【デザイン重視】かっこいいヘッドホンの厳選おすすめ【6選】

ヘッドホンを買うにあたって、とにかくかっこいいものが欲しい!ヘッドホンをファッションの一部として使いたい!という方に向けておすすめのヘッドホンをご紹介させていただきます。またかっこいいヘッドホンの選び方についても同時に紹介するのでぜひご参考にしてください。

2021/10/21 更新

ヘッドホンは同じ音楽を聞くための電子機器であるイヤホンと比べると、遮音性や音響性に優れています。そんなヘッドホンは音楽を聞くためだけにあるんだと思っている方も多いのではないでしょうか。実は最近のイヤホンではアクセサリーとしても使えるほど、ファッション性に優れた商品がたくさん販売されています。

 

本記事ではかっこいいヘッドホンに興味があるという方に向けて、かっこいいヘッドホンの選び方やおすすめの製品を紹介させていただきます。ぜひ本記事を読んでご自分にぴったり合ったかっこいいヘッドホンを探してみてくださいね。

まずかっこいいイヤホンを求めるにあたって、機能性に注目してみましょう。機能の種類によっては大きく見た目が異なってくるものもあるので、画像と一緒に読み進めてくださいね。

装着方式

まず装着方式です。これはイヤホン・ヘッドホンに共通して言えることですが、耳に当たる部分がどのような形状をしているのか?ということを指します。耳に直接当たる部分ですので、この装着方式によって自分に合う合わないがかなりはっきり現れる部分ではないでしょうか。

 

また見た目もそれぞれ大きく異なる製品が多いので、ご自分の好みの方を選んでくださいね。それぞれの装着方式の画像を以下にいせていますので、イメージを膨らませていただければ幸いです。

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型は普段からよく見る装着方式のヘッドホンではないでしょうか。真ん中が少しへこんでいて、そこに耳をフィットさせることで耳に装着するタイプです。

 

真ん中にスペースがあるため耳への負担がかかりにくく、ピアスやイヤリングをしている方でも気にせずにヘッドホンを使用することができます。また耳全体を覆ってしまうのでよりダイナミックな音楽を楽しむことに長けています。そしてヘッドホン自体が大きめのものが多いことも特徴です。

 

しかしオーバーイヤー型は次に紹介するオンイヤー型と比べるとどうしても機器自体が大きくなりがちです。そのため、携行性では少し劣ると見た方が良さそうです。より迫力のある音楽をじっくり腰を据えて楽しみたい場合はオーバーイヤー型のヘッドホンを選ぶようにしましょう。

オンイヤー型

オンイヤー型は装着部分がフラットで、そのまま耳を挟んでヘッドホンを付けるタイプです。

 

構造上、オンイヤー型ヘッドホンは軽量な作りとなっているので折りたたみ式になっている製品も多いです。遮音性に優れているので周りに音が漏れる心配をすることもほとんどありません。また装着する部分が小さめになっているので、ヘッドホンをそこまで大きく見せたくない方にとってはオンイヤー型の方が嬉しいですね。

 

しかしオーバーイヤー型よりも長時間つけていると耳が痛くなってしまうということがあります。ですので、オンイヤー型は外で移動の際に少しだけ音楽を聞きたいといった方におすすめできるヘッドホンかと思います。

構造

ヘッドホンには、聞く人に対して音をどうやって伝えるかということを決めている構造にも違いがあります。4つ種類がありますのでそれぞれ紹介させていただきます。

密閉型

密閉型がよくあるヘッドホンの構造で、音を発するドライバーの部分が完全に密閉されているので周囲に音が漏れにくくなっています。そのため外での使用や臨場感を味わいたい場合に長けた構造になります。

 

デザイン面で見ると、一見してごついという感じになりがちなので、もっとスマートな印象を与えるヘッドホンが欲しいと言う方は別の構造のヘッドホンにした方が良さそうです。

開放型

開放型は密閉型とは逆に、ドライバーの部分が半分解放されているので、周囲に音が漏れやすくなっています。そのため女性ボーカルのような高い音を聞く場合は、音が通りやすく屋内での使用なら全く問題はありません。

 

見た目の点で言うと、密閉型とは違ってドライバーが半分解放されているために装着部分の外側が網目のようになっている製品が多いです。これをかっこいいと捉えるかtどうかがまた分かれてくると思いますので、ぜひご自分の好みに合った方を選んでください。

半開放型

半開放型は密閉型と開放型の特徴を併せ持った構造です。ドライバーの背面が密閉されている部分と開放されている部分に分かれているために、どちらの構造の特徴も持ち合わせています。しかし音漏れは開放型ほどではありませんがすることが多い構造になっています。

