おすすめの高性能ワイヤレスイヤホン11選|注目すべきは音質だけではない?

快適な使い心地が特徴のワイヤレスイヤホン。さまざまなメーカーから種類も豊富に出ていますが、機種によって性能の違いがあることも。せっかく選ぶならコスパがいい高性能なワイヤレスイヤホンがいいですよね。高性能なワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめ商品を紹介します。

2021/11/19 更新

編集部おすすめの記事

好きなとときに好きな場所で音楽が聴けるワイヤレスイヤホン。最近ではさまざまなメーカーから高音質で機能も豊富なモデルがたくさん出ています。せっかく選ぶなら高性能なモデルがいいですよね。

 

ですが、性能が高いものがどのようなものなのか、イマイチわからないということも。高性能というと音質のよさをイメージしますが、実は性能の高さは音質だけでなく使用感や機能なども重要な決め手になります。

 

そこで今回は、高性能なワイヤレスイヤホンの特徴や選び方を詳しく解説します。記事の後半では、高性能なワイヤレスイヤホンで人気のメーカーとおすすめのワイヤレスイヤホン11選もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

性能がいいとされているワイヤレスイヤホンには音質だけでなく、接続の安定性や機能面などさまざまなポイントがあります。高性能なワイヤレスイヤホンの特徴を1つずつ解説します。

ワイヤレスイヤホンは無線で通信するので、接続が安定しているかどうかも重要です。接続が不安定なワイヤレスイヤホンの場合、音楽を聴いているときに音が途切れてしまいストレスに感じることも。

 

一般的なペアリング距離は10mのタイプがほとんどですが、モデルによっては30mのタイプもあるので安定性重視の方にはペアリング距離が長いモデルがおすすめです。

高性能なワイヤレスイヤホンは音質もポイントになります。メーカーや機種によって音質レベルの幅は広いですが、高音質の特徴を理解しておくとイヤホン選びにも役立ちます

ドライバーユニット」は、イヤホンの音を鳴らすスピーカー部分のことを指し、「ダイナミック型」・「バランスド・アーマチェア(BA型)」・「ハイブリッド型」・「コンデンサー型」の4種類があります。

 

ダイナミック型は低コストで低音に強く、バランスドアーマチェア(BA型)は小型でカナル型によく使用されており、高音を得意としています。

 

ハイブリッドは、ダイナミック型とバランスドアーマチェア(BA型)を1基ずつ搭載し、バランスに優れているのが特徴です。また、コンデンサー型はドライバーの中では最も広い周波数帯域と高い再現性になります。

スマホやオーディオプレイヤーからワイヤレスイヤホンに音楽を転送する際にそのままではサイズが大きいので、圧縮した状態で送られます。その圧縮方式をコーデックといい、「SBC」・「AAC」・「aptX」・「aptX HD」・「LDAC」の5種類があります。

 

SBCが一般的な圧縮方式で全てのスマホやPCに対応しており、AAC・aptX・aptX HD・LDACの順番に音質の性能が上がります。音質レベルが上がるほど、ハイレゾ相当になるのが特徴になるため、高音質にこだわりたい方はaptX HD以上のコーデックがおすすめです。

ワイヤレスイヤホンは対応コーデックによって、音質が変わるのが特徴です。一般的には「sptX HD」・「LDAC」の2つがハイレゾ相当の音質と言われています。

 

sptX HDはAndroidのスマホに採用されており、遅延が少なく高音質なのが特徴です。LDACはSONY独自の規格で、Xperiaに採用されています。

 

音質が上がれば上がるほど高性能なイヤホンに近付きますが、性能が上がる分、価格が高くなります。音質にこだわりたい方は、ハイレゾかどうかもチェックするといいでしょう。

ワイヤレスイヤホンは、連続再生時間の長さもポイントになります。一般的には5〜6時間再生のモデルが多いですが、中には24時間連続再生可能なタイプもあります。

 

再生時間が長いタイプであれば、飛行機や新幹線などの長距離移動の際にも安心です。モデルによってはケースに充電機能が搭載されているものもあり、イヤホンを収納すると一緒に充電がされるようになっているので、イヤホンを使う頻度が高い方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンには防水・防滴機能が付いたモデルもあり、防水機能は「IPX」の表記で表されています。IPXのあとに続く数字が0〜8まであり、数字が高くなるほど防水能力が高くなります。

 

IPX5程度で水滴にも対応ができるので、マラソンやスポーツをするときにおすすめです。また、IPX7程度であれば水没にも対応ができるので、シャワーのときにも使用可能になります。

