【2023年版】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ|高音質・コスパ・iPhone用

スマートフォンの普及で音楽が身近になった今、イヤホンのニーズが急増しています。中でも人気は完全ワイヤレスイヤホン。AirPodsをはじめとした高級機から、5000円以下の格安モデルまでこの記事でおすすめ商品を徹底解説します!

2023/08/10 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

☆ここからは下記2点について詳しく解説しますが、やや長くなります。「初心者用の簡潔まとめ」だけ先に読みたい場合は、スキップしてここまでお進みください。

 

 

 

さてイヤホンの「音質」と言っても、

何をもって音質がいいとするのかの定義は難しいところです。

編集部では「いい音質」を以下のように考えました。

 

イヤホンの「いい音質」とは、

  1. 機器としての音質自体
    ▶︎ドライバー内部のこだわり。ワイヤレスならコーデックによる音質。俗にいう解像度。
  2. 聴く音楽に合った音の調整
    ▶︎高音・中音・低音の強弱や解放感、耳への刺さり方など、音楽にあった調整。

この2点が納得できる音を指すと考えます。

イヤホン自体の音質は、

などが影響します。

 

上記目次から該当の解説へ直接飛べるので、好きなところをお読みください。

低価格でまずはお試し用のイヤホンを探している初心者の方は、このまま読み飛ばして次の「Bluetoothのコーデック」の解説までスキップしてください。

ここはイヤホンの内部設計に関する少々専門的な解説です。

 

 

イヤホンは内部の構造(ドライバーユニットの駆動方式)が3つに分かれます。

  • ダイナミック型(DD型)
    ・ドライバー1基のフルレンジで全音域を担当
    一番多く採用されている
    ・内部の振動板を振動させて響かせる方式
    ・振動板が大きくなると音質が向上
    低音を響かせやすい
  • バランスドアーマチュア型(BA型)
    ・ドライバー2基以上でそれぞれの音を担当する方式
    ・スピーカーでいうウーハーやツィーターが、しっかり別れて内臓されているイメージ
    ・高音低音をそれぞれ担当するので各音域がしっかり聞こえる
    コストがかかるので高級イヤホンに採用
    ・プロ仕様に多い
  • ハイブリッド型(DD+BA型)
    ・両者を合わせた方式
    ・DD型の力強さとBA型の繊細な伸びの良さを持つ
    調整が難しいため特に試聴推奨

これは一概に、どの方式がいい悪いの問題ではなく、

 

自分の音楽の聴き方にはどんな調整が向いているか

 

を考えるときの1つの指標としてみるのがおすすめです。

  • 聴き方別選択例
    ・ノリノリで聞きたい
     ダイナミックな低音の迫力を重視したい
    ▶︎DD型でBA型までの繊細さはいらないかも?DD型なら選択肢が多いからいろいろい試せる

    ・クラシックが好きでそれぞれのパートをしっかり聞きたい
    ▶︎BA型で低音に寄りすぎない音質の方がいいかも

 

ちなみに、ドライバー口径が大きいほど低音が出やすい、というのもチェックポイントの一つです。

iPhoneにおすすめの完全ワイヤレスイヤホン 4選

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
商品名
AirPods 第2世代
Apple AirPods Pro
Beats Studio Buds
Powerbeats Pro
説明
インナーイヤー採用のAirPodsの第2世代
ノイズキャンセリングがすごい!話題商品
ビーツの2021年6月新製品でノイキャン付き!
耳掛け&耐水の定番スポーツモデル
リンク
メーカー
Apple
Apple
ビーツ・エレクトロニクス
ビーツ・エレクトロニクス
商品名
AirPods 第2世代
AirPods Pro
Beats Studio Buds
Powerbeats Pro
タイプ
インナーイヤー
カナル型
カナル型
耳掛け+カナル型
ノイズキャンセリング
-
-
Bluetoothバージョン
-
-
-
-
連続再生時間
最大5時間
最大4.5時間
最大8時間
最長9時間
充電時間
15分充電で3時間使用可能
-
-
-
充電端子
Qi/Lightning
Qi/Lightning
USB-C
Lightning
コーデック
SBC・AAC
SBC・AAC
SBC・AAC
SBC・AAC
重量
4 g
5.4 g
5 g
20.3g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 メーカー 商品名 タイプ ノイズキャンセリング Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 充電端子 コーデック 重量
1
Apple(アップル)
AirPods 第2世代
25,070円
インナーイヤー採用のAirPodsの第2世代
Apple
AirPods 第2世代
インナーイヤー
-
-
最大5時間
15分充電で3時間使用可能
Qi/Lightning
SBC・AAC
4 g
2
Apple(アップル)
Apple AirPods Pro
29,036円
ノイズキャンセリングがすごい!話題商品
Apple
AirPods Pro
カナル型
-
最大4.5時間
-
Qi/Lightning
SBC・AAC
5.4 g
3
Apple(アップル)
Beats Studio Buds
16,182円
ビーツの2021年6月新製品でノイキャン付き!
ビーツ・エレクトロニクス
Beats Studio Buds
カナル型
-
最大8時間
-
USB-C
SBC・AAC
5 g
4
Apple(アップル)
Powerbeats Pro
14,800円
耳掛け&耐水の定番スポーツモデル
ビーツ・エレクトロニクス
Powerbeats Pro
耳掛け+カナル型
-
-
最長9時間
-
Lightning
SBC・AAC
20.3g
Apple(アップル)

