【2022最新版】ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンの厳選おすすめ【5選】

ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンは選択肢が限られていますが、高性能なモデルが揃っています。筐体分離型モデルにもハイレゾと音質が同等の機種があります。ここではハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選をご紹介します。

2021/12/14 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンがどんな機器なのかを知るためには、ハイレゾについて理解しておく必要があります。

 

ハイレゾは「ハイレゾリューションオーディオ」の略称で、CDよりも高音質なオーディオを指します。

ハイレゾがCDよりも優れているところは解像度で、スタジオでレコーディングされた音源を生音のように体感できるのが強みです。

ハイレゾ音質の楽曲を聴くには、以下2つの条件を満たさなければいけません。

 

  • 楽曲がハイレゾ対応の音源である
  • オーディオ機器がハイレゾに対応している

 

ハイレゾの高音質を体感するには聴きたい楽曲がハイレゾに対応していなければいけません。

ハイレゾに対応しているかは楽曲ごとに異なっているうえに、ハイレゾ音源を配信しているサイトも日本国内では以下の7つに限られます。

 

  • e-onkyo music
  • mora
  • mysound
  • レコチョク
  • OTOTOY
  • music.jp
  • オリコンミュージックストア

 

iTunesやSpotyfyなどの人気配信サイトはハイレゾ非対応なので注意が必要です。

 

楽曲がハイレゾ音源に対応していても、オーディオ機器も対応モデルでなければいけません。

イヤホンでハイレゾ音源を聴こうとしている人はiPhoneやiPod、スマートフォンで楽曲を再生しようとお考えかと思います。

ハイレゾ音源を聴くためにはイヤホンが対応機種であるうえに、再生機器もハイレゾに対応していなければいけません。

 

iPhoneやiPodではハイレゾ再生アプリを使えば、対応イヤホンと併用してハイレゾ音源の体感が可能です。

Androidのスマートフォンではハイレゾ対応機種を利用するか、iPhoneやiPodと同様に再生アプリを使えばハイレゾ音源を再生できます。

ハイレゾ対応イヤホンに搭載されているドライバーユニットの駆動方式には以下の2種類があります。

 

  • ダイナミック型
  • バランスド・アーマチュア型(以下、BA型)

 

ダイナミック型は安価なイヤホンでよく用いられている駆動方式で、低音域が強くロックやダンスミュージックに向いています。

BA型は高級イヤホンでの採用が多い駆動方式で、高音までクリアかつ豊かに奏でられるので幅広いジャンルを聴きたい人におすすめです。

 

ダイナミック型とBA型のどちらも採用したハイブリット型も存在していますが、値段が高いのでこだわりが強い人にしかおすすめできません。

 

ビートが強めの楽曲を聴きたい人はダイナミック型、あらゆるジャンルを楽しみたい人はBA型といった選び方をするのが基本になります。

外でハイレゾ音源を聴くのであれば、ノイズキャンセリング機能の有無もチェックしておきたいところです。

ノイズキャンセリングは周囲の騒音を遮断する機能で、イヤホンに搭載されていれば電車やバスでの移動中も集中して音楽を楽しめるメリットが得られます。

ワイヤレスイヤホンの筐体には左右一体型と分離型の2種類があり、どちらなのかで機能性が左右されます。

 

左右一体型には左右の筐体どちらかを紛失するデメリットがありませんが、ネックバンドかケーブルを首にかけなければいけないので、長時間利用するときにストレスを感じる恐れがあります。

 

筐体が左右分離型は完全ワイヤレスなので首への負担がなく、携帯がしやすくなっています。

ただ、厳密には左右分離型ワイヤレスイヤホンにハイレゾ対応モデルはなく、販売されているのはハイレゾ同等音質品になるので注意しなければいけません。

ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンは充電式なので、バッテリーの持ち時間が長いのかも確認する必要があります。

バッテリーの持ち時間は筐体が一体型か分離型かで変わってきます。

 

筐体が分離型のイヤホンには約10時間以上の再生ができる機種がありますが、小まめに付属のケースに入れて10~30程充電をしなければ数時間でバッテリーが切れるので注意しなければいけません。。

 

筐体が一体型のイヤホンではケースに入れる必要がなく、購入機種によっては約10時間以上の連続再生が可能です。

 

付属のケースに入れる作業が手間と感じるかも一体型と分離型のどちらの選ぶべきかのポイントになります。

イヤホンの用途によっては他の機能面が備わっているかのチェックも必要です。

iPhoneやスマホの音声通話に利用したいのであればマイク機能は必須ですし、簡単にオーディオ機器とペアリングしたいのならNFCに対応したイヤホンを候補に入れたいところです。

NFC対応のスマートフォンを利用している場合、NFC対応イヤホンを使えば端末のNFCマークにかざすだけで簡単にペアリングができます。

ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホン、ハイレゾと同等音質のワイヤレスイヤホンを販売しているメーカーでおすすめは以下の3社です。

 

  • SONY
  • JVCケンウッド
  • AKG

 

SONYはもしは説明不要の有名オーディオメーカーなので信頼度は申し分ありません。

JVCケンウッドは2008年に設立された若い国内メーカーですが、オーディオ機器やドライブレコーダーがオンラインショッピングサイトで人気です。

AKGはオーストラリアのメーカーで、1947年からオーディオ機器を販売し続けているので信頼性は良好です。

1位
ジェイブイシー

XX HA-FX99XBT

価格:12,860円 (税込)

