【2022】メーカー別!ワイヤレスイヤホンのおすすめ26選|人気メーカー10社を徹底比較

ワイヤーレスで快適に音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン。種類や機能も豊富ですが、メーカーもたくさんあって違いが分かりにくいことも。今回はワイヤレスイヤホンで人気の海外・日本メーカー10社の特徴を徹底比較します。ソニーやオーディオテクニカなど人気メーカーのおすすめ商品も紹介するので参考にしてください。

2022/02/21 更新

編集部おすすめの記事

ワイヤーレスで、快適な使いやすさが特徴のワイヤレスイヤホン。種類も豊富で音質や機能が充実したモデルもたくさんあり、用途に合わせて選びやすいのも人気の魅力です。しかし、種類が多いゆえにどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも。

 

特に、ワイヤレスイヤホンの取り扱いのあるメーカーの数は多く、メーカーによってどのような違いがあるのか分からないという方も多くいます。有名メーカーの場合、音質へのこだわりや再生時間の長さなど性能の高いモデルも多いのが特徴です。

 

そこで今回は、ワイヤレスイヤホンで人気の海外・日本メーカー10社の特徴や選び方を詳しく解説します。記事の後半ではメーカー別のおすすめ商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ワイヤレスイヤホンはさまざまなメーカーから販売されています。ここからは、特に人気のある海外メーカーの特徴を紹介します。

 

【ワイヤレスイヤホンの海外メーカー】※クリックすると各見出しへジャンプします

Appleは世界的にも人気のあるメーカーで、iPhone・Mac・Air Podsなど数々の製品を出しています。Appleでは2019年に「AirPods Pro」を販売しており、高価格ながらも性能の高さとデザイン性で人気を集めています。

 

ノイズキャンセリング機能と防水機能を搭載しており、音楽を聴くだけでなくハンズフリー通話やメールなどさまざまシーンで活躍します。普段からスマホはiPhoneを使用している方や、Apple製品に慣れている方におすすめです。

JBLは老舗オーディオ機器メーカーで、世界最大のスピーカーメーカーとしてプロからも信頼が高いのが特徴です。JBLのスピーカーは音楽スタジオだけでなく、映画館やコンサートホールなどでも多く使用されています。

 

ワイヤレスイヤホンでも、スピーカーの技術が採用されており、高い技術力と機能性、デザイン性も特徴の1つです。初めてワイヤレスイヤホンを選ぶ方でも、価格帯や機能面で選びやすいのも魅力です。 

AKGは1947年にオーストリアのウィーンで設立された音響機器メーカーです。低音域から高音域まで幅広い音域のサウンドをリアルに表現。多くのプロから支持され、「モニター用」モデルも多く販売されています。

 

ワイヤレスイヤホンはヘッドホンに比べてラインナップ数が少ないですが、音質の良さから根づよい人気です。価格帯は1万円台から10万円を超えるモデルまであるため、目的や用途に合わせて選びやすくなっています。

Ankerは2011年創業の中国のオーディオ機器メーカーで、モバイルバッテリーやモバイルアクセサリーでも人気です。ワイヤレスイヤホンでは「Soundcore」製品が大半で、低価格ながら高音質で充実した機能性からコスパの高さが特徴です。

 

品質と価格のバランスに優れておりラインナップも豊富なので、初心者の方からプロの方まで自分に合ったワイヤレスイヤホンを選びやすいのも魅力です。最近ではモバイルバッテリー搭載のタイプや小型軽量タイプのものが人気を集めています。

BOSEはアメリカ創業の高級音響機器メーカーで、BOSEの音響システムは国内外で信頼が高く、一般だけでなく企業向けまで展開しています。音響の技術の高さは世界でもトプレベルとも言われています。

 

BOSEのワイヤレスイヤホンは数万円が相場他のメーカーに比べて高価ですが、重低音の響き方にこだわりがあり、音質の良さが特徴です。最近では1万円台のエントリーモデルも人気があり、初心者の方でも音質にこだわりたい方やEDM好きの方から選ばれています。

ゼンハイザーは1945年創立のドイツの音響機器メーカーで、一般の音楽ファンからプロまで幅広く人気のあるメーカーです。ヘッドホンでも人気があり、音質レベルの高さやデザイン性から、ミュージシャンからも信頼が集まっています。

 

ワイヤレスイヤホンでも音響技術の高さから、音質にこだわりのある方からも選ばれています。ノイズキャンセリング機能の性能も高く、周囲の雑音があっても音量を上げることなく、長時間の使用も疲れないのが特徴です。

