【メガネでも痛くない】ヘッドホンおすすめ7選|ヘッドセットや対策も

メガネをかけてヘッドホンやヘッドセットをしていると、耳が痛いと感じる方が多いです。そんなときはヘッドホンやメガネに工夫をすると痛みが解消される場合もあります。ここでは、メガネをかけてヘッドホンをする際の付け方・痛くなりにくいヘッドホンをご紹介しますので参考にしてください。

2022/09/20 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

在宅勤務が増えたことによって、ヘッドホンを付ける機会が増えた方も多いです。メガネをかけて長時間ヘッドホンを付けていると耳が痛くなってしまいます。仕事にも集中できなくなるので困りますよね。

 

メガネをかけてヘッドホンを装着すると、メガネのつるの部分が圧迫されて耳の痛みにつながります。痛みにつながる原因を取り除くことで、ヘッドホンを長時間使用しても痛くなりにくくなります。ヘッドホンに干渉しづらいメガネも発売されていますのでチェックしてみましょう。

 

本記事では正しいヘッドホンの付け方・痛くないヘッドホンの選び方・ヘッドホンの種類をご紹介いたします。手持ちのヘッドホンやメガネに工夫する方法もありますよ。メガネをかけていても痛くないおすすめのヘッドホンやヘッドセットも参考にして、自分に合ったヘッドホンを見つけてくださいね。

痛みの原因を知ることによって、対策もできるようになります。1つの原因だけではなく、複数の原因によって痛みにつながっている場合もあるのでヘッドホンを確認してみてください。

 

【目次】

原因として1番多いのが、メガネのつるが圧迫されて痛みにつながっている場合です。ヘッドホンは左右の耳を挟み込み装着するので、どうしてもつるに干渉してしまいます。その際、メガネのつるが細いと食い込みやすくなります。

 

つるが金属製などで硬い場合も、食い込みがきつくなり痛みを感じやすくなります。耳の後ろが痛くなってしまう場合も、メガネのつるが圧迫されているのが原因です。

ヘッドホン本体のサイズが頭に合っていないと、痛みにつながる場合があります。頭の大きさに比べヘッドホンが小さければ、頭や耳に余計な圧力がかかります。

 

お使いのヘッドホンがメガネをしていないときでも痛みを感じるのであれば、サイズが合っていない証拠です。ヘッドホンを購入するときは、サイズ調節が細かくできるものや、少し余裕があるサイズを選ぶことをおすすめします。

ヘッドホンのサイズは合っているけれど痛くなってしまうときは、イヤーパッドに原因があります。イヤーパッドが硬い場合も、つるに余計な圧力がかかり長時間使用していると痛くなりがちです。経年劣化で硬くなってしまったら、交換することをおすすめします。

 

メガネをしていなくても耳が痛い場合も、イヤーパッドが硬いことが原因と考えられます。なるべく柔らかい素材のものを選びましょう。

意外と見落としがちな点として、ヘッドホンの側圧が強くて痛みにつながっている場合があります。側圧はメーカーやヘッドホンの種類によって違いがあります。

 

耳にしっかり密着するヘッドホンは、音漏れもなく外で使用するにはおすすめなのですが、メガネをしているときには痛みの原因となってしまいます。側圧が強いかは見た目では分かりずらいので、レビューなどを参考にしてみてください。

いつも何気なく付けているヘッドホンですが、正しく装着しないと痛みに繋がってしまいます。耳の痛みにはイヤーパッドの位置が重要なので、細かく調整できるヘッドホンを選びましょう。耳がハウジングのちょうど真ん中にくるように調節することが大切です。

 

他にもいくつか付け方のポイントがあるので、正しい付け方ができているか確認してみてください

ヘッドホンを買い替えなくても、一工夫するだけで痛みを軽減できます。ヘッドホンだけでなく、メガネのかけ方を少し工夫するだけでも痛みが軽減される場合があるので試してみてください

イヤーパッドは消耗品ですので、各メーカーが交換用を取り揃えています。経年劣化で硬くなっているなら、イヤーパッドを変えることで痛みが軽減される場合もあります。専用のもの以外にも相互性があるイヤーパッドもあるので、お使いのイヤーパッドより柔らかいものを選ぶといいですよ

 

イヤーパッドだけなら、ヘッドホンを買い替えるよりコストが抑えられる点も嬉しいです。

ヘッドホンばかり対策してしまいがちですが、メガネに工夫することで解決する場合もあります。対策方法としては、メガネのかけ方を変えてみる方法・メガネ自体を変えてみる方法の2種類があります。メガネのかけ方を変える方法は手軽にできるので意識して取り入れてみてください。

いつもはメガネをかけてからヘッドホンを装着すると思いますが、先にヘッドホンを付けてからメガネをかけましょう。つるが頭を圧迫しないようにかけると痛みを感じにくいです。

