【最新】おすすめヘッドホン21選&レビュー|有線・ワイヤレス・密閉・開放も!

ヘッドホンの種類は多いため、いざ購入するとなると迷いますよね。ですが、レビューを参考に選ぶと自分にぴったりのヘッドホンを見つけやすいです。この記事では、レビュー満足度の高いおすすめのヘッドホンを実際の口コミと一緒にご紹介。有線・ワイヤレス・密閉型・開放型まで幅広く網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

2022/01/11 更新

スマートフォンやパソコンにはミュージックコンテンツが充実しています。いつでも気軽に音楽が楽しめる時代になりました。そのため、「生活に音楽は欠かせない」という方も多いのではないでしょうか。そんなミュージックラバーにとって、ヘッドホンはマストアイテムです。

 

せっかくなら、少しでもいい音で音楽を楽しむためにヘッドホン選びにはこだわりたいと考える人も多いはず。しかし、「種類が多すぎて自分に合ったヘッドホンの選び方がわからない」という声も少なくありません。

 

そんな方に向けて、本記事ではヘッドホンの種類・特徴・レビューを一挙に紹介します。さらに、記事後半ではおすすめヘッドホン21選もありますので、ヘッドホン選びに悩んでいる方はぜひ本記事を参考にしてください。

今すぐ見る!レビュー満足度の高いおすすめヘッドホン21選

一口にヘッドホンといっても、その形状や種類はさまざまです。まずは、ヘッドホンの種類や特徴を知ることが自分のニーズに合ったヘッドホンを選ぶための第一歩です。ここからは、ヘッドホンの種類やそれぞれのメリット・デメリットをチェックしましょう。

 

※クリックすると見出しにジャンプします

【接続方式】

 

【ハウジング構造】

 

【使用目的・機能性】

有線ヘッドホン

コードで音楽機器と接続する有線ヘッドホンは一般的なタイプです。価格帯は幅広く、機能性も多岐にわたるため選択肢が多いです。

 

また、ワイヤレスヘッドホンのように音質の劣化や遅延がないことから、ミュージシャンやDJなどプロが使用するタイプでもあります。

ワイヤレスヘッドホン

ワイヤレスヘッドホンは、文字通りケーブルがない無線(ワイヤレス)のヘッドホンです。メリットはケーブルの煩わしさがない点です。一方デメリットは、無線ゆえの音飛びリスクや充電する手間が挙げられます。

 

また、ワイヤレスヘッドホンには「コーデック」というデータ送信時の圧縮形式の種類があるため、受信側のデバイスと同じ方式の物を選ぶ必要がある点に注意しましょう。

開放型ヘッドホン

開放型ヘッドホンは、ハウジングがメッシュ等で密閉されていないタイプのヘッドホンです。「ハウジング」とは耳を覆うイヤーカップ部分のことです。ヘッドホンは、ハウジングの中に発音部であるドライバーユニットを内包した構造になっています。

 

ハウジングが密閉されていないため、音抜けがよく音の広がりを感じられるのが開放型のメリットです。反面、音漏れが大きく外部の環境音を拾いやすいというデメリットがあります。

密閉型ヘッドホン

密閉型ヘッドホンは、開放型とは対照的にハウジングが密閉されたタイプです。ハウジングの素材には樹脂や木材が用いられ、ドライバーユニットの音を外部に漏らさない構造になっているのが特徴です。

 

音漏れがしにくいので、重低音が効いた迫力のあるサウンドを楽しむことができます。しかし、高音が抜けにくく長時間使用すると蒸れやすいというデメリットがあります。

モニターヘッドホン

モニターヘッドホンは、レコーディングや楽曲制作でのミックスやマスタリングの際に使用します。原音に忠実に音を再現するため、楽器練習にも向いています。どこか特定の音域を強調することなく、全ての音域をフラットに再現するのが特徴です。

 

ただし、元のサウンドのいい部分も悪い部分も忠実に再現するため、粗(あら)やノイズが目立ちやすい傾向があります。

DJヘッドホン

DJヘッドホンは、一般的なリスニングではなくDJプレイに特化したヘッドホンです。プレイ中はヘッドホンを首にかけたり片耳を外したりとヘッドバンドやハウジング部分に負荷がかかる動作も多いため、耐久性に優れた頑強な作りになっています。

 

また、クラブなど大音量の中でモニターをするため、音量が大きくても音が歪まないよう高めの入力値が設定されています。さらに、プレイ中コードが邪魔にならないようカールコードを採用しているモデルが多いです。

今すぐ見る!【種類別】レビュー満足度の高いおすすめヘッドホン20選

種類やおすすめ価格帯がわかったところで、次はおすすめのヘッドホンメーカーを紹介します。メーカーごとにそれぞれの強みや個性があるので、自分のニーズにマッチするメーカーのヘッドホンを選びましょう。

Anker(アンカー)

Anker(アンカー)のヘッドホンの魅力はリーズナブルな価格帯です。安いものは3000円台から、高額モデルでも1万円台と手の届きやすいラインナップになっています。決して品質が悪いわけではなく、ネット上にはそのコスパの高さを絶賛するレビューが多数あります。バランスがよく聴きやすいサウンドに定評のあるメーカーです。

Beats(ビーツ)

洗練されたフォルムに美しいカラーリング、そのスタイリッシュなデザインに思わず目を奪われるBeats(ビーツ)のヘッドホン。レビューでも音質に加えてファッション性を高く評価する声が多く見られます。メリハリの効いたダイナミックなサウンドは耳の肥えた音楽ファンも納得のクオリティです。

Lenovo(レノボ)

