DJ用は何が違う?DJ用ヘッドホンの選び方とおすすめ10選を紹介!

ヘッドホンには多くの種類がありますが、DJが使うことを想定して作られたDJ用ヘッドホンが発売されています。プロのDJはもちろん、DJ入門者にも人気です。ここでは、このDJ用ヘッドホンの特徴と選び方、そしておすすめの製品について紹介します。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

現代では音楽のストリーミング配信が普及し、世界中の音楽が手軽に聞けるようになりました。そんな世の中の影響で、DJに興味を持ち始めたなんて方もいるのではないでしょうか。

 

これからDJを始めたい方はヘッドホン選びも重要になってきますが、選ぶにもなかなか難しそうで手が出しづらいですよね。ですが安心してください。ポイントさえ押さえれば、あなたにぴったりのヘッドホンを見つけることができます。

 

最近では、普段使いがしやすい軽量化つスタイリッシュなモデルも多く展開されていますので、DJはしないけどDJみたいなヘッドホンを使いたいという方も、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

DJ用のヘッドホンと一般的なヘッドホンでは、実はあまり大きな違いはありません。DJ用のヘッドホンを普通の音楽を聴く目的で使ってもまったく問題はないため、DJをしない人がDJ用ヘッドホンを購入するのもいいでしょう。

 

ただ、ヘッドホンの中にはDJに適しているものと不向きなものがあります。普段使っているヘッドホンをそのままDJでも使おうとすると、問題が出る場合があります。DJ用のヘッドホンを探すのなら、DJに適したヘッドホンを選びましょう。

DJ用のヘッドホンには、必要となる条件がいくつかあります。ここではそのDJ用ヘッドホンに必要な条件を紹介します。

普通のヘッドホンでも遮音性が高いものがありますが、DJ用のヘッドホンでは、特に高い遮音性が必要になります。DJプレイ中の周囲には大音量で音楽が流れています。そのため、次の曲をしっかりとモニターするためにも、周囲の大音量を遮音する必要があります。

 

DJ用のヘッドホンの構造には、遮音性の高さから密閉型がおすすめです。周囲の音に関係なく、しっかりと次の曲に集中できるため、よりDJプレイに集中できます。

DJ用のヘッドホンには耐久性も求められます。DJブースでプレイしようとしたときに、音が聴こえなくなると大問題になりますので、普通のヘッドホンよりも頑丈なものが必要です。

 

なぜ耐久性が必要かというと、DJ用のヘッドホンは、レコードやCDなどの機材と一緒に運ばれることが多いのですが、他の重たい荷物と運んでいるうちに、ヘッドホンがそれなりのダメージを受けてしまいます。そのため、多少雑な扱いをしたとしても、すぐに壊れない耐久性が必要になります。

 

耐久性はカタログスペックからは分かりにくいですが、口コミなどからどれくらい壊れにくいかをよく調べておきましょう

上でも記載しましたが、DJ用のヘッドホンは持ち運ぶことが多いのが特徴です。そのため、折りたたんでコンパクトにできると便利です。また、専用の収納ポーチなどがあると、ヘッドホンがより長持ちするため便利です。

最近のヘッドホンのトレンドはワイヤレスですが、DJ用のヘッドホンにはワイヤレスは向いていません。まず1つ目の理由としては、ワイヤレスヘッドホンはBluetoothで接続しますが、ミキサーがBluetoothに対応していないという点です。ミキサーに接続できなければ、DJ用途しては使いにくくなります。

 

また、ワイヤレスで接続すると、どうしてもタイムラグが出てしまうのも問題です。普通に音楽を聴いているのであれば、多少タイムラグがあっても問題ありませんが、DJでは曲を途切れないようにつなげていきますので、少しのタイムラグが致命傷になります。

