Bose(ボーズ)のワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【6選】評価・レビュー・比較

長い歴史と性能の高さから多くの愛用者がいるボーズワイヤレスイヤホン。多機能でタイプもいろいろあり、自分のライフスタイルに合わせることが可能です。そこで今回は、おすすめのボーズワイヤレスイヤホンをご紹介します。おすすめの中から最適な1つを選んでみてくださいね。

2022/08/19 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

外への音漏れを心配することなく音楽を聴いたり動画を視聴したりできるイヤホン。周りに迷惑をかけたくないときはもちろん、自分だけの世界へ入り込めるので、とくに集中したいときやリラックスしたいときにおすすめです。

 

イヤホンには、有線タイプとワイヤレスタイプがありますが、ワイヤレスイヤホンはプレーヤーとケーブルでつなぐ必要がないイヤホンです。動きやすいという最大のメリットがあるため、ワイヤレスイヤホンは、スポーツをしながら、掃除をしながらなど、ワイヤーにストレスを感じることなく、音を楽しむことができます。

 

また、ワイヤレスイヤホン本体で音量を調整したり、通話に対応することもできるので、ビジネスマンの間でも人気となっています。

世界最高クラスのパフォーマンスと快適性を持っているといわれるボーズワイヤレスイヤホン。それにはどんな理由があるのでしょうか。まずは、ボーズワイヤレスイヤホンの特徴をご紹介していきます。

ボーズは、アメリカ合衆国に本社を置いている、スピーカーを主とした音響機器開発製造企業で、そのブランド名です。

 

設立は1964年。マサチューセッツ工科大学の教授アマー・G・ボーズが研究し、製品化したことからこの名前がつけられました。設立当初は主にスピーカーを扱っていましたが、1980年代以降にヘッドホンやイヤホンの分野へも進出しています。

 

ボーズは、音質やチューニング力に優れているといわれていて、設立から現代まで優秀な技術が引き継がれているブラントです。

 

 

 

ボーズワイヤレスイヤホンの最大の特徴は、“音漏れの少なさ”です。

 

現在のワイヤレスイヤホンは、「カナル型」という外耳道にイヤーピースを差し込む耳栓タイプや、「インナーイヤー型」といって耳の表面の耳介と呼ばれる部分にイヤホンのパーツをひっかけて装着するタイプが主流となっていますが、ボーズは、独自構造のイヤーチップ型を採用しています。

 

この形は、耳にフィットするよう設計されているため安定感が優れているので、音漏れしやすい低音も、量感と迫力を失わずにそのまま鼓膜へと伝えることができます。ボーズワイヤレスイヤホンは、完全独立型のモノでも耳から脱落しづらい形状になっているので、優れた安定感を誇っています。

一般的にイヤホンを購入する際には、各製品の特徴を現す再生周波数帯域などを確認して、物理的特性の数値を参考にします。

 

でも、ボーズワイヤレスイヤホンは、物理的な数値ではなく、直接耳で感じる音を重要視しているので、音質の数値化をしていません。実際に、ボーズワイヤレスイヤホンは、スペックなどの物理的な数値を公開しておらず、チューニングの際も人の聴覚で行っています。

 

そのため、実際にボーズワイヤレスイヤホンで聴いてみると、どのイヤホンも音質が心地よく、自然な音の広がりを感じることができます。

 

ボーズワイヤレスイヤホンが物理的な数値を公開していなくとも根強いファンが多いのは、こういった製品の信頼性が高いためです。

ボーズワイヤレスイヤホンは、多くの機能が搭載されています。一般的に、多機能になるほど使いこなすのが難しくなるといわれているイヤホンですが、ボーズワイヤレスイヤホンはその逆でシンプルな設計のため、イヤホン初心者の方でも使いこなすことができます。

 

とくに優れているのが、“ノイズキャンセリング機能”です。この機能は、騒がしい街中のノイズもカットできるため、騒がしい中でもリスニングだけに集中したい時にもおすすめです。

 

そのほか、スマホアプリ対応モデルでは、イヤホン設定のカスタマイズをしたり、一部モデルではノイズキャンセリングのレベル調節などもできます。また、音声アシスタント対応モデルや、マイク付きリモコンを搭載したモデルなど多機能に渡っています。