 

こちらもヘッドホンの装着部分が網目のようになっていることが多いので、注意が必要です。

骨伝導型

骨電動は、普段は耳に当てる部分をこめかみ付近にあてて頭蓋骨を振動させて音を聞くという構造になっています。耳を塞がないために疲れにくいという特徴と、外部の音も拾いやすいという特徴があります。

 

骨伝導ヘッドホンは他のヘッドホンと比べると、見た目が全く異なるのがわかります。骨伝導以外の構造のヘッドホンがゴツゴツした感じのものばかりでしたが、骨伝導は細くいたってシンプルな形になっています。

接続方法

ヘッドホンのケーブルがあるのか無いのか、つまり有線か無線かでヘッドホンのファッション性は大きく変わってきます。ここではそれぞれの特徴を紹介させていただきますので、自分にとってかっこいい方はどちらなのか考えてみてください。

有線

音質で選ぶのなら、明らかに有線のヘッドホンがおすすめだと言えます。音の伝送遅延やロスが無い分、正確に音を伝えることができます。また有線のヘッドホンであれば、イヤホンジャックさえあればどんな機器にも使用することができるので、汎用性に富んでいます。

 

しかし外でヘッドホンを使用するとなると、果たしてケーブルがあるヘッドホンはかっこいいと言えるのでしょうか。ケーブルが無くスマートな印象を与える無線のヘッドホンを次に紹介させていただきます。

無線

ヘッドホンの使いやすさや見た目で選ぶのなら、無線のヘッドホンが大きく勝るのではないでしょうか。無線のヘッドホンは充電をしなければならないという制約はあるものの、ケーブルが無いことで様々なしがらみから解放させてくれます。

 

また無線のヘッドホンは接続をするためにBluetoothを使用します。Bluetoothに対応した端末でしか接続できないとはいえ、野外であればほとんどスマホのような端末でしかヘッドホンを使用することはないため、特に問題は無いかと考えます。

次にヘッドホンの色について紹介させていただきます。かっこいいヘッドホンを選ぶにあたって、色は非常に重要になってきます。その日その日のファッションに合わせて明るめの色か暗めの色か、別々にヘッドホンを選ぶことができるようそれぞれの特徴を紹介させていただきます。

明るめの色

主に「暖色」と呼ばれる色で、見る人に対して暖かさや明るさといった印象を与えます。「ハキハキしていて一緒にいるとこっちも楽しくなりそう」など情熱的な印象を与えるので、ヘッドホンをすることでテンションを上げたい方にはおすすめの色と言えるかもしれません。

 

またヘッドホンの色の中には赤・オレンジ・イエローと様々な暖色系の製品が販売されています。さすがに黒や白といった無色系の色には数で及びませんが、一定数はどこのメーカーも販売していると思いますのでぜひチェックしてみてください。

暗めの色

主に「寒色」と呼ばれる色で、見る人に対して寒さや暗さといった印象を与えます。寒さや暗さといってもネガティブなイメージだけで無く、落ち着きや冷静といったイメージも含んでいるので安心してください。

 

「理知的でクール」「この人と一緒にいるだけで落ち着く」といった静かな印象を与えるので、今日は冷静になって物事を考えたいなと言う方におすすめの色だと言えます。

 

またヘッドホンの色の中には青・緑と様々な寒色系の製品が販売されています。こちらもさすがに黒や白といった無色系の色には数で及びませんが、暖色系よりは数が多いと感じます。

次にヘッドホンのフォルムについて紹介させていただきます。フォルムとはヘッドホンをどうやって付けるのかによって、大きく3種類に分けられます。

オーバーヘッド型

オーバーヘッド型が一般的なヘッドホンの形になります。頭からバンドをのせるようにしてかけるヘッドホンで、パーツ構成は頭にのせるバンドと、音を出すためのハウジングから構成されています。

 

一般的なヘッドホンの形のため、その他の形に特にいいものがなければまずはオーバーヘッド型にすれば間違いはなさそうです。

ネックバンド型

ネックバンド型のヘッドホンはオーバーヘッド型と大きく異なり、ネックバンドに機器が埋め込まれているために耳へ装着する部分が小さくなって耳への負担がかかりにくくなっています。

 

また首と耳でヘッドホンを支えて使用するために、頭にかけるだけのオーバーヘッド型よりは安定感があると言えます。外で使用する場合は歩いたり走ったりすることでヘッドホンがずれることが多いです。そのため、高い安定感はネックバンド型の大きな特徴といえるのではないでしょうか。

スティック型

形状がスティックの用なヘッドホンで、片耳ヘッドホンのことになります。

 