AirPods 第2世代

インナーイヤー採用のAirPodsの第2世代

アップルから発売されているワイヤレスイヤホンです。結構街中で使用している人も多いです。やはりアップル社から発売されているだけあって、iPhoneやMacなどのアップル製品にはとてもつながりやすいです充電は15分するだけでも連続して3時間音楽再生が可能と、かなり長時間使用することができます。アップル製品が大好きな方なら是非とも使用したいワイヤレスイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
AirPods 第2世代
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
-
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大5時間
充電時間
15分充電で3時間使用可能
充電端子
Qi/Lightning
コーデック
SBC・AAC
重量
4 g
Apple(アップル)

Apple AirPods Pro

ノイズキャンセリングがすごい!話題商品

iPhoneに合わせるイヤホンはAirPodsが人気ですが、もう少し予算をあげて AirPods Proにした方が、快適さ&音質の面では圧倒的におすすめ。まず、AirPodsはオープン型(インナーイヤー)のため、音漏れと装着感を気にしなければなりません。

 

しかしAirPods Proはカナル型なので不安なし。またノイズキャンセリングがとてもよく、購入者それぞれにパーソナライズされるのでまさに自分だけの1台になります。さらに一瞬だけ外音取り込みしたい時も手で本体にふれるだけ。使いやすくとてもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
AirPods Pro
タイプ
カナル型
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大4.5時間
充電時間
-
充電端子
Qi/Lightning
コーデック
SBC・AAC
重量
5.4 g
Apple(アップル)

Beats Studio Buds

ビーツの2021年6月新製品でノイキャン付き!

こちらはビーツの2021年新作イヤホン。現在ビーツはアップル傘下の会社のため、アップル製品との連携は折り紙つき。iPhoneとの接続は安定性がよく、16000円代の価格でノイズキャンセリングが付いておりコスパも抜群。

 

ただしAirPods Proと比べた場合は、Apple製品との同時接続で自動で切り替わらないといった点は劣ります。またノイズキャンセリングの性能や音質もAirPods Proが上。音楽に聞き入るというよりかは、ふだん使いとしておすすめですよ。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ビーツ・エレクトロニクス
商品名
Beats Studio Buds
タイプ
カナル型
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大8時間
充電時間
-
充電端子
USB-C
コーデック
SBC・AAC
重量
5 g
Apple(アップル)

Powerbeats Pro

耳掛け&耐水の定番スポーツモデル

こちらもアップル傘下となったビーツのスポーツモデル。定番商品ですので紹介記事を見たことがある人も多いのではないでしょうか。iPhoneとの連携・安定性がいいのはもちろんのこと、耐汗耐水というワークアウトに必須な性能を保持していることが嬉しいですね。

 

2019年の出始めの頃は価格も高かったものの、今は15000円を切る程度で購入できます。値下がりを待っていた人も今が買い時ですよ。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ビーツ・エレクトロニクス
商品名
Powerbeats Pro
タイプ
耳掛け+カナル型
ノイズキャンセリング
-
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最長9時間
充電時間
-
充電端子
Lightning
コーデック
SBC・AAC
重量
20.3g

