【徹底解説】電子レンジの寿命はどれくらい?買い替え時のサインは?

電子レンジには寿命があり、寿命がきたときは買い換える必要があります。しかし使い方によっては、5年で寿命を迎えることもあります。本記事では電子レンジの寿命と電子レンジを長持ちさせる方法、そして賢く処分する方法を紹介しています。

おすすめの記事

▶︎【2020年最新】電子レンジのおすすめ15選!流行りはスチームオーブンレンジ?

電子レンジの寿命にはさまざまな説がありますが、10年説が有力です。電子レンジにはマグネトロンと呼ばれる磁電管が組み込まれていますが、マグネトロンが故障してしまえば加熱処理ができません。

 

マグネトロンは電子レンジの心臓部ですが、マグネトロンにも寿命はあります。多少の差はありますが、マグネトロンの寿命は10年です。ここから電子レンジの寿命は、10年になったと推測されます。

 

しかし電子レンジはマグネトロンだけで作動しているのではなく、さまざまな部品が連携しあって作動しています。そのためマグネトロン以外の部品が故障したときも、電子レンジは寿命を迎えます。

一般的に電化製品は突然壊れるのではなく、徐々に部品が劣化していくケースが多いです。電子レンジも同じで突然故障することはまれですが、徐々に部品は劣化していきます。しかし一般人には、どの部品が劣化しているのかわかりません。そのため電子レンジの症状で、部品の劣化を察するしかありません。以下では、部品が劣化していると思われる症状を紹介しています。

加熱効率が悪い

加熱効率が悪くなったり加熱にムラがあるときは、マグネトロンの劣化が考えられます。マグネトロンの耐用年数は約2000時間といわれています。

 

ターンテーブルが回転しない

ターンテーブルは食品を効率よく加熱するために必要ですが、ターンテーブルが回転しない故障例はあります。完全に回転しない場合は明らかに故障ですが、ターンテーブルがガタガタしたりターンテーブルから異音がする場合も故障が疑われます。

 

ターンテーブルの駆動不良は原因によっては自力で直す人がいますが、電子レンジの構造に慣れていない人にはおすすめできません。知識のない人は分解できても、取り付けるときに苦労すると思います。

ドアの開閉がおかしい 

ドアーの開閉がおかしくなったときも故障の前兆です。ドアーの開閉部分がおかしくなる原因の一つに、ヒンジーとアームバネの劣化があります。ヒンジとは蝶番のことで、何回も開閉するうちにグラグラしてきます。しかしグラグラの原因がヒンジを止めるネジの場合は、ドライバーで締め直せばいいと思います。

火花が発生する

電子レンジの中で火花が発生するときは、フォンモーターや電気回路または導波管カバーの異常が考えられます。異常の特定は一般の人では難しいので、訪問検査してもらいましょう。

電源が入らない

電源が入らないときは、電源ユニットもしくは基板の異常が考えられます。いずれも一般の人が修理するのは難しいので、メーカーのサポートセンターまたは販売店に連絡してください。

電子レンジには寿命があり劇的に耐用年数を延ばすのは難しいですが、以下の注意点を守ることで耐用年数が延びるのは事実です。いずれも簡単な方法なので今日からでも実行してください。

電子レンジの庫内を掃除する

電子レンジを長持ちさせるには掃除も大切です。庫内の汚れはサビや焦げの原因になるので放置してはいけません。サビを放置すると穴が空く原因になりますが、庫内に穴が空けば修理は難しいです。

リンレイ

換気扇レンジクリーナー ストロングショット

価格:748円 (税込)

電子レンジ庫内や換気扇の油汚れに

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのクリーナーは電子レンジだけではなく、換気扇などにも使えます。スプレータイプのクリーナーなので、電子レンジのドアー部分にも使えるでしょう。こちらのクリーナーは油汚れ用ですが、油が固まる前に掃除をした方が落ちやすいです。

長時間使わない

電子レンジの耐用年数を延ばすには、長時間の使用に気をつけましょう。電子レンジを長時間使用すると、庫内または対象物が高温になるからです。限界を超えた高温は、電子レンジの寿命を縮めます。

 

短時間でも飲料物を加熱するときは注意が必要です。飲料物は急激に沸騰しやすいからです。急激に沸騰した飲料物の中身は飛び散りますが、飛び散った飲料物が庫内を傷める可能性はあります。

