【構造を解説】ワイヤレスイヤホンとは?マイクや通話の仕組み・原理

ワイヤレスイヤホンは利便性と多彩な機能で年々人気が高まっています。今回はワイヤレスイヤホンとはどんなものなのか仕組みを解説。またaptX・AACなどのコーデックやバージョンも分かりやすく説明します。併せてペアリング方法や選び方、おすすめのイヤホン15選もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

2021/10/22 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

利便性や機能のよさで、注目度が増しているワイヤレスイヤホン。ワイヤレスイヤホンはメリットが多く、1度使用したら手離せなくなる人も多いです。しかし、ワイヤレスイヤホンとは一体どんなものなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

せっかく便利なものでも、使い方や性能に不安を感じていたら使おうという気にはならないですよね。そこで今回は、ワイヤレスイヤホンとは一体どんなものなのか、その原理や特徴、接続方法や普通のイヤホンとワイヤレスイヤホンの違いについて詳しく解説します。

 

また、ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットや、使い方と選び方についても併せて解説するので、ぜひ参考にしてください。おすすめのワイヤレスイヤホン15選もチェックして、お気に入りのイヤホンを見つけてくださいね。

今すぐ見る!ワイヤレスイヤホンのおすすめ15選

ワイヤレスイヤホンは、コードとつながっていなくても耳に音が届きます。有線のイヤホンに慣れていると、どういう原理なのか気になりますよね。実は、イヤホンの音がなる部分の造りはワイヤレスも有線も同じで、ワイヤレスと有線との違いは接続方法にあります。

 

有線はコードを介して端末とイヤホンを接続し、音楽の電気信号を送ります。一方で、ワイヤレスイヤホンはBluetooth(ブルートゥース)というデジタル用の電波を使い、端末に記録された電気信号をイヤホンに送ることで音楽を聴ける仕組みです。 

ワイヤレスイヤホンと有線イヤホンには、それぞれ異なる特徴があります。ここではワイヤレスイヤホンと有線イヤホンの違いを確認しながら、ワイヤレスイヤホンのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

【メリット】コードで端末と接続する必要がない

ワイヤレスイヤホンはコードで端末と接続しなくていいことが最大の特徴であり、メリットでもあります。ここでは、コードレスゆえに生じるワイヤレスイヤホンのメリットや特徴について詳しくご紹介します

コードレスだから断線しない

ワイヤレスイヤホンはコードレスなので、断線することがありません。有線イヤホンはコードが引っ張られたり、イヤホンジャックが曲がったりと、負荷がかかることで断線しやすくなります。

 

しかし、これはコードがないワイヤレスイヤホンには無縁のトラブルです。断線して買い換えたり、音楽が聞こえなくなってストレスを感じたりすることがないのは、大きなメリットと言えます。

スポーツなど動きが多くても邪魔にならない

ワイヤレスイヤホンは、スポーツなどで動きが多くても、邪魔になりません。有線イヤホンはコードが邪魔になったり引っ掛けたりして、スマホやプレーヤーなどの端末を落とす危険もあるため、体を動かす場面では不便です。

 

しかし、ワイヤレスイヤホンは何も引っ掛かるものがなく軽量なので、スポーツなどでたくさん動くシーンでも邪魔にならず使いやすいのがメリットです。

コンパクトだから持ち運びに便利

ワイヤレスイヤホンは軽くてコンパクトなので、持ち運びに便利です。ワイヤレスイヤホンはケースに入れてもコンパクトなためスペースを取りません。

 

荷物の中でコードがぐちゃぐちゃに絡まったり、他のものに引っ掛かったりすることもなく、簡単に出し入れできるのも魅力です。外出中も音楽を楽しみたい人にとって、小型で軽く持ち運びしやすいことは大きなメリットといえます。

【デメリット】ワイヤレスの特徴が使いにくさにつながる場合も

ワイヤレスイヤホンには多くのメリットがありますが、ワイヤレスの特徴が使いにくさにつながる場合もあります。ここでは、ワイヤレスイヤホンのデメリットをご紹介します。

音飛びが起こることがある

ワイヤレスイヤホンは音飛びが起こることがあります。ワイヤレスイヤホンはBluetoothという電波を飛ばして音を再生するので、接続が不安定になったり途切れたりすると音飛びが起こります。

