【2023】ハイレゾイヤホン最強おすすめ13選|有線イヤホン【安い高コスパ商品も】

ハイレゾイヤホンのおすすめ製品を紹介します。安いコスパ最強製品から、大人気のSONY製・女性におすすめのおしゃれなイヤホン・ゲーミングイヤホン・高音質の最高級ハイレゾ対応イヤホンなど種類は豊富です。高音質・高コスパなハイレゾイヤホンをお探しなら、ぜひ参考にしてください。

2023/08/10 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

そもそもイヤホンかヘッドホンのどちらを選ぶべきか、という問題もありますよね。もちろん好みで選ぶべきですが、

  • 家で聞く
    ▶︎音質よく臨場感もあり、携帯性を考えなくていいヘッドホン
  • 外出先で聞く
    ▶︎目立たず携帯性がいいイヤホン

このように、主な使用場所がどこかは一つの目安になります。そもそも、イヤホンとヘッドホンはこのような違いがあります。

 

イヤホン ヘッドホン

メリット

  • 外出先で使用しても目立たない
  • 流行りはこちら
  • 直接耳穴に装着するため遮音性が高い

デメリット

  • 音を左右するドライバーが小さく、音質はヘッドホンに負ける
  • 耳の中に装着するため音がこもって聞こえる
  • 特に耳穴にイヤーピースを差し込むカナル型は頭痛を感じる人がいる

メリット

  • イヤホンより音が広がって聞こえて臨場感がある
  • イヤホンのようにポロポロ耳から落ちない
  • 耳に装着が苦手・長時間耐えられない人でも使用できる

デメリット

  • 頭にバンドをかける構造上、頭部を締め付けられて痛みを感じる人がいる
  • 外出先で使用すると目立つ

 

あくまで「音楽を聴くための道具」である以上、最終的には使用者の好みによるところが大きいものの、これらメリットデメリットを考慮の上で選択してください。

☆ここからは下記2点について詳しく解説しますが、やや長くなります。「初心者用の簡潔まとめ」だけ先に読みたい場合は、スキップしてここまでお進みください。

 

 

 

さてイヤホンの「音質」と言っても、

何をもって音質がいいとするのかの定義は難しいところです。

編集部では「いい音質」を以下のように考えました。

 

イヤホンの「いい音質」とは、

  1. 機器としての音質自体
    ▶︎ドライバー内部のこだわり。ワイヤレスならコーデックによる音質。俗にいう解像度。
  2. 聴く音楽に合った音の調整
    ▶︎高音・中音・低音の強弱や解放感、耳への刺さり方など、音楽にあった調整。

この2点が納得できる音を指すと考えます。

イヤホン自体の音質は、

などが影響します。

 

上記目次から該当の解説へ直接飛べるので、好きなところをお読みください。

低価格でまずはお試し用のイヤホンを探している初心者の方は、このまま読み飛ばして次の「Bluetoothのコーデック」の解説までスキップしてください。

ここはイヤホンの内部設計に関する少々専門的な解説です。

 

 

イヤホンは内部の構造(ドライバーユニットの駆動方式)が3つに分かれます。

  • ダイナミック型(DD型)
    ・ドライバー1基のフルレンジで全音域を担当
    一番多く採用されている
    ・内部の振動板を振動させて響かせる方式
    ・振動板が大きくなると音質が向上
    低音を響かせやすい
  • バランスドアーマチュア型(BA型)
    ・ドライバー2基以上でそれぞれの音を担当する方式
    ・スピーカーでいうウーハーやツィーターが、しっかり別れて内臓されているイメージ
    ・高音低音をそれぞれ担当するので各音域がしっかり聞こえる
    コストがかかるので高級イヤホンに採用
    ・プロ仕様に多い
  • ハイブリッド型(DD+BA型)
    ・両者を合わせた方式
    ・DD型の力強さとBA型の繊細な伸びの良さを持つ
    調整が難しいため特に試聴推奨

これは一概に、どの方式がいい悪いの問題ではなく、

 

自分の音楽の聴き方にはどんな調整が向いているか

 

を考えるときの1つの指標としてみるのがおすすめです。

  • 聴き方別選択例
    ・ノリノリで聞きたい
     ダイナミックな低音の迫力を重視したい
    ▶︎DD型でBA型までの繊細さはいらないかも?DD型なら選択肢が多いからいろいろい試せる

    ・クラシックが好きでそれぞれのパートをしっかり聞きたい
    ▶︎BA型で低音に寄りすぎない音質の方がいいかも

 

