Beats(ビーツ)のイヤホンの最強おすすめ【3選】魅力や選び方をご紹介

おすすめのビーツイヤホンの3選をご紹介します。ビーツイヤホンは海外メーカですが、有名人が着用するほど人気のオーディオメーカーです。この記事では、ビーツのイヤホンの魅力から正しい選び方まで詳しくご紹介します。是非参考にしてください。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

ビーツは「Beats by Dr.Dre」のことで、ヒップホップ界で有名なドクター・ドレが設立したオーディオメーカーで、アメリカでもトップクラスのブランドです。
ヒップホップから生まれたメーカーなので、重低音で迫力のあるサウンドを得意としていて、響くサウンドを楽しめるのがビーツの魅力の1つです。

 

スタイリッシュなデザインや、豊富なカラーバリエーションでオーディオ機器としてだけでなく、ファッション性の高さでも人気を集めています。
現社長であるルーク・ウッドもミュージシャンとして活動していた経歴があり、ビーツは音楽に精通した方たちが携わっているのも人気の理由です。

 

優れた音質もビーツの魅力。音楽の第一線で活躍するプロが普段から体感しているサウンドを一般の人に届けたいという目的で製作されているため、より本格的なサウンドを実現しています。

 

2014年には30億ドルでアップルに買収されたため、アップル製品との相性が良いのも魅力。世界中でアップル製品を使っているユーザーは増え続けているので、今後も人気は増え続けるでしょう。

続いて、ビーツのイヤホンの魅力について見て行きましょう。イヤホンは種類も豊富でメーカーによって特徴や魅力が様々。その中で、ビーツが世界中から親しまれるのはそれなりの理由があるからです。ここでは、ビーツの魅力を詳しくご紹介していきます。

まず、ビーツの魅力として1番に挙げられるのは「重低音に特化している」という点です。通常イヤホンは小型のため、ヘッドホンなどに比べて重低音を表現するのが苦手です。しかし、ビーツは独自のサウンドシステムにより、小型なイヤホンでも迫力のある重低音サウンドを楽しむことができます。

 

ドンシャリ系のサウンドが苦手で、クリアな高音などを楽しみたいという方には不向きかもしれませんが、響くサウンドが好きな方には特におすすめです。

ヒップホップ界のスターが設立しただけあって、やはりクラブミュージックやダンスミョージックなどのジャンルに精通しています。裏のベース音を響かせ屋外であっても迫力のあるサウンドが楽しめますよ。

 

ただ、ワイヤレスタイプのイヤホンだと、無線接続をするBluetoothの規格上、若干重低音が弱めになってしまいます。ただ、他のメーカーのワイヤレスイヤホンも同様重低音は弱くなってしまうため、もともと重低音に特化したビーツのイヤホンは、他のメーカーより重低音を楽しめるラインナップになっています。

続いての魅力は、「アップル製品との相性が良い」という点です。
前述したとおり、ビーツは2014年にアップルに買収されています。アップルはそれまでオーディオ機器に強くありませんでしたが、アメリカでもトップクラスのビーツの技術を手に入れたことで、かなりパワーアップしました。

 

アップルの傘下になった後に発売されたビーツの機種の大半に、アップルによって開発された「アップル W1チップ」が搭載されています。

 

W1チップを内蔵したモデルは、アップル製品との互換性が良くなるという魅力があります。
例えば、アップル製品とペアリングする際にデバイスに近づけてワンタップで接続できたり、アップル製品であるiPhone、iPad、Macなどの製品間の接続切り替えがスムーズに行えたりします。

 

アップル製品をたくさん持っているという方はW1チップが内蔵されているビーツのイヤホンがおすすめです。

続いての魅力は「スポーツシーンで使いやすい」という点です。


スポーツをするとなると必要になっていくるのが「防水性能」。ビーツのイヤホンはスポーツシーンに強い「Powerbeats」という製品があり、防水性能に強いモデルが発売されているのも魅力です。もちろん、すべての機種に防水性能が搭載されているわけではありませんが、現役のスポーツ選手なども愛用するビーツは他メーカーに比べてスポーツ耐性が強いという魅力があります。

 

また、スポーツシーンで重要なポイントとして「イヤホン部分が外れにくい」という点があります。運動など激しい動きをすると、イヤホンが外れやすく不便に感じることも多いでしょう。ただ、先ほどご紹介した「Powerbeats」というスポーツに特化したモデルは、耳掛けが採用されているため、激しい運動をしてもイヤー部分が外れるということもありません。

続いての魅力として「Bluetooth接続」が安定しているという点が挙げられます。これはワイヤレス対応のビーツイヤホンに限定されてしまいますが、安定して使えるという魅力があります。

