【2022最新】低遅延ワイヤレスイヤホンおすすめ|コーデックの種類ごとの解説も

ワイヤレスイヤホンの音質や遅延度合いを左右するコーデック。aptx・LDAC・sbcなど種類がたくさんあり、どう選んだらいいかわからない方も多いですよね。本記事では、ワイヤレスイヤホンの違いや特徴について解説します。おすすめの高音質で低遅延なワイヤレスイヤホンも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでください。

2021/12/15 更新

編集部おすすめの記事

コンパクトで使いやすいワイヤレスイヤホン。そのワイヤレスイヤホンの音質を左右するのはコーデックという音声の変換機能ですが、選び方によって音の響き方や遅延に違いが出てきます。

 

しかし、コーデックの種類は非常に多く、どう違うのか・どれを選んだら自分に合うのかわからない方もいらっしゃいますよね。

 

そこで今回は、ワイヤレスイヤホンのコーデックの種類と特徴から選び方まで、徹底解説します。記事の最後には、高音質かつ低遅延のワイヤレスイヤホンおすすめ13選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Bluetoothを聞いたことがある方は多いかと思いますが、実際にBluetoothがどのようなものなのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。Bluetoothの特徴やバージョンの種類と音質への関わりなどを詳しく解説します。

 

  年代 特徴
Bluetooth1.0 1999年
  • 一般公開された最初のバージョン
  • 無線LANとの電波の干渉を軽減し、音質が改善されている
Bluetooth2.0 2004年
  • 最大通信速度を3Mbpsに切替え可能な機能を追加している
  • 省電力が向上している
Bluetooth3.0 2009年
  • 最大通信速度が24Mbpsのハイスピードモードを追加
Bluetooth4.0 2009年
  • Bluetooth3.0よりも省電力が向上
  • iPhone 6Sから7まではBluetooth4.2が採用されている
Bluetooth5.0 2016年
  • 通信範囲はBluetooth4.0の4倍、通信容量は8倍にまで向上。
  • 現在の最新バージョンは2019年に登場した「Bluetooth5.1」

 

Bluetoothとは無線通信技術の1つで10m~100m以内の近距離で、端末同士をワイヤレス接続できるのが特徴です。Wi-Fiと比べて消費電力が少ないため、イヤホンやヘッドホンでの音楽再生のような長時間使用に最適です。

 

Bluetoothバージョンは規格の1つで、「Bluetooth4.0」や「Bluetooth5.0」などの数値で表されており、1.0〜5.0まであります。何年かに一度バージョンアップされ、バージョンが上がるほど通信範囲や速度が向上します。Bluetoothバージョンの特徴を表にまとめました。

ワイヤレスイヤホンやヘッドホン選びをする際に、バージョンによって音質が変わるのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。Bluetoothバージョンは通信範囲や省電力がバージョンが上がることで向上しますが、音質自体に大差はありません

 

音質に直接影響を与えるものではありませんが、Bluetoothバージョンが高い方が通信距離も広くなるので、安定した接続で音楽を聴くことができます。

ワイヤレスイヤホンにはそれぞれ対応したコーデックがありますが、種類によってどのような違いがあるのかが分かりづらいですよね。ここからは、ワイヤレスイヤホンのコーデックがどのようなものか種類ごとの特徴について詳しく解説します。

ワイヤレスイヤホンは、スマホや音楽プレーヤーからデータを転送して音楽を再生します。その際にデータが元のサイズだと大きいため、圧縮した状態で転送されます。その圧縮方式が「コーデック」という名前のシステムです。コーデックにはいくつか種類があり、それぞれ音の遅延や圧縮効率、音質などに違いがあります。

 

音の遅延は、送信側と受信側のタイムラグを表したもので、タイムラグが少ないほど音と映像のズレが生じにくくなります圧縮率が高いほどデータを減らせるので、音質も上がり高性能という特徴があります。また、音質はハイレゾに対応しているかどうかに、大きく左右されます。

Bluetoothは無線通信になるので、再生デバイスからワイヤレスイヤホンにデータを送るのに、多少の時間はかかります。この際に時間がかかる場合を「遅延がある」と言いますが、音楽を聴いてる際には遅延は感じにくく、気にならないことがほとんどです。

 

