ソニー WF-SP900-Bの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥7,018
ソニー WF-SP900-B イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー WF-SP900-B イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/20 更新

ランク王編集部

防水機能つき!本体にメモリーが内蔵されたカナル型イヤホン

本商品は、ソニーより発売されている防水・メモリーを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。本体に内蔵されたメモリーは4GB!約920曲を保存することができます。最大で6時間も連続再生できるのは便利ですね。また、スマートフォンのアプリを使えば、スマートフォン上で低音域の上げ下げをすることができます。

「アンビエントサウンドモード」を搭載し、外音の取り込みも。より気楽に音楽を楽しみたい方にもおすすめです。本体にメモリーが内蔵されているため、本体のみでもお気に入りの楽曲を聞くことができます。防水機能とあわせて、スポーツや雨の日に使いやすいイヤホンをお探しの方に最適です。

編集部おすすめの記事

WF-SP900-Bの基本スペック

タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域
20Hz〜20kHz
充電端子
充電ケース:USB Type-C
ワイヤレス 
Bluetooth
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
連続再生時間
ワイヤレス接続時:最大3時間メモリー再生時:最大6時間
充電時間
本体:約2.5時間充電ケース:約3.5時間
対応コーデック 
SBCAAC
NFC 
NFMI・MiGLO対応 
マルチペアリング対応 
マイク 
外音取り込み
音質調整
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
防水・防塵性能 
防水:IPX5/8相当防塵:IP6X相当
リモコン 
AIアシスタント呼び出し機能
カラー
ブラック
重量【g】
7.3 g

WF-SP900-Bの通販サイト比較

楽天 ¥7,018

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥9,200

在庫 : ○

送料 : 無料~

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥7,018

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【2万円以下】ワイヤレスイヤホンおすすめ12選 | ノイズキャンセリング付きものサムネイル画像

【2万円以下】ワイヤレスイヤホンおすすめ12選 | ノイズキャンセリング付きも

2022/08/02

防水ワイヤレスイヤホンおすすめ26選 | スポーツやお風呂に最適!のサムネイル画像

防水ワイヤレスイヤホンおすすめ26選 | スポーツやお風呂に最適!

2022/07/29

【マルチペアリング対応】ワイヤレスイヤホン10選!2台同時接続できるモデルものサムネイル画像

【マルチペアリング対応】ワイヤレスイヤホン10選!2台同時接続できるモデルも

2022/04/27

【2022年最新】スマホイヤホンマイクおすすめ20選!音質は?のサムネイル画像

【2022年最新】スマホイヤホンマイクおすすめ20選!音質は?

2022/03/15

【2022版】おすすめワイヤレスイヤホン26選|高コスパ&高音質【iPhone・Android】のサムネイル画像

【2022版】おすすめワイヤレスイヤホン26選|高コスパ&高音質【iPhone・Android】

2022/02/01

【2022最新】安いワイヤレスイヤホンおすすめ20選|1万円以下も【コスパ最強】のサムネイル画像

【2022最新】安いワイヤレスイヤホンおすすめ20選|1万円以下も【コスパ最強】

2022/02/01

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】

2022/01/13

密閉型イヤホン(カナル型イヤホン)の特徴とは?|おすすめ商品もご紹介!のサムネイル画像

密閉型イヤホン(カナル型イヤホン)の特徴とは?|おすすめ商品もご紹介!

2021/12/15

【最新版】密閉型完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】密閉型完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選ものサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選も

2021/12/15

【価格別に紹介】カナル型イヤホンの最強おすすめ【27選】のサムネイル画像

【価格別に紹介】カナル型イヤホンの最強おすすめ【27選】

2021/12/15

【最新版】5000~10000円で買えるワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5000~10000円で買えるワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】1万円以下のカナル型イヤホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円以下のカナル型イヤホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

1万円以下で買えるワイヤレスイヤホン20選|ノイズキャンセリング対応も!のサムネイル画像

1万円以下で買えるワイヤレスイヤホン20選|ノイズキャンセリング対応も!

2021/12/15

【最新版】8000円以下で購入できるワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】8000円以下で購入できるワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】防水IPX7~8のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】防水IPX7~8のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】防水IPX5~6のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】防水IPX5~6のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【2022年最新】ソニーのイヤホンおすすめ14選|ハイレゾ相当の独自技術も紹介のサムネイル画像

【2022年最新】ソニーのイヤホンおすすめ14選|ハイレゾ相当の独自技術も紹介

2021/12/15

【最新版】ソニーの完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【徹底解説】ワイヤレスイヤホンの種類と形|メリットやおすすめ完全ワイヤレスものサムネイル画像

【徹底解説】ワイヤレスイヤホンの種類と形|メリットやおすすめ完全ワイヤレスも

2021/12/15

【最新版】スポーツに最適な完全独立型ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】スポーツに最適な完全独立型ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新】ランニング用ワイヤレスイヤホンおすすめ15選|安いけど高性能なのは?のサムネイル画像

【最新】ランニング用ワイヤレスイヤホンおすすめ15選|安いけど高性能なのは?

