1インチコンデジのおすすめ5選|高画質ズームで魅力的!安い製品も

1インチの撮像素子を搭載したコンデジは画質・ズーム倍率・コンパクトさのバランスが良く人気です。本記事では1インチコンデジのおすすめ機種を紹介。パナソニックやキャノンなど有名メーカーの比較や選び方も解説するので、コンデジをお探しの方はぜひ参考にしてください。

2021/10/21 更新

コンデジは、レンズ一体型のデジタルカメラで、風景や野鳥撮影に最適です。「1インチコンデジ」の1インチとはコンデジに搭載しているセンサーサイズの大きさを表しています。最近では1インチセンサーではなく1型センサーのように呼ばれることも増えましたが、両者は同じ意味です。

 

1インチセンサーサイズの大きさは一般的なスマホのセンサーサイズ 1/2.3に比べると4倍ほどの面積になります。センサーサイズは大きいほど高画質な写真を撮ることができるため、スマホカメラの画質から脱却したい方には特におすすめしたいカメラです。

 

本記事ではそんな小型で高画質な1インチコンデジの魅力や、メリット・デメリットを解説するとともに、有名メーカー別のコンデジおすすめ商品を比較しながら紹介します。コンデジの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!メーカー別の1インチコンデジおすすめ5選

1インチコンデジでは、レンズとボディが一体型の構造となっているため、200g台から300g台と軽量であり、スマホと大きく変わらない携帯性があります1.0型の画像素子はAPS-C等に比べると小さいですが、十分に大きい画像素子なので一眼レフと大差ない画質が得られます。

1インチコンデジは、高画質な他にもさまざまなメリットがあります。ここでは、それぞれのメリットを解説します。

4K動画を楽しめる機種が多い

1インチコンデジは高級コンデジであるので、動画機能にも力を入れている機種が多いです。一般的な1/2.3型の画像素子のコンデジではほとんどFHDでしたが、1インチコンデジの中には4K動画を撮影できるものが多いので、動画をよく撮る人は4K動画対応のものを選びましょう。

F値の小さい機種も多くボケのある写真を撮影できる

1インチコンデジは、通常の1/2.3型デジカメよりもレンズの口径が大きい機種が多く、開放F値が2未満と小さいです。そのため、通常のコンデジよりも明るいレンズでボケのある画像を撮影できます。

コンパクトでポケットに入れられる

1インチのコンデジはボディとレンズが一体型になっていて、スマホより高画質な画像が撮れるのにも関わらず、ポケットに入れられることが最大のメリットになります。普段から持ち歩いて使いやすいカメラとなっているので、1インチコンデジは非常に人気です。

1インチコンデジはメリットも多いですが、デメリットもいくつかあります。メリット・デメリットをそれぞれ把握しておくことが大切です。

光学ズーム倍率が小さい

大きな画像素子に光を投影するためには大きなレンズが必要となるので、1/2.3型よりも全体的にズーム倍率が低く、焦点距離をあまり大きくできません。20倍以上の高倍率な1インチコンデジもありますが、質量が1kg以上と非常に重くなってしまいます。

コンデジなのでレンズ交換ができない

コンデジはレンズ一体型であるため、レンズ交換ができません。焦点距離がフルサイズで12mmとなりAPS-Cで18mmとなる超広角レンズが付けられず、広角側にも制約がかかります。広角側の焦点距離にも注意しましょう。

画像素子の大きさとズーム倍率に対して質量は背反する関係にあるため、1型の画像素子を持ったコンデジではズーム倍率や質量も重要な要素となります。また、画質の良い鮮明な画像を取るためには、手振れ補正やオートフォーカス機能も重要です。

サイズ・質量で選ぶ

1インチの画像素子を使ったコンデジは、どうしても1/2.3型のコンデジよりも大型化しやすいため、質量も考慮する必要があります。持ち運びやすさを重視する人は、質量が400g未満のコンパクトデジタルカメラを選びましょう。

手振れ補正・オートフォーカス機能

せっかく画質の良い画像素子を使っても、画像がブレてしまったら元も子もなくなってしまいます。そのため、手振れ補正性能やオートフォーカス機能も重要な要素です。

 

