【イヤホンが苦手な方はこれ!】人気の耳掛けヘッドホンおすすめ10選

いつでも音楽を持ち歩くことができる現代。イヤホンやヘッドホンはもはや必須のアイテムです。しかし、イヤホンの形がどうしても合わない方もいらっしゃるはず。そんな方には耳掛けヘッドホンがおすすめです。今回は、おすすめの耳掛けヘッドホンをご紹介します。

2021/10/21 更新

スマートフォンなどで音楽を聴く際には必須のアイテムのイヤホンやヘッドホン。カナル型やインナーイヤー型などが主流です。しかし、イヤホンが苦手だけどヘッドホンは大きすぎて目立ってしまう…と考える方もいると思います。そんな方におすすめしたいのが耳掛けヘッドホンです。

 

最近の耳掛けヘッドホンはデザインもスタイリッシュでおしゃれです。絶対数が少ないので、人と被りたくないという方にもおすすめ。カナル型では圧迫感が苦手だし、インナーイヤー型では耳が痛くなってしまうという方はぜひ耳掛けヘッドホンをお試しください。

 

そこで、ここではそんな方のために、耳掛けヘッドホンのタイプや性能ごとの選び方や、おすすめ商品6選を紹介します。イヤホンやヘッドホンに苦手意識がある方はぜひ本記事を参考にしてください。

市場の規模でいうと大きいとは言えない耳掛けヘッドホンですが、淘汰されることなく根強く残っているのは、耳掛けヘッドホンの熱いファンが存在するからです。そんな耳掛けヘッドホンのおすすめの選び方の基準はどのようなものでしょうか。解説します。

まずは「お手持ちの機器に対応しているか」で選ぶ

音楽を聴く際、スマートフォンを使用する方も多いでしょう。音楽プレイヤーを利用する方にもまずは気をつけていただきたいのが、「その機器に対応しているか」です。

 

パッケージやインターネットで販売されているページには互換性が書かれていますので、選ぶ際の入り口として、まずは対応しているかどうかを確認することをおすすめします。

耳掛けヘッドホンの構造で選ぶ

耳掛けヘッドホンのおすすめの選び方の第一歩は、ヘッドホン部の構造で選ぶことです。まずは構造を知って、どのタイプがご自身に合いそうかを検討しましょう。

耳掛けヘッドホンにも密閉型がある

イヤホンと同じように、耳の部分がカナル型をしている耳掛けヘッドホンがあります。これは好みが分かれるところですが、カナル型が苦手な方は控えたほうが良いでしょう。それでも、密閉されることで「音漏れがしにくい」「外部の音を遮断できる」などのメリットがありますよね。

 

耳掛けヘッドホンの中には、そういったメリットを取り入れた耳掛けヘッドホンならではの密閉型の商品が存在するのです。それが低反発ウレタンなどを使用したイヤーパッドが耳にフィットして、密閉を実現する形。

 

密閉型という耳掛けヘッドホンの中でも種類があることを抑えておいて、ご自身の求める形を追求することをおすすめします。

外部の音にも気を配りたい時は開放型がおすすめ

スポーツをしたり、通勤をしたりする時、外部の音を遮断してしまうと危険になることがあります。そんな時におすすめなのが、開放型の耳掛けヘッドホンです。開放型なら、動きながらでも、外部の音を聞き漏らさず音楽を聴くことができます。

 

また、密閉型では音がこもることがありますが、開放型の耳掛けヘッドホンならダイナミックに響く音を聴くことができるところもおすすめのポイントです。

ケーブルの有無で選ぶ

移動中に利用するならケーブルのないBluetooth(無線)接続が便利ですが、ケーブルで接続するタイプにもメリットはあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ケーブルがない無線タイプはやはり便利

ワイヤレスの耳掛けヘッドホンは自由で便利ですね。少し前までは無線で接続する際、それぞれの機器に接続の設定をするペアリング作業で時間がかかることもありましたが、最近の耳掛けヘッドホンはペアリングも簡単にできるようになりました。

 

数メートル離れても使用できる耳掛けヘッドホンもありますので、作業や仕事、運動などをされる際にはおすすめしたい接続方法です。ケーブルが引っかかって耳掛けヘッドホンが取れてしまうということもないので、動き回っても安心ですね。

無線タイプにも種類がある

前述した無線接続タイプの耳掛けヘッドホンの中でも、さらに2つの種類があります。1つは、左右のイヤホンが完全に分離している「左右分離型」の耳掛けヘッドホンです。非常にコンパクトに利用することができるので、ケーブルが煩わしいと感じる方にはおすすめのタイプ。

 

しかし、完全に分離しているので、ふとした瞬間に落として失くしてしまうという可能性もあります。もう1つのタイプは、左右のイヤホンがケーブルで繋がっている「左右一体型」の耳掛けヘッドホンです。このタイプは、左右を繋いでいるケーブルを首の後ろに回して使用します。

