【全員必見】電子レンジ掃除の簡単裏技特集。油ギトギトでも簡単にピカピカに

3分~5分レンジでチンするだけで電子レンジを掃除できる裏ワザがあればあなたは実行しますか?勿論しますよね。しかもそのやり方が家庭にあるものだけで実行出来ます。今回は家庭にあるものを利用して油ギトギトでも簡単に掃除できる裏ワザをいくつか紹介していきます。

おすすめの記事

▶︎【2020年最新】電子レンジのおすすめ15選!流行りはスチームオーブンレンジ?

毎日食材をあたためるために多くの方が電子レンジを使用していると思います。毎日使用しているのにもかかわらず、電子レンジの掃除を怠ってしまっている方いませんか?

 

そもそも電子レンジの掃除の仕方がわからない、取り掛かってみたものの汚れが全然落ちなくて諦めてしまった方もいると思います。そこでこの記事では、電子レンジの頑固な汚れの掃除の仕方についてご紹介していきます。

今すぐ電子レンジ掃除の裏技を見る

家にあるものと100均のグッズで電子レンジを簡単に掃除できる裏ワザとは?

一年以上さぼってしまった電子レンジの掃除。周りは油汚れでギトギト、水垢や汚れまみれで掃除するのが億劫という人は多いのではないでしょうか?電子レンジは超簡単に掃除できる裏ワザががいくつかあります。

 

掃除の裏ワザとは汚れの弱点を知り、その汚れをピンポイントに落とすことを極意とします。その結果時短にもなりますし、見違えるぐらいピカピカになります。まずは、掃除に必要な道具を見ていきましょう。

裏ワザで使える電子レンジ掃除グッズの一覧

100均でも購入できる掃除グッズ一式

電子レンジの掃除の裏ワザで使える掃除グッズは以下の通りになります。いずれも、100均や家にあるもので掃除が出来ます。

 

  • 重曹
  • クエン酸
  • みかんの皮
  • お酢

 

以上になります。重曹やクエン酸などは掃除する上で敷居が高いかもしれません。しかし、100均でも販売していますし、簡単に使用できます。上記の掃除グッズを使用すると、市販の洗剤以上の効力を持ち、電子レンジの汚れの弱点を突く簡易洗剤を作れます。

 

みかんの皮や、お酢などはご家庭にあるもので使用できます。ちなみにすべてを使うのではなく、掃除方法によって別々に使用します。つまり上記に記している物1つ以上と、基本の掃除道具一式があれば裏技を使い掃除をすることができます。

掃除で使う基本道具一式

電子レンジの掃除で使用する道具は、主に掃除に使用する基本道具一式です。では、電子レンジを掃除するときに使用する道具一式を見ていきましょう。

 

  • 耐熱容器
  • キッチンペーパー
  • マドラー(混ぜる棒)
  • ブラシ
  • 霧吹き(あれば便利)
  • ゴム手袋
  • 雑巾(マイクロファイバー)

 

以上が電子レンジの掃除道具一式です。耐熱容器やマドラーは、簡易洗剤を作る時に使用します。キッチンペーパーは拭くものなら基本何でもOK。汚れて使わなくなった布を切って再利用しても良いと思います。基本100均でも手に入りますし、どのご家庭にも常時あるものばかりなので、道具の用意は簡単にできます。

毎日使っている電子レンジ。電子レンジを掃除する前に汚れの性質や弱点などを知っておくのが裏ワザの極意。電子レンジの汚れは大きく分けて3つあります。

 

  • 油汚れ
  • 水垢
  • カビ

 

以上の3点が主に電子レンジの汚れだと言われています。それぞれ弱点を知り、掃除する際に対処していきましょう。

電子レンジの汚れ①:油汚れ

電子レンジの汚れで一番厄介なのが油汚れです。油汚れは、食べ物の油などが飛び散って付く汚れ。放っておくと黄色っぽい色に変色していき、こびりつきベタベタがそのまま残ります。この油汚れは主に「酸性」の汚れです。

 

酸性を中和させるには、「アルカリ性」の性質の洗剤がよく効きます。主に酸性の汚れはアルカリ性の性質を持った重曹を付けると、脂が浮いてくる性質があります。そのため、こするだけで汚れが取れ、効率的に掃除が出来ます。

電子レンジの汚れ②:水垢

電子レンジには水垢の汚れも目立ちます。ラップをかけずに電子レンジを使用すると水蒸気が発生し、その水蒸気で電子レンジ庫内に水が残ります。それを放置すると、電子レンジ庫内の湿気が溜り、水と汚れが水垢やカビの原因となります。