遅延を感じやすいシーンとしては、ゲームや動画を視聴しているときに、映像よりも音声が遅れて聴こえると遅延を感じやすくなります

コーデックには「SBC」・「AAC」・「aptX」・「aptX HD」・「aptX LL」・「LDAC」の6種類があり、音質や遅延だけでなく対応しているスマホや音楽プレーヤーの機種も異なります。ここからは、コーデックの種類ごとの特徴を解説します。

 

SBCは標準的なコーデックで、読み方は「エスビーシー」と言います。A2DP対応のワイヤレスイヤホン製品全てに対応しており、ほぼ全てのワイヤレスイヤホンはこのSBCで再生することができます。

 

SBCの特徴は、標準的な音質で、ある程度遅延を感じる点です。SBCでもモデルによっては、遅延が少なく高音質のタイプもあるので、トータルでスペックを見て音質を選ぶのがおすすめです。

AACは「エーエーシー」と読み、SBCよりも遅延が少なくデータの変化が少ないので、SBCに比べて高音質な点が特徴です。mp3のファイルよりも高音質にデータを圧縮できるので、多くの製品で採用されています。

 

AACはiOSに対応しているので、iPhoneや iPodで音楽を再生する場合は、ワイヤレスイヤホンもAACのコーデックを選ぶ必要があります。

aptXは読み方が「アプトエックス」と言い、SBCやAACよりも高音質で、遅延が少ない点が特徴です。aptXは元のデータに近い形で音楽を転送することが可能なので、より音質の良さを実感できます。

 

aptXは主にAndroidに対応しているので、Androidのスマホやタブレットで使用できます。ただし、全てのAndroidに対応しているわけではないので、事前に手持ちの端末の対応機種を確認するようにしましょう。

aptX HDは、「アプトエックスエイチディー」と読み、Bluetoothを利用しほぼハイレゾに近い音質で音楽を転送できる点が特徴です。高解像度の音楽を転送する場合、通常よりもデータ量が多くなりますが、データの転送速度はaptXの1.5倍速くなります。

 

遅延はaptXと同じレベルで、ほぼ遅延を感じないのも特徴です。ハイレゾ音質を楽しむ場合、ワイヤレスイヤホンとプレーヤーの両方がaptX HDに対応している必要があります。

aptX LLは「アプトエックスエルエル」と読み、aptX HDをさらに改良し、遅延がかなり少ないのが特徴です。速度の速いゲームや動画でも遅延を気にすることなく再生できます。

 

また、CD音源と同等の音質で通信できるので、高音質を保ちながら遅延を少なくできるのがポイントです。現在存在するコーデックの中では最も遅延の少ないものになります。

LDACはソニー独自の規格で「エルダック」と読み、最新型のXperiaに搭載されています。ハイレゾ音質で再生することが可能なので、他のコーデックと比べても音質レベルが高いのが特徴です。周囲の環境に合わせて、音質優先・標準・接続優先の3つのモードから選択できるのが特徴。より高音質のハイレゾ音源が楽しみたい方にはLDACがおすすめです。

  遅延 音質レベル 特徴
SBC 遅延を感じる 標準的な音質
  • A2DP対応のワイヤレスイヤホン製品
  • 全てに対応
AAC SBCよりも遅延が少ない SBCよりも高音質
  • 主にiPhoneに対応している
aptX SBC・AACより遅延が少ない CD音源相当の音質
  • 主にAndroidに対応している
aptX HD aptXと同じレベル ハイレゾ相当の高音質
  • aptXの中では最高音質
aptX LL aptXよりさらに遅延が少ない CD音源相当
  • 音楽ゲームに適した低遅延
LDAC 遅延が少ない ハイレゾ相当の高音質
  • SONY独自の規格
  • 最新のXperiaに対応

ワイヤレスイヤホンのコーデック選びは、音質や音の遅延についてがポイントです。また、iPhoneとAndroidで対応コーデックの確認方法も変わるので、1つずつ詳しく解説します。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、再生する端末とワイヤレスイヤホンが同じコーデックに対応しているかを確認する必要があります。まずはiPhoneから、機種ごとの確認方法を解説します。

現在、iPhone・iPad・iPodはSBCとAACのコーデックに対応しています。そのため、SBCとAACのワイヤレスイヤホンであれば接続可能ですが、上記以外のコーデックには対応していません

 

iPhone内設定メニューからはコーデックの確認ができませんが、ワイヤレスイヤホン対応アプリであるSonyの『Headphones Connect』や、Audio-Technicaの『Audio-Technica | Connect』等を用いて確認できます。