ちなみに、ドライバー口径が大きいほど低音が出やすい、というのもチェックポイントの一つです。

最新ワイヤレスイヤホンのバッテリーのもち(連続使用時間)は、

  • 完全ワイヤレスイヤホン 平均5〜8時間
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン 平均10〜15時間

上記の傾向にあります。

 

(実例)

SONY WF-1000XM4 8時間(NCオン)
Apple AirPods Pro 第2世代6時間(NCオン)

忘れたくないのが、リチウムイオンバッテリーで稼働する以上バッテリーの寿命がある点。ワイヤレスイヤホンのバッテリーは3年程度で寿命を迎えると言われています。

 

要するに、3年かけて連続使用時間は徐々に短くなります。スペック表記通りの時間で使用できるわけではない点は、あらかじめご理解ください。

充電時間はイヤホンの充電ルーティンが決まっていない人は気にするべきです。

今から外出しながら使いたいのに、充電がなくて使えないとなるとがっかりしますよね。

 

しかし、「夜寝る前に必ず充電ポートに接続」のように充電ルーティンが確立されているなら重要視する必要はありません。

 

充電時間は以下のような傾向にあります。

  • 完全ワイヤレスイヤホン
    イヤホン:約1〜2時間
    充電ケース:約2〜3時間
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン
    平均1.5〜3時間

 

(実例)

SONY WF-1000XM4 1.5時間
BOSE QuietComfort Earbuds II1時間(ケース約3時間)

 

もっとも、充電時間に差があると言っても数時間もの大きな違いはないため、重要視するスペックというよりかは、「なるべく短い方が嬉しい」程度の要素として考えるべきです。

【SONY】ハイレゾイヤホン人気おすすめ商品|世の中ランキング

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
商品名
WF-1000XM4-BM
IER-Z1R
MDR-NW750N
IER-M7
WI-1000X
説明
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
カナル型
カナル型
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ダイナミック型
バランスド・アーマチュア型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
-dB
103 dB
103 dB
103 dB
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
-
-
-
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
-
-
-
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約1.5時間
-
-
-
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
-
-
-
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
-
-
ハイレゾ
マイク
-
-
-
防水・防塵性能
IPX4
-
-
-
-
サラウンド
-
-
-
-
-
重量【g】
7.3 g
26 g
15 g
9 g
44 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WF-1000XM4-BM
5,900円
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.2/Class1
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
約1.5時間
SBCAACLDAC
IPX4
-
7.3 g
2
ソニー
IER-Z1R
210,000円
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
26 g
3
ソニー
MDR-NW750N
7,800円
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
15 g
4
ソニー
IER-M7
73,914円
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
バランスド・アーマチュア型
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
9 g
5
ソニー
WI-1000X
8,448円
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
ネックバンド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
94 dB
Ver.5.0/Class1
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
約3.5時間
SBCAACLDAC
-
-
44 g
世の中ランキングとは?
ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位
ソニー

WF-1000XM4-BM

ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン

本商品は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。低音域から高音域まで幅広くノイズを低減する高性能ノイズキャンセリング機能を搭載しています。また、アプリから「DSEE Extreme」機能を有効化することで、スマホ・MP3・ストリーミングといった多様な圧縮音源を、ハイレゾ級の高音質で楽しむことができますよ。

そのため、喧騒の中でも高品質なサウンドに没入できるワイヤレスイヤホンをお探しの方におすすめです。重量7.3gと軽量な上、さまざまな耳の形状にフィットするデザインを採用。長時間音楽に夢中になっても快適に使えますよ。Bluetooth接続も安定しているので、邪魔されることなく音楽に浸りたい方にピッタリです。

yyさんの口コミ

千葉県 女性 50代 無職

電車内でも音楽に没入できる高音質イヤホン

●元々使っていた商品
BOSEのワイヤレスイヤホン(廃棄したので型番不明)から買い替えを検討しました。

●きっかけ
それまで使用していたBOSEのワイヤレスイヤホンが壊れてしまったが、旧機種で修理をするのも現実的ではなかったため。

●予算感
ノイズキャンセリング機能があることで、音量をそんなに大きくしなくても音楽を聴くことができるのではないかと期待した。視聴したわけではないが、SONYなら信頼がおけるかな、と思ってあまり悩まずに購入した。

●迷った商品
該当しない

●決め手
ノイズキャンセリング機構は必須 という条件で口コミサイトなどを検索した。ポイントが残っていたのであまり価格は重要視せず、口コミサイト上で評価がある程度よかったので選択した。