DJ用のヘッドホンには耐久性が必要と紹介しましたが、DJ用ヘッドホンで一番故障しやすいの場所がケーブルです。運搬中に傷むこともありますが、DJプレイ中に何かに引っ掛けたり、落としたりなど、ケーブルが断線しやすい状況が多くなっています。

 

ケーブルが断線すると、当然音が聴こえなくなってしまいます。ヘッドホンの他の部分は問題なく使えるのに、ケーブルの問題だけでヘッドホンごと交換するのはもったいないですよね。そこで確認したいのが、リケーブルできるかどうかです。

 

リケーブルとはケーブルを交換することで、リケーブル対応のヘッドホンの場合、ケーブルが断線しても新しいケーブルを購入して交換すれば、また使えるようになります。

DJプレイでは、片耳だけ出しているイメージがあります。これは格好をつけているのではなく、ヘッドホンをつけている耳で次に流す曲を確認し、つけていない方の耳でフロアに流れる音楽をチェックしています。この二つを比較することで、テンポなどを調整しています。

 

そのため、DJ用ヘッドホンでは、片耳が出しやすいような回転式イヤーパッドを採用しているものがおすすめです。回転式でなくてもヘッドホンをずらせば片耳にできますが、耳やヘッドホンに負担がかかります。

そもそもDJプレイ中に、DJはヘッドホンを使って何をしているのでしょうか。ここではそんなDJのヘッドホンの使い方を紹介します。

DJは複数の楽曲をあらかじめ用意し、その場に合わせて曲を次から次へとつないでいます。当然、楽曲によって曲調などは違いますので、適当に曲をつないでしまうと変な感じになってしまい、場が盛り上がりません。

 

曲をうまくつなぐために、DJはヘッドホンで次に流す曲を確認しています。そして、今流れている音楽に合った楽曲を、違和感なく次の曲につなぐようにタイミングなどを合わせています。

DJプレイ中に、DJが片耳だけを出している場面がありますが、これにはちゃんとした意味があります。この状態では、ヘッドホンをつけている耳で次に流す曲を確認し、つけていない方の耳でフロアに流れる音楽をチェックしています。この二つを比較することで、テンポなどを調整しています。

 

片耳だけ出しているのはDJが格好をつけているだけと思っている人もいるかもしれませんが、DJプレイには重要な行動ということになります。

DJ用ヘッドホンには、抑えておくべき条件がいくつかあります。ここではDJ用ヘッドホンの選び方を紹介します。

DJプレイでは、ヘッドホンを片耳だけで聴くことが多くなります。そして、両耳と片耳を切り替えて使うため、すぐに片耳だけ外すことができることが重要です。

 

DJ用のヘッドホンには、片耳を出しやすい構造のものが多く、イヤーパッドが回転式になっているものもありますが、ヘッドホンのヘッドの部分が曲げられるようになっているタイプもあります。どちらも片耳を出す用途としては使いやすいため、どちらか好きな方を選ぶといいでしょう。

ヘッドホンには、密閉式と開放式がありますが、DJ用に適しているのは密閉式です。DJ用のヘッドホンには高い遮音性が必要になるのが理由で、遮音性から密閉式がベストです。開放式の場合、どうしても外部の音が聞こえてしまいますので、DJプレイに影響が出てしまいます。

DJプレイをしているクラブなどは、大音量で音楽が流れていますので、ヘッドホンの音質はあまり関係ないのでは?と思うかもしれません。ただ、それでもヘッドホンの音質は重要です。

 

理由としては、DJプレイでは、曲のどこが流れているかをシビアに確認する必要があるため、普段音楽を聴いている場合よりもより音質が重要になります。また、DJはバスドラムの音に合わせて曲のミックスを行うため、低音がしっかり聴き取れる必要もあります。

DJプレイでは、ヘッドホンを脱着することが多く、ミキサーを操作するため、片手はフリーにしておきたいところです。そのため、DJ用のヘッドホンには装着感の良さが重要になります。

 