Androidの場合、「Android8.0」以後のバージョンであれば、端末の設定メニューからコーデックを確認することができます。確認方法は以下の手順になります。

 

1.本体の設定を開く

2.端末情報からビルド番号を7回タップし、開発者向けオプションを開く

3.システムを選択

4.開発向けオプションを選択

5.Bluetoothオーディオコーデックを選択

6.対応コーデックが表示される

 

Androidは機種によって対応コーデックが異なるので、ワイヤレスイヤホンを購入する前に必ず確認しましょう。

ワイヤレスイヤホンはコーデックによって、音の遅延の度合いが変わります。音楽を再生するだけであれば遅延はあまり気になりませんが、動画視聴やゲームをする際に遅延があると、映像と音のズレが生じてしまいます

 

音楽再生だけの場合はSBCやAACクラスのコーデックでも十分ですが、動画視聴やゲームをする際にはaptX HD以上のコーデックがおすすめです。

コーデックは標準レベルの音質からハイレゾ音源まで、種類によって音質に差が出てくる点が特徴です。そのため、高音質にこだわりたい方はaptX以上のコーデックがおすすめです。

 

特に重低音を響かせたい場合や、ライブのような迫力のあるサウンドを楽しみたい方には、ハイレゾ音源のaptX HDやLDACが最適です。好みの音質に合わせてコーデックを選ぶようにしましょう。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、コーデック以外にも装着感や再生時間の長さ、機能面などさまざまなポイントがあります。ワイヤレスイヤホン選びでチェックしたいポイントを解説します。

 

ワイヤレズイヤホンには、「インナーイヤー型」・「カナル型」・「耳掛け型」・「ネックバンド型」・「左右一体型」の5種類があります。それぞれ装着方式や遮音性の高さの違いがあったり、利用シーンによっても選び方が変わります。以下で、ワイヤレスイヤホンの形状の特長をそれぞれ一覧表で解説します。

 

  特徴
インナーイヤー型
  • どんな耳の形でも装着しやすい
  • 軽くて外れにくい
  • AirPodsで採用されている形状
カナル型
  • 安定した装着感
  • インナーイヤー型と比べて遮音性が高い
耳掛け型
  • 耳に引っかけて装着するので開放感のある付け心地
  • 音漏れがしやすい
  • 片耳タイプもありハンズフリー通話に最適
ネックバンド型
  • 首にかけて装着するので紛失しにくい
  • バッテリーが長時間持続する
  • カナル型やインナーイヤー型と比べて重量がある
左右一体型
  • 左右のイヤホンがケーブルでつながっているので落下しにくい
  • ケーブルがある分、接続が安定しやすい

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、連続再生時間の長さもポイントになります。一般的なワイヤレスイヤホンでは、6~12時間の連続再生が可能なものが多いですが、モデルによっては24時間連続再生できるものもあります。長時間再生が可能であれば、新幹線や飛行機などの長距離移動の際にもおすすめです。

 

また、充電方式もチェックしておきましょう。最近ではケース充電できるモデルも多く、急速充電にも対応しているので、外出先で急に充電が切れてしまっても安心です。使用頻度に合わせて連続再生時間の長さと充電方式を選ぶようにしましょう。

ワイヤレスイヤホンには、ドライバーユニットが搭載されています。ドライバーユニットには「ダイナミック型」と「バランスドアーマチュア型」があり、それぞれ音質に違いが出てきます。以下で、ドライバーユニットの特長を詳しく解説します。

ダイナミック型は一般的な駆動方式で、低音から高音まで幅広い音域を調整できるので、リーズナブルなイヤホンにも採用されています。重低音もしっかりカバーできるのでダイナミックな音響を楽しみたい方にもおすすめです。有名なところでは、「AirPods Pro」でもダイナミック型が採用されています。音質に特にこだわりがない方や、初心者に方はダイナミック型をチェックしてみましょう。

バランスドアーマチュア型は、主にカナル型で採用されており小型なのが特徴です。小型な分、1つのドライバーで出せる音の高さの範囲が狭いものや、音圧が低いものもあり音域の合わせて別々のドライバーを採用していることもあります。価格は高価になりますが、クリアで繊細な音質が楽しめるのも魅力です。