2021/12/14

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説

2021/12/14

【最新版】2万円以下の完全ワイヤレスイヤホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】2万円以下の完全ワイヤレスイヤホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【iPad対応イヤホンおすすめ12選】イヤホン端子のあるなし一覧も!のサムネイル画像

【iPad対応イヤホンおすすめ12選】イヤホン端子のあるなし一覧も!

2021/12/14

【最新版】マルチペアリング対応!完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】マルチペアリング対応!完全ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

イヤホンは有線と無線どっちがいい?理由は?【おすすめ10選も】のサムネイル画像

イヤホンは有線と無線どっちがいい?理由は?【おすすめ10選も】

2021/12/13

【最新版】ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】完全独立型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】完全独立型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【徹底比較】ソニーのワイヤレスイヤホンおすすめランキング|WF-1000XM3も!のサムネイル画像

【徹底比較】ソニーのワイヤレスイヤホンおすすめランキング|WF-1000XM3も!

2021/12/01

Type-Cのおすすめイヤホン6選!イヤホンジャックへの変換アダプタも紹介のサムネイル画像

Type-Cのおすすめイヤホン6選!イヤホンジャックへの変換アダプタも紹介

2021/11/30

【2022最新版】インナーイヤー型イヤホンのおすすめ5選|AirPodsを使いこなそうのサムネイル画像

【2022最新版】インナーイヤー型イヤホンのおすすめ5選|AirPodsを使いこなそう

2021/11/30

【最新版】1万円以下のカナル型イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円以下のカナル型イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/16

メモリ内蔵ワイヤレスイヤホンを徹底解説|ソニーのおすすめ商品も!のサムネイル画像

メモリ内蔵ワイヤレスイヤホンを徹底解説|ソニーのおすすめ商品も!

2021/10/22

ワイヤレスイヤホンおすすめ10選!|おすすめメーカーや機能も紹介!のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンおすすめ10選!|おすすめメーカーや機能も紹介!

2021/10/22

ソニー(SONY)

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900 : Bluetooth対応 左右分離型 防滴 防塵 4GBメモリ内蔵 2018年モデル ブラック WF-SP900 BM

価格:21,661円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
wf-sp900
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス(左右分離型)
構造
密閉型(クローズド)
Bluetoothバージョン
Ver.4.0/Class2
連続再生時間
ワイヤレス接続時:最大3時間、メモリー再生時:最大6時間
充電時間
本体:約2.5時間、充電ケース:約3.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
防水・防滴
強力な防水と防じん対応の機種となっています。規格もIP65/IP68相当のなので、かなりの雨の中でも大丈夫です。右と左のヘッドホン本体を繋げるリーシュコードも付いているので、水中でも安心して利用できます。
ヘッドホン内に内蔵装備のマイクロホンにより、人の声や環境音を取り込む機能を搭載しています。電車などを使用する際の、アナウンスが聞きたい時などに有効です。 またスポーツ中などでも周りの状況に、気を付けておくことができます。ON/OFFが切り替えられる外音取り込み機能は、集中したい時とそれ以外の外の音も聴きたい時の使い分けができます。
音楽プレーヤー機能を搭載しているので、ヘッドホン本体だけあれば音楽を楽しむことができます。家事などをしていて、スマートフォンから離れる場面であっても音楽を楽しめます。 またメモリー再生も最大6時間と充分にあり、出張時などの長距離移動でも安心できます。
歩いていると振動が耳の中で響き、という声がでています。Sonyということで音質を期待している方が多く、振動などで音が聞こえにくいとがっかりする意見もあります。
耳の中にガッチリ固定するタイプなので、長い時間耳に着けていると少し痛いという声もでています。ただ首を振っても外れることはないので、プールなどで使っても問題ないです。ただ注意事項を守って使用しても、水が入ったという意見も一部にはあります。
こちらは本体以外の意見になりますが、充電ケーブルが短いというものです。別ケーブルを購入するのがおすすめになります。他には収納ケースが少し大きいという声もでています。
こちらは当たり前ともなりますが、スマートフォン保存の音楽は再生できません。水中ではBluetoothが使えない環境なので、当然スマートフォン保存の音楽をストリーミング再生することはできません。
最大の特徴は4GBの内臓メモリがある点になります。これがあることでbluetoothの接続がなくても、すぐに音楽を聴くことができます。 またbluetoothに接続して動画を見ても、遅延がほとんどなく素晴らしい音質で視聴することができます。値段が少し高いという意見もありますが、その部分を差し引いてもその性能に軍配が上がります。
その軽量さでランニングなどにも使えると高評価です。とにかく軽くて小さく、運動をしながら音楽を聴くのにはうってつけです。 水の中でも再生できるので、ジョギングやランニング以外にも水泳などのスポーツにも利用できます。耳に付けていてても痛くないという声も多くあり、スポーツ向きとされる大きな理由の一つです。
機能面と操作面についても高い評価を受けています。機能的には接続もしやすく、音が途切れることなどもありません。特に動画試聴の際に、音ズレの遅延がないのでスポーツや動画を見るならかなり良いレベルです。 音質もハイエンドヘッドホンと比べれば少し劣りますが、実用には十二分に快適に使えます。操作についてもボタンのため、間違えてしまうこともないのが好評です。
買ったばかりでは音質は最悪という声もありますが、自分好みに音質のカスタマイズができます。かなり微妙な変更ができるので、少しづつ変えていくとBOSEを10とすると8ぐらいにはなります。こうすることで好みの音楽が快適に聞こえるようになります。
おこずかいを貯めて平成最後の大奮発。所持金が36円となってしまいましたがとてもいいプロダクトですよ!前回7000円ちょいのpasonomiイヤホンで大失敗したので、大満足!!WALKMAN(a40)との相性もよし。 値段の割に高級感が少し足りないがとてもいいデザインとなっている。 NFCは神。バッテリー内蔵とか言っているが正直使わん。充電3回できるケースもよし!

