ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選も

この記事ではワイヤレスイヤホンの価格相場と性能について説明しています。イヤホンの音質を左右する要素に触れ、価格面も踏まえて選び方のポイントやBluetoothについても解説。さらにおすすめメーカーやおすすめ商品も紹介しているので是非参考にしてください。

2021/10/22 更新

無線通信で快適に動画視聴や音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンはさまざまな製品があり、どれが自分に合ったイヤホンなのか迷ってしまうことはありませんか?欲しい性能を持った製品だけに絞ってみても、価格の幅が大きくて一体何が違うのかわかりにくいですよね。

 

ワイヤレスイヤホン選びでは、単純に「〇〇の機能さえ良ければOK」と判断するのではなく、一つ一つのスペックについて自分にとって必要かどうか吟味することが大切です。後になって足りない性能に気づくことがないように総合的に判断しましょう。あなたに合った製品の価格もおおよそ把握できるはずです。

 

この記事では、ワイヤレスイヤホンの価格相場に触れつつ、後悔のないワイヤレスイヤホンの選び方について価格面も踏まえて解説しています。おすすめメーカーやおすすめ商品も紹介しているので、どうぞ最後までご覧ください。

今すぐ見る!【価格帯別】おすすめのワイヤレスイヤホン20選

ワイヤレスイヤホンの製品価格幅は1,600~80,000円で、人気の高い製品の価格相場は2,500~32,000円です。イヤホンの音質や快適さを左右する要素はいくつかありますが、機種やメーカーでスペックはバラバラです。単純に価格帯だけで性能を判断するのは難しいでしょう。

 

一般的には低価格のイヤホンは低音を重視する傾向があり、高価格なものでは低音以外の音域のバランスも整っていて音質がいいと言われています。ただしどんな音声(動画)コンテンツを視聴するのか、どんな場所で聴くのかなどによっても適したイヤホンは変わってくるでしょう。

 

音質はもちろん大事ですが、使用するシチュエーションに合った便利機能の有無やデザイン性も含めて、自分が満足できるワイヤレスイヤホンを選ぶようにしたいですね。

音楽や映像などのコンテンツを楽しむイヤホンは、できるだけ高音質のものを選びたいですよね。音質に関わるスペックは専門用語が多く難しく見えますが、ここではわかりやすく説明します。音質でイヤホンを選ぶ際の参考にしてください。

駆動方式=得意とする音の帯域

イヤホンのドライバーユニットとは、電気信号を音に変えて耳に届けてくれる役割をもちます。ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の2タイプの方式があり、ワイヤレスイヤホンの多くはダイナミック型でパワフルな重低音を再生します。価格帯は2,200~76,700円です。

 

バランスド・アーマチュア型は中高音域の繊細な表現を得意とする傾向があります。ボーカルや楽器の音の質感を重視したい方はバランスド・アーマチュア型がおすすめです。語学系の音声コンテンツで発音を明瞭に聴き取りたい方にもいいでしょう。価格帯は6,100~44,000円です。

 

そのほか、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方のメリットをもつハイブリッド型(価格帯:3,000~37,800円)や、音のひずみの少ない平面駆動型(価格帯:24,500~57,000円)もあります。

ドライバー口径=音質

ドライバーユニットは型式の違いだけではなく、大きさも音質に影響を与えます。般的にはドライバーの口径が大きいイヤホンほど音質が良いと言われています。ワイヤレスイヤホンのドライバー口径はΦ5.0~14.2mm程度です。

 

ドライバー口径がΦ13mm以上のイヤホンの価格帯は2,300~29,000円です。音質を求めるなら基本的には大きい製品を選ぶようにしたいですね。しかし、近年はメーカー独自の設計によるドライバー口径が小さくても高音質なイヤホンもあります。

 

小型でも高音質なタイプを求めるならドライバー口径Φ5~6mmの製品をチェックしてみるのもいいでしょう。

インピーダンス(抵抗値:Ω)=音量・ノイズ

インピーダンスとはイヤホンの電流の抵抗値を表し、数値が低いほど多くの電流が流れて最大音量が大きくなります。大音量で聴きたい人はインピーダンスの低いイヤホンがおすすめです。しかしメリットばかりではなくノイズが増える傾向がある点は注意しましょう。

 

