イヤホンの種類にはどんなものがある?自分にあったイヤホンを探そう!

イヤホンって、人気のワイヤレスタイプから最新の骨伝導タイプのものまでいろんな種類があって購入する際にどんなものがいいのか悩みますよね。ここでは、イヤホンの種類について、特徴や購入する際のポイントを詳しく説明していきます。

2021/11/16 更新

移動時や仕事時に、音楽やラジオをきくときにいまやかかせないイヤホン。イヤホンがあれば自分だけにしかきこえないので、存分に自分の好きな音を楽しむことができます。

 

ですが、人気のワイヤレスタイプから最新の骨伝導タイプのものまで、本当にいろんな種類があって購入する際に悩む方も少なくないですよね。イヤホンの値段も下から上まで幅広く、せっかく買うのであれば「基本的なイヤホン知識について詳しく知ってから買いたい!」「おすすめの商品を知りたい!」という方も多いですよね。

 

ここでは、イヤホンの種類について、メリットデメリット購入する際のポイントに触れながら詳しく説明していきます。

今すぐ見る!完全ワイヤレスイヤホンの世の中ランキング3選
今すぐ見る!左右一体型イヤホン2選
今すぐ見る!ネックバンド型イヤホン4選選
今すぐ見る!有線イヤホンの世の中ランキング3選
今すぐ見る!骨伝導型イヤホン2選

まずは、イヤホンの種類を接続方法別にご紹介していきます。今人気のワイヤレスから以前主流だった有線まで、それぞれメリットデメリットについて詳しくふれていきます。

ワイヤレス(Bluetooth)

イヤホンの中でも、最近主流になりつつあるのがワイヤレス(Bluetooth)タイプです。左右が完全に分かれているもの首にかけるものなど4種類に分けて説明していきます。

完全独立型(完全ワイヤレス)

ワイヤレスといえば、この完全独立型をイメージする方も多いですよね。左右分離しており、コードもなくコンパクトなデザインのため持ち運びが便利で使い勝手が良いのがメリットです。

 

デメリットとしては、片側だけ落とすリスクとバッテリー容量が少ない点ですが充電ケースを使えば補うことができます。コードが邪魔にならないので、運動する方にもおすすめです。

左右一体型

左右一体型ワイヤレスイヤホンは、コードで左右のイヤホンが繋がっているタイプのイヤホンのことを指します。メリットとしては、完全独立型と比べてバッテリーの持ちが良く比較的安価で性能がいい商品が多い点です。

 

デメリットは、動くとコードが邪魔な点です。落としにくくコードも有線イヤホンほどは邪魔にならないので満員電車で通勤する方におすすめです。

ネックバンド型

左右一体型と似ていますが、ネットバンド型はをコードだけでなくバッテリーなどが内蔵されたネックバンドで繋がっているタイプのイヤホンを指します。メリットとしては、長時間再生落としにくいという点です。

 

デメリットは、完全独立型や左右一体型と比べサイズが大きく邪魔になってしまう可能性がある点です。仕事時や勉強時におすすめです。

片耳型

片耳型は、その名の通り片方のみのイヤホンです。片方イヤホンなので、もう片方で外の音が聞こえるので、ランニングの時でもいつでもどこでも安全に音楽を楽しむことができます。

 

デメリットとしては、他と比べると遮音性に劣るので音楽だけに没頭するのは難しい点です。ランニングや家で料理をする主婦などにおすすめです。

有線

かつて主流だった有線イヤホンについてもふれていきます。

あえて有線イヤホンを選ぶメリットは?

使い勝手やデザイン性からワイヤレスが好まれる中、あえて有線イヤホンを選ぶメリットとはいったいなんなのでしょうか?

 

実は、有線イヤホンは音源に直接接続するため他のイヤホンに比べ音質が圧倒的にすぐれています。ですが、コードが邪魔で用途が限られてしまう点がデメリットとしてあげられます。

イヤホンのプラグ(コネクタ)にも種類がある

イヤホンのプラグ(コネクタ)には、複数種類があります。プラグとは、音源の差し込み口(ジャック)に差すイヤホンコードの先端金属部分のことです。

 

音楽再生では、2極、3極、4極、5極の種類が代表的ですが、一般的な音楽プレイヤーに使われることが多いのは3極です。またiPhoneやiPadに搭載されているLightning端子もよく使われます。

次に、イヤホンの種類を装着方法別にご紹介していきます。主流のインナーイヤー型・カナル型や最新の骨伝導型などそれぞれメリットデメリットについて詳しくふれていきます。