ワイヤレスイヤホンには、防水機能が搭載されたモデルも多くあります。防水機能は「IPX」であらわされ、0~9まで段階があります。一般的にはIPX4で汗にも対応できるので、ランニングや軽いスポーツ時でも対応できます。激しいスポーツや雨にも対応できるものがいい方は、IPX5以上のモデルを選ぶようにしましょう。

ワイヤレスイヤホンには「プロファイル」が搭載されており、それぞれワイヤレスイヤホンで扱える機能に違いがあります。以下で、プロファイルの特長を一覧表で解説するので、用途に合わせてプロファイルもチェックしておきましょう。

 

  特徴
A2DP
  • ステレオで音楽再生できるかどうかを示している
  • 高音質でイヤホン側に届けるためのプロファイル
  • ほとんどのスマートフォンで対応している
AVRCP
  • リモコン操作ができるかどうかを示している
  • 再生/一時停止/音量調整などに対応
HSP
  • 通話に使われるプロファイル
  • 音質は低下する

HFP

  • ハンズフリー通話に対応したプロファイル
  • HSPとほぼ同様の性能
1位
ジェイブイシー

XX HA-FX99XBT

価格:5,499円 (税込)

独自技術でハイレゾサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、アルミスピンとダイヤカットのデザインがリッチなワイヤレスイヤホンです。メーカー独自の「K2 TECHNOLOGY」を採用し、ワイヤレスでありながら有線モデルにも迫るハイレゾ相応のサウンドを実現しました。SBC・AAC・aptXNFCといった各コーデックにも対応。また、専用のケーブルを使用すると有線接続もできるので、用途に応じて使い分けることができます。 加えて、NFCが搭載されているため、スマホとワンタッチで接続できるのが嬉しいポイント。再生・一時停止・ハンズフリー通話が可能なマイクとリモコンもついています。そのため、利便性に優れた高品質のワイヤレスイヤホンをお探しの方にピッタリの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
再生周波数帯域
5Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
対応コーデック 
SBCAACaptX
ハイレゾ 
重量【g】
48 g
2位
ソニー

WI-1000XM2

価格:36,598円 (税込)

ノイズキャンセリング機能を搭載した高性能なワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、コーデックLDAC対応で、ハイレゾ音源を楽しめるワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。人の囁き声から飛行機のエンジン音まで幅広いノイズを低減してくれます。また、外音取り込み機能もあり、周囲の音に注意したい時に便利です。 加えて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を合わせ持つハイブリッド型のドライバーを搭載。音楽もゲームも快適に楽しめます。そのため、高品質なネックバンド型のワイヤレスイヤホンが欲しい方にうってつけの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度 【dB】
94 dB
再生周波数帯域
3Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
対応コーデック 
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
重量【g】
44 g
3位
オーディオテクニカ

ATH-ANC400BT

価格:13,827円 (税込)

専用アプリでノイキャン効果を調整できるワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、「ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を搭載したワイヤレスイヤホンです。各ハウジングの前方・後方に、ノイズを検知する2つの集音マイクが配置されています。加えて、2層の振動板を採用した専用設計の12mm径ドライバーを搭載し、高精度ノイズキャンセリングと高解像度サウンドを実現しました。 また、AAC・aptX・aptX HDの音楽圧縮形式に対応しており、高音質でサウンドを楽しめます。クイックヒアスルー機能で、すぐに周囲の音を確認できるのも便利。さらに、2台までのマルチポイントに対応しているため、スマホとパソコンの併用にもおすすめしたい商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
93 dB
再生周波数帯域
5Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
対応コーデック 
SBCAACaptXaptX HD
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX2
重量【g】
87 g
4位
AVIOT

AVIOT TE-BD21j

価格:14,652円 (税込)

原音に忠実でありながら音楽性の高い音を表現してくれる!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、日本人の耳に合った設計と音質を追求しているAVIOTのワイヤレスイヤホンです。さらなる高音質化と、外装を限界まで小型化したモデル。aptX Adaptiveを採用しており、高音質で低遅延性能を併せ持っているので動画再生やゲームでも活躍します。深く沈み込むような低音域が心地よく響く、原音に忠実でありながら、音楽性の高い音を表現してくれます。 また、最大9時間の連続再生が可能。ケース込みで最大45時間の再生もできるため、長時間の移動でも快適に使用したい方にピッタリ。ボイスガイダンス切り替えアプリ対応で、専用アプリのアナウンスボイスのバージョンが選択・切り替えができますよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
Bluetoothバージョン
Ver.5.2
対応コーデック 
SBCAACaptXaptX Adaptive
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX4相当
重量【g】
5.7 g

