レトロなヘッドホンおすすめ6選|有線・ワイヤレス両方をご紹介

音楽を聴くために必須のでヘッドホンですが、最近ではレトロアイテムとしておしゃれな人の間で流行しています。本記事では、ヘッドホンの選び方や、見た目はレトロでも機能は最新のかわいいヘッドホンを紹介します。レトロなデザインのヘッドホンを探している人は必見です!

2021/10/22 更新

音楽を聴くのに欠かせないヘッドホンですが、最近はファッションアイテムとしての人気も高まっています。しかし、機能・デザイン共に納得できるヘッドホンは、なかなか見つからないものですよね。

 

そこで、ファッションアイテムとしてかわいいヘッドホンを探している方におすすめしたいのが、レトロデザインのヘッドホンです。最近は高機能かつレトロなデザインのヘッドホンが、さまざまなメーカーで販売されているので、かわいいだけでは満足できない方にもぴったりです。

 

本記事では、おしゃれにこだわりのある人におすすめな、レトロデザインのヘッドホンをまとめました。ヘッドホンの種類や選ぶ時のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!人目を引くおしゃれなデザイン!おすすめのレトロなヘッドホン6選

おしゃれに取り入れたいけどヘッドホンを使ったことがない方向けに、ヘッドホンならではのおすすめポイントをまとめました。イヤホンとは違った良さがあるので、購入を悩んでいる方は、ぜひ目を通してください。

ファッション性の高さ

ヘッドホンをおすすめする理由として、ファッション性の高さがあります。シンプルなデザインからポップなデザインまでさまざまな商品があり、使用していない時も首にかけるだけでファッションのポイントになります

 

また、カラーバリエーションも豊富なので、服装に合わせてヘッドホンを選べます。特に、レトロなヘッドホンは、個性を出しつつどんなお洋服にも合うのでおすすめです。

高音質

高音質で音楽を楽しみたいなら、ヘッドホンがおすすめです。種類や装着方法などで音が変わるので、ご自分が好きな音質のヘッドホンを選びましょう。低音を重視したいなら、密閉型のヘッドホンがピッタリです。反対に開放型は、クリアな高音が特徴です。

 

ハイレゾ対応しているヘッドホンも多数販売されているので、より臨場感あふれる音を楽しみたいならそちらもおすすめです。音楽・映画・動画・会議と幅広いシーンでクリアな音を満喫できますよ

長時間付けても耳が痛くなりにくい

リモートワークやテレワークでイヤホンを長時間使用していたら、耳が炎症をおこしたというトラブルが増えています。しかし、ヘッドホンの場合、長時間使用しても耳が痛くなることが少ないです。

 

しかし、商品によっては耳や頭が痛くなるヘッドホンもあるので、イヤーパッドが柔らかいものや、締め付け感の少ないものを選びましょう。

ワイヤレスイヤホンのように失くす心配がない

ワイヤレスイヤホンの場合、片方を落としたり無くしたりするトラブルがあります。ヘッドホンなら、使っていない時も首にかけられるので、無くす心配がありません。

 

コンパクトに持ち運びたい方には、折りたたむことのできるヘッドホンもあります。また、コードが邪魔で使いづらい方には、ワイヤレスヘッドホンがおすすめです。ワイヤレスヘッドホンには、イヤーカップ部分にリモコン機能が付いているので、操作も簡単にできます。

今すぐ見る!人目を引くおしゃれなデザイン!おすすめのレトロなヘッドホン6選

音が出る部分の構造や装着方法など、ヘッドホンよってさまざまな種類の特徴があります。デザイン重視で選んでもいいですが、それぞれの特徴を覚えておくと、より自分に合う音質や装着感のヘッドホンが見つけやすいです。

ヘッドホンのタイプ

ヘッドホンは、音を出しているドライバーユニットと、それをカバーしているハウジングの構造の違いで、開放型・密閉型・半密閉型の3種類に分けられます。それぞれ得意な音質があるので、好みに合わせて選びましょう。

密閉型

密閉型は、ハウジングが木材やプラスチックでできており、音が外部に漏れないタイプのヘッドホンです。周りに音が漏れないので、公共の場で使用するのに向いています。遮音性にも優れているため、周りの音に左右されずに音楽を聴きたい場合は、密閉型がおすすめです。