カナル型

耳栓型のものを耳の中に入れてフィットするように装着するタイプのものをカナル型と言います。

 

メリットとしては、耳にフィットするので音漏れしにくく遮音性が高い点です。デメリットとしては、長時間使用の場合に耳が蒸れてきてしまい疲れてしまう点です。

インナーイヤー型

耳の表面の耳介とよばれる場所に、イヤホンを引っ掛けて装着するタイプのものをインナーイヤー型と言います。耳に引っ掛けるような形になっているので、カナル型より耳に疲労がたまりにくい仕様になっています。

 

また、音の臨場感と空間も表現できるのがメリットです。デメリットとしては、カナル型より音漏れしやすいことがあげられます。

耳かけ型

耳かけ型は、耳にイヤーフックをひっかけて使うタイプのイヤホンです。

 

直接穴に装着しないので、圧迫されず耳の負担が少ないのがメリットです。デメリットとしては、カナル型やインナーイヤー型より音漏れしやすいことがあげられます。

骨伝導型

最新の骨伝導型は、骨を通して音の振動を聞き取るタイプのイヤホンです。

 

メリットとしては、耳を塞がないので外の音も聞こえ料理中やランニング中などシーンを選ばずに使える点です。デメリットとしては、音を出す部分がむき出しのため音漏れしやすい点です。

今すぐ見る!完全ワイヤレスイヤホンの世の中ランキング3選
今すぐ見る!左右一体型イヤホン2選
今すぐ見る!ネックバンド型イヤホン4選選
今すぐ見る!有線イヤホンの世の中ランキング3選
今すぐ見る!骨伝導型イヤホン2選

次に、イヤホンの種類をドライバー別にご紹介していきます。ドライバーとは、イヤホンの音のもとになる部分で音質を考える際に非常に重要です。3つの型についてそれぞれメリットデメリットについて詳しくふれていきます。

ダイナミック型

低価格帯をはじめ多くのイヤホンで使われているのが、このダイナミック型です。音の電気信号を受けて、振動板を前後に揺らすことで空気振動をおこし音を出力する仕組みとなっています。

 

音としては、低音域を出すのが得意です。逆に、中高域を出すのが苦手という特徴があります。

BA(バランスド・アーマチュア)型

BAと省略されることが多いバランスド・アーマチュア型は、ドライバー自体が小さく振動を細かくできるので、中音域を繊細なクリア音で出すことが可能です。また、小型のため複数搭載できるのもメリットです。

 

デメリットとしては、低域の解像度が低く苦手である点と、ダイナミック型より複雑なため比較的高価な点です。

ハイブリッド型

ハイブリット型は、今まで紹介した「ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型が組み合わせて搭載されているイヤホン」「型は同じでも複数のドライバーが搭載されているもイヤホン」のことを指します。

 

メリットは、両方の利点を生かしてバランスの良い音を楽しめることです。デメリットとしては、複数のドライバーが搭載されているので音のまとまりが難しいことがあるという点です。

次に、イヤホンの種類を機能別にご紹介していきます。運動中に使用するのか仕事中に使用するのか、それぞれの用途によって求める機能は異なりますよね。用途によって機能の取捨選択しましょう。

ハンズフリー通話ができるか

ハンズフリー通話機能とは、スマホや携帯電話をイヤホンに接続している場合、本体を持たずにイヤホンのマイクを使って通話できる機能のことです。よく電話する人はチェックしておいた方がいい機能です。

 

マイク機能が、イヤホン本体についているタイプのものの方が動いた時や風の影響などでマイクがズレることがないので、おすすめです。

iPhone or Android対応か

スマホや携帯電話で音楽をきくためにイヤホンを購入する方が多いですよね。まずは、iPhoneで使えるイヤホンなのかAndoroidで使えるイヤホンなのか、確認しておきましょう。

 

いざ購入したあとに、「iPhone対応のイヤホンじゃなくて使えなかった!」なんてことがないように事前に確認することをおすすめします。

防水仕様か

スポーツする人におすすめなのが、防水仕様のイヤホンです。防水仕様であれば、運動中の汗やランニングやウォーキング中の突然の雨にも対応ができ故障の心配がありません。

 

水に対する耐性レベルは、IPX0からIPX8までの9段階あるので自分の用途にあったレベルを選びましょう。

ノイズキャンセリング機能か

快適にクリアな音楽を聴きたい方におすすめの機能が、ノイズキャンセリング機能です。電車や飛行機の音など、イヤホン外部で発生するさまざまな騒音(ノイズ)を低減してくれる機能です。