●懸念点
特になし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
問題なし

●使ってみた感想(良かったこと)
ノイズキャンセリング効果は絶大で、電車内でも電車の騒音をほとんど気にせずに音楽を聴くことが出来る。音質も良く、楽器の数が多くなったかのような印象を受けるほど。また、設定により、自分が歩いているときには周りの音を遮断しないモードに変更することができるので、音に気付かず事故になる、ということも防ぐことが出来るのも良い点だと思った。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセリング効果をより高く得るためには、ぴったり耳にフィットさせなければならないので、耳にはめるときにすこしコツが要る。そして、夏にはめると若干暑い。また、イヤホンはケースに収納するときに、ケース側のマグネットでピッタリはまるようになっているが、そのマグネットの力が若干強く、ケースからイヤホンを取り出すのにも少しコツが必要。

●どのような人におすすめできるか
通勤中など、電車内でも車内音や解放された窓から吹き込む風の音を気にせずに、音楽を没入して聴きたいという方におすすめします。

●気にする必要がなかったこと
ノイズキャンセリングが極端すぎてまったく何も聞こえなくなってしまうのかと思っていたが、そこまでではなかったので逆に安心した。

●その他
ケースにイヤホンを格納した状態で充電します。充電ケーブルは付属していましたが、20cmぐらいの短いものです。端子はUSB-Cです。
もっと見る
レビューを閉じる

nobxさんの口コミ

島根県 男性 40代 会社員(総合職)

圧倒的高音質と業界最高ノイキャンの完全ワイヤレスイヤホン

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
最近健康のためにウォーキングを始めたのですが、音楽を聴きながら気分を上げて行おうと考えていました。どうせなら良い音で音楽を楽しみたいと思い購入を検討しました。

●予算感
当初は相場も分からず、iphoneを使用していることから2万円以下でAirPodsの一番安いモデルを検討していました。検討していく中でAirPodsにも種類があるのを知りAirPodsProと聞き比べをしたところ圧倒的にAirPodsProの方が音が良かったので、予定金額を3万円以上に変更し他のメーカーなども検討するようになりました。

●迷った商品
Air Pods Pro

●決め手
ウォーキング中に良質の音楽を楽しむためには、ノイズキャンセリングは外せない条件でした。ネットの口コミでもソニーのノイズキャンセリングはとても優秀だと評判だったので実際店頭でためしてみたところ、外音がほとんど気にならないとても良い性能でした。また音質に関しても普通のヘッドホンでは聞き取りにくい音域の音までしっかり再現できており、全体的にとてもバランスの良い音でしたので購入を決定しました。

●懸念点
全体的に大きく重そうだったので、使用中に落ちないか心配でした

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特にありません

●使ってみた感想(良かったこと)
音質は好みに分かれるところがあるかも知れませんが、低音を強調したようなモデルではなく非常にバランスの良い音質だったのでとても好感が持てました。バッテリーの長さは想像以上に良くノイズキャンセルONでも8時間は持つので普段使いには十分です。しかも充電ケースその物がモバイル」バッテリーのような仕様になっており、ケースに入れておくだけで自然と充電してくれるので、使用環境にもよると思いますが、体感では1週間に1回充電すれば良い感じでした。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセルが良すぎるのか、外を歩いていても外部の音が気にならないので、後ろからくる車や自転車などに気づきにくい事でしょうか。外音取り込み機能もあるので、ウォーキング中はそれを利用すれば良いのですが、それでは自分の思いと矛盾ができてしまうため使うのが悩ましいところです。

●どのような人におすすめできるか
ノイズキャンセリングがとても優秀なのと、バッテリーの持ちがとても良いので、電車で長時間通勤、通学する人にはピッタリだと思います。音楽の好みとしては重低音重視というよりは、高音から低音までバランス重視という感じなので、ハードロックよりはポップスやクラッシックが好きな方には特におすすめです

●気にする必要がなかったこと
全体が大きく重そうだったので、耳から落ちないか心配でしたが、装着時のフィット感が思ったよりも良く普段の生活では耳から落ちる事はありませんでした。

●その他
USB ACアダプターは別売なので買った方が良いかも
もっと見る
レビューを閉じる

Y.Tさんの口コミ

神奈川県 男性 20代 会社員(一般職)

ノイズキャンセリングが必要ならコレ!