上記のメーカーの機能面や特徴を、一覧表で解説します。購入の際に参考にしてください。

 

メーカー 特徴・機能の傾向
Apple
  • ノイズキャンセリング、耐汗耐水機能搭載
  • iPhoneやApple Watchと連携がしやすい
JBL
  • IPX7相当の防水性能
  • 外音取り込み/ハンズフリー通話機能搭載
  • 低価格でカラーバリエーションが豊富
AKG
  • 確かな品質でプロから支持を受ける
  • 原音に忠実なサウンド
  • 価格帯が幅広い
Anker
  • 価格と性能のバランスがいい
  • ケース充電/マイク内蔵/小型軽量/低音再生対応
  • IPX7相当の防水性能
BOSE
  • 円錐形のノズルや独自のウィング機構により外れにくくて安定した装着が可能
  • 付属ケースは急速充電対応
  • 防滴仕様搭載
  • ダイナミックな重低音が特徴で高価格
SENNHEISER
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • 外音取り込み機能搭載
  • 長時間使用しても疲れにくい

 

 

※「特徴・機能の傾向」については、すべての商品に共通したものではありません

ワイヤレスイヤホンは海外メーカーだけでなく、日本メーカーも幅広い年代から人気があります。海外メーカーと比べて、日本メーカーは技術が繊細である点が魅力です。代表的なメーカーは下記の4社です。

 

ソニーは1964年創業のオーディオ機器メーカーで、日本だけでなく世界的にも有名なメーカーです。音質技術の高さは世界でもトップレベルで、ソニー独自の「LDAC」ハイレゾ相当の音質が特徴でプロからも人気があります。

 

ワイヤレスイヤホンでは、数千円のエントリーモデルから20万円弱の高級モデルまでラインナップの幅が広く、用途に応じて選べるのもポイント。高音質のハイレゾを楽しみたい方や、最新機能を充実させたい方におすすめのメーカーです。

JVCケンウッドは3つの音響ブランド事業を手掛けており、「JVC」・「KENWOOD」・「Victor」を展開しています。

 

ワイヤレスイヤホンではJVCとVictorが大半を占めており、国際展開しているJVCは1,000円以下のリーズナブルな安いイヤホンから、数万円の高級モデルまで幅広いのが特徴です。

 

一方、Victorは5万円以上の高級モデルを展開しており、用途に合わせて選びやすいのが魅力。Victor製品は音質へのこだわりが高いため、ハイレゾを楽しめるのもポイントです。

オーディオテクニカは、1962年に東京で創業した大手音響メーカーで、プロ向けの音響機器の製品を広く販売しています。ワイヤレスイヤホンはデザイン性の高さが特徴で、見た目で選ぶ方も多いです。

 

数千円のエントリーモデルから10万円程のハイスペックモデルまで、幅広いラインナップで性能だけでなく価格帯でも用途に合わせて選びやすいのがポイント。ミドルスペックモデルでも中高音だけでなく低音もしっかり響かせる音質で、好みの音楽を楽しめます。

ONKYOは日本の老舗メーカーで、ONKYOとPioneerの製品を販売しています。人間工学に基づいた装着感やクリアな音質で日本人が使用しやすいのが特徴です。パイオニアの独自開発の振動板を採用し、広帯域再生が実現しやすいのもポイント。

 

ノイズキャンセリング機能やマイクの搭載で、雑音やノイズをカットして音楽や通話を楽しめます。価格帯も数千円のリーズナブルなモデルから数万円のハイスペックモデルまで幅が広いので、目的に合わせて選べます。

日本のメーカーを一覧にまとめました。特徴の比較にご活用ください。

 

メーカー 特徴・機能の傾向
SONY
  • ラインナップと価格帯が豊富
  • 高音質のハイレゾや最新機能を充実させたい方におすすめ
JVC
  • JVC・Victorの2ブランド展開
  • JVCは1,000~数万円まで多様
  • Victorは高級志向でハイレゾ中心
audio-technica
  • デザイン性が高い
  • エントリーモデルから10万円程度のハイスペックモデルまで幅広い
  • ミドルクラスでも中低音の音質が良く、コスパがいい
ONKYO
  • ONKYOとPioneerの2ブランド展開
  • 人間工学に基づいたデザインで装着感がいい
  • ノイズキャンセリング・マイクなどの機能が充実

 