 

この左右一体型は首の後ろにケーブルを感じることにはなりますが左右分離型のように紛失する心配はありません。

音質を大切にするなら有線タイプがおすすめ

ワイヤレスの方が便利なのに、有線を選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。それは、「音質が劣化しない」というところにあります。Bluetoothでの無線接続をする時、スマートフォンと耳掛けヘッドホンの間では音のデータを圧縮して伝送しています。

 

つまり、そのままのデータを届けているのではなく、一度小さくまとめているということです。その点、有線の耳掛けヘッドホンでは、ケーブルを通してそのままの音質を届けることができます。良い音質の音楽をそのままの状態で聴くことができるのです。

 

音質にこだわった有線の耳掛けヘッドホンは高価格のものもありますが、音質にこだわらないのなら非常に安価な有線の耳掛けヘッドホンもあります。

防水性能で選ぶ

耳掛けヘッドホンは耳の外側にかけるものですから、突然の雨などにも注意しなくてはなりません。防水性能が高ければ、少しの雨なら防いでくれます。耳掛けヘッドホンを選ぶ時には、防水性能をチェックしておくのもおすすめです。

 

スポーツで使用するなら、安心して汗をかけることも大切ですね。「防水」や「防汗」という表示のあるものであれば、水しぶきを防ぐことができますのでおすすめです。

リモコンがあるかで選ぶ

音楽プレーヤーをいちいち出さなくても操作ができるリモコンがついていれば、耳掛けヘッドホンをさらにスマートに使いこなすことができます。いざ購入した時「使えなかった」とならないように、リモコン機能があるかを確認してから購入しましょう。

連続駆動時間で選ぶ

バッテリーで駆動する無線タイプの耳掛けヘッドホンは、連続駆動時間も選ぶ基準のひとつです。機能やバッテリー性能によっても駆動時間が違っていますので、長時間の移動やマラソンの練習などに使用したい方は、できるだけバッテリーの持ちが良いものをおすすめします。

LEVIN

Bluetooth イヤホン4.2

価格:2,999円 (税込)

首かけタイプでずれにくく、防水性能がついてスポーツにも安心

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーバーイヤーとインイヤーの間の設計を採用した耳掛けヘッドホン。

ワイヤレスで適度なホールド感、程よく外部の音も聞こえ、装着感もよくおすすめです。

耳あて部がスポンジなので、柔らかい肌触りが心地よい耳掛けヘッドホンです。

耳に当たる部分がスポンジだと汚れなどが気になるところですが、替えのスポンジパッドも付いて安心です。

 

収納できるケースは布ではなく、しっかりとしたハードケース。

持ち運びもスタイリッシュに行うことができます。

イヤホンの形状 オンイヤー型 有線・無線タイプ 無線(左右一体型)
防水性能 防汗 リモコン
JVCケンウッド

JVC HA-EB75-R

価格:1,618円 (税込)

JVCケンウッド 6色展開の耳掛け式ヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名メーカーの耳掛けヘッドホン。

スポーツ仕様ということもあり、水しぶきにも耐えられる防滴性能が付いています。

 

密閉型では夏場や運動して汗をかくと耳が痒くなるという方にはうってつけの開放型で、装着感も評判が良いです。

メガネを掛けていてもフックが気にならないという方もいました。

 

とにかく価格は魅力的で、コストパフォーマンスの面でもおすすめできる一品です。

イヤホンの形状 開放型 有線・無線タイプ 有線(1.2m)
防水性能 防滴(IPX2) リモコン ×
パナソニック(Panasonic)

クリップヘッドホン RP-HZ47-S

価格:682円 (税込)

薄型の本体で耳元もスッキリ。耳掛けヘッドホンを試してみたい方におすすめ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの耳掛けヘッドホンはPanasonic製でありながら、リーズナブルな商品です。

耳掛けヘッドホンを試してみようと思っている方にはおすすめです。

 

カラーもブラック、ホワイト、シルバー、ブルー、レッドの5色から選ぶことができます。

普段使いに遠慮なく使うことができるサブの耳掛けヘッドホンとしてもおすすめできる商品です。

イヤホンの形状 開放型 有線・無線タイプ 有線(1m)
防水性能 × リモコン ×
beats by dr.dre

Powerbeats

価格:16,280円 (税込)

beatsらしい音質は健在!高品質耳掛けヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重低音が特徴的で人気の高いBeatsの耳掛けタイプ。

カナル型なので、耳掛けヘッドホンの楽な使い心地を想像していると少し違うのですが、なんと言ってもこの高品質、高音質はおすすめしたいところです。

 

ヒップホップやロックなどを主に聴く方にとって、重低音は大切な要素ですよね。

この耳掛けヘッドホンはカナル型なので、音漏れを気にすることなく重低音を楽しむことができます。

 