逆に高インピーダンスでは最大音量が小さくノイズが減る傾向があります。なお、ワイヤレスイヤホンではインピーダンス7.5~200Ωと製品によって抵抗値のバラつきが大きいです。14Ω以下の低インピーダンスの(音量が大きい)イヤホンの価格帯は3,200~76,700円です。

 

なお、音量に関わるスペックには「出力音圧レベル(感度:dB/mW)」もあり、音の強さを表します。数値が大きいほど大音量を得られますが、メーカーによって計算方法が異なり数値にバラつきがあるため、同じメーカーの製品同士を比較する際に参考にするといいでしょう。

今すぐ見る!【価格帯別】おすすめのワイヤレスイヤホン20選

イヤホン選びでは、単に価格帯だけで判断するのではなく、自分が求める機能の一つ一つをチェックした方が後悔が少なくなります。ここではイヤホン選びで大事なポイントを価格面も踏まえて解説します。

種類で選ぶ

ワイヤレスイヤホンには、完全ワイヤレス(左右分離型)とネックバンド式(左右一体型)の2種類のタイプに区別されます。どちらもスマホなどの端末と無線で接続する点では同じですが、左右のイヤホン間が無線か有線かの違いがあります。

完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型)

完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型)は、左右のイヤホンも無線で通信するためケーブルが一切ありません。ケーブルによって動きを制限されないため、ジョギングやトレーニング中に使用したい方におすすめです。

 

ただしケーブルがないことに加え小型のため、落としたりなくしてしまうリスクが他のタイプの製品よりも高い点は注意しましょう。またバッテリーの持続時間が短い製品もあるので、長時間聴きたい方は連続使用時間もチェックしておきたいですね。

 

完全ワイヤレスイヤホンの製品価格幅は1,700~54,000円です。ケーブルが絡むストレスがなく、スポーツシーン以外にも通勤・通学時の使用にも向いているといえます。

ネックバンド式(左右一体型)

首の後ろに回すネックバンド式(左右一体型)は、スマホなどの端末とは無線で接続しますが、左右の耳をつなぐケーブルやバッテリーがあります。軽量で耳が疲れにくく、長時間再生可能な製品が多いため、自宅や長時間移動などでゆっくりと音楽を聴きたい方におすすめです。

 

完全ワイヤレスイヤホンと比べるとケーブルがあることによる煩わしさがあるものの、紛失や落下による破損などのリスクは低めです。製品数は、他のタイプのイヤホンと比べるとやや少なめで価格帯は1,600~80,000円です。

装着方式で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの装着方式は大きくカナル型とインナーイヤー型の2つのタイプに区別されます。さらに、装着時の安定性を高める耳かけ型のタイプもあり、ここでは各タイプの特徴について解説します。

音楽に没入したいなら「カナル型」

カナル型イヤホンは耳栓型で密閉性が高く、音をしっかり耳に届けるのが特徴です。遮音性が高く音漏れがしにくく音楽への没入感が高いのが魅力と言えます。ただし、歩行中などでは周りの音が聞こえない危険性も高まるので使用する状況に注意が必要です。

 

カナル型は大きな音を出せない場所でゆっくりと音楽を楽しみたい方におすすめです。柔らかいシリコン素材などのイヤーチップが多いので耳の負担感も少ないでしょう。低価格帯から高価格帯まで幅広く採用される装着方式で価格帯は2,000~54,000円です

開放的な響きを楽しむなら「インナーイヤー型」

インナーイヤー型イヤホンは耳の入口にはめるタイプで、開放感のあるサウンドになるのが特徴的です。密着性の高いカナル型と比べると遮音性は低く音漏れがしやすいデメリットがある一方で、着脱がしやすいのは魅力的ですね。

 

また、外からの音も聞こえやすいため、通勤や歩行など公共空間で使用しても比較的安全ですが、音漏れで周囲の人が不快にならないよう気をつけましょう。カナル型の密着感が苦手な人にはストレスが少なくおすすめです。製品数は少なく、価格帯は2,300~31,300円です。

運動中にも外れにくい「耳かけ型」

耳かけ型は、耳かけバンドでイヤホンと耳を固定するため安定性が高く、走ったり揺れたりしても外れにくいのが魅力です。耳かけ型の中でもさらにカナル型とインナーイヤー型でタイプが分かれ、それぞれの特徴は先述の通りです。

 