そのため、ヘッドホンの重量も重要で、重たいヘッドホンは脱着がしにくいため、DJ用としては不向きです。ヘッドホンの重量は軽量なものがおすすめです。また、軽量で長時間使っていても疲れない装着感のものを選びましょう。

DJプレイをする際には、かけたい音楽のジャンルによってヘッドホンを使い分けする場合もあります。ジャンルによって適している音作りがありますので、ジャンルにあった音質のヘッドホンを選びましょう。

ハウスやテクノの場合、音質がクリアで固めのものがおすすめです。また、低音もよく聴こえる必要があります。片耳プレイをすることが多いので、片耳にしやすい回転式のものもおすすめです。

 

DJ用のヘッドホンは全般的に低音が強めのものが多いので、違いが分かりにくいのですが、テクノ向けと記載があるものか、テクノ系のDJが使っているヘッドホンを選ぶと無難です。

DJでヒップホップやR&Bをかけたい場合は、ヒップホップ独特の低音が強調されたヘッドフォンがおすすめです。特にBPMを確認するためにバスドラムの音を聴きますので、BPMが確認しやすいかどうかで選ぶようにしましょう。

DJ用のヘッドホンには、DJから人気があるメーカーがあります。ここでは、DJで人気がある代表的なメーカーを紹介します。

パイオニアは、DJ関連の製品をいち早く発売してきたメーカーで、DJから人気があるメーカーです。DJ用のヘッドホンとしては、高音質、高耐久性が特徴で、HDJシリーズが人気です。

オーディオテクニカも、DJでは老舗のメーカーです。特徴としてはコスパの良さがあり、DJプレイに必要な機能を満たした上で手が出しやすい価格帯の製品が多いため、入門用としてもおすすめのメーカーです。

普通のヘッドホンでも評価が高いソニーですが、DJ用のヘッドホンも人気があります。ヘッドホンとしての音質もよく、DJで必要となる低音や耐久性もクリアしています。コスパがいい製品もあるため、幅広く使うことができます。

DJ用のヘッドホンといっても種類が多いため、どれを選べばいいか分からないことも多いでしょう。そんな場合は、すでに前評判が高い定番商品から選ぶと失敗しにくくなります。

 

中でも、有名DJが愛用しているモデルがいくつかありますので、実際に使われているヘッドホンを参考に選ぶとさらに失敗しにくくなります。

DJ用のヘッドホンですが、DJプレイ以外にも使えたほうが便利です。そのため、ヘッドホンが普段使いできるかどうかも選ぶポイントになります。

DJ用ヘッドホンでは、基本的に有線タイプのものを選びましょう。ケーブルがあると、DJプレイ中に引っ掛けて邪魔になることもありますが、音の遅延がないため、有線タイプのものにしましょう。

DJ用ヘッドホンでは、ワイヤレスは基本的に適していません。ワイヤレスの場合、どうしても音の遅延が発生しますし、通信状態が悪くなると音が途切れてしまうこともあります。これはDJプレイには致命的です。

 

ただ、ワイヤレスと有線が併用できるのであれば、DJプレイでは有線で、普段使いではワイヤレスで、といった使い分けができるため、普段使いも考えているのなら検討する価値はあります。

DJ用ヘッドホンは持ち運びすることが多いため、持ち運びしやすいかどうかも重要です。

DJで使うヘッドホンは、持ち運びをすることが多いという特徴があります。そのため、持ち運ぶことを考えて、折りたたみができるヘッドホンがおすすめです。折りたたむことでコンパクトにできますので、持ち運びしやすくなります。

DJ用ヘッドホンは持ち運ぶことが多いので、収納用のポーチがついているものがおすすめです。収納ポーチに入れて持ち運びができると、運搬中にヘッドホンが傷むことが少なくなりますし、故障も防げます。

inMusic

マランツプロ 密閉型モニターヘッドホン MPH-1

価格:3,960円 (税込)

