高音質イヤホンおすすめ20選|有線イヤホン・完全ワイヤレスイヤホンも【2023】

音楽配信サービスの普及もあり、今はスマホで手軽に音楽を楽しめます。クリアな音や臨場感を求めるのであれば、高音質イヤホンを選びましょう。高音質イヤホンの選び方や有線イヤホン・完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を紹介しますので購入の参考にしてください。

2023/02/21 更新

編集部おすすめの記事

目次
※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

高音質にこだわってイヤホンを選ぶのであれば、有線タイプがおすすめです。その理由は、有線タイプは音をデータ化して飛ばす必要がないため部品が少なく、その分のコストを音質に関わる部品にあてられるからです。

 

また、ワイヤレスイヤホンはBluetoothで接続する以上、場所によっては音の途切れや遅延が起こります。そのため、音質を求める方には不向きだとも言われています。

 

ただし、「Bluetoothのコーデック」「ドライバーユニット」を考慮して選べば、ワイヤレスイヤホンでも高音質のイヤホンはあります。以下では、ワイヤレスイヤホンで高音質にこだわる場合に押さえておきたい2つのポイントを詳しくご紹介します。

 

【目次】

ワイヤレスイヤホンの場合、Bluetoothの規格(コーデック)が

音をデータに変換するときの音の損失や遅延に影響します。

 

下記に一覧を記載しますが、以下を気をつけておけば大丈夫です。

  • iPhoneの人
    ▶︎AAC対応が無いと音質が悪い
  • 遅延を気にする人
    ▶︎aptX LL > aptX Adaptive
    LLの方が速いので音ゲーならこれ
  • 音質を気にする人
    ▶︎LDAC > aptX Adaptive
     ただしLDACは1秒程度遅延あり

 

▶︎コーデックの特徴と対応スマホ一覧

コーデック 特徴 対応スマホ
SBC
  • 一番スタンダード
  • 全てのBluetooth再生機器が対応
全て
aptX
  • 低遅延・高音質なコーデック
  • Androidスマホの標準
Android
aptX LL
  • aptXよりさらに低遅延
Android
aptX HD
  • aptXよりさらに高音質でハイレゾ相当
Android
aptX Adaptive
  • aptXよりさらに低遅延・高音質
  • 最新コーデックでこれからの主流
Android
LDAC
  • ソニーが開発
  • ハイレゾ対応
Android
AAC
  • iPhone用のコーデック
  • SBCよりも低遅延・高音質
iPhone

接続の安定性はBluetoothのバージョンで決まります

簡潔にいうと、「新しいほど安定していて速くて省電力」です。

 

詳細は以下の表になりますが、これから購入するならBluetooth5.2以上が推奨です。

 

Ver

アップデート内容

 備考

4.0
  • これ以前のBluetoothとの互換性なし
  • 省電力
  • 2009年に発表
  • 古い規格
4.1
  • LTE端末(スマホなど)との電波干渉を抑える
  • 効率化&自動再接続
  • インターネットとの接続
  • 数年前の機種が対応
4.2
  • 通信速度が従来の2.5倍
  • セキュリティ面が強化
  • 上と同じく
5.0
  • 通信速度がさらに2倍(2Mbps)
  • 通信範囲が400m
  • 2016年に発表
  • 今でも対応イヤホンあり
5.1
  • ペアリングしている機器の方向探知機能追加
  • 一つ前時代の主流
5.2
  • LE Audio機能追加
  • (次世代音声規格でさらに高音質)
  • さらに省電力に
  • 現在の主流

5.3

  • LE Audio機能を高速化
  • 数は少ない

 

ただし、接続機器側(スマートフォンなど)も同じバージョンへ対応しなければ機能が発揮できない(下位互換になる)点は覚えておいてください。

イヤホンは内部の構造(ドライバーユニットの駆動方式)が3つに分かれます。

  • ダイナミック型(DD型)
    ・ドライバー1基のフルレンジで全音域を担当
    一番多く採用されている
    ・内部の振動板を振動させて響かせる方式
    ・振動板が大きくなると音質が向上
    低音を響かせやすい
  • バランスドアーマチュア型(BA型)
    ・ドライバー2基以上でそれぞれの音を担当する方式
    ・スピーカーでいうウーハーやツィーターが、しっかり別れて内臓されているイメージ
    ・高音低音をそれぞれ担当するので各音域がしっかり聞こえる
    ・コストがかかるので高級イヤホンに採用
    ・プロ仕様に多い
  • ハイブリッド型(DD+BA型)
    ・両者を合わせた方式
    ・DD型の力強さとBA型の繊細な伸びの良さを持つ
    調整が難しいため特に試聴推奨

これは一概に、どの方式がいい悪いの問題ではなく、

 

自分の音楽の聴き方にはどんな調整が向いているか

 

