液晶テレビのおすすめメーカー8選【特徴・比較・選び方を徹底解説】

世間ではテレビ離れとと言われても、なくてはならない家電であるテレビ。現在、主流となっている「液晶テレビ」はライフスタイルに合わせて選べるほど商品が数多く発売されています。そこで今回は、液晶テレビにおすすめのメーカーと、メーカー毎におすすめの液晶テレビについてご紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

液晶テレビとは?

液晶テレビとは、現在の一般的なご家庭で主流となっているテレビです。画面サイズや画質のバリエーションが豊富で、低価格であることが人気の理由でしょう。そんな液晶テレビですが、なぜここまで普及しているのかご説明します。

液晶テレビとはスタンダードなテレビのこと

液晶テレビは家庭で多く使われている、言わば「スタンダード」なテレビです。液晶テレビは影絵と同じ原理で表示されており、テレビの中にあるバックライトから発生した光がカラーフィルターや液晶シャッターを通して液晶パネルに映像を表示させています。

 

この液晶テレビの構造からもわかるように、バックライトやカラーフィルター、さらには液晶パネルと必要な装置が組み合わされるので軽量化や薄型化に限度があります。

 

液晶テレビの発売当初は壁掛けができないほどの重さでしたが、今では技術力の向上によってチューナーの内蔵化などが進み、壁掛けが前提とされている液晶テレビが多く発売されるまでなりました。

実はテレビの種類は2つある

実はテレビは2種類あります。今は主流となっている液晶テレビですが、もう一つ「有機ELテレビ」があるのです。

 

液晶テレビはカラーフィルターの後ろからバックライトを当てることで映像を出していますが、有機ELテレビはカラーフィルターそのものが自発光する構造になっています。そのため、軽量化や薄型化が可能で約0.5mmの厚さで美しい映像を楽しめるのです。

 

しかし、その分価格が高く寿命は液晶テレビの約半分の3万時間程度であることがデメリットと言えます。

液晶テレビは人を選ばない

テレビには液晶テレビと有機ELテレビの2種類があるとご説明しましたが、液晶テレビは使う人を選びません。その理由は、バリエーションの多さにあります。

 

有機ELテレビが55インチ以上の商品しかないのに比べ、液晶テレビは持ち運びが可能な20インチ未満の商品もあります。ですので、一人暮らしワンルームの部屋でも使用できるテレビもあれば、リビングルームで家族みんなで見ても綺麗な映像で楽しめるテレビもあります。

 

また、液晶テレビは低価格であることもメリットです。2019年現在、有機ELテレビの大型パネルはLG1社しか量産できず、日本メーカーにも大型パネルを外販していることもあり、有機ELテレビの市場を独占しています。

 

なので、有機ELテレビはどうしても高額になるので多くの人には手が届きにくいテレビです。それに比べて、液晶テレビは独占されておらず、各メーカの競争率が高くなるので低価格な商品が多くなっています。

 

このことから、液晶テレビはその人のライフスタイルに合わせて選ぶことができるのです。

 

液晶テレビのおすすめメーカー8選

こちらでは液晶テレビのおすすめメーカーをご紹介します。液晶テレビを発売しているメーカーは確認できるだけでも50以上ありますが、今回はその中から8つのメーカーをピックアップしました。誰もが知っている定番のメーカーから知る人ぞ知るメーカーまで、そのメーカーの特徴をご紹介しますので、液晶テレビを選ぶときの参考にしてみてください。

東芝 TOSHIBA

東芝はREGZA(レグザ)から液晶テレビを発売しています。技術志向が強いメーカーということもあり、東芝の半導体技術を結集した映像エンジンCEVOを独自で開発し、高画質な映像を実現しました。日本で初めてBS/CS 4Kチューナー内蔵のテレビを発表したメーカーでもあります。

 

中でも高く評価されているのが「タイムシフト機能」です。予約録画が不要で、約80時間分の地上デジタル放送を丸ごと録画しています。うっかり録画し忘れたテレビ番組を見れるので、録画し忘れることが多い人におすすめの機能です。

 

東芝のテレビ事業は、中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡されました。それでも2019年第1〜15週までの国内市場シェア率は12.8%と見過ごせない数字です。テレビに技術力を求める人は東芝TOSHIBA一択でしょう。

ソニー SONY

BRAVIA(ブラビア)シリーズを発売しているソニーも独自で高画質技術を結集。美しい映像を楽しめます。プレイステーションなどのゲームを発売していることから、地上デジタル放送だけではなくアドベンチャーゲームなども高画質です。

