【2021最新】ステンレス製フードプロセッサーおすすめ6選|ガラス製との違いは?

フードプロセッサーは手軽にみじん切りや千切りができる便利なアイテムです。とくに、ステンレス製なら臭いや傷がつきにくく、食洗機にも対応しています。使いやすくてお手入れが簡単なフードプロセッサーが欲しい方のためにステンレス製のモデルを厳選して6つ紹介します。

2021/06/07 更新

フードプロセッサーは手軽にみじん切りや千切りができる便利なアイテムです。材料を切るカッター刃以外にも、パンこね羽根が付属しているモデルもあり、1台あると料理のレパートリーを増やせます。ハンバーグのタネや大根おろしを作ることも可能です。

 

中でも、カップがステンレス製のフードプロセッサーはメリットが多いです。例えば、臭いや傷がつきにくい・食洗機に対応しているなどがあげられます。また、ガラス製よりも軽量で取り回しもよく、割れる心配がありません。デザイン性も高く、キッチンのインテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

 

使いやすくてお手入れが簡単なフードプロセッサーが欲しい方のために、カップがステンレス製のモデルを厳選して6つ紹介します。ガラス製フードプロセッサーとの違いについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!ステンレス製フードプロセッサーおすすめ6選

フードプロセッサーは食材を固体で調理するのに対し、ミキサーは食材を液体にして調理することに優れています。また、フードプロセッサーは刃の交換ができますが、ミキサーはできないものが多いです。

 

フードプロセッサーは野菜を細かく切ったり、ミンチにしたりできる調理器具です。また、ブレードと呼ばれる刃を交換することで、パン生地やうどんも作れます。ミキサーはジュース・スムージー・スープなどを作れる調理器具です。食材をなめらかな液体にできます。

容器に使われる素材は、ステンレス・ガラス・プラスチックなどが主です。それぞれメリット・デメリットがあるため、一概にどれがいいとは言い切れません。本記事では、ステンレスに焦点を当てて解説します。

 

ステンレスのメリットは、衝撃に強い・熱伝導がいい・軽量なことです。また、金属の中でも錆びにくく、銀や銅など抗菌作用のある金属を配合しているものや、イオン処理で抗菌効果を付加している商品もあります。しかし、ステンレス自体には抗菌作用はないため注意が必要です。

 

デメリットは、電子レンジやオーブンで利用できないことです。また、ガラスと異なり透明ではないため食品の状態を見ながらの調理が難しく、プラスチックほど軽量でリーズナブルではありません。

今すぐ見る!ステンレス製フードプロセッサーおすすめ6選

フードプロセッサーは、さまざまなメーカーから販売されており、たくさんの種類があります。自分に合うモデルを選ぶためには、以下のポイントをチェックするのが重要です。

 

 

それぞれのポイントについて解説するので、フードプロセッサー選びの参考にしてください。

サイズをチェック

フードプロセッサーの容器サイズは、0.6L〜4L(約600g〜4,000g)まで多岐に渡ります。普段の料理する量やキッチンのスペースに合ったものを選びましょう。目安として、2Lの容器であれば、玉ねぎを1玉調理できるサイズです。また、肉ミンチ250gも一度に作ることができます。ただし、容器のサイズと食材を調理できる量は違うので注意して選んでください。

機能を確認

フードプロセッサーは、刻む・潰す・おろす・スライス・こねる・泡立てるなど、刃を変えることでさまざまな調理が可能です。また、回転の速度を変え、食材に合わせた調理ができる機能がついているものもあります。使用したい機能が備わっているかを商品概要で確認しましょう

安全機能も忘れずに

フードプロセッサーは鋭い刃を使った器具で、安全機能がついているとケガや事故のリスクが減り安心です。正しくふたを閉めないと通電しない設計になっているものや、本体の温度が過剰に上がると自動的に電源オフになる過熱保護機能などがあります。お子様がいる方は、チャイルドロックがついているものがおすすめです。

デザインはおしゃれ?

ステンレス製のフードプロセッサーは、メタリックで見た目もおしゃれです。ステンレス製以外にも、フードプロセッサーにはおしゃれなモデルがたくさんあります。カラフルなものやコンパクトでスタイリッシュなものまで、デザインはさまざま。おしゃれなモデルを選べばキッチンが華やかになるので、インテリアとしてこだわるのもおすすめです。

洗いやすさも大切!

