【ニトリ・100均】電子レンジゆで卵メーカー7選|爆発する理由は?

「毎朝食べるゆで卵をもっと簡単に作れたら…」と悩んでいませんか?実はアルミホイルを使えば電子レンジで簡単にゆで卵が作れます。また、ニトリや100均で話題の、爆発する心配なく手軽にゆで卵を作られる「ゆで卵メーカー」や「エッグスチーマー」もご紹介。ぜひご覧ください。

2022/05/09 更新

編集部おすすめの記事

朝食にゆで卵を食べたい!」と思っても、忙しい朝にお湯を沸かして茹でるという工程は手間で面倒ですよね。電子レンジで加熱するだけでゆで卵を作りたい」「でも爆発しないか心配...」とゆで卵を電子レンジで作ることを諦めていませんか?

 

実はいくつかのポイントを抑えれば、電子レンジで簡単・安全にゆで卵を作ることができます。さらに、ニトリなどで話題の「ゆで卵メーカー」や「エッグスチーマー」などの便利グッズを使えば、3個~4個のゆで卵を同時に作ることもできるんです。

 

この記事では、電子レンジで安全にゆで卵を作る方法について紹介します。そもそもなぜ電子レンジで卵を使うと爆発するのか、電子レンジの仕組みの解説から電子レンジでゆで卵を作る方法、ゆで卵を簡単に作ることができる便利グッズを詳しく解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

ゆで卵メーカーやエッグスチーマーとは、鍋や火を使わずにゆで卵を作れる「ゆで卵調理器」のことです。「ゆで卵調理器」は卵に特化した調理器具のため、ゆで過ぎなどの心配や爆発する恐れがなく、簡単に思い通りのゆで卵を作ることができます。

 

ゆで卵メーカーは家電量販店のほか、ニトリやドンキホーテなどで販売されています。(店舗によっては取り扱っていない場合があります。)また、楽天などのネットショップでも多数取り扱っています。「ゆで卵メーカーはどこで売ってるの?」と気になっていた方は参考にしてみてください。

電子レンジで加熱した場合、卵は爆発するとお伝えしました。しかし、爆発しないようにゆで卵を作る安全な方法があるんです。安全に作るには以下のアイテムを準備しましょう。アルミホイルはマイクロ波を遮断できるため、爆発防止として必須です。

 

  • アルミホイル
  • 耐熱容器(マグカップなど)
  • ラップ

 

どれも簡単に用意できるアイテムなので、電子レンジでゆで卵を作る場合は必ず準備してください。

以下は、電子レンジで固めのゆで卵を作る手順です。

 

  1. まず、アルミホイルで卵を包んでマグカップに入れます。
  2. アルミホイルに包まれた卵がかぶるくらいまで水を注ぎ、600W電子レンジで11分加熱します。
  3. 電子レンジで加熱した後、2、3分ほど置いてから冷水に浸して完了です。

 

難しい作業もなく、簡単に作れるので毎日ゆで卵を食べたい方におすすめの作り方です。

半熟卵が好きな方は、固めのゆで卵を作る場合と同じようにアルミホイルで卵を包んで、カップに水を注いで加熱します。ただし、加熱時間は8分半でOK。加熱した後は、時間を置かずにすぐに冷水で冷やしましょう。加熱した後放置してしまうと、黄身が固まるので手早く行うのがポイントです。

ゆで卵を一度に複数個作るとなると、1つ1つアルミホイルで包む手間があります。また、電子レンジは2つ以上のものを温める場合、必要なエネルギーと加熱時間は倍になります。ゆで卵を2個作るとすると、1個分にかかった加熱時間の2倍はかかると考えるといいでしょう。

 

そのため、複数個作るなら茹でるほうが時短になる場合もあります。アルミホイルで包む手間もなくなり、数が増えても茹でる時間は変わりません。

電子レンジでもアルミホイルを使えば手軽に作れるゆで卵ですが、ゆで卵メーカーを使えばさらに簡単に作ることができるんです。ゆで卵メーカーは、土台の下に入れた水を加熱し水蒸気を発生させて、卵を蒸す状態にして作ります。

 

中には、半熟卵を作れる商品もあります。こちらの記事でも、おすすめのゆで卵メーカーを紹介するのでぜひ、参考にしてください。

そもそも、なぜ電子レンジを使うと卵が爆発するのでしょうか?まず、電子レンジはマイクロ波を出し、食べ物に含まれる水分を振動させて摩擦熱を作ります。これによって食材を内側から温めるという仕組みになっているのです。卵を電子レンジで加熱すると内側から温められ、黄身部分の水分を沸騰させ始めます

 

沸騰し始めると、卵の中で水蒸気が発生して熱膨張も起こります。そして逃げ場がない水蒸気は、硬い殻と膜を押し破るように弾けてしまうのです。この時、内部の沸点が下がることで黄身に含まれていた水分も蒸発して最終的には爆発します。

電子レンジでゆで卵を作る際は、下記の点に注意するようにしてください。

 

  • 爆発の危険性があるため加熱し過ぎないようにする

  • アルミホイルは必ず水に浸す

 

電子レンジのマイクロ波によって、加熱しすぎると卵の中の水分が沸騰し爆発する原因になります。そのため、爆発が心配な場合は加熱時間を短めに設定しておきましょう。加熱時間を追加する場合は、10秒・20秒など少しずつ様子を見ながら温めてください。

 

また、アルミホイルは必ず水に浸すようにしてください。電子レンジでゆで卵を作る際は、周りの水を沸騰させることで卵を温めます。そのまま温めると発火の原因になるため、注意が必要です。手軽で簡単な調理方法ですが安全に配慮しながら、ゆで卵を作るようにしてください。

