ビーツ studio3 wireless MQ562PA/A [マットブラック] イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥29,860
ビーツ studio3 wireless MQ562PA/A [マットブラック] イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ビーツ studio3 wireless MQ562PA/A [マットブラック] イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/05/13 更新

ランク王編集部

bボタンで通話や通話も◎常に最適な音楽を提供するヘッドホン

本商品は、ビーツより発売されている「Apple W1チップ」「ピュアアダプティブノイズキャンセリング」を搭載したワイヤレスヘッドホンです。これにより、特定の外部音を常にブロックし、自動で調整を行います。また、10分の充電で約3時間再生できる手軽さもポイント。

そのため、上質なリスニング体験をしたい方に最適です。リアルタイムで調整を行い、いつでも最適なサウンドを提供してくれます。加えて、イヤーカップの「b」ボタンを押せば、さまざまな機能を使いこなすことができますよ。音質のよさはもちろんのこと、機能性も重視している方にうってつけです。

studio3 wireless MQ562PA/A [マットブラック]の基本スペック

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状 ミニプラグ
インピーダンス 【Ω】 音圧感度 【dB】
再生周波数帯域 ドライバサイズ 【mm】
コード種類 コード長【m】
最大入力 充電端子 microUSB
ワイヤレス  Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.4.0/Class1
連続再生時間 最長22時間最長40時間(Pure ANCオフ) 充電時間 90分
対応コーデック  NFC 
NFMI・MiGLO対応  TWS Plus対応 
マルチペアリング対応  マルチポイント対応
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み 音質調整
自動電源ON機能 自動電源OFF機能
防水・防塵性能  リモコン 
マグネット連結対応 折りたたみ 
フルデジタル  サラウンド 
AIアシスタント搭載 AIアシスタント呼び出し機能
カラー ミッドナイトブラック 重量【g】 260 g

studio3 wireless MQ562PA/A [マットブラック]のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

Beats Studio3の基本スペック

beats by dr.dre

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン - マットブラック

価格:33,500円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Beats(ビーツ) 商品名 Beats Studio3(マットブラック・ホワイト・クリスタルブルー・グレイ・シャドーグレー・デザートサンド・ブルー・ミッドナイトブラック・レジスタンスブラックレッド・レッド)
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
プラグ形状 ミニプラグ 連続再生時間 最長22時間(最長40時間(Pure ANCオフ))
充電時間 90分 充電端子 microUSB

Beats Studio3のおすすめのポイント

一日中好きな音楽を楽しめる

Studio3はフル充電することで最長で22時間の使用が可能です。さらに「Pure ANC」をオフにしておくことで、最長で40時間の再生が可能。旅行先などでも、自分の好きな音楽を一日中楽しむことができます。

外部の雑音を完全にシャットアウトしてくれる

Studio3には「Pure ANC」が搭載されているので、外部からの雑音を完全にシャットアウトしてくれます。自分が聴きたい音楽に集中することができ、よりクリアでダイナミックな音楽を楽しむことが可能です。

充電に時間がかからない

Studio3には「Fast Fuel機能」が付いているので、短時間であっという間に充電することができます約10分間の充電で3時間の再生が可能なため、フル充電せずともちょっとした外出などでは音楽を楽しむことが可能です。

Beats Studio3の悪い点をレビュー

長時間使用すると頭が痛くなる

耳全体を覆うStudio3では、やや締め付けも強く、長時間使用する際にはどうしても耳が痛くなることがあります。また、ヘッドホンと言うことで重さもあるため、頭部にはそれ以上の負担がかかってくるとの口コミも少なくありません。

 

音質は良好ですが、長時間音楽を楽しみたい方には不向きと言えそうです。

大きくて持ち運びに不便

Studio3は、サイズが大きく持ち運びには不便だと言う意見も多く見られます。ヘッドホンということで自宅で使う分には何の問題もありませんが、持ち歩くとなるとサイズが大きくかさばるため、外出時には邪魔になりそうです。

充電ポートが古い

Studio3は、充電ポートがやや古いmicroUSBということもあり、購入者からは不満の声も聞かれます。充電性能そのものに問題があるわけではありませんが、最新の充電ポートを期待されている方は注意が必要です。

最大音量が小さい

studio3は、以前のモデルと比べると、最大音量が小さくなったと言う指摘も出ています。音質そのものが悪いという訳ではありませんが、大音量で音楽を楽しみたいと言う方には他の商品をおすすめいたします。

Beats Studio3の良い点をレビュー

ノイズキャンセリング機能の効果がすごい

Studio3の購入者の意見で一番多いのが、「ノイズキャンセリング機能」の利便性の高さについてでした。従来のヘッドホンとは異なり、雑音を完全に取り除けるようになったことで、純粋に音楽を楽しむことができるようになったと好評です。

 

純粋に音がキレイ

Studio3を購入した方からは、純粋に音がキレイだという声が多く聞かれます。特にから高音域にかけての音がキレイだという口コミが多く、アニメやアイドルの曲を良く聴かれる方にとっては重宝しそうです。

iPhoneと相性が良い

Studio3はiPhoneやiPadとの相性も大変良く、操作しやすい点も特徴です。接続自体も簡単に行えるので、初めてワイヤレスヘッドホンを使われる方にもおすすめ。音量調節や早送り・巻き戻しもワンタッチでできる万人向けの商品です。

Beats Studio3の口コミを集めました

音質は可もなく不可もなく。 クオリティに対して値段はかなり高い印象です。 デザインが良いので、そこに価値を見出せれば購入しても良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3の音質は、購入者の中でも賛否が分かれています。ただ、値段の割にやや音質が低いと言う口コミが多いのも事実です。 余程音質にこだわらないが限りは問題なさそうですが、強いこだわりを持たれている方は、購入を控えられた方が良いかもしれません。