 

水垢はアルカリ性の性質を持ち、弱点は「酸性」です。そのため、酸性の洗剤をつけると中和します。酸性はお酢やレモン、クエン酸を掃除グッズに使用すると効率的に掃除が出来ます。特に、お酢は「酢酸」という成分があり、除菌や殺菌効果もあります。

電子レンジの汚れ③:カビ

電子レンジの汚れには、カビもあります。カビは水回りで発生しやすく、食べ物のカスや汁、水蒸気などが原因となります。そして、それらを放置すると湿気が溜り、電子レンジの庫内でカビが繁殖します。

 

カビが繁殖してしまうと、落とすのは難しいので、カビが発生しない対策をしておかなければなりません。もしカビが発生した場合は、アルカリ性の成分を持った洗剤で掃除をします。対処法としては、アルコールを用いた洗剤、もしくはアルカリ性を中和させる酸性の重曹を使用します。

今すぐ重曹を使用した掃除の裏技を見る

水垢はアルカリ性の成分を持っており、酸性のお酢やクエン酸が効きます。お酢は調味料じゃんと思っている方も多いでしょうが、お酢には酢酸という成分があります。酢酸の成分は、除菌や殺菌に効きます。

 

そのため、水垢などの軽い汚れや消臭には、お酢や酸性のクエン酸を使った掃除の裏ワザがおすすめです。お酢を使用して掃除する際にの道具は以下の通りです。

 

  • 糖分が含まれていないお酢
  • 耐熱容器
  • マドラー
  • キッチンペーパー・スポンジ

 

以上です。この4つの道具だけで、電子レンジを綺麗に出来ます。では、掃除手順を見ていきましょう。

掃除手順①:酢水を作り電子レンジで温める

耐熱容器に糖分の入っていないお酢と水を1:4ぐらいの割合で入れます。(目分量でOK)ラップをかけずに3分~5分程度レンジでチンしましょう。するとお酢が入った水蒸気が庫内に溜り、水滴が付きます。

 

その水滴は水垢のアルカリ性とお酢の酸性に反応し、軽い汚れを取りやすくしてくれます。そして、容器を電子レンジから取り出し10分~30分程度放置します。

掃除手順②:電子レンジの庫内を拭く

容器を取り出し30分ほど放置したら、庫内には水垢のアルカリ性とお酢の酸性の影響で、拭きやすくなった汚れが浮いています。その汚れをキッチンペーパーでサッと綺麗に拭き取りましょう。これで掃除は終わりです。

 

お酢を使用した掃除方法は超簡単でしたね。3分レンジでチンして、後は放置して、サッと拭くだけ。ただし、簡単に掃除できるとは言え、いくつか気をつけなければいけないことがあります。

お酢を使用した裏ワザの注意点①

お酢を使用して電子レンジを掃除した時の注意点は、お酢を入れすぎないようにしましょう。お酢を入れすぎるとお酢の匂いが強すぎて、気分が悪くなってしまうことがあります。ですが掃除が終わった後、しばらく放置すれば匂いは収まります。

お酢を使用した裏ワザの注意点②

お酢を使用した場合、酸性系のお酢と塩素系の洗剤とを混ぜてはいけません。なぜなら、酸性系のお酢と塩素系を混ぜると人体に有害な塩素ガスが発生する可能性があるからです。

 

塩素ガスが発生してしまった場合は、まずは窓をすべて開け喚起します。そして、水で洗い流しましょう。塩素ガスは水に弱く、水に洗い流すのが効果的です。万が一吸い込んでしまった場合は、医者に相談しに行くと良いでしょう。

 

一番いいのは洗剤などに「混ぜるな危険」と記載されていてら、素直に従いましょう。

油汚れや頑固な焦げ汚れには、重曹が効率よく掃除出来ます。では、重曹を使ってどのように掃除するのか手順を見ていきましょう。使用する掃除グッズは以下の通りです。

 

  • 重曹
  • キッチンペーパー
  • 耐熱容器
  • マドラー

 

以上です。これだけの道具で?と思えるかもしれませんが、これだけです。

掃除手順①:耐熱容器に重曹水を作り電子レンジでチン

まず、最初にやることは、重曹水を作るため、耐熱容器に水と重曹を入れマドラーで混ぜます。目安はコップ一杯の水に、大さじ一杯ほどです。そして、耐熱容器に入れた重曹水をラップもかけずに、500w~600wで3分~5分電子レンジでチンするまで温めます。この時の重曹水は捨てずに残しておきましょう。

