【2022最新】Beatsのヘッドホンおすすめ5選|選び方も紹介

イヤホン・ヘッドホンが好きな方にとってBeatsは憧れのメーカーの1つです。そもそもBeatsはビーツ・エレクトロニクスというアメリカのオーディオ機器ブランドの略称です。本記事ではそんなBeatsのおすすめヘッドホンを詳しくご紹介します。

2021/11/13 更新

編集部おすすめの記事

イヤホン・ヘッドホン愛好家の中で、Beatsという名前を聞いたことがないという方はいないのではないでしょうか。Beatsはそれくらい有名なイヤホン・ヘッドホンのブランドです。

 

そもそもBeatsはアメリカのオーディオ機器ブランドで、イヤホン・ヘッドホンの他にスピーカーも販売しています。2006年にアメリカで設立され、2014年のApple社による買収を経て現在もオーディオ機器ブランドとして非常に高い人気を誇っています。

 

この記事では、そんなBeatsのヘッドホンの特徴やおすすめのヘッドホン5選をご紹介します。同じBeatsのヘッドホンでもモデルが違えば音質や構造が変わるので、ぜひ最後まで読んで商品購入に役立ててください。

ここでは、Beatsのヘッドホンの特徴を紹介していきます。2006年という比較的新しく設立されたBeatsのヘッドホンにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

まず、Beatsのヘッドホンの最大の特徴は「重低音が光る高音質」という点です。Beatsのヘッドホンは低音域がよく響くように設計されているのでヒップホップやロックなどの曲ではとても迫力のある音を楽しめます。

 

低音域だけでなく高音域も上質な部類のため、クラブミュージックやテクノポップなどの電子音楽もクリアな音で聞くことが可能。低音域から高音域まで主張し合うことない自然な音が特徴です。

 

特にBeatsのヘッドホンにおすすめなのは、JPOPやロックミュージックなど気分が上がるようなジャンルです。Beatsのヘッドホンが持つダイナミックな音響で、より深く音楽を楽しみましょう。

ヘッドホンはイヤホンと違い大きくて目立つことが特徴の1つです。そのため、ヘッドホンはファッションアイテムの1つとしても扱われ、デザイン性もヘッドホンを選ぶにあたっての重要なポイントとなります。

 

Beatsのヘッドホンは総じてマットで重厚感のある色合いで、丸みを帯びたフォルムです。さらに、耳の装着部分の外側には「b」というBeatsを表すロゴが飾られています。ゴツゴツした感じはなく、非常にスタイリッシュでかっこいいデザイン性を誇ります。

 

また、カラーバリエーションも非常に豊富なので、服装によって色を変えることでさまざまなコーディネートが可能になります。このようにファッションアイテムとしても使用できるのがBeatsヘッドホンの特徴です。

Beatsは2014年にApple社に買収されたため、Apple製品との相性は抜群です。一部のヘッドホンにはW1チップと呼ばれるチップが埋め込まれており、Apple製品の端末をヘッドホンに近づけるだけで簡単にペアリングができます。

 

ちなみにapple社がBeatsを買収した理由は、音響専門のブランド性や人材・サービスが欲しかったのではないかと言われています。apple社が作るイヤホン・ヘッドホンで代表的なのはAir Podsなどですが、自社製品以外にも販売できるというコネが欲しかったのかもしれませんね。

Beatsヘッドホンシリーズの特徴をご紹介しつつ、どんな人におすすめかを解説します。ご自身の利用シーンをイメージしながらご覧ください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

「Studio」シリーズはBeatsのノイズキャンセル技術である「Pure ANC」という機能に対応しています。「Pure ANC」はアクティブノイズキャンセリング機能をより強化したもので、外側から聞こえてくるノイズを常に監視して制御することで、聞き手に最適な音楽を流すことが可能です。

 

どんな状況でも原音に近い音楽を聞けるので、屋外でヘッドホンを使うという方に適しています。また、装着部分である耳へのフィット感や装着感までも解析し音漏れを感知することで、最適なノイズキャンセリング調整を行います。

 

特徴 おすすめの人
  • Pure ANC対応
  • 外側からのノイズを監視・制御
  • フィット感の解析・音漏れ感知
  • 最適なノイズキャンセリング調整
  • 通勤や通学で使用する人
  • より原音に近い音を楽しみたい人

プロのミュージシャンやDJ、またそれらの人と同じレベルのヘッドホンを使いたいのであれば「Pro」シリーズをチェックしましょう。「Pro」シリーズは実際にプロのミュージシャンやDJが開発に携わっており、最高級の音質を実現しています。

 

スタジオモニターとしても使われているのでロックやR&Bなど迫力のある音楽に向いています。臨場感溢れる音質でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。また、「Pro」シリーズはイヤーカップに耳に優しい素材を使っており、汚れた場合は取り外して洗えます。耐久性に優れているのも魅力です。