を考えるときの1つの指標としてみるのがおすすめです。

  • 聴き方別選択例
    ノリノリで聞きたい
     ダイナミックな低音の迫力を重視したい
    ▶︎DD型でBA型までの繊細さはいらないかも?DD型なら選択肢が多いから色々試せる

    クラシックが好きでそれぞれのパートをしっかり聞きたい
    ▶︎BA型で低音に寄りすぎない音質の方がいいかも

そもそもイヤホンかヘッドホンのどちらを選ぶべきか、という問題もありますよね。もちろん好みで選ぶべきですが、

  • 家で聞く
    ▶︎音質よく臨場感もあり、携帯性を考えなくていいヘッドホン
  • 外出先で聞く
    ▶︎目立たず携帯性がいいイヤホン

このように、主な使用場所がどこかは一つの目安になります。そもそも、イヤホンとヘッドホンはこのような違いがあります。

 

イヤホン ヘッドホン

メリット

  • 外出先で使用しても目立たない
  • 流行りはこちら
  • 直接耳穴に装着するため遮音性が高い

デメリット

  • 音を左右するドライバーが小さく、音質はヘッドホンに負ける
  • 耳の中に装着するため音がこもって聞こえる
  • 特に耳穴にイヤーピースを差し込むカナル型は頭痛を感じる人がいる

メリット

  • イヤホンより音が広がって聞こえて臨場感がある
  • イヤホンのようにポロポロ耳から落ちない
  • 耳に装着が苦手・長時間耐えられない人でも使用できる

デメリット

  • 頭にバンドをかける構造上、頭部を締め付けられて痛みを感じる人がいる
  • 外出先で使用すると目立つ

 

あくまで「音楽を聴くための道具」である以上、最終的には使用者の好みによるところが大きいものの、これらメリットデメリットを考慮の上で選択してください。

最新ワイヤレスイヤホンのバッテリーのもち(連続使用時間)は、

  • 完全ワイヤレスイヤホン 平均5〜8時間
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン 平均10〜15時間

上記の傾向にあります。

 

(実例)

SONY WF-1000XM4 8時間(NCオン)
Apple AirPods Pro 第2世代6時間(NCオン)

忘れたくないのが、リチウムイオンバッテリーで稼働する以上バッテリーの寿命がある点。ワイヤレスイヤホンのバッテリーは3年程度で寿命を迎えると言われています。

 

要するに、3年かけて連続使用時間は徐々に短くなります。スペック表記通りの時間で使用できるわけではない点は、あらかじめご理解ください。

充電時間はイヤホンの充電ルーティンが決まっていない人は気にするべきです。

今から外出しながら使いたいのに、充電がなくて使えないとなるとがっかりしますよね。

 

しかし、「夜寝る前に必ず充電ポートに接続」のように充電ルーティンが確立されているなら重要視する必要はありません。

 

充電時間は以下のような傾向にあります。

  • 完全ワイヤレスイヤホン
    イヤホン:約1〜2時間
    充電ケース:約2〜3時間
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン
    平均1.5〜3時間

 

(実例)

SONY WF-1000XM4 1.5時間
BOSE QuietComfort Earbuds II1時間(ケース約3時間)

 

もっとも、充電時間に差があると言っても数時間もの大きな違いはないため、重要視するスペックというよりかは、「なるべく短い方が嬉しい」程度の要素として考えるべきです。

1位
ソニー

WF-SP700N

本商品は、普段使いはもちろん、スポーツシーンにもおすすめのイヤホンです。左右独立型のスポーツモデルとしては初めて、ノイズキャンセリング機能を搭載。ノイズ低減により、運動に集中しやすいのがメリットです。また、外音取り込みも搭載しているため、集中したい時と周囲の音に気を配る時でモードを切り替えられるのもうれしいですね。

さらに、低音・高音ともに豊かで聴きやすいのもポイント。NFC対応でペアリングもワンタッチでできます。4色展開なので、自分にあった色を選びたい方にもピッタリ。加えて、汗や水しぶきからヘッドホンを守る防滴性能を採用しているため、快適に運動したい方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.1/Class1
連続再生時間
最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
充電時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
IPX4
サラウンド
-
重量【g】
7.6 g
2位
ソニー

WF-1000X-B

本商品は、ソニーの左右独立型ワイヤレスイヤホンです。重量6.8gの軽量コンパクトな完全ワイヤレスにも関わらず、高機能なノイズキャンセリング性能を装備。音楽を聴きながら外音も取り込める「アンビエントサウンドモード」も搭載しています。また、遮音性と快適性を両立したイヤーピースも付属し、音楽を存分に楽しめますよ。

そのため、ケーブルからもノイズからも解放され、音楽に没頭したい方におすすめです。専用アプリを使えば、歩いている時・走っている時・乗り物に乗っている時など、シーンに応じて「ノイズキャンセル・アンビエント」を自動で切り替える設定もできます。スマートにイヤホンを使いこなしたい方にもぴったりです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.1/Class1
連続再生時間
最大3時間(NC ON)最大3時間(NC OFF)
充電時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
6.8 g
3位
ソニー