高音質にこだわりたい方|ワイヤレスイヤホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ジェイブイシー
ソニー
オーディオテクニカ
AVIOT
商品名
XX HA-FX99XBT
WI-1000XM2
ATH-ANC400BT
AVIOT TE-BD21j
説明
独自技術でハイレゾサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン
ノイズキャンセリング機能を搭載した高性能なワイヤレスイヤホン
専用アプリでノイキャン効果を調整できるワイヤレスイヤホン
原音に忠実でありながら音楽性の高い音を表現してくれる!
価格 5,499円 (税込) 36,598円 (税込) 13,827円 (税込) 14,652円 (税込)
リンク
タイプ
ネックバンド
ネックバンド
ネックバンド
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス
装着方式
両耳
両耳
両耳
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度 【dB】
94 dB
93 dB
再生周波数帯域
5Hz〜40kHz
3Hz〜40kHz
5Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0
Ver.5.2
対応コーデック 
SBCAACaptX
SBCAACLDAC
SBCAACaptXaptX HD
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX2
IPX4相当
重量【g】
48 g
44 g
87 g
5.7 g
1位
アビオット

TE-D01d-DR

価格:6,160円 (税込)

深みのある高音質で聞き取りやすく!途切れにくい完全ワイヤレス

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いデジタルーアナログ変換性能で人気を博した完全ワイヤレスイヤホンです。ハイエンドの価格体の商品が多い中で音質の良さと1万円を切る手軽さでロングセラーを続けています。省電力化により9時間以上の再生が可能で、チャージケース込みにすると100時間もの長時間再生に対応したモデルです。 カナル型を採用しているので音漏れが少なく、外音取り込み機能も搭載しています。歩きながらの移動時や、電車など公共交通機関の中でも使用したい方におすすめです。また、深く厚みのある低音域からボーカルが美しく聞こえる中音域、煌びやかな高音域までより美しい音を聞きたい方に適しています。やかな高音域まで、より美しい音を聞きたい方に適しています。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
91 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
対応コーデック 
SBCAACaptX
防水・防塵性能 
IPX4
2位
FOSTEX(フォステクス)

TM2

価格:14,280円 (税込)

着脱式のケーブルでお好みのイヤホンにセッティング可能!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、耳掛け型ワイヤレスイヤホンです。クアルコム社の最新チップセットを採用し、安定したBluetooth接続で音楽を存分に楽しむことができます。また、6mmダイナミック型ドライバー・ユニット搭載しており、コンパクトさを感じさせない迫力あるサウンドを再現してくれますよ。 さらに、着脱式のオプションケーブルも各種発売されており、ご自身の耳周りに合わせてピッタリフィットする形状をチョイスできます。お好みに合わせてカスタマイズしたイヤホンを楽しみたい方に最適。加えて、IPX5の防水性能を備えているため、汗などを気にせず使いたい方にもおすすめです。
タイプ
耳かけ
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
駆動方式
ダイナミック型
再生周波数帯域
10Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
対応コーデック 
SBCAACaptX
防水・防塵性能 
IPX5
重量【g】
11 g
3位
アビオット

TE-D01G

価格:5,950円 (税込)

高級デザインと連続再生時間の長さが特徴のワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はおしゃれなデザインが魅力的なコードレスイヤホンです。コンパクトサイズで、軽くて使いやすいのも嬉しいポイント。デザインだけでなく、機能性も高いのが魅力的なポイントです。高音質な音楽を楽しむことができます。また、充電ケースとコードレスイヤホンの両方を使うことで、50時間も音楽を聴くことができますよ。 そのため、電源がなくなるかもしれないというストレスがなく使用したい方にピッタリ。さらに、耳にしっかりフィットしやすく、防水機能も付いているのも特徴の1つ。見た目がおしゃれで運動中にもつけやすいイヤホンをお探しの方にもおすすめしたい商品です。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
91 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
対応コーデック 
SBCAACaptX
防水・防塵性能 
IPX7
4位
アビオット

TE-D01D-BK

価格:4,378円 (税込)

