ビーツバイドクタードレー SOLO2の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥9,800
ビーツバイドクタードレー SOLO2 イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ビーツバイドクタードレー SOLO2 イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/13 更新

ランク王編集部

スタイリッシュなデザインでカッコよく使える有線ヘッドホン

ビーツバイドクタードレーの密閉型オンイヤーヘッドホンです。あらゆるジャンルの再生に適した幅広いサウンドを再現しています。人間工学に基づいて設計されたイヤーカップや柔軟性のあるヘッドバンドを採用し、快適に装着することが可能ですよ。また、205gと軽量設計なのも魅力的です。

本商品は、持ち運びやすい有線ヘッドホンをお探しの方におすすめです。コンパクトに折り畳めるため、小さめのバッグでもサッと入れて持ち出すことができますよ。「RemoteTalkケーブル」搭載で、音楽の調整だけでなくハンズフリー通話にも対応しているのも嬉しいポイント。音楽も通話も自在に楽しめます。

編集部おすすめの記事

SOLO2の基本スペック

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
駆動方式
ダイナミック型
プラグ形状
ミニプラグ
ワイヤレス 
Bluetooth
マイク 
リモコン 
折りたたみ 
カラー
ローズゴールド
重量【g】
215 g

この商品が紹介されている記事

Beats(ビーツ)のイヤホンの最強おすすめ【3選】魅力や選び方をご紹介のサムネイル画像

Beats(ビーツ)のイヤホンの最強おすすめ【3選】魅力や選び方をご紹介

2021/10/21

アリNIPPON

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Solo2 Wireless Space Gray 密閉型ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Bluetooth対応 スペースグレー MKLF2PA/A

価格:19,980円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
beats by dr.dre
商品名
solo2 wireless(ブラック・ホワイト・レッド・ブルー)
タイプ
オーバーヘッド
装着方法
両耳
構造
半開放型(セミオープン)
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
12時間
充電時間
2時間
充電端子
USB端子
その他機能
リケーブル、マイク、リモコン、折りたたみ

Solo2 Wirelessのプラグを抜き、Bluetoothデバイスとペアリングすることで、半径9メートル以内の場所であれば、ワイヤレスで音楽を楽しむことが出来ます。イヤーカップをプッシュすることで通話に出たり、音量の調節ができたりするなど、便利な機能も備えています。

 

充電のタイミングをヘッドフォンのLEDバッテリーゲージが点灯することで教えてくれるので、ケーブルを繋ぐことで充電できます。

ヘッドバンドには柔軟性があり、フィット感を感じられる設計になっています。回転式のイヤーカップとなっていることも特徴です。ヘッドフォンの流れるようなカーブと、見えない場所に配置されるよう工夫されたねじなど、快適なデザイン性となっています。折りたたみみ式になっており軽量なので、持ち運びにも最適です。

幅広い音域とクリアなサウンドをバランスよく実現しています。制度に優れたチューニングも施してあり、クリアでダイナミックかつ、響きの美しいフルアコースティックサウンドの世界に浸れることが魅力です。特に中低音域は響きがよく、様々な音楽をより楽しませてくれます。ビート系のサウンドには最適で、深い重低音をキレ良くメリハリ良く聴くことが可能です。

半開放型のためか、音漏れが気になるといった声が複数ありました。自宅で使用する分には問題ありませんが、電車やバスなど公共の場では気になるかもしれません。ボリュームをかなり抑えることで使用できるようですが、外で利用したいと思っている人は注意が必要ですね。

遮音性に関しても、半開放型のため低くなっているという声がありました。外の音がかなり入ってくるので、音楽に集中したい人には向かないかもしれません。自宅で使用する場合、音楽を聴きながら、インターホンの音などを聞き逃すことが無いので、反対に便利だと感じる人もいるようでした。使用用途によって、好みが分かれますね。

長時間使用していると、耳が痛くなってきたり疲れてきたりするなど、装着感が合わないという声がありました。少し締め付けがきついように感じる人が一定数いるようです。頭や耳の形や大きさは個人差がある部分なので、可能なら実機で一度試してから購入したいですね。