 

ワイヤレスイヤホンのデメリットとして挙げられる接続の安定性。音楽データを圧縮してイヤホンに転送するため、どうしても外部電波の干渉で音質が落ちたり、接続が不安定になって音切れしてしまったりすることがあります。

 

しかし、ビーツのイヤホンはBluetooth機器の電波強度(接続のしやすさ)の面で、「Power Class」という規格を採用しています。一般的なワイヤレスイヤホンが採用しているのは中位規格である「Class 2 Bluetooth」ですが、ビーツのイヤホンは最上位規格である「Class 1 Bluetooth(Power Class)」を採用しているため、より安定した接続が可能になっています。

 

先ほどご紹介した「Class 1 Bluetooth(Power Class)」は「Class 2 Bluetooth」と比較して、電波の範囲が最長100mまで届き、出力に関しては40倍の最大100mWまで対応しているのが魅力です。

 

しかし、日本の場合は電波法で制限がされているため、最大出力が10mWと10分の1に抑えられてしまっています。
それでも「Class 2 Bluetooth」より4倍の出力を誇っているため、ワイヤレスでも安定したリスニングが可能となっています。

続いて、ビーツのイヤホンの選び方について詳しくみていきましょう。
ビーツのイヤホンは人気のため、複数の機種が販売されています。ここまででビーツの魅力を知って「欲しい!」と思った方も多いでしょうが、何をどんな基準で選んだら良いのかわからないですよね。
そこで、ここでは選び方をポイント別に解説していきます。是非参考にしてくださいね。

まず、接続方法を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
接続方法とは具体的に「無線(ワイヤレス)」と「有線」の2種類に分けることができます。ただ、無線いは「完全ワイヤレス」という新しい種類も増えたのでこれも踏まえた3つの接続方法について特徴を詳しくご紹介します。

まず、無線(ワイヤレス)についてご紹介します。
無線の中でも一番オーソドックスなのは、左右のイヤホン部分がケーブルで接続されているタイプになります。本体にBluetooth機能が内蔵されていて、デバイスとケーブルで接続しなくても音楽を聴くことができます。

 

Bluetoothで接続する場合、音楽データを圧縮してイヤホンに転送するため音質が劣化してしまったり、電波が不安定になったりします。しかし、前述したとおり、ビーツのイヤホンはBluetooth規格の中でも電波の安定している「Class 1 Bluetooth」を搭載しているため、安定して聴くことができます。

 

また、首にかけて持ち運ぶことができ、マグネットでイヤー部分を止めておける「beatsX」というモデルもあるので、持ち運んでいても失くしにくいというメリットもあります。
また、首に止めておくと、運動時にイヤー部分が外れてしまっても失くしてしまうことも少ないのでおすすめです。

続いてご紹介するのは、先ほどと同じワイヤレスですが、左右が独立している「完全ワイヤレス」についてご紹介します。
現在発売されているビーツのイヤホンでこの完全ワイヤレスに対応しているのは「Powerbeats Pro」という機種のみです。

 

完全ワイヤレスは左右独立型とも言われており、その名の通りイヤー部分がそれぞれ独立しています。そのため、ケーブルが一切無く、ケーブル関係のデメリットを一切受けないのが特徴です。


例えば、ケーブルが絡まってしまったり、ケーブルが断線して使えなくなったりなどの有線ならではのデメリットを一切受けません。

 

また、バッテリーケースを搭載しているというのも大きな特徴です。独立しているイヤー部分はそのままで使用することは少なく、付属のバッテリーケースに収納して持ち運ぶことがほとんどです。


イヤー部分はケーブルで接続されていないため、バッテリー容量がどうしても少なくなってしまいます。しかし、バッテリーケースに入れて持ち運ぶことで、バッテリーケースの充電がなくならない限り、使い続けることができます。

 

また、ケースがあることで持ち運びもコンパクトになるというメリットもあります。なので、屋外で持ち運んで使用するという方におすすめです。

ただ、デメリットとしては小型で最先端の技術が使われているため、一般的なイヤホンと比較すると価格が高くなりやすい傾向にあります。「Powerbeats Pro」も高めなので購入される方は予算との相談も必要です。

続いて、有線で接続するタイプについてご紹介します。
一番オーソドックスなタイプのイヤホンで、これまでご紹介したワイヤレスの製品と比較すると、価格が安いという大きなメリットがあります。ビーツは高性能なので価格が高くなりやすいですが、それでも有線なら1万円以内で購入できてとてもコスパがいいのが魅力です。

 