完全ワイヤレスで、イヤホンを落下させるリスクを下げたい人は耳かけ型を選ぶといいでしょう。スポーツ中の使用にもおすすめです。ただし耳かけバンドのあたる部分が痛いと感じる場合もあり、人によって長時間使用は不向きかもしれません。価格帯は4,000~27,000円です。

連続再生時間で選ぶ

長時間にわたってイヤホンを使用する場合や、充電するタイミングがない場合には連続再生時間が長いと安心です。連続再生時間は5時間未満の製品から、最大20時間再生可能な製品もあるので用途に合わせて選ぶといいでしょう。価格帯は下の表にまとめています。

 

連続再生時間

価格帯(完全ワイヤレス)

価格帯(ネックバンド式)

5時間未満

2,200~44,000円

4,000円

5~10時間

3,000~53,900円

2,200~45,800円

10~15時間

3,300~37,800円

1,600~79,800円

15~20時間

11,300~29,800円

3,200~30,000円

20時間以上

10,200円

3,800~19,800円

その他便利機能で選ぶ

ワイヤレスイヤホンにはさまざまな機能があります。多くは使いやすさに関わるものですが、一部音質に関わる機能もあるので、逃さずチェックするようにしましょう。また、周囲の音をコントロールするノイズキャンセリングや外音取り込みも重要度が高いと言えます。

 

機能名

内容

価格帯

マイク内蔵

マイクを通じて、通話や音声操作などが可能。

1,700~80,000円

ノイズキャンセリング

周囲の騒音を打ち消し、音量が小さくても聴きやすくする。

8,000~54,000円

外音取り込み

周囲の音を内蔵マイクで拾う。周囲に注意したい時に便利。

3,500~53,900円

マルチペアリング対応

複数のBluetooth機器との接続を記憶できる。

2,200~35,000円

防水・防滴

水滴がかかっても兵器なIPX1から水没しても影響がないIPX8の8段階で評価された防水・防滴性能をもつ。

1,600~80,000円

音質調整

専用アプリのイコライザーなどの機能を通じて音質調整が可能 4,100~35,400円

リケーブル

ケーブルを付け替えて自分好みにカスタマイズできる。音質にも影響する。 3,800~57,000円

ハイレゾ対応

情報量の多いハイレゾ音源に対応。解像感の高い音楽を楽しめる。 8,200~57,000円

ワイヤレスイヤホン選びの際には、Bluetoothのバージョンやコーデックについてもチェックしておくことが推奨されます。バージョンによってできることやコーデックで音質が左右されることもあるので、音質や快適性にこだわるなら必ずチェックしましょう。

Bluetoothのバージョン

ワイヤレスイヤホンはスマホやDAPなどのBluetooth対応製品と接続して使うことができます。機器同士のBluetoothのバージョンが異なっても接続可能ですが、上位のバージョン固有のメリットは得られません。バージョンによるメリットを得たい方はチェックしましょう。

 

バージョン

メリット

製品価格帯

Ver3.0

最大24Mbpsの転送速度、省電力。

3,000~13,200円

Ver4.0

Ver3.0よりさらに大幅に省電力化できる低消費電力モードに対応。

2,800~21,800円

Ver4.1

自動再接続や通信機器間の干渉を抑制するため、途切れにくい。

2,500~80,000円
Ver4.2 転送速度がより高速化され、セキュリティが強化。 2,200~45,800円
Ver5.0 Ver4.2の2倍の通信速度で、通信範囲が4倍に拡大。 1,900~53,900円
Ver5.1 接続している機器の方向を探す機能が搭載。 1,600~35,400円
Ver5.2 音楽デバイスの複数接続が可能なEATT機能。消費電力がさらに低減など。 9,000~29,500円

Bluetoothのコーデック

コーデックとは、ワイヤレスイヤホンに音声データが送られてくる際の圧縮方式です。コーデックの種類によって、主に遅延と音質に違いがあります。遅延は、動画を視聴する場合に映像と音のタイミングのズレに影響するので動画を視聴する方はチェックしましょう。

 

