Bose sleepbuds イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥29,160
Bose sleepbuds イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Bose sleepbuds イヤホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

sleepbudsのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

Bose sleepbudsの基本スペック

BOSE(ボーズ)

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ

価格:29,160円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Bose(ボーズ) 商品名 sleepbuds
タイプ インナーイヤー型 装着方式 完全ワイヤレス
構造 開放型 プラグ形状 ワイヤレスのためなし
連続再生時間 最長16時間 充電時間 最大8時間
その他機能 ヒーリングサウンド、アラーム

Bose sleepbudsのおすすめポイント

ヒーリングサウンドで、不快な音をマスキング

外からのノイズをマスキングすることで、安眠を手助けてくれます。具体的には、不快な外からのノイズをマスキングするように、本体がヒーリングサウンドを流し続けてくれます。

これにより、安眠を妨げる不規則なノイズを脳が知覚しにくくなり、ぐっすり眠ることができるようになります。

イヤーチップが耳にしっかりフィット

シリコン製のイヤーチップは、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの3サイズがそろっているので、自分の耳の中に快適にフィットするものを選べます。

 

耳にぴったりとフィットするので、横向きになったり寝返りを打ったりしても、耳から外れることはなく不快に感じることはありません。

どんな寝相にも対応してくれるのは、心強いですね。

1回の充電で最大16時間使用可能

使わない時はケースに収納することで、充電したまま本体を保護することができます。

一度のフル充電で最大16時間使用できるので、一晩はバッテリー切れを心配することなく使うことができます。

 

場合によっては二晩使うことができるので、充電の煩わしさから解放されることでしょう。

Bose sleepbudsの悪い点をレビュー

すべての外部の音をマスキングするのは困難

本製品は、本体からヒーリングサウンドを発生させる、独創的なアイデアを採用しており、かなりの外部の音をマスキングできます。

しかし、外部の音をすべてマスキングできるわけではありません。外部の音を遮断するためにヒーリングサウンドの音量を大きくしすぎると、今度はヒーリングサウンドの音量が大きすぎて、眠れなくなるという本末転倒なことが起こり得ます。

ループ間隔が短いサウンドが気になる

本体からヒーリングサウンドが流れるのですが、サウンドの長さは限られており、短い曲は何度もループすることになります。

ループの間隔が短いと、「あ、今ループした」と気になってしまい、入眠の妨げになる場合があります。

 

ヒーリングサウンドは数種類あるので、自分の眠りにあったサウンドを選びましょう。

通常のBluetoothイヤホンとして使えない

製品の仕様なので仕方ないのですが、本製品は通常のBluetoothイヤホンとして使えないので、本当に眠るとき専用の製品となってしまいます。

せめて、自分のスマホに保存している音楽くらいは聴けるようになってほしい、という口コミは多いです。

 

購入時に、誤解しないように気を付ける必要があります。

品質面で難あり

睡眠の質を上げるコンセプトで設計された、画期的な製品ではありますが、残念ながら製造品質があまりよくない口コミが目立ちます。

フル充電ができない、片方のイヤホンから音が聞こえなくなったなど、品質面で不安定さを感じさせます。

 

決して安い製品ではないので、価格に見合った製造品質を実現してほしいところです。

Bose sleepbudsの良い点をレビュー

多彩なヒーリングサウンドが安眠に誘う

内蔵されているヒーリングサウンドは、本製品の遮音性能に合わせて開発されています。

本製品に必要なBose Sleepアプリには、ヒーリングサウンドが多数内蔵されており、どのサウンドも、さまざまな種類の不快なノイズをしっかりとマスキングしてくれます。

 

ぞれぞれに好みのサウンドを、是非見つけてみてください。

長時間の装着も気にならないフィット感

イヤーチップの耳に当てる部分はシリコン製で、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの3種類から選択できるので、自分の耳にフィットするイヤーチップを選択できます。

また、重量もそれほど重くないため、寝ているときに気になることはあまりないようです。

スマホが不要なPhone-Freeモードがある

Bose Sleepアプリで「Phone-Free Mode」を有効にすると、スマホの電源が入っていないときでも、本製品の一部の機能を使うことができるので、スマホのバッテリーの節約になります。

