ブラウン MQ9075X ミキサー・フードプロセッサー評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥14,300
ブラウン MQ9075X ミキサーの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ブラウン MQ9075X ミキサーがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/10/19 更新

MQ9075Xの基本スペック

スライスせん切りカッター フードプロセッサ以外 おろしカッター フードプロセッサ以外

MQ9075Xのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ブラウン MQ9075Xの基本スペック

DeLonghi(デロンギ)

ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー 1台7役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる・離乳食対応 ブラック/シルバー MQ9075X

価格:17,950円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ブラウン(brown) 商品名 マルチクイック9 MQ9075X
容量 - 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) ブレンダー使用時:60秒、泡立て器使用時:120秒、フードプロセッサー使用時:60秒 回転数 ブレンダー使用時:12800回/分、泡立て器使用時:980回/分、フードプロセッサー使用時:1500回/分
コード長 1.2m サイズ 約410×70×70mm
重量 1.0kg 付属品 専用計量カップ、専用スパチュラ

ブラウン MQ9075Xのおすすめポイント

1台で7つの役割

この1台でつぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねるの7種類の工程をこなすことができます。スムージーやスープ作りはもちろん、千切りやみじん切りなどの面倒な下ごしらえまで簡単に終わらすことが可能な高機能な製品です。

小型なのに500Wのハイパワー

モーターが500Wという性能はハンドブレンダーの中でも随一のパワーを誇ります。そのため、あっという間に調理でき料理の時短に役立ちます。粘り気の強い食材や硬い皮や種まで砕くことができるので、今までできなかった料理にも挑戦できるでしょう。

スマートスピードテクノロジーで簡単コントロール

スマートスピードテクノロジーを搭載しており、手元で簡単にスピード調節ができるようになっています。握っている部分のボタンへの力の入れ具合でスピードを変えられるので、繊細なコントロールが可能です。食材ごとに自分で微調整できるので、最適な具合での調理ができるでしょう。

ブラウン MQ9075Xの悪い点をレビュー

コツをつかむまで難しい

多機能ですが、中には使いこなすまで少々時間がかかる機能もあります。特に千切りは難しく、均一なサイズにするにはコツが必要です。特別な説明もないので自力で学ぶしかなく、最初のうちは使いづらいと感じる人も少なくないです。

コードが短い

コードの長さが1.2mしかないので、コンセントの場所によっては使いづらさを感じます。コード自体も固く、跡がつきやすいため、束ねて保管しておくとうまく伸びずにさらに短くなってしまいます。コードが短いと安定性にも欠けるし、延長コードで対応する必要も出てくるので、注意が必要です。

スピードコントロールが難しい

ブラウン MQ9075Xの魅力の1つであるスピードコントロールが難点になる場合もあります。ボタンを押してスピード調節をするのですが、本体が1kgあるので片手で持つと意外に重く、女性や手の小さい人だとうまくコントロールできない可能性があります。早すぎると細かくなりすぎ、遅すぎるとうまくカットできないといった不満も上がっています。

すぐロックがかかってしまう

ボタンを押すだけで起動できる反面、安全性も重視しているため、少し手を止めるとすぐにロックがかかってしまいます。その都度ロックを解除する必要があり、それを煩わしく感じる可能性があります。慣れてくるとうまく使いこなせますが、慣れないうちは不満を覚えるかもしれません。

実際の口コミ

細切りを上手くできるようになるまで練習が必要なことです。人参の細切りでは、適当に切って入れると短い細切りが大量に発生してしまいました。入り口に入るギリギリの大きさに切って、人参の平坦な面が刃に当たるよう向きに気をつけると、上手く細切りできるようになりました。ネットも見ましたが、この辺りのコツはあまり書かれていないので、ご自分で試行錯誤することになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

特にコードの短さは致命的。1mほどしかなく、床置きコンセントには上手く届かないことも。伸展性(材質)も悪く、いつまで経ってもコードの折り目がとれないのでコンセント挿入時に本体がコードに引っ張られてグラつくことになる。こぼれ防止のためには先にコンセントへコードを挿しておく必要があるが、いちいちそういう細かいところに気を配らなければならないと思うと毎朝しんどい。

出典:https://www.amazon.co.jp

回転速度調節できるの面白いと思ったけど、速度コントロールする微妙な力加減は重量と持ち手の角度から難しい。あと、根本的に速度を無段階調節する必要がほぼない。3段階ぐらいのボン調節の方が良かった。あと、安全のためだろうけど握り続けないと回り続けないのは地味に鬱陶しい。これもシンプルなオンオフボタンがあればよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

パワーも有ります。分割出来るので収納も楽に出来ます。洗い安いので凄く便利ですが、安全対策としてスイッチの対応時間が短過ぎて勝手が悪い。それ以外は理想的。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブラウン MQ9075Xの良い点をレビュー