※「特徴・機能の傾向」については、すべての商品に共通したものではありません

海外製のワイヤレスイヤホンは、日本メーカーに比べて低価格の製品が多いのが特徴ですが、価格が抑えられている分、品質管理レベルが低いメーカーもあります。有名メーカーであれば心配ありませんが、価格が極端に低いメーカーは注意が必要です。

 

日本メーカーの場合、価格帯は上がるものの製造過程や品質管理が徹底しているのも利点の1つ。海外メーカーに比べて耐久性が高いので故障がしにくいのがポイントです。

ワイヤレスイヤホンはモデルによって価格帯はさまざまですが、メーカーによって価格帯が変わるのかも気になりますよね。基本的にはどのメーカーであっても音質がハイレゾレベルになれば価格も上がるのが特徴です。

 

また、ノイズキャンセリング機能や防水機能などは搭載されているモデルも多いですが、+αで外音取り込み機能や音質調整機能が付いていると価格が上がる場合もあります。

 

ワイヤレスイヤホンはメーカーによってある程度の価格の差はありますが、基本的には音質や機能の搭載数で変わります。購入の際には予算を基にメーカーを選ぶのもおすすめです。

ワイヤレスイヤホンは種類や音質、機能面でさまざまな違いがあり、選び方によって性能も変わります。ワイヤレスイヤホンの選び方のポイントを詳しく解説します。

 

※クリックすると見出しにジャンプします

ワイヤレスイヤホンの形状には、ワイヤーのない「完全ワイヤレス型」とワイヤーが付いているタイプの「ネックバンド型」の2種類があります。それぞれ利用シーンや目的によっても選び方が変わります。 

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンにワイヤーが付いていなく耳にはめるだけのタイプです。完全ワイヤレスイヤホンには「カナル型」「耳掛け型」の2種類があり、それぞれ利用シーンによっても選び方が変わります。

 

カナル型は、耳にはめ込むだけなので一般的なイヤホンに比べてフィット感が高いのが特徴です。小型でコンパクトなので、持ち運びがしやすいのもポイント。

 

耳掛け型はカナル型に耳掛けのフックが付いているので、安定性が高く落ちにくいです。ランニングやスポーツなど動く時に最適です。また、片耳タイプもあり、片耳だけのものは周りの音や声が聞こえやすいので会話をしながらイヤホンで音を聞くこともできます。

ネックバンド型は、イヤホンにワイヤーが付いているタイプで首のラインにかかるようになっているのが特徴です。「左右一体型」とも呼ばれており、イヤホンを使わない時には首にかけておくこともできます。

 

完全ワイヤレスタイプに比べてワイヤーが付いている分落としにくく、ポケットに入れても見つけやすいのがポイント。有線なので音質が高く、音が途切れにくいのも特徴です。安定した接続を重視したい方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンは音質も重要なポイントです。音質を決めるのは搭載されている「ドライバーユニット」「対応コーデック」によって変わります。

ドライバーユニットはイヤホンが音が発する部分の形式のことで、「ダイナミック型」・「バランスド・アーマチュア型(BA型)」・「ハイブリッド型」の3種類があります。ダイナミック型は最もスタンダードなタイプで、低コストで低音に強いのが特徴です。

 

BA型は補聴器のシステムをイヤホンに採用したもので、小型で音の分離がよくクリアな音質が特徴です。

 

また、ハイブリッド型はダイナミック型とBA型の両方を搭載したもので、パワフルな音質を楽しむことができます。ダイナミック型はパワフルなサウンドを好む方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンで音楽を再生する際に、スマホやプレーヤーからそのまま転送するとサイズが大きいため、圧縮されて転送されます。

 

その圧縮方式をコーデックといい、コーデックには「SBC」・「AAC」・「aptX」・「aptX HD」・「LDAC」の5種類があります。それぞれ音質のレベルや音の遅延に違いがあり、LDACが1番高音質です。

それぞれのコーデックの特徴を一覧表で解説します。

コーデックの種類 特徴
SBC
  •  全てのワイヤレスイヤホンに対応
  • 標準的な音質である程度の音の遅延がある
AAC
  • SBCよりも高音質で音の遅延が少ない
  • iPhoneに対応
aptX
  • AACより高音質でCDレベルの音質
  • Androidに対応
aptX HD
  •  aptX よりも高音質でハイレゾ相当の音質
  • 音の遅延はaptX と同じ
LDAC
  • ソニー独自の規格でハイレゾ相当の音質
  • 高音質で遅延が少ない
  • Xperiaに搭載されている