 

騒音が低減されることで、通常のモデルよりも音量をさげてもききとりやすくなるため耳への負担も小さくなりおすすめです。

ハイレゾ対応か

イヤホンの本質をいえば、音がどうきこえるかがポイントだと思います。音質重視の方は、購入する商品がハイレゾ対応か確認してみてください。

 

ハイレゾとはHigh Resolution (ハイレゾリューション)の略です。「高解像度」という意味なので、圧縮音源より情報量が多いため、今までより細かいライブの臨場感などを感じることができます

イヤホン分野において、さまざまなメーカーが特徴をもったイヤホンを製造しています。今回は主要メーカー5社について、それぞれの会社の特徴にふれながらご紹介していきます。

BOSE(ボーズ)

BOSE(ボーズ)は、以前はスピーカーを手掛けていましたが1980年代以降からスピーカー分野でも発売を開始している人気のメーカーです。

 

BOSEのイヤホンは、独自構造のイヤーチップを採用しているため音漏れが少ないです。また、耐久性の高い「SoundSports」も人気シリーズでスポーツをする方におすすめです。

SONY(ソニー)

世界的な日本の人気メーカーSONY(ソニー)は、イヤホン分野においても高い評価をうけています。SONYのイヤホンは、だれでも購入しやすいエントリーモデルから、多機能搭載のハイエンドモデルまで幅広い価格帯のイヤホンをそろえているのが特徴です。

 

ハイレゾ相当の高音質を楽しむことができるモデル最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載したモデルもあり、用途によってイヤホンを選択できる楽しみがあります。

audio-Technica(オーディオテクニカ)

音響機器メーカーAudio Technica(オーディオテクニカ)のイヤホンは、安定したバランスの良い音が特徴で、音楽業界のプロの方にも人気の高いメーカーです。「オーテク」と省略して呼ばれることもあります。

 

低音域を響かせたうえで、中高音域をバランスよく重ねているので高音質を楽しむことができます。またデザイン性も高く評価されています。

Apple(アップル)

ワイヤレスイヤホンの代表格であるAirpodsシリーズを製造しているApple(アップル)。コロンとして丸みを帯びたフォルムの充電器と、コンパクトでスタイリッシュなデザイン性の高いイヤホンです。

 

iPhoneとのペアリングはとても簡単で、イヤホンを無くした時もアプリを使って探すことができ魅力的なのでセットで使うことをおすすめします。

SENNHEISER(ゼンハイザー)

ドイツのメーカーSENNHEISER(ゼンハイザ―)ですが、高音質のイヤホンとしてファンが多いメーカーです。ヘッドホンの開発で得た高音質な技術を、イヤホンにも引き継いでいるのでダイナミックなサウンドを楽しむことができます。

 

初心者むけのエントリーモデルから、高音質で楽しみたい音楽好きの方むけのハイエンドモデルまで幅の広いラインナップも魅力の一つです。

完全ワイヤレスイヤホンの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 QCY

QCY-T1

価格:3,220円 (税込)

バッテリー内蔵!連続20時間再生OKのワイヤレスイヤホン

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、QCYより発売されているワンボタンで簡単に操作できるワイヤレスイヤホンです。「音声アシスタント・再生停止・曲送り曲戻し・応答拒否・音声切り替え・ミュート」などがお使いいただけます。ケースには充電も行える大容量バッテリーが内蔵!これにより20時間連続で再生が可能となりました。

さらに、音質にもこだわりたい方におすすめです。AC/SBCコーデックに対応しているため、コンパクトでも高音質で臨場感あふれる音を楽しむことができますよ。連続20時間再生可能なので、充電を忘れがちな方や、イヤホンを長時間つける方にもピッタリです。
タイプ カナル型 接続タイプ ワイヤレス
インピーダンス【Ω】  Ω 再生周波数帯域  
最大入力【mW】  mW 充電端子 充電ケース:USB
ワイヤレス Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.5.0
連続再生時間 約4時間 連続再生時間  
対応コーデック SBC ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク
外音取り込み   防水・防塵性能  
重量【g】 4.6 g
2位 ジャブラ

Elite Active 75t

在庫なし

高耐久で運動時に使いやすい!通話も可能なワイヤレスイヤホン

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Elite 65tイヤホンと良く比較されているのが本商品。比べてみてもそれほど大きな違いは見当たりません。おしゃれなブラックカラーも魅力です。Elite 65tイヤホンより耐久性が高く、防塵であるとともにあらゆる方向からの水を直接強く当てても有害な影響がありません。