コスパがいいDJ用ヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このヘッドホンの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの良さです。ヘッドホンとしては、DJに必要な頑丈さ、片耳でのモニタのしやすさを満たしている他、音質も低音から高音までバランスよく再現できます。

 

折りたたみやリケーブルには対応していませんが、DJをこれから始める場合、他にも多くの機材が必要になるため、最初はコスパがいいこのヘッドホンにするのもおすすめです。また、サブ機として用意しておくのもおすすめです。

再生周波数帯域(Hz)
15〜28,000
インピーダンス(Ω)
32
重量
260g
リケーブル
x
折りたたみ
x
収納ポーチ
x
オーディオテクニカ

オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホン ATH-PRO5X-BK

価格:7,489円 (税込)

DJからの支持が高いヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオテクニカには、多くのヘッドホンがありますが、その中で最もDJに支持されているのが、このヘッドホンです。このヘッドホンの一番の特徴は、音質の良さで、大口径のドライバーが使われているので、大音量で再生してもクリアに音が聴こえます。

 

また、DJで使うことを想定した細かい配慮があり、ケーブルはカールコードを採用していたり、スマホでの使用を想定したマイク付きのストレートコードの2本が付属してるなど、かゆいところに手が届く設計となっています。

再生周波数帯域(Hz)
10~25,000
インピーダンス(Ω)
38
重量
250g
リケーブル
折りたたみ
x
収納ポーチ
x
パイオニア(Pioneer)

パイオニア HDJ-C70

価格:67,190円 (税込)

小型で軽量なDJ人気が高いヘッドホン

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DJ関連の製品を多く発売しているパイオニアのヘッドホンです。パイオニアのDJ用ヘッドホンで人気があるのが、このヘッドホンです。小型で軽量ですが遮音性は高く、大音量のフロアでの使用も問題ありません。

 

DJではヘッドホンの扱いがハードになるため、リケーブルにも対応していますし、イヤーパッド、ヘッドバンドも交換用のものが用意されています。

再生周波数帯域(Hz)
7~32,000
インピーダンス(Ω)
40
重量
195g
リケーブル
折りたたみ
x
収納ポーチ
audio-technica

オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホン ATH-PRO7X

価格:15,980円 (税込)

オールジャンル対応のDJ用ヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらもオーディオテクニカのヘッドホンです。見た目はシンプルですが、音質のよさに定評があります。音については、低音から高音までバランスよく再生してくれるので、どんなジャンルの音楽にも対応できます。

再生周波数帯域(Hz)
5~40,000
インピーダンス(Ω)
37
重量
220g
リケーブル
折りたたみ
x
収納ポーチ
x
ゼンハイザー

ゼンハイザーヘッドホン HD8

価格:33,680円 (税込)

多くのプロDJが愛用しているヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正解的に人気があるゼンハイザーのDJ用ヘッドホンです。密閉型のヘッドホンで、すっぽりと耳を覆うイヤーパッドを採用しているので、大音量の環境でも確実に音をモニターできます。実際に多くのプロDJが愛用しているヘッドホンです。

再生周波数帯域(Hz)
8~30,000
インピーダンス(Ω)
95
重量
284g
リケーブル
折りたたみ
収納ポーチ
AIAIAI

AIAIAI TMA-2 MODULAR All-Round Preset

価格:17,928円 (税込)

複数のパーツから好みの一台を作ることができるヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AIAIAIというメーカーのDJ用ヘッドホンです。このメーカーは、全く新しいコンセプトのもとで生まれました。このヘッドホンは、スピーカーユニット・イヤーパッド・ヘッドバンド・ケーブルそれぞれを複数の中から選んで、自分好みの一台を作りあげることができます。

 

このTMA-2 MODULAR All-Round Presetは、いろいろな音楽のジャンルにフィットするように、あらかじめセットされたものになります。どういう組み合わせがいいか迷うのであれば、このセットがおすすめです。