 

特徴 おすすめの人
  • プロミュージシャンやDJが愛用
  • イヤーカップは取り外して洗浄可能
  • 耐久性に優れている
  •  ゲームに使用したい人
  • プロと同レベルのヘッドホンを使用したい人
  • ロックやR&Bを迫力ある音で楽しみたい人

「Solo」シリーズは「Studio」シリーズや「Pro」シリーズほどの機能性は持っていないものの、安い価格で音質がよりクリアです。また、Apple社の製品との整合性があるシリーズで、W1チップも搭載しています。Apple社の製品で音楽を聞きたいという方には「Solo」シリーズが適します。

 

さらに、デザインが柔らかかつ人間工学に基づいたフォルムのため、装着時に強く頭を圧迫する心配はありません。「Solo」シリーズはBeatsのヘッドホンの入門としておすすめです。

 

特徴 おすすめの人
  • 価格が安い
  • Apple社の製品との整合性がある
  • 柔らかなフォルムは頭を圧迫しない

 

  • iPhoneやMacと連携したい人
  • 安価で高音質を楽しみたい人

「EP」シリーズは唯一の有線ヘッドホンです。有線であるからこそ、無線と比べて音の遅延やロスが少なく音質も良好です。充電の必要がないため、外出先でも充電切れを心配することなく使用できます。

 

また、「EP」シリーズは遮音性の高いイヤーカップを使っているため、より音楽に集中できます。さらに、耐久性に優れた素材を用いており壊れにくいのも嬉しいポイント。今回ご紹介したシリーズの中で最も低価格です。

 

特徴 おすすめの人
  • 有線タイプ
  • 価格が最も安い
  • 耐久性に優れている
  • 遅延・充電切れを気にせず使用したい人
  • コスパを重視する人
  • 動画鑑賞・ゲームに使用したい人

ここからは、Beatsのヘッドホンの選び方をより詳しくご紹介していきます。自分に合ったヘッドホンを選ぶ際の参考にしてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

次に装着感からみたヘッドホンの選び方です。こちらでは耳に覆いかぶせるタイプや、のせるだけのタイプを説明します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

オーバーイヤー型は一般的なヘッドホンに多い、耳に覆いかぶせて使用するヘッドホンです。オーバーイヤー型のヘッドホンは耳に負担がかかりにくく、アクセサリー類をしていても耳を痛める心配がありません。また、耳が密閉されるため、よりダイナミックで迫力のある音楽を楽しめます。

 

しかし、オーバーイヤー型は見た目がゴツゴツとしてサイズが大きく、ファッションアイテムとしてはオンイヤー型に一歩劣ります。折りたたみ式のオーバーイヤー型ヘッドホンもありますが、オンイヤー型ほどコンパクトではありません。

オンイヤー型は装着部分がフラットで、そのまま耳を挟んで付けるタイプです。構造上オンイヤー型ヘッドホンは軽量な作りとなっているため、折りたたみ式の製品も多くなっています。

 

遮音性に優れているので周りに音が漏れる心配をすることはほとんどありません。また、装着する部分が小さめでスマートに装着できます。しかし、長時間つけていると耳が痛くなることがあります。そのため、オンイヤー型は移動の際に少しだけ音楽を聞きたいといった方におすすめです。

ヘッドホンには2つの接続方式があるため、自分に合った接続方式を選ぶことも大切です。こちらでは、安定感のある有線タイプ・コードレスで快適なワイヤレスタイプの2種類について説明します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

安定感のある有線タイプは接続が途切れにくいという利点があります。また、無線タイプと比べるとより高音質なヘッドホンを低価格で取り入れやすいのが魅力です。有線タイプのヘッドホンを探す時には、コードが長い製品を選ぶことで、コードの短さに煩わされることなくヘッドホンを装着できます。

コードレスで快適なワイヤレスタイプは、接続している端末からある程度離れてもコードに引っ張られることがなく、便利に扱えます。使っていない時にコードを巻いて収納したり、コードが絡まるデメリットもありません。しかし、有線タイプと比べると接続が途切れる懸念があるので注意しましょう。

ワイヤレスヘッドホンを探す時には、バッテリーと充電機能をチェックすることも大切です。バッテリーがどのくらい長持ちするのか調べる際には、音楽再生時に何時間持つかを確認しましょう。また、急速充電に対応していればより素早く充電して使えます。

 

旅行先でワイヤレスヘッドホンの使用を検討している方は、バッテリーの持続時間と充電にかかる時間をしっかりチェックしましょう。

では次に用途から見たヘッドホンの選び方です。どういう使い方をするかによってどんなヘッドホンが合っているかが変わるので、必ず用途をイメージして選びましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