サウンド&操作性を両立!大容量バッテリーも自慢のイヤホン!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、AVIOTがこだわる「Japan Tuned」を徹底して追求したワイヤレスイヤホンです。原音に近いサウンドを目指し、音のバランスもフラットなのが特徴です。従来品よりも再生時間と接続安定性が向上しているのも嬉しいポイントですね。さらに、付属のチャージンケースは、約1,800mAhと大容量のバッテリーが搭載されています。 そのため、10回以上イヤホンを充電することができます。USBを持ち歩けばモバイルバッテリーしての役目も果たすので、「バッテリー機能が充実したものをお探しの方」にピッタリ。加えてイヤホン側面のボタンで「曲の再生・停止・ボリューム調整」などの基本操作が可能なので、リモコンなしで操作したい方におすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
91 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
対応コーデック 
SBCAACaptX
防水・防塵性能 
IPX4
5位
ソニー

WF-1000XM3 BM

価格:5,000円 (税込)

ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。高性能ノイズキャンセリング機能を搭載し、エンジン音のような低音から人の会話のような高音まで幅広く低減。さらに、高音質技術「DSEE HX」を採用し、CDや音楽配信サービスなどもハイレゾ級の高音質にアップスケーリングすることが可能です。 そのため、高音質サウンドに沈み込むような音楽体験がしたい方におすすめ。「360 Reality Audio」認定モデルでもあり、音に包まれるような臨場感を楽しめます。軽量な完全ワイヤレスタイプのため、いつでも携帯してどこでも音楽に浸りたい方にピッタリです。ロングバッテリーなので長時間の外出の際も安心ですよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
対応コーデック 
SBCAAC
ノイズキャンセリング 
重量【g】
8.5 g

低遅延で快適|ワイヤレスイヤホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
アビオット
FOSTEX(フォステクス)
アビオット
アビオット
ソニー
商品名
TE-D01d-DR
TM2
TE-D01G
TE-D01D-BK
WF-1000XM3 BM
説明
深みのある高音質で聞き取りやすく!途切れにくい完全ワイヤレス
着脱式のケーブルでお好みのイヤホンにセッティング可能!
高級デザインと連続再生時間の長さが特徴のワイヤレスイヤホン
サウンド&操作性を両立!大容量バッテリーも自慢のイヤホン!
ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン
価格 6,160円 (税込) 14,280円 (税込) 5,950円 (税込) 4,378円 (税込) 5,000円 (税込)
リンク
タイプ
カナル型
耳かけ
カナル型
カナル型
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
完全ワイヤレス(左右分離型)
完全ワイヤレス(左右分離型)
完全ワイヤレス(左右分離型)
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
91 dB
91 dB
91 dB
再生周波数帯域
10Hz〜40kHz
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
Ver.5.0/Class2
Ver.5.0
Ver.5.0
Ver.5.0/Class1
対応コーデック 
SBCAACaptX
SBCAACaptX
SBCAACaptX
SBCAACaptX
SBCAAC
ノイズキャンセリング 
防水・防塵性能 
IPX4
IPX5
IPX7
IPX4
重量【g】
11 g
8.5 g
エレコム

LBT-TWS12

価格:3,315円 (税込)

片側わずか約4g!小型の完全ワイヤレスステレオイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、完全ワイヤレスのカナル型ステレオイヤホンです。連続使用時間はイヤホン単体で約4.5時間、ケースとの併用で最大約13.5時間使用できます。USB Type-Cを搭載し、スマホと同じケーブルを使えるのが便利ですね。スマホとの接続時には、画面にバッテリー残量が表示されます。 さらに、片側わずか約4gの軽量で、フィット感と軽量・小型を追求した完全ワイヤレスモデルのため、ランニングやフィトネスなどの運動にぴったりです!耳にフィットする耳栓タイプなため、ヘアスタイルの乱れを気にすることなく装着できます。また、遮音性も高く、スマホに触らなくても耳元で操作できるので、集中して勉強やテレワークに取り組みたい方にも最適です。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
マイクロETEMドライバー
再生周波数帯域
20Hz〜20kHz
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
対応コーデック 
SBCAAC
重量【g】
4 g
BOSE(ボーズ)

Bose QuietComfort Earbuds

価格:31,346円 (税込)