 

電波が乱れる原因としては、他の電波が干渉していたり、遮蔽物や障害物が原因で電波が届きにくくなったりすることがあります。また、バッテリーが少なくなると接続が不安定になることも。

定期的に充電する必要がある

ワイヤレスイヤホンは有線と違って、定期的に充電する必要があります。さらに、小型でコンパクトなため、ワイヤレスヘッドホンと比べてバッテリーの容量も小さく、必然的に充電頻度も高くなります。

 

バッテリー残量が減ると接続が不安定になったり、バッテリー切れで使用できなくなったりすることもあるので、いつでも音楽を楽しみたい人は忘れずに充電しておきましょう。

無くしやすい

ワイヤレスイヤホンは無くしやすいというデメリットがあります。コンパクトで小さいため、1度落とすと探すのが大変です。また、装着中に引っ掛けて気づかない内に落ちることもあります。

 

左右1つ1つがバラバラなので、左右が一体化しているヘッドホンや有線イヤホンなどと違い、片方だけ無くすこともあります。片耳だけの使用ができないタイプのイヤホンも多いので、ワイヤレスイヤホンは無くさないように注意が必要です。

今すぐ見る!ワイヤレスイヤホンのおすすめ15選

ワイヤレスイヤホンと一口にいってもさまざまな種類があり、形や特徴が違います。

 

 

上記の種類をそれぞれ解説します。イヤホン選びの参考にしてください。

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンは全くケーブルがなく、左右がそれぞれ独立しているイヤホンです。使用中に引っ掛かるわずらわしさがないので、マスクとの併用やスポーツにもおすすめです。

 

左右が分かれているので、機種によっては片耳ずつ使用できるものもあります。バッテリーのもちが余りよくない製品でもケースで充電できるタイプが多いので、出先での使用に便利です。

左右一体型ワイヤレスイヤホン

左右一体型ワイヤレスイヤホンはその名前の通り、左右がつながっているイヤホンです。首にかけて使用できるので失くしにくく、ランニングなどのスポーツにもおすすめです。

 

完全ワイヤレスと比べてバッテリーの容量が大きい製品が多いので、使用時間が長い人に適しています。頻繁に充電する必要がないので、忙しい人や充電が面倒な人にぴったりのイヤホンです。

耳掛け型

耳掛け型のワイヤレスイヤホンは耳の部分に引っ掛けるタイプで、ずれにくさや落ちにくさを重視したイヤホンです。耳への圧迫感が少ない点も魅力です。

 

形状上、リラックスタイムや寝そべって使用するのにはあまり向きませんが、運動中や移動中にはしっかりと装着できて便利です。イヤホンを無くしたり、落としたりしやすい人にもおすすめなタイプです。

片耳型

片耳型は片方だけで使用できるワイヤレスイヤホンです。本格的な音楽鑑賞にはあまり向きませんが、運転中や移動中に便利です。運転中や移動中のイヤホン使用は危険ですが、片耳型イヤホンは周囲の音を聞き取れます。

ワイヤレスイヤホンはBluetoothを使って接続します。しかし、ワイヤレスを使ったことがなかったり不慣れだったりして、接続方法が分からない人も多いのではないでしょうか。そこで、ここではワイヤレスイヤホンの接続方法をご紹介します。

スマホとの接続方法

ワイヤレスイヤホンとスマホとの接続手順は以下です。

 

  1. イヤホンのペアリングモードをオンにする
  2. スマホの設定からBluetoothをオンすると、付近にあるペアリングできる端末を自動で探してくれる
  3. イヤホンの製品名が表示されたら、接続ボタンを押して完了

 

最近は、電源を入れたときに自動でペアリングモードにされる機種も多いです。うまく接続できないときはOSが最新になっているか、電子レンジやほかのBluetooth機器が接続の邪魔をしていないかなどを確認しましょう。

コラム|マルチペアリング・マルチポイントとは?