ワイヤレスイヤホンはBluetoothの無線接続になるので、接続が安定しているかどうかも重要です。一般的にはBluetoothバージョン4.0のタイプが多いですが、モデルによっては5.0対応のものも増えています。5.0以上であれば接続は安定しているので安心です。

 

また、最新のBluetoothチップが搭載されているかもポイントです。最新モデルではクアルコム製の「QCC3026」や「QCC3020」などのチップが搭載されていて、接続が安定しやすくなっています。購入の際には搭載されているチップも確認しましょう。

 

接続の安定性が悪いと音が途切れてしまい、ストレスに感じることも。実際に使わないとわからないこともあるので、購入前に1度販売店で試すのもおすすめです。

連続再生時間も大事なポイントです。一般的なワイヤレスイヤホンでは5〜6時間程度の再生時間のモデルが多いですが、中には24時間連続再生可能なタイプも。連続再生時間が長いものであれば、長距離移動でも充電の心配が要りません。

 

完全ワイヤレスイヤホンの場合は、ケースに入れて充電する仕組みです。充電ケースと併用することで、最大24時間連続使用可能なモデルもあります。

ワイヤレスイヤホンは利用シーンに合わせて選び方も変わります。それぞれのシーンに合ったワイヤレスイヤホンの形状や便利機能をご紹介します。

勉強やテレワークの際に使用する場合、ノイズキャンセリング機能付きがおすすめです。ノイズキャンセリング機能は周りの騒音やノイズをカットしてくれるので、勉強や仕事に集中することができます。

 

また、耳へのフィット感が強いカナル型や密閉型であれば、音漏れを防ぐこともできます。再生時間も長いタイプのは、こまめな充電の手間もなく長時間使用でき便利です。

 

勉強やテレワークに使用する際には、耳にしっかりフィットして外音をカットきるかどうかがポイントになります。

通勤や通学の場合、電車や徒歩移動、車の運転などを考慮して外音取り込み機能がおすすめです。イヤホンをしながら外を歩いている時に、後ろから車が突然来て危険な経験をしたことがある方も多いと思います。

 

外音取り込み機能があれば、音楽を聴きながら周りの音を取り込むことができるので、外の音が遮断されることがなく安心です。

 

また、通勤や通学の場合イヤホンを使わない時にポケットにしまうこともありますよね。失くしてしまうのが心配な方は、ネックバンド型であればワイヤーがついていて失くしにくいです。

ランニングやスポーツをする場合、汗をかいたり急な雨にも対応できたりするタイプの、防水・防滴機能付きがおすすめです。防水・防滴機能は「IPX」で表されており、IPXのあとに続く数字が0〜8までの9段階で数字が大きくなるほど防水能力が高くなります。

 

一般的にはIPX5相当で水滴に対応できるので、スポーツ時の汗や急な雨にも安心です。また、IPX7程度で水没にも対応可能なので、アウトドアやスイミングにも使用できます。

 

防水機能だけでなく、運動時にはイヤホンが外れやすくなるので、耳掛けタイプが安心です。カナル型や密閉型も耳にフィットして落ちにくいですが、耳掛けタイプであれば激しく動いた際にも落ちる心配がありません

ここからは取り上げた10メーカーのおすすめワイヤレスイヤホンを紹介します。気になるメーカーが決まっている方は直接下の目次から飛んでください。

 

【海外メーカー】

 

【日本メーカー】

Apple(アップル)

AirPods Pro MWP22J/A

価格:28,961円 (税込)

iPhoneユーザーは選ぶべき1台

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。アクティプノイズキャンセリングと、遮音性の高いカナル型で、周囲の気になるノイズを効率よくカットし、音楽を楽しめるのが特徴。「外部音取り込みモード」搭載で、状況に合わせて周囲の音を取り込めるので安心して使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
MWP22J/A
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約5時間
充電時間
-
充電端子
充電ケース:Lightning/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・自動電源ON・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC
Apple

AirPods with Charging Case MV7N2J/A

価格:19,570円 (税込)

音声操作可能のスマートイヤホン

\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年3月発売のMV7N2J/Aは、AirPodsの第2世代です。新開発のH1チップを搭載し、最大通話時間を大幅に向上させました。AIアシスタント「Siri」に話しかければ再生する楽曲を変更したり、電話をかけたりといった操作をハンドフリーで行えます。充電器付きのため、保管時に充電できる優れものです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple
商品名
AirPods with Charging Case MV7N2J/A
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
5時間
充電時間
-
充電端子
USB
その他機能
AIアシスタント呼び出し機能, リモコン
Bluetoothコーデック
SBC
JBL