空の状態で使用しない

電子レンジに何も入れずに加熱すると、電子レンジは傷みます。電子レンジはマイクロ波を出しますが、庫内に何もなければマイクロ波は跳ね返りマグネトロン本体を直撃します。空焚きではないですが、アルミホイルを電子レンジの中に入れるのもよくありません。

 

アルミホイルを電子レンジを中に入れると発火しやすくなります。アルミホイルを入れてはいけない詳しい理由や、どのようにすれば使用できるのかについては以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はぜひご覧になってみてください。

電子レンジの修理代金の相場は部品によって異なりますが、部品別に修理代金の相場を知りたい人は東芝ライフスタイル株式会社の修理代金を参考にしてください。なお東芝ライフスタイル株式会社の修理代金には、見積診断技術料1,080円(税込)と出張費の合計金額が加算されます。

 

以下では一部の部品を取り上げて修理代金を紹介していますが、すべての部品の修理代金を知りたい人は公式ページを見て下さい。

基板

基板系の修理代金は通常の基板が17,000円 ~28,000円で、インバーター基板は19,000円 ~31,000円です。基板が故障すると、以下のような症状が発生しますので、参考にしてみてください。

 

  • 庫内灯が点灯しない
  • オーブン・グリルで温まらない
  • スチーム調理でスチームが出ない
  • ターンテーブルが回らない
  • 自動調理がうまくできない
  • 扉を開けても電源が入らない
  • ブザーが鳴らない
  • ブレーカーが落ちる(インバーター基板)

マグネトロン

マグネトロンの修理代金は16,000円 ~27,000円ですが、マグネトロンが故障すればブレーカーが落ちる、レンジ調理で温まらないなどの症状が発生します。一般人でもマグネトロンを交換した人はいますが、電子レンジに詳しくない人は専門業者に任せましょう。

赤外線センサー

赤外線センサーの修理代金は15,000円 ~26,000円です。赤外線センサーが故障するとレンジ調理で温まらない、自動調理がうまくできないなどの症状が発生します。

ヒンジとアームバネ

ヒンジの修理代金は9,000円 ~15,000円で、アームバネの修理代金は9,000円 ~16,000円です。ヒンジとアームバネが劣化すれば、ドアーの開閉が上手くいきません。

導波管カバー

導波管カバーの修理代金は8,000円~14,000円ですが、導波管カバーが劣化すれば庫内に火花が飛び危険です。導波管カバーの修理代金も高いですが、導波管カバーの交換は一般人でも可能です。ただ少しでも不安を感じる方は、メーカーまたは販売店に任せましょう。

ソウテン

電子レンジマイカプレート

価格:1,619円 (税込)

環境に優しいマイカ素材採用

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12cm×12cmの導波管カバーです。マイカ素材という環境に優しく優れた絶縁特性を持った素材を採用しています。実際のレビューにも電子レンジを自力で直せたという体験談が多く見られました。

修理不可の電子レンジは処分しなければいけないですが、以下で紹介する方法を実施すれば買い換えと同時に不要になった電子レンジを処分できます。買い換えと同時に、不要になった電子レンジを処分できれば手間が省けます。

購入した店舗で買い換えをする

購入した電気店で買い換える場合、古くなった電子レンジは無料で処分してくれることが多いです。特に町の電気販売店はこの傾向が強く、人によってはこのためだけに町の電気店から購入します。町の電気店の電子レンジは少し高めですが、総合的に考えたらメリットはあります。

下取りセールを狙う

町の電気屋ではあまり見ないですが、家電量販店では古くなった電子レンジを下取りしてくれることがあります。動かなくなった電子レンジには下取り価格は付かないと思いますが、5年以内の動く機種であれば下取りの対象になるでしょう。

 

家電量販店の下取りセールは見逃しそうになりますが、家電量販店は公式ホームページを運用していることが多いのでときどきチェックしましょう。下取りはポイントで還元してくれることが多いですが、ポイントで他の電化製品が買えるのでお得です。

電子レンジの寿命・故障例・修理代金の相場・賢く買い換えるポイントを紹介しました。電子レンジの寿命は10年前後ですが、大切に使わなければ5年で寿命を迎えることもあります。逆に大切に使えば10年以上使えるでしょう。現代の食生活は電子レンジがなければ非常に不便なので、電子レンジは大切にしましょう。