 

スポーツしながら音楽を聴きたい方や、雨の日にも安心して使用したい方には防水・防滴機能付きがおすすめです。

ノイズキャンセリングは、外音の雑音やノイズをカットする機能です。周りの騒音を低減することができるので、イヤホンの音に集中することができます

 

電車や飛行機の中での乗り物音や、勉強中に使用したい方におすすめです。また、ノイズキャンセリング機能付きは、音量を小さくしても聴き取りやすいのが特徴なので、音漏れがしにくいのもポイントです。

高性能なワイヤレスイヤホンになると価格が高くなるのではと思いますが、安いワイヤレスイヤホンでも音質レベルが高いものや、機能が充実した高性能モデルも多く出ています。

 

価格は3,000円台のものから4万円以上のものまで幅広いですが、価格が安くても使い勝手のいいモデルはコスパも高く人気があります。

 

本格的な機能やハイクオリティの音質よりも、ある程度音がよくて便利機能が充実しているタイプがいい方は、コスパもチェックしてみましょう。

ワイヤレスイヤホンには、性能以外にも形状や充電方法なども選ぶ際のポイントになります。ワイヤレスイヤホン選びのチェックポイントをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンには形状の種類として、「完全ワイヤレスタイプ」・「左右一体タイプ」・「耳掛けタイプ」・「片耳タイプ」の4種類があります。

完全ワイヤレスタイプは、イヤホンにワイヤーが付いていなく、耳にはめるだけのタイプをいいます。ワイヤーがないので洋服に引っかかったりコードが絡まったりなどのわずらわしさがなく、快適で使いやすいのが特徴。

 

メリットとしては、小型で持ち運びがしやすく、片耳だけでも使用できます。小型でワイヤーがないので失くしてしまう心配もありますが、通常のイヤホンよりも装着のフィット感が高いものも多いです。

左右一体タイプは、左右のイヤホンがワイヤーで繋がったタイプです。ワイヤーが付いているので首にかかりやすく、落としにくいのが特徴です。

 

また、ケーブルがある分、完全ワイヤレスタイプに比べて音質がよく、音の遅延が少ないのがメリットです。イヤホンを使用しないときには首にかけておくこともでき、さっと装着ができるのもポイントです。

耳掛けタイプはワイヤーがなく、イヤホンを耳に掛けてはめるタイプを言います。耳に掛けることができるので、完全ワイヤレスタイプに比べて落としにくいのが特徴です。

 

装着の安定性が高いので、スポーツやランニングの際にも外れにくいです。イヤホンを失くしてしまう心配がある方には、耳掛けタイプが安心ですね。

片耳タイプは、完全ワイヤレスイヤホンが左右どちらかに装着できるタイプです。片耳だけなので、ハンズフリーで通話する際によく使用されます。

 

片耳があくので周りの声が聞き取りやすく、イヤホンをしながら会話ができます。音楽再生よりも通話で使用したい方におすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンタイプにはモバイルバッテリー搭載のタイプもあります。ケースに充電機能が搭載されており収納するときに同時に充電できるタイプと、USBに接続して充電するタイプがあります。

 

基本的にはモバイルバッテリー搭載タイプであれば、充電がしやすくなるので急な充電にも対応がしやすく、連続再生時間が長くなるのが特徴です。ワイヤレスイヤホンを使用する頻度が高い方は、モバイルバッテリーの有無も確認しましょう。

ワイヤレスイヤホンにはマイクが搭載されており、通話ができるタイプもあります。イヤホンをしたまますぐに切り替えができるので、ハンズフリーで通話ができるのが特徴です。

 

モデルによってはイヤホンをワンタッチするだけでかかってきた電話に出ることができるタイプもあります。

 

スマホに比べて音質も上がるので、外にいるときにもノイズをカットしてくれて音声が聞き取りやすくなるのもポイント。ビジネスで通話をよくする方には、マイク付きがおすすめです。

ワイヤレスイヤホンは、メーカーによって音質の特徴や機能面での違いがあります。ワイヤレスイヤホンで人気のメーカーの特徴を紹介します。

ソニーは世界的に有名なオーディオ機器メーカーで、数千円のリーズナブルなモデルからハイスペックの高級イヤホンまで、幅広いラインナップが特徴です。ソニー独自のコーデック「LDAC」は音の遅延が少なくハイレゾ相当の音質で、Xperiaに使用されています。

 