あっという間にできる

何といってもパワーがすごいため、短時間で調理が可能です。みじん切りなら10秒ほどででき、ポタージュも数分で作れます。離乳食づくりにもおすすめなので、育児の合間にパパっと作れ、安全ロックもついているこの製品は非常に魅力的でしょう。

洗浄が簡単

アタッチメントを外すことができるので、洗い物が非常にラクです。部品が少なくシンプルな構造をしているため、さっと洗うだけできれいになります。食洗器を使うことも可能なので、ミキサーやフードプロセッサーは手入れのしづらさで購入をためらう人もいますが、この製品はそんな手間を減らしてくれます。

飛び散らない

ブレンダーの刃には独自の技術を使い飛び散りを防ぐ設計がされているため、キッチン周りや衣服を汚す心配がありません。そのためキッチン以外でも安心して使うことができます。ただ、回転したまま引き抜くと遠心力で飛び散る可能性もあるのでそこは注意しましょう。

鍋の中で使える

ミキサーやフードプロセッサーと違い、使う容器が固定ではないので、好きな場所で使用できます。そのため鍋に直接食材を入れて回転、なんてこともできるので洗い物が少なく済みます。面倒くさがりなズボラな人でも、手間に感じずラクができるのがハンドブレンダーの魅力のひとつでしょう。

実際の口コミ

お鍋のまま潰せるのでポタージュが簡単にできます。最近はスムージーをよく作り飲んでます!なんといってもみじん切りが10秒もしないでできる!!まな板回りも散らからない!本当ありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

これまで使用したミキサーなどは、洗浄に関しても非常に手間でそれが嫌になって棚の肥やしになることがほとんどでした。しかし、こちらの商品は部品の数が少なく、また各パーツの構造が比較的シンプルなためとても洗いやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

飛びはねも、一切せずに、簡単に使えてとても満足してます!息子にも買って送りたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

鍋の中でスイッチ一つで出来るのはいいです。容器の中だと洗い物増えるし、ジュースを作るのにも直ぐに出来る。使用したらヘッドだけ取り外して洗い流せばいいだけ!カンタンです

出典:https://www.amazon.co.jp

MQ9075XとMQ9035Xの違い

DeLonghi(デロンギ)

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック 1台4役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ 離乳食対応 ブラック/シルバー MQ9035X

価格:11,391円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウン MQ9075XとMQ9035Xの違いは、一言でいうと付属しているものがフードプロセッサーかチョッパーかというだけです。ボタン操作や500Wのハイパワー、飛び散り防止設計や安全ロックなどの性能は変わらず、付属しているものだけが違います。

 

性能は変わらず機能だけ違う本製品ですが、具体的にどう違うかというと、MQ9035Xは千切り・スライス・こねるの3つの機能が付属していません。MQ9035Xにはチョッパーが付属していますがこれはきざむことしかできません。

 

MQ9075Xに付属しているフードプロセッサーは千切り・スライス・こねるを可能にするので、MQ9075XとMQ9035Xの大きな違いはこの機能差でしょう。機能が少ない分、MQ9035Xの価格はMQ9075Xより安価になっているので、最低限の機能で十分という人はMQ9035Xがおすすめです。

MQ9075XとMQ775の違い

DeLonghi(デロンギ)

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 1台7役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる 離乳食対応 ブラック/シルバー MQ775

価格:13,661円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MQ775はMQ9075Xの下位モデルです。こちらはつぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねるの7つの機能は変わらず、性能が1段階下になっています。具体的にいうと、パワーは400Wで少し弱めで撹拌能力も劣ります。

 

MQ9075Xはシャフトが手の動きに合わせて上下に伸縮することで、撹拌力を高める設計がされていますが、MQ775はこのような設計はされておりません。そのため、MQ9075Xの方がより高性能になります。

 

しかし、価格は数千円ほど安くなり、重量も100gほど軽くなっています。性能重視か価格重視かで選ぶといいでしょう。また、このMQ775は2020年に新たにバージョンアップされMQ7080XGという製品が出ています。こちらはMQ775にシャフト伸縮設計などがプラスされた製品ですが、価格がMQ9075Xとあまり変わりません。

DeLonghi(デロンギ)

ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー 1台7役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる・離乳食対応 ブラック/シルバー MQ9075X

価格:17,950円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウン MQ9075Xについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

MQ9075Xは1台でさまざまな工程をこなすことができる優れものです。パワーも強く、短時間で調理できるので忙しい朝の時間帯にはもってこいの製品でしょう。また、自動ロックも付いているので、安全性もばっちりです。

 

一方で、慣れないうちは使いづらいといった弱点もあります。また、1kgという重量がネックになる人もいるので購入前によく確認しましょう。多機能な反面、あまり料理をしない人には持て余す可能性もあるので、料理の頻度が高い人におすすめです。

 

機能の少ない製品も出ているので、自分にとって必要な機能は何なのかを明確にし、自分に合った製品を選びましょう。