WI-C600N

本商品は、長時間再生と高音質を両立させたネックバンド式ワイヤレスイヤホンです。「デジタルノイズキャンセリング機能」と「AIノイズキャンセリング機能」を搭載。周囲の音を分析した上で、環境に合わせて、人ごみや交通機関などのノイズを効果的に低減します。また、高音域をクリアにする「DSEE」により、音源が圧縮された時に失われがちな高音を補完してくれるのも嬉しいポイントです。

さらに、専用スマホアプリ「Headphones Connect」で低音域を上げ下して、自分好みのサウンドに変更もできます。外の音や人の声を取り込む外音取り込み機能もあり、利便性は抜群。高音質・高性能なワイヤレスイヤホンをお探しの方に最適の商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
最大6.5時間(NC ON時)最大7.5時間(NC OFF時)
充電時間
約2.5時間
対応コーデック
SBCAACaptX
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
27 g
4位
ソニー

WF-1000XM3 BM

本商品は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。高性能ノイズキャンセリング機能を搭載し、エンジン音のような低音から人の会話のような高音まで幅広く低減。さらに、高音質技術「DSEE HX」を採用し、CDや音楽配信サービスなどもハイレゾ級の高音質にアップスケーリングすることが可能です。

そのため、高音質サウンドに沈み込むような音楽体験がしたい方におすすめ。「360 Reality Audio」認定モデルでもあり、音に包まれるような臨場感を楽しめます。軽量な完全ワイヤレスタイプのため、いつでも携帯してどこでも音楽に浸りたい方にピッタリです。ロングバッテリーなので長時間の外出の際も安心ですよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
充電時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
8.5 g
5位
ソニー

WI-1000XM2

本商品は、コーデックLDAC対応で、ハイレゾ音源を楽しめるワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。人の囁き声から飛行機のエンジン音まで幅広いノイズを低減してくれます。また、外音取り込み機能もあり、周囲の音に注意したい時に便利です。

加えて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を合わせ持つハイブリッド型のドライバーを搭載。音楽もゲームも快適に楽しめます。そのため、高品質なネックバンド型のワイヤレスイヤホンが欲しい方にうってつけの商品です。

K・Hさんの買い物体験談

東京都 女性 20代 会社員(一般職)

初めてワイヤレスイヤホンを購入してから生活が楽に

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
購入するきっかけとなったのは人込みを移動する際に有線のイヤホンだと引っかかってしまうことが多く、自身ももちろん周りにも迷惑になってしまうために購入しようと決意をしました。

●予算感
購入前は完全ワイヤレスイヤホンを1万円前後で購入をしようと考えていました。
自身で調べていく中で、完全ワイヤレスイヤホンの場合は、人とぶつかった際に落としてしまう可能性があること、
また1万円前後だと性能のよいノイズキャンセリングやハイレゾ機能がないことを知り、
毎日使うことも考えて、家電量販店で視聴などをしながらこちらの商品に決定しました。

●迷った商品
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM4/

●決め手
1万円前後という予算からかなりオーバーしてしまいましたが、ほぼ毎日使うものになるため自分の満足するものを購入しようと探しており、
正直完全ワイヤレスにするか、首掛けにするかの二択でしたが何度か落としてしまった過去があるため今回は首掛けタイプのものを購入しました。

●懸念点
低音が少し弱いと口コミにありましたが、自分の中ではそこまで音楽にこだわるところもないのであまり気にならなかったです。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
箱の袋がどのように開ければよいのかわからず、箱に少し傷をつけてしまいました。

●使ってみた感想(良かったこと)
今まで友人に借りてしかワイヤレスイヤホンを利用したことがなかったのですが、有線のころと比べてスマホを充電しながら音楽や動画を流すことができ、電話の音質も安定することが多くなりました。
過去煩わしいと思っていた線の問題も解決し、配線のことも気にならなくなりました。また、ノイズキャンセリングも作業に集中したいというときには必須の機能となっています。

●使ってみた感想(悪かったこと)
完全に失念をしていたのですが充電が線をつながないといけないという点です。充電の線を指す場所が内側にあるためケースにしまいながら充電ができないところは正直唯一の欠点と思います。自分のセンスの問題ではありますが、今は利用しないときはS字フックにひっかけているのでそこに線をつないでいるのですが見栄えが悪いです。

●どのような人におすすめできるか
イヤホンをつけている感じがないと不安な人や、落としてしまったことがある人などにはお勧めです。運動をしているときに絶対に落とすことがないので、そこに心配をしなくて済むのは非常に大事です。

●気にする必要がなかったこと
充電の持ちはかなり気にしていましたが、あまり長時間続けて利用することはなかったのでよかったです。
もっと見る
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
44 g