アプリのイコライザー機能を使うことで、好みの音質にすることも可能。4つのマイクが搭載されており、運動をしている時に通話も可能。耳のフィット感も抜群で耳から落ちないという安心感を得たい方にもピッタリ!可愛いデザインになっているため、運動が好きな女性へのプレゼントにもおすすめです。
タイプ カナル型 接続タイプ ワイヤレス
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz 充電端子 充電ケース:USB Type-C
ワイヤレス Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.5.0
連続再生時間 最大7.5時間 連続再生時間 イヤホン:2時間充電ケース:2時間20分
対応コーデック SBCAAC ノイズキャンセリング
マイク 外音取り込み
防水・防塵性能 IP57 重量【g】 5.5 g
3位 アップル

Apple AirPods with Charging Case

価格:4,499円 (税込)

この商品の紹介

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MRXJ2J/AとMMEF2J/AはどちらもAirPodsで、MMEF2J/Aが第1世代、MRXJ2J/Aが第2世代となります。見た目はほとんど同じで、違う点は充電ケースのLEDの位置です。MMEF2J/Aはケースの内側にありますが、MRXJ2J/Aの方は外側にあり充電されているか確認できるようになっています。また、ペアリング用のボタンの位置や、ふたのヒンジ部分の塗装も変更されているなど、見た目に若干、違いがあります。
音質の面で違いを見ると、MMEF2J/Aはややこもった感じでしたが、MRXJ2J/Aではクリアな音になり、音量を上げる必要もあまりなくなりました。機能面での違いで比較すると、MRXJ2J/Aは、新しく装備されたH1ヘッドホンチップにより機器の切り替え時間が短縮され、MMEF2J/Aの半分近くの時間で済むようになりました。ゲームの遅延も30%低減されています。また、Siriを使用する際、MMEF2J/Aはタップしていましたが、MRXJ2J/Aでは「Hey Siri」と話しかければ動きます。感度についてもMRXJ2J/Aで改善され、やや騒音のある場所でも反応してくれます。その他、充電によるバッテリーの持ちが良くなったというユーザーの感想もありました。
これらの比較内容では、第2世代のMRXJ2J/Aが圧倒的に進化しているようにも思えますが、実際に使用しているユーザーの感想からは、あまり違いが分からないとの声も。機能が上がったといえども、極端な変化がないと使用者には気づきにくいのかもしれません。しかし、呼びかけによるSiriの使用ができるようになったことや、充電ケースがワイヤレスになったことなど、明らかに変わった点もあります。実際に購入する際はMRXJ2J/Aの方が5,000円ほど高くなります。機能の向上による金額の差が妥当と思えるかどうかで、第1世代のMMEF2J/Aにするか、第2世代のMRXJ2J/Aにするかの分かれ目となるでしょう。
タイプ インナーイヤー 接続タイプ ワイヤレス
充電端子 充電ケース:Lightning ワイヤレス Bluetooth
連続再生時間 5時間 対応コーデック SBC
マイク
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CKS660XBT

価格:6,827円 (税込)

重低音に強い

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強靭な重低音がしっかりと聴けるAudio TechnicaのATH-CKS660XBT。約10分充電で約2時間再生できるので慌てているときにも便利です。フル充電をすれば、最大約20時間も連続再生が可能なロングバッテリーなので電池切れの心配もありません。2台のBluetooth機器を同時に接続できるのも非常に便利な機能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Audio Technica(オーディオテクニカ) 商品名 ATH-CKS660XBT
タイプ インナーイヤー型 装着方式 左右一体型
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン -
連続再生時間 最大約20時間 充電時間 約2時間
充電端子 USB Type-C コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 マイク機能
radius(ラディウス)

HP-N300BT

価格:6,990円 (税込)

シリーズ最上位モデル

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple社元役員が設立したラディウスのシリーズ最上位モデルHP-N300BT。深みのある低音が響き音楽をより楽しむことができます。また、ゲームや映画などもストレスなく見れるように音声の伝達遅延も小さいので安心です。独自開発の「ディープマウントイヤーピース」を採用しており、耳がフィットするエリアが広いので、やわらかい装着感を感じることができます。リモコン操作可能なのも便利です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー radius(ラディウス) 商品名 HP-N300BT
タイプ カナル型 装着方式 左右一体型
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン Ver4.1
連続再生時間 最大9時間 充電時間 約2時間
充電端子 - コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 -
BOSE(ボーズ)