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
テレワークが終了し、電車通勤の際の騒音が耐えられなくなった。
そのため、ノイズキャンセリングの強いイヤホンが欲しかった。

●予算感
購入前はとにかく通勤時間を無音にできるモノという方向で探していた。
色々探してみたが、完全な無音のノイズキャンセリングは存在しないことがわかり、可能な限り強いノイズキャンセリングを探すことになった。
様々なサイトを比較したところ、ノイズキャンセリングの強さでいけば最も強いとされているこの商品を選択した。

●迷った商品
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08XK9TQKW/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

●決め手
上記のURL先の商品は価格が安く、費用対効果が強いという言葉に惹かれた。
しかし、充電部分の問題など安いなりの問題を複数抱えているようでそれでストレスを溜めるぐらいならば高くていい物の方が良いだろうと思い、現在の品を購入した。

●懸念点
耳の穴の形によっては合いにくいと書かれていた点

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
問題なし

●使ってみた感想(良かったこと)
耳の形の問題は、どうやら自分の場合右耳側が顕著なようで強く押し込まないと落ちることがあった。
だが、きっちりと押し込めば特に問題はない。歩いたり満員電車に揺られるぐらいならば落ちることもないだろう。
目当てのノイズキャンセリング機能に関しては中々満足のいくものであった。
電車や駅構内のアナウンスはそれでも貫通してくるが、普段よりも大分抑えられた音量で届くため、ストレスを大分低減してくれた。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセル機能をつけたまま食事をとると、噛んだ時の衝撃音が変に響く感じになる。食事時は外すのが賢明だろう。
また、想定よりも外れやすい作りになっておりこれを付けたままランニングなどはちょっと厳しいと感じた。

●どのような人におすすめできるか
値段に糸目はつけず、とにかくノイズキャンセリング機能としての性能の良いイヤホンを求めている人には、非常に満足のいく品としておススメできる。

●気にする必要がなかったこと
充電が持つか心配だったが、杞憂であった。
片道2時間程度の通勤であれば余裕でバッテリーは持つ。

●その他
充電ケーブルであるtype-cのusbケーブルは同梱されているため、新たに買う必要はない。
正し、ケーブルを差し込むusb端子のついた充電器もしくはPCは必要である。
もっと見る
レビューを閉じる
他1件の買い物体験談を見る
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
充電時間
約1.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
IPX4
サラウンド
-
重量【g】
7.3 g
2位
ソニー

IER-Z1R

シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン

本商品は、ソニーより発売されている超高音域まで再生ができるハイレゾ対応のステレオイヤホンです。広大な音場と臨場感が体感でき、低音・中音・高音・超高温と異なる3つのドライバーを組みあわせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載し、それぞれにあったクリアな音質を提供します。

また、「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を備えていることにより音の分離感をでき、楽器やボーカルのサウンドを正確に聞きたい方にうってつけです。また、軽やかな付け心地により装着感もよく、耳への負担を減らしたい方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
26 g
3位
ソニー

MDR-NW750N

タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
15 g
4位
ソニー

IER-M7

予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン

本商品は、ソニーより発売されている音の透明感を体感できる有線イヤホンです。「マグネシウムインナーハウジング」を採用し、不要な振動を抑えます。また、ボーカルや楽器ごとのバランスを正確に再現する再生能力と高い遮音性がポイント!加えて、新しいマルチBAシステムを搭載し、それぞれの役割を補完しまう優れたイヤホンです。

さらに、新開発のプリフォームドイヤーハンガーによって素早く装着ができ、スポーツやトレーニング中といった場面でも難なく付け外しすることができます。カナル型なので音色を余すことなく聴くことができ、音楽への没入感も味わえますよ。音にこだわった分本体価格もお高めなので、予算がある方におすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
バランスド・アーマチュア型
音圧感度【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
9 g
5位
ソニー

WI-1000X

スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット

本商品は、ソニーより発売されているノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスステレオヘッドセットです。2017年発売当時は業界トップクラスで、性能も確かなもの。また、「LDAC対応機器」であればハイレゾコンテンツも劣化することなくお楽しみいただけます。さらに、「アンビエントサウンドモード」も搭載し、周囲の音にも気を配ることができます。

また、本体は高級感があり落ち着いたデザインで、老若男女問わずお使いいただけます。ファッションを選ぶ事なくナチュラルに装着できるのも嬉しいですね。加えて、ソニーならではの音響のよさもポイント!機能性と音質のよさを兼ね備えたヘッドセットを探している方にうってつけです。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
44 g