出典: https://www.amazon.co.jp

満足感が溢れる意見となっています。充電が3回できるケースの評判もいいようです。
まず、防水機能を重視し購入しました。ただ、ノイズキャンセリングではない為、人と一緒にいるときは外の音も聞こえるようにする。人混みで落ち着かないときはその機能をオフにする…と使い分けができます。人混みが苦手な私にとったらいい機能に出会えました!ただ、値段が少し高め…の割にあまりいい機能が…そこはガッツリと使用したい方、最寄りの家電製品店で実物を見たら決められてはいかがでしょうか?

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの方は防水機能を重視した方の意見です。ノイズキャンセリング機能は付いていませんが、概ねその他の機能には満足しています。
SONYなのでと思い購入してみましたが音に関しては イコライザをかなりいじくらないと駄目ですね それでもまだ微妙な感じです 歩くと振動音が響く感じがしますし 防水はそんなに濡れる環境では使わないのであまり気にならないです これだけの値段なのですしSONYさんなのでもう少し良い製品を作れたのではないでしょうか? 音にはこだわらない人には良いと思いますが・・・

出典: https://review.kakaku.com

こちらの方はSONYのブランド性を信じて購入しています。今回の製品もこういった方が多くいるようです。イコライザを変える方が多数います。
総合評価は凄く良いです!ちなみに自分は左右分離型ワイヤレスイヤホンは初めてなのですが、使ってみてすぐに「買って良かった!」と思いました。旧機種のSP700nからさらに防水防塵性能が格段に上がり水陸問わず快適に使用できる仕上がりになっています。 まず機能面についてです。接続はとてもしやすく音が途切れることもありません。基本的にトゥルーワイヤレスは遅延が酷く音ゲーは愚か動画試聴などは音ズレが酷く使い物にならないとのことで手をだしていませんでした。ですがこちらのイヤホンはほとんど動画の際には遅延がないです。そして操作がボタンのため間違えてしまうこともないです。 続いて音質です。結論を言うと十二分に良いです!もちろん他のハイエンドイヤホンやヘッドホンと比較すれば良くないですが、スポーツや動画を見るレベルならかなり良いと思います。他の方もレビューで書いていますが確かに低音は物足りないです。ただイコライザーで【clearbase】というのを最大にすると良くなり、さらに元々所有していたイヤホンで使用しているTs-500のイヤーピースに変えたことで低音が漏れず聴こえやすくなり、さらにフィット感も上がりとても使い易くなりました!これはオススメです!ですが水場での使用の際には付属の専用イヤーピースを使用して下さい。

出典: https://www.amazon.co.jp

左右分離型ワイヤレスイヤホンは初めての方からの声です。初めての方にも総合評価は凄く良かったみたいです。
音切れが頻繁におきます。ソニーだからと思い品質を信じて買いましたがやはりダメダメです。以前に使っていたeofineは全然音切れも無く娘が使ってるBoseもほとんどないそうです。明日返品、交換か修理ですが、残念です。交換か修理でなおれば良いですが、Boseに乗り換えようかなと考えてます。