デザインもシンプルなものが多く、防水機能や外音取り込み機能など、用途に合わせて選びやすい機能も充実しています。高音質にこだわりたい方にはおすすめのメーカーです。

JBLは老舗オーディオ企業であり、世界最大のスピーカーメーカーで幅広い年代から人気があるのが特徴です。音楽スタジオや映画館、コンサートホールなどさまざまな場所で使用されています。

 

スピーカーの技術に優れているため、高性能な音質がイヤホンにも活用されており、技術力の高さと機能性・デザイン性の高いイヤホンが豊富に取り揃えられています。価格も3,000円程度モデルから1万円以下のタイプも多く、価格帯が安いのも魅力です。

BOSEはアメリカで有名な音響機器メーカーで、BOSEの音響システムは一般だけでなく企業からも高い信頼を受けています。音響の技術の高さから重低音の性能の高さが特徴で、低音の響きを重視する方から人気があります。

 

価格は他のメーカーと比べて高く3~4万円程度が相場ですが、最近では1万円台のエントリーモデルも人気があります。低音の音質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

Ankerは2011年創業の中国のオーディオ機器メーカーで、コスパの高さが特徴です。モバイルバッテリー搭載のモデルが多く、利便性の高い機能に特化しています。「Soundcore」製品が大半で、品質と価格のバランスに優れており、幅広い層から人気が出ています。

 

機能面ではモバイルバッテリー以外にも、防水機能やノイズキャンセリングなど機能面での充実性が高くコスパがいいのも魅力です。低価格で使い勝手にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

JBL

JBL TUNE120 TWS

価格:4,675円 (税込)

ピュアな低音域をワイヤレスで

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急速充電が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。約15分間の充電で1時間ほど再生ができるので、イヤホンを使う頻度が高い方でもすぐに充電ができるのが特徴です。左右に装備されたボタンでワンタッチで通話が可能リーズナブルな価格ながら、迫力のある「JBL Pure Bass」サウンドで音楽が楽しめるのも魅力のポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
JBL TUNE120 TWS
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
最大約4時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB
その他機能
マイク・自動ON/OFF・リモコン
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。乗り物音や人の声など広い範囲の騒音やノイズをカットすることができます。また、外音取り込み機能の「アンビエントサウンドモード」モード搭載で、音楽を聴きながら会話も可能に。スマホの音楽もハイレゾに相当の音質で楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-1000XM3
タイプ
カナル型
装着方法
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約8時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マイク・ノイズキャンセリング・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・リモコン
BOSE(ボーズ)

Bose Sport Earbuds

価格:20,530円 (税込)

臨場感あふれるサウンドと安定の装着感

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BOSEの特徴ともいえる、重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。最大で約5時間の連続再生が可能で、スマホで「BOSE MUSICアプリ」を利用すれば、バッテリー残量の確認やBluetooth接続の管理なども可能に。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
BOSE
商品名
Bose Sport Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大5時間
充電時間
最大2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・音質調整・リモコン・防水/防滴
Anker

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

価格:12,980円 (税込)

最大32時間のロング再生も可能に

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Soundcoreの中でもハイエンドモデルの完全ワイヤレスイヤホンです。高音質と抜群の使い勝手でコスパの高さが特徴です。バッテリー持ちがよく、イヤホン単体で最大8時間、ケース併用で最大32時間の使用が可能なので、長距離移動の際にも安心です。IPX4相当の防水性能でランニングやスポーツはもちろん、急な雨でも防水対応できるのもポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
アンカー(Anker)
商品名
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約32時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・音質調整・リモコン・防水/防滴
Apple(アップル)

AirPods Pro

価格:28,214円 (税込)

アクティブノイズキャンセリングで騒音をしっかりカット

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なアクティブノイズキャンセリング機能対応で、騒音やノイズをカットして音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンです。耳への装着感が高いシリコン素材で、カナル型なので一日中快適に過ごせるフィット感と高い遮音性が特徴です。

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
AirPods Pro
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約5時間
充電端子
充電ケース:Lightning/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・自動電源ON・リモコン・防水/防滴
SoundPEATS(サウンドピーツ)

truefree+

価格:3,184円 (税込)

リーズナブルな価格で初心者にもおすすめ

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格ながらも、音楽や通話が快適に楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。左右両方で利用することはもちろん、どちらか片方のみだけで利用できる「片耳モード」搭載で、状況に合わせて使い分けも可能に。

スペック詳細はこちら

メーカー
SoundPEATS
商品名
truefree+
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約3~4時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:microUSB
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・リモコン
BOSE(ボーズ)