 

ソニーは古くからオーディオのデジタル化に注力していたこともあり、画質面だけではなく音質が高いのも特徴です。迫力のある映画を自宅で楽しみたい人や臨場感のあるスポーツ観戦を楽しみたい人、フェスやライブを自宅で楽しみたい人など色んな人におすすめできます。

 

また、BRAVIA(ブラビア)はAndroid TVを搭載しています。インターネット環境を繋げれば、リモコンの音声検索ボタンでテレビ放送や録画している番組、インターネットのコンテンツまで見つけてくれるのでお子様からご年配の方まで楽しめるでしょう。

パナソニック Panasonic

パナソニックのテレビシリーズVIERA(ビエラ)は、サイズのバリエーションが非常に多いです。ワンルームで使用するのに丁度いい小型テレビや家族みんなで楽しめる大きめのテレビ、そして持ち運びができるポータブルテレビまであるのでライフスタイルに合わせてテレビを選べます。

 

もちろんそれだけではなく、高画質エンジンIPSパネル(見る角度によって画面の明るさや色の変化が少ないディスプレイ)が搭載されているテレビがあるので画質の高さも人気です。特に「ヘキサクロマドライブ」が搭載されている液晶テレビは色の再現率が高いので、美しい映像を楽しめます。

 

さらに、音声検索や専用アプリとの連携でスマートフォン・タブレットからの操作も可能です。また、パナソニックはサポートも充実しています。パナソニックはLINEで簡単に質問できるので電化製品の設定や接続が苦手な人でも気軽に相談できます。

パナソニックVIERA(ビエラ)の液晶テレビおすすめ【11選】と特徴をご紹介【評価・口コミ・比較】

シャープ SHARP

AQUOS(アクオス)というテレビシリーズを展開してるシャープは、台湾の鴻海精密工業の傘下に加入したメーカーです。初期から液晶テレビに注力していた経験や技術からもわかるように、シャープのAQUOS(アクオス)シリーズが世界で初めて8Kに対応した液晶テレビを発売しました。

 

また、シャープが開発した「リッチカラーテクノロジー」が色の再現範囲を拡大し、特に赤と緑の色を高画質に実現し、美しい映像を楽しめます。

 

そして、スマートな生活を実現するために人工知能であるAI「ココロビジョン」を搭載しているのでおすすめの番組を紹介してくれたり、音声検索ができます。それだけではなく、スマートフォンとの連携でテレビを楽しめるように工夫もされているのです。

シャープAQUOS(アクオス)の液晶テレビおすすめ10選と特徴【評価・口コミ・比較】

三菱電機 MITSUBISHI ELECTRIC

三菱電機からもREAL(リアル)というブランドネームでテレビが発売されています。三菱電機にテレビという印象を持たない人もいるかと思いますが、テレビ本体にHDDやブルーレイレコーダーなどの録画機能を内蔵した商品が豊富です。

 

1台のテレビで「録画」「再生」「ダビング」を実現できるので録画テレビを楽しんでいる人にもちろんですが、部屋が狭くてコンパクトにまとめたい人や、ペットがいるからできるだけコードレスに揃えたいという人におすすめのメーカーです。

 

もちろん録画機能が充実しているだけではありません。リアルにこだわる三菱電機がテレビの限界を越えるために研究したレーザーバックライトで美しい映像を実現。本物にこだわる大人たちのためにテレビを作っています。

三菱電機(REAL)のおすすめテレビ5選【最新情報・特徴・評判をご紹介】

LGエレクトロニクス LGelectronics

LGエレクトロニクスは有機ELテレビでおなじみの韓国のメーカーです。テレビに使える大型の有機パネルを量産できるただ1つのメーカーということもあり、日本のメーカーが発売している有機ELパネルにも使用されています。

 

そんなLGエレクトロニクスが発売している液晶テレビは画質の鮮やかさの限界に挑み、液晶テレビでも洗練された色純度を表現しています。また、LG独自の制御技術で光と闇の細かい違いも美しくコントロールします。

 

有機ELテレビの価格が高いこともあり、LGエレクトロニクスのテレビが手に届かないと思っている方も多いことでしょう。しかし、液晶テレビは日本のメーカーと比べても低価格で購入できます。

 

