ビーツバイドクタードレー beats Pro イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥14,495
ビーツバイドクタードレー beats Pro イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ビーツバイドクタードレー beats Pro イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/11/27 更新

ランク王編集部

頑丈な造りでヘビーユーズにも耐えるワイヤードヘッドホン

ビーツバイドクタードレーのヘッドホンです。「レザー・イヤーキャップ」や「アルミ・ガンメタル・フレーム」を採用した頑丈な造りが特徴です。そのため、絶え間ない過酷な使用にも耐えられます。スチールとアルミを使用したしっかりとしたサウンドプラットフォームにより、胸に響く低音を体感できます

本商品は、スタジオやクラブなどでヘビーユーズできるヘッドホンをお探しの方におすすめです。有線のため充電を気にすることなく、長時間音楽に没頭することができますよ。厚いパッドのキャップが耳を包むため、ノイズに邪魔されることなくスタジオの音楽を体感したい方にぴったりです。

beats Proの基本スペック

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ 有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造 密閉型(クローズド)
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
コード長【m】 1.3 m リケーブル
マイク 折りたたみ
カラー BlackWhiteRed BlackInfinite BlackInfinite Black 重量【g】 400 g
インピーダンス【Ω】 音圧感度【db】
再生周波数帯域 ドライバサイズ【mm】
コード種類 最大入力【mW】
充電端子 ワイヤレス
Bluetoothバージョン 連続再生時間
連続再生時間 対応コーデック
NFC NFMI・MiGLO対応
TWS Plus対応 マルチペアリング対応
マルチポイント対応 ノイズキャンセリング
ハイレゾ 外音取り込み
音質調整 自動電源ON機能
自動電源OFF機能 防水・防塵性能
リモコン マグネット連結対応
フルデジタル サラウンド
AIアシスタント搭載 AIアシスタント呼び出し機能

beats Proのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

Beats proの基本スペック

beats by dr.dre

Beats Proオーバーイヤーヘッドフォン - ブラック

価格:84,200円 (税込)

\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー beats by dr.dre 商品名 Beats Pro
タイプ オーバーヘッド 接続方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン
連続再生時間 充電端子
コード長 1.523m その他の機能 ダイナミック駆動

Beats proのおすすめポイント

再生に適したスタジオモニター搭載

Beats proは、均一化した周波数、さらに精密レコーディング、ミキシングなど、再生時に最適な音を出すための仕組みが施されています。そのため、いつでも快適な音を聴くことができ、評価も高くなっています。

装着性抜群

Beats proに使われているイヤーカップは、とても密度が高いものとなっています。そのため、外の音をほぼ完全にシャットアウトすることが出来るので、いつでも快適に使い続けることが出来ます。

音源を共有可能

イヤーカップに付属のケーブルを繋げると、他のポートが出力モードに切り替わります。これにより、聴いている音源を他にも共有出来るので、複数人で音楽を聴くことも可能となっています。

イヤーカップを回転させることで音を外部にモニター出来る

Beats proのイヤーカップは、回転させることができ、これにより部屋に音源をモニターすることも可能となっています。DJなどをやっている人は、手軽に音をモニターすることが出来るのです。

長時間使用でも疲れにくい

モニター向きのヘッドホンは、遮音性が高い分、長時間使用では疲れやすいという特徴があります。ですが、Beats proなら耳が疲れにくい快適性を実現しているので、長時間使用でも問題なく使い続けることが出来ます。

高い耐久性と簡単な手入れ機能

あらゆる事態を想定して、すぐにセットアップが可能な構造になっています。また、本体はアルミニウム製のガンメタフレームを採用しており、頑丈かつ高級感にあふれています。イヤーカップは、取り外し可能ですぐに洗うことも出来て便利です。

Beats proの悪い点をレビュー

持ち運びには向いていない

ヘッドホンとしての性能は申し分ないのですが、やはりサイズは大きめで重さも少しあります。そのため、外に持ち出して使うには向いていないというレビューが散見されています。使うなら、室内の環境が整った場面がよさそうです。

少しイヤーカップがきつめに感じる

Beats proは、音漏れ防止のために、密閉型のイヤーカップとなっています。ですが、その分、締め付けが少しキツイと感じる人もいるようです。これは人それぞれの好みによっても違うので、きつめが苦手な人は少し考えて選んでみましょう。

人によっては低音がうるさく感じる

Beats proに限らず、このメーカーが出す製品は低音に定評があります。ですが、人によっては低音が少しうるさく感じることもあるようです。実際には聴いてみなければわからないのですが、低音があまり得意ではないという人は向いていないかもしれません。

Beats proの良い点をレビュー

高音が他のbeats製品とは違う

Beatsには、Beats pro以外にも様々な製品があるのですが、やはりプロ仕様のため音の聴こえ方が多少違うようです。特に、高温はかなり聴こえが良く、音マニアの人にも比較的高評価を得ているようです。

フィット感が抜群に良い

密閉型のイヤーカップは、フィット感がとても良くなっているという特徴があります。これは、実際に使っている人からも好評であり、音楽に集中するにはピッタリのヘッドホンとなっているようです。

音漏れの心配はほとんどない

ヘッドホン使う際、音漏れの心配をする人も多いのですが、Beats proに関してはほとんど問題ないと評判になっています。さすがに、爆音と呼べるくらいの音量は別ですが、普通に聴く分には問題ないと言えます。

Beats proの口コミを集めました

デザインは、重厚な感じで良いと思います。

出典:https://review.kakaku.com

音漏れに関する問題は、ヘッドホンを使っている人なら誰しも気になる点となっています。ですが、Beats proなら音漏れ問題はほとんど気にする必要はないと言えるでしょう。気軽に音楽を楽しむことが出来ます。

フィット感は側圧強め。頭が小さめな人でもかなりしっかりホールドされるくらいだと思います。

出典:https://review.kakaku.com

フィット感は、密閉型のイヤーカップもあるので、それなりに強いものとなっています。そのため、頭が小さいに人でも安心して使えるヘッドホンだと言えるでしょう。しっかりとしたヘッドホンが好きな人にもおすすめです。

アルミで出来てるので高級感がある

出典:https://review.kakaku.com

アルミニウム製のBeats proは、その色合いも相まって、かなり高級感溢れるデザインになっています。つけているだけで様になるヘッドホンであり、愛着も湧きやすい点もおすすめだと言えるでしょう。

低音は文句無し、この低音の量が最高!