「ワイヤレスイヤホンは便利だけど、なんとなく使い方が難しそう。」有線イヤホンと並んで人気の高いワイヤレスイヤホンですが、そう思うことでなかなか手が出せないでいる方も多いようです。

 

そこで、覚えれば簡単の、ワイヤレスイヤホンの使い方をご紹介します。スマートフォンは多くの種類がありますので、ここでは利用者の多いiPhoneを例に見ていきましょう。

iPhoneとワイヤレスイヤホンを接続するためには、まず、両方をBluetoothに接続します。そのためにまず、iPhoneの設定からBluetoothをonにしておきます。

 

次に、ワイヤレスイヤホンの電源をonにして、Bluetoothモードにします。そして、iPhoneの画面に接続したいイヤホンの名前が出てきたら、それをタップして接続完了です。

 

これが一般的な接続方法ですが、イヤホンの中には収納ケースから取り出すだけで電源がonになり、Bluetoothモードになるタイプや、イヤホン本体のボタンを押すタイプなど様々ありますので、説明書を確認してみてください。

iPhoneとワイヤレスイヤホンをBluetoothに接続すれば、あとは耳にワイヤレスイヤホンを装着するだけ。ただし、イヤホンは付け方次第で音質、遮音性、装着感が変わるといわれているので、つけ方にも注意が必要です。

 

ワイヤレスイヤホンは、力を入れすぎないようにグリグリとねじるように耳に入れていき、一番しっくりくるところがベストポジションです。その後、実際に音楽を流してさらに心地よいサウンドになる位置を探しましょう。

 

最近人気となっている低反発イヤーチップは、スポンジのような粘弾性があるので、イヤホンを指でつまんで小さくしてから膨らむのを待つ方法もおすすめです。

 

 

 

 

ワイヤーのストレスもなく、どこでも気軽にヒアリングできることで人気のワイヤレスイヤホン。便利なことがたくさんありますが、実は見逃せない注意点も。快適にワイヤレスイヤホンを使用できるように注意点をご紹介します。

近年は、身軽さや動き安さからワイヤレスイヤホンが人気となっています。ただ、ワイヤレスイヤホンは充電して使用するタイプのため、充電を忘れると肝心なときに使用できなくなるというデメリットがあります。

 

ワイヤレスイヤホンの連続再生時間は、製品ごとに異なりますが完全なワイヤレスの場合は2~3時間程度といわれています。また、使い方によってはそれよりも短くなる場合もあります。

 

そのため、充電切れを防ぐためには、製品の取扱説明書にフル充電の場合、どのくらい使用できるのかをきちんと確認しておくことが大切です。完全独立型のワイヤレスイヤホンを選ぶ場合は、充電機能付きの収納ケースが付属するタイプが充電忘れを防ぐことができるのでおすすめです。

 

 

 

ワイヤレスイヤホンは、有線タイプに比べると比較的音が劣化しやすいといわれています。有線タイプは音楽機器からケーブルへと音が流れ、直接信号を送るので音が劣化しにくいためです。

 

また、有線のイヤホンは音が伝わる際に遅延がないため、動画視聴やオンラインのゲームプレイもしやすくなっています。その反面、ワイヤレスイヤホンは多少ではあるものの音の伝達が遅延ことがあるため、リアルなプレイが大切なオンラインゲームなどでは有線タイプよりはストレスを感じる場合がある可能性があります。

 

また、Bluetooth通信を使用しているため、接続状態が悪い環境では音が途切れてしまうこともあります。

 

 

音漏れが少なく、音の広がりも良いいといわれているボーズワイヤレスイヤホン。また、多機能で使いやすい点が人気です。さまざまなタイプがありますので、ご紹介していきます。

ボーズ独自のアコースティックノイズキャンセリングテクノロジーによって、外部のノイズを常に測定・比較しているボーズワイヤレスイヤホン。周囲のノイズに対して逆位相の信号を重ね合わせることでノイズを無効化し、カットしています。

 

ボーズワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリングレベルを調節できるので、専用アプリから簡単にノイズキャンセリングのレベルを細かく調節することができるタイプもあります。

 

