ワイヤレスイヤホンおすすめ10選!|おすすめメーカーや機能も紹介!

コードレスで、快適なワイヤレスイヤホン。音質だけでなく、便利な機能がついた高性能モデルもたくさん出ています。種類が豊富で、どのワイヤレスイヤホンを選べばいいか迷ってしまいますね。ここでは、ワイヤレスイヤホンの機能・おすすめ商品10選をご紹介します。

2021/10/22 更新

編集部おすすめの記事

好きなときに好きな場所で音楽が聴けるイヤホン。中でもケーブルのないワイヤレスイヤホンは、快適さと使いやすさで選ぶ方も増えています。ワイヤレスイヤホンといっても、種類はさまざまで完全にコードレスなものから、片耳タイプのものもあります。

 

最近のワイヤレスイヤホンは多機能で、さらに、各メーカーからさまざまな商品が出ていてますので、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますね。長く使うなら高性能なモデルを選びたいですが、性能が高いと価格も気になるのではないでしょうか。

 

ワイヤレスイヤホンは音質がいいものや機能が充実しているものでも、コスパのいいモデルはたくさんあります。そこで今回は、ワイヤレスイヤホンの機能や選び方を詳しく解説します。さらに、高性能機能のワイヤレスイヤホンおすすめ10選もご紹介するので、参考にしてください。

ワイヤレスイヤホンには、さまざまな便利機能が搭載されていて、利用シーンや使う頻度によって機能の選び方も変わります。ワイヤレスイヤホンに付いていると便利な機能を1つずつご紹介します。

ワイヤレスイヤホンには、防水・防滴機能がついたモデルもたくさん出ています。防水機能はIPXで表され、0〜8の数字で防水性能が変わります。

 

数字が大きくなるほど防水能力は上がり、ランニングやスポーツで汗をかく程度であればIPX4がおすすめです。シャワーを浴びたり、完全に水に濡れるのであれば、IPX5以上が安心です。スポーツやマラソンなどをよくする方は防水・防滴機能付きを選びましょう。

ワイヤレスイヤホンには、ノイズキャンセリング機能搭載モデルもあります。ノイズキャンセリング機能は、イヤホンを装着したときに外音から聞こえるノイズや雑音をイヤホン内部のスピーカーから出る音で打ち消す機能のことです。

 

外音の話し声や喧騒音を低減させることで、音に集中ができるので勉強やテレワークにもおすすめです。ただし、ノイズキャンセリング機能が付いたものは高性能なので、ハイスペックモデルに搭載されていることが多いです。そのため、価格も上がるので購入前に確認しましょう。

ワイヤレスイヤホンのケースは、バッテリーが搭載されているのでケースにしまうと充電ができます。イヤホンをケースにしまうと自動で充電されるタイプ・ケース自体がスマホの充電に対応しているタイプがあります。

 

ケースにバッテリーが搭載されているタイプは長時間使用が可能になり、スマホ充電が可能なタイプはUSBポートが搭載された充電ケースから、充電ケーブルを使って給電することができます。どちらもコンパクトで持ち運びがしやすく、いざというときにすぐに充電ができるのがメリットです。

ワイヤレスイヤホンにはノイズをカットするだけでなく、外音を取り込む機能もあります。イヤホンは耳が塞がれるので周りの声や音が聞こえにくいのが特徴ですが、外音取り込み機能は内蔵マイクによって周りの音を集音し、その音を耳に伝える機能です。イヤホンを付けながら周りの音も聞き、会話もできます。

 

イヤホンをしていると車の音にも気付きにくく危険な場合もありますが、外音取り込み機能があれば周囲の音も聞こえるのでランニングや車の運転など、ながら使いにもおすすめです。

ワイヤレスイヤホンは価格によって音質や機能に差が出ます。3,000円〜5,000円以下の安いモデルは、対応コーデックがSBCやAACが多くイヤホンで普通に音楽が聴けるレベルの音質になります。機能ではIPX4相当の防水機能が搭載されているものが多く、水滴に対応できるレベルになります。

 