ペアリングは親機となる端末と子機となるイヤホンを1対1で接続しますが、マルチペアリングは1つのイヤホンに複数の機器をペアリングできます別の機器を使用するときにペアリングし直す必要がないため、スマホやゲーム機など複数の機器とイヤホンを接続したい方におすすめです。ただし、同時接続はできません

 

マルチポイントは1つのイヤホンに複数の機器の同時接続が可能です。例えば、プライベート用と仕事用の2台のスマホに、マルチポイント機能を搭載したワイヤレスイヤホンを接続している場合は、どちらのスマホに着信がきても、ワイヤレスイヤホンから操作して通話できます。ただし、同時接続の数が増えると接続が不安定になります

ワイヤレスイヤホンは見た目だけでなく、機種によってさまざまな機能があります

 

  • Bluetoothのコーデックとバージョンの意味
  • バッテリー駆動時間と充電時間
  • 完全ワイヤレスか左右一体型か
  • デザインと重さ
  • その他の機能

 

上記について順番にご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Bluetoothのコーデックとバージョンの意味

ワイヤレスイヤホンでは音声データを機器と送受信しています。その規格によって音質や遅延が左右されるため、ワイヤレスイヤホンを購入する際は、下記2点を確認しましょう。

 

コーデック(音質)について

コーデックは、Bluetoothで音楽を送るときに使われる音声の圧縮形式を指します。音質を大きく左右するので、重視しましょう。コーデックの種類ごとに特徴を紹介します。

 

コーデック 特徴 音質
SBC
  • Bluetoothオーディオの標準コーデック
AAC
  • iPhoneやiPadなどのapple製品で使われるコーデック
  • 低遅延

★★★

aptX
  • CSRが開発したコーデック
  • androidのスマホの標準コーデック
  • 低遅延

★★

aptX HD
  • aptXよりも高音質なコーデック
  • 遅延はaptXより大きい

★★★

aptX LL
  • aptXと同程度の音質
  • 遅延が小さい

★★

LDAC

  • SONYが開発したコーデック
  • 遅延が大きい
  • 高音質
  • 音質優先モードや接続優先モードに変更可能

★★★★

バージョン(接続性)について

Bluetoothのバージョンは音質には影響がありませんが、接続距離・安定性・消費電力は大きく変わります。Bluetooth4.0以降は3.0以前とは互換性がないため、4.0以降について紹介します。

 

Ver

アップデート内容

4.0
  • 3.0以前のバージョンとの互換性がなくなる
4.1
  • LTE端末(スマホなど)との電波干渉を抑える
  • 自動再接続
  • データ転送の効率が上がる
  • インターネットとの接続機能を搭載
4.2
  • 通信速度が2.5倍(650Kbps)
  • セキュリティ面が強化(Bluetooth Low Energy(BLE)がIPv6/6LoWPANに対応)
5.0
  • 通信速度の向上(2Mbps)
  • 通信範囲が400mまで拡大
5.1
  • Bluetooth機器から送られる信号の方向が特定可能になる
5.2
  • LE Audio規格を追加
  • マルチ・ストリーム・オーディオ機能搭載で複数デバイスに音声を送れる
  • LC3により高品質音声データを少ない消費電力で送れる

バッテリー駆動時間と充電時間

ワイヤレスイヤホンを屋外で使用する場合、駆動時間は重要です。また、充電にかかる時間が短ければ、充電が切れてもすぐに使用できます。基準がわからない方のためにバッテリーや充電機能について解説します。

バッテリー駆動時間は本体+ケースで考える

基本的にワイヤレスイヤホンの駆動時間は5~10時間前後です。15~24時間の長時間連続で使用できるモデルは、ネックバンドの部分に大きめのバッテリーが搭載されている左右一体型ワイヤレスイヤホンになります。

 

完全ワイヤレスイヤホンの場合は、本体のバッテリーに加えてケースのバッテリーも考える必要があります。ケースに戻せば充電できるため外出先でも使いやすいです。

充電時間は短いほど使いやすい!