賑やかな場所で集中したいときにはレベルを上げ、静かな場所でさらに集中したいときにはレベルを下げて使用するのがおすすめです。

スポーツをする際にうれしい機能が防水・防塵タイプ。防水・坊塵タイプは水滴を防ぐことができるので、イヤホンに汗が流れてしまったときや、ランニング中に雨が降ってきた場合でも続けて使用することができます。

 

また、防水性の高い製品は水洗いができるので汗や塵を洗い流すことができ、いつでも清潔な状態で使用することができるのもうれしい魅力です。

 

イヤホンの防水性は“IPX”で表されていますが、数値が高い製品ほど高い防水性があるので、スポーツなどで使用する場合には、IPX4以上のイヤホンがおすすめです。また、「防適」「耐汗」と記載があるものであれば安心です。

 

防塵については、IPXのXは、「防水テストをしていない」という表記なので、防塵性も考慮する場合は“IP56”という具合にきちんと2つの数字が入っているものを選ぶことがおすすめです。

 

外のスポーツや砂浜にレジャーに出かけるときになどは、防水・防塵の両方を備えたタイプであれば安心です。

ワイヤレスイヤホンで音声通話をする場合は、イヤホンにマイクが付いているかどうかも選ぶ際の重要なポイントになりますが、ボーズワイヤレスイヤホンはほとんどがマイクが内臓されています。

 

リモコンも内臓しているタイプであれば、接続している機器を取り出すことなく、簡単に通話に対応でき、音声のボリュームを調整することができます。ただ、製品ごとに対応可能なデバイスが違うので注意が必要です。

「Bose Connectアプリ」に対応しているボーズワイヤレスイヤホンであれば、イヤホンについての設定や管理がアプリ上で行うことができます。

 

「Bose Connectアプリ」は無料でダウンロードすることができ、起動することによって、接続可能なイヤホンが表示されるので機器の操作が面倒な方でもスムーズに接続することができます。

 

また、1度のスワイプで複数デバイスと接続の切り替えができるので、音楽鑑賞の際にスマートフォンとオーディオプレイヤーを使い分けている方におすすめです。

 

 

ボーズワイヤレスイヤホンには、「Tile」というアメリカでトップクラスのシェアを誇る落し物トラッカーと協力して、万が一イヤホンを無くした場合でも探し出せる機能が搭載されているタイプがあります。

 

これは、「Bose Connectアプリ」をインストールして設定するだけでどこにイヤホンがあるのかわかる仕組みになっています。進化して軽量になっていくことで無くしてしまうリスクも高まっていますが、こうした便利な機能がサポートしてくれます。

ワイヤレスイヤホンは、基本的に充電式なので、充電が足りないと、使用するはずだった予定の時間に満たないうちに使用できなくなってしまう場合があります。

 

なるべく長い時間ワイヤレスイヤホンを使用するたには、しっかりと充電する必要があり、購入する際にはフルに充電することでどのくらいの時間使用できるかを確認しておく必要があります。

 

ボーズワイヤレスイヤホンは、製品ごとに、連続再生可能時間が決まっていてボーズの公式サイトでも確認することができます。充電することが大変だと感じる方は、連続再生可能時間がなるべく長いタイプがおすすめです。

1位
ボーズ

Sport Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

価格:12,078円 (税込)

雨が降っても大丈夫◎安定したフィット感のワイヤレスイヤホン

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ボーズより発売されている臨場感あふれるオーディオと、快適で安定した装着感が特徴のワイヤレスイヤホンです。ボーズ独自の音響ポートとプレミアムドライバーが、音量にかかわらずクリアでバランスのとれた音楽再生を可能にします。スタイリッシュなデザインで耳にしっかりフィットするのも嬉しいポイント!