高性能モデルでは2~3万円程度で音質がaptXHDやLDACなどのハイレゾレベルになるので、重低音が響いた迫力のあるサウンドが特徴です。また、機能面では防水機能IPX5以上ノイズキャンセリング機能・AI機能など便利な機能が搭載されているものも多くあります。

 

低価格でも音質が良く、機能が揃っているものもあるので、まずは自分が欲しい音質や機能をチョイスしてから選びましょう。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には形状・音質、・接続の安定性などさまざまなポイントをチェックするのが大切です。ワイヤレスイヤホン選びで重要なポイントを1つずつ詳しく解説します。

ワイヤレスイヤホンにはいくつかの形状があり、装着方法や使用シーン、音質などが異なります。ワイヤレスイヤホンの代表的な形状をご紹介します。

左右一体タイプは、左右のイヤホンが1本のケーブルで繋がったタイプです。ケーブルは首のラインに沿ってかかるようになっているので、ネックバンド型とも呼ばれています。

 

左右一体タイプはケーブルが付いているので、完全ワイヤレスタイプに比べて音質がよく、音の遅延がないのが特徴です。また、ケーブルが首にかかるのでイヤホンを落としにくいのもポイント。よくイヤホンをなくしてしまう方には左右一体タイプがおすすめです。

完全ワイヤレスタイプは、ケーブルがなく左右のイヤホンが完全に独立しているタイプです。そのため、イヤホンは耳でホールドするのでフィット感が強いのが特徴です。

 

完全ワイヤレスイヤホンは、ケーブルによるわずらわしさがなく快適に使用できる点と左右どちらかだけでも使用できる点がメリットです。イヤホンをコンパクトに使いたい方におすすめです。ただし、ケーブルがない分しっかり装着できていないと落ちてしまい、なくしやすいので注意が必要です。

耳掛けタイプのイヤホンは、左右それぞれのイヤホンにケーブルがなく独立していますが、耳に掛けて装着するので落ちにくく安定感があるのが特徴です。また、スポーツや運動時に使用できるように設計されているので、防水・防滴機能が付いているモデルが多いのもポイント。

 

耳に掛けている分、多少の振動でずれることがないので、マラソンや運動をしながら使用したい方や、完全ワイヤレスでも装着の安定感が欲しい方におすすめです。

片耳タイプは、左右のどちらかの耳にイヤホンを装着するタイプです。両耳を塞がないので、移動中や作業中でもハンズフリーで通話ができるのが特徴。「ワイヤレスヘッドセット」や「Bluetoothヘッドセット」とも呼ばれています。

 

イヤホンを付けたまま会話ができるのがメリットですが、片耳のためモノラル再生になり、音楽を聴くのには音質が不向きです。通話用として使用したい方や、会話をしながら使用したい方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンは音質によって性能が変わります。そのため、音質にこだわる方は、好みの音に合わせて選びましょう。ワイヤレスイヤホンの対応コーデックは基本的にはSBCのものが多く、イヤホンで普通に音楽が聴けるレベルです。高音質にこだわりたい場合は、ハイレゾ対応がおすすめです。

 

また、外音の雑音をカットできるノイズキャンセリング機能付きも音質は上がるのでおすすめです。

ワイヤレスイヤホンはBluetoothで無線接続で音楽を聞くので、接続の安定性が重要です。接続が途中で途切れてしまったり、音声を拾いづらいとストレスになります。ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、ペアリング距離もチェックしましょう。

 

通常、ペアリング距離は10mのものが多いですが、モデルによっては30mなど長距離タイプもあります。また、Bluetoothバージョン5.0は接続の安定性が高くなるので、購入時にチェックするのもおすすめです。

ワイヤレスイヤホンはモデルによって、連続再生時間が異なります。通常、1回の充電で5~6時間程度の連続再生に対応していますが、モデルによっては24時間再生できるタイプもあります。

 

ワイヤレスイヤホンは充電の手間もあるので、イヤホンを使う頻度が多い方は、連続再生時間の長いモデルがおすすめです。また、充電方法もケースにしまうだけで自動で充電できるタイプや、スマホにつないで給電できるものもあるので、使いやすさで選ぶといいでしょう。