スティック型のヘッドホンの特徴は、骨伝導ヘッドホンと同じく周囲の音を聴きながらヘッドホンを使用できることです。よくメーカーのオペレーターの方が使用されているのは、周囲の音も聞きつつお客さんへの対応をしなければならないためです。

 

オーバーヘッド型やネックバンド型とは大きく違った見た目のために、かなり好みが分かれる種類かもしれません。

ではここで、今まで紹介してきた様々なタイプのヘッドホンの中からおすすめのヘッドホンを紹介させていただきます。ここでは6つだけしか紹介していませんので、気になる方はぜひこれ以上に探してみてくださいね。

EKSA E100(ブルー)

EKSA

EKSA オーバーイヤーヘッドホン Bluetooth5.0 30時間 500mAh E100 (ブルー)

価格:3,080円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まず「EKSA E100」を紹介させていただきます。こちらはオーバーヘッド型・ワイヤレス・密閉型とオーソドックスな形のヘッドホンになります。値段はお手頃で3000円強ということで、かなりお買い求め安いヘッドホンなのではないでしょうか。今回表示している画像は青色のものですが、他にもピンクと黒といった合計3色のバリエーションが用意されています。

 

中でも良いのが「装着感」です。口コミでは3000円ちょっとの値段とは思えないほどの装着感で、2,3時間以上つけていても違和感が無いというものがありました。またヘッドバンドの締め付けがちょうどよくて、かつ軽量なために多少は動いても全くズレなさそうです。

 

充電持続時間については連続で30時間以上の使用が可能だということで、1回充電してしまえば1週間くらいなら連続で使用できるほど長時間の使用が可能なヘッドホンになっています。

PHILIPS SHB4805RG00

Philips(フィリップス)

PHILIPS Bluetooth対応マイク付ワイヤレスオンイヤーヘッドホン ローズゴールド SHB4805RG00

価格:3,480円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「PHILIPS SHB4805RG00」も値段は3000円ちょっとお手頃で、ワイヤレスの一般的なホッドバンド型のヘッドホンになります。こちらはオーバーイヤー型ではなくオンイヤー 型のヘッドホンになりますので、耳への圧迫感が少しなくなったヘッドホンです。

 

このヘッドホンの特徴は「さりげない高級感」です。ベースは白で作られているヘッドホンですが、装着部分だけがピンクゴールドになっています。あからさまな高級感を出すのではなくて、さりがなく出すことでよりかっこいいヘッドホンへとなっていくのではないでしょうか。

 

またヘッドバンドが一般的なヘッドホンと比べるとかなり細く作られているので、髪型を崩してしまう心配が少なくて済みそうです。ここまでヘッドバンドが細いヘッドホンは珍しいて思いますので、一度どんなものかチェックしてみてくださいね。

audio-technica ATH-S100 BBL

Audio Technica(オーディオテクニカ)

audio-technica STREET MONITORING 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラックブルー ATH-S100 BBL

価格:1,262円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「audio-technica ATH-S100 BBL」は有線のヘッドホンで、こちらも一般的なオーバーヘッド型で密閉型のヘッドホンとなっています。値段は1000円ちょっととなっているため、かなりお買い求め安くなっています。

 

このヘッドホンの大きな特徴は「コスパが良い」ということです。1000円ちょっとという値段ながらもカラーバリエーションが豊富で、かつ音質も特にこだわらない方であれば満足できるということで、ファッションアイテムとして十分に使えそうな商品です。

 

かっこよさを求める方は、ぜひ今回紹介しているブルーだけでなくグリーン・ブラック・ホワイトの製品もチェックしてみてください。

PLANTRONICS BackBeat FIT 2100

プラントロニクス(Plantronics)

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ステレオ ワイヤレス イヤホン BackBeat FIT 2100 グレー ドライバー13.5mm

価格:8,778円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「PLANTRONICS BackBeat FIT 2100」は髪型が崩れる心配をする方におすすめのネックバンド型のワイヤレスヘッドホンになります。

 

このヘッドホンの特徴は「かっこいいデザイン」です。まず装着部分がかっこよさを際立たせるような光沢を持った色で、カラーバリエーションも豊富です。ブルーやラヴァといった色にすると、右はブルー・ラヴァ、左はブラックといったようにアシンメトリーを楽しむこともできます。

 

また高い防滴性や耐久性を実現しているために、ちょっとやそっとの動きではヘッドホンがずれることはありません。運動時にも使えるヘッドホンになっているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