掃除手順②:扉を閉めたまま放置

掃除手順②では、重曹水を電子レンジでチンした後、扉を閉めたまま10分~30分放置します。放置すると、電子レンジの庫内は、水蒸気と重曹が混じり合います。すると、アルカリ性の油汚れが重曹の酸性に反応し、ふやふやになり、時間とともに汚れを浮かしてくれます。

掃除手順③:重曹水にキッチンペーパーを浸け拭く

掃除手順①で、残しておいた重曹水をキッチンペーパーに少しだけ浸けます。後は、汚れが浮いた電子レンジの庫内をキッチンペーパーできっちりふき取るだけです。最後に雑巾やマイクロファイバーなどでからぶきをして完了です。掃除手順はたったの3つとかなり楽。

 

これだけでかなり綺麗でに油汚れが落ちるので、油汚れがギトギトなら試してみてはいかがでしょうか?掃除嫌いの人も電子レンジの掃除マスターになれますよ。

重曹はカビ汚れにも効く?浸け置きも有効

カビの汚れは主に酸性で、重曹かアルコールで対処できます。ただアルコールは引火率が高く発火するので注意が必要。しかし重曹なら簡単に掃除出来ます。掃除手順も上記と全く同じです。電子レンジのターンテーブルなど細かい部分に付いたカビは、ターンテーブルを一度外します。

 

外した後、重曹をまんべんなくふりかけ放置し水を浸けて洗うか、重曹水に浸け置きします。その後、タオルで磨いたり、ブラシなどでこすり丁寧に磨き上げましょう。ピカピカで綺麗になりますよ。

みかんの皮は洗剤替わり?電子レンジの掃除にはリモネンが熱い

消臭効果に使用するのはみかんの皮がおすすめです。みかんの皮には油汚れの掃除や消臭効果に適した様々な成分が含まれています。まず水垢などのアルカリ性を中和させる「クエン酸」が入っています。クエン酸は除菌効果だけではなく消臭効果もあります。

 

そして、みかんの外皮に多く含まれているのが「リモネン」という精油成分です。リモネンは柑橘類などを絞ると出てくる精油で、別名オレンジオイルともいわれています。オレンジオイルは、油によく馴染み油汚れの掃除に効果的と言われています。

 

ちなみに、リモネンは、安全性が高く、洗剤やハンドソープなどの成分にも利用されています。オレンジ成分入りと記載されているのは、このリモネンのことです。リモネンは270gのみかん一つにつきリモネンがなんと0.5mlも含まれています。ではみかんの皮で消臭する手順を見ていきましょう。

 

果物 1個 リモネンの あたり 順位 100g 重さ 量 のリモネンml g ml オレンジ 270 0.19 1

出典:http://www.gifu-gif.ed.jp

消臭手順①:みかんの皮を用意する

まず、みかんの皮をいくつか用意しましょう。みかんの皮を1個~3個ほど用意します。ただ、みかんの皮は消臭するために新しく剥くのはコスパが悪いので、普段から捨てずにとっておきましょう。

消臭手順②:みかんの皮を電子レンジに入れてチンをしよう

みかんの皮を用意したら、そのままの状態で500w、2~3分レンジでチンします。みかんの皮を暖めるとみかんの成分であるリモネンが蒸発し充満させます。みかんの皮をレンジでチンしたら、周りにオレンジオイルの水滴が付いています。電子レンジの扉を開けたら柑橘系の良い香りがしますよ。

消臭手順③:みかんの皮で電子レンジ庫内を拭く

電子レンジでチンしたらみかんの皮で電子レンジの庫内を拭きましょう。みかんの皮にはリモネンとクエン酸が含まれており、アルカリ性と酸性の両方に除菌効果があります。そのためみかんの皮には、掃除出来る成分が総合的に含まれているというわけです。

 

最後にキッチンペーパーや使わなくなった布切れで掃除しましょう。また、みかんの皮は油汚れは勿論、油性のマジックなどの汚れもキレイに落とせます。

電子レンジの汚れを簡単で綺麗にする方法をご紹介してきました。重曹やクエン酸といった100均で購入できる掃除グッズはもちろん、普段から料理で使うお酢やみかんの皮も掃除に大活躍します。

 

ギトギトの汚れには重曹。比較的軽い汚れにはお酢やみかんの皮で代用が出来ます。そのため、みかんは食べ終わったら皮の部分を保存して取っておきましょう。掃除に使用するとエコになるのでおすすめですよ。