コーデック

内容

製品価格帯

SBC

Bluetoothオーディオの標準コーデック。他のコーデックよりも音質面で劣る。

1,700~80,000円

AAC

iPhoneなどで採用される高音質なコーデック。

2,200~45,800円

aptX

AACよりも高音質で低遅延。

3,800~57,000円
aptX HD

48kHz/24bitまでのハイレゾに対応。

7,500~40,900円
aptX Low Latency

遅延を40ミリ秒未満に抑える。

6,000~53,900円
aptX Adaptive

電波状況に応じて速度制御することで、接続の安定性が向上。低遅延でハイレゾ対応。

21,200~29,500円

ワイヤレスイヤホンで人気や評価の高いメーカーを取り上げて、各メーカーの特徴と価格帯について解説しています。Apple・ソニー・オーディオテクニカ・ゼンハイザー・BOSE、各メーカーの個性を把握するのに役立ててください。

Apple

Apple社製品はシンプルな操作感・独特なデザイン・連携機能が特徴的ですが、ワイヤレスイヤホンにおいても同様です。本体に感圧センサーを内蔵し、音楽や通話のコントロールが簡単にでき、扱いやすいのが魅力的です。

 

またiPhone・iPad・Apple Watchなどの同社製品との接続が簡単で、切替もスムーズで快適に使用できます。レビューなどでもAppleユーザーやiPhoneユーザーからの評価が高く、音楽や動画視聴などを快適に楽しむことができるでしょう。

 

製品価格帯は17,700~24,200円です。Siri対応で音声コントロールが快適な「AirPods」と、ノイズキャンセリングや音質面にもこだわった「AirPods Pro」の人気が高いです。

ソニー(SONY)

大手AV機器メーカーとして有名なSONYは、世界に誇る高い技術力を持っています。ワイヤレスイヤホンでは業界最高峰の優れたノイズキャンセリング機能が特徴的で、音楽への没入感を得られるでしょう。ハイレゾ対応など高解像の音質のイヤホンもあります。

 

そのほか安定した接続が魅力の製品や、防水対応の製品、重低音が魅力の製品など個性的な製品を揃えています。自分が使用したい環境やシチュエーションに合った製品が見つかりやすいのも大手メーカーの強みと言えるでしょう。

 

製品価格帯は3,100~40,600円です。クイック充電とコスパの良さが魅力の「WI-C310」や高性能なノイズキャンセリングの「WF-1000XM3」が人気です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

オーディオテクニカは1962年に創業した日本のオーディオ機器メーカーです。リーズナブルでも音質や性能に優れた製品が多いのが特徴的で、ファンも多いです。ワイヤレスイヤホンでは製品数が多く、エントリーモデルからハイエンドモデルまで揃っています。

 

全般的に特に評価が高い点は、低遅延が魅力の製品が多いことです。動画と音声のズレを極力抑えるので、快適な動画視聴を求める方におすすめです。また本体の素材やドライバーにもこだわり高音質を追求したイヤホンもあります。

 

製品価格帯は1,800~24,100円です。重低音が魅力の「SOLID BASS」シリーズや親しみやすいデザインの「ATH-SQ1TW」が人気です。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

ゼンハイザーは1945年創業のドイツの老舗オーディオ機器メーカーです。原音を忠実に再現しようとする志向があり、ワイヤレスイヤホンにおいても再現性を追求した製品が多いです。プロ仕様のモニタリング向けのイヤホンもあります。

 

製品によっては、イコライザーを活用して自分好みの音質に調整することも可能です。またノイズキャンセリングや外音取り込みなどの便利な機能を搭載していることも多いです。音質面でも機能面でも性能の高さが特徴的なメーカーと言えるでしょう。

 

製品価格帯は8,900~44,700円です。音楽への没入感が高い「MOMENTUM True Wireless 2」やモニタリング向けの「IE 100 PRO BT BUNDLE」が人気です。

ボーズ(BOSE)

BOSEは、迫力のある重低音が人気のオーディオ機器メーカーです。ワイヤレスイヤホンにおいても独自技術を生かした音響ポートや高効率なドライバーなどを採用し、大迫力のサウンドを実現しています。

 

ほかにもアクティブイコライザー技術によって、音量によって異なる音のバランスを常に自動補正してくれるイヤホンもあります。音質へこだわりたいユーザーにおすすめで、ビートのある音楽との相性がいいでしょう。

 

製品価格帯は15,000~50,600円です。11段階のアクティブノイズキャンセリング機能搭載の「QuietComfort Earbuds(29,000円)」が最も人気です。

5,000円以下のワイヤレスイヤホン

JBL

ワイ ヤレスイヤホン TUNE115BT

価格:2,200円 (税込)