1インチコンデジの中には5軸手振れ補正や、ファストハイブリッドAF機能を搭載している機種もあるので、鮮明な写真を撮りたい人はそれらの機能を持った製品を選びましょう。

ズーム倍率

1型のデジタルカメラは光学ズームが付いていることがほとんどですが、3倍から4倍程度の光学ズーム倍率しかない機種が多いです。そのため、ズーム倍率を重視する人はズーム倍率が10倍以上の1インチコンデジを選びましょう。

1インチコンデジといえばソニーが一番有名ですが、キャノンやパナソニックにも高性能でコンパクトな1インチコンデジがあります。3つのメーカーの1インチコンデジを紹介します。

ソニーの1インチコンデジ

1インチの高級コンデジでソニーは外せないメーカーですね。1インチコンデジの火付け役はRX100シリーズであり、2012年にRX100を発売してから1インチコンデジが人気となりました。現在でも初代の名機であるRX100はいまだに販売され続けています。

ソニー

DSC-RX100

価格:19,046円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトデジタルカメラで最も有名な機種の一つであり、大きな画像素子を持っているのにも関わらず、240gと非常に軽くて必要最低限のズーム機能も持っています。それにも関わらず4万円程度で購入できるので、今でも人気が有るカメラです。

 

オートフォーカス機能も充実していて、追尾フォーカス機能もありキレイな写真を撮ることができます。「RX100」の魅力はコストパフォーマンスで、1インチコンデジの中では格安の4万円で高画質を楽しむことができます。

 

一方でWiFi機能がついていない点や最新のモデルに比べてオートフォーカス機能が弱い点など劣っている部分もあります。そのためスマホカメラをコスパよく脱却したい、という初心者の方におすすめのカメラです。

ソニー

DSC-RX100M7

価格:107,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-RX100M7は先ほど紹介したRX100のシリーズの最新モデルです。特徴は何と言っても多機能・超高性能な他のコンデジを寄せ付けないスペックです。ソニーの大人気ミラーレス一眼「α9」と同じ機能をRX100M7は搭載しています。そのためオートフォーカスの性能(ピントを合わせる速さ)は1インチコンデジの中で世界最速となっています。

 

動き回るお子さんや動物はもちろん、素早い動作の多いスポーツ撮影でもピントが瞬時に合い決定的な瞬間を逃しません。動画撮影も4K対応で動きながらもピントを素早く合わせることができるため、youtubeの動画撮影やVlogなどでも気軽に本格的な動画を撮ることができるため役立ちます。

 

他の1インチコンデジと比べると値段は張りますが、コンパクトさは失わず高性能高画質なコンデジが欲しいという方にはぜひおすすめしたいカメラです。

ソニー

DSC-RX10M4

価格:105,788円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのDSC-RX10M4も1型の画像素子を持ったコンデジであり、大きな画像素子を持つのにも関わらず、光学ズーム倍率が25倍と非常に高いことが特徴です。ただし、質量は1kg以上とコンデジの中では非常に重く、値段も15万円程度と非常に高いです。

他の1インチコンデジと違い1台であらゆるシーンに対応できるのが魅力です。

4K動画対応はもちろんのこと、広角24mmから超望遠までの撮影をカバーできます。

 

ファストハイブリッドAF機能を搭載していて、0.03秒といった世界最速のスピードで焦点を合わせてくれるので、プロのカメラマンに人気のあるカメラとなっています。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 DSC-RX10M4
最短撮影距離 3cm 撮像素子 1型CMOS
F値 F2.4~F4 有効画素数 2010万画素
光学ズーム 25倍(デジタルズーム併用時380倍) 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO64~25600 手ぶれ補正 5軸手ぶれ補正
AF(オートフォーカス) ファストハイブリッドAF 連写速度 約24枚/秒
動画 3840x2160(4K)/ 60p サイズ 132.5mm x 94mm x 145mm
重量 1095g その他機能 追尾フォーカス機能

キャノンの1インチコンデジ

キヤノン

PowerShot G7 X

価格:19,280円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノンG7Xは、ソニーのRX100に負けず劣らず評判が良い機種となっています。RX100よりかは値段が高めで重さも少し重いですが、光学ズーム倍率が4.2倍とRX100よりも高い上にF値が非常に小さく、RX100よりも少し広角な点が地味に嬉しいです。