 

装着するときのポイントは、イヤーパッドの上部とヘッドバンドの間に乗せる感覚でかけることです。しかし、ヘッドホンの形によっては、ヘッドバンドが太いなど装着することができないものもあるので無理に装着するのは控えましょう。

もし、新たににメガネを購入しようと検討中でしたら、つるを太めにすることで食い込みを軽減できます。素材も金属などの硬い素材を避けることで、食い込みを防げます。すぐに買い替えられない場合は、市販のめがねのつる用パットを付けてみてください

 

また、ヘッドホン用のメガネなども発売されているので、仕事用として購入を検討してみてください。

痛くなりにくいヘッドホンを選ぶポイントは、つるとの干渉をどれだけ減らせるかです。ヘッドホンの種類・装着方法・締め付け感の3項目に分けてメガネを掛けて使用する場合にチェックするべきポイントを解説します

 

【目次】

ヘッドホンの構造タイプは開放型・密閉型の2種類があり、メガネに干渉しづらいタイプは開放型です。開放型と密閉型の違いは、音を出しているドライバーユニットとハウジングの構造の違いにあります。開放型はハウジングにメッシュ素材が多く使われていて、軽量で締め付けが弱いのが特徴です。

 

密閉型は、ハウジングに木材やプラスチックを使用していて音が外に漏れない作りになっています。しかし、その分重くなり耳を圧迫する力が強いので、メガネのつるに干渉してしまいます。つるの圧迫で痛みを感じてしまう場合は、なるべく開放型のヘッドホンを選ぶといいですよ。

装着方法も2種類あり、耳に乗せるように装着するオンイヤータイプ・耳全体を覆うように装着するオバーイヤータイプがあります。オバーイヤータイプは、耳を密閉するので外に音が漏れにくい分、締め付けが強くメガネとの相性があまりよくありません。

 

メガネと相性がいいのは、本体がコンパクトで軽量なオンイヤータイプです。耳に乗せるように使用するので、圧迫感も少なく感じます。しかし、耳に合っていないと痛くなってしまうこともあるので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

締め付け感が強いとずれにくく音漏れも抑えられますが、長時間使用するとメガネをかけていなくても痛みを感じることがあります。メガネをかけてヘッドホンを使用する場合は、締め付け感が弱いものを選んでみてください。

 

しかし、弱すぎるとヘッドホンがずれてしまい、余計なストレスになってしまいます。細かく調節できるものを選ぶと失敗も少なくなります

パイオニア(Pioneer)

SE-MS7BT

価格:11,979円 (税込)

密閉型でも締め付けない!レトロおしゃれなヘッドホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密閉型・オーバーイヤーのヘッドホンですが、締め付けず快適に使用できます。発泡ポリウレタンをイヤーパッドとヘッドバンドクッションに使用しているので、メガネをかけていても痛くなりにくいヘッドホンです。また、ハイレゾ対応で高音質で音楽を楽しみたい方にはピッタリです。密閉型なので、公共の場でも音漏れを気にせず使用できます。ワイヤレスでコードを気にすることなく音楽や通話をできるので、快適に使えます。

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
Bluetoothバージョン
Class2
連続使用時間
最大12時間
充電時間
約4時間
充電端子
マイクロUSB
コード長(m)
その他
ハイレゾ対応・読み上げアプリ対応・マルチペアリング
AKG

K702-Y3-E

価格:23,344円 (税込)

ベロア素材のイヤーパッドで快適!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーバーイヤータイプのヘッドホンですが、人間工学に基づいてデザインされたベロアのイヤーパッドのおかげで、締め付け感を感じにくくなっています。低反発素材で優しくフィットし、メガネのつるも圧迫感を感じず長時間使用しても快適です。着け心地だけではなく音にもこだわっていて、独自のオープンエアー型構造は、極めて優れた中高域の再現性を実現しています。プロ仕様の本格モニターヘッドホンは、音にこだわりたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
AKG
商品名
K702-Y3
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
開放型
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
連続使用時間
充電時間
充電端子
コード長(m)
3m
その他
セルフアジャスト機能・フラットワイヤーボイスコイル
ゼンハイザー(Sennheiser)

HD599SE

価格:18,900円 (税込)

洗練されたサウンドとデザイン!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼンハイザーが得意としている開放型のヘッドホンは、抜けのある広い音場とナチュラルなサウンドでどんな音楽でも見事に再現してくれます。軽量なヘッドバンドは柔らかい素材を使用し、イヤーパッドはベロア生地を使用しているため長時間の使用でも快適です。人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術で、自然で広い音場と快適な装着感を実現しました。音楽を楽しみたい人に、是非おすすめしたいヘッドホンです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ゼンハイザー(Sennheiser)
商品名
HD 599
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
開放型
プラグ形状
標準プラグ/ミニプラグ
Bluetoothバージョン
連続使用時間
充電時間
充電端子
コード長(m)
3m/1.2m
その他
プラグ変換アダプター
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-WS330BT