そして、LGエレクトロニクスのテレビは薄いことでも知られています。スタイリッシュなテレビを探していて国産メーカーではなくても良いという方におすすめです。

lgの液晶テレビのおすすめ11選と特徴をご紹介【評価・口コミ・比較】

ハイセンス Hisense

ハイセンスは中国で誕生した超大型電子情報産業グループです。2017年に東芝がテレビ事業を譲渡したこともあり、国内でのシェア率を伸ばしています。2019年時点ではハイセンス傘下の東芝と合わせて国内第2位となりました。

 

このメーカーの1番の特徴は価格です。コストパフォーマンスを重要視する方に人気があります。中国メーカーで価格は安いと品質に不安を感じる人もいるでしょう。しかしその心配はありません。東芝REGZAとの共同開発で誕生した高性能エンジンを搭載しているテレビもあり、低価格で高品質のテレビで映像を楽しめます。

 

年々、存在感が増し続けているハイセンスの液晶テレビ。画質や音質はもちろんゲームモードなどにもこだわっています。全ての液晶テレビに3年間のメーカー保証も付いており、中国メーカーだからといって侮れません。

ハイセンス(Hisense)の4Kテレビおすすめ7選【特徴・比較・口コミ・レビュー】

TCL ティーシーエル

知る人ぞ知る中国の総合家電製品メーカーです。TCLの社名は「The Creative Life」の頭文字から取られています。すでにグローバル展開しており世界テレビシェア第2位になるほどの人気です。

 

日本ではあまり聞き馴染みがありませんが、2019年に日本に本格参入を果たしました。 「買える映画館」というキャッチコピーを打つほどの映像美と3次元のリアルな音響をいつ減する「ドルビーアトモス」を搭載するなど、見過ごせない機能が盛り沢山あります。

 

そして、低価格なのに薄くてスタイリッシュなのも世界で年間2,300万台も生産できるほど人気がある理由の一つです。また国内メーカーにはあまり見られない「サブリモコン」も付属。世界でシェア率第2位になるほどなので、今後日本でのシェア率を延ばす可能性が高いでしょう。

各メーカーのおすすめ商品8選

ここからは先ほどご紹介した各メーカーの中からおすすめの液晶テレビを1つずつ、合計で8つご紹介していきます。正直テレビの種類は多すぎて、一般の方が選ぼうとすると何を基準に選べば良いのかわかりにくいでしょう。

 

まずは自分好みのメーカーを見つけた上で、こちらのおすすめの商品を見てみてください。そうすれば今後あなたが購入すべき液晶テレビが見つかるはずです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 49Z730X 49インチ

東芝(TOSHIBA)

東芝 49V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 49Z730X

価格:132,237円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この商品はLEDの配置に特徴があり、全面を通して美しい映像が楽しめます。LEDが画面全体の下に配置されており、そのLEDの点滅を制御する「リアルブラックエリアコントロール」という機能が搭載されています。この「リアルブラックエリアコントロール」によってLEDの点滅を部分ごとに制御することで、より黒いに近い黒を実現しています。

 

もちろん「タイムシフト機能」も搭載されています。このタイムシフト機能は、番組を冒頭から見直せたり、放送が終了した番組を見れたりするので、予約をし忘れてしまう人でも見たい番組を視聴できます。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55X9500G 55インチ

ソニー(SONY)

ソニー SONY 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55X9500G

価格:183,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の高画質技術の連携で、映像を分析して光を制御しています。コントラスト」によりメリハリのある映像になり、あたかもその世界に入り込むような臨場感を感じられます。

 

さらに倍速駆動やバックライト制御のおかげで、スポーツのような動きが速い映像に対応してなめらかな映像を映し出すことが可能。スポーツの視聴ではどうしても「残像感」がありますが、この液晶テレビではそれを感じません。

 

映像だけではなく音響技術も優れています。ソニー独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」で音の定位感を改善して、リアルな音質と音の広がりを可能にしています。

KJ-55X9500G テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-49GX855 49インチ

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 49V型 4Kダブルチューナー内蔵 液晶 テレビ VIERA HDR対応 TH-49GX855

価格:147,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年12月から始まった新4K衛星放送に対応したチューナーを2基搭載しています。ただし、新4K衛星放送に対応しているチャンネルはあまり多くないはないので、対応しているチャンネルで何が見れるのかチェックしてから購入するようにしましょう。

 