充電している間は使用できないワイヤレスイヤホンは多いため、充電にかかる時間も重要です。急速充電機能が搭載されていれば、10~20分程度の充電で2~3時間程度使用できるため、外出先で充電が切れても安心です。

完全ワイヤレス?左右一体型?装着方法を考慮

どの装着方法のモデルにするかも考えましょう。完全ワイヤレスイヤホンはコードが邪魔だと感じる方におすすめです。ただし、落とした際に紛失しやすいので注意しましょう。左右一体型なら紛失しにくいです。

 

イヤーフックが付いているスポーツタイプは、落ちたりずれたりしにくいため、スポーツやアウトドアで使いたい人におすすめ。こめかみ部分に装着して骨を通して音を伝える骨伝導タイプは、周りの音が聞き取りやすいですが、音漏れに注意が必要です。

デザインと重さも重要

ワイヤレスイヤホンは外出時に使用することが多いので、デザインも重視しましょう。最近はさまざまなメーカーから販売されていて、デザインが豊富です。ケースも特徴的なものがあり、猫型や鏡がついているモデルもあります。

 

また、重さの確認も重要です。ワイヤレスイヤホンはバッテリーやコードの重さが耳にかかるため、重いモデルを使っていると耳が疲れます。とくに、連続使用可能時間が長いモデルはバッテリーが重い傾向にあるため注意しましょう。

ワイヤレスイヤホンのその他の機能を知ろう

ワイヤレスイヤホンにはさまざまな機能が搭載されています。

 

 

これらの代表的な機能について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

仕事や勉強に集中したいなら!ノイズキャンセリング

周囲の音が気になる方におすすめなのがノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズキャンセリングは搭載されているマイクで周囲の音を拾い、その音を打ち消す音を出力する機能です。

 

勉強や仕事に集中したいときや、重要な電話をするときなどに役立ちます。ただし、車の運転中や通勤・通学などの屋外での使用は危ないのでやめましょう

外音取り込み機能で危険を回避!

屋外で使用する方は外音取り込み機能が搭載されているモデルがおすすめです。その名の通り、外音を拾って、イヤホンから出力する機能で、イヤホンをしたまま会話をしたり、空港や駅のアナウンスを聞いたりできます。

 

外音取り込みの有無だけでなく、切り替えの簡単さも重視しましょう。とくにAirPods proは長押しでノイズキャンセリングと外音取り込みを切り替えられるためとても使いやすいです。

スポーツの汗にも強い!防水性

ワイヤレスイヤホンを選ぶときは防水性をチェックしましょう。防水性能を判断するには、製品の「IPX」をチェックします。IPXは0~8段階あり、IPX5が生活防水で、8が完全防水です。

 

スポーツのような汗をかく場面で使用するならIPX6以上がおすすめです。また、屋外での使用を考えていなくても、思いの外汗や水に濡れるリスクがあるため、IPX5程度の生活防水だと安心です。

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

価格:24,200円 (税込)

業界最高クラスと名高いソニーのノイズキャンセリング!  

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界最高峰と評価されているソニーのノイズキャンセリングイヤホンです。さまざまな種類のノイズをシャットアウトするので、場所を選ばず音楽を楽しめます。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾクラスに高めてくれるので、上質な音にこだわる人にぴったり。片耳ずつの使用や、外音の取り込みも簡単です。ノイズキャンセリングをオンにしても充電ケースを使えば最大24時間再生できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3・(-S)プラチナシルバー・(-B)ブラック
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class1 連続再生時間 最大6時間(NC ON時)・最大8時間(NC OFF時)
充電時間 本体:約1.5時間・充電ケース:約3.5時間 充電端子 充電ケース:USB Type-C
その他機能 NFC・マルチペアリング対応・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・リモコン
ヤマハ(YAMAHA)

イヤホン TW-E3B

価格:6,982円 (税込)

耳をいたわるヤマハのイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リスニングケアを採用し、負担を減らして耳にやさしいヤマハのワイヤレスイヤホンです。クリアな音で聞き取りやすく、音楽はもちろんのことオンライン授業や仕事にもおすすめです。カラーバリエーション豊富でSiriやGoogleアシスタント対応なのもうれしいポイント。耳の負担が少なく生活防水付きで、子供から年配の方まで幅広い年齢層におすすめなイヤホンです。
 
メーカー ヤマハ(YAMAHA) 商品名 イヤホン TW-E3B ブラック・グレー・バイオレットラベンダー・スモーキーピンク・スモーキーブルー・スモーキーグリーン
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class1 連続再生時間 約6時間
充電時間 イヤホン:約2時間・充電ケース:約2時間 充電端子 充電ケース:USB Type-C
その他機能 マイク・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・防水・防滴性能:IPX5・リモコン・AIアシスタント呼び出し機能
JBL

