【徹底比較】ブラウンのブレンダーおすすめ8選|最新機種も!

お菓子作りや離乳食作りなどさまざまな調理で活躍するブラウンのハンドブレンダー。最新技術を駆使し、豊富なアタッチメントや氷が砕けるモデルなど多くの種類が販売されています。今回はブランウンのハンドブレンダーの選び方や使い方・商品比較・人気おすすめ商品5選をご紹介!

2021/05/24 更新

料理やお菓子作り、離乳食作りの材料のすり潰しやかき混ぜ作業は、人力だけで行うととても大変ですよね。そんな時に大活躍するのがハンドブレンダーです。スティックタイプのキッチン家電で操作性に優れており、面倒な調理工程も楽々行うことができます。

 

中でもドイツの小型電気器具メーカー「ブラウン」のハンドブレンダーは、幅広い製品ラインナップや優れた機能性、操作性で初心者の方にもおすすめ。しかし、モデルによって価格やスペック、アタッチメントなどが異なり、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回はブラウンのハンドブレンダーを選ぶうえでのポイントを詳しくご紹介。さらにブラウンのハンドブレンダーのおすすめ商品紹介やそれぞれの比較もしているので、購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

今すぐ見る!おすすめのブラウンハンドブレンダー 5選

ブラウンのハンドブレンダーモデルである「マルチクイックシリーズ」。現在までさまざまな種類がリリースされており、どれもブラウンならではの独自技術を搭載しています。かくはん効率の高いベル型シャフトや握りやすいグリップによる高い操作性が魅力です。

 

かくはん範囲を拡大させたパワーベルプラス機能を刃に搭載し、衣服やキッチンを汚さない飛び散り防止設計なども人気があります。また、豊富な製品が揃っており、自分に合ったモデルを見つけやすいです。

 

どのモデルも価格や性能などのバランスが良く、コストパフォーマンスに優れているので、初心者にもおすすめのメーカーと言えます。

今すぐ見る!ブラウンの2020年最新ブレンダー3選

ブラウンのハンドブレンダーは

 

  • マルチクイック 1
  • マルチクイック 3
  • マルチクイック 5
  • マルチクイック 5 ヴァリオ
  • マルチクイック 5 ヴァリオフィット
  • マルチクイック 7
  • マルチクイック 9

 

の計7種類を揃えており、シリーズ番号が大きいほど高額でハイスペックです。シリーズ5のみ3種類ありますが、ヴァリオとヴァリオフィットは通常の5より高い性能を搭載しています。

 

また、「MQ735」や「MQ775」などのシリーズ番号の右に記載されているアルファベットと数字は型番を示しています。この型番による違いは、アタッチメントの種類のみです。そのため、同じシリーズであれば型番が違っても性能は変わりません。

ブラウンのハンドブレンダーと一口に言ってもさまざまな種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここではいくつかのポイントに絞ってブラウンのハンドブレンダーの選び方をご紹介します。

価格と性能のバランスを考えてシリーズを選ぶ

マルチクイックはシリーズ番号が大きいほど高性能な分、高額になっていきます。不要な機能やオーバースペックにならないよう注意して、自分に合った性能と価格のシリーズを選びましょう。

パワー性能

ブラウンのハンドブレンダーは、どのシリーズも非常にパワフルで力強くかくはんするのが魅力です。しかし、シリーズによってパワーは異なるので、しっかりチェックしておきましょう。パワーは、消費電力(W)を目安に判断することができます。

 

消費電力はシリーズによって300~500Wと差があり、大きいほどパワーがありますが、動作音も大きくなる傾向があるので注意しましょう。パワーを重視する方は、ブラウン史上最高の500Wの高性能モーターを搭載した「シリーズ9」がおすすめです。

 

静音性を重視したい方は以下の記事をチェックしてください。

安全機能

ハンドブレンダーには鋭い刃が搭載されているため、危険な使い方をすれば怪我に繋がります。そのため、小さな子供がいるご家庭の場合は、いたずらによって事故が起きないよう安全機能を搭載したシリーズがおすすめです。

 

マルチクイックシリーズの主な安全機能は「スイッチロック機能」を採用しています。この機能は、ロック解除ボタンを長押し、ランプが点滅している5秒以内にスイッチを押さなければ刃が回転しないという機能です。