また、テレビの転倒を防止する「転倒防止スタンド」がついているのも特徴です。このスタンドは、テレビのスタンド底面の吸盤とテレビ台との接地面を真空に近い状態にしてくれます。設置面から離れる力が働くと、テレビ台にスタンドの吸盤が吸着して転倒を防止します。地震や小さな子どもがいる家庭にもおすすめの安心設計です。

 

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C50BN1 50インチ

シャープ(SHARP)

シャープ SHARP 50V型 4K チューナー内蔵 液晶 テレビ AQUOS Android TV HDR対応 N-Blackパネル 4T-C50BN1

価格:109,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K-Masterアップコンバート プロ」が搭載。映像を判別して高精細処理を行うことで地デジ放送やブルーレイの映像の精細感を復元し、ノイズの少ない高画質を実現します。

 

しかも「リッチカラーテクノロジー」により地デジ放送で使用されている広色域技術を搭載。8K液晶テレビ向けに開発された回路を4K液晶テレビに応用して、色あざやかな映像を映し出してくれます。

 

YouTubeなどの動画コンテンツを視聴する人にもおすすめです。通常はChromecastなど専用機械が必要ですが、このテレビにはその機能が搭載されているので、専用機器を購入する必要もありません。

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC ) REAL LCD-A32BHR10 32インチ

三菱電機

三菱電機 HDD内蔵BDレコーダー搭載 液晶TV BHRシリーズ 32インチモデル

価格:64,915円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの液晶テレビは、録画一体型であることが特徴です。テレビに1TB(テラバイト)のハードディスクとブルーレイレコーダーが内蔵されています。

 

録画予約を簡単にできるだけでなく、録りたいときにすぐ録れる一発録画も可能。見たい番組が終わったら自動で録画を停止してくれるので、気づいたら容量がいっぱいになっていたということもありません。

 

もちろん高画質・高音質なので美しい映像をストレスなく楽しめます。さらにリモコンで操作することで画面の角度を見やすくできるので、指紋や手の汚れもつきにくく綺麗な状態を保てます。

LGエレクトロニクス (LG electronics) 43UM7500PJA 43インチ

LG

LG 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ Alexa搭載/ドルビーアトモス対応 2019年モデル 43UM7500PJA

価格:59,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LGエレクトロニクスの液晶テレビは映像エンジンAIの統合が特徴です。テレビの中心である映像エンジンにAI技術を統合することで、番組に合わせて最適な画質や音質を選んでくれます。

 

そして音声認識機能「ThinQ AI」が自然な会話で操作できるように開発。「Google アシスタント」「Amazon Alexa」も搭載し、どんなリクエストにも応えてくれるので、ストレスフリーです。

 

さらに、「AirPlay2」に対応しているのでApple製品を使用している人はSiriを使用してテレビを操作することもできます。

ハイセンス(hisense) 50E6800 50インチ

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 50V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) Hisense 50E6800

価格:69,793円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのテレビは、高画質なNEOエンジンが搭載されています。映像に適した画質処理をしてくれるので、ノイズが軽減し美しい映像を実現。地上デジタル放送だけではなくBS/CS放送も高画質で楽しめます。

 

さらに、BS/CS 4Kチューナーが内蔵されているのでテレビ周りもすっきり収まります。配線に悩むことがなくなったり掃除がしやすくなったりするので生活しやすくなります。また、音像補正やノイズ除去もしているのでリアルなサウンドも楽しめます。

TCL(ティーシーエル) 65X10 65インチ

TCL(ティーシーエル)

TCL 65V型 4K対応液晶テレビ スマートテレビ 量子ドット技術(QLED)搭載 ブラック 2019年モデル 65X10

価格:199,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのテレビは「量子ドットLED技術」を採用しています。この技術は、微小な半導体微粒子を使用して光の波長を変換制御する技術です。従来の4K液晶テレビ比で115%もの色域を拡大することに成功しました。なので、より豊かで鮮やかな自然な美しい映像を楽しめます。

 

さらに倍速駆動技術を搭載しているので、毎秒60コマの映像を120コマ映像に増やしノイズを感じさせません。スポーツ観戦や動きの速いゲームをする方でも滑らかでクリアな画質で映像に集中できます。

まとめ

今回はおすすめの液晶テレビのメーカーとその商品について紹介しました。熾烈な競争に勝つために各メーカーは独自技術を搭載したり、機能を特化させたりと様々な工夫をしています。人によって選び方は様々ですが、メーカー毎に液晶テレビを選ぶのもおすすめです。