イヤホンLIVE 300TWS

価格:7,560円 (税込)

機能的でコスパもいい!好みのサウンドに調節できる

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のアプリを使って自分の好きなサウンドに合わせられるワイヤレスイヤホンです。装着中に会話できる「トークスルー機能」を搭載し、簡単にハンズフリー通話もできて便利です。周りの音を取り込む「アンビエントアウェア機能」で移動中の使用も安心です。生活防水付きなので、汗で濡れるのが心配な人や外で使う人にもおすすめ。コスパがよくて機能的なイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ジェービーエル(JBL) 商品名 イヤホンLIVE 300TWS ブラック・ブルー・ホワイト・パープル
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class2 連続再生時間 最大約6時間
充電時間 約2時間 充電端子 充電ケース:USB Type-C
その他機能 マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・防水・防滴性能:IPX5・リモコン
audio-techinca(オーディオテクニカ)

ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

価格:8,700円 (税込)

低遅延モードで音ずれを低減!見た目もおしゃれ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低遅延モードで映像と音がずれるのを抑えてくれるワイヤレスイヤホンです。音楽だけでなく動画やゲームを楽しみたい人にもおすすめです。生活防水付きで環境音も取り込めるので、移動中や外での使用にも便利で安心です。最大6.5時間連続再生できるのでバッテリーもちを重視する人にぴったり。さりげなく個性を出せるスクエア型デザインと5色展開で、おしゃれにこだわる人にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー audio-techinca(オーディオテクニカ) 商品名 ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW (-PBW)ピンクブラウン・(BK)ブラック・(-BL)ブルー・(-MU)マスタード・(-NRD)ネイビーレッド・(-WH)ホワイト)
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0 連続再生時間 最大約6.5時間
充電時間 イヤホン:約1.5時間・充電ケース:約2時間 充電端子 充電ケース:USB Type-C
その他機能 マルチペアリング対応・マイク・外音取り込み・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・防水・防滴性能
ag(エージー)

完全ワイヤレスイヤホン TWS03R

価格:5,974円 (税込)

片耳使用もOK!豊富なカラバリでかわいいイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片耳だけでも使用できる、シンプルなワイヤレスイヤホンです。耳が小さい人にもフィットしやすい小さめサイズで、汚れが目立ちにくい半透明イヤーピースを採用しています。指紋が付きにくいマット仕様で、使いやすい6色展開なのもうれしいポイント。片耳ずつ購入できるので、落としたり無くしたりしても安心です。高音質コーデックのAAC対応で音質も

 

スペック詳細はこちら

メーカー ag(エージー) 商品名 完全ワイヤレスイヤホン TWS03R (-BL)BLAK・(-BU)BLUE・(-GR)GREEN・(-RE)RED・(-CR)CREAM・(-MO)MOMO
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0 連続再生時間 5時間
充電時間 1.5時間 充電端子 充電ケース:microUSB
その他機能 マイク・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・リモコン
ELECOM(エレコム)

完全ワイヤレスBluetoothヘッドホン LBT-TWS10

価格:2,500円 (税込)

コスパ最強でかわいい!超小型ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルでかわいいエレコムの超小型ワイヤレスイヤホンです。コンパクトで邪魔になりにくく、耳が小さい人にもフィットするサイズ感で、マスクとの併用にもおすすめです。右用イヤホンは片耳でも使用でき、マイク付きで通話やパソコンへの接続もできます。コスパがよく、運転中やオンライン授業・テレワークにも便利なイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 完全ワイヤレスBluetoothヘッドホン LBT-TWS10 (-BK)ブラック・(-BU)ブルー・(-RD)ローズレッド・(-WH)ホワイト
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class2 連続再生時間 約3時間
充電時間 ヘッドホン:約1.5時間・充電ケース:約1.5時間 充電端子 充電ケース:microUSB
その他機能 マルチペアリング対応・マイク・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・リモコン
パナソニック(Panasonic)

ワイヤレスステレオインサイドホン RZ-S30W

価格:8,910円 (税込)