 

音質は、音が響きやすく低音域が強いのが特徴です。迫力のある音を楽しみたいなら、密閉型を選びましょう。デメリットは、音がこもりやすい点と、高音の音質が落ちる点が挙げられます。

開放型

ハウジング部分にメッシュ素材などが使われていて、音が外に開放されるタイプのヘッドホンを開放型と呼びます。開放型の特徴は、何と言っても高音の伸びにあります。また、音がこもりにくいため、長時間装着しても聴き疲れしにくい点も評価できます。軽量モデルも多く展開されているため、自宅でのリラックスタイムやリモートワークに向いています。

 

しかし、音が外に開放されるタイプなので、音漏れしてしまうというデメリットがあります。遮音性も低く、外での使用にはあまり適していないので、チェックしましょう。

半密閉型

ハウジング部分全体に穴が開いている開放型に対して、小さめの穴が開いているヘッドホンのことを、半密閉型(セミオープンエアータイプ)といいます。開放型に分類されることが多いので、聞きなれない方もいらっしゃるはず。半密閉型の特徴は、密閉型・開放型それぞれの特徴を持っていることです。

 

デメリットは、僅かですが音漏れがすることと、独特の音のこもりがあることです。しかし、密閉型の特徴である重低音の表現力に優れていて、さらに音の抜け感も感じることができるので、低音から高音まで幅広い音質を得られます。

ワイヤレスか有線か

ワイヤレスは、ケーブルを気にせず使用できるので、移動中の使用に向いています。しかし、充電切れなどで使えなくなることもあります。また、音声のズレやノイズが生じるこもあります。

 

有線は、安定した音声が提供されるため、動画の市長やリモートワークなどに向いています。多少ケーブルが邪魔でも、よりレトロさを重視したいなら、有線をおすすめします。最近では、ワイヤレスと有線の両方として使用できるモデルも販売されていて、シーンで使い分けることができて非常に便利です。

装着方法

装着方法は2種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。使うシーンによって向いている装着方法が異なるので、自分がよく使うシーンに合ったものを選びましょう。ここでは、それぞれの装着方法の特徴を紹介するので、選ぶ際の参考にしてください。

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型は、耳全体を覆うように装着します。耳全体を覆うので、遮音性が高く音漏れを軽減できるのが特徴です。周囲への音漏れが気になるような、公共の場で使用する時におすすめです。

 

また、オーバーイヤー型はイヤーカップ部分が大きいものが多いので、持ち運ぶ場合は折りたためるものを選ぶと、収納時のストレスにならないためおすすめです。長時間使用する場合は、重量も軽いものを選びましょう

オンイヤー型

オンイヤー型のヘッドホンは、耳に被せて使用します。圧迫感が少なく、小型で軽量なので長時間の使用や持ち運びにおすすめです。しかし、耳に被せるため、隙間から音漏れしやすいのはデメリットです。価格もお手頃な製品が多いので、ファッションアイテムとしても手軽に使用できます

近年、ウォークマン世代に懐かしいヘッドホン「Rewind Wireless Retro Headphones」がJLABより登場しました。若い世代のみならず、40~50代にも人気のモデルです。80年代レトロを意識したデザインとカラーは、男女共に使いやすく、ファッションにも取り入れやすいです。

 

デザインはレトロですが、Bluetooth対応に加え、マイクも内蔵している高機能な商品です。気になる再生時間は12時間と、コンパクトながら一日中使用することも可能です。さらに、ヘッドホンにボタンが付いているので、操作も簡単に行えます。音声アシスト機能を使えば、スマホを取り出さずに音声通話も可能です。

 

現代の技術と40年前の懐かしさを併せ持つこちらのヘッドホン、お値段も手に取りやすい価格でおすすめです。

JLAB

Rewind Wireless Retro Headphones

価格:6,717円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG

K702

価格:23,344円 (税込)