ノイズキャンセリング搭載のイヤホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
商品名
WF-SP700N
WF-1000X-B
WI-C600N
WF-1000XM3 BM
WI-1000XM2
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
ネックバンド
カナル型
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
-dB
-dB
-dB
-dB
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.1/Class1
Ver.4.1/Class1
Ver.4.2/Class2
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
最大3時間(NC ON)最大3時間(NC OFF)
最大6.5時間(NC ON時)最大7.5時間(NC OFF時)
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3時間
約2.5時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAAC
SBCAAC
SBCAACaptX
SBCAAC
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
-
-
-
防水・防塵性能
IPX4
-
-
-
-
サラウンド
-
-
-
-
-
重量【g】
7.6 g
6.8 g
27 g
8.5 g
44 g
ビーツ

Beats Fit Pro MK2F3PA/A

本商品は、快適な装着感にこだわった完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。ウィングチップは耳の形にフィットし、3サイズのイヤーチップはフィット感と密閉性を獲得できます。また、サウンドはダイナミックヘッドトラッキングによる圧倒的な臨場感と、アコースティックプラットフォームによるバランス感を実現しているのも魅力の1つ。

そのため、音楽・映画・ゲームなどあらゆるジャンルを楽しみたい方におすすめです。さらに、アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込みモード・耐汗仕様なので、スポーツや仕事などさまざまな環境に適応します。再生時間は6時間で、充電ケースが付属するのも便利な点ですね。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大6時間最大7時間(ANCまたは外部音取り込みモードオフ時)
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
IPX4
サラウンド
-
重量【g】
5.6 g
マーシャル

Motif A.N.C.

本商品は、アクティブ・ノイズ・キャンセリングを備えた完全ワイヤレスイヤホンです。USB Type C 充電ケーブル・Bluetooth5.2・IPX4 防水機能を搭載しています。1回の充電で約4.5時間再生、充電ケース併用で最大約20時間の再生が可能。ワイヤレス充電にも対応しているので便利ですね。

さらに、片耳わずか約 4.25gと軽量で、防水性能も優れているワイヤレスモデルのため、ランニングやフィットネスなどのスポーツでの使用にぴったり!また、遮音性も高く、スマホに触らなくても耳元で操作が行えます。そのため、集中して勉強やテレワークに取り組みたい方にもおすすめです。3つのイヤーチップが付属しているので、快適なフィット感で音楽を楽しめますよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
106 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2
連続再生時間
約4.5時間(ANCオン)約6時間(ANCオフ)
充電時間
イヤホン:約3時間充電ケース:約3時間
対応コーデック
SBC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
イヤホン:IPX5/充電ケース:IPX4
サラウンド
-
重量【g】
4.25 g
1位
ジェイブイシー

XX HA-FX99XBT

本商品は、アルミスピンとダイヤカットのデザインがリッチなワイヤレスイヤホンです。メーカー独自の「K2 TECHNOLOGY」を採用し、ワイヤレスでありながら有線モデルにも迫るハイレゾ相応のサウンドを実現しました。SBC・AAC・aptXNFCといった各コーデックにも対応。また、専用のケーブルを使用すると有線接続もできるので、用途に応じて使い分けることができます。

加えて、NFCが搭載されているため、スマホとワンタッチで接続できるのが嬉しいポイント。再生・一時停止・ハンズフリー通話が可能なマイクとリモコンもついています。そのため、利便性に優れた高品質のワイヤレスイヤホンをお探しの方にピッタリの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
約8時間
充電時間
約2.5時間
対応コーデック
SBCAACaptX
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
48 g
2位
ソニー

WI-1000XM2

本商品は、コーデックLDAC対応で、ハイレゾ音源を楽しめるワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。人の囁き声から飛行機のエンジン音まで幅広いノイズを低減してくれます。また、外音取り込み機能もあり、周囲の音に注意したい時に便利です。

加えて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を合わせ持つハイブリッド型のドライバーを搭載。音楽もゲームも快適に楽しめます。そのため、高品質なネックバンド型のワイヤレスイヤホンが欲しい方にうってつけの商品です。

K・Hさんの買い物体験談

東京都 女性 20代 会社員(一般職)

初めてワイヤレスイヤホンを購入してから生活が楽に

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
購入するきっかけとなったのは人込みを移動する際に有線のイヤホンだと引っかかってしまうことが多く、自身ももちろん周りにも迷惑になってしまうために購入しようと決意をしました。

●予算感
購入前は完全ワイヤレスイヤホンを1万円前後で購入をしようと考えていました。
自身で調べていく中で、完全ワイヤレスイヤホンの場合は、人とぶつかった際に落としてしまう可能性があること、
また1万円前後だと性能のよいノイズキャンセリングやハイレゾ機能がないことを知り、
毎日使うことも考えて、家電量販店で視聴などをしながらこちらの商品に決定しました。