JBL LIVE300TWS

価格:12,080円 (税込)

日常に便利な機能が充実

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

周囲の環境音を取り込むことができる「アンビエントアウェア機能」と、イヤホンをしたまま会話ができる「トークスルー機能」が搭載されたワイヤレスイヤホンです。汗や突然の降雨時も安心な防水性能「IPX5」装備なので、スポーツ時にも最適。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
LIVE 300TWS
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
自動電源ON/OFF・マイク・リモコン・防水/防滴・外音取り込み・音質調整
Bluetoothコーデック
SBC; AAC
JBL

UA SPORT WIRELESS FLASH

価格:8,700円 (税込)

アンダーアーマーとのコラボレーションが実現した完全ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンダーアーマーとコラボレーションした、防水性と耐久性に優れたアスリート向けのワイヤレスイヤホンです。「トークスルー機能」「アンビエントアウェア機能」はもちろん、スポーツフレックスフィットチップを採用するなど、スポーツに最適な1台です。IPX7相当の防汗&防水機能で、イヤホン部分は激しい運動にも対応可能。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
UA SPORT WIRELESS FLASH
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
最大約5時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB
その他機能
外音取り込み・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
JBL

JBL REFLECT FLOW

価格:7,200円 (税込)

長時間再生可能な防水対応ワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホンを外さずに会話を楽しむことができる「トークスルー機能」と、外音取り込み機能の「アンビエントアウェア機能」を備えたワイヤレスイヤホンです。音楽も通話も自由にコントロールできるのが特徴。本体だけで最大約10時間の連続再生が可能なので、長時間の使用でも充電の心配が要りません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL
商品名
REFLECT FLOW
タイプ
カナル型
接続方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class2
連続再生時間
最大約10時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:microUSB
その他機能
マイク・外音取り込み・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC
AKG(アー・カー・ゲー)

K3003

価格:131,300円 (税込)

聴き心地抜群の高級ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジー」を採用した高級ワイヤレスイヤホンです。また、「メカニカル・チューニング・フィルター」によって好みの音質に細かくカスタマイズできます。さらに、高精度ステンレスをパーツに採用して、音質の劣化を抑制。イヤホン本体のデザインはクールかつスタイリッシュで、付属ケースはおしゃれなレザー調です。音質の良さと高級感を兼ね備えたイヤホンをお求めの方におすすめします。

 

取扱説明書はこちら

メーカー
AKG(アー・カー・ゲー)
商品名
K3003
タイプ
カナル型
装着方式
左右一体型
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
充電端子
-
その他機能
-
Bluetoothコーデック
-
AKG(アー・カー・ゲー)

N200A

価格:12,000円 (税込)

スポーツに最適!防水仕様モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水性能IPX7でスポーツに最適なワイヤレスイヤホンです。雨や汗に濡れても安心なため、スポーツに加えて、登山やキャンプなどのアウトドアシーンにもぴったり。また、周囲の音を取り込みやすくする機能を搭載しているので、状況に応じてイヤホンをつけたままでも会話できます。カラー展開については、オレンジ・ブルー・ホワイト・ブラックの4色です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
AKG(アー・カー・ゲー)
商品名
N200A
タイプ
カナル型
装着方式
左右一体型
Bluetoothバージョン
Ver.4.2/Class2
連続再生時間
約8時間
充電時間
約2時間
充電端子
microUSB
その他機能
マイク・外音取り込み・防水
Bluetoothコーデック
SBC,AAC
Anker

Soundcore Liberty Neo

価格:4,999円 (税込)

軽量コンパクトでロングバッテリー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラフェン採用ドライバーで、クリアで臨場感あふれる音質が特徴のワイヤレスイヤホンです。イヤホン本体が満充電で最大3.5時間、付属の充電ケースを合わせて使えばケーブルや充電器を使用することなく、最大12時間の音楽再生が可能なのもポイント。IPX5の防水性能とナノコーティングによる防汗性能装備です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Anker
商品名
Soundcore Liberty Neo
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約3.5時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:microUSB
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
AAC, SBC
Anker

Soundcore Liberty Air 2

価格:7,999円 (税込)

