電子レンジの周波数の解説|ヘルツフリーのデメリット・地域の違い・Wi-Fiとの関係

電子レンジの周波数は50hz・60hzの2種類があり、地域によって違います。今回は電子レンジの周波数やヘルツフリーとはどんなものか解説します。また、wifiの関係や周波数の確認・変更方法についても紹介します。ヘルツフリーのデメリットや、周波数を間違えるとどうなるのかも必見です。

2022/12/12 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
A-Stage

単機能電子レンジ DRF-S18HFA

A-Stageから発売されている、シンプルな単機能レンジです。出力を3段階に分けて切り替えられ、時刻表示やチャイルドロックなど、必要最低限にまとまった機能を搭載しています。かつ解凍機能・飲み物あたため機能が搭載されており、それぞれちょうどいい加熱を自動で行うこともできます。ベーシックなカラーで、どんな場所にも違和感なく馴染むのも特徴。操作ボタンもシンプルのため、機械の操作が苦手でも使い方で迷うことなく操作できます

 

スペック詳細はこちら
取扱説明書はこちら

メーカー
A-Stage
商品名
単機能電子レンジ DRF-S18HFA
種類
単機能電子レンジ
ヘルツフリー
共用
サイズ
幅315x高さ195x奥行329mm
ピッタリ設置
-
庫内形状
庫内フラット
庫内容量
18 L
最大出力
900W/1250W(50/60Hz)
年間消費電力
63.9 kWh
年間電気代
1725.3 円
YAMADASELECT(ヤマダセレクト)

ヤマダオリジナル単機能電子レンジ YMW-ST17J1

ヤマダ電機オリジナルブランドのYAMADASELECT(ヤマダセレクト)から発売されている、シンプルな単機能レンジです。操作しやすく迷わないシンプルなダイヤル式で、設定時間・調理時間がすぐに分かるタイマー表示など、必要最低限の機能が搭載されています。ヘルツフリーのため、全国どこでも使えるのもポイント。シンプルで使い勝手がいいレンジが欲しい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
YAMADASELECT(ヤマダセレクト)
商品名
ヤマダオリジナル単機能電子レンジ YMW-ST17J1
種類
単機能電子レンジ
ヘルツフリー
共用
サイズ
幅458×高さ281×奥行349mm
ピッタリ設置
-
庫内形状
庫内フラット
庫内容量
17 L
最大出力
950W/1300W(50/60Hz)
年間消費電力
59.5kWh
年間電気代
-
東芝(TOSHIBA)

ER-SS17B

間口が広くフラットな庫内で料理やお弁当などを出し入れしやすく、お手入れもしやすい一人暮らしに最適な単機能レンジです。液晶表示部分はオレンジバックライト液晶を採用しており、大きく見やすくなっています。操作キーも大きく、お弁当や飲み物あたためなどのよく使う機能も独立キーとなっているため、温度設定不要でワンタッチで使用可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

高評価が多いトピックの口コミを見る

「開閉扉」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
横に開けるタイプでなく、縦に開けるタイプなので個人的には取り出しやすい。

出典: https://www.amazon.co.jp

前扉なのがとても気に入ってます。高齢の母も開閉が楽と言ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp

「お手入れ」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
庫内の清掃もフラットのため掃除もしやすい!

出典: https://review.rakuten.co.jp

庫内の掃除がしやすい作りとなっており、とても満足です。衛生的に使えます。

出典: https://review.rakuten.co.jp

ターンテーブルがないので掃除がしやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

「フラットテーブル」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
ターンテーブルがない、ただ置くだけのフラット型なので、大きな弁当なども加熱できて言うことありません。

出典: https://www.amazon.co.jp

ターンテーブルもなく、庫内広々です。 コンビニ弁当もそのまま入ってとっても便利です。

出典: https://www.biccamera.com

テーブルがなく操作しやすい。

出典: https://www.amazon.co.jp

低評価が多いトピックの口コミを見る

「スタートボタン」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
「スタートボタン」は確かに重いというか固いというか… こういうスイッチは「ピッ」と軽く押せるものなんじゃないのか?と思うんですけどね。

出典: https://www.amazon.co.jp

欠点は、押しボタンが若干かたいのと、時々、扉を開けてもファンの音がしている ことくらいですかね。

出典: https://www.amazon.co.jp

スタートボタンは少し強めに押す感じです。

出典: https://www.amazon.co.jp

「加熱ムラ」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
この価格帯だと温めムラが避けられないのがキツいです 弁当系も中央から外れたとこが温まらないのでそこをどうするかですね