 

再生周波数帯域(Hz)
インピーダンス(Ω)
32
重量
194g
リケーブル
折りたたみ
x
収納ポーチ
x
OneOdio

OneOdio DJヘッドホン

価格:4,380円 (税込)

コスパがいい手軽に使えるDJ用ヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OneOdioのDJ用ヘッドホンです。このヘッドホンの特徴は価格のやすさで、数千円程度で購入できるなどコスパがいい製品です。音質についても、低音域から高音域まで忠実に再現してくれます。DJ初心者が、手軽に使えるDJヘッドホンが欲しいのならおすすめです。

再生周波数帯域(Hz)
20〜20,000
インピーダンス(Ω)
32
重量
180g
リケーブル
折りたたみ
収納ポーチ
x
ソニー(SONY)

SONY 密閉型ヘッドホン MDR-Z700DJ

価格:8,380円 (税込)

ソニーの定番DJ用ヘッドホン

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのDJ用のヘッドホンです、メカニックなデザインが特徴的で、ハウジング部分を反転させて片耳にあてて使うこともできます。DJ用ヘッドホンなので耐久性も高く、音質についてもDJで重要な低音を重視しています。

再生周波数帯域(Hz)
5~40,000
インピーダンス(Ω)
24
重量
260g
リケーブル
x
折りたたみ
収納ポーチ
x
V-moda

V-moda Crossfade M-100

価格:31,680円 (税込)

人気DJが愛用していたヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今は亡きAvicii(EDM DJ)が使っていたDJ用ヘッドホンです。このヘッドホンは密閉性に優れているため、大音量のダンスホールの中でも問題なく使うことができます。

 

音質についても、高音域がよく出てヌケがよく、低音についても申し分ないなど、対応周波数帯が広くなっています。またデザインについても奇抜なものなので、他の人と差をつけたい場合にもおすすめです。

再生周波数帯域(Hz)
5〜30,000
インピーダンス(Ω)
32
重量
280g
リケーブル
折りたたみ
収納ポーチ
フォノン

PHONON 02 STICK DJ Headphones

価格:32,000円 (税込)

片耳専用のDJ用ヘッドホン

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このヘッドホンの特徴は、なんといっても片耳用なのでという点で、ヘッドホン部分が1つしかないという点です。聴こえる音は、PHONONのSMB-02のLRチャンネルをミックスしたモノラルの音が出ています。長時間のDJプレイでも疲れないように、スティック部が天然ゴムスポンジを使用しているなど、特にハウスDJに人気があります。

再生周波数帯域(Hz)
20〜20,000
インピーダンス(Ω)
40
重量
249g
リケーブル
x
折りたたみ
x
収納ポーチ
x

ここまでDJ用のヘッドホンの特徴や選び方、おすすめの製品について紹介しました。DJ用ヘッドホンは、基本的には普通のヘッドホンとして使えますが、DJプレイに便利な機能が搭載されています。ラインナップも多く価格帯も幅広いため、用途にあわせて選ぶようにしましょう。

関連する記事

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。のサムネイル画像

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。

2021/10/21

【2022年完全版】パイオニア(Pioneer)のヘッドホンの最強おすすめ19選のサムネイル画像

【2022年完全版】パイオニア(Pioneer)のヘッドホンの最強おすすめ19選

2021/10/21

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルものサムネイル画像

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルも

2021/10/21

【2022年完全版】ヤマハのヘッドホン最強おすすめ【6選】特徴・比較・評価のサムネイル画像

【2022年完全版】ヤマハのヘッドホン最強おすすめ【6選】特徴・比較・評価

2021/12/03

【こだわりたい貴方に】価格別!高級ヘッドホンのおすすめ【23選】のサムネイル画像

【こだわりたい貴方に】価格別!高級ヘッドホンのおすすめ【23選】

2021/12/15