iPhoneにおすすめなイヤホン比較表

商品画像
メーカー
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
商品名
AirPods 第2世代
Apple AirPods Pro
Beats Studio Buds
Powerbeats Pro
説明
インナーイヤー採用のAirPodsの第2世代
ノイズキャンセリングがすごい!話題商品
ビーツの2021年6月新製品でノイキャン付き!
耳掛け&耐水の定番スポーツモデル
リンク
メーカー
Apple
Apple
ビーツ・エレクトロニクス
ビーツ・エレクトロニクス
商品名
AirPods 第2世代
AirPods Pro
Beats Studio Buds
Powerbeats Pro
タイプ
インナーイヤー
カナル型
カナル型
耳掛け+カナル型
ノイズキャンセリング
-
-
Bluetoothバージョン
-
-
-
-
連続再生時間
最大5時間
最大4.5時間
最大8時間
最長9時間
充電時間
15分充電で3時間使用可能
-
-
-
充電端子
Qi/Lightning
Qi/Lightning
USB-C
Lightning
コーデック
SBC・AAC
SBC・AAC
SBC・AAC
SBC・AAC
重量
4 g
5.4 g
5 g
20.3g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 メーカー 商品名 タイプ ノイズキャンセリング Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 充電端子 コーデック 重量
1
Apple(アップル)
AirPods 第2世代
25,070円
インナーイヤー採用のAirPodsの第2世代
Apple
AirPods 第2世代
インナーイヤー
-
-
最大5時間
15分充電で3時間使用可能
Qi/Lightning
SBC・AAC
4 g
2
Apple(アップル)
Apple AirPods Pro
29,036円
ノイズキャンセリングがすごい!話題商品
Apple
AirPods Pro
カナル型
-
最大4.5時間
-
Qi/Lightning
SBC・AAC
5.4 g
3
Apple(アップル)
Beats Studio Buds
16,182円
ビーツの2021年6月新製品でノイキャン付き!
ビーツ・エレクトロニクス
Beats Studio Buds
カナル型
-
最大8時間
-
USB-C
SBC・AAC
5 g
4
Apple(アップル)
Powerbeats Pro
14,800円
耳掛け&耐水の定番スポーツモデル
ビーツ・エレクトロニクス
Powerbeats Pro
耳掛け+カナル型
-
-
最長9時間
-
Lightning
SBC・AAC
20.3g
ソニー(SONY)

WF-1000XM4

待望のソニー完全ワイヤレスイヤホンの新型

こちらが待ちくたびれた人も多い2021年新型のソニーの完全ワイヤレスイヤホンでLDAC(ハイレゾ)対応です。前作のXM3が2019年発売でLDAC未対応だったので、これを待っていたという人も多いです。

 

前作からの進化点としてはそれ以外に、Bluetoothが5.2になり連続再生時間も増えています。しかしそれ以上にイヤホンとしての解像度と音のクリア感が強く、女性ボーカル曲も伸びやかに響きます。2021年の現状ではNO.1と言われることも多いおすすめイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー
商品名
WF-1000XM4
タイプ
カナル型
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.2
連続再生時間
最大8時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
USB-C/Qi
コーデック
SBC・AAC・LDAC
重量
7.3 g
ソニー(SONY)

WF-1000XM3

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能

ソニーから発売されている完全ワイヤレスイヤホン。一つ上のXM4の前作に当たる商品で、2019年に発売しました。ノイズキャンセリングはもちろん搭載。このイヤホンは数多くの賞を受賞しており、その完成度の高さが評価されています。

 

新型のXM4と比較してハイレゾは非対応で防滴性能もありません。代わりに価格が安くなっているので、高級イヤホンをお得に欲しいならこちらがおすすめ。音質の高さは新型と同様です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー
商品名
WF-1000XM3
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.0
連続再生時間
最大6時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
USB-C
コーデック
SBC・AAC
重量
8.5 g
BOSE(ボーズ)

QuietComfort Earbuds

2020年BOSEの新作でノイキャン対応!

こちらは2020年にBOSEが2年ぶりに発売した完全ワイヤレスイヤホン。BOSEと言えばスピーカーが有名ですが、イヤホンも非常に完成度が高く特にノイズキャンセリングはSONY・Appleを含めて3強の一角です。

 

BOSEの完全ワイヤレスの過去作は接続の安定性に不安が見られましたが、2020年モデルは過去の問題をしっかりと解決してきており快適に使うことができます。またBOSEと言うと低音の印象が強い方が多いですが、イヤホンは高音も伸びやかでスピーカーとは違う印象を受けます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
BOSE
商品名
QuietComfort Earbuds
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.1
連続再生時間
最大6時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB-C/Qi
コーデック
SBC AAC
重量
8.6 g
ゼンハイザー(Sennheiser)

MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

高級ヘッドホンの老舗が送るハイエンド完全ワイヤレス

こちらは高級ヘッドホンメーカーのゼンハイザーが発売した完全ワイヤレスの2作目。1作目に弱点だった接続性と外音取り込み機能が改善されています。特に外音取り込みは進化が顕著で、コンビニのレジや電車のアナウンスは十分実用可能

 

ノイズキャンセリングも搭載していますが、SONYやBOSEのような元々ノイズキャンセリング技術の高いメーカーと比較するとどうしても効果は弱め。ただし遮音性は高いので普段使いでも実用的です。音質はさすがのゼンハイザーサウンドなので従来のファンも納得ですよ。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ゼンハイザー
商品名
MOMENTUM True Wireless 2
タイプ
カナル型
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.1
連続再生時間
最大7時間
充電時間
1.5時間
充電端子
USB-C
コーデック
SBC AAC aptX
重量
6 g
SOL REPUBLIC

AMPS AIR+

耳にジャストフィットして心地よい着け心地

耳にジャストフィットするように設計されており、つけ心地がとてもいいワイヤレスイヤホンです。耳へのフィットだけでなく、耳の中で汗をかかないように空気の流れを作り、一日中心地よく装着することができます。

 

スポーツや旅行などあらゆる場面を想定しており、専用充電トラベルケースは15回までイヤホン本体を充電可能。旅行先でも長時間イヤホンを使用することができます。

メーカー
SOL REPUBLIC
商品名
AMPS AIR+
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
4.1
連続再生時間
約3時間
充電時間
-
充電端子
-
コーデック
SBC・AAC・aptX
重量
13 g
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-ANC300TW

オーテク初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレス!

クリアな音の再現と小型化をを追求し、高域の音質を向上した高機能ワイヤレスイヤホンです。伸びやかな高域から再現性の高い高域まで幅広く対応しています。また、高性能のノイズキャンセリング機能を搭載しているので、周りに影響されることなく自分の音楽の世界を楽しむことができます。ボタン一つ押すだけで、周りの音を取り込むことができるので、幅広い使用方法が期待できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Audio Technica(オーディオテクニカ)
商品名
ATH-ANC300TW
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.0
連続再生時間
最大約4.5時間
充電時間
約1時間
充電端子
コーデック
SBC・AAC・aptX
重量
7 g
Jabra(ジャブラ)

Elite 85t

アクティブノイズキャンセリング搭載&Qi対応!

こちらはJabraが発売する完全ワイヤレスので、ノイズキャンセリングを搭載したハイエンドモデル。Jabraといえばマルチポイントに対応しているところが特徴で、2デバイスを同時にペアリング可能です。

 

一点、Jabraはイヤホンのフィット感が独特で奥まではめ込むというよりかは、耳に乗せるようなタイプ。そのため、装着の安定感が不安という声が見受けられます。しかし、左右のイヤーピースがしっかりフィットしているかチェックする「My Fit」機能があるため安心です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Jabra
商品名
Elite 85t
タイプ
カナル型
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージョン
5.1
連続再生時間
7時間
充電時間
約2.5時間
充電端子
USB-C/Qi
コーデック
SBC AAC
重量
7 g
Bang & Olufsen

Beoplay E8 3rd Generation

専用アプリと連動できるワイヤレスイヤホン

「よりコンパクトに。よりパワフルに。」をコンセプトに進化してきたワイヤレスイヤホン です。第三世代ということで、今までの同シリーズより大幅に機能が向上しています。中でもバッテリーは駆動時間が最大35時間に向上し、1回の充電でも安心して使用することができます。色は4色から選択でき、女性向きのサーモンピンクに近い色もあるので、幅広い人に合う完全ワイヤレスイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Bang & Olufsen
商品名
Beoplay E8 3rd Generation
タイプ
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
-
Bluetoothバージョン
5.1
連続再生時間
最大7時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB-C/Qi
コーデック
SBC・AAC・aptX
重量
5.8 g