【SONY】ハイレゾイヤホン人気おすすめ商品|比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
ソニー
商品名
WF-1000XM4-BM
IER-Z1R
MDR-NW750N
IER-M7
WI-1000X
説明
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
カナル型
カナル型
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ダイナミック型
バランスド・アーマチュア型
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
-dB
103 dB
103 dB
103 dB
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
-
-
-
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
-
-
-
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約1.5時間
-
-
-
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
-
-
-
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
-
-
ハイレゾ
マイク
-
-
-
防水・防塵性能
IPX4
-
-
-
-
サラウンド
-
-
-
-
-
重量【g】
7.3 g
26 g
15 g
9 g
44 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WF-1000XM4-BM
5,900円
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.2/Class1
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
約1.5時間
SBCAACLDAC
IPX4
-
7.3 g
2
ソニー
IER-Z1R
210,000円
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
26 g
3
ソニー
MDR-NW750N
7,800円
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
15 g
4
ソニー
IER-M7
73,914円
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
バランスド・アーマチュア型
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
9 g
5
ソニー
WI-1000X
8,448円
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
ネックバンド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
94 dB
Ver.5.0/Class1
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
約3.5時間
SBCAACLDAC
-
-
44 g
1位
ソニー

IER-Z1R

シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン

本商品は、ソニーより発売されている超高音域まで再生ができるハイレゾ対応のステレオイヤホンです。広大な音場と臨場感が体感でき、低音・中音・高音・超高温と異なる3つのドライバーを組みあわせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載し、それぞれにあったクリアな音質を提供します。

また、「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を備えていることにより音の分離感をでき、楽器やボーカルのサウンドを正確に聞きたい方にうってつけです。また、軽やかな付け心地により装着感もよく、耳への負担を減らしたい方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
26 g
2位
ソニー

WI-1000X

スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット

本商品は、ソニーより発売されているノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスステレオヘッドセットです。2017年発売当時は業界トップクラスで、性能も確かなもの。また、「LDAC対応機器」であればハイレゾコンテンツも劣化することなくお楽しみいただけます。さらに、「アンビエントサウンドモード」も搭載し、周囲の音にも気を配ることができます。

また、本体は高級感があり落ち着いたデザインで、老若男女問わずお使いいただけます。ファッションを選ぶ事なくナチュラルに装着できるのも嬉しいですね。加えて、ソニーならではの音響のよさもポイント!機能性と音質のよさを兼ね備えたヘッドセットを探している方にうってつけです。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
94 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
44 g

【SONY】ハイレゾイヤホン|話題の商品の比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
商品名
IER-Z1R
WI-1000X
説明
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
リンク
タイプ
カナル型
ネックバンド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
103 dB
94 dB
Bluetoothバージョン
-
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
-
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
充電時間
-
約3.5時間
対応コーデック
-
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
-
サラウンド
-
-
重量【g】
26 g
44 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
IER-Z1R
210,000円
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
26 g
2
ソニー
WI-1000X
8,448円
スタイリッシュで本体デザイン◎高機能・音質のヘッドセット
ネックバンド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
94 dB
Ver.5.0/Class1
最大10時間(NC ON時)最大12時間(アンビエントサウンドモード)最大15時間(NC OFF時)
約3.5時間
SBCAACLDAC
-
-
44 g

【ゲーム向け】ハイレゾイヤホン人気おすすめ商品|世の中ランキング

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
商品名
WF-1000XM4-BM
WF-1000XM3 BM
説明
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
充電時間
約1.5時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
マイク
防水・防塵性能
IPX4
-
サラウンド
-
-
重量【g】
7.3 g
8.5 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WF-1000XM4-BM
5,900円
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.2/Class1
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
約1.5時間
SBCAACLDAC
IPX4
-
7.3 g
2
ソニー
WF-1000XM3 BM
4,980円
ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.0/Class1
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
SBCAAC
-
-
-
8.5 g
世の中ランキングとは?
ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位
ソニー

WF-1000XM4-BM

ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン

本商品は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。低音域から高音域まで幅広くノイズを低減する高性能ノイズキャンセリング機能を搭載しています。また、アプリから「DSEE Extreme」機能を有効化することで、スマホ・MP3・ストリーミングといった多様な圧縮音源を、ハイレゾ級の高音質で楽しむことができますよ。

そのため、喧騒の中でも高品質なサウンドに没入できるワイヤレスイヤホンをお探しの方におすすめです。重量7.3gと軽量な上、さまざまな耳の形状にフィットするデザインを採用。長時間音楽に夢中になっても快適に使えますよ。Bluetooth接続も安定しているので、邪魔されることなく音楽に浸りたい方にピッタリです。

yyさんの口コミ

千葉県 女性 50代 無職

電車内でも音楽に没入できる高音質イヤホン

●元々使っていた商品
BOSEのワイヤレスイヤホン(廃棄したので型番不明)から買い替えを検討しました。

●きっかけ
それまで使用していたBOSEのワイヤレスイヤホンが壊れてしまったが、旧機種で修理をするのも現実的ではなかったため。

●予算感
ノイズキャンセリング機能があることで、音量をそんなに大きくしなくても音楽を聴くことができるのではないかと期待した。視聴したわけではないが、SONYなら信頼がおけるかな、と思ってあまり悩まずに購入した。