屋内では、パソコンを使用している時やゲームをしている時、音楽を聞いている時など、比較的長時間の使用が多くなります。ヘッドホンを長時間使用していると耳や頭が疲れてしまうことが多いです。

 

特にBeatsのヘッドホンのように頭にかける型のヘッドホンの場合は疲労がたまりやすくなります。気になる方は、イヤホンやネックバンド型・骨伝導型のヘッドホンを購入することも検討しましょう。

屋外で使用する場合に気をつけることは、装着感と音漏れです。ランニング・サイクリングではヘッドホンが頭からずれやすくなるので、ヘッドバンドがきちんと自分の頭を挟み込んでいるか確認してください。その際、挟む力の強さにも注意しましょう。

 

また、屋外では周囲の人の迷惑にならないようにしなければなりません。Beatsのヘッドホンは遮音性に優れているため音漏れは少ないものの、特に公共の場ではわずかな音漏れにも気を配ってください。

beatsのヘッドホンには、その他の便利な機能が搭載されているのも特色です。こちらでは、以下の2つの機能について説明します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

ノイズキャンセリング機能が付いていれば、周囲の騒音に対して反発する周波数を発生させたり、外部の音が入りづらい構造でノイズを減らせたりするという特徴があります。電車や人混みの中でも自分が好きな音楽を集中して聞きたい方は、ノイズキャンセリング機能が搭載されているかをチェックしましょう。

beatsの製品の一部にはライブリスニング機能が搭載されており、マイクから拾った音を耳に届けて会話している相手の声をより聞き取りやすくできるのがポイントです。スタイリッシュなデザインの補聴器のように使えるので、音楽の鑑賞以外の用途でも活躍します。

 

iPhoneと連携させることで活用できるのも特徴的で、iPhone・ヘッドホンどちらからも音量の調節ができるのが利点です。

H1チップを搭載しているモデルであれば、お使いのiPhone・iPad・Macと簡単に連携が可能です。旧タイプのW1チップよりも接続の速度や安定性といった機能が向上しており、より快適な無線接続が行えます。

 

また、「Hey!Siri」というお馴染みの呼びかけでSiriの呼び出しもできます。Appleの傘下という強みを生かした便利な機能です。Apple製品をお持ちの方はH1チップ搭載モデルに注目してください。

もちろんヘッドホンは音楽を楽しむものですが、特に外で使用する場合ファッションアイテムとしても重要な役割を果たします。

 

beatsのヘッドホンはデザイン性に優れている上、定番のブラック・ホワイト以外にも人気のくすみカラー・アクセントになるレッドなど豊富なカラーバリエーションが揃っています。ぜひ、ファッションとのトータルコーディネートも考慮してカラーを選んでください。

beats

Studio3 Wireless The Beats Skyline Collection

価格:34,422円 (税込)

電波強度が高くペアリングが途切れにくい

Yahoo!ショッピングで詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Beats Studio3 Wireless」は無線のオーバーイヤー型ヘッドホンです。電波強度が高い「Class1 Bluetooth」に対応しているために、多少スマートフォンやプレイヤーとの距離が離れてしまってもペアリングが解除されることはありません。また高速充電機能が付いているので10分の充電で約3時間もの稼働が可能になっています。

 

「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」が、聞いている音楽によってリアルタイムに音量を変えてくれます。いちいち音量調節するのが面倒くさいという方には嬉しい機能ですよね。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
beats
商品名
Studio3 Wirelessヘッドフォン – The Beats Skyline Collection
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
-
プラグ形状
ミニプラグ
コード長(m)
-
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン・折りたたみ・AIアシスタント呼び出し機能
Apple(アップル)

Beats Solo Pro Wireless

価格:29,793円 (税込)

ノイズキャンセリング機能付きで音楽に集中できる

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Beats Solo Pro」はProシリーズで、よりプロが使うようにチューンされた無線ヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能を搭載しているので、周囲のノイズに合わせてリアルタイムにノイズを遮断してくれます。この機能をオフにするとバッテリーは最長で40時間もの持続力があるのがポイント。2週間ほどバッテリーの充電が無くても使うことができます。

 

さらに口コミでは、ノイズキャンセリング機能や音楽のプロが開発に携わったということもあり、最高の音質を誇っているという声が多数です。ヘッドホンの開閉だけで自動的にヘッドホンの電源をオンオフできるので、使い勝手もとても良いです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
beats
商品名
Solo Pro
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
-
プラグ形状
Lightning
コード長(m)
-
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン・自動電源OFF機能・折りたたみ・外音取り込み・自動電源ON機能
Apple(アップル)

Beats Solo3 Wireless

価格:22,410円 (税込)

Apple製品とペアリングするならこのシリーズ

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Beats Solo3 Wireless」はSoloシリーズのヘッドホンで、Beatsヘッドホンの定番と言えばこれ!というような無線ヘッドホン。W1チップが搭載されているので、Apple製品とのペアリングは非常にスムーズです。オンイヤー コントロールによって、通話への応答や音楽の音量調節などの操作、そしてSiriの起動まで行うことができます。