さらに、独自のイヤーチップで耳が痛くならず、落としたり紛失が心配な方にもピッタリです。加えて、耐久性が高く、汗や水にも強いのでスポーツ時にもおすすめです。小雨時のランニング・トレーニングにも活用したい方にもいいですね
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大5時間
充電時間
イヤホン:約2時間充電ケース:約3時間
対応コーデック 
SBCAAC
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX4
サラウンド 
-
重量【g】
13.5 g
2位
ボーズ

SoundSport wireless headphones

価格:11,280円 (税込)

安定したサウンドとおしゃれなデザイン!防滴仕様のイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、安定したサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンです。独自のテクノロジーにより、音割れやノイズを低減。加えて、雨や湿気を気にせず使うことができる防滴仕様なのも嬉しいポイントです。オープンポートには撥水性のあるメッシュ素材を採用していますよ。

また、デジタル信号処理や音量に合わせ、イコライザーを最適化。そのため、音量を気にせずバランスのいいサウンドを体感すしたい方におすすめです。また、本体カラーはブラックでコーディネートを選ばないのもいいですね。予算があり、デザイン性のいい完全ワイヤレスイヤホンを探している方にうってつけです。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
6時間
充電時間
2時間
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
防滴設計
サラウンド 
-
重量【g】
23 g
3位
ボーズ

NOISE-MASKINGSLEEPBUDS

価格:10,980円 (税込)

横向き・仰向きでも大丈夫!心地よい眠りが得られるヒーリングイヤホン

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ボーズより発売されている些細な音もしっかりシャットアウトしてくれる安眠用イヤープラグです。「ノイズマスキングテクノロジー」を搭載しており、いびき・車の音といった騒音から守り、良質な睡眠を提供。加えて、1回の充電で16時間使えるのも便利な点です。ヒーリングサウンドが途切れることなく再生されます。

また、無料のアプリを使用すれば同じ設定を繰り返し使えるので、面倒な設定の手間を減らしてスムーズに使いたい方にピッタリです。不眠の方はもちろんのこと、日々の生活に疲れている方にもいいですよ。さらに、横向きで寝た時でも痛くない着け心地も魅力。一晩中外れることなく、快適に眠りたい方にもおすすめです。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大10時間
充電時間
イヤープラグ:6時間充電ケース:3時間
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX4
サラウンド 
-
重量【g】
2.27 g
4位
ボーズ

SoundSport Free wireless headphones [ミッドナイトブルー×イエローシトロン]

価格:6,200円 (税込)

安定したサウンドとおしゃれなデザイン!防滴仕様のイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、安定したサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンです。独自のテクノロジーにより、音割れやノイズを低減。加えて、雨や湿気を気にせず使うことができる防滴仕様なのも嬉しいポイントです。オープンポートには撥水性のあるメッシュ素材を採用していますよ。

また、デジタル信号処理や音量に合わせ、イコライザーを最適化。そのため、音量を気にせずバランスのいいサウンドを体感すしたい方におすすめです。また、本体カラーはブルー×イエローシトロンでおしゃれなのもいいですね。予算があり、デザイン性のいい完全ワイヤレスイヤホンを探している方にうってつけです。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大5時間
充電時間
本体:最大2時間充電ケース:最大2時間
対応コーデック 
SBC
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX4
サラウンド 
-
重量【g】
9 g
5位
ボーズ

Bose QuietControl 30 wireless headphones

価格:9,429円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
バッテリー持続時間:最長10時間
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
28.4 g
6位
ボーズ

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones Apple 製品対応モデル [ブラック]

価格:23,000円 (税込)

ゲーミング用としても◎ノイズキャンセリング機能搭載イヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ボーズより発売されている「有線ノイズキャンセリングイヤホン」です。圧倒的なノイズキャンセリング能力と没入感の高さを備え、ゲーミングイヤホンとしても支持されていますよ。また、「バイノーラルイヤホン」としても音の解像度が高いのがポイント。

そのため、臨場感を追求したライブ映像や、映画といった迫力のあるサウンドを聴きたい方にうってつけです。加えて、遮音性はかなり高く、完璧なノイズキャンセリング機能を求めている方にもおすすめ!移動中の居眠りや、カフェでの作業に集中したい方にもピッタリですよ。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
44 g