QuietControl 30 wireless headphones

価格:35,200円 (税込)

ノイズキャンセリングレベルが細かく調整可能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能BOSEのネックバンド型のワイヤレスイヤホンQuietControl 30 wireless headphonesです。軽量のネックバンドなので、疲れにくく長時間でも装着することが可能です。ノイズキャンセリングレベルを調整可能で、電車では周囲の騒音をカットし空港では搭乗案内を聞き逃さないようにユーザー側で細かくコントロール設定ができます。また、Bose Connectアプリでイヤホン管理ができるのでとても便利です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー BOSE(ボーズ) 商品名 QuietControl 30 wireless headphones
タイプ インナーイヤー型 装着方式 ワイヤレス(ネックバンド)
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン -
連続再生時間 最長10時間 充電時間 約3時間
充電端子 - コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 ノイズキャンセリング機能付きのデュアルマイクシステム
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-DSR5BT

価格:23,109円 (税込)

不要共振を抑えてくれる軽量のネックバンド型

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音の良さに定評があるAudio TechnicのATH-DSR5BT。デジタル音声信号をダイレクトに音に変換していて、高音質を楽しむことができます。軽量のネックバンド型で長時間使用も可能で、デザインも不要共振を抑えてくれるボディになっています。イヤホンについているインジケーターで電池残量の確認ができ、最大約8時間再生が可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Audio Technica(オーディオテクニカ) 商品名 ATH-DSR5BT
タイプ インナーイヤー型 装着方式 ワイヤレス(ネックバンド)
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン Ver.4.2
連続再生時間 最大約8時間 充電時間 約3時間
充電端子 MicroUSB コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 -
ソニー(SONY)

WI-1000XM2

価格:30,373円 (税込)

おりたたんでコンパクトに収納可能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ級の高音質と最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載したソニーのネックバンド式ワイヤレスイヤホンです。シリコン製でできた小型で軽量なネックバンドで、折りたたんでケースにコンパクトに収納できるので持ち運びも便利です。ケーブルにリモコンが搭載されており、音量調節や再生など簡単です。ハンズフリー通話やボイスアシスタント専用のマイクが搭載されているのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 WI-1000XM2
タイプ カナル型 装着方式 ワイヤレス(ネックバンド)
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン -
連続再生時間 最大15時間 充電時間 約3.5時間
充電端子 USB Type-C コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 ノイズキャンセリング機能
Anker

Soundcore Life NC

価格:5,499円 (税込)

専用アプリでボタンのカスタマイズ可

\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながらコスパの高いAnkerのネックバンド型ワイヤレスイヤホンのSoundcore Life NCアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、電車や飛行機移動など外の騒音(ノイズ)をカットしてくれクリアな音楽を楽しむことができます。また、専用のアプリを使ってBluetooth機器の2個同時接続やボタンのカスタマイズなど、細かな調整ができるのも魅力です。

メーカー Anker 商品名 Soundcore Life NC
タイプ インナーイヤー型 装着方式 ワイヤレス(ネックバンド)
プラグ形状 (有線の商品のみ記載) - Bluetoothバージョン Ver.5.0
連続再生時間 約10時間 充電時間 約2時間
充電端子 コード長(m)(有線の商品のみ記載) -
その他機能 -

有線イヤホンの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ソニー

MDR-EX150IP

価格:2,100円 (税込)

どこにいても没入感を楽しめる!シンプルなカナル型イヤホン

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ソニーから発売されているベーッシクでシンプルなデザインと使い心地のイヤホンです。ケーブルは「iPhone・iPad・iPod」専用のLightningタイプなので注意してください。ドライバーユニットは9mmで、大迫力のサウンドを楽しむことができます。また、密閉性の高いカナルタイプで、より一層音楽の世界への没入感を体験できます。

外にいても没入感を楽しみたい方におすすめのイヤホンです。また、搭載されているリモコンも使いやすく、初めて使う方でもすぐにお使いいただけますよ。iPhone・iPad・iPod用のイヤホンを新調したい方や買い替えたい方にピッタリな商品です。
タイプ カナル型 接続タイプ 有線(ワイヤード)
インピーダンス【Ω】 16Ω 再生周波数帯域 5Hz〜24kHz
最大入力【mW】 100mW 充電端子  
ワイヤレス   Bluetoothバージョン  
連続再生時間   連続再生時間  
対応コーデック   ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク
外音取り込み   防水・防塵性能  
重量【g】 3 g
2位 エレコム