タッチするだけで操作できるパナソニックのワイヤレス  

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチセンサーを搭載したパナソニックのワイヤレスイヤホンです。タッチするだけの簡単な操作で、音楽再生や通話ができます。高性能マイク付きで音切れしにくく、音楽鑑賞も通話もスムーズでストレスフリーです。専用アプリを使えば、自分好みの音へのチューニングや外音の取り込み設定も可能。小型で邪魔になりにくく、小さい耳にもフィットするイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 ワイヤレスステレオインサイドホン RZ-S30W (-G)グリーン・(-K)ブラック・(-W)ホワイト
タイプ カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class1 連続再生時間 約7.5時間(AAC)
充電時間 約2時間 充電端子 充電ケース:USB Type-C
その他機能 マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・防滴性能:IPX4・リモコン
Beats(ビーツ)

Powerbeats Pro

価格:16,301円 (税込)

汗に強く9時間使える!Siri対応の耳かけ型ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良質でバランスがいいサウンドが楽しめ、どんな形の耳にもフィットする耳かけ型イヤホンです。軽量で防水なので運動中の利用にもおすすめです。マイク付きで左右どちらでも片耳ずつ使用でき、通話への切り替えも簡単にできます。Siri対応で声での起動や音声アシスタントが使えて便利です。最大で9時間連続再生でき、バッテリーもちも

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Beats(ビーツ) 商品名 Powerbeats Pro グレイシアブルー・クラウドピンク・ラバレッド・アイボリー・ブラック・ネイビー・モス
タイプ 耳かけ 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
Bluetoothバージョン Class 1 Bluetooth 連続再生時間 最長9時間
充電時間 - 充電端子 充電ケース:Lightning
その他機能 マイク・自動電源OFF・防水・防滴性能・リモコン
ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

価格:30,059円 (税込)

ハイレゾ音質のノイズキャンセリングイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ対応で高音質なソニーのノイズキャンセリングイヤホンです。首に掛けられるネックバンド式でずれたり落ちたりしにくいので、移動やスポーツでたくさん動く人にぴったりです。環境音取り込み機能とマイク付きで、場所を選ばず使えます。ハイレゾを楽しめるAACやLDACなどの音楽圧縮形式に対応しているので、音質にこだわる人にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら 

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2 (-B)ブラック ・(-S)プラチナシルバー
タイプ ネックバンド 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class1 連続再生時間 最大10時間(NC ON時)・最大12時間(アンビエントサウンドモード)・最大15時間(NC OFF時)
充電時間 約3.5時間 充電端子 USB Type-C
その他機能 リケーブル・ノイズキャンセリング・ハイレゾ対応・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源OFF機能・リモコン・マグネット連結対応
ソニー(SONY)

ワイヤレスステレオヘッドセット h.ear in 2 Wireless WI-H700

価格:11,800円 (税込)

ソニーのハイレゾ対応!豊富な色展開もうれしい

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色展開が豊富でハイレゾ音質が楽しめるソニーのノイズキャンセリングイヤホンです。AAC・aptX・aptX HD・LDACの高音質コーデックに対応し、専用アプリの使用で好きな音に調節できるので、徹底的に音質にこだわる人におすすめ。マルチポイント・マルチペアリング対応です。ファッションに馴染みやすいワントーンの5色展開もうれしいポイント。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ワイヤレスステレオヘッドセット h.ear in 2 Wireless WI-H700 (-L)ムーンリットブルー ・(-N)ペールゴールド ・(-B)グレイッシュブラック ・(-R)トワイライトレッド ・(-G)ホライズングリー
タイプ ネックバンド 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.4.1/Class2 連続再生時間 最大8時間
充電時間 約2.5時間 充電端子 microUSB
その他機能 リケーブル・ハイレゾ・マイク・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・サラウンド・リモコン・マグネット連結対応
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

価格:25,800円 (税込)

ハイレゾ音質を2台同時に楽しめる!