使いやすさと気軽さが魅力のワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオ老舗メーカーJBLのワイヤレスイヤホンで2,000円台で購入できるモデルです。低価格でも8時間の連続再生・クイック充電・マイク内蔵で通話可能など、便利な機能が豊富に揃っています。同時に2台の端末と接続して使用することも可能で、音楽再生中に電話の着信を逃すこともありません。マグネット連結が可能なので未使用時も首回りで固定させておくことができます。気軽にワイヤレスイヤホンの良さを体感したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JBL 商品名 TUNE 115BT
タイプ ネックバンド式(左右一体型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 4.2/Class2(SBC) 連続再生時間 8時間
充電時間 2時間 充電端子 microUSB
その他機能 マイク・自動電源OFF・リモコン・マグネット連結対応
エレコム

ワイヤレスイヤホン LBT-TWS10WH

価格:2,500円 (税込)

ケースも小型で持ち運びやすいワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型で耳にフィットしやすい形状のワイヤレスイヤホンです。軽量で耳の負担感も少なくケースも卵サイズで小型なため携帯性に優れています。初期登録後はケースからイヤホンを外すだけで自動的にペアリングしてくれるのも手間入らずで便利ですね。左右のイヤホンの信号が独立しているためクロストークがなく、ノイズが起こりにくいでしょう。通話も可能で使い勝手の良さを重視する方に、コスパに優れたイヤホンとしておすすめできます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エレコム(Elecom) 商品名 LBT-TWS10
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class2 連続再生時間 3時間
充電時間 1.5時間(イヤホン/充電ケース) 充電端子 microUSB
その他機能 マイク・自動電源ON/OFF・リモコン
ソニー(SONY)

ワイヤレスイヤホン WI-C310

価格:2,700円 (税込)

長時間再生とクイック充電が魅力のワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15時間の連続再生が可能なネックバンド式イヤホンです。さらに10分の充電で1時間再生することができるクイック充電も魅力的ですね。イヤホン内部には高磁力ネオジウムマグネットを搭載し、クリアな中高音と力強い低音を出力します。コーデックはAACに対応しているので音質の劣化を抑えら、聴き心地もいいでしょう。バッテリーのスタミナがあるので、旅行の移動時間などに音楽を楽しむ用途におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 WI-C310
タイプ ネックバンド式(左右一体型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class2(SBC/AAC) 連続再生時間 15時間
充電時間 3時間 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・マイク・リモコン・マグネット連結対応
JVCケンウッド

完全ワイヤレスイヤホン HA-A7T-B

価格:4,671円 (税込)

安定した装着感を追求したワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳にしっかりと装着するカナル型で外れにくいスティック形状を採用したワイヤレスイヤホンです。4.8gの軽量ボディで負担感なく自然なつけ心地を得られます。高磁力ネオジウムマグネットによるクリアな音質も特徴的です。内蔵マイク搭載でハンズフリー通話に対応し、またテレワークの使用にもおすすめできます。Bluetooth5.0対応で接続安定性も高いのも魅力的ですね。カラーは黒以外にもパステル系の柔らかい色もあります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JVC 商品名 HA-A7T
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class1(SBC) 連続再生時間 6時間
充電時間 2時間(イヤホン)/2.5時間(充電ケース) 充電端子 USB
その他機能 マルチペアリング・マイク・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン
Anker

完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Life P2

価格:4,999円 (税込)

低遅延でパワフルな低音が魅力のワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

aptX対応で低遅延が魅力のワイヤレスイヤホンです。BassUPテクノロジーにより、低音域を分析して最大43%増幅させます。パワフルな低音と低遅延が魅力でライブ動画や配信を視聴するのにおすすめです。また通話時のノイズを低減する機能により、クリアな音声通話が可能なのも快適ですね。IPX7の高い防水性をもっているため、運動時はもちろんアウトドアで音楽を楽しむ用途にも向いています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Anker 商品名 Soundcore Life P2 A3919011
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC/AAC/aptX) 連続再生時間 7時間
充電時間 2時間 充電端子 USB Type C
その他機能 マイク・自動電源ON/OFF・IPX7・リモコン

5,000~10,000円前後のワイヤレスイヤホン

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスイヤホン SOLID BASS ATH-CKS660XBT

価格:6,818円 (税込)