また、有線で接続するため、音質の劣化などが少なく音楽本来のサウンドを楽しめるというメリットもあります。直接聴けるので音切れなどの心配も少なく(接触不良が原因の音切れはある)安定してリスニングできるのも魅力ですね。

 

ただ、有線タイプにもデメリットがあり、一番に目立つのは「ケーブルが邪魔」という点です。自宅で利用する場合はそこまで動き回らないため、気にならないかもしれませんが、通勤通学、スポーツなど屋外で利用する場合にはどうしてもケーブルが邪魔になってしまうことが多いです。

 

また、ケーブル特有の「タッチノイズ」もデメリットとして挙げられます。タッチノイズとは、ケーブルと衣類などが接触する際に生じるノイズで、音楽を聞いていない時などでわずらわしく感じる方も多いでしょう。

 

このようにそれぞれの接続方式でメリット・デメリットがあるので、自分に何が当てはまるのか確認しながら選ぶことをおすすめします。

続いて、カラーやデザインを重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
ビーツの魅力として、「デザインが洗練されている」「カラーバリエーションが豊富」という点が挙げられます。

海外の有名アーティストなども愛用しているだけあって、デザインが洗練されています。機種によってもデザインは異なりますが、基本的にビーツのロゴである「b」の文字は刻まれています。デザインを重視する場合は、イヤー部分のサイズや形状を比較しましょう。

 

サイズですが、「beatsX」の場合は耳に収まるサイズなので、コンパクトになっています。首からかけたとしても目立たず、ファッションを崩しませんが、独自性もなくなってしまいます。

 

イヤー部分に耳掛けが付いているタイプ(Powerbeatsなど)はそこそこサイズがあり、主張も強くなっています。その分ロゴも大きくある程度の独自性があります。

 

また、もっと大きくロゴを見せたいという場合は、ヘッドホンを選ぶと良いでしょう。ヘッドホンにもサイズがありますが、ロゴの主張が強くなっているので、ビーツのデザインが好きという方は検討してみてください。

 

続いて、カラーバリエーションですが、種類が豊富で自分の好みのカラーを選ぶことができます。ケーブルが付いている有線タイプなら、ケーブルのカラーなども確認して、普段の自分とのファッションとマッチするかを重視して選ぶと良いでしょう。

続いて、価格を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
ビーツのイヤホンは一般的なイヤホンと比較すると高価格な製品が多いです。しかし、その中でも低価格と高価格があるので、その特徴などをご紹介します。

ビーツのイヤホンで低価格な製品は、基本的に有線タイプが挙げられます。Bluetoothを搭載しているワイヤレスモデルは高性能な技術が組み込まれているため価格が高くなりやすいためです。

 

また、ノイズキャンセリングや防水性能などを搭載していないモデルに関しても比較的低価格です。ビーツの低価格イヤホンは、機能が最低限で音質を担保したものが多いため、ビーツの重低音をただ楽しみたいという方は低価格で選んでも良いでしょう。

続いて、高価格の製品は、基本的にBluetoothを搭載したワイヤレス接続方式のものが多いです。中でも近点発売された完全ワイヤレスの「Powerbeats Pro」はイヤホンの中では最も高価格になっています。しかし、当たり前ですが、高価格になるほど性能も高く、より便利になっていると言えます。

 

もし、予算に余裕があるなら、高価格の高性能モデルを検討してみても良いでしょう。

続いて、連続再生時間を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
連続再生時間はBluetoothで接続するワイヤレスタイプに関わる部分なので、有線タイプでは関係ありません。

 

ワイヤレスタイプは本体を充電してバッテリーで駆動しているため、充電が切れてしまうと使用できなくなってしまいます。そこで、連続再生時間は、1回のフル充電で音楽が再生可能な時間を表しています。この時間が長いほど、バッテリーの容量が高いことを表しています。

 

ただ、完全ワイヤレスタイプの場合は、バッテリーケースを付属しているため、バッテリーケースの容量も加味して調べると良いでしょう。ちなみに「Powerbeats Pro」はイヤー部分単体でも最長9時間と大容量なので、おすすめですよ。

 

また、充電時間も急速充電に対応しているかを確認すると良いでしょう。急速充電に対応していれば、10分程度の充電で90分使えるものもあります。
充電がいちいち面倒くさいという方は、充電時間も確認しておくと良いでしょう。

続いて、利用シーンを重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
利用シーンと言っても「特に決まっていない」という方も多いでしょう。そんな時は、スポーツをするかしないかを重視して選ぶと良いでしょう。それぞれ詳しくご紹介していきます。

通勤通学の場合、満員電車など人混みで使用する機会が多いでしょう。そんな時に便利なのは、ワイヤレスタイプです。

 