出典:https://review.kakaku.com

Beats proは、低音に高い評価が出ていることの多いヘッドホンとなっています。そのため、音の臨場感がとても高く、聴いていて夢中になる人も多いのです。低音好きなら、選んで損はないヘッドホンだと言えます。

少しキツめですがこれぐらいが良かったりするかも?でも1時間以上つけてるとだんだん痛くなってくる

出典:https://review.kakaku.com

密閉型のイヤーカップを使っており、装着するとちょうど良いという声が多い一方で、少しキツイと感じる人もいます。これは人それぞれ感覚が違うのですが、キツめのヘッドホンが苦手な人は、少し考える必要があるでしょう。

Beatsは低音がいいと聞いていましたが、ぶっちゃけうるさい。

出典:https://review.kakaku.com

低音が売りのBeats proですが、中には低温が聴こえすぎてうるさいと感じる人もいるようです。あまりにも低音が聴こえると、途中で聴き疲れになることもあるため、低音が良すぎるというのも考えものなのかもしれません。

外に持ち運ぶには抵抗がありますが家で聴くのには便利なヘッドホンですね

出典:https://review.kakaku.com

持ち運びは少し難しい点もあり、やはり家で使うことが主流になるヘッドホンだと言えます。首にかけて歩けば問題ないのですが、人によってはサイズが大きすぎると感じることもあるので、使う場所は考える必要があります。

低音重視のヘッドホンなのでPOPなどには向いていない

出典:https://review.kakaku.com

低音に一定の評価があるBeats proですが、それゆえにPOPなどには向いていないと感じる人も多いです。これは、人それぞれの感性によるところが大きいのですが、低音重視の曲を聴く際に使う方が良いでしょう。

Beats proとSolo3の違い

beats by dr.dre

Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン - ローズゴールド

価格:21,404円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今回紹介しているBeats proとは別に、ワイヤレス接続に対応しているのがBeats Soloとなります。接続方法はBluetoothとなっており、ケーブルに悩まされる必要がないため、多くの人に愛用されています。

 

有線仕様のBeats proでは、どうしてもケーブルの範囲内でしか使えないという欠点がありますが、その欠点を克服している製品だと言えるでしょう。ですが、バッテリー残量は気にしなくてはいけないので、そこはBeats proの方が上だと言えます。

 

また、ワイヤレス接続には音の遅延や音質の低下が起こりやすいため、より良い音質を求める人は、やはりBeats proの方がおススメだと言えます。低音に関しては、どちらもBeats に恥じないクオリティを出しているので、よく考えて選んでみましょう。

Beats proとStudio 3 Wirelessの違い

beats by dr.dre

Beats Studio3 Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン - マットブラック

価格:32,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Studio 3 Wirelesは、先程のBeats Soloより上位のモデルとなっています。ワイヤレス接続はもちろん、ノイズキャンセリングもしっかりとしていることから、かなり性能がアップしていると言えるでしょう。

 

また、ワイヤレス接続の問題点である音の遅延は多少起こるため、その点はBeats proに軍配が上がると言えます。その点を除けば、かなり優秀なヘッドホンなので、使ってみて損はありません。

 

とはいえ、連続再生時間が約22時間となっているため、少ないと感じる人もいるでしょう。この点も、有線のBeats proとは一線を画す特徴であり、性能と実用性のどちらを取るかで、選ぶ商品には違いが出てくることでしょう。

Beats pro と EPの違い

beats by dr.dre

Beats EP オンイヤーヘッドホン - ブラック

価格:9,708円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同じBeats シリーズの中で、Beats proの前に販売されているのがBeats EPとなります。有線タイプのヘッドホンであり、価格も1万円を下回る製品となっています。Beats proは少し価格が高いので、気軽に購入するならBeats EPの方が良いでしょう。

 

また、Beats Proよりも軽いため、使う際に疲れにくくなっています。また、Beats 特有の低温に強いという面ではなく、バランスを考えた音質となっているため、さらに万人受けを狙っているヘッドホンと言えるでしょう。

 

デザイン性はBeats 特有のものであり、愛着が湧くようになっています。高い性能を求めるならBeats Pro、少し性能が落ちてもリーズナブルにBeatsのヘッドホンを手に入れたいならBeats EPというように、住み分けが出来ていると言えます。

beats by dr.dre

Beats Proオーバーイヤーヘッドフォン - ブラック

価格:84,200円 (税込)

\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beats pro イヤホンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

総合的に見ると、Beats proは低音に強く、密閉性があり、使い心地としてはかなり高い評価を得ていると言えるでしょう。

 

その反面、持ち運びなどにはあまり向いていないため、他のヘッドホン・イヤホンとの使い分けを要求されることになる製品でもあります。室内でじっくりと音楽を楽しみたい人にこそ、Beats proはおすすめ出来るヘッドホンとなっています。

 

Beatsシリーズには、他にも様々な製品があり、それぞれ独立した価値観を出しているものばかりです。そのため、基本はBeats proを使いながら、要所で別のBeatsシリーズを使い分けることをおすすめします。上手く使って、良い音楽を楽しんでみてください。