有線がレトロ!デザインだけではなく、着け心地も抜群

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロなデザインがクールなヘッドホンです。機能面では、独自のオープンエアー型構造により、極めて優れた中高域を実現しました。人間工学に基づいた3Dフォームイヤーパッドに、肌触りのいいベロア生地を使用しており、長時間使用しても快適です。オバーイヤー型なので、屋外で使用しても音漏れが気になることも少ないでしょう。デザイン・音質にこだわる人におすすめです

 

スペック詳細はこちら

メーカー AKG 商品名 K702-Y3
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 ミニプラグ
Bluetoothバージョン 連続使用時間
充電時間 充電端子
コード長(m) 3m その他 セルフアジャスト機能
パナソニック(Panasonic)

RP-HTX7-W

価格:12,980円 (税込)

レトロポップなデザインが可愛いヘッドホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホワイトカラーが、レトロでありながら可愛いヘッドホンになります。本体カラーに黒が多い中、ホワイトが目を引きます。ファッションアイテムとしても、さまざまなお洋服に合うでしょう。ハウジング部分は、プロ用でも用いられるドーム型ハウジングを採用しており、音質にこだわる人も満足いただけるでしょう。密閉型でありながら、ヘッドバンドにピアノ線を使用した軽量モデルなので、外での使用におすすめです

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 RP-HTX7-W
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ミニプラグ
Bluetoothバージョン 連続使用時間
充電時間 充電端子
コード長(m) 1.2m その他 2m延長コード付き
パナソニック(Panasonic)

RP-HTX70-H

価格:4,108円 (税込)

レトロなデザインに高音質サウンド!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先に紹介した、パナソニックRP-HTX7-Wの新モデルになります。こちらは、有線タイプなので、よりレトロ感にこだわる人におすすめです。ファッションに馴染むワントーンデザインは、あえて首にかけて見せたくなるヘッドホンです。よりソフトで密着性を高めた新イヤーパッドは、心地よい装着感で長時間の使用も快適にお使いできるでしょう。価格もお求めやすくなっているので、是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 RP-HTX70-H
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ミニプラグ
Bluetoothバージョン 連続使用時間
充電時間 充電端子
コード長(m) 1.2m その他 アコースティック・ベース・コントロール採用
パナソニック

RP-HTX80B-C

価格:8,933円 (税込)

レトロな見た目なのに最新機能!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのモデルは、RP-HTX70のワイヤレスヘッドホンになります。デザインはそのままに、バーガンディとキャメルカラーが追加されました。Bluetooth対応で、耳元のリモコン操作に加えて、スマートフォンでのハンズフリー通話も簡単にできます。また、高音質のAACコーデックにも対応しています。外で使用しても、耳を覆うイヤーパッドで音漏れも少ないので快適にお使いできるでしょう。使用時間は24時間と、充電切れを気にせず使用できます

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 RP-HTX80B-R
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状
Bluetoothバージョン Ver4.1/Class2 連続使用時間 約24時間
充電時間 約3.5時間 充電端子 microUSB
コード長(m) その他 ワイヤレス・リモコン・急速充電
パイオニア(Pioneer)

SE-MS7BT-S

価格:11,979円 (税込)

ハイレゾ対応!レトロ可愛いと高音質どちらも叶えるヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロなデザインながら、ハイレゾ対応のワイヤレスヘッドホンです。カラーは、ブラック・シルバー・ブラウンの3種類あり、お洋服に合わせてお選びいただけます。男女共に使いやすいデザインに加え、ハイレゾ対応した大口径40mmのドライバーを搭載して、低音から高音までクリアなサウンドを実現いたしました。音声読み上げアプリにも対応しているので、スマホを取り出すことなくメッセージや通話をすることが可能です

 

スペック詳細はこちら

メーカー パイオニア(Pioneer) 商品名 SE-MS7BT・-K・-S・-T
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状
Bluetoothバージョン Ver.3.0/Class 2 連続使用時間 最大12時間
充電時間 約4時間 充電端子 マイクロUSB
コード長(m) - その他 ハイレゾ対応・ハンズフリー通話・リモコン

おしゃれで可愛い、レトロなヘッドホンをご紹介しました。ファッションアイテムだけではなく、機能面でも使えるヘッドホンばかりなので、これを機会に取り入れてみてはいかかでしょうか?

# レトロ