フードプロセッサーを選ぶときは、洗いやすさも確認しましょう。調理の時短になる便利な家電ですが、お手入れに手間がかかったら意味がありません。ステンレス製のフードプロセッサーは、構造がシンプルなものが多くて洗いやすいです。ステンレス以外の素材でも、部品を全て外して洗えるものや、食洗機に対応しているものもあります。

山本電気

MICHIBA KITCHEN PRODUCT フードプロセッサー MB-MM56

価格:12,800円 (税込)

力強いパワーが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台8役もこなす万能な山本電気のフードプロセッサーです。高性能DCモーターを搭載していて、静音性・プロの求める繊細さ・パワーを実現しています。カラーバリエーションは、Red(赤)・White(白)・Silver(シルバー)の3色。多くのフードプロセッサーでは調理が難しい山芋・液体系の食材・氷などの硬い食材を調理できるのが特徴です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 山本電気 商品名 MICHIBA KITCHEN PRODUCT フードプロセッサー MB-MM56 RD[レッド]・W[ホワイト]・SL[シルバー]
容量 0.5 L 消費電力 140W
定格時間(連続使用時間) フードプロセッサー使用時:20分、液体使用時:1分 回転数 低速:800回/分、高速:3000回/分
コード長 2 m サイズ 幅210×高さ250×奥行160 mm
重量 約3.1Kg 付属品 ブレード、グレーター、スパチュラ
LINKChef(リンクシェフ)

LINKChef フードプロセッサー

価格:3,999円 (税込)

リーズナブルな価格とスマートなデザインが特徴的な商品

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LINKChefのフードプロセッサーは、スマートなデザインで比較的リーズナブルな価格が特徴です。ふたはガラス製で、ボウルの中の状態を確認しながら調理できます。シンプルな構造で洗いやすいことも大きなメリットです。底部にシリコンが付いているため、振動が少なく安定感があります。初めてフードプロセッサーを購入する方におすすめです。

メーカー LINKChef(リンクシェフ) 商品名 フードプロセッサー
容量 1.2 L 消費電力 250W
定格時間(連続使用時間) 1分間 回転数 -
コード長 1.2m サイズ 幅236×高さ168×奥行166 (mm)
重量 1280 g 付属品 -
タイガー魔法瓶(TIGER)

マイコンフードプロセッサー SKF-H100K

価格:10,772円 (税込)

ブレードを本体に収納することができる製品

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「食卓に、温もりの魔法を。」を企業理念とするタイガー魔法瓶のフードプロセッサーです。本体に収納プレートがついていて、おろしカッターやパンこねブレードなどをコンパクトに収納できます。リールタイプのコードで、すばやくセット・収納できるのもポイントです。みじん切りやおろしなど調理コースをレバーで簡単に切り替えられるため、快適に調理できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー魔法瓶(TIGER) 商品名 マイコンフードプロセッサー SKF-H100K
容量 0.6 L 消費電力 160W
定格時間(連続使用時間) 30分 回転数 高速:2800、低速:1600 rpm
コード長 1.2 m サイズ 幅276×高さ271×奥行243 mm
重量 2.6 kg 付属品 刃:チョッパー(ブラックチタンコート)・おろし、パンこねブレード、カッターブラシ、ヘラつきブラシ
Vitahop

グラインダー&フードプロセッサー

価格:8,910円 (税込)

シンプルなデザインで扱いやすいモデル

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Vitahopの製品は、滑り止めマット・チャイルドロック・温度保護機能がついていて、安全を最優先した設計です。ボタンはひとつで、直感的に操作できます。運転スイッチは2段階設定で、柔らかい食材・硬い食材を刻むときや食感を残したいときなど、したい料理に合わせてスピードを選べます。シンプルなデザインで、操作やお手入れが簡単にできるのが特徴です。

メーカー Vitahop 商品名 グラインダー&フードプロセッサー
容量 2.0 L 消費電力 350 W
定格時間(連続使用時間) - 回転数 -
コード長 - サイズ 幅223×高さ272×奥行148 mm
重量 約1.4 kg 付属品 -
テスコム(TESCOM)

フードプロセッサー TK2000

価格:4,180円 (税込)

アタッチメントを全て収納できる

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属しているアタッチメントを全て容器内に収納できるため、コンパクトで場所を取りません。スイッチは手のひらで押せるように大きめの設計になっています。ロック解除スイッチ搭載で安全性も高いです。液漏れしにくい構造でドレッシングやスープ作りにも役立ちます。食洗機にも対応しているのでお手入れが簡単です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー テスコム(TESCOM) 商品名 フードプロセッサー TK2000
容量 300 g 消費電力 320W
定格時間(連続使用時間) 1分 回転数 約5000/分(無負荷時)
コード長 1 m サイズ 幅159x高さ210x奥行き159 mm
重量 1.1kg 付属品 刃:みじん切り・おろし(粗目/細か目)、カッター保護カバー、バター&ホイップブレード
Cuisinart (クイジナート)

業務用フードプロセッサー DLC-N7JSS

価格:77,515円 (税込)