ワイヤレスイヤホンは、装着時の安定性も重要なポイントになります。スポーツやランニングで使用すると、イヤホンがずれて落としてしまう可能性もあります。そのため、自分の耳にしっかりフィットするタイプを選ぶようにしましょう。

 

完全ワイヤレスタイプだと耳の大きさに合わせる必要がありますが、落としてしまうのが心配な方は、耳掛けタイプがおすすめです。購入の際には販売店などで実際に試着して選ぶと安心です。

ワイヤレスイヤホンはメーカーによって、音質の違いや機能の特徴に違いがあります。自分に合ったワイヤレスイヤホンを選ぶために、メーカーの特徴を把握しましょう。

ソニーは機能が豊富な高性能モデルから、低価格の高コスパモデルまでさまざまなワイヤレスイヤホンを取り揃えているのが特徴です。特に1000Xシリーズは、ノイズキャンセリング機能の性能が高さがポイントです

 

ソニー独自のDSEE HX搭載モデルは、ハイレゾ相当の音質が特徴で、音質にこだわりのあるユーザーからも人気があります。多彩なラインナップから選びたい方や、音質重視の方に適したメーカーです。

JBLはアメリカの老舗オーディオ機器メーカーとして世界で人気のあるメーカーです。力強いフラットサウンドが特徴で、幅広い年代から支持を受けています。

 

ラインナップや機能も豊富で防水タイプや長時間駆動など、自分に合ったワイヤレスイヤホンを探しやすいのもポイント。価格帯もリーズナブルなので、初めてワイヤレスイヤホンを選ぶ方や2台目として使用したい方にもおすすめです。

アンカーはモバイルバッテリーや、急速充電器などスマートデバイスメーカーとして有名です。Google出身のエンジニアが開発した中国メーカーで、先進的な技術が特徴。アンカーは、低価格ながらもハイスペックなモデルが多く、幅広い層から人気があります。

 

ワイヤレスイヤホンは1万円以下で長時間再生・防水・ワイヤレス充電対応など機能も充実。高音と低音が際立つ音質で、とにかくコスパ重視の方にはおすすめのメーカーです。

ボーズはオーディオ機器メーカーとして世界的に有名で人気のあるメーカーです。ボーズのワイヤレスイヤホンは、フィット感に優れていて装着がしやすいのが特徴。外れにくいのでスポーツでの使用にもおすすめです。

 

音質のレベルも高く、低音と高音のバランス調整を自動で行ってくれるので、豊かでクリアなサウンドが楽しめます。遮音性にも優れ、独自のイヤーチップを搭載しているので音漏れを防ぎ、ノイズキャンセリングをコントロールできるのもポイント。

ソニー(SONY)

ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

価格:21,546円 (税込)

防水・メモリー搭載 アクティブワイヤレス

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約920曲の楽曲を保存できる4GBのメモリーが本体に搭載されており、スマホがなくてもヘッドホン本体だけで音楽を楽しむことができるのが特徴のワイヤレスイヤホンです。プレーヤード時は最大6時間の連続再生が可能で、長距離移動の際にも安心です。安定した接続性と装着性で、防水・防塵機能も搭載されているので、スポーツ時や雨の中の使用も可能に。クリアな高音質で、アプリを使用して低音域の上げ下げなど、好みに合わせたサウンドに調整することができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-SP900
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2.5時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
JBL

JBL FREE X

価格:6,480円 (税込)