価格:6,709円 (税込)

軽量&コンパクトなのに70時間再生可能!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びしやすい軽量&コンパクトながら、厚みのある重低音からクリアな中高域を両立するヘッドホンで、移動しながら音楽を楽しみたい人におすすめです。イヤーパッドは、低反発ウレタンを組み合わせた立体縫製仕様で、安定した装着感でメガネも締め付けません。さらに、フル充電で最大70時間のワイヤレス使用が可能です。わずか10分の充電でも、4時間使用可能になるので、移動中充電切れの心配がありません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
Audio Technica(オーディオテクニカ)
商品名
ATH-WS330BT
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続使用時間
最大約70時間
充電時間
約4時間
充電端子
USB Type-A/USB Type-C
コード長(m)
その他
マルチペアリング・ハンズフリー通話・音声ガイド対応・オートパワーオフ
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-P100M

価格:758円 (税込)

付け心地重視なら、このヘッドホン!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リモートでの会議など、パソコン使用時にヘッドホンを使う方に最適なヘッドホンです。デスクトップパソコンなどに最適な1.5mコードで、コードが邪魔になりません。重量は、コードを除くとわずか60gしかないので、着け心地はとても軽くてストレスを感じません。軽量設計のコンパクトボディと柔らかなイヤーパッドで、長時間付けていても痛くなりません

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Audio Technica(オーディオテクニカ)
商品名
ATH-P100M
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
開放型
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
連続使用時間
充電時間
充電端子
コード長(m)
1.5m
その他
軽量設計
ヤマハ(YAMAHA)

HPH-200 BK

価格:11,783円 (税込)

コスパと音質両方重視するなら!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハオリジナルの大口径40mmドライバーを採用しているので、自然で緻密な音質を実現しました。楽器の音色の忠実な再現度は、楽器の音にこだわりたい方におすすめです。肌触りのいいベロア生地のイヤーパッドに加え、スムーズな長さ調節が可能なヘッドバンドにより、快適な装着感です。長時間の音楽鑑賞や映画鑑賞も、痛みに邪魔されず楽しめます。折りたたみも可能なので、持ち運びも簡単です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ヤマハ(YAMAHA)
商品名
HPH-200・BK
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
開放型
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
連続使用時間
充電時間
充電端子
コード長(m)
1.2m
その他
延長ケーブル・折りたたみ可
ソニー(SONY)

WH-H810

価格:15,705円 (税込)

ハイレゾ対応!有線使用も可能な機能充実

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型軽量ワイヤレスながらハイレゾ対応しており、音質にこだわりたい方におすすめです。ストリーミングアプリやMP3などの圧縮音源の高音域を補完するDSEE HXを搭載しており、音楽をより高音質で楽めます。イヤーパッドは、低反発ウレタン素材を使用し、立体縫製により側頭部へかかる圧力を分散することにより、メガネでも快適に使えます。コンパクトなので、長時間の使用でも疲れにくいです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
WH-H810(B・G・D・R・L)
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続使用時間
最大30時間
充電時間
約3時間
充電端子
USB
コード長(m)
1.2m
その他
ハイレゾ対応・折りたたみ可・タッチセンサーコントロールパネル

ヘッドホンの比較一覧

商品画像
メーカー
パイオニア(Pioneer)
AKG
ゼンハイザー(Sennheiser)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
ヤマハ(YAMAHA)
ソニー(SONY)
商品名
SE-MS7BT
K702-Y3-E
HD599SE
ATH-WS330BT
ATH-P100M
HPH-200 BK
WH-H810
説明
密閉型でも締め付けない!レトロおしゃれなヘッドホン
ベロア素材のイヤーパッドで快適!
洗練されたサウンドとデザイン!
軽量&コンパクトなのに70時間再生可能!
付け心地重視なら、このヘッドホン!
コスパと音質両方重視するなら!
ハイレゾ対応!有線使用も可能な機能充実
価格 11,979円 (税込) 23,344円 (税込) 18,900円 (税込) 6,709円 (税込) 758円 (税込) 11,783円 (税込) 15,705円 (税込)
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
装着方式
両耳
両耳
両耳
両耳
両耳
両耳
両耳
構造
密閉型
開放型
開放型
密閉型
開放型
開放型
密閉型
プラグ形状
ミニプラグ
標準プラグ/ミニプラグ
ミニプラグ
ミニプラグ
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
Class2
Ver.5.0
Ver.5.0/Class1
連続使用時間
最大12時間
最大約70時間
最大30時間
充電時間
約4時間
約4時間
約3時間
充電端子
マイクロUSB
USB Type-A/USB Type-C
USB
コード長(m)
3m
3m/1.2m
1.5m
1.2m
1.2m
その他
ハイレゾ対応・読み上げアプリ対応・マルチペアリング
セルフアジャスト機能・フラットワイヤーボイスコイル
プラグ変換アダプター
マルチペアリング・ハンズフリー通話・音声ガイド対応・オートパワーオフ
軽量設計
延長ケーブル・折りたたみ可
ハイレゾ対応・折りたたみ可・タッチセンサーコントロールパネル
Razer(レイザー)