●迷った商品
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM4/

●決め手
1万円前後という予算からかなりオーバーしてしまいましたが、ほぼ毎日使うものになるため自分の満足するものを購入しようと探しており、
正直完全ワイヤレスにするか、首掛けにするかの二択でしたが何度か落としてしまった過去があるため今回は首掛けタイプのものを購入しました。

●懸念点
低音が少し弱いと口コミにありましたが、自分の中ではそこまで音楽にこだわるところもないのであまり気にならなかったです。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
箱の袋がどのように開ければよいのかわからず、箱に少し傷をつけてしまいました。

●使ってみた感想(良かったこと)
今まで友人に借りてしかワイヤレスイヤホンを利用したことがなかったのですが、有線のころと比べてスマホを充電しながら音楽や動画を流すことができ、電話の音質も安定することが多くなりました。
過去煩わしいと思っていた線の問題も解決し、配線のことも気にならなくなりました。また、ノイズキャンセリングも作業に集中したいというときには必須の機能となっています。

●使ってみた感想(悪かったこと)
完全に失念をしていたのですが充電が線をつながないといけないという点です。充電の線を指す場所が内側にあるためケースにしまいながら充電ができないところは正直唯一の欠点と思います。自分のセンスの問題ではありますが、今は利用しないときはS字フックにひっかけているのでそこに線をつないでいるのですが見栄えが悪いです。

●どのような人におすすめできるか
イヤホンをつけている感じがないと不安な人や、落としてしまったことがある人などにはお勧めです。運動をしているときに絶対に落とすことがないので、そこに心配をしなくて済むのは非常に大事です。

●気にする必要がなかったこと
充電の持ちはかなり気にしていましたが、あまり長時間続けて利用することはなかったのでよかったです。
もっと見る
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
44 g
3位
オーディオテクニカ

ATH-ANC400BT

2.89
全4件の口コミを分析
デザイン
音質(高音)
音質(低音)
その他音響・音質
フィット感
外音遮断性
音漏れ防止
接続性
携帯性
\Amazon新生活セール開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\ワンダフルデー開催中!!/
楽天で詳細を見る
本商品は、「ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を搭載したワイヤレスイヤホンです。各ハウジングの前方・後方に、ノイズを検知する2つの集音マイクが配置されています。加えて、2層の振動板を採用した専用設計の12mm径ドライバーを搭載し、高精度ノイズキャンセリングと高解像度サウンドを実現しました。

また、AAC・aptX・aptX HDの音楽圧縮形式に対応しており、高音質でサウンドを楽しめます。クイックヒアスルー機能で、すぐに周囲の音を確認できるのも便利。さらに、2台までのマルチポイントに対応しているため、スマホとパソコンの併用にもおすすめしたい商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
93 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約20時間
充電時間
約3時間
対応コーデック
SBCAACaptXaptX HD
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
防水・防塵性能
IPX2
サラウンド
-
重量【g】
87 g
4位
AVIOT

TE-BD21j

本商品は、日本人の耳に合った設計と音質を追求しているAVIOTのワイヤレスイヤホンです。さらなる高音質化と、外装を限界まで小型化したモデル。aptX Adaptiveを採用しており、高音質で低遅延性能を併せ持っているので動画再生やゲームでも活躍します。深く沈み込むような低音域が心地よく響く、原音に忠実でありながら、音楽性の高い音を表現してくれます。

また、最大9時間の連続再生が可能。ケース込みで最大45時間の再生もできるため、長時間の移動でも快適に使用したい方にピッタリ。ボイスガイダンス切り替えアプリ対応で、専用アプリのアナウンスボイスのバージョンが選択・切り替えができますよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2
連続再生時間
最大9.5時間
充電時間
約1.5時間
対応コーデック
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
防水・防塵性能
IPX4相当
サラウンド
-
重量【g】
5.7 g
1位
ジェイビーエル

JBLT110BTBLKJN

JBLから出る、エントリークラスのBluetoothワイヤレスイヤホンです。バッテリーパックがケーブルに配置され、耳元にすっぽりおさまるコンパクトなデザイン。イヤホン部にはマグネットを内蔵し、ケーブルの絡みとイヤホンの落下を防止します。約2時間の充電で、最大約6時間の利用が可能です!