やはりデザイン性の高さに惹かれて購入し、実際にそのスマートな見た目を気に入っているという声が多くありました。日々使用する人にとっては嬉しいですね。シンプルな見た目やくっきりとした色味、「b」のロゴなどは街中でも際立って見えます。ファッション性が高くおしゃれですね。

中音から低音が特に際立って、パワフルで解像度も高く、響きよく聴けるという声がありました。ロック音楽などをよく聴く人には嬉しいですね。さらに、ゲームや映画などの戦闘シーンなどの音も迫力ある音で楽しめるレベルのようです。音楽だけでなく幅広い用途に使う人にとっても魅力的ですね。

やはりコードが無く、ワイヤレスで音楽が聴けることで、煩わしさが無いので快適なようです。使用しないときに収納する際も、コードの絡まりや引っかけて破損する、などの心配が無いのは嬉しいですね。スマートフォンとリンクすることで、手ぶら通話も可能です。折りたたみできる上にコードが無いので、持ち運びにも便利ですね。

登校とか散歩とか家で使ってるけどやっぱりいいねぇ〜学校ではみんなに「貸して!」のオンパレード、みんな音質がいいと言っています また、ワイヤレスってのもいいね!充電も意外と持ちますよぉ

出典: https://www.amazon.co.jp

やはり音質の良さは魅力的ですね。さらにワイヤレスで持ち運びに便利、充電も長持ちしてくれると、充電切れの心配なく音楽が楽しめますね。おしゃれなデザインで周囲の注目も集められそうです。
家事をしながら、別の部屋で聴くこともできるので、便利です 慣れてしまえば、操作も簡単です

出典: https://www.amazon.co.jp

家の中でも、かなり広範囲でワイヤレスのまま音楽を楽しめるようです。家の中で音楽を聴きながら他のことを進められるのは嬉しいポイントですね。操作性の快適さも重要です。
めっちゃいいですただ締め付け?が強いので自分は耳が痛くなります、

出典: https://www.amazon.co.jp

装着感が合わないというコメントは、他にも複数ありました。耳が痛くなってしまうと、音楽を長時間聴き続けることは難しくなってしまいますね。締め付け感が気になる人は、少し考慮した方が良さそうです。
付けてみると耳全体を覆うのではなく耳の上に置く感じです。時間が経ってくると耳が痛くなってきます。あと1番気に入らなかったのは音漏れです。 普段電車の通学として使っていますが友達や知り合いから「音漏れしてるよ」と何回も言われました。音も重低音はまだ良いとして高音域が全然出ません。

出典: https://review.kakaku.com

耳全体を覆うタイプではないので、装着感に違和感を感じる人も多いようです。また、音漏れに関しても気になる人が複数いました。公共交通機関で頻繁に使用する人は気になりますね。
半開放型です。 当然ですが密閉型よりは周囲の音が入ってきます。 装着して音楽を聴いていても控えめな音量なら声を掛けられたことが判ります。 インターホンや電話の呼び出し音も聞こえるので作業中に使っても安心です。

出典: https://review.kakaku.com

外音遮断性は低く、周囲の音が入ってきやすいという声がありました。音楽だけを集中して聞きたい場合には気になってしまうかもしれません。他の音も気にしつつ音楽を楽しみたい人にとっては、低い方が良いですね。
音質は値段のわりに微妙ですが、外で聴く分にはやはり外部の騒音がはいってきますので、そこまで音質にこだわる必要はないのかもしれません。 デザインはかっこいいので、ファッションの一部としてはとても映えると思います。 アウトドア向けのかっこいいヘッドホンです。

出典: https://review.kakaku.com

音質に強いこだわりがあり、期待感が高すぎるとイマイチに感じられる場合があるようです。デザイン性の良さはやはり高いようで、ファッション性が嬉しいですね。
低音ブースト感を感じるのでロック向き。 kickやbaseがしっかり聞こえます。 クラシックやバラードを聞くとちょっと違うなって思います。

出典: https://review.kakaku.com

低い音が得意なヘッドフォンのようです。ロック音楽を好む人には向いていますね。逆にクラシックやバラードを好んで普段聞く人には、物足りない音質に感じる場合があるようです。
折り畳みが可能で、付属のソフトケースに収めることができます。荷物の嵩としては、小型ドライヤーくらいの感覚で、旅行などでも携行できると思います。