長時間再生・低遅延・迫力の重低音が魅力のイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精度な磁器回路と9.8mmのドライバーを搭載したネックバンド式イヤホンです。ボディにメタルを採用することで共振を低減し、クリアかつ強靭な重低音を出力します。10分の充電で2時間再生可能、さらに最大連続使用時間20時間のスペックも魅力的ですね。低遅延で動画試聴のストレスもなく、映画やゲームを迫力のサウンドで楽しみたい方におすすめです。ボディの高級感ある見た目も特徴的なイヤホンと言えます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー オーディオテクニカ(audio-technica) 商品名 SOLID BASS ATH-CKS660XBT
タイプ ネックバンド式(左右一体型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC/AAC) 連続再生時間 20時間
充電時間 2時間 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・マイク・IPX2・リモコン
オーディオテクニカ

完全ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW BL

価格:8,709円 (税込)

かわいいデザインと低遅延が魅力のイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

若年層の女性をターゲットにしたようなかわいいデザインが魅力のワイヤレスイヤホンです。充電ケースもおしゃれでコンパクトで、6色のカラーバリエーションから選べ音楽もファッションも重視したい方におすすめできます。Low Latencyモードで遅延を抑えることができ、動画試聴もストレスなく楽しめるでしょう。初回登録後はケースから取り外すだけでペアリング可能なのも嬉しいですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー オーディオテクニカ(audio-technica) 商品名 ATH-SQ1TW
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC) 連続再生時間 6.5時間
充電時間 1.5時間(イヤホン)/2時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン
ヤマハ(YAMAHA)

完全ワイヤレスイヤホン TW-E3B

価格:8,900円 (税込)

音量に合わせて聴きやすい音質に整えるワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音量によって低域や高域が聴こえにくくなる聴感特性や環境に合わせて自動でバランス補正するワイヤレスイヤホンです。音量や環境に左右されず、いつでも自然な音を聴くことができます。またヤマハ独自のチューニングによって一つ一つの音がクリアに聴こえるのも特徴的です。楽器の繊細なニュアンスを聴き分けたり、言語主体のコンテンツを楽しむ際におすすめのイヤホンと言えます。IPX5の防水性能も嬉しいポイントですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ヤマハ(YAMAHA) 商品名 TW-E3B
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class1(SBC/AAC/aptX) 連続再生時間 6時間
充電時間 2時間(イヤホン)/2時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 TWS Plus・マルチペアリング・マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・IPX5・リモコン
JVCケンウッド

完全ワイヤレスイヤホン HA-A50T-A

価格:9,000円 (税込)

安定した接続と性能バランスの良さが魅力のイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth5.0に対応したワイヤレスイヤホンです。アンテナ位置を最適化したFPCアンテナの搭載により安定した接続を保つことができます。10mm口径のドライバーを搭載し、低域から高域までバランスの良いサウンドを楽しめるでしょう。また、本体のタッチコントロール可能・防水性能・長時間再生可能など、さまざまな性能のバランスに優れています。価格も手頃で、イヤホン選びに悩む方に全性能平均点以上のイヤホンとしておすすめできます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JVC 商品名 HA-A50T
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class1(SBC/AAC) 連続再生時間 6~8時間
充電時間 2.5時間(イヤホン)/3.5時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン
Sony

完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700

価格:9,334円 (税込)

迫力の重低音と豊富な便利機能が魅力のイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低音域に迫力を生み出す「EXTRA BASSサウンド」採用のワイヤレスイヤホンです。ライブの熱気が伝わるような臨場感のある音を楽しめます。Bluetoothは左右同時転送方式で接続が安定していて、遅延も抑えられてるのが魅力です。マルチペアリングで8台のBluetooth対応機器との接続が可能で、接続する端末が多い方におすすめできます。外ではスマホやMP3プレーヤー、家ではPCやタブレットなどと接続して使用すると便利ですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 WF-XB700
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class1(SBC/AAC) 連続再生時間 9時間
充電時間 2.5時間(イヤホン)/3時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン

1万~3万円前後のワイヤレスイヤホン

オーディオテクニカ

完全ワイヤレスイヤホン SONICSPORT ATH-SPORT5TW

価格:14,100円 (税込)