本商品は長めの通勤や通学のお供にもぴったりです。ソフトな素材のイヤチップはS・M・Lの3サイズが付属し、女性でも男性でもご自身の耳にフィットするサイズを選べますよ。Bluethoothイヤホンが初めての方でも、手頃な価格でJBLのサウンドを楽しめます
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
対応コーデック
SBC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
16.5 g
2位
アップル

AirPods MRXJ2J/A

MRXJ2J/AとMMEF2J/AはどちらもAirPodsで、MMEF2J/Aが第1世代、MRXJ2J/Aが第2世代となります。見た目はほとんど同じで、違う点は充電ケースのLEDの位置です。MMEF2J/Aはケースの内側にありますが、MRXJ2J/Aの方は外側にあり充電されているか確認できるようになっています。また、ペアリング用のボタンの位置や、ふたのヒンジ部分の塗装も変更されているなど、見た目に若干、違いがあります。
音質の面で違いを見ると、MMEF2J/Aはややこもった感じでしたが、MRXJ2J/Aではクリアな音になり、音量を上げる必要もあまりなくなりました。機能面での違いで比較すると、MRXJ2J/Aは、新しく装備されたH1ヘッドホンチップにより機器の切り替え時間が短縮され、MMEF2J/Aの半分近くの時間で済むようになりました。ゲームの遅延も30%低減されています。また、Siriを使用する際、MMEF2J/Aはタップしていましたが、MRXJ2J/Aでは「Hey Siri」と話しかければ動きます。感度についてもMRXJ2J/Aで改善され、やや騒音のある場所でも反応してくれます。その他、充電によるバッテリーの持ちが良くなったというユーザーの感想もありました。
これらの比較内容では、第2世代のMRXJ2J/Aが圧倒的に進化しているようにも思えますが、実際に使用しているユーザーの感想からは、あまり違いが分からないとの声も。機能が上がったといえども、極端な変化がないと使用者には気づきにくいのかもしれません。しかし、呼びかけによるSiriの使用ができるようになったことや、充電ケースがワイヤレスになったことなど、明らかに変わった点もあります。実際に購入する際はMRXJ2J/Aの方が5,000円ほど高くなります。機能の向上による金額の差が妥当と思えるかどうかで、第1世代のMMEF2J/Aにするか、第2世代のMRXJ2J/Aにするかの分かれ目となるでしょう。
タイプ
インナーイヤー
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
5時間
充電時間
-
対応コーデック
SBC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
-g
3位
アビオット

TE-D01D-BK

本商品は、AVIOTがこだわる「Japan Tuned」を徹底して追求したワイヤレスイヤホンです。原音に近いサウンドを目指し、音のバランスもフラットなのが特徴です。従来品よりも再生時間と接続安定性が向上しているのも嬉しいポイントですね。さらに、付属のチャージンケースは、約1,800mAhと大容量のバッテリーが搭載されています。

そのため、10回以上イヤホンを充電することができます。USBを持ち歩けばモバイルバッテリーしての役目も果たすので、「バッテリー機能が充実したものをお探しの方」にピッタリ。加えてイヤホン側面のボタンで「曲の再生・停止・ボリューム調整」などの基本操作が可能なので、リモコンなしで操作したい方におすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
91 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大9時間
充電時間
約2時間
対応コーデック
SBCAACaptX
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
IPX4
サラウンド
-
重量【g】
-g
4位
ソニー

WI-C310

パワフルなバッテリーと、クイック充電に対応したワイヤレスイヤホンです。「15時間のロングバッテリー」を搭載しており、10分の充電で60分の再生ができます。首周りにしっかりフィットし、耳に沿うハウジング形状で安定した装着感が得られます。

スマホをポケットから取り出すことなく、音楽の再生や一時停止・通話の操作が可能。ハンズフリー通話にも対応しています。ケーブルはフラットタイプで丸めてもからまりにく、ハウジング部分にマグネット付きでイヤホンを外してもブラブラしません。落ち着いた上品なデザインで、どんなファッションにも合わせやすいので、おしゃれで機能的なイヤホンをお探しの方におすすめです。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
連続再生時間
最大15時間
充電時間
約3時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
19 g
5位
ソニー

WI-C200WC

本商品は、シンプルなデザインですっきりと絡まりにくいネックバンド型イヤホンです。最大15時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載しているので、1日通して使えます。さらに、10分の充電で60分再生できる急速充電にも対応しているのがメリット。また、最大8台までマルチベアリングできるので、1度Bluetoothで接続してしまえば2回目からは簡単に接続できます。

加えて、首元のボタンで曲送り・曲戻し・再生・一時停止・音量調節ができるのも嬉しいポイント。音漏れを軽減する構造になっているため、電車やバスなどの公共機関でも安心して使えます。そのため、通勤・通学などの普段使いにうってつけの商品です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
連続再生時間
最大15時間
充電時間
約3時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
19 g
6位
サウンドピーツ

SOUNDPEATS Sonic

本商品は、左右分離型のワイヤレスイヤホンです。6gと軽量ながら、6mm径のダイナミックドライバーを搭載することでパワフルな重低音を実現。日本人に合わせたチューニングが施されているのもポイントです。また、クアルコム社の「QCC3040」チップを採用しているため、環境によらない安定した接続でワイヤレスを堪能できますよ。

