【2022年完全版】ボーズ(Bose)のヘッドホンの最強おすすめ【2選】特徴・評価・比較・口コミ

ボーズは海外メーカーでありながら、日本でも知名度が高い最強クラスのヘッドホンメーカーです。しかし、名前は聞くが、機能や音質などは分からないという方も多いのでは。今回はボーズヘッドホンの選び方や、低コスパで人気モデルの比較、おすすめをいくつかご紹介していきます。

2022/08/18 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
1位
ボーズ

QC35 II

本商品は、Boseより発売されているGoogleアシスタントを搭載したBluetooth対応ヘッドホンです。これにより、音楽再生だけでなく、メールの送受信やタスク管理・着信応答といったものも音声でらくらくコントロール!加えて、ノイズキャンセリング機能も備えており、音楽に集中することができます。

さらに、ナイロン樹脂には衝撃に強いガラス繊維を練り込んでおり、耐食性のステンレススチールも相まってアクティブに使いたい方にうってつけのヘッドホンです。連続再生時間は20時間と、たっぷり音楽を楽しめますよ。常日頃からヘッドホンを手放せない方にもピッタリです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大20時間
充電時間
最大2時間15分
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
234 g
2位
ボーズ

Bose Noise Cancelling Headphones 700

ノイズキャンセリングを11段階の中から設定できるワイヤレスヘッドホンです。周囲の状況によってノイズキャンセリングレベルを上げたり下げたりできます。会話をしたいときはボタン一つで一時的にオフできる点もポイント。サウンドについては迫力の重低音によってリアルで高音質な音を楽しめます。

シーンに合わせてノイズキャンセリング機能を最適に使いたい方、いい音で音楽を楽しみたい方におすすめ。またマイクについては4マイクシステムを採用し、ノイズを抑えてクリアな音声を相手に伝えられます。本体には特殊なコーディングを施したシリコンを使っているため快適な装着感です。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大20時間
充電時間
最長2.5時間
対応コーデック 
SBCAAC
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
250 g
1位
ボーズ

QC35 II

本商品は、Boseより発売されているGoogleアシスタントを搭載したBluetooth対応ヘッドホンです。これにより、音楽再生だけでなく、メールの送受信やタスク管理・着信応答といったものも音声でらくらくコントロール!加えて、ノイズキャンセリング機能も備えており、音楽に集中することができます。

さらに、ナイロン樹脂には衝撃に強いガラス繊維を練り込んでおり、耐食性のステンレススチールも相まってアクティブに使いたい方にうってつけのヘッドホンです。連続再生時間は20時間と、たっぷり音楽を楽しめますよ。常日頃からヘッドホンを手放せない方にもピッタリです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大20時間
充電時間
最大2時間15分
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
234 g