EHP-MC3520

価格:500円 (税込)

機能充実なのにコスパも良い!カナルタイプの片耳イヤホン

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、スマホの着信応答や音楽の操作ができるリモコンが付いた、カナルタイプの片耳イヤホンです。イヤーキャップは4種類付属。耳のサイズに合わせて調整でき、よりフィット感や遮音性を得られますよ。絡まりにくい「フラットケーブル」は取り回しがしやすく、付属のクリップでシャツのポケットなどに留めて使用可能です。

さらに本商品は、マイク部分にスイッチを搭載。ボタンで着信応答・音楽や動画の視聴の際の再生・一時停止などもコントロールできます。使い勝手のいい機能付きで1,000円以下で購入できるのも嬉しいですね。コスパを重視し、最低限の機能がついていればいいという方におすすめです。
タイプ カナル型 接続タイプ 有線(ワイヤード)
インピーダンス【Ω】 16Ω 再生周波数帯域 20Hz〜20kHz
最大入力【mW】 10 mW 充電端子  
ワイヤレス   Bluetoothバージョン  
連続再生時間   連続再生時間  
対応コーデック   ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク
外音取り込み   防水・防塵性能  
重量【g】 3 g
3位 ソニー

MDR-EX15APBZ

価格:1,427円 (税込)

シンプルで機能性を求める方に◎普段使いにもピッタリなイヤホン

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ソニーより発売されている密閉型のインナーイヤーレシーバーイヤホンです。しっかりとしたつけ心地で、耳への負担も低減。また、リスニングの際に心配な音漏れも、大幅に減らしました。スポーツや両手が塞がっている際も便利な「ハンズフリー通話」「音楽のリモコン操作」が可能です。

シンプルで機能的なイヤホンが欲しい方にピッタリの本商品。スポーツやウォーキングの際はもちろんのこと、普段使いにもお使いいただけます。雨の日やお買い物で両手が塞がっていても便利な「リモコン操作」つきなのも嬉しいポイントですね。
タイプ カナル型 接続タイプ 有線(ワイヤード)
インピーダンス【Ω】 16Ω 再生周波数帯域 8Hz〜22kHz
最大入力【mW】 100mW マイク
重量【g】 3 g
BoCo

PEACE-TW-1

価格:25,800円 (税込)

完全ワイヤレス骨伝導イヤホン

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳ではなく、骨を伝って音の振動を聴覚神経に届ける骨伝導イヤホンです。PEACE-TW-1は、安心の日本製で片耳9gと軽量なので一日中使用しても疲れを感じにくい仕様になっています。感度の高いマイクを搭載しているので、テレワークなどにも最適です。耳をふさがないので蒸れがなく、IPX7等級の防水性能なので突然の雨にも対応可能です。

メーカー BoCo 商品名 PEACE-TW-1
タイプ - 装着方式 骨伝導型
Bluetoothバージョン Ver 5.0 連続再生時間 約5時間
充電時間 本体:約1.5時間/クレードル:約2.0時間 充電端子 -
その他機能 -
AfterShokz

Aeropex AS800

価格:19,998円 (税込)

疲れにくいデザインの骨伝導タイプ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AfterShokzの骨伝導ワイヤレスです。ヘッドバンドは、耐久性に強く軽くやわらかいチタニウムをラバーでコーティングしています。そのため肌触りもよく、超軽量のため長時間使用しても疲れにくい仕様になっています。耳で聴くイヤホンとは異なり、耳への圧迫感が軽減されるので、オープンにダイナミックな低音を楽しむことができます。

メーカー AfterShokz 商品名 Aeropex AS800
タイプ - 装着方式 骨伝導型
Bluetoothバージョン Ver.4.1 連続再生時間 約6時間
充電時間 約1.5時間 充電端子 -
その他機能 -

ここまで、いろいろな種類のイヤホンについてご紹介してきましたが、お気に入りのイヤホンは見つかりましたでしょうか?

 

装着方法や搭載されている機能、メーカーによってもきこえてくる音は変わってきます。この記事を見て、自分にあった最適なイヤホンをみつけて、音楽を存分に楽しみましょう!

イヤホン 完全ワイヤレスイヤホンの全商品一覧

商品一覧を見る

ヘッドホン 有線の全商品一覧

商品一覧を見る