AfterShokz AFT-EP-000005

Aftershokz

【正規輸入品】AfterShokz AIR 骨伝導ワイヤレスヘッドホン スレートグレー 30g AFT-EP-000005

価格:13,224円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「AfterShokz AFT-EP-000005」は頭にはめることなく首と耳にかけることで装着するタイプのヘッドホンです。こちらは骨伝導のヘッドホンで、また無線タイプとなっています。

 

こちらのヘッドホンの大きな特徴として「耐久性」が挙げられます。ヘッドバンド部分は10万回以上の耐久テストをクリアした柔軟性と耐久性を持っており、素材にはチタニウムを使用しています。さらに約30グラムと非常に軽量なヘッドホンとなっています。

 

またカラーバリエーションは寒色系のものが多く、全体的にマットな暗めの色が多く揃っています。特にキャニオンレッドという色はヘッドホンの中でも珍しく赤紫のような色になっており、非常に高級感あふれるヘッドホンになっています。

 

機能面とデザイン面を両方兼ね備えた骨伝導ワイヤレスヘッドホンになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ZOMO Stick Headphone

Zomo

Zomo(ゾモ) / Stick headphone HD120 (white-orange) 【方耳ヘッドフォン/スティック型ヘッドホン】 (HD-120)

価格:11,480円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ZOMO Stick Headphone」はあまり商品数が無いスティック型のヘッドホンとなっています。スティック型のために髪型が崩れるような心配は必要なく、またデザイン性は暖色系のオレンジと無色系のブラックが混ざったようになっています。

 

このヘッドホンの大きな特徴は「良質な音質」です。再生周波数帯域は3Hz~30000Hzで最大許容入力が1500mWと、ハウスDJが愛用するほどのスティック型ヘッドホンになっています。そんな人気のあるヘッドホンにも関わらず、値段は10000円ちょっととなかなか手が出しやすい値段になっています。

 

スティック型のヘッドホンが気になると言う方は、ぜひこちらの商品をチェックしてみてください。

最後に、かっこいいヘッドホンを選んで購入する前に注意していただきたいことを3つ紹介させていただきます。ヘッドホンを買ってからあまり自分に合っていなかったというような失敗をされないために、ぜひチェックしてください。

髪型が崩れないようにする

ヘッドホンをいざつけようとすると「髪型が崩れてしまうから抵抗を感じる」という経験をした方は多いのではないでしょうか。一般的なヘッドホンであるオーバーヘッド型では頭につけることになるため、そのままでは髪型が崩れてしまいます。

 

そこで使っていただきたいのが、ネックバンド型とスティック型のヘッドホンです。どちらも頭にヘッドホンをつけるわけではないので、髪型が崩れてしまうといった心配をする必要はありません。

 

またどうしてもオーバーヘッド型がいいと言う方には、ヘッドバンド部分が細くて軽いヘッドホンをおすすめします。このようなヘッドホンは髪にあたる部分が少ないのと、髪にかかる圧力が少ないために髪型が崩れにくくなっています。ただ商品数が少ないので、探すには根気が必要になりそうです。

服装や髪色に合うようにする

かっこいいヘッドホンが欲しい方にとって、普段着ている服装や髪色とヘッドホンの色がマッチしているかどうかが非常に重要なポイントになってきます。

 

先ほど暖色と寒色に分けて紹介させていただきましたが、なるべくヘッドホン・服装・髪色は同じ色、または暖色や寒色で揃えてしまった方がよいでしょう。ファッションにおいて異なるカラーは3色までと一般的に言われており、それ以上の色を足してしまうと統一感が無くなってしまうからです。

 

かっこいいヘッドホンを選ぶためにおすすめの色は、寒色系でしょうか。暖色系だとどうしてもかっこいいというよりかわいいとなってしまいがちなので、寒色系をおすすめとさせていただきます。

頭が痛くならないようにする

ヘッドホンをつけて頭が痛くなってしまうようでは、かっこいいヘッドホンを選べたとしても付けるのが億劫になってしまいます。

 

一般的なオーバーヘッド型のヘッドホンは頭に挟んでつけるために、どうしても頭への負担が避けられません。頭を巡る血管や筋の動きを妨げてしまうことで頭痛の原因となってしまいます。

 

そのため、そもそも頭につけないネックバンド型やスティック型にすることも検討するか、オーバーヘッド型であれば頭を締め付ける力が弱いものを選びましょう。

ここまでかっこいいヘッドホンの選び方とおすすめのヘッドホンを6つ紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

かっこいいヘッドホンを選ぶためには機能面やデザイン面だけでなくて、髪型が崩れないかどうかの心配や着ている服装と合っているかどうかという注意も必要になってきます。ヘッドホンをファッションアイテムとして使う場合は、ファッション全てと合っているかどうかに注目して選ぶようにしましょう。