そのため、気軽に持ち歩けるリーズナブルなイヤホンをお求めの方に最適です。5000円以下で手に入るため、完全ワイヤレスを試してみたい高校生や大学生にもピッタリ。充電ケース併用で最大35時間のロングバッテリーなので、こまめに充電するのが面倒という方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
バランスド・アーマチュア型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2
連続再生時間
約15時間
充電時間
イヤホン:約1.5時間充電ケース:約2時間
対応コーデック
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
IPX5
サラウンド
-
重量【g】
6 g

コスパのいいワイヤレスイヤホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ジェイビーエル
アップル
アビオット
ソニー
ソニー
サウンドピーツ
商品名
JBLT110BTBLKJN
AirPods MRXJ2J/A
TE-D01D-BK
WI-C310
WI-C200WC
SOUNDPEATS Sonic
リンク
タイプ
カナル型
インナーイヤー
カナル型
ネックバンド
ネックバンド
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
-
-
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
-
駆動方式
ダイナミック型
-
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
バランスド・アーマチュア型
音圧感度【dB】
-dB
-dB
91 dB
-dB
-dB
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
-
Ver.5.0
Ver.5.0/Class2
Ver.5.0/Class2
Ver.5.2
連続再生時間
最大約6時間
5時間
最大9時間
最大15時間
最大15時間
約15時間
充電時間
約2時間
-
約2時間
約3時間
約3時間
イヤホン:約1.5時間充電ケース:約2時間
対応コーデック
SBC
SBC
SBCAACaptX
SBCAAC
SBCAAC
SBCAACaptXaptX Adaptive
ノイズキャンセリング
-
-
-
-
-
-
ハイレゾ
-
-
-
-
-
-
防水・防塵性能
-
-
IPX4
-
-
IPX5
サラウンド
-
-
-
-
-
-
重量【g】
16.5 g
-g
-g
19 g
19 g
6 g
エレコム

LBT-TWS12

本商品は、完全ワイヤレスのカナル型ステレオイヤホンです。連続使用時間はイヤホン単体で約4.5時間、ケースとの併用で最大約13.5時間使用できます。USB Type-Cを搭載し、スマホと同じケーブルを使えるのが便利ですね。スマホとの接続時には、画面にバッテリー残量が表示されます。

さらに、片側わずか約4gの軽量で、フィット感と軽量・小型を追求した完全ワイヤレスモデルのため、ランニングやフィトネスなどの運動にぴったりです!耳にフィットする耳栓タイプなため、ヘアスタイルの乱れを気にすることなく装着できます。また、遮音性も高く、スマホに触らなくても耳元で操作できるので、集中して勉強やテレワークに取り組みたい方にも最適です。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
マイクロETEMドライバー
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
連続再生時間
約4.5時間
充電時間
ヘッドホン:約1.5時間充電ケース:約1.5時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
4 g
1位
ゼンハイザー

IE60

本商品は、迫力たっぷりの重低音が楽しめるダイナミック型イヤホンです。改良されたハウジングによって、よりパワフルな音質を実現しています。強力なネオジウム磁石を採用した「ダイナミックドライバー」の搭載は、ゼンハイザーのこだわりです。イヤーアダプターやキャリングケースなどのツールも豊富に付属します。

さらに、付属のクリーニングツールを使ってお手入れができ、安定のパワフルな低音を長く楽しむことができますよ。重量14gと軽量なので、いつでも気軽に携帯することができます。耳掛け式のため人より少しかっこよく装着したい方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
115 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
14 g
2位
ソニー

WI-1000XM2

本商品は、コーデックLDAC対応で、ハイレゾ音源を楽しめるワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。人の囁き声から飛行機のエンジン音まで幅広いノイズを低減してくれます。また、外音取り込み機能もあり、周囲の音に注意したい時に便利です。

加えて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を合わせ持つハイブリッド型のドライバーを搭載。音楽もゲームも快適に楽しめます。そのため、高品質なネックバンド型のワイヤレスイヤホンが欲しい方にうってつけの商品です。

K・Hさんの買い物体験談

東京都 女性 20代 会社員(一般職)

初めてワイヤレスイヤホンを購入してから生活が楽に

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
購入するきっかけとなったのは人込みを移動する際に有線のイヤホンだと引っかかってしまうことが多く、自身ももちろん周りにも迷惑になってしまうために購入しようと決意をしました。

●予算感
購入前は完全ワイヤレスイヤホンを1万円前後で購入をしようと考えていました。
自身で調べていく中で、完全ワイヤレスイヤホンの場合は、人とぶつかった際に落としてしまう可能性があること、
また1万円前後だと性能のよいノイズキャンセリングやハイレゾ機能がないことを知り、
毎日使うことも考えて、家電量販店で視聴などをしながらこちらの商品に決定しました。

●迷った商品
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM4/

●決め手
1万円前後という予算からかなりオーバーしてしまいましたが、ほぼ毎日使うものになるため自分の満足するものを購入しようと探しており、
正直完全ワイヤレスにするか、首掛けにするかの二択でしたが何度か落としてしまった過去があるため今回は首掛けタイプのものを購入しました。