 

そのため、使い方を知らない子供には操作が難しくなります。安全性を重視する方はチェックしましょう。このスイッチロック機能はシリーズ7と9のみに搭載されています。

回転スピード

ブラウンのハンドブレンダーには、食材や調理目的に合わせて刃の回転スピードをコントロールできるモデルがあります。調節方法はいくつかあり、ボタンによるシンプルな2段階調整や21段階ものダイヤル調整が代表的です。

 

中でもシリーズ7と9に搭載されている「スマートテクノロジー」は、スイッチを握る力によって、回転スピードを細かくコントロールすることができます。直感的に調節することができるので、ワンランク上の仕上がりを目指す方におすすめです。

シリーズ別性能比較表

シリーズ 消費電力 スイッチロック 回転スピード調節
マルチクイック1 300W × 1段階
マルチクイック3 400W × 2段階
マルチクイック5 350W × 2段階
マルチクイック5ヴァリオ 400W × 21段階
マルチクイック5ヴァリオフィット 400W × 21段階
マルチクイック7 400W  スマートスピード
マルチクイック9 500W  スマートスピード

調理目的に合わせて型番を選ぶ

マルチクイックシリーズは、型番の違いで付属のアタッチメントが異なります。アタッチメントが豊富であれば、一台でさまざまな調理に対応可能です。アタッチメントは単体で購入することもできるので、最低限のモデルを購入し、後から買い足すという手もあります。

離乳食などすり潰しには「ブレンダー」

全てのマルチクイックシリーズで使える、最もベーシックな「ブレンダー」。スピーディーにすり潰し・かくはんができ、ジュースやスムージーなどのドリンク作りから離乳食・スープ作りまで幅広く活躍します。

 

マルチクイックシリーズのブレンダーは鍋に直接入れて使用でき、飛び散り防止設計によって周囲を汚さないのも魅力です。

泡立てには「泡立て器」

「泡立て器」のアタッチメントは、主にお菓子作りで重宝し、生クリームの泡立て・メレンゲ作り・粉系の混ぜ合わせなどができます。

 

人力で泡立て器を使うより、はるかに体への負担が少なく、短時間で効率的に泡立てることが可能です。ブレンダーと同様に、ある程度手を動かして操作します。

刻みには「チョッパー」

食材のみじん切りや刻みに便利なアタッチメントが「チョッパー」です。ブレンダーや泡立て器とは異なり、手を動かして操作する必要がなく、カッターを搭載した容器にハンドブレンダーを取り付ける形で使用します。

 

容器に入れた食材を密閉して刻むので、目が痛くなる玉ねぎや臭いが気になるニンニクのみじん切りに効果的。また、硬いナッツの粉砕や肉・魚のミンチにも便利なので、活躍の機会が非常に多いアタッチメントです。

練る・スライスには「フードプロセッサー」

チョッパーと同様に専用の容器にハンドブレンダーを取り付けて使用する「フードプロセッサー」。刃を付け替えることで、細めから太めまでさまざまなスライスに対応しています。野菜や肉類などの刻みはもちろん、刻みチョコレートやパン粉作りも可能です。

 

また、こねベラを使用することでパン生地を練ることが可能なので、幅広い調理に対応することができます。

氷を砕くなら「アイス用カッター」

通常のチョッパーより大きいビッグチョッパーに「アイス用カッター」をセットすれば、氷を砕くことができます。

 

氷だけでなく、凍った果物も素早く粉砕することができるので、シャーベットやスムージーなどの冷たいデザート作りに最適。また、シェイク、カクテルなどのアイスドリンク作りにもおすすめです。

野菜ヌードル作りには「スパイラライザー」

「スパイラライザー」を使用すれば、野菜を麺状にカットしたベジヌードル作りができます。ベジヌードルは健康重視の方にとても注目されており、野菜を中心としたヘルシーな食生活を送りたい方におすすめのアタッチメントです。

 