おすすめの高級完全ワイヤレスイヤホン比較表

商品画像
メーカー
ソニー(SONY)
ソニー(SONY)
BOSE(ボーズ)
ゼンハイザー(Sennheiser)
SOL REPUBLIC
Audio Technica(オーディオテクニカ)
Jabra(ジャブラ)
Bang & Olufsen
商品名
WF-1000XM4
WF-1000XM3
QuietComfort Earbuds
MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2
AMPS AIR+
ATH-ANC300TW
Elite 85t
Beoplay E8 3rd Generation
説明
待望のソニー完全ワイヤレスイヤホンの新型
業界最高クラスのノイズキャンセリング機能
2020年BOSEの新作でノイキャン対応!
高級ヘッドホンの老舗が送るハイエンド完全ワイヤレス
耳にジャストフィットして心地よい着け心地
オーテク初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレス!
アクティブノイズキャンセリング搭載&Qi対応!
専用アプリと連動できるワイヤレスイヤホン
リンク
メーカー
ソニー
ソニー
BOSE
ゼンハイザー
SOL REPUBLIC
Audio Technica(オーディオテクニカ)
Jabra
Bang & Olufsen
商品名
WF-1000XM4
WF-1000XM3
QuietComfort Earbuds
MOMENTUM True Wireless 2
AMPS AIR+
ATH-ANC300TW
Elite 85t
Beoplay E8 3rd Generation
タイプ
カナル型
インナーイヤー
インナーイヤー
カナル型
インナーイヤー
インナーイヤー
カナル型
インナーイヤー
ノイズキャンセリング
-
Bluetoothバージョン
5.2
5.0
5.1
5.1
4.1
5.0
5.1
5.1
連続再生時間
最大8時間
最大6時間
最大6時間
最大7時間
約3時間
最大約4.5時間
7時間
最大7時間
充電時間
約1.5時間
約1.5時間
約2時間
1.5時間
-
約1時間
約2.5時間
約2時間
充電端子
USB-C/Qi
USB-C
USB-C/Qi
USB-C
-
USB-C/Qi
USB-C/Qi
コーデック
SBC・AAC・LDAC
SBC・AAC
SBC AAC
SBC AAC aptX
SBC・AAC・aptX
SBC・AAC・aptX
SBC AAC
SBC・AAC・aptX
重量
7.3 g
8.5 g
8.6 g
6 g
13 g
7 g
7 g
5.8 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 メーカー 商品名 タイプ ノイズキャンセリング Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 充電端子 コーデック 重量
1
ソニー(SONY)
WF-1000XM4
38,240円
待望のソニー完全ワイヤレスイヤホンの新型
ソニー
WF-1000XM4
カナル型
5.2
最大8時間
約1.5時間
USB-C/Qi
SBC・AAC・LDAC
7.3 g
2
ソニー(SONY)
WF-1000XM3
22,150円
業界最高クラスのノイズキャンセリング機能
ソニー
WF-1000XM3
インナーイヤー
5.0
最大6時間
約1.5時間
USB-C
SBC・AAC
8.5 g
3
BOSE(ボーズ)
QuietComfort Earbuds
29,700円
2020年BOSEの新作でノイキャン対応!
BOSE
QuietComfort Earbuds
インナーイヤー
5.1
最大6時間
約2時間
USB-C/Qi
SBC AAC
8.6 g
4
ゼンハイザー(Sennheiser)
MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2
31,800円
高級ヘッドホンの老舗が送るハイエンド完全ワイヤレス
ゼンハイザー
MOMENTUM True Wireless 2
カナル型
5.1
最大7時間
1.5時間
USB-C
SBC AAC aptX
6 g
5
SOL REPUBLIC
AMPS AIR+
16,980円
耳にジャストフィットして心地よい着け心地
SOL REPUBLIC
AMPS AIR+
インナーイヤー
4.1
約3時間
-
-
SBC・AAC・aptX
13 g
6
Audio Technica(オーディオテクニカ)
ATH-ANC300TW
17,680円
オーテク初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレス!
Audio Technica(オーディオテクニカ)
ATH-ANC300TW
インナーイヤー
5.0
最大約4.5時間
約1時間
SBC・AAC・aptX
7 g
7
Jabra(ジャブラ)
Elite 85t
22,339円
アクティブノイズキャンセリング搭載&Qi対応!
Jabra
Elite 85t
カナル型
5.1
7時間
約2.5時間
USB-C/Qi
SBC AAC
7 g
8
Bang & Olufsen
Beoplay E8 3rd Generation
33,500円
専用アプリと連動できるワイヤレスイヤホン
Bang & Olufsen
Beoplay E8 3rd Generation
インナーイヤー
-
5.1
最大7時間
約2時間
USB-C/Qi
SBC・AAC・aptX
5.8 g