ボーズ(Bose)のワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品|比較一覧表

商品画像
メーカー
ボーズ
ボーズ
ボーズ
ボーズ
ボーズ
ボーズ
商品名
Sport Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン
SoundSport wireless headphones
NOISE-MASKINGSLEEPBUDS
SoundSport Free wireless headphones [ミッドナイトブルー×イエローシトロン]
Bose QuietControl 30 wireless headphones
QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones Apple 製品対応モデル [ブラック]
説明
雨が降っても大丈夫◎安定したフィット感のワイヤレスイヤホン
安定したサウンドとおしゃれなデザイン!防滴仕様のイヤホン
横向き・仰向きでも大丈夫!心地よい眠りが得られるヒーリングイヤホン
安定したサウンドとおしゃれなデザイン!防滴仕様のイヤホン
ゲーミング用としても◎ノイズキャンセリング機能搭載イヤホン
価格 12,078円 (税込) 11,280円 (税込) 10,980円 (税込) 6,200円 (税込) 9,429円 (税込) 23,000円 (税込)
リンク
タイプ
インナーイヤー
インナーイヤー
インナーイヤー
インナーイヤー
ネックバンド
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
有線(ワイヤード)
構造
-
-
-
-
-
-
駆動方式
-
ダイナミック型
-
ダイナミック型
-
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
-dB
-dB
-dB
-dB
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
-
Ver.5.0
-
-
-
連続再生時間
最大5時間
6時間
最大10時間
最大5時間
バッテリー持続時間:最長10時間
-
充電時間
イヤホン:約2時間充電ケース:約3時間
2時間
イヤープラグ:6時間充電ケース:3時間
本体:最大2時間充電ケース:最大2時間
-
-
対応コーデック 
SBCAAC
-
-
SBC
-
-
ノイズキャンセリング 
-
-
-
-
ハイレゾ 
-
-
-
-
-
-
防水・防塵性能 
IPX4
防滴設計
IPX4
IPX4
-
-
サラウンド 
-
-
-
-
-
-
重量【g】
13.5 g
23 g
2.27 g
9 g
28.4 g
44 g
1位
ボーズ

SoundSport Free wireless headphones [ミッドナイトブルー×イエローシトロン]

価格:6,200円 (税込)

安定したサウンドとおしゃれなデザイン!防滴仕様のイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、安定したサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンです。独自のテクノロジーにより、音割れやノイズを低減。加えて、雨や湿気を気にせず使うことができる防滴仕様なのも嬉しいポイントです。オープンポートには撥水性のあるメッシュ素材を採用していますよ。

また、デジタル信号処理や音量に合わせ、イコライザーを最適化。そのため、音量を気にせずバランスのいいサウンドを体感すしたい方におすすめです。また、本体カラーはブルー×イエローシトロンでおしゃれなのもいいですね。予算があり、デザイン性のいい完全ワイヤレスイヤホンを探している方にうってつけです。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大5時間
充電時間
本体:最大2時間充電ケース:最大2時間
対応コーデック 
SBC
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX4
サラウンド 
-
重量【g】
9 g
2位
ボーズ

NOISE-MASKINGSLEEPBUDS

価格:10,980円 (税込)

横向き・仰向きでも大丈夫!心地よい眠りが得られるヒーリングイヤホン

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ボーズより発売されている些細な音もしっかりシャットアウトしてくれる安眠用イヤープラグです。「ノイズマスキングテクノロジー」を搭載しており、いびき・車の音といった騒音から守り、良質な睡眠を提供。加えて、1回の充電で16時間使えるのも便利な点です。ヒーリングサウンドが途切れることなく再生されます。

また、無料のアプリを使用すれば同じ設定を繰り返し使えるので、面倒な設定の手間を減らしてスムーズに使いたい方にピッタリです。不眠の方はもちろんのこと、日々の生活に疲れている方にもいいですよ。さらに、横向きで寝た時でも痛くない着け心地も魅力。一晩中外れることなく、快適に眠りたい方にもおすすめです。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大10時間
充電時間
イヤープラグ:6時間充電ケース:3時間
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX4
サラウンド 
-
重量【g】
2.27 g
3位
ボーズ

Bose QuietControl 30 wireless headphones

価格:9,429円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
バッテリー持続時間:最長10時間
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
28.4 g

ボーズワイヤレスイヤホンのおすすめ製品をご紹介しました。ワイヤレスイヤホンは、ワイヤーのストレスから開放されるとても便利なアイテムです。

 

さらに、ボーズワイヤレスイヤホンは、音質も良く、多機能なのにもかかわらず操作も簡単なのが特徴です。より楽しく軽快に音楽を楽しむために、ご自分のライフスタイルにぴったりのボーズワイヤレスイヤホンを見つけてみてくださいね。