【徹底解説】電子レンジでアルミホイルは危険 | 安全に使う方法を紹介

電子レンジでアルミホイルを使うのは危険、とよくいわれますが、実際はどうなのでしょう。本当だとすると、なぜレンジでチンしてはいけないのでしょうか。この記事では、電子レンジでアルミホイルを温めるとなぜ危険なのか、レンジに入れてしまうとどうなるのかを説明します。

2021/07/17 更新

編集部おすすめの記事

アルミホイルで包んだ食品を電子レンジに入れたら、庫内でパチパチと火花が飛んだ!なんて経験はありませんか?これはお料理初心者の方がよくやってしまう失敗で、実はアルミホイルと電子レンジは相性があまりよくないんです。

 

では電子レンジでアルミホイルを一切使ってはいけないのか?と言うとそうでもありません。上手に使えば電子レンジで茶碗蒸しの調理や熱燗を作る際には、アルミホイルが役に立ちます。

 

ここではアルミホイルをレンチンすると、なぜ火花が飛ぶのか?有害性はあるのか?など、気になる疑問を詳しく解説していきます。また、電子レンジでアルミホイルを使用する方法をいくつかご紹介していきます。この記事を読んで、お料理を安全に楽しく行いましょう!

結論を言うと、基本的に電子レンジのあたため機能でアルミホイルを使ってはいけません。電子レンジではなく、オーブンレンジのオーブン機能の場合は、アルミホイルを使っても大丈夫です。ここからは、電子レンジでアルミホイルが使えない理由と、オーブンでは使っていい理由を詳しく解説していきます。

基本的に、アルミホイルをはじめ、アルミ製のお弁当のおかず入れや金属製の角皿、スプーンやフォークなど金属全般は電子レンジに入れてはいけません。これらを電子レンジでチンすると、パチパチと音を立てて火花が飛び散ってしまうからです。

 

場合によっては、レンジが故障したり火災の原因になる可能性もあるので非常に危険です。特に、ホイルに尖った部分がある状態や端がヒラヒラしている状態、レンジの壁面と接触しているような状態のときは火花が出る可能性が高いので要注意です。

なぜレンジで金属をチンすると火花が散るのでしょう。答えは電子レンジのあたため機能の仕組みにあります。電子レンジは本体のマグネトロンから発生するマイクロ波という名前の電磁波を利用しています。マイクロ波が食品中の水分を振動させ、熱を発生させることでものを温めます。

 

ですが、マイクロ波は水分だけでなく、アルミホイルなど金属がもっている電子にも作用します。電磁波を受けた電子は激しく動くようになり、中には空中に飛び出して他の物体とぶつかることもあります。このとき、バチッという音と共に火花が発生するのです。

基本的に電子レンジでは発火の危険性があるため、アルミホイルや金属容器は使用できません。ですが、解凍機能であれば使える場合もあります。解凍機能を使用する際に、肉や魚などの食品の一部をアルミホイルで覆うことで加熱し過ぎを防ぐことができます。パナソニックの公式サイトでも、解凍機能であれば使用できると記載されています。

電子レンジでアルミホイルをチンするのはNGです。ですが、オーブンレンジのオーブン機能やグリル機能なら、アルミホイルをあたためても火花が発生することはないので問題なく使用することができます。オーブンやグリルはマイクロ波ではなく、赤外線を利用した加熱方式になっています。

 

赤外線は食品の表面で吸収されて熱に変わります。これによって、火で焼くのと似たような状態で食品を加熱することができるのです。マイクロ波と違って、水分や電子を振動させることもないので、火花が散る心配はありません。

アルミホイルは薄い形状であることから、「熱でアルミホイルが溶け出すことで、有害物質が発生するのではないか?」と心配になる方が多いようです。万が一電子レンジをアルミホイルで加熱してしまった場合に、そのまま電子レンジを使用して良いのか不安になりますよね。

 

実際にはアルミホイルは、微量であれば人体にとって有害にはならないとされているようです。なので、万が一アルミホイルをレンチンをしてしまっても有害性はありません。安心して使用してください。

ここまで、電子レンジでアルミホイルを使うのが、いかに危険かを説明してきました。ただ、レンジでアルミホイルが絶対使えないわけではありません。使い方に気をつければ、レンジでアルミホイルを利用して、ゆで卵や茶碗蒸しなどの調理を行うことができます。

 

ですが、これは例外です。基本的に、レンジでアルミホイルを使うときは、オーブン機能を使用するようにしましょう。どうしても電子レンジを使わないといけないときには、クッキングペーパーで代用する方法もあります。

レンジのあたため機能で危険なのは、アルミホイルだけでなく金属全般です。アルミホイルには気をつけていても、他のものだと、ついつい金属だと思わないままチンしてしまうこともあるかもしれません。電子レンジでは、アルミホイルの他にも、こんな食品容器に注意が必要です。

市販の鍋焼きうどんや、カップラーメンを電子レンジで調理するのは大変危険です。そもそも鍋焼きうどんは、コンロで火にかけて作るようにできているため、レンジで調理することはできません。また、インスタントラーメンのフタにもアルミが使われている場合があるので気を付けましょう。

 

レンジでチンしても作れるように思えますが、アルミの使われた容器をレンジに入れると火花が出ます。パッケージにも注意書きがありますが、電子レンジ調理は絶対にやめましょう。

お弁当のおかずを入れるためのカップにもアルミ製のものがあります。お弁当をチンするとき、ついついそのまま入れてしまうと大変なことに。

 

コンビニで売られているお弁当など温めができる市販のお弁当は、中にアルミの容器を使っていません。アルミ製のおかずカップは安くて使い勝手がいいものですが、レンジで温める前には、入っていないことをきちんと確認してください

電子レンジで温めると爆発すると言われている卵。これをアルミホイルと組み合わせることで、レンジでゆで卵が作れます。

 

一見、電子レンジに危険なもの同士の組み合わせですが、アルミホイルの電磁波を吸収・遮断する特性を利用することで、簡単にゆで卵を作ることができます。下記の記事で詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

気を付けていてもうっかり、アルミホイルや金属容器などを温めてしまう場合もあるかもしれません。その際は、慌てて開けずに電源を落とすようにしてください。開けてしまうと庫内に酸素が入り、燃え上がる危険性があります。

 

電源を切ってから様子を見て、何も異常がないようであれば問題はありません。ですが、火花が出て庫内の破損があった場合は修理が必要になります。そのまま使用し続けると、また火花が出る可能性もあり危険です。

オーブン機能であれば、アルミホイルの使用はできます。しかし、ラップの使用はできないため注意が必要です。ヒーターで加熱するので、ラップが溶けて食品に混ざり、そのまま気付かずに食べてしまう可能性があります。

 

また、ガラスやプラスチック容器をオーブン機能で使用すると変形したり溶ける原因になります。さらに、ガラス容器の場合は割れることもあります。耐熱ガラスであれば、使用できますが加熱前に必ずチェックするようにしましょう。

電子レンジでアルミホイルを温めるのは、火花が散ったり、火災が起こる可能性もある危険な行為です。レンジは便利な家電ですが、使い方を誤ると故障や事故の原因になります。正しい使い方を知った上で、取扱方法をきちんと守ることが大切です。電子レンジを上手に利用して安全に料理を楽しみましょう。