例えば満員電車だと、ケーブルが引っかかってイヤー部分が外れてしまったり、ケーブルが絡まったりしてしまうため、何かと不便に感じることが多いでしょう。ワイヤレスなら最低限のケーブルで済みますし、完全ワイヤレスなら一切これらのデメリットを受けることもありません。

 

また、徒歩で通勤通学する際に突然の雨などが想定されます。そんな時は防水性能もあると便利でしょう。防水性能はIPXという規格で定められていて、後に続く数字が大きいほど高い性能があります。雨程度なら生活防水であるIPX3~4以上あれば良いでしょう。

スポーツシーンの場合、激しい運動をして汗をかいてしまいます。その場合、先ほどと同様防水性能があると便利です。
ただ、スポーツの場合、IPX5~6程度の完全防水がある方が良いです。水没は故障の原因にもなるので、スポーツで使用される方は防水性能があるものをチョイスしてください。

 

また、激しい運動をするとイヤー部分が外れやすいです。なので、耳掛けが搭載されているものを選ぶと、外れにくくなるためおすすめです。

 

前述したとおり、ビーツはスポーツに強い製品が多く、「Powerbeats」というスポーツに対応したモデルも多くあります。
このように、自分の利用シーンに合わせて選ぶのも良いでしょう。

Apple(アップル)

Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン - ブラック

価格:24,001円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Powerbeats Proはビーツの展開する完全ワイヤレスイヤホンです。

他のイヤホンと比較して価格は高めですが、左右が独立しているため、ケーブルのデメリットを受けることがありません。

また、耳掛けが付いているため、スポーツなど激しい運動でも外れてなくなってしまうこともほとんどありません。また、防水性能もあるため、スポーツシーンで利用する方におすすめです。

 

イヤホン部分だけでも最大9時間の連続再生が可能ですが、バッテリーケースと合わせることで、最大24時間以上使用し続けることができるのも魅力です。

 

Apple(アップル)

BeatsX ワイヤレスイヤホン - ブラック

価格:9,707円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BeatsXは左右がケーブルで接続されているタイプのワイヤレスイヤホンです。

アップルが開発したW1チップが搭載されているため、アップル製品との互換性もよく、シムレスに切り替えが可能なのも魅力です。

 

ただ、低価格のため、連続再生時間が8時間とやや少なめなのがネック。ただ、5分の充電で2時間使用できる急速充電「First Fuel」を搭載しているため、そこまで不便ではありませんよ。

 

イヤー部分にマグネットがついていて、外れないように固定できるの魅力ですね。

Apple(アップル)

urBeats3 カナル型イヤホン 3.5mmプラグ - The Beats Decade Collection - レジスタンス・ブラックレッド

価格:6,335円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

urBeats3はビーツの展開する有線のイヤホンになります。

低価格なのがとても魅力で、予算がないけど重低音の高音質を楽しみたいという方におすすめです。

 

耳にフィットしやすいように、人間工学に基づいて設計されていて、サイズが合わせやすいように豊富なイヤーチップがあるため、自分にあったフィット感を得ることができます。

 

イヤー部分にマグネットが付いているので、持ち運びもしやすいという特徴があります。

今回の記事ではビーツのイヤホンのおすすめ3選と、正しい選び方などをご紹介してきました。

 

ビーツは世界中で人気のオーディオメーカーで、重低音に特化したサウンドが売りです。重低音を楽しみたいという方はビーツのイヤホンをおすすめします。
また、アップル製品との互換性も良いため、iPhoneなどアップル製品を愛用しているという方にもおすすめできます。

 

ビーツのイヤホンには種類がたくさんあるので迷ってしまうかもしれませんが、今回ご紹介した選び方を参考に、是非自分にあったものを選んでみてください。

関連する記事

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。のサムネイル画像

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。

2021/10/21

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】のサムネイル画像

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】

2021/10/21

【2022最新】オーバーイヤーヘッドホンの厳選おすすめ5選| デメリットはある?のサムネイル画像

【2022最新】オーバーイヤーヘッドホンの厳選おすすめ5選| デメリットはある?

2022/02/17

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選のサムネイル画像

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選

2021/10/21

重低音ヘッドホンの最強おすすめ【5選】臨場感と迫力あるサウンドをお届けのサムネイル画像

重低音ヘッドホンの最強おすすめ【5選】臨場感と迫力あるサウンドをお届け

2021/10/21

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版のサムネイル画像

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版

2021/10/21

耳かけイヤホンの人気おすすめ14選を紹介!|ランニングにものサムネイル画像

耳かけイヤホンの人気おすすめ14選を紹介!|ランニングにも

2021/10/21