ちなみにスパイラライザーが付属されているのは、現在「マルチクイック5ヴァリオフィット MQ5064」のみです。

スパイスや豆の挽きには「スパイスグラインダー」

「スパイスグラインダー」を使用すれば、スパイス・ハーブ・種・コーヒーなどの乾燥材料を数秒で粉末状に挽くことができます。オリジナルのふりかけや粉末だし作りにもおすすめです。

型番別付属アタッチメント比較表

型番 ブレンダー 泡立て器 チョッパー フードプロセッサー アイス用カッター スパイラライザー スパイスグラインダー
MQ100 × × × × × ×
MQ3035 × × × ×
MQ500 × × × × × ×
MQ535 × × × ×
MQ5045 × × ×
MQ5075 × × ×
MQ5035 × × × ×
MQ5064 × × ×
MQ700 × × × × × ×
MQ735 × × × ×
MQ738 × × ×
MQ745 × × ×
MQ775 × × ×
MQ778 × ×
MQ9035X × × × ×
MQ9075X × × ×
ブラウン

マルチクイック 7 MQ7085XG

価格:24,000円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品 専用計量カップ・チョッパー・泡立て器・フードプロセッサー
ブラウン

マルチクイック 7 MQ7035XG

価格:16,280円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品 専用計量カップ・チョッパー・泡立て器
ブラウン

マルチクイック 7 MQ7005X

価格:10,780円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品 専用計量カップ・泡立て器

最新マルチクイックの機能とは?

2020年10月に発売された最新マルチクイック「MQ7085XG」「MQ7035XG」「MQ7005X」の3機種。ハンドブレンダーはどれもマルチクイックシリーズ7の同機種ですが、付属のアタッチメントが異なります。

 

MQ7085XGは、この3機種の中で最も充実した付属品が揃っているのが特徴です。チョッパーや泡立て器などのお菓子作りで活躍するアタッチメントに加えてフードプロセッサーが付属されています。最も高額ですが、毎日の料理でも活躍する汎用性の高さが魅力です。

 

MQ7035XGは、3機種の中で中間的なグレード。中間と言っても、泡立て器とチョッパーが付属しているので幅広い調理ができます。値段がそこまで高額ではないので、入門用としてもおすすめです。MQ7005Xは、計量カップと泡立て器のみのシンプルな付属品となっています。

ブラウン

マルチクイック1 MQ100

価格:3,900円 (税込)

圧倒的な価格の安さが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が5000円を切るマルチクイックシリーズのリーズナブルなローエンドモデルです。ローエンドモデルと言っても300Wのパワーで力強くかくはんしつつ、飛び散り防止設計で周囲を汚しません。また、シングルボタン設計で誰でも簡単に扱うことができるのも魅力。調理アタッチメントは付属されていないので、メインとは別の予備や手軽にハンドブレンダーを初めたい方におすすめです。

消費電力 300W スピード調節 1段階
回転数 11200回/分 付属品 専用計量カップ
サイズ 7.5×7.5×34cm 重量 約565g
ブラウン

マルチクイック5 MQ535

価格:7,680円 (税込)

お菓子作りから離乳食作りまで対応した高コスパモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常にリーズナブルな価格に抑えながら、十分な機能と豊富なアタッチメントが付属した高コスパモデルです。ブレンダーによる潰す・混ぜるの基本性能のほか、泡立て器による泡立てやチョッパーによる刻みにも対応しています。2段階スピード調節で調理や食材に合わせて切り替えができ、お菓子作り・離乳食・毎日の料理にもおすすめな一台です。

消費電力 350W スピード調節 2段階
回転数 14000回/分 付属品 泡立て器・チョッパー・専用計量カップ・専用スパチュラ・オリジナルレシピブック
サイズ 7×7×38cm 重量 約720g
ブラウン

マルチクイック5 ヴァリオ MQ5045

価格:15,500円 (税込)

アイス用カッターで硬い氷も楽々粉砕

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性に優れた1台5役のアドバンスドモデルです。回転スピードは21段階調節することが可能で、ダイヤル式のためブレンダーを持ったまま親指で簡単に切り替えることができます。アイス用カッターが付属されており、硬い氷や凍った果物もすばやく粉砕するので、スムージーやシェイクなどのアイスドリンクを作りたい方におすすめです。