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音質を2台同時に楽しめるマルチポイント対応のワイヤレスイヤホンです。AAC・aptX・aptX HDの音楽圧縮形式に対応しており、高い音質を楽しめます。2台までのマルチポイントに対応しているため、スマホとパソコンとの併用にもおすすめのイヤホンです。ノイズキャンセリング付きで、周囲のノイズに邪魔されずに高音質な音楽を楽しめます

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー オーディオテクニカ(audio-technica) 商品名 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT
タイプ ネックバンド 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.5.0 連続再生時間 最大約20時間
充電時間 約3時間 充電端子 USB Type-C
その他機能 リケーブル・ノイズキャンセリング・ハイレゾ・マイク・外音取り込み    て自動電源OFF機能・防水・防滴性能IPX2リモコン
ソニー

WI-SP600N

価格:12,600円 (税込)

ネックバンド式で落ちにくいソニーのノイズキャンセリング

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

質が高い重低音を楽しめる「EXTRA BASS」機能付きのソニーのワイヤレスイヤホンです。騒音が気になるときに便利なアクティブノイズキャンセリング付きでどこでも音楽が楽しめます。防水機能と環境音を取り込む「アンビエントサウンド」搭載で、場所を選ばず安心して使用できます。ネックバンド式で落ちにくく、スポーツやよく動くシーンにぴったりのイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600N (-W)ホワイト・ (-B)ブラック ・(-Y)イエロー ・(-P)ピンク
タイプ カナル型 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.4.1/Class2 連続再生時間 最大6時間
充電時間 約1.5時間 充電端子 microUSB
その他機能 NFC・マルチペアリング対応・ノイズキャンセリング・マイク・外音取り込み・音質調整・自動電源ON機能・自動電源OFF機能・防水・防滴:IPX4・リモコン
ソニー

WI-C310

価格:3,648円 (税込)

すっきり収まる!シンプルでコスパもいいネックバンド型イヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで、絡まりにくいソニーのネックバンド型イヤホンです。マグネットとフラットケーブル採用ですっきり収まるので、持ち運びにもぴったり。バッテリーが長持ちで15時間の連続再生が可能です。SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタント対応で、音声での調べものやハンズフリー通話ができます。使いやすく、コスパがいいワイヤレスイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C310 (-B)ブラック・(-L)ブルー・(-W)ホワイト・(-N)ゴールド
タイプ ネックバンド 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class2 連続再生時間 最大15時間
充電時間 約3時間 充電端子 USB Type-C
その他機能 マルチペアリング対応・マイク・リモコン・マグネット連結対応
Audio Technica(オーディオテクニカ)

SOLID BASS ATH-CKS330XBT

価格:3,691円 (税込)

多彩な機能でコスパ最強なワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20時間連続再生でき、多彩な機能を搭載するコストパフォーマンスが高いワイヤレスイヤホンです。長時間でも疲れにくい素材と形状で快適に使用できます。ネックバンド式で安定感があり、ずれたり落としたりするのを防ぎます。マルチペアリングとマルチポイント対応で、複数の端末で同時に接続できます。ハンズフリー通話も対応。メリハリある重低音を楽めるのも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー オーディオテクニカ(audio-technica) 商品名 ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-CKS330XBT (-BG)ベージュ・(-BK)ブラック・(-BL)ブルー・(-GR)グリーン
タイプ ネックバンド 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.5.0 連続再生時間 最大約20時間
充電時間 約2時間 充電端子 USB Type-C
その他機能 マルチポイント対応・マルチペアリング対応・マイク・防水・防滴性能IPX2・リモコン
パナソニック(Panasonic)

ワイヤレスステレオヘッドホン RP-BTS55

価格:1,480円 (税込)

防水仕様でLEDライト付き!スポーツにもおすすめ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの耳かけ型ワイヤレスイヤホンです。柔軟に変形してフィットするフレキシブルイヤークリップを採用しており、ずれたり落ちたりしづらいのが特徴です。IPX5の生活防水付きでスポーツ時や汗が気になる人にもぴったり。LEDライト搭載で通勤・通学はもちろんのこと、早朝や日が落ちてからのランニングにもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 ワイヤレスステレオヘッドホンRP-BTS55 (-K)ブラック・(-P)ピンク
タイプ 耳かけ 装着方式 両耳
Bluetoothバージョン Ver.4.1/Class2 連続再生時間 約6時間(SBC)
充電時間 約1.5時間 充電端子 DC 5V, 500mA(microUSB)
その他機能 マイク・防水・防滴性能IPX5相当リモコン

ワイヤレスイヤホンは種類や機種によって多彩な機能があり、メリット・デメリットが変わります。ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は用途やシーンを考えて選ぶと、より便利で使いやすくなります。本記事でご紹介した選び方や、おすすめイヤホン15選も参考にしてください。