●迷った商品
該当しない

●決め手
ノイズキャンセリング機構は必須 という条件で口コミサイトなどを検索した。ポイントが残っていたのであまり価格は重要視せず、口コミサイト上で評価がある程度よかったので選択した。

●懸念点
特になし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
問題なし

●使ってみた感想(良かったこと)
ノイズキャンセリング効果は絶大で、電車内でも電車の騒音をほとんど気にせずに音楽を聴くことが出来る。音質も良く、楽器の数が多くなったかのような印象を受けるほど。また、設定により、自分が歩いているときには周りの音を遮断しないモードに変更することができるので、音に気付かず事故になる、ということも防ぐことが出来るのも良い点だと思った。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセリング効果をより高く得るためには、ぴったり耳にフィットさせなければならないので、耳にはめるときにすこしコツが要る。そして、夏にはめると若干暑い。また、イヤホンはケースに収納するときに、ケース側のマグネットでピッタリはまるようになっているが、そのマグネットの力が若干強く、ケースからイヤホンを取り出すのにも少しコツが必要。

●どのような人におすすめできるか
通勤中など、電車内でも車内音や解放された窓から吹き込む風の音を気にせずに、音楽を没入して聴きたいという方におすすめします。

●気にする必要がなかったこと
ノイズキャンセリングが極端すぎてまったく何も聞こえなくなってしまうのかと思っていたが、そこまでではなかったので逆に安心した。

●その他
ケースにイヤホンを格納した状態で充電します。充電ケーブルは付属していましたが、20cmぐらいの短いものです。端子はUSB-Cです。
もっと見る
レビューを閉じる

nobxさんの口コミ

島根県 男性 40代 会社員(総合職)

圧倒的高音質と業界最高ノイキャンの完全ワイヤレスイヤホン

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
最近健康のためにウォーキングを始めたのですが、音楽を聴きながら気分を上げて行おうと考えていました。どうせなら良い音で音楽を楽しみたいと思い購入を検討しました。

●予算感
当初は相場も分からず、iphoneを使用していることから2万円以下でAirPodsの一番安いモデルを検討していました。検討していく中でAirPodsにも種類があるのを知りAirPodsProと聞き比べをしたところ圧倒的にAirPodsProの方が音が良かったので、予定金額を3万円以上に変更し他のメーカーなども検討するようになりました。

●迷った商品
Air Pods Pro

●決め手
ウォーキング中に良質の音楽を楽しむためには、ノイズキャンセリングは外せない条件でした。ネットの口コミでもソニーのノイズキャンセリングはとても優秀だと評判だったので実際店頭でためしてみたところ、外音がほとんど気にならないとても良い性能でした。また音質に関しても普通のヘッドホンでは聞き取りにくい音域の音までしっかり再現できており、全体的にとてもバランスの良い音でしたので購入を決定しました。

●懸念点
全体的に大きく重そうだったので、使用中に落ちないか心配でした

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特にありません

●使ってみた感想(良かったこと)
音質は好みに分かれるところがあるかも知れませんが、低音を強調したようなモデルではなく非常にバランスの良い音質だったのでとても好感が持てました。バッテリーの長さは想像以上に良くノイズキャンセルONでも8時間は持つので普段使いには十分です。しかも充電ケースその物がモバイル」バッテリーのような仕様になっており、ケースに入れておくだけで自然と充電してくれるので、使用環境にもよると思いますが、体感では1週間に1回充電すれば良い感じでした。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセルが良すぎるのか、外を歩いていても外部の音が気にならないので、後ろからくる車や自転車などに気づきにくい事でしょうか。外音取り込み機能もあるので、ウォーキング中はそれを利用すれば良いのですが、それでは自分の思いと矛盾ができてしまうため使うのが悩ましいところです。

●どのような人におすすめできるか
ノイズキャンセリングがとても優秀なのと、バッテリーの持ちがとても良いので、電車で長時間通勤、通学する人にはピッタリだと思います。音楽の好みとしては重低音重視というよりは、高音から低音までバランス重視という感じなので、ハードロックよりはポップスやクラッシックが好きな方には特におすすめです

●気にする必要がなかったこと
全体が大きく重そうだったので、耳から落ちないか心配でしたが、装着時のフィット感が思ったよりも良く普段の生活では耳から落ちる事はありませんでした。

●その他
USB ACアダプターは別売なので買った方が良いかも
もっと見る
レビューを閉じる

Y.Tさんの口コミ

神奈川県 男性 20代 会社員(一般職)

ノイズキャンセリングが必要ならコレ!