 

また、デュアルセンシングISを搭載していて手振れ補正性能が高い上に、Wi-Fi機能も付いていて便利なことから、初心者にもおすすめできる機種となっています。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Canon(キャノン) 商品名 PowerShot G7 X MarkII
最短撮影距離 5cm 撮像素子 1型CMOS
F値 F1.8~F2.8 有効画素数 2010万画素
光学ズーム 4.2倍 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO125~12800 手ぶれ補正 マルチシーンIS
AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス 連写速度 約8枚/秒
動画 1920x1080(FHD)/ 60p サイズ 105.5mm x 60.9mm x 42.2mm
重量 319g その他機能 チルト液晶・Wi-Fi機能
CANON(R)

POWERSHOT G9X MK2

価格:69,760円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

POWERSHOT G9XはG7XよりもF値が大きく、光学ズーム倍率も3倍と小さいといった欠点がありますが、質量は206gと1インチコンデジでは最も軽い機種となります。新しいカメラの割に値段も安くて、Amzon以外の通販サイトで買うと実質5万円程度で購入できます。

 

スペック詳細はこちらから

 

取扱説明書はこちらから

メーカー キャノン(CANON) 商品名 PowerShot G9 X Ⅱ
最短撮影距離 5cm 撮像素子 1型CMOS (裏面照射型)
F値 F2~F4.9 有効画素数 2010万画素
光学ズーム 3倍 焦点距離 28mm~84mm
撮影感度 ISO125~12800 手ぶれ補正 光学式
AF(オートフォーカス) コントラストAF 連写速度 8.1コマ/秒
動画 1920x1080(FHD)/ 60p サイズ 98mm x 57.9mm x 31.3mm
重量 206g その他機能 Wi-Fi機能

パナソニックの1インチコンデジ

パナソニック

LUMIX DC-TX2

価格:3,850円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DC-TX2は1型の大きな画像素子と15倍という高倍率な光学ズームを持っているのにも関わらず、質量は340gと非常に持ち運びやすいコンデジとなります。ただし、高性能なぶん値段も8万円台と高価なカメラになります。

 

オートフォーカス機能や手振れ補正の性能はそこまで高くありませんが、コンデジでは珍しい光学ファインダーを搭載しているので、鮮明な写真を撮りやすいです。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 LUMIX DC-TX2
最短撮影距離 3cm 撮像素子 1型MOS
F値 F3.3~F6.4 有効画素数 2010万画素
光学ズーム 15倍 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO80~25600 手ぶれ補正 POWER O.I.S.(静止画)
AF(オートフォーカス) コントラストAF 連写速度 10枚/秒
動画 3840x2160(4K)/ 30p サイズ 111.2mm x 66.4mm x 45.2mm
重量 340g その他機能 Wi-Fi機能・Bluetooth

コンデジは技術の移り変わりが早いため、多くのカメラが2~3年で販売中止になってしまうのにも関わらず、ソニーの初代1インチコンデジRX100は9年経過した今でも非常に人気のあるモデルとなっています。

 

RX100では1インチという大型の画像素子に加えて、ボケを作れるF1.8のレンズにより、4万円程度で一眼レフカメラに劣らない画質を手に入れられること。また、画質がいい上に240gと非常にコンパクトで使い勝手がいいことが人気の理由です。

 

初代のRX100以降のモデルも非常に人気が高く、多機能高画質コンパクトなカメラを探している方にソニーのCyber-Shotシリーズは非常におすすめできます。詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてください。

街中の風景やスナップ撮影など、写真を作品として撮りたい方であれば1インチコンデジより1つサイズの大きなAPS-Cセンサーを搭載したコンデジを検討することをおすすめします。1インチコンデジはコンデジとしての携帯性と画質の両方のいいとこ取りが特徴です。

 

しかし、ミラーレス一眼や一眼レフに比べると画質は劣ります。APS-Cセンサー搭載のコンデジはプロも使用するような玄人向けのモデルが多く、本格的に写真を極めたい方に非常におすすめできます。

1インチコンデジは、ポケットに入る携帯性がありながら高画質で写真が撮れる優れものです。通常のコンデジよりは価格が高くなりますが、高画質を追求する方は本記事を参考に購入検討してみてください。