独自技術でハイレゾサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、アルミスピンとダイヤカットのデザインがリッチなワイヤレスイヤホンです。メーカー独自の「K2 TECHNOLOGY」を採用し、ワイヤレスでありながら有線モデルにも迫るハイレゾ相応のサウンドを実現しました。SBC・AAC・aptXNFCといった各コーデックにも対応。また、専用のケーブルを使用すると有線接続もできるので、用途に応じて使い分けることができます。

加えて、NFCが搭載されているため、スマホとワンタッチで接続できるのが嬉しいポイント。再生・一時停止・ハンズフリー通話が可能なマイクとリモコンもついています。そのため、利便性に優れた高品質のワイヤレスイヤホンをお探しの方にピッタリの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
約8時間
充電時間
約2.5時間
対応コーデック 
SBCAACaptX
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
48 g
2位
ソニー

WI-1000XM2

価格:32,627円 (税込)

ノイズキャンセリング機能を搭載した高性能なワイヤレスイヤホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、コーデックLDAC対応で、ハイレゾ音源を楽しめるワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。人の囁き声から飛行機のエンジン音まで幅広いノイズを低減してくれます。また、外音取り込み機能もあり、周囲の音に注意したい時に便利です。

加えて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を合わせ持つハイブリッド型のドライバーを搭載。音楽もゲームも快適に楽しめます。そのため、高品質なネックバンド型のワイヤレスイヤホンが欲しい方にうってつけの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度 【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック 
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
44 g
3位
オーディオテクニカ

ATH-ANC400BT

価格:13,827円 (税込)

専用アプリでノイキャン効果を調整できるワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、「ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を搭載したワイヤレスイヤホンです。各ハウジングの前方・後方に、ノイズを検知する2つの集音マイクが配置されています。加えて、2層の振動板を採用した専用設計の12mm径ドライバーを搭載し、高精度ノイズキャンセリングと高解像度サウンドを実現しました。

また、AAC・aptX・aptX HDの音楽圧縮形式に対応しており、高音質でサウンドを楽しめます。クイックヒアスルー機能で、すぐに周囲の音を確認できるのも便利。さらに、2台までのマルチポイントに対応しているため、スマホとパソコンの併用にもおすすめしたい商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
93 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約20時間
充電時間
約3時間
対応コーデック 
SBCAACaptXaptX HD
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX2
サラウンド 
-
重量【g】
87 g
4位
AVIOT

AVIOT TE-BD21j

価格:14,652円 (税込)

原音に忠実でありながら音楽性の高い音を表現してくれる!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、日本人の耳に合った設計と音質を追求しているAVIOTのワイヤレスイヤホンです。さらなる高音質化と、外装を限界まで小型化したモデル。aptX Adaptiveを採用しており、高音質で低遅延性能を併せ持っているので動画再生やゲームでも活躍します。深く沈み込むような低音域が心地よく響く、原音に忠実でありながら、音楽性の高い音を表現してくれます。

また、最大9時間の連続再生が可能。ケース込みで最大45時間の再生もできるため、長時間の移動でも快適に使用したい方にピッタリ。ボイスガイダンス切り替えアプリ対応で、専用アプリのアナウンスボイスのバージョンが選択・切り替えができますよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2
連続再生時間
最大9.5時間
充電時間
約1.5時間
対応コーデック 
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX4相当
サラウンド 
-
重量【g】
5.7 g

ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ジェイブイシー
ソニー
オーディオテクニカ
AVIOT
商品名
XX HA-FX99XBT
WI-1000XM2
ATH-ANC400BT
AVIOT TE-BD21j
説明
独自技術でハイレゾサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン
ノイズキャンセリング機能を搭載した高性能なワイヤレスイヤホン
専用アプリでノイキャン効果を調整できるワイヤレスイヤホン
原音に忠実でありながら音楽性の高い音を表現してくれる!
価格 12,860円 (税込) 32,627円 (税込) 13,827円 (税込) 14,652円 (税込)
リンク
タイプ
ネックバンド
ネックバンド
ネックバンド
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
-
-
駆動方式
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度 【dB】
-dB
94 dB
93 dB
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0
Ver.5.2
連続再生時間
約8時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
最大約20時間
最大9.5時間
充電時間
約2.5時間
約3.5時間
約3時間
約1.5時間
対応コーデック 
SBCAACaptX
SBCAACLDAC
SBCAACaptXaptX HD
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング 
-
-
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
-
-
IPX2
IPX4相当
サラウンド 
-
-
-
-
重量【g】
48 g
44 g
87 g
5.7 g

ここではハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ製品をまとめました。

 

ハイレゾ音源を聴くにはイヤホンだけでなくiPhoneやスマホも対応環境にしなければいけませんが、条件さえクリアすればハイレゾ対応ワイヤレスでダイナミックかつクリアで繊細なサウンドを体感できます。

 

ハイレゾ対応音源に限りがあるとはいえ、非対応音源までハイレゾ級にアップスケーリングできる製品があるので、ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホンを検討して損はありません。

イヤホン・ヘッドホン ワイヤレス ハイレゾの全商品一覧

関連する記事

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】

2022/01/13

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版のサムネイル画像

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版

2021/10/21

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】のサムネイル画像

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】

2021/10/21

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選のサムネイル画像

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選

2021/10/21