世界中のプロの厨房でも支持されるクイジナート

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「料理を芸術のように高めたい」という思いからネーミングされたクイジナート。1973年にアメリカで生まれたクイジナートのフードプロセッサーは、家庭だけでなく世界中の厨房でも使われています。こちらのモデルは、押している間だけ電源オンにできるPULSEスイッチや耐久性・パワーを兼ね備えたインダクションモーターなど、プロの現場でも対応できる性能を持っています

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Cuisinart (クイジナート) 商品名 業務用フードプロセッサー DLC-N7JSS
容量 3.0 L 消費電力 360W
定格時間(連続使用時間) 25分 回転数 1500回/分
コード長 1.8 m サイズ 幅304×高さ337×奥行298 mm
重量 7.8 kg 付属品 刃:メタルブレード・ドゥブレード・1mmスライサー・おろし、ディスクハンドル、小プッシャー、スパチュラ、クリーニングブラシ

それぞれの機能を比較!

  • 商品画像
  • アイテムID:5740086の画像

    山本電気

  • アイテムID:5740088の画像

    LINKChef(リンクシェフ)

  • アイテムID:5740089の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • アイテムID:5740091の画像

    Vitahop

  • アイテムID:5740611の画像

    テスコム(TESCOM)

  • アイテムID:5740084の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 商品名
  • MICHIBA KITCHEN PRODUCT フードプロセッサー MB-MM56
  • LINKChef フードプロセッサー
  • マイコンフードプロセッサー SKF-H100K
  • グラインダー&フードプロセッサー
  • フードプロセッサー TK2000
  • 業務用フードプロセッサー DLC-N7JSS
  • 特徴
  • 力強いパワーが魅力
  • リーズナブルな価格とスマートなデザインが特徴的な商品
  • ブレードを本体に収納することができる製品
  • シンプルなデザインで扱いやすいモデル
  • アタッチメントを全て収納できる
  • 世界中のプロの厨房でも支持されるクイジナート
  • 価格
  • 12800円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 10772円(税込)
  • 8910円(税込)
  • 4180円(税込)
  • 77515円(税込)
  • メーカー
  • 山本電気
  • LINKChef(リンクシェフ)
  • タイガー魔法瓶(TIGER)
  • Vitahop
  • テスコム(TESCOM)
  • Cuisinart (クイジナート)
  • 商品名
  • MICHIBA KITCHEN PRODUCT フードプロセッサー MB-MM56 RD[レッド]・W[ホワイト]・SL[シルバー]
  • フードプロセッサー
  • マイコンフードプロセッサー SKF-H100K
  • グラインダー&フードプロセッサー
  • フードプロセッサー TK2000
  • 業務用フードプロセッサー DLC-N7JSS
  • 容量
  • 0.5 L
  • 1.2 L
  • 0.6 L
  • 2.0 L
  • 300 g
  • 3.0 L
  • 消費電力
  • 140W
  • 250W
  • 160W
  • 350 W
  • 320W
  • 360W
  • 定格時間(連続使用時間)
  • フードプロセッサー使用時:20分、液体使用時:1分
  • 1分間
  • 30分
  • -
  • 1分
  • 25分
  • 回転数
  • 低速:800回/分、高速:3000回/分
  • -
  • 高速:2800、低速:1600 rpm
  • -
  • 約5000/分(無負荷時)
  • 1500回/分
  • コード長
  • 2 m
  • 1.2m
  • 1.2 m
  • -
  • 1 m
  • 1.8 m
  • サイズ
  • 幅210×高さ250×奥行160 mm
  • 幅236×高さ168×奥行166 (mm)
  • 幅276×高さ271×奥行243 mm
  • 幅223×高さ272×奥行148 mm
  • 幅159x高さ210x奥行き159 mm
  • 幅304×高さ337×奥行298 mm
  • 重量
  • 約3.1Kg
  • 1280 g
  • 2.6 kg
  • 約1.4 kg
  • 1.1kg
  • 7.8 kg
  • 付属品
  • ブレード、グレーター、スパチュラ
  • -
  • 刃:チョッパー(ブラックチタンコート)・おろし、パンこねブレード、カッターブラシ、ヘラつきブラシ
  • -
  • 刃:みじん切り・おろし(粗目/細か目)、カッター保護カバー、バター&ホイップブレード
  • 刃:メタルブレード・ドゥブレード・1mmスライサー・おろし、ディスクハンドル、小プッシャー、スパチュラ、クリーニングブラシ

ステンレス製のフードプロセッサーは、衝撃に強く長持ちします。さまざまなメーカーから販売されているため、しっかり比較するようにしてください。サイズや洗いやすさなど、欲しい機能をピックアップして自分にぴったりのステンレス製フードプロセッサーを選びましょう。