本モードを有効にすると、充電ケースから本体を取り出したときに、すぐに選択したヒーリングサウンドを再生してくれます。

 

ただし、本機能を使うと、アラームを鳴らしてくれないので、注意が必要です。

Bose sleepbudsの口コミを集めました

単純にヒーリングサウンドを流して外音を聞こえなくする単純なものでした。 ヒーリングサウンドをMAXまで上げないと外音が聞こえます。MAXにあげれば煩くて眠れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

本製品は、本体からヒーリングサウンドを流すことで、外の音を聞こえなくする仕組みです。 外の音が大きい場合、サウンドの音量を大きくする必要があり、その結果サウンドの音がうるさくて眠れなくなることがあります。

長時間、耳につけても全く気にならないほどの軽さと装着感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

安眠用のイヤホンということもあり、装着による違和感を最小限に抑えています。 また、重量も軽いため、長時間の使用でも問題なく、寝返りを打っても気になることはないでしょう。

アラーム機能もあり、周りに迷惑かけることなく、起きれるのも評価出来る所です。

出典:https://www.amazon.co.jp

本製品はアラーム機能がついているため、セットした時間になると、装着している本人だけが認識して起きることができます。 アラーム音により、他の人を起こしてしまう心配はないようです。

気になった箇所としては、あくまで騒音で寝れない人が別の音で軽減して寝れるような設計なのか、10種類のホワイトノイズの再生時間が短くすぐにループしてしまう所です。 5秒から10秒ほどでループするため、別のことを気にしている場合は良いですが、ループしていることを気にしてしまうと、それが睡眠の妨げになってしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

製品は、本体からヒーリングサウンドを流すのですが、ループの時間が短いものが多いです。 その結果、ループを意識しなければ問題ないのですが、ループが気になり始めると、眠りにつけなくなる恐れがあります。

購入して2ヶ月経ちましたが交換を申請する事になりました。 症状は左のイヤホンだけ充電出来ない、就寝中に勝手に音量が上下する、左だけ充電の減りが異常に早い、設定していない時間にアラームがなる、夜中に大音量のバグったような電子音が鳴る、という物でした。

出典:https://www.rakuten.co.jp

残念ながら、使用後間もない段階で故障することがあるようです。 充電できない、電池の減りが早い、ノイズが発生するなど、致命的な欠陥と言えます。製品の信頼性という点では、ソニーなど日本のメーカーの方がよいようです。残念ながら、同じコンセプトのイヤホンはありませんが。

私は他の家人と生活サイクルが数時間異なっているため、まだ寝ている時間帯に朝バタバタと階段を上り下りする音や、洗濯機・掃除機などの音が耳に入ることがありましたが、sleepbudsを着けて寝ている時は一切気になりませんでした。というか、気付きませんでした。ガッツリ就寝できていると感じます。

出典:https://www.rakuten.co.jp

1人暮らしだと気になることはありませんが、1人暮らしではないと、家人の生活音で眠れなくないことはよくあります。本製品により、それらの雑音をだいぶ抑えることができるようです。

睡眠の質が良くないため購入しました。 耳栓を使用していたことがありましたが、目覚ましが聞こえない、耳が痛くなる等の理由でやめました。 こちらはいずれの問題も解消してくれるため重宝しています。

出典:https://kakaku.com

単なる耳栓は、必要な音が聞こえなかったり、フィット感が悪かったりしますが、本製品であれば、アラームが聞こえたり、耳にフィットしやすいなど、高価格ならではの満足感が得られるようです。

環境音の種類と音量は固定で良いという人は、Phone-Freeモードにすることをお勧めします。スマホのバッテリーに優しく、使い方もシンプルになります。

出典:https://kakaku.com

本製品は、スマホの専用アプリでヒーリングサウンドを再生するモードと、スマホを使わないPhone-Freeモードがあります。 前者は多彩なサウンドを選べるものの、再生中はスマホの電池を消費してしまいます。 一方後者は、スマホがなくても本製品単体で動かせます。サウンドは固定となってしまいますが、スマホの電池を消費しないメリットは大きいようです。