価格は高級に思えますが、使用している方からの満足度はそれ以上の価値がある商品と言えるでしょう。

イヤホンの形状 密閉型(カナル型) 有線・無線タイプ 無線(左右一体型)
防水性能 耐汗・防沫 リモコン
オーディオテクニカ

Sound Reality ATH-CKR70TW BK

価格:15,708円 (税込)

高音質の耳掛けヘッドホンならこの一台。デザインも秀逸

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質もさることながら、高級感溢れるこのデザインに一目惚れして購入する方もいるほどの素晴らしいデザイン。

それもそのはず、ハウジングには「北海道産アサダ桜の無垢削り出し」、つまり本物の木を使用しています。

ち着いた大人にもおすすめできるおしゃれな耳掛けヘッドホンです。

 

ロングセラーの商品で、長年愛用している方が多いのもこの商品の良さを物語っているのではないでしょうか。

イヤホンの形状 開放型 有線・無線タイプ 有線(0.6m)
防水性能 × リモコン ×
Audio Technica(オーディオテクニカ)

イヤフィットヘッドホン 耳掛け ATH-EQ300M BK

価格:683円 (税込)

お値段手頃で軽く、ストレスなく使える耳掛けヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型で控えめなので、目立ちすぎることがありません。

軽くて邪魔にならず、耳への負担が少ないため、リラックスタイムにおすすめの商品。

耳にピタッとくっつくような装着感で、満足している方が多いのもポイントです。

 

コストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。

イヤホンの形状 開放型 有線・無線タイプ 有線(1.2m)
防水性能 × リモコン ×
ソニー(SONY)

イヤホン MDR-AS210 B

価格:1,191円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなデザインは一見カナルのようにも見えますが、この耳掛けヘッドホンは開放型(オープンエア型)なので、装着感を損ないません。

 

低価格帯の耳掛けヘッドホンですが、この商品は防水性能も備えています。

汗をかいても心配することなく使用できるので、スポーツをするときにもおすすめですね。

 

フィット感は非常によく、運動しても外れることはありません

耳に押し込み気味にすると、半密閉型のようにもなり、音漏れなどを軽減することもできます。

イヤホンの形状 開放型(オープンエア型) 有線・無線タイプ 有線(1.2m)
防水性能 リモコン ×
Koss

オープン型ヘッドホン 耳掛けタイプ KSC75

価格:2,319円 (税込)

アメリカらしいデザインと、音質に対するコストパフォーマンスが特徴

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用モニターヘッドホンなどを手がけるKOSSの耳掛けヘッドホン。

特に音質に対するコストパフォーマンスは非常に満足度が高く、おすすめできる商品です。

 

開放感があり、低音がしっかりと鳴ります

しかしながら、カラーはこのシルバーのみで、デザインについては賛否があるので、それでも良いという方にはおすすめの商品です。

 

ハイエンドの商品にはない新しい発見があるかもしれません。

イヤホンの形状 開放型 有線・無線タイプ 有線
防水性能 × リモコン ×
Apple(アップル)

Powerbeats Pro

価格:20,670円 (税込)

左右分離型の完全ワイヤレス。ファンが多いBeatsの新製品

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カナル型ではありますが、耳にかけることで支えるタイプ。

Apple製品との相性は特によく、安心しておすすめできる商品です。

 

フィット感は非常に高く、動いても外れません。

防水性能もあり、リモコン、マイクもついているので、スマートフォンと接続すれば音量調節や通話も耳掛けヘッドホンだけで行うことができます。

イヤホンの形状 カナル型 有線・無線タイプ 無線(左右分離型)
防水性能 耐汗・防沫 リモコン
JVCケンウッド

密閉型オンイヤーヘッドホン HP-AL202-B

価格:1,680円 (税込)

これぞ耳掛けヘッドホン。軽くフィット感もある満足度の高い商品

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤーパッドによる密閉型なので、カナル型のものと違って外部の音を遮断することなく音漏れを防ぐことができます。

 

ケーブルが巻き取り式になっていて、簡単にケーブルを収納できるのもまたおすすめのポイント。

好みの長さに調節できるので、使用中も邪魔になりません。

耳掛けヘッドホン自体を収納したり取り出したりするときにも、ストレスなく利用することができます。

 

カラーも10色展開と豊富なので、自分好みのものを選ぶことができます。

コストパフォーマンスの高い耳掛けヘッドホンをお探しの方におすすめできる商品です。

イヤホンの形状 密閉型(イヤーパッド) 有線・無線タイプ 有線(巻き取り式)
防水性能 × リモコン ×

今回は少数派になりつつある耳掛けヘッドホンについてご紹介しました。カナル型やインナーイヤー型のイヤホンでは耳に違和感がある方にとっては、耳掛けヘッドホンは強い味方となるでしょう。ぜひお気に入りの製品を見つけて、音楽をもっと楽しんでください。

# おすすめ