重低音はBoseやSONYにはどうしても劣ってしまいますが、それでも音質はとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3を購入された方の中には、低音にやや不満があるとの口コミも少なくありません。そのため、重低音の強い曲が好きだと言う方にはやや不向きだと言えそうです。

装着感はイヤーパッドが柔らかくとても良いですが、ヘッドバンドのクッション性が少し足りないかな?という感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3は耳元にしっかりフィットし、またイヤーパッドも柔らかいので耳が痛くなりにくいのも特徴です。ただ、ヘッドバンドはイヤーパッドに比べてクッション性が少なく、長時間の使用では痛みが出ることがあるとの口コミも見られます。

...そして1番驚いたのはノイズキャンセリング機能! 音楽を聴きながら、ノイズキャンセリングをoffにしたところ周りから工場音のような雑音がはっきり聞こえた… いつもは気にしないが、いざoffにしてみるとかなり気に触る雑音。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3には「ノイズキャンセリング機能」が付いているので、従来の商品と比べて格段に遮音性が高くなっています。余計な音を取り除き、自分の聴きたい音楽を存分に楽しむことが可能です。

そして、先にも述べたバッテリーの持ち。 こちらは、他メーカーの追随を許さない程です。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3はバッテリーの持ちが良い点でも購入者から好評です。フル充電することで、最長22時間連続使用ができるので、ちょっとした外出はもちろん、海外旅行時などにも重宝します。

操作性はiPhoneやiPad、MacBookとの親和性が高い上にハウジングで曲の再生、停止、スキップ、音量など基本的なことが出来るので満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3は特にアップル社製品との親和性が高いのも特徴です。一度ペアリングしてしまえば、以降は他のデバイスとの接続も簡単に行えるので、初心者でも使いやすくなっています。

とても高級感のある見た目で、ヘッドホンケース付き折りたたみ持ち運び可能なので、トータルで見たら個人的には1番です。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3は折りたたんで持ち運ぶことができ、且つ専用のケースも付属しています。しかし、ヘッドホンであることに変わりはなく、サイズも大きいため、頻繁に出し入れすることは難しくなりそうです。

自分は音楽と言ったらよくサザンを聞いているのですが、イヤホンから聞こえる物と言ったら桑田さんの歌声と目立つ楽器の音しか聞こえなかったのに、このヘッドホンはイヤホンでは分かりにくかったバイオリン??の高音やキーボードの音までハッキリと聞こえます!!!だからといって低音が劣るわけでもないんです。

出典:https://www.amazon.co.jp

studio3では、低音にやや不満を持たれている方がいらっしゃいます。一方で高音にはノビがあり、キレイに聴こえると好評です。女性アーティストの曲を中心に聴かれるという方にとっては、美しい音を楽しむことができるでしょう。

Studio3 と Solo3の違い

beats by dr.dre

Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン – シルバー

価格:27,054円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beats Studio3とSolo3は、ともにオーバーヘッド型のワイヤレスヘッドホンです。発売はそれぞれ2017年と2016年。

 

Studio3は、ノイズキャンセリング機能を使って雑音をシャットアウトしてくれます。また、充電時間も短く、アップル社製品との親和性の高さが特徴です。

 

一方のSolo3はStudio3に比べややコンパクトなサイズで、ノイズキャンセリング機能は付いてません。しかしその分、低音・高音に関係なくキレイな音楽を楽しむことができます

 

Studio3・Solo3ともに、Fast Fuel機能を備え、充電に時間がかからず、長時間使用することが可能です。アップル社製品との親和性も高く、iPhoneやiPadにワイヤレスで接続できる点でも共通しています。

 

ともにヘッドフォンとしては高額の部類になりますが、幅広い機器との接続が可能であり、思う存分音楽を楽しみたい方におすすめの商品です。

 

主に自宅で音楽を聴きたい方にはStudio3外出先などで楽しみたいという方には持ち運びにも便利なSolo3が良いでしょう。

Studio3 と WH-1000XM3の違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック

価格:37,700円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beats Studio3とSONY WH-1000XM3は、ともにオーバーヘッド型のワイヤレスヘッドホンです。さらにそれだけでなく、高性能の「ノイズキャンセリング機能」を搭載していることで、機能面でも比較対象になることの多い商品同士です。

 

アップル社製品との親和性が高く、高度なノイズキャンセリング機能を備えていることで注目されたBeats Studio3。しかし、翌年に発売されたWH-1000XM3には、それをも凌ぐ高性能のノイズキャンセリング機能が搭載されています。

 

また、WH-1000XM3は密閉型を採用しているため、雑音はほぼ100%シャットアウトされ、音漏れの心配も皆無

 

しかし一方で、WH-1000XM3では充電に3時間以上を要するなど、Beats Studio3と比べて不便な点があるのも事実です。

 

その分Beats Studio3は充電時間も短く、頻繁に音楽を楽しむ人に向いている商品と言えそうです。WH-1000XM3は、外部から入ってくる音を完全シャットアウトすることが出来るので、より音楽に没頭したい方向けの商品となっています。

beats by dr.dre

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン - マットブラック

価格:34,442円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beats Studio3 wirelessの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Studio3は、約10分間の充電で3時間の連続再生が可能な「Fast Fuel機能」を備えています。また、外部からの雑音をシャットアウトしてくれる「ノイズキャンセリング機能」も備わっている高機能のワイヤレスヘッドホンです。

 

さらにiPhoneを始めとするアップル社の製品とも相性が良く、音楽を愛する人にとっては最高の商品と言えるでしょう。

 

デザイン・音質・遮音性をバランス良く兼ね備えており、初めて使う人からこれまでにも使っていた人まで、万人受けするタイプの商品です。