Razer Kraken

価格:6,546円 (税込)

ゲームに集中してもメガネで耳が痛くならないゲーミングヘッドセット

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Razer Krakenは人気ゲーミングデバイスメーカーのRazerが手掛けるヘッドセットです。何時間でも快適にゲームをプレイできるように考えられたヘッドセットで、さまざまな技術が用いられています。アイウェアレリーフというメガネフレームを圧迫しないデザインのイヤークッションを採用しているため、メガネを掛けていても快適なゲーミング環境を体験できますよ。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
Razer
商品名
Razer Kraken
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
ミニプラグ
Bluetoothバージョン
-
連続使用時間
-
充電時間
-
充電端子
-
コード長(m)
1.3m
その他
-

ヘッドホンを変えても耳が痛い、今のヘッドホンが気に入っていて変えたくない、といった方はメガネを変える手があります。メガネメーカーであるJINSやNTT関連企業のNTTe-sportsからはヘッドホン用の眼鏡も発売されています。

JINS・SHORT TEMPLEはヘッドホン用のメガネとして人気です。新設計のメガネで耳にかけるつるを短くし、顔の横でとめて使用します。フレームタイプは、ラウンド・スクエアの2種類から選べます。

 

デザインやカラーはシンプルで、男女共に使用できるメガネです。素材は軽量素材を使用し、重さは約8gと非常に軽いので耳にかけなくてもしっかりと固定できます。こめかみの下で優しくホールドするメガネはこめかみメガネとも言われ、幅広いシーンで活躍します

エヌ・ティ・ティ イースポーツ(NTTe-Sports)

HawkEye

価格:21,216円 (税込)

ゲームや仕事など、さまざまなシーンで活躍するヘッドホン用メガネ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HawkEyeはNTTの関連企業であるNTTe-sportsから販売されているヘッドホン用メガネです。ヘッドセットと干渉しないフレームになっており、痛みがないのはもちろん、音漏れも気になりません。もちろんレンズ交換も可能のため、自分の目に合ったレンズを入れられますよ。ゲームだけでなく、仕事などでもヘッドホンで耳が痛くなってしまう人にはおすすめです。

メーカー
‎エヌ・ティ・ティ イースポーツ(NTTe-sports)
商品名
HawkEye
重量
35g

頭を両側から挟み込んで使用するヘッドホンは、どうしても耳や頭に負担をかけてしまいます。いろいろ工夫しても痛みが気になり、ヘッドホンを付けられない場合はネックスピーカーもおすすめです。

 

ネックスピーカーは、首からかけて使用するオーディオ機器です。頭に装着しないので長時間使用しても、頭や耳が痛くなりません。音漏れをしてしまうので、公共の場での使用は向いていませんが、自宅での使用には移動しながらでも音が聞けるのでおすすめです

オーディオテクニカ

AT-NSP300BT

価格:9,702円 (税込)

子供から大人まで!軽い素材でストレスフリーのネックスピーカー

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は小さな音量でもクリアに聞こえるワイヤレスネックスピーカーです。負担になりにくいしなやかなネックバンドと、首・肩にストレスなくフィットするエラストマー素材を使用。軽量感で長時間つけていても疲れにくいことが特徴です。

耳を完全にふさがないため、お子さんが使用するのにピッタリ。外出中に使用しても、車の音が聴けるのは安心です。また、つけ心地も軽いので「タブレット学習」や「オンライン授業」などで長時間つけていても負担になりません。サイズもフリーサイズなので、子供から大人まで選ばずお使いいただけます。
総合出力
-
バージョン
Bluetooth標準規格Ver.5.0
ワイヤレス再生
Bluetooth
駆動時間
連続再生(MP3モード):最大約7時間連続通信(Bluetoothモード):最大約13時間
電源
USB Type-C/充電池
再生周波数帯域(低)
-
再生周波数帯域(高)
-
対応プロファイル
A2DPAVRCPHFPHSP
対応コーデック 
SBCaptXaptX Low Latency
再生チャンネル
-

メガネをかけているとヘッドホン選びにも工夫が必要です。ご自分に合ったヘッドホンを探すには、サイズやイヤーパッドの硬さなど、選び方のポイントがたくさんあります。今回ご紹介したポイントを参考にして、お気に入りのヘッドホンを見つけてくださいね