 

さらに装着感がとても良く、柔軟性のあるフィット感を誇るイヤーカップは毎日、長時間使用していても耳や頭が疲れないように設計されているのがポイントです。ヘッドホン本体は折りたたむこともできるので、持ち運びにも便利ですね。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
beats
商品名
solo3 wireless
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
-
プラグ形状
ミニプラグ
コード長(m)
-
その他機能
マイク・リモコン・折りたたみ・AIアシスタント呼び出し機能
Apple(アップル)

Beats EP オンイヤーヘッドホン

価格:9,618円 (税込)

耐久性が高くコスパも良い

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有線だということから、シリーズ中では音質の安定感が1番いいとの声が多く、低音域から高音域まで幅広いサウンドをカバーしています。ケーブルには「RemotoTalkケーブル」が使われており、マイクが付属しているリモコンがついているので、通話に応答した場合そのまま通話することが可能です。

 

本体にはステンレススチールを用いているため耐久性に優れています。また、価格も10000円前後と非常に安価でコスパがいい有線ヘッドホンです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
beats
商品名
Beats EP
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
-
プラグ形状
ミニプラグ
コード長(m)
-
その他機能
マイク・リモコン
beats

beats by dr.dre BT ON MIXR RED

価格:26,544円 (税込)

グラミー賞受賞のDJとコラボした本格派

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラミー賞受賞のDJとコラボした本格派な設計で、ボディを軽量化したデザインでもあるため持ち運びにも適しています。深みのある低音域・引き立つ中音域・高音域といったように、どの音域も良い音で満喫可能です。

 

カラーバリエーションも豊富で、おしゃれなアクセサリーにもなります。マイク機能・折りたたみ機能も付属しているため、コンパクトな状態にして収納可能です。遮音性が高い分、より音楽に集中できます。

メーカー
beats
商品名
beats by dr.dre BT ON MIXR RED
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
標準プラグ/ミニプラグ
コード長(m)
1.3 m
その他機能
リモコン・折りたたみ・マイク・リケーブル

Beatsのヘッドホンおすすめ5選比較表

商品画像
メーカー
beats
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
beats
商品名
Studio3 Wireless The Beats Skyline Collection
Beats Solo Pro Wireless
Beats Solo3 Wireless
Beats EP オンイヤーヘッドホン
beats by dr.dre BT ON MIXR RED
説明
電波強度が高くペアリングが途切れにくい
ノイズキャンセリング機能付きで音楽に集中できる
Apple製品とペアリングするならこのシリーズ
耐久性が高くコスパも良い
グラミー賞受賞のDJとコラボした本格派
価格 34,422円 (税込) 29,793円 (税込) 22,410円 (税込) 9,618円 (税込) 26,544円 (税込)
リンク
メーカー
beats
beats
beats
beats
beats
商品名
Studio3 Wirelessヘッドフォン – The Beats Skyline Collection
Solo Pro
solo3 wireless
Beats EP
beats by dr.dre BT ON MIXR RED
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
装着方式
両耳
両耳
両耳
両耳
両耳
構造
-
-
-
-
密閉型
プラグ形状
ミニプラグ
Lightning
ミニプラグ
ミニプラグ
標準プラグ/ミニプラグ
コード長(m)
-
-
-
-
1.3 m
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン・折りたたみ・AIアシスタント呼び出し機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン・自動電源OFF機能・折りたたみ・外音取り込み・自動電源ON機能
マイク・リモコン・折りたたみ・AIアシスタント呼び出し機能
マイク・リモコン
リモコン・折りたたみ・マイク・リケーブル

beatsのヘッドホンは大変人気があるため、残念ながら偽物が出回っています。偽物はすぐに故障することもある上、もちろん保証の対象にはなりません。

 

中には精巧に作られているものもあるため、正規品との見分けがつかない場合もあります。誤って偽物を購入することがないように、正規品との違いや購入する際の注意点をあらかじめ確認してください。

 

【正規品との違い】

  • 価格が安すぎる
  • 箱に入っていない
  • マニュアルが付属していない
  • 包装ラベルにスペルミスや見慣れないロゴがある
  • 複数個購入することで割引がある

Beatsのヘッドホンの特徴は、「重低音が光る音質」「スタイリッシュなデザイン性」「Apple製品との相性が良い」の3つです。特にヘッドホンの装着部分に飾られている「b」というロゴは非常に特徴的で、一目見ただけでBeatsのヘッドホンだとわかります。Beatsのヘッドホンを初めて買う方は、まずお買い求めやすい「Solo」シリーズ、「EP」シリーズからチェックしてみてください。