続いて、メーカーを重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
オーバーイヤーヘッドホンはメーカーごとに特徴があり、好みが別れます。なので、ここではそれぞれの特徴を詳しくご紹介していきます。

パイオニア(Pioneer)

パイオニアは1938年創業の日本屈指の老舗メーカーです。ヘッドホンで重低音を楽しむ最も一般的な「ダイナミック型」のスピーカーを日本で初めて製品化したことで有名です。

パイオニアのオーバーイヤーヘッドホンは低価格でありながら高品質なコスパの良いラインナップのため初めてオーバーイヤーヘッドホンを購入する方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

ソニーは言わずもがな多方面で世界的に人気なメーカーです。日本だけでなく世界の音楽に対する基準を変えたとも言われる「CD」や「ウォークマン」が人気製品ですね。

 

ヘッドホンにおいても世界的な標準機ともなっているモニターヘッドホンをリリースしています。モニターヘッドホンはレコーディングなどリアルなサウンドを聴けるものです。
ラインナップも豊富で迷うかもしれませんが高性能なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

ボーズ(Bose)

ボーズも世界的に人気のオーディオメーカーです。技術が高く高音質という点では世界でもトップクラスです。
人が心地よく聴けるサウンドを提供しているためユーザーにとって求めているサウンドが楽しめます。

 

また、世界で初めてノイズキャンセリングヘッドホンを開発した企業でも有名のため、ノイズキャンセリング機能にこだわりたいという方におすすめのメーカーです。

ビーツ(Beats by dr.dre)

ビーツは世界的ヒップホップスター「ドクタードレ」などを輩出されているレコード会社の社長ジミー・アイオヴォン氏が2006年に設立した会社です。
音楽界に精通したスターが携わっているため、重低音の迫力のあるサウンドなどを楽しむことができます。

 

現在はアップルに買収されていて、アップル製品に搭載されているA1チップが内蔵されている製品が豊富です。アップル製品との互換性が良いのでiPhoneなどを使用している方におすすめです。

利用シーンで選ぶ

続いて、利用シーンを重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。 ヘッドホンを選ぶ際に需要なのが利用シーンを想定すること。どんなシーンで使うことが多いかを考えて自分に合ったものを選択しましょう。

通勤通学

通勤通学に該当する方は多いです。通勤通学の場合は電車で利用したり人混みで利用したりすることが多いと思います。なので、機能としてノイズキャンセリング機能があると快適に利用できるでしょう。加えて外音取り込み機能があると駅構内のアナウンスや車などの環境音も聴き取れて便利です。

 

また、人混みで利用する場合は密閉型のハウジング形状をおすすめします。電車内で音漏れしてしまうと周囲の人に迷惑がかかってしまうからです。

運動(ジムやランニング)

運動の場合もノイズキャンセリング機能があると便利です。特にランニングする場合は外部の環境音をしっかりと聞かないと危険です。なので、運動時にオーバーイヤーヘッドホンを購入する場合はノイズキャンセリング機能か開放型など外音が聞こえるタイプにすると良いでしょう。

 

また、運動時に便利なのがワイヤレスタイプのヘッドホンです。運動時にケーブルが引っかかってしまう可能性があるためできるだけストレスフリーなワイヤレスタイプを選びましょう。

音楽鑑賞

音楽鑑賞の場合、ハウジングなど音質に関しては好みで選んでください。重低音が聞きたいなら密閉型、クリアな高音のサウンドが聴きたいなら開放型などなど。

また、自宅で利用する場合は有線タイプがおすすめです。自宅で音楽鑑賞する際は音の安定感や音質を重視したいと思うので安定して高音質を楽しめる有線タイプがベストです。

ソニー WH-1000XM3

ソニー

WH-1000XM3

価格:18,125円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WH-1000XM3はソニーが展開するワイヤレスタイプのオーバーイヤーヘッドホンです。
高音質かつノイズキャンセリング機能まで搭載している高性能モデル。従来の4倍の処理性能を持っているプロセッサー「QN1」を内蔵しているためよりハイレベルな騒音もしっかり低減してくれます。

 

また、有線に切り替えればハイレゾ音源に対応しているのでとにかく高性能モデルが欲しいという方のおすすめです。

ボーズ QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ

QC35 II

価格:16,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボーズが開発した機能である高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しています。なので、常に周囲の音を計測して適切にノイズをカットしてくれます。

また、オーバーイヤー型ですが折りたたみ機能を持っているため屋外で利用する際にもコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

 

さらにワイヤレスで約20時間、有線で約40時間利用できる大容量バッテリーを搭載しているため屋外で静かに音楽を楽しみたい方におすすめです。

ビーツ studio3 wireless

ビーツ

STUDIO3

価格:17,922円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビーツが展開しているワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホンです。 高いデザイン性がゆえにカラーバリエーションも豊富でファッションの一部としても人気のモデルです。先ほどご紹介したようにアップル製品と相性がいい点も魅力ですね。

 

サウンドも高音質で重低音の迫力を感じることができます。高性能とデザイン性を重視したい方におすすめです。

ソニー MDR-1AM2

ソニー

MDR-1AM2

価格:16,915円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MDR-1AM2はハイレゾ音源にも対応している高音質の有線タイプです。
有線ならではの高音質を楽しめるため、自宅でゆっくり音楽鑑賞したいという方におすすめのモデルです。

 

また、「リケーブル」機能もついてきるため、ケーブルが断線してもケーブルを交換するだけで利用し続けることができます。長い目で高性能なヘッドホンが欲しいという方におすすめです。

パイオニア SE-M531

パイオニア

SE-M521

価格:10,090円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SE-M531は低価格ながら高音質を楽しめるパイオニアのオーバーイヤーヘッドホンです。
歯切れの良いサウンドを楽しめる「軽量CCAWボイスコイル」を搭載しているため全音域でクリアなサウンドを体験することができます。

 

また、ハイレゾの高音質音源にも対応しているため、コスパよく高音質を楽しみたい方におすすめです。

オーバーイヤーヘッドホンは耳を覆うため遮音性の高さや音漏れがしにくいという面でかなり人気のタイプのヘッドホンです。ただ、サイズが大きく持ち運びがしづらいなどのデメリットもあります。

 

ただ、一般的な観点でご紹介しているのでメーカーによっても軽いものや持ち運びがしやすいものもあります。なので、今回ご紹介した選び方を参考に自分に合ったオーバーイヤーヘッドホンを探してみてください。

# おすすめ