さまざまなシーンに使えて安いのが魅力の1台

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽再生・通話・エクササイズのどのシーンにも対応したワイヤレスイヤホンです。本体は充電機能付きイヤホンケースを使用すれば24時間連続再生が可能で、15分の急速充電で1時間の使用もできます。クリアな音質で通話ができる内臓マイク搭載で、ハンズフリー通話も可能に。IPX5相当の防水機能を搭載しているので、雨の日の使用でも安心です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
FREE X
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
最大約4時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:microUSB
その他機能
マイク・自動電源オフ・防水/防滴・リモコン
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」で、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能が特徴のワイヤレスイヤホン。幅広い帯域のノイズを大きく低減することが可能で、音楽再生・動画視聴もハイレゾ級の高音質と安定した接続性がポイント。ノイズキャンセリングONのときには体のみで6時間、付属のケースで3回分充電して合計24時間の音楽再生が可能です。タッチ機能搭載で、アプリとも連携が可能になります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-1000XM3
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大6時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・外音取り込み・自動電源ON/OFF・マイク・音質調整・リモコン
BOSE(ボーズ)

Bose Sport Earbuds

価格:17,794円 (税込)

臨場感あふれる高音質

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

臨場感あふれるオーディオと、快適で安定した装着感が特徴のワイヤレスイヤホンです。ボーズ独自の音響ポートとプレミアムドライバーが、音量にかかわらずクリアでバランスのとれた音楽再生を可能にします。スタイリッシュなデザインで耳にしっかりフィットし、独自のイヤーチップで耳が痛くならず、落ちる心配もありません。耐久性が高く、汗や水にも強いのでスポーツ時にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ボーズ(BOSE)
商品名
Bose Sport Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大5時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
音質調整・マイク・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
エージー

TWS04K-WH

価格:14,100円 (税込)

かわいい見た目でもパワフル音質

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本のオーディオブランド「final」が音質を監修した、ワイヤレスイヤホンです。クリアなボーカルと低音感が両立されているのが特徴です。SBCやAACに加え、aptXにも対応しており音が途切れにくいのもポイント。IPX7搭載で高い防水性能により、スポーツ時にも安心して使用できます。1回の充電で最大9時間再生でき、付属の充電ケースを使えば最大180時間再生が可能に。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ag
商品名
TWS04K
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Anker

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

価格:12,980円 (税込)

高音質ながらも高コスパ

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンカー独自のウルトラノイズキャンセリング搭載で、環境に合わせて強さが変わるのが特徴です。スマホアプリを使用すれば低音・高温どちらも自分好みの調整ができるので、音質を簡単にカスタマイズできます。外音取り込み機能搭載で、イヤホンを付けたままワンタッチで操作するだけで、外音を取り込むことが可能に。最大約7時間の連続再生が可能で、付属の充電ケースを合わせて使えば、最大約26時間分の連続再生もできます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
アンカー(Anker)
商品名
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約8時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
JBL

JBL LIVE FREE NC+ TWS

価格:13,464円 (税込)

アクティブノイズキャンセリングでクリアな音質

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズや騒音から解放されるアクティブノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤホン。トークスルー機能とアンビエントアウェア機能により、イヤホンをしたまま会話をしたり、周囲の音を取り込むことが可能です。デュアルコネクト+Syncにより、充電ケースをあけると自動的にデバイスとペアリングします。また、Google Fast Pair対応により、充電ケースを開くと2回目以降ののAndroidデバイスとの接続も簡単にできるのもポイント。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
JBL LIVE FREE NC+ TWS
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約7時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・音質調整・マイク・自動電源ON/OFF・防水・リモコン
BOSE(ボーズ)

Bose QuietComfort Earbuds

価格:28,050円 (税込)

臨場感あふれるサウンドと高性能で納得の1台

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクティブ・パッシブ両方のノイズキャンセリング技術を組み合わせることにより、業界最高峰のノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリングを自由に調整することも可能で、環境に合わせて抑えることもできます。深みのある低音と臨場感あふれるサウンドで音楽再生ができるので、音質にこだわりのあるユーザーにも納得の1台です。ボーズ独自のイヤーチップで安定した装着感で外れにくいのもポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ボース(BOSE)
商品名
Bose QuietComfort Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・外音取り込み・防水・リモコン
サウンドピーツ(SoundPEATS)

Truefree 2

価格:3,980円 (税込)