出典: https://review.rakuten.co.jp

ターンテーブルの時はコンビニ弁当や惣菜パンやカレーのパックなどを直置きしても問題なかったし 暖めムラも無かったが、これはムラがひどく一々小皿を用意せねばならず、不便に感じる

出典: https://review.kakaku.com

温度バラツキが大きいです。

出典: https://review.rakuten.co.jp

「ファンの音」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
連続に使った場合、終ってもまだブーンと動作が止まらない。 そのような場合があると、書いてはありますが、頻度が多すぎます。ほぼ毎日です。

出典: https://www.amazon.co.jp

使い終わった後、しばらく「ブーン」と音が鳴り続けています。まだ使用中か、と錯覚を起こしそうです。

出典: https://review.rakuten.co.jp

スタートボタンが重いのと5分位温めた後でも庫内の音がなかなか止まらない事が少し気になります

出典: https://review.rakuten.co.jp

メーカー
東芝(TOSHIBA)
商品名
ER-SS17B
種類
単機能レンジ
ヘルツフリー
共用
サイズ
458×354×281(取っ手含393)mm
ピッタリ設置
-
庫内形状
フラット
庫内容量
17L
最大出力
900W
年間消費電力
59.9kWh
年間電気代
-
アイリスオーヤマ

IMB-FV1801

東日本、西日本どちらのエリアでも対応ができる、ヘルツフリー方式の単機能電子レンジです。フラットテーブル式のため横幅が29.5cmと幅広設計で大きめのお弁当も簡単に温めることができますし、お手入れも簡単です。機能面でも豊富に備わっており、飲み物、ご飯、お弁当の3つの自動メニューに加えて、600W、500W、120Wの3段階での手動設定やタイマー設定も可能です。インバーター式なためヘルツフリー機種に比べて出力が高く、省エネです。
タイプ
単機能電子レンジ
庫内容量【L】
-L
加熱方式
-
最大レンジ出力【W】
-W
50Hz対応(東日本)
-
60Hz対応(西日本)
-
付属品
-
グリル
-
トースト
-
質量【kg】
-kg
カラー
ブラック系
山善(YAMAZEN)

MRM-HF170

シンプルでクラシックなデザインが魅力の、ヘルツフリー電子レンジです。ごはんと飲み物、お弁当の3種類の自動あたためボタンが搭載されているので、よく使う機能をワンタッチで簡単に使用できます。用途に応じて3段階で出力を調整可能で、操作音を消せる消音機能も搭載しています。また、チャイルドロックやオートオフ機能により子どもの誤動作を予防でき、節電にもつなげられます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
山善(YAMAZEN)
商品名
MRM-HF170 ブラック・ホワイト
種類
単機能レンジ
ヘルツフリー
共用
サイズ
約306×307×19mm
ピッタリ設置
-
庫内形状
ターンテーブル
庫内容量
17L
最大出力
500/650W(50/60Hz)
年間消費電力
-
年間電気代
-
デンシ電気店

50Hz/60Hz周波数変換器30W

50Hz・60Hzを自在に出力

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

周波数が異なる場所で電子レンジを使うときは、周波数変換機を使えます。ただし、周波数変換機の価格は高めです。商用目的で電子レンジを使うのであれば価値はありますが、一般家庭で使用すれうレンジに周波数変換機を使うのは、コスト面でもあまりおすすめできません。

エレコムダイレクトショップ

エレコム WiFi ルーター WRC-1167GHBK-S

5GHz帯と2.4GHz帯の両方使える無線ルーター

5GHz帯と2.4GHz帯の両方使える無線ルーターです。5GHz帯の無線ルーターは、電子レンジの電磁波の影響を受けにくいです。その理由にはチャンネル数の多さがありますが、チャンネルそのものが独立していることも大きな理由です。5GHz帯と2.4GHz帯の両方使える無線ルーターはさほど高くはないので、新たに購入する人は、この商品のように2つの周波数帯が使える無線ルーターをおすすめします。

 

5GHz帯はWi-Fi専用の周波数で、理論上は他の電化製品の電磁波の影響は受けにくいです。ただ壁などの障害物に弱い問題はあります。しかしその問題は、無線ルーターを置く場所を工夫することで簡単に解決できます。