Bose sleepbudsとアドバンスドスリーパー の違い

ADVANCED SOUND GROUP

アドバンスドスリーパーイヤホン フレキシブルシリコン軽量コンパクトイヤホン ノイズアイソレーション 睡眠 旅行 瞑想 リラクゼーションに最適

価格:1,350円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリーパーは、旅先での移動中や、睡眠時などに快適に使用できるように設計された、スリーピングイヤホンです。

 

使い方は通常のイヤホンと同じですが、睡眠とリラクゼーションに適した、穏やかなサウンドになるように設計されています。

自分の好きな音楽をかけながら眠りにつくのに、適した製品と言えます。

 

イヤーピースは、デフォルトで装着されている1サイズのみで、他のサイズに交換することができないので、耳のサイズに合わなければ、残念ながら購入する意味はないでしょう。

 

また、スリーパーはsleepbudsと違って有線のイヤホンなので、ベッドで装着しながら寝ると寝返りを打った時に違和感を感じてしまいます。

従って、ベッドで使うというより、電車や飛行機の移動中に眠りたいときに有効な製品と言えるでしょう。

 

ただし、スリーパーはかなりお安く求めることができるので、試しに使ってみたい方は購入してもよいかもしれません。

Bose sleepbudsとeBerry 睡眠ヘッドホンの違い

eBerry(イベリ)

(イベリ)eBerry ヘッドフォン 睡眠ヘッドフォン 洗濯可能 4mm超薄 収納ポーチ付き 睡眠アイマスク 音楽 ヘッドバンド イヤホン アウトドア 旅行 機内 薄い 軽量 柔らか シルク質感 iPhone・iPod・MP3・CDプレーヤー・携帯電話・その他の3.5mmプラグオーディオ機器に対応 (オレンジ)

価格:1,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

eBerryは睡眠用に開発されたヘッドホンです。

 

着脱可能なスピーカーをタオルのようなマスクに埋め込み、頭に巻いて使用します。頭に巻いて使用するので、寝ているときの汗が染みこむことが心配になりますが、このマスクは水洗い可能なのがすばらしいです。

 

スピーカーは固定できないので、スピーカーを耳の位置に合わせるのは少し難しい、左右の区別がつかない、接触不良が起きやすいといった弱点はありますが、価格もそれほど高くないので、まずまずの満足度は得られるようです。

 

スピーカーは有線なので、寝返りを打ったり横を向いたりしたときに、コードが気になって眠りから覚めてしまう恐れがあります。

Bose sleepbudsとAGPTEK 睡眠用イヤホンの違い

AGPTEK

AGPTEK 睡眠用イヤホン カナル型 高音質 寝ホン 遮音 音量制御 リモコン マイク付き 耳栓付属 iPhone/Android/MP3/MP4に対応 …

価格:1,399円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AGPTEKは睡眠用に開発されたイヤホンです。

 

ソフトシリコンのカナル型設計が採用されているので、柔らかく耳を保護してくれるので、長時間着用していても、違和感なく眠れるのが特長です。

リモコンがついているので、手元で音量を調節できるのも便利な機能です。

また、リーズナブルな価格も大変魅力的です。

 

ただし、有線のイヤホンなので、寝返りをしたり横を向いたりしたときに、コードが気になってしまう恐れがあります。

BOSE(ボーズ)

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ

価格:29,160円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bose  sleepbuds イヤホンについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

本製品は、品質面で不安なところはありますが、外からのノイズに対して、本体からヒーリングサウンドを発生させてマスキングするという、画期的なアイデアの製品です。

Boseのメイン技術である、ノイズキャンセリング機能を使っていないのが意外なところです。

 

本製品は、通常のイヤホンのように、自分の好きな音楽を聴くことはできませんが、安眠に適した多数のサウンドを選択することができます。

また、ワイヤレス仕様でコードがないため、寝返りを打ったり横を向いたりした時に、コードが気になって目が覚めるということがありません。

そして、充電能力が十分にあるので、寝ている途中でバッテリーがなくなって、サウンドが停止してしまうこともありません。

 

通常のイヤホンと比べるとかなり高価ですが、とにかく、音が気になって眠れずに困っている方におすすめの商品です。

関連する商品

イヤホン・ヘッドホンの人気商品