「Realtek」チップセットで途切れせずに 快適なフィット感

Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいてデザインされた特製のイヤーフックで、耳にしっかりフィットし安定した装着感が特徴のワイヤレスイヤホンです。6mm小型の音質増強の複合振動板を使用したドライバーユニットが搭載されており、全音域がバランスよく再生できます。ハイレベルな高音質が実感できるので、音質にこだわりのあるユーザーにもおすすめ。イヤホン単体の再生時間は4時間、付属された充電ケースを合わせて最大20時間使用可能です。

 

スペック詳細はこち

メーカー
SoundPEATS
商品名
Truefree 2
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約4時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水・リモコン
JVCケンウッド

ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC50T-B

価格:7,700円 (税込)

迫力の重低音サウンド&防水・防塵でタフボディ

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃からイヤホンを守るラバープロテクターに加え、IP55相当の防水・防塵に対応したタフボディ名ワイヤレスイヤホンです。汗や水、砂埃に強くスポーツやアウトドアなどのアクティブなシーンでも安心して使用できます。Bluetooth標準規格Ver.5.0、Power Class1に対応し、安定した接続も特徴。音声アシスト機能対応でハンズフリーで通話が可能で、左右本体のワンボタンで再生・一時停止などが簡単に操作が可能です。

 

 

スペック詳細はこち

取扱説明書はこちら

メーカー
JVC
商品名
HA-XC50T-B
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
約4時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水・リモコン

上記で紹介したワイヤレスイヤホンの形状・価格・機能を比較一覧でご紹介します。購入の際に参考にしてください。

  SONY WF-SP900 JBL FREE X SONY WF-1000XM3 Bose Sport Earbuds ag TWS04K-WH
形状 カナル型 カナル型 カナル型 インナーイヤー カナル型
価格 21,546円 6,480円 21,500円 17,794円 14,100円
機能 マイク/外音取り込み/音質調整/自動電源ON・OFF/防水防滴/リモコン マイク/自動電源ON・OFF/防水防滴/リモコン ノイズキャンセリング/外音取り込み/音質調整/自動電源ON・OFF/マイク/リモコン マイク/音質調整/自動電源ON・OFF/防水防滴/リモコン マイク/自動電源ON・OFF/防水防滴/リモコン
  Anker Sound Liberty Air 2 JBL LIVE FREE NC+ TWS Bose Quiet Comfort Earbuds SOUNDPEATS Truefree 2 JVC HA-XC50T-B
形状 カナル型 カナル型 インナーイヤー カナル型 カナル型
価格 12,980円 13,464円 28,050円 3,980円 7,700円
機能 マイク/音質調整/電源ON・OFF/防水防滴/リモコン ノイズキャンセリング/音質調整/マイク/電源ON・OFF/防水/リモコン ノイズキャンセリング/音質調整/マイク/電源ON・OFF/外音取り込み/防水/リモコン マイク/電源ON・OFF/防水/リモコン マイク/電源ON・OFF/防水/リモコン

ワイヤレスイヤホンは、いつでも好きな場所で音楽が聴けて快適で使いやすいのが魅力です。高性能なモデルも増えているので、メーカーや種類を比較しながら自分に合ったタイプを選びましょう。この記事を参考に使いやすい機能で長く愛用できる1台を見つけてくださいね。

関連する記事

ワイヤレスイヤホンの通話は音質悪い?音がこもって聞こえる対策を紹介のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの通話は音質悪い?音がこもって聞こえる対策を紹介

2022/04/05

おすすめの高性能ワイヤレスイヤホン11選|注目すべきは音質だけではない?のサムネイル画像

おすすめの高性能ワイヤレスイヤホン11選|注目すべきは音質だけではない?

2021/11/19

初心者におすすめのワイヤレスイヤホン10選|使い方を徹底解説のサムネイル画像

初心者におすすめのワイヤレスイヤホン10選|使い方を徹底解説

2021/10/22

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選ものサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選も

2021/12/15

バッテリー長持ちなワイヤレスイヤホン15選|長持ちさせる方法も紹介のサムネイル画像

バッテリー長持ちなワイヤレスイヤホン15選|長持ちさせる方法も紹介

2022/04/05