HearID機能搭載&ワイヤレス充電に対応したスリムデザイン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質・低遅延コーデックaptX・AAC対応の完全ワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリング機能搭載で、ハンズフリー通話の際に周囲のノイズを低減してクリアで高品質な通話ができるのが特徴です。急速充電対応で、置くだけで充電できるワイヤレス充電も可能に。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Anker
商品名
Soundcore Liberty Air 2
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約7時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・音質調整。自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC, aptX
Anker

Soundcore Life P2

価格:4,999円 (税込)

高性能・低価格で初心者にもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPX7相当の防水性能を備えた高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。独自の「BassUpテクノロジー」の搭載により、クリアな音質で音楽が楽しめるのが特徴。aptX・AACコーデック対応で、リーズナブルながら高音質・低遅延なのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Anker
商品名
Soundcore Life P2
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約7時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC, aptX
BOSE(ボーズ)

Bose Sport Earbuds

価格:19,700円 (税込)

ハイスペックのスポーツモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツシーンにぴったりな高音質の完全ワイヤレスイヤホンです。安定した装着感と臨場感あふれるサウンドで、スポーツ時でも高音質が楽しめるのが特徴。IPX4相当の防水性能で、汗や雨にも強いのもポイント。耳のサイズに合わせて付け替えられる3サイズの「StayHear Maxチップ」が付属しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
BOSE
商品名
Sport Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約5時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
BOSE(ボーズ)

SoundSport Free wireless headphones

価格:8,915円 (税込)

音割れのない安定したサウンド

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自のテクノロジーにより、音割れやノイズの少ない安定した再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。撥水性のあるメッシュ素材を採用しており、雨や汗にも強いのが特徴です。フィット性の高い「StayHear+ Sportチップ」を採用しており、安定した装着感もポイント。スポーツ時でも外れにくく長時間の使用も快適なのも魅力。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
BOSE
商品名
SoundSport Free wireless headphones
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
最大約5時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB
その他機能
マイク・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC
BOSE(ボーズ)

QuietComfort Earbuds

価格:29,900円 (税込)

高性能なノイズキャンセリング

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

11段階でノイズキャンセリングレベルを調節できる完全ワイヤレスイヤホンです。音量に関係なく、バランスの優れた高音質サウンドを楽しむことができ、イヤホンには柔らかいシリコン素材の「StayHear Maxチップ」を採用しているので、長時間の使用でも疲れにくいのもポイント。IPX4相当の防水性能を備えており、雨や汗にも強いのも特徴です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
BOSE
商品名
QuietComfort Earbuds
タイプ
インナーイヤー
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大約6時間
充電時間
約2時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C/Qi(ワイヤレス充電器別売)
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
ゼンハイザー(Sennheiser)

CX 400BT True Wireless CX400TW1

価格:16,799円 (税込)

質実剛健な高品質モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CX 400BT True Wireless CX400TW1は高品質ヘッドホンで世界的な有名メーカー、ゼンハイザーによるマルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンです。最上位モデルでも採用実績のあるLDSアンテナとクアルコム社の高品位チップを搭載、安定した通信環境を実現しています。長時間でも疲れにくいフィット感と、生活音をブロックする優れた遮音性も魅力の1つです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ゼンハイザー(Sennheiser)
商品名
CX 400BT True Wireless CX400TW1
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
5.1/Class1
連続再生時間
最大7時間
充電時間
1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・音質調整・マイク・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC, apt-X
ゼンハイザー(Sennheiser)

MOMENTUM True Wireless 2, M3IETW2

価格:31,000円 (税込)
Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MOMENTUM True Wireless 2はアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。防水・防塵規格IPX4に準拠しているほか外音取り込み機能も優れており、屋外での利用に適しています。マルチペアリングに対応している点も高ポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ゼンハイザー(Sennheiser)
商品名
MOMENTUM True Wireless 2, M3IETW2
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1/Class1
連続再生時間
最大7時間
充電時間
1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング, 外音取り込み, リモコン, AIアシスタント呼び出し
Bluetoothコーデック
SBC AAC aptX
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」で業界最高のノイズキャンセリング機能が搭載されているのが特徴です。飛行機のエンジン音から人の声の中高音まで、幅広い帯域のノイズを低減します。「DSEE HX」搭載で、ハイレゾ相当の高音質もポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-1000XM3
タイプ
完全ワイヤレス
装着方式
カナル型
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約8時間
受電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・マイク・リモコン
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
Sony