出典: https://review.kakaku.com

こちらは音切れが頻繁に起こるという悪い意見です。ほかではあまり聞かないので、製品の個体差かも知れません。
(iPhoneを使用) 良い点 ・ペアリングしてから動画を見れば画と音の差がない ・メモリ内蔵でスマホなしで聞ける。散歩やランニング時は便利 ・雨が気にならない。気持ちも楽 ・内蔵メモリへの音声の転送が簡単 ・連続再生時間が長い。充電が気にならない ・タップセンサーが便利 ・見た目がかっこいい ・米津さんになれる

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの方は良い評価が多いようです。
Netflixで動画を見てみましたが、全く遅延も見られず接続が切れる事も有りませんでした。 人混みではまだ試していないのでわかりません。 音質も結構よく、フィット感もいいです。 ただ、充電器が丸いので転がります。 落とさないように注意してください。

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらは動画を見た際の評価です。ほかでも多く声が出ている、遅延も見られないという意見です。
水泳にも使用できる防水機能があったので、この商品を購入しました。ワイヤードに比較して、ワイヤレスなので音質は程々といったところでしょうか。個人差があるので水泳にも使用してからのほうが良いでしょう。 機能的には満足しています。

出典: https://shopping.yahoo.co.jp

こちらでは水泳にも使用できるというのが評価されています。
ソニー(SONY)

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

価格:16,000円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一番の違いを探すと、wf-sp900はスポーツ向けでSP700Nは音楽向けということになります。wf-sp900のように音楽プレイヤー機能搭載ではありませんが、目玉機能としてデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しています。 これがあることでSP700Nは迫力の重低音で、周囲のノイズを気にしないで静かに音楽聴けます。 スポーツということではなく日頃の音楽を聞くためのイヤホンとしては、wf-sp900よりもWF-SP700Nの方が向いているかも知れません。 もちろんスポーツモデルとして出発しているので、ノイズの軽減のほかにも全身を動かす運動などでも外れにくい装着感やフィット感です。 従来のワイヤレスイヤホンと大きく異なり、ケーブルから解放され身体を動かすことの心地よさを体感できます。
ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N : Bluetooth対応/高音質モデル/apt-x対応 2019年モデル グレー WI-C600N HM

価格:11,000円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽プレイヤー機能搭載ではありませんが、高音質と長時間再生とを両立した「ネックバンド式ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン」となっています。 デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しています。これはボタン1つをセットすることで、3モードから最適なノイズキャンセリングを自動選択できます。 柔らかく首まわりにフィットする、シリコン製フレキシブルネックバンドを採用しています。このバランスの良い形状は、長時間リスニングも快適にしています。
ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C200 : Bluetooth対応/最大15時間連続再生/マイク付き 2019年モデル ブラック WI-C200 BC

価格:4,730円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年7月6日(土)に発売となった最新のイヤホンがWI-C200です。ソニーのワイヤレスイヤホンの現行モデルの中では、WI-C200 がもっともリーズナブルな価格の一つです。 Bluetooth搭載のワイヤレスイヤホンとして最も低価格帯モデルとなっていますが、 大きな特徴は最大15時間連続再生可能なバッテリーを搭載していることです。 ほかにも10分間の充電で、60分再生が可能なクイック充電なども便利です。 同じ日に発売にはWI-C310があります。ハウジング部に光沢加工が施してあったり、フラットケーブル採用などがWI-C200 との違いです。 これから、Bluetooth搭載のワイヤレスイヤホンをデビューしてみたい方に向いた、求めやすいエントリーモデルになります。
ソニー(SONY)

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900 : Bluetooth対応 左右分離型 防滴 防塵 4GBメモリ内蔵 2018年モデル ブラック WF-SP900 BM

価格:21,661円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー wf-sp900について製品情報や口コミ・レビュー情報・商品比較を行ってみましたが如何でしたでしょうか。 ソニー完全ワイヤレス第4弾となる本機は、いろんな機能を目一杯詰め込んだかなり欲張りな多機能モデルとなっています。 目玉機能の音楽プレイヤー機能搭載で、単独で音楽が聴けたりはもちろん高い防水性や防塵性も高評価となっています。 世界のトップアスリートが装着していたことでブレイクした、アップルのAirPodsに続くのが完全ワイヤレスイヤホンです。 その増えてきたバリエーションの中で圧倒的な存在感を示しているのが、このメモリー内蔵完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン、ソニーwf-sp900になります。 活動的な方に向いているモデルの一つです。