スポーツ・アウトドアシーンを想定したタフネス設計モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IP55/57(イヤホンのみ)対応の防水・防塵性能をもつワイヤレスイヤホンです。突然の雨にも安心で、水洗いすることもできます。また防塵性能も高く、砂ぼこりなどによる故障のリスクを抑えられるのも魅力的ですね。Googleアシスタント対応で、検索や通知の読み上げもできます。音質面ではビートを効かせたBASS BOOSTや音声を明瞭にするCLEAR VOICEモードがあります。さまざまなコンテンツをスポーツしながら楽しめるイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー オーディオテクニカ(audio-technica) 商品名 ATH-SPORT5TW
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC/AAC) 連続再生時間 12時間
充電時間 2時間(イヤホン)/3時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・IP55/IP57・リモコン
JVCケンウッド

完全ワイヤレスイヤホン HA-FX100T

価格:14,900円 (税込)

ビクタースタジオエンジニア監修のワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽制作現場のプロによって監修された心地良く音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンです。小型ボディでも音響調整のための空間を内部に設けているため、広がりのある豊かなサウンドを楽しめます。音へのこだわりに対応できるようコーデックも高音質なaptXに対応。遅延が少ないので動画視聴用のイヤホンにもおすすめです。レビューでは音場の広いイヤホンと評価されることも多く、楽器編成の多い音楽とも相性がいいでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JVC(Victor) 商品名 HA‐FX100T
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.1/Class1(SBC/AAC/aptX) 連続再生時間 8時間
充電時間 2.5時間(イヤホン)/3時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 TWS Plus対応・マルチペアリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン・マグネット連結
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

価格:16,075円 (税込)

業界最高峰のノイズキャンセリングが魅力のイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」搭載のワイヤレスイヤホンです。さまざまな環境下でもノイズを気にすることなく高音質の音楽を楽しめるだけでなく、省電力な点も魅力的ですね。スタイリッシュな形状は、人間工学に基づき物理的にもノイズをシャットアウトできる構造になっています。外音取り込み機能もあるので、状況に合わせて使い分け可能。通勤のひと時にハイレゾ音楽に没入したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 WF-1000XM3
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0/Class1(SBC/AAC) 連続再生時間 6~8時間
充電時間 1.5時間(本体)/3.5時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 NFC・マルチペアリング・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・リモコン
アップル

AirPods with Charging Case 第2世代(MV7N2J/A)

価格:3,980円 (税込)

Siri対応・低遅延・高速切替が魅力のワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適さを向上させるApple H1チップを搭載したワイヤレスイヤホンです。チップの働きにより、デバイスの高速切替や通話への高速接続が可能なほか、Siriに対応・低遅延など性能が向上しています。iPhoneやiPadなどのApple社製の対応機器と瞬時に接続し、切替が簡単。さらにもう1人のAir Podsユーザーと音楽を共有できるなどの便利機能も魅力です。連携機能などを生かして音楽を快適に楽しみたいAppleユーザーにおすすめのイヤホンと言えます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Apple 商品名 MV7N2J/A
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 インナーイヤー型
Bluetoothバージョン - (SBC) 連続再生時間 5時間
充電時間 - 充電端子 Lightning
その他機能 マイク・自動電源ON・リモコン
ソニー(SONY)

完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

価格:21,763円 (税込)

4GBメモリー内蔵で本体だけでも楽しめるワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MP3データ約920曲分を本体に記録できる4GBメモリー内蔵のワイヤレスイヤホンです。スマホなどの端末の充電が切れた時や離れる時でも音楽を楽しむことができます。また駆動方式はバランスド・アーマチュア型で明瞭さに優れているので、語学系コンテンツなどにもおすすめできるでしょう。迫力が欲しい時などは音質調整することも可能です。イヤホン本体はIPX8の高い防水性をもち、水中で使用することもできます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 WF-SP900
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 4.0/Class2(SBC/AAC) 連続再生時間 3~6時間
充電時間 2.5時間(イヤホン)/3.5時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C
その他機能 NFMI/MiGLO・マルチペアリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・IPX5/IPX8・リモコン
ゼンハイザー

イヤホン IE 100 PRO BT BUNDLE

価格:23,875円 (税込)