出典: https://review.kakaku.com

ソフトケースに収まることで、携帯用として向いていますね。折りたたみができることも嬉しいポイントです。旅行に行く場合や様々な場所で使用したい人にとって、魅力的だと言えます。
beats by dr.dre

Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン – シルバー

価格:27,054円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Solo2とよく比較され、後発であるSolo3ですが、どのような違いがあるのでしょうか。まず、共通の点としては、Solo2もSolo3もオーバーヘッドであり、ワイヤレスの仕様であることです。どちらもBluetooth搭載となっています。マイクの機能があることや、折りたたみ式であることも変わりありません。

 

大きな違いとしては、Solo3の方は充電端子としてmicroUSBに対応している点です。さらに、効率の良いAppleのW1チップを採用し、最大40時間のバッテリー駆動が可能と、パワフルになっています。また、バッテリーが少なくなった場合に備えて、5分間の充電で約3時間再生することが可能な「Fast Fuel機能」も搭載されています。

 

やはりSolo3の方が後発なだけあり、機能が充実されていますね。またカラーも増えて充実しているようなので、好みのデザインのものが見つかる可能性も、上がるかもしれません。Solo2と比較しつつ、検討してみても良さそうです。

beats by dr.dre

Beats EPオンイヤーヘッドフォン - ブラック

価格:8,089円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Solo2と同じBeatsメーカーの中でも、有線であるEPと比較していきます。こちらはBluetoothは搭載されていませんので、コードを繋ぐことで音楽を楽しむことが出来ます。その分価格はかなり抑えられていることが特徴です。

 

Solo2では装着感へのネガティブコメントが複数見られていましたが、こちらのEPは上下に調節可能なヘッドバンドとなっており、自分の好みに合わせて調整することで、フィットさせることが出来ます。また折りたたみは出来ませんが、頑丈なうえに軽量な造りになっており、持ち運びに便利です。

 

Beatsの商品に興味があり気軽に試してみたい方や、コードレスにこだわりの無い方、快適な装着感を求めている方は、EPも検討してみてはいかがでしょうか。

beats by dr.dre

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン - マットブラック

価格:33,500円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

次に、Solo2とStudio3の違いについてみていきます。Studio3は画像から見てわかる通り、高級感があります。まずはデザイン性の違いがありますね。Bluetoothが搭載されており、ワイヤレスで音楽を楽しめる点や、折りたたみの機能がある点などはSolo2と変わりありません。

 

Studio3の大きな特徴は「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)」が搭載されている点です。遮断すべき外部音を特定してブロックし、それぞれの音に合わせた調整を自動で行いながら音楽を再生してくれます。Solo2には無い機能ですので、遮音性を重視したい方はStudio3も良いかもしれません。

 

Studio3は全体的に高性能となっていることが魅力的であることがわかりました。ただしその分お値段も上がりますので、自分の重要視するポイントと価格とを照らし合わせたうえで、購入検討できると良さそうですね。

アリNIPPON

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Solo2 Wireless Space Gray 密閉型ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Bluetooth対応 スペースグレー MKLF2PA/A

価格:19,980円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beats solo2 wireless ヘッドフォンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Solo2は低音域が魅力的な商品だということがわかりました。特にヘッドフォンでロック音楽を聴きたい方やゲームや映画を、臨場感たっぷりの音楽で楽しみたい方におすすめできる商品と言えそうです。またワイヤレスでデザイン性に優れていますので、ファッション的にも魅力的ですね。

 

しかしながら、高音域がイマイチと言われているので、クラッシックやバラードを好む方は、考慮した方が良さそうです。また、音漏れしやすく、遮音性が低いということなので、公共機関で頻繁に利用したいと考えている方も、少し使用が難しいかもしれません。装着感に関しても好みが分かれますので、注意して購入検討できた方が良さそうです。

 

Beats製品の他の商品とも比較しつつ、自分のお気に入りのヘッドフォンを探し出し、ぜひ購入検討してみてください。