11段階のノイズキャンセリングで環境に合わせた高音質が可能に

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SBC・AACコーデック搭載でiPhone対応のワイヤレスイヤホン。11段階のアクティブノイズキャンセリング機能が特徴。Bluetooth 5.1に対応し、機器から9m以内の範囲で使用可能なので、安定した接続と音質の高さがポイント。1回の充電で最長6時間の再生と、充電ケースを使用するとさらに最長12時間の再生が可能に。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ボーズ(BOSE)
商品名
QuietComfort Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Apple(アップル)

AirPods Pro MWP22J/A

価格:28,253円 (税込)

iPhoneユーザーなら選ぶべき1台

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「アクティブノイズキャンセリング」を搭載した、Apple純正のワイヤレスイヤホン。快適な装着感とすぐれた密閉性が特徴。専用の高偏位ドライバとひずみの少ないスピーカードライバにより、リッチな低音と正確な中高音域オーディオが魅力の1台。軸音楽を聴きながら周囲の音が聞ける「外部音取り込みモード」も搭載。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
MWP22J/A
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約5時間
充電端子
充電ケース:Lightning/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・防水/防滴・リモコン
SoundPEATS(サウンドピーツ)

SOUNDPEATS truefree2

価格:3,980円 (税込)

リーズナブルなのに充実の機能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth5.0に対応し、安定した接続が可能なワイヤレスイヤホンです。低遅延で音質もいいAACコーデック対応で、高音質が実感できます。片耳のみでも利用可能で、充電ケースからイヤホンを取り出すと自動でペアリングも。充電ケースを使用した場合最大35時間まで連続再生が可能。

メーカー
サウンドピーツ(SoundPEATS)
商品名
truefree2
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約4時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・リモコン・防水/防滴
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。飛行機のエンジン音などの低音から、人の声などの中高音まで幅広い帯域のノイズを低減します。CD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などの配信サービスもハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術DSEE HXを搭載。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-1000XM3
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約8時間
充電時間
約3.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・リモコン

iPhone用|おすすめのワイヤレスイヤホン比較一覧

商品画像
メーカー
BOSE(ボーズ)
Apple(アップル)
SoundPEATS(サウンドピーツ)
ソニー(SONY)
商品名
Bose QuietComfort Earbuds
AirPods Pro MWP22J/A
SOUNDPEATS truefree2
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3
説明
11段階のノイズキャンセリングで環境に合わせた高音質が可能に
iPhoneユーザーなら選ぶべき1台
リーズナブルなのに充実の機能
DSEE HX搭載の高音質と優れたノイズキャンセリング
価格 31,346円 (税込) 28,253円 (税込) 3,980円 (税込) 16,000円 (税込)
リンク
メーカー
ボーズ(BOSE)
Apple
サウンドピーツ(SoundPEATS)
ソニー(SONY)
商品名
QuietComfort Earbuds
MWP22J/A
truefree2
WF-1000XM3
タイプ
インナーイヤー
カナル型
カナル型
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
完全ワイヤレス
完全ワイヤレス
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC・AAC
SBC
SBC
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
Ver.5.0
Ver.5.0
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約6時間
最大約5時間
最大約4時間
最大約8時間
充電時間
約2時間
約2時間
約3.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
充電ケース:Lightning/Qi(ワイヤレス充電器別売)
充電ケース:USB Type-C
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・防水/防滴・リモコン
マイク・自動電源ON/OFF・リモコン・防水/防滴
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・リモコン
BOSE(ボーズ)

QuietControl 30 wireless headphones

周囲の状況に応じて、ノイズキャンセリングのレベルを自由に調節することができるワイヤレスイヤホンです。人間工学に基づく首にフィットする軽量ネックバンドで、長時間の使用でも快適に音楽を楽しむことができます。スマホアプリとの連動により、接続や設定のカスタマイズが可能なのもポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ボーズ(BOSE)
商品名
QuietControl 30 wireless headphones
タイプ
ネックバンド
装着方式
両耳
連続再生時間
最大約10時間
充電端子
microUSB
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン
対応コーデック
-
Bluetoothバージョン
-
充電時間
-
Beats by Dr. Dre

Beats Flex MYMC2PA/A

価格:5,400円 (税込)

再生も一時停止も自由自在

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動再生と一時停止機能を備えた、マグネット式イヤーバッド搭載のワイヤレスイヤホン。イヤホンを耳から外すと一時停止し、耳に戻すと再生できるのが特徴。独自の複層構造ドライバーを採用した音響プラットフォームにより、ひずみが低減され、緻密な低音域の出力が可能。最大12時間の再生ができ、「Fast Fuel」機能により10分の急速充電で1.5時間再生も可能に。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Beats by Dr. Dre
商品名
MYMC2PA/A
タイプ
カナル型
装着方式
両耳
連続再生時間
最大約時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
マイク・リモコン
対応コーデック
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
-
充電時間
-
Galaxy