SoundSport wireless headphones

価格:16,771円 (税込)

動きやすさを追求したエクササイズモデル

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エクササイズやスポーツ時でも安定した装着感が特徴の左右一体タイプのワイヤレスイヤホンです。ケーブル付きなので簡単に着脱ができ、音響性能が高いのがポイント。「Bose Connectアプリ」でイヤホンをアクティブにするだけで、紛失をしても簡単に見つけることができます。

スペック詳細はこちら

メーカー
BOSE
商品名
SoundSport wireless headphones
タイプ
インナーイヤー
装着方式
左右一体
連続再生時間
約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB
その他機能
マイク・防水/防滴・リモコン
ソニー(SONY)

ウォークマンWシリーズ[メモリータイプ] NW-WS625 B

価格:17,100円 (税込)

ウォークマン一体型のワイヤレスイヤホンでスマホいらず

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミュージックプレーヤーを内蔵したヘッドホン一体型ウォークマンです。スマホがなくても音楽再生ができるのが特徴で、トレーニングやスポーツ時にも使用ができるのが特徴です。IPX5/8相当の防水・防塵機能搭載で、汗や雨に強いのもポイントです。外音取り込み機能搭載で、環境に合わせて使用ができます。

 

スペック詳細はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
NW-WS625
装着方式
左右一体型
Bluetoothバージョン
Bluetooth 4.0
JBL

JBL TUNE110BT

価格:1,480円 (税込)

低価格ながら高音質

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBLの音響技術が活かされたワイヤレスイヤホンで、低価格ながら音質の良さが特徴の1台です。内蔵バッテリーはMicro-USB経由で充電でき、わずか2時間の充電で最大6時間の連続再生ができます。エントリーモデルとして、初心者の方にもおすすめです。ケーブルにはマイク付き3ボタンリモコンを搭載し、ハンズフリー通話も可能に。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
JBL TUNE110BT
タイプ
カナル型
装着方式
左右一体
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
microUSB
その他機能
マイク・リモコン・マグネット連結
コード長
0.8m
Apple(アップル)

Powerbeats3 Wireless

価格:10,909円 (税込)

「Apple W1テクノロジー」でiPhoneとの連携もラクラク

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Apple W1テクノロジー」採用で、iPhoneとの連携がスムーズにできるのが特徴。最大12時間の連続再生ができ、バッテリーが切れても5分の充電で1時間再生できるのもポイント。耳掛け型で安定した装着感と、耐汗・防沫仕様のため、ランニングなど運動時の汗や雨も気にせず使用できるのが魅力です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Beats
商品名
Powerbeats3 Wireless
タイプ
耳掛け
装着方式
左右一体
連続再生時間
最大12時間
充電端子
microUSB
その他機能
マイク・防水/防滴・リモコン
Anker

Anker SoundBuds Flow

価格:2,399円 (税込)

自分の耳に合わせてカスタマイズ

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで軽量なタイプが特徴のワイヤレスイヤホンです。イヤーチップとイヤーフックをカスタマイズできるので、自分の耳に合わせて調整ができるのが特徴。IPX7の防水性能搭載でスポーツ時はもちろん、急な雨でも安心して使用ができます。

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Anker
商品名
Anker SoundBuds Flow
タイプ
インナーイヤー
装着方式
左右一体
Bluetoothバージョン
Bluetooth 5.0
連続再生時間
最大約12時間
充電端子
USB
その他機能
マイク・防水/防滴・リモコン

ワイヤレスイヤホンは好きなときに好きな場所で音楽が聴けて、ワイヤーのない快適さが魅力です。自分に合った高性能な機能で、ワイヤレスイヤホンを上手に活用しましょう。

関連する記事

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選ものサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選も

2021/12/15

ワイヤレスイヤホンおすすめ10選!|おすすめメーカーや機能も紹介!のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンおすすめ10選!|おすすめメーカーや機能も紹介!

2021/10/22

ワイヤレスイヤホンの通話は音質悪い?音がこもって聞こえる対策を紹介のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの通話は音質悪い?音がこもって聞こえる対策を紹介

2022/04/05

【2022最新】QCYのワイヤレスイヤホンおすすめ10選&口コミのサムネイル画像

【2022最新】QCYのワイヤレスイヤホンおすすめ10選&口コミ

2021/10/22

バッテリー長持ちなワイヤレスイヤホン15選|長持ちさせる方法も紹介のサムネイル画像

バッテリー長持ちなワイヤレスイヤホン15選|長持ちさせる方法も紹介

2022/04/05