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

ノイズキャンセリング機能を搭載したスポーツモデルのワイヤレスイヤホンです。安定性のある装着感と、迫力の重低音でランニングやスポーツ時にも安心して使用できます。圧倒的な低音と正確なビートで、音質にこだわりのあるユーザーからも人気があります。JIS保護等級IP55相当の防水・防じん性能を備えており、運動による汗や雨に強いのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-SP800N
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約13時間
充電時間
最大2.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・マイク・リモコン・防水/防滴
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
Sony

ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700

価格:14,500円 (税込)

初心者にもおすすめのエントリーモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

臨場感あふれる大迫力重低音サウンドが楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。高音質で防滴仕様も搭載しているため、ランニングやスポーツ時にもおすすめ。安定感のある接続で音が途切れることなく、装着性も高いので外れにくくフィット感が高いのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WF-XB700
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約9時間
充電時間
最大約2.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
自動電源ON/OFF・マイク・リモコン・防水/防滴
Bluetoothコーデック
SBC, AAC

SONYのワイヤレスイヤホン比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー(SONY)
Sony
Sony
商品名
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N
ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700
説明
業界最高クラスのノイズキャンセリング
防水対応のスポーツモデル
初心者にもおすすめのエントリーモデル
価格 21,600円 (税込) 22,950円 (税込) 14,500円 (税込)
リンク
メーカー
ソニー(SONY)
ソニー(SONY)
ソニー(SONY)
商品名
WF-1000XM3
WF-SP800N
WF-XB700
タイプ
完全ワイヤレス
カナル型
カナル型
装着方式
カナル型
完全ワイヤレス
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大約8時間
最大約13時間
最大約9時間
受電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
充電ケース:USB Type-C
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・マイク・リモコン
ノイズキャンセリング・外音取り込み・音質調整・自動電源ON/OFF・マイク・リモコン・防水/防滴
自動電源ON/OFF・マイク・リモコン・防水/防滴
Bluetoothコーデック
SBC, AAC
SBC, AAC
SBC, AAC
JVC

HA-XC91T

価格:31,908円 (税込)

ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング搭載モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

XX HA-XC91Tは2021年7月発売の最新モデルです。「重低音&タフボディ」が謳い文句のXXシリーズ最上位機種で、対応コーデック4種類・外音取り込み・マルチペアリング対応と機能満載。「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」は、JVCブランド初の目玉機能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JVC
商品名
XX HA-XC91
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.2/Class1
連続再生時間
約11時間(ノイズキャンセリングON) 約17時間(ノイズキャンセリングOFF)
充電時間
イヤホン:約3時間 充電ケース:約3時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マルチペアリング, 防水・防塵 IP55相当, AIアシスタント呼び出し機能
Bluetoothコーデック
SBC AAC aptX aptX Adaptive
JVC

HA-XC51T

価格:17,351円 (税込)

XXシリーズの最新高コスパモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

XX HA-XC51Tは、XX HA-XC91Tと同時期にリリースされた姉妹モデルです。XX HA-XC91Tの下位グレードに当たり、価格が非常に安いためコスパ重視の方におすすめ。左右本体それぞれに搭載したワンボタンは、再生・一時停止・曲送り・曲戻し・ボリューム調整を行えるユニークな設計です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JVC
商品名
HA-XC51T
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1/Class1
連続再生時間
約8時間
充電時間
イヤホン:約2時間 充電ケース:約3時間
充電端子
充電ケース:USB
その他機能
マルチペアリング, 防水・防塵 IP55相当, AIアシスタント呼び出し機能
Bluetoothコーデック
SBC AAC aptX
JVC

Victor HA-FX100T

価格:10,500円 (税込)

ビクターのエンジニアが監修した話題作

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モデル名に「Victor」を冠したHA‐FX100Tは、ビクタースタジオのエンジニアが音質監修を担当した話題の1品です。プロが認めたサウンドは、ゆとりのある低音とワイドレンジな表現力が魅力。シンプルな円筒形デザインを採用し、片側約4.5gの軽量ボディを実現しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JVC
商品名
HA-FX100T
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.1/Class1
連続再生時間
最大8時間
充電時間
イヤホン:約2.5時間 充電ケース:約3時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マルチペアリング, 防水・防塵 IP4相当, AIアシスタント呼び出し機能
Bluetoothコーデック
SBC AAC aptX
オーディオテクニカ

Sound Reality ATH-CKR70TW

価格:18,514円 (税込)