Galaxy Buds SM-R170NZ

価格:6,445円 (税込)

Galaxyデバイスとのペアリングをシームレスに切り替え可能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケースを開けるだけで、Bluetoothで瞬時にGalaxyデバイスと接続ができるワイヤレスイヤホン。臨場感のあるライブサウンドと、周囲の音を認識し内側と外側のマイクを使い分けることでノイズを効率よく除去できます。耳から外さなくても素早くサウンドボリュームを切り替えて周囲の音を拾うことができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Galaxy
商品名
SM-R170NZ
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC・AAC・スケーラブル(Samsung独自)
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・リモコン
充電時間
-
HUAWEI

HUAWEI FreeBuds 3

価格:9,800円 (税込)

「Kirin A1 チップセット」で高速接続

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Kirin A1 チップセット」により、高速で安定したBluetooth接続が可能なワイヤレスイヤホン。「アクティブノイズキャンセリング」機能搭載で、環境ノイズを低減し、リアルタイムで最適化が可能に。USB Type-Cから充電でき、ケースをワイヤレス充電マットに置いてワイヤレス充電もできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
HUAWEI
商品名
FreeBuds 3
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
対応コーデック
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約4時間
充電時間
約1時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・自動電源ON/OFF・リモコン

Android用|おすすめのワイヤレスイヤホン比較一覧

商品画像
メーカー
BOSE(ボーズ)
Beats by Dr. Dre
Galaxy
HUAWEI
商品名
QuietControl 30 wireless headphones
Beats Flex MYMC2PA/A
Galaxy Buds SM-R170NZ
HUAWEI FreeBuds 3
説明
ノイズコントロールで快適に音楽を楽しむ
再生も一時停止も自由自在
Galaxyデバイスとのペアリングをシームレスに切り替え可能
「Kirin A1 チップセット」で高速接続
価格 35,200円 (税込) 5,400円 (税込) 6,445円 (税込) 9,800円 (税込)
リンク
メーカー
ボーズ(BOSE)
Beats by Dr. Dre
Galaxy
HUAWEI
商品名
QuietControl 30 wireless headphones
MYMC2PA/A
SM-R170NZ
FreeBuds 3
タイプ
ネックバンド
カナル型
カナル型
インナーイヤー
装着方式
両耳
両耳
完全ワイヤレス
完全ワイヤレス
連続再生時間
最大約10時間
最大約時間
最大約時間
最大約4時間
充電端子
microUSB
USB Type-C
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・リモコン
マイク・リモコン
マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・リモコン
ノイズキャンセリング・マイク・自動電源ON/OFF・リモコン
対応コーデック
-
SBC・AAC
SBC・AAC・スケーラブル(Samsung独自)
SBC・AAC
Bluetoothバージョン
-
-
Ver.5.0
Ver.5.1
充電時間
-
-
-
約1時間
ラディウス

Bluetoothトランスミッター RK-BT100A

価格:4,480円 (税込)

高音質・低遅延に対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB Type-Aコネクタ搭載のPCやゲーム機などの対応機種に接続することで、オーディオデバイスとして使用できます。aptX・aptX LL対応で、高音質・低遅延コーデックに対応しています。DUAL STREAM機能によりオーディオ機器を2台まで同時接続でき、接続機器から給電も可能です。

メーカー
radius
商品名
RK-BT100AK
タイプ
オーディオトランスミッター(送信)
通信方式
Bluetooth
Bluetoothコーデック
SBC・aptX・aptX LL
電源
USB

ワイヤレスイヤホンは、コーデックの種類によって音質や音の遅延に大きく差が出てきます。購入する前には、自分が持っている再生機器がどのコーデックに対応しているか確認することが重要です。コーデックの特徴を見極めて、ぴったりなワイヤレスイヤホンを選びましょう。

イヤホン・ヘッドホン ワイヤレス ハイレゾの全商品一覧

商品一覧を見る

イヤホン 低遅延 完全ワイヤレス AAC Bluetooth0.5の全商品一覧

商品一覧を見る