プロの現場向けのモニタリングイヤホン

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミュージシャンやクリエーターなどのプロ志向のワイヤレスイヤホンです。ライブ会場などの現場でのモニタリングのために開発され、低音域から高音域にわたって高い再現性をもっています。新開発のドライバーにより大音量でなくともしっかりモニタリングすることができ、耳への負担も少ないです。aptX Low Latency対応で遅延も少なく、音楽関係だけではなく映像分野にもおすすめのイヤホンと言えるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ゼンハイザー(SENNHEISER) 商品名 IE 100 PRO BT BUNDLE
タイプ ネックバンド式(左右一体型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC/AAC/aptX/aptX Low Latency) 連続再生時間 10時間
充電時間 - 充電端子 USB Type C
その他機能 リケーブル・マイク・リモコン
BOSE(ボーズ)

完全ワイヤレスイヤホン QuietComfort Earbuds

価格:26,730円 (税込)

どんな音量時でも最高の音響パフォーマンスを発揮するイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホン内部の音響設計にアクティブEQテクノロジーを反映させたワイヤレスイヤホンです。音量に合わせて最適な帯域バランスに整えるため、音量を小さくしてもリアルなサウンドを損ないません。ヘッドホン同等のノイズキャンセリング性能をもっているため、音楽への没入感を重視する方におすすめです。ボディにタッチセンサーを内蔵し、簡単に音楽をコントロールすることができます。動いても外れにくい設計も魅力的ですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー BOSE 商品名 QuietComfort Earbuds
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 インナーイヤー型
Bluetoothバージョン 5.1(SBC/AAC) 連続再生時間 6時間
充電時間 2時間(イヤホン)/3時間(充電ケース) 充電端子 USB Type C/Qi
その他機能 マルチペアリング・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン
Apple(アップル)

Apple AirPods Pro

価格:28,214円 (税込)

iPhoneユーザーから最も支持されるワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Air Podsよりも音質やフィット感が向上した完全ワイヤレスイヤホンです。イヤーチップは通気口が圧力を均一にするため何もつけていないような自由な装着感が得られます。耳の形に合わせて音質を自動調整するアダプティブイコライゼーション機能も魅力的ですね。iPhoneやApple Watchなど接続も簡単で、Apple社の対応製品と組み合わせたい方におすすめです。アクティブノイズキャンセリングや外音取り込みの機能もあり、快適に使えます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Apple 商品名 AirPods Pro MWP22J/A
タイプ 完全ワイヤレス(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC) 連続再生時間 4.5~5時間
充電時間 - 充電端子 Lightning/Qi
その他機能 ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・IPX4・リモコン
ゼンハイザー

完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

価格:29,766円 (税込)

音質を徹底的に追求したワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新のクアルコム社製のチップと自社開発の独自の7mmドライバーを搭載したワイヤレスイヤホンです。原音に忠実でどの音楽のジャンルでも美しく再現します。さらにイコライザー搭載で自分好みの音質に調整することも可能です。ノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能もあり、イヤホンを耳から外すと一時停止するスマートポーズ機能も便利ですね。IPX4の防水性も備え、あらゆるシーンで高品位な音楽を楽しみたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ゼンハイザー(SENNHEISER) 商品名 MOMENTUM True Wireless 2
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.1/Class1(SBC/AAC/aptX) 連続再生時間 7時間
充電時間 1.5時間 充電端子 USB Type C
その他機能 マルチペアリング・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・IPX4・リモコン
Shure Incorporated

ワイヤレスイヤホン SE425-V+BT2-A

価格:31,500円 (税込)

ツイーター&ウーハー搭載イヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツイーターとウーハーに相当する2基の高精度ドライバーを搭載したワイヤレスイヤホンです。音域間のバランスに優れつつも臨場感のある迫力のあるサウンドを楽しむことができます。また、密閉性を向上した設計で高い遮音性を実現し、音楽への没入感も得られるでしょう。リケーブル可能で有線にすることもできる他、イヤーパッドや6.3mmプラグなどの付属品も充実しています。音楽や環境に合わせてカスタマイズしたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シュア(SHURE) 商品名 SE425-V+BT2-A
タイプ 完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型) 装着方式 カナル型
Bluetoothバージョン 5.0(SBC/AAC/aptX/aptX HD/aptX Low Latency) 連続再生時間 10時間
充電時間 2時間 充電端子 microUSB
その他機能 リケーブル・マイク・リモコン

ワイヤレスイヤホン選びでは、音質に加え自分が使用するシチュエーションも考慮して必要な性能をもった製品を選ぶようにするといいでしょう。メーカーの特徴やレビューも参考にすると、さらに価格以上に満足度の高いイヤホンに出会える可能性が高まります。