高品質の音響テクノロジー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアで豊かな音質が特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。高音質設計のφ5.8mmドライバーユニット搭載で、強磁力マグネットで駆動力を高めることでハイレベルな音質を実現しています。高音質・低遅延コーデックaptX・AAC対応で、iPhone・Android問わず高音質なサウンドを実感できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
オーディオテクニカ(audio-technica)
商品名
ATH-CKR70TW
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約7時間
充電時間
約1.5時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
aptX, AAC
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS660XBT

価格:5,680円 (税込)

最大20時間のパワフル駆動

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生が可能なワイヤレスイヤホンです。音と映像のズレを抑える「低遅延モード」搭載で、音楽再生だけでなく動画視聴やゲームにも最適。9.8mmHDドライバーとメタルボディの相乗効果により重低音が楽しめるのが魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
audio-technica(オーディオテクニカ)
商品名
ATH-CKS660XBT
タイプ
ネックバンド
装着方式
両耳
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約20時間
充電時間
約2時間
充電端子
USB Type-C
その他機能
マイク・防水/防滴・リモコン
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC300TW

価格:13,980円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイブリッド式デジタルノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。ケース充電を合わせれば、最大18時間の連続再生が可能に。「クイックヒアスルー機能」搭載で、音楽を聴きながらも周囲の音が確認できるので安心して使用できるのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
オーディオテクニカ(Audio Technica)
商品名
ATH-ANC300TW
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大約4.5時間
充電時間
約1時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・外音取り込み・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン

audio-technicaのワイヤレスイヤホン比較一覧表

商品画像
メーカー
オーディオテクニカ
Audio Technica(オーディオテクニカ)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
商品名
Sound Reality ATH-CKR70TW
ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS660XBT
ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC300TW
説明
高品質の音響テクノロジー
最大20時間のパワフル駆動
価格 18,514円 (税込) 5,680円 (税込) 13,980円 (税込)
リンク
メーカー
オーディオテクニカ(audio-technica)
audio-technica(オーディオテクニカ)
オーディオテクニカ(Audio Technica)
商品名
ATH-CKR70TW
ATH-CKS660XBT
ATH-ANC300TW
タイプ
カナル型
ネックバンド
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
両耳
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
Ver.5.0
Ver.5.0
連続再生時間
最大約7時間
最大約20時間
最大約4.5時間
充電時間
約1.5時間
約2時間
約1時間
充電端子
充電ケース:USB Type-C
USB Type-C
充電ケース:USB Type-C
その他機能
ノイズキャンセリング・マイク・音質調整・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
マイク・防水/防滴・リモコン
ノイズキャンセリング・外音取り込み・自動電源ON/OFF・防水/防滴・リモコン
Bluetoothコーデック
aptX, AAC
オンキヨー(Onkyo)

IE-FBK

価格:8,980円 (税込)

DJ DARUMAプロデュース作品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IE-FBKはポップかつ本格仕様の完全ワイヤレススピーカーです。LDH apparel・FULL-BKとのコラボレーションモデルで、LDH所属のDJ DARUMA氏がサウンドとデザインの両方をプロデュースしました。ビビッドで明るいカラーリングは、RAVE YELLOW・CHILL PURPLEの2色展開です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ONKYO
商品名
IE-FBK
タイプ
カナル型
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class 2
連続再生時間
最大5時間
充電時間
-
充電端子
充電ケース:USB Type-C
その他機能
マルチペアリング, 防水・防塵 IP5相当, AIアシスタント呼び出し機能
Bluetoothコーデック
SBC AAC
ONKYO / samantha thavasa

充電収納ケース ‎IE-ST5TW

価格:7,052円 (税込)

サマンサタバサとのコラボ作

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電収納ケースIE-ST5TWは、女性ファッションブランド・サマンサタバサとオンキョーのコラボ作です。本体にはサマンサタバサのイニシャル“ST”を刻印したこだわりぶり。加えて人気ロックバンドI Don’t Like Mondays.がサウンドチューニングを担当しており、通称「サマンサ女子」をターゲットにした豪華なコンセプト作品に仕上がっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ONKYO / samantha thavasa
商品名
‎IE-ST5TW
タイプ
-
装着方式
完全ワイヤレス
Bluetoothバージョン
ver4.2
連続再生時間
最大3時間
充電時間
ヘッドホン本体:1時間, 充電ケース:1.5時間
充電端子
-
その他機能
-
Bluetoothコーデック
SBC, AAC

ワイヤレスイヤホンはさまざまな種類や機能が豊富で、利用シーンに合わせて選びやすいのが魅力です。メーカーによっても音質や便利機能に違いがあるので、用途に合わせて比較することが大切です。