ニトリやダイソーではゆで卵器やゆで卵メーカーをリーズナブルに購入できます。基本的には1つ用の製品がほとんど。2段式のゆで卵メーカーのように一度で、複数個のゆで卵を作れない点は弱点です。

 

また、ダイソーではゆで卵以外にも茶碗蒸しや温泉卵などを手軽に作れる商品も多数あり、様々な卵料理や卵を使った蒸し料理を作りたい時に便利です。ゆで卵メーカーと一緒にチェックしてみてください。

曙産業

レンジでらくチン! ゆでたまご RE-279

価格:1,080円 (税込)

4人家族にもピッタリのゆで卵器

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

曙産業は様々なタイプのゆで卵器を扱っており、RE-279は一度に4個のゆで卵を作れる製品です。家族の朝食用にゆで卵を作るのも電子レンジで手軽に作れます。また、固ゆではもちろんですが半熟卵も作れるので、好みに合わせてゆで卵を楽しめるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ
160×180×135mm
調理可能な個数
4個
固さの調整
ヨシカワ(Yoshikawa)

電子レンジでゆでたまご HK11594

価格:1,650円 (税込)

調理時間も簡単に確認できる

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イエローとホワイトのカラーリングが可愛いゆで卵メーカーです。2個同時にゆで卵を作れ、本体にはワット数や個数に合わせて適した調理時間も表示されています。水を入れて電子レンジでチンすれば、簡単にゆで卵ができる便利なアイテムです。

サイズ
168×102×107mm
調理可能な個数
2個
固さの調整
-
パール金属(PEARL METAL)

レンジピヨ 3エッグ C-248

価格:2,180円 (税込)

取っ手付きで出し入れしやすい

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ひよこのイラストが可愛いパール金属のゆで卵メーカーは、取っ手付きなので電子レンジへの出し入れがしやすい設計です。一回の調理で3個のゆで卵を作れるので、作り置きしたい場合や家族の朝ごはんの準備などをする場合に活躍するでしょう。とろっとした半熟卵も作れる優れものです。

サイズ
150×130×135mm
調理可能な個数
3個
固さの調整
Grandmart

レンジでゆで卵器

価格:609円 (税込)

にわとり型がかわいいゆで卵器

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

にわとりをモチーフにしたデザインがとても可愛い、電子レンジ用のゆで卵メーカーです。卵と水を入れて加熱するだけなので、誰でも簡単に扱えます。また、ハンドル付きなので電子レンジから取り出す時も安全です。デザイン性を求める方におすすめの製品です。

サイズ
137×157×157mm
調理可能な個数
4個
固さの調整
-
Depoor

レンジピヨ

価格:699円 (税込)

手早くゆで卵や半熟卵が作れる

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで卵のような見た目の「レンジピヨ」は、一度に4つの卵が調理できる製品です。半熟卵なら最短7分で調理できるので、手早く半熟卵やゆで卵を用意できる点は嬉しいポイントです。また、饅頭やパンなどを蒸すこともできるので、1台で2役の便利なグッズでしょう。

サイズ
140×140×160mm
調理可能な個数
4個
固さの調整
曙産業

楽楽レンジ ゆでたまご 30713

価格:1,630円 (税込)

取っ手付きで出し入れも安全にできる

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「楽楽レンジ ゆでたまご 30713」は、取っ手付きなので電子レンジへの出し入れもしやすい製品。一回の調理で3個までゆで卵を作ることが可能です。黄身が偏っていない綺麗なゆで卵を作ることができる点も嬉しいポイント。ただ、食洗器は使用できないのでお手入れには注意が必要です。

サイズ
150×127×133mm
調理可能な個数
3個
固さの調整
ヨシカワ(Yoshikawa)

あっ!とレンジ ゆでたまご SH9876

価格:1,405円 (税込)

好みに合わせて調理可能

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3個までの卵なら一度に調理できるゆで卵メーカーです。調理時間を調整をすることで、固ゆでや半熟などの好みの硬さに変えられます。使い方もとてもシンプルでわかりやすいので、初めてゆで卵メーカーを使う場合でも、問題なく使用できるでしょう。

サイズ
155×129×137mm
調理可能な個数
3個
固さの調整

電子レンジでできる温泉卵の簡単レシピです。爆発の危険性があるため、卵黄に穴をあける工程は忘れずに行ってください。朝ごはんにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

【材料】

  • 卵(1個)
  • 水(適量)

 

下記はお好みで使用してください。

  • しょう油
  • ポン酢
  • ネギ

 

【手順】

  1. 卵を割り、耐熱容器に入れる
  2. 卵がかぶるくらいの水を入れ、卵黄に数カ所穴を開ける(4箇所以上)
  3. 電子レンジ400Wで20秒ほど加熱。※様子を見ながら、追加で10秒ずつ加熱する
  4. 卵黄が白っぽくなるまで加熱する
  5. 十分に加熱したら、そのまま20〜30秒ほど冷ます
  6. ポン酢やネギをのせて完成

温泉卵を簡単に作りたい場合は、DAISOやセリアなどの100均グッズを使用するのもおすすめです。中でも、セリアで販売している温泉卵グッズはお湯だけで作れて、電子レンジ不要なのでとても簡単。

 

細かく時間を計る必要もないので、他のお料理に集中しながら簡単に本格的な温泉卵を作ることができます。温泉卵をよく作る方はぜひ試してみてくださいね。

今回はゆで卵を電子レンジで作る方法についてフォーカスしてみました。専用の調理器具がなくても電子レンジでゆで卵は作れますが、やはりゆで卵メーカーがあるとより安全に、簡単に作れるのでおすすめ。気になる方は今回の記事を参考に、ゆで卵器を探してみてください。