消費電力 400W スピード調節 21段階
回転数 13600回/分 付属品 泡立て器・ビッグチョッパー・アイス用カッター・専用計量カップ・専用スパチュラ
サイズ 7×7×40.5cm 重量 810g
ブラウン

マルチクイック7 MQ735

価格:9,500円 (税込)

セーフティロック機能を搭載した安心設計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさを追求し、デイリーに使いこなせるスタンダードモデルです。グリップを握った強さで回転スピードが変わるスマートスピードテクノロジーを搭載しているので、より直感的な操作が可能。チョッパーや泡立て器などアタッチメントを交換することで、幅広い調理に対応します。非常に優れた機能性・操作性を有しながら価格を抑えているので、ハンドブレンダー入門機やコスパ重視の方におすすめです。

消費電力 400W スピード調節 スマートスピード
回転数 13600回/分 付属品 泡立て器・チョッパー・専用計量カップ・専用スパチュラ
サイズ 7×7×40cm 重量 890g
ブラウン

マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

価格:20,950円 (税込)

出力500Wのパワフルブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウン史上最高の消費電力500Wの高出力ハンドブレンダーです。高出力と回転と同時にシャフトが上下に伸縮することで、硬い食材もあっという間にかくはんします。スピード調節にはスマートスピード機能を採用し、操作しながらの感覚でコントロールが可能。泡立て器やフードプロセッサーが付属されているので調理の幅も広く、パワーを重視する方におすすめのモデルです。

消費電力 500W スピード調節 スマートスピード
回転数 12800回/分 付属品 フードプロセッサー・泡だて器・専用計量カップ・専用スパチュラ・オリジナルレシピブック
サイズ 7×7×41cm 重量 約1kg

おすすめのブラウンハンドブレンダーのスペック比較表

型番 消費電力 スピード調節 定格時間(ブレンダー時) 付属品
【最新】MQ7085XG 400W スマートスピード 60秒 専用計量カップ・チョッパー・泡立て器・フードプロセッサー
【最新】MQ7035XG 400W スマートスピード 60秒 専用計量カップ・チョッパー・泡立て器
【最新】MQ7005X 400W スマートスピード 60秒 専用計量カップ・チョッパー・泡立て器
MQ100 300W 1段階 45秒 専用計量カップ
MQ535 350W 2段階 60秒 泡立て器・チョッパー・専用計量カップ・専用スパチュラ・オリジナルレシピブック
MQ5045 400W 21段階 60秒 泡立て器・ビッグチョッパー・アイス用カッター・専用計量カップ・専用スパチュラ
MQ735 400W スマートスピード 60秒 泡立て器・チョッパー・専用計量カップ・専用スパチュラ
MQ9075X 500W スマートスピード 60秒 フードプロセッサー・泡だて器・専用計量カップ・専用スパチュラ・オリジナルレシピブック

ブラウンハンドブレンダーの使い方は非常にシンプルです。ここではブラウンのハンドブレンダーの使い方について解説します。

 

  • 容器に対応している食材を入れる
  • ハンドブレンダーを起動し上からゆっくりと軽く押さえる
  • 食材の硬さやテクスチャに合わせてスピード調節する

 

使用する容器は割れやすい陶器やガラス製は避け、専用カップやプラスチック、金属製の容器を使用しましょう。

通常のチョッパーで氷を砕くことができるか気になりますよね。結論を言うと、やはり氷を砕くには「MQ745」に代表されるような、アイス用カッター付属のモデルである必要があります。

 

仮に通常のチョッパーで氷を砕くことができたとしても、メーカーは推奨していません。無理やり非対応の刃を使うと、故障や刃こぼれの原因になるのでやめておきましょう。

 

ブラウンのハンドブレンダーの場合、アイス用カッターが付属されているものは、同時にビッグチョッパーが付属されているのが特徴です。通常のチョッパーよりも大きいので画像でも見分けやすくなっています。

ここまでブラウンハンドブレンダーのシリーズ・型番ごとの比較やおすすめ商品5選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ブラウンのハンドブレンダーはどれも操作性に優れ初心者にも使いやすいものばかり。性能やアタッチメント、価格とのバランスを押さえておけば自分にぴったりのブラウンハンドブレンダーにきっと出会えるでしょう。