●懸念点
低音が少し弱いと口コミにありましたが、自分の中ではそこまで音楽にこだわるところもないのであまり気にならなかったです。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
箱の袋がどのように開ければよいのかわからず、箱に少し傷をつけてしまいました。

●使ってみた感想(良かったこと)
今まで友人に借りてしかワイヤレスイヤホンを利用したことがなかったのですが、有線のころと比べてスマホを充電しながら音楽や動画を流すことができ、電話の音質も安定することが多くなりました。
過去煩わしいと思っていた線の問題も解決し、配線のことも気にならなくなりました。また、ノイズキャンセリングも作業に集中したいというときには必須の機能となっています。

●使ってみた感想(悪かったこと)
完全に失念をしていたのですが充電が線をつながないといけないという点です。充電の線を指す場所が内側にあるためケースにしまいながら充電ができないところは正直唯一の欠点と思います。自分のセンスの問題ではありますが、今は利用しないときはS字フックにひっかけているのでそこに線をつないでいるのですが見栄えが悪いです。

●どのような人におすすめできるか
イヤホンをつけている感じがないと不安な人や、落としてしまったことがある人などにはお勧めです。運動をしているときに絶対に落とすことがないので、そこに心配をしなくて済むのは非常に大事です。

●気にする必要がなかったこと
充電の持ちはかなり気にしていましたが、あまり長時間続けて利用することはなかったのでよかったです。
もっと見る
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
44 g
3位
ゼンハイザー

IE 500 PRO

高解像のゼンハイザー製で、「プロフェッショナル向け」のイヤモニです。コンパクトながらパワフルなサウンドを出力する、新開発7mmダイナミックドライバーを搭載しています。さらに、独自のテクノロジーにより、大音量のステージの上でも歪みのないクリアなサウンドを実現!自分の音だけではなく、ほかの楽器や声の聞き分けも可能です。

優れた装着感を得ることができ、長時間連続で使用する方におすすめです。2種類のチップが各3サイズついており、自分の耳に合わせて使うことができますよ。また、専用のケースもついているので、持ち運んで利用することが多い方にもピッタリです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
126 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
18 g
4位
ゼンハイザー

IE 100 PRO BT BUNDLE

本商品は、ミュージシャンやクリエーターなどのプロ志向のモニタリングイヤホンです。ライブ会場や撮影現場など、現場でのモニタリングのために開発され、低音域から高音域にわたって高い再現性をもっています。新開発のドライバーにより、大音量でなくともしっかりモニタリングすることができ、耳への負担も少ないのも嬉しいポイントです。

さらに、AptX Low Latency対応で遅延も少なく、音楽関係だけではなく映像分野にもおすすめ。また、付属のBluetoothコネクターを装着することで、通話や音量調節などの機能を使用することができ、デバイスを手に持たなくても通話が可能ことも嬉しいポイントです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約10時間(SBC)
充電時間
-
対応コーデック
SBCAACaptXaptX Low Latency
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
-g
5位
Fiio

FA7S FIO-IEM-FA7S

本商品は、BAドライバーを6基搭載したハイエンドモデルのカナル型有線イヤホンです。風車をモチーフとした高級感のある316Lステンレス製シェルデザインが特徴的と言えます。2.5・3.5・4.4mmと3種類の接続プラグが付け替え可能で理想的な再生環境を実現。追加のケーブルを買わなくていいのも嬉しいですね。

さらに、約8.4gと軽くコンパクトで人間工学に基づいた「疲れにくいデザイン」を採用しているため、長時間の音楽・映画鑑賞用の商品を探している方におすすめです。また、全域で忠実な解像感がありながら柔らかさも持ち合わせており、全体のバランスがいいのも魅力の1つ。オールラウンダーなモデルなので、イヤホン1つで全て賄いたい方にも最適です。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
バランスド・アーマチュア型
音圧感度【dB】
111 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
8.4 g
THIEAUDIO

Legacy 4

本商品は、ハイエンドクラスの有線式カナルイヤホンです。ドライバー構成は、低域を担当する独自の「7mmポリマーダイナミックドライバー」+ 中高域を担当する 「Knowles製 "ED29689" BA」というハイブリッド型で構成されています。また、0.78mm 2pin端子タイプでリケーブル対応です。遮音性も高く、飛行機の中などでも活躍します。

さらに、高音域のディテールを、自然に際立たせるチューニングが施されているため、ニュートラルな音のイヤホンが欲しい方におすすめ!人間工学に基づいたモニターシェルデザインは、見た目もお洒落で海外でも高く評価されており、ビジュアルを重視されている方にも最適なイヤホンです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ハイブリッド型(3BA+1DD)
音圧感度【dB】
105 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
-g