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
テレワークが終了し、電車通勤の際の騒音が耐えられなくなった。
そのため、ノイズキャンセリングの強いイヤホンが欲しかった。

●予算感
購入前はとにかく通勤時間を無音にできるモノという方向で探していた。
色々探してみたが、完全な無音のノイズキャンセリングは存在しないことがわかり、可能な限り強いノイズキャンセリングを探すことになった。
様々なサイトを比較したところ、ノイズキャンセリングの強さでいけば最も強いとされているこの商品を選択した。

●迷った商品
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08XK9TQKW/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

●決め手
上記のURL先の商品は価格が安く、費用対効果が強いという言葉に惹かれた。
しかし、充電部分の問題など安いなりの問題を複数抱えているようでそれでストレスを溜めるぐらいならば高くていい物の方が良いだろうと思い、現在の品を購入した。

●懸念点
耳の穴の形によっては合いにくいと書かれていた点

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
問題なし

●使ってみた感想(良かったこと)
耳の形の問題は、どうやら自分の場合右耳側が顕著なようで強く押し込まないと落ちることがあった。
だが、きっちりと押し込めば特に問題はない。歩いたり満員電車に揺られるぐらいならば落ちることもないだろう。
目当てのノイズキャンセリング機能に関しては中々満足のいくものであった。
電車や駅構内のアナウンスはそれでも貫通してくるが、普段よりも大分抑えられた音量で届くため、ストレスを大分低減してくれた。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセル機能をつけたまま食事をとると、噛んだ時の衝撃音が変に響く感じになる。食事時は外すのが賢明だろう。
また、想定よりも外れやすい作りになっておりこれを付けたままランニングなどはちょっと厳しいと感じた。

●どのような人におすすめできるか
値段に糸目はつけず、とにかくノイズキャンセリング機能としての性能の良いイヤホンを求めている人には、非常に満足のいく品としておススメできる。

●気にする必要がなかったこと
充電が持つか心配だったが、杞憂であった。
片道2時間程度の通勤であれば余裕でバッテリーは持つ。

●その他
充電ケーブルであるtype-cのusbケーブルは同梱されているため、新たに買う必要はない。
正し、ケーブルを差し込むusb端子のついた充電器もしくはPCは必要である。
もっと見る
レビューを閉じる
他1件の買い物体験談を見る
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
充電時間
約1.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
IPX4
サラウンド
-
重量【g】
7.3 g
2位
ソニー

WF-1000XM3 BM

ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン

本商品は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。高性能ノイズキャンセリング機能を搭載し、エンジン音のような低音から人の会話のような高音まで幅広く低減。さらに、高音質技術「DSEE HX」を採用し、CDや音楽配信サービスなどもハイレゾ級の高音質にアップスケーリングすることが可能です。

そのため、高音質サウンドに沈み込むような音楽体験がしたい方におすすめ。「360 Reality Audio」認定モデルでもあり、音に包まれるような臨場感を楽しめます。軽量な完全ワイヤレスタイプのため、いつでも携帯してどこでも音楽に浸りたい方にピッタリです。ロングバッテリーなので長時間の外出の際も安心ですよ。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
充電時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
8.5 g

【ゲーム向け】ハイレゾイヤホン人気おすすめ商品|比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ソニー
商品名
WF-1000XM4-BM
WF-1000XM3 BM
説明
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
-dB
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
充電時間
約1.5時間
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
マイク
防水・防塵性能
IPX4
-
サラウンド
-
-
重量【g】
7.3 g
8.5 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WF-1000XM4-BM
5,900円
ノイズキャンセリング機能最高クラスのワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.2/Class1
最大8時間(NCオン)最大12時間(NCオフ)
約1.5時間
SBCAACLDAC
IPX4
-
7.3 g
2
ソニー
WF-1000XM3 BM
4,980円
ノイズキャンセル・ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン
カナル型
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
-dB
Ver.5.0/Class1
最大6時間(NC ON時)最大8時間(NC OFF時)
本体:約1.5時間充電ケース:約3.5時間
SBCAAC
-
-
-
8.5 g
1位
ジェイビーエル

JBL Free X

ハンズフリー対応◎あらゆるシーンで対応できる完全ワイヤレスイヤホン

本商品は、ジェイビーエルより発売されているさまざまなシーンに対応したマルチな完全ワイヤレスイヤホンです。コンパクトかつスタイリッシュなデザインで公私共に使いやすいのもポイント。24時間の再生が行え、充電の手間なく音楽をお楽しみいただけます。そのほかにも、ハンズフリー通話やスマート充電ケースといった便利な機能や付属品が搭載されています。

そのため、スポーツやエクササイズ中・お散歩中・仕事中といった複数のシーンで使えるイヤホンを探している方におすすめです。また、充電ケースを用いれば最長24時間音楽を聴くことができるので、充電の手間を省きたい方にもピッタリ!出張や旅行の際に持って行きたい方にも向いています。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
96 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約7時間(ANCオフ時)最大約6時間(ANCオン時)
充電時間
イヤホン:約2時間充電ケース:約2時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
-
マイク
防水・防塵性能
IPX7
サラウンド
-
重量【g】
7 g
アルペックス

ハイレゾ対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン HR-3500BK

スタイリッシュなデザインが特徴のハイレゾイヤホンです。黒のシンプルなアルミのフォルムが、おしゃれな女性の耳に可愛らしく映ります。中高域をクリアに再現するため、ボーカル曲を楽しむのに向いています。マイク・リモコン付きなので、スマートフォンでの会話にも便利です。価格がお手頃なため、ハイレゾイヤホンを日常使いしたい女性におすすめの製品です。

ソニー(SONY)

ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700

カラーバリエーションが豊富!

どんなファッションにも合う、多彩なカラーバリエーションが特徴のハイレゾイヤホンです。「ムーンリットブルー」「ペールゴールド」「グレイッシュブラック」「トワイライトレッド」「ホライズングリーン」の5色は、色を主張しすぎない中間色です。

 

また「DSEE HX」搭載で、ハイレゾ級の高音質が楽しめるSONYならではの製品です。専用アプリでサウンドエフェクトを自分の好みにカスタマイズすることもできます。ネックバンドの曲線も美しく、軽やかに装着できます。可愛さと高性能の両方を求める女性におすすめのイヤホンです。

パイオニア(Pioneer)

イヤホン カナル型 SE-CH3T

パイオニアのおしゃれなイヤホン

音響メーカーの老舗パイオニアから販売されたハイレゾイヤホンです。コスパの良いのが特徴です。5色ありますが、特にピンクは明るく華やか。全体的に軽い作りになっており、耳の穴の小さい女性にもフィットする形状になっています。

 

また小さくても「グラフェン」という頑丈で伸縮性もあり、余分な振動のない素材が採用されているなど、機能的にも十分なものです。形状はシンプルで、合理的です。パイオニアのハイレゾイヤホンを試したい方にもおすすめです。

【高級】ハイレゾイヤホン人気おすすめ商品|世の中ランキング

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
オーディオテクニカ
ソニー
商品名
IER-Z1R
ATH-CK2000TI
IER-M7
説明
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
リンク
タイプ
カナル型
カナル型
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
-
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
ダイナミック型
バランスド・アーマチュア型
音圧感度【dB】
103 dB
102 dB
103 dB
Bluetoothバージョン
-
-
-
連続再生時間
-
-
-
充電時間
-
-
-
対応コーデック
-
-
-
ノイズキャンセリング
-
-
-
ハイレゾ
マイク
-
-
-
防水・防塵性能
-
-
-
サラウンド
-
-
-
重量【g】
26 g
12 g
9 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
IER-Z1R
210,000円
シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
26 g
2
オーディオテクニカ
ATH-CK2000TI
60,764円
カナル型
有線(ワイヤード)
-
ダイナミック型
102 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
12 g
3
ソニー
IER-M7
73,914円
予算高めの方向き◎高音質サウンドを味わえるカナル型イヤホン
カナル型
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
バランスド・アーマチュア型
103 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
9 g
世の中ランキングとは?
ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位
ソニー

IER-Z1R

シルバーに輝くアクセントが◎サウントにこだわり抜いたイヤホン

本商品は、ソニーより発売されている超高音域まで再生ができるハイレゾ対応のステレオイヤホンです。広大な音場と臨場感が体感でき、低音・中音・高音・超高温と異なる3つのドライバーを組みあわせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載し、それぞれにあったクリアな音質を提供します。

また、「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を備えていることにより音の分離感をでき、楽器やボーカルのサウンドを正確に聞きたい方にうってつけです。また、軽やかな付け心地により装着感もよく、耳への負担を減らしたい方にもおすすめです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
音圧感度【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
26 g
2位
オーディオテクニカ

ATH-CK2000TI

タイプ
カナル型
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
102 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
12 g