軽量薄型ボディに360度回転ヒンジや本体格納の充電式ペンなど、多くの革新的要素を盛り込んだノートパソコン「ThinkPad X1」シリーズで知られるLenovo(レノボ)。メーカーの特性を活かして、デバイスとの相性がいいワイヤレスヘッドホンをリーズナブルな価格で提供しています。マイク内臓でハンズフリーにも対応するなど、音楽鑑賞以外のオプションも充実しているのが特徴です。

SONY(ソニー)

大手国産メーカー「SONY(ソニー)」のヘッドホンには、なんといっても品質に対する絶対的な安心感があります。長年オーディオ機器に力を入れて世界のトップを走ってきたメーカーだけあって、発音部の震動版の新素材開発に積極的に取り組むなど、常に高品質なサウンドを追及する姿勢には余念がありません。

LENOVO (レノボ)Wireless Over Ear Headphone HD116

< >
アイテムID:5623694の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5623694の画像1枚目
  • アイテムID:5623694の画像2枚目
  • アイテムID:5623694の画像3枚目
  • アイテムID:5623694の画像4枚目
  • アイテムID:5623694の画像5枚目

価格:3,280円 (税込)

フューチャリスティックな外観がスタイリッシュ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メタリックなビビッドカラーと無駄のないフォルムが思わず目を引く、LENOVO (レノボ)のワイヤレスヘッドホン。モード系やストリート系ファッションとの馴染みもよく、ファッションギアとしても一役買う個性派です。ワイヤレスで軽量なので、アクティブなシーンにも気兼ねなく持ち出せます。リーズナブルな上に偏りのないクリアなサウンドが楽しめます。

メーカー LENOVO (レノボ) 商品名 Wireless Over Ear Headphone HD116
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密封型(クローズド) Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最大24時間 充電時間 約1時間
充電端子 マイクロUSBケーブル その他機能 付属のケーブル(長さ80cm)で有線でも使用可

LENOVO (レノボ)Wireless Over Ear Headphone HD116のレビュー

基本性能に不満なく、価格を考えれば満足できるものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Anker

Soundcore Life Q10 オーバーイヤー型ヘッドホン

価格:3,999円 (税込)

この値段でいいの?コスパ最高のエントリーモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格帯がウリのAnker(アンカー)においても、同シリーズ内で最もリーズナブルなエントリーモデル。ハイレゾ(AUX接続時) 、内臓マイクなど充実した機能に加えて、連続再生時間最大60時間と5000円以下とは思えない高スペック。「今までワイヤレスヘッドホンを使ったことがないから不安」という人は、まずはリーズナブルなこちらのモデルで試すのもおすすめです。

メーカー Anker (アンカー) 商品名 Soundcore Life Q10
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密封型(クローズド) Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最大60時間 充電時間 約2時間
充電端子 USB Type-C その他機能 ハイレゾ、マイク機能

Anker(アンカー)Soundcore Life Q10のレビュー

とにかく長時間再生できる点が素晴らしいです。2~3日連続で使用できるため、充電忘れで使用中にバッテリー切れになることがほとんどありません。 密閉感も程良く、キツすぎずゆるすぎずといった感じ。自分は眼鏡をつけたまま長時間装着していますが、痛みを感じたことはほとんどありません。 無音時はホワイトノイズは確かにしますが、無線のヘッドホンってどれもこの程度のノイズが乗るものだと思います。なお、音が鳴っているときはホワイトノイズは全く気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質良い(低音しっかり。あんまりドンシャリではない)、Bluetooth5.0が途切れない(他に購入した耳かけ型は端末からちょっと離れると途切れ途切れになった)、でUSB Type-Cでの急速充電に対応しているのが良かった。 すでに使用開始していますが、非常に気に入りました。PUBG mobileでも遅延あるかも知れませんが、私では分からないレベルで問題なく使用できています。耳部分の素材もそこそこ柔らかく密閉性もありいいですね。 この価格でこれなら最初から出会いたかった・・・そういう品でしたので珍しく評価書きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

パイオニア S3wireless ヘッドホン SE-S3BT

< >
アイテムID:5625258の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5625258の画像1枚目
  • アイテムID:5625258の画像2枚目
  • アイテムID:5625258の画像3枚目
  • アイテムID:5625258の画像4枚目
  • アイテムID:5625258の画像5枚目
  • アイテムID:5625258の画像6枚目

価格:4,230円 (税込)

WEB会議にも使えるカラフルヘッドホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番の黒に加え、ブルー・ピンク・グレーといったペールトーンのカラバリが豊富なワイヤレスヘッドホン。かわいい見た目とは裏腹に、クラス最大の大口径φ40 mmドライバーが繰り出すサウンドはパワフルな低音再現でダイナミックです。超高速充電・折りたたみ式・ハンズフリー機能のほかGoogle Assistantなどの音声アシスタントにも対応し、音楽再生からビジネスシーンでのWEB会議にまで活用できるマルチタスクなヘッドホンです。

メーカー パイオニア(Pioneer) 商品名 S3wireless SE-S3BT
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最大25時間 充電時間 約2時間(フル充電)、 10分充電で4時間再生可能なファストチャージ機能
充電端子 USB Type C その他機能 折りたたみ式、音声読み上げアプリ対応

パイオニア S3wireless ヘッドホン SE-S3BTのレビュー

(前略)マルチペアリングが8デバイスなので、手持ちの全てのBluetooth機器をペアリングしても余ります。 同時接続は2デバイスで、常時2つと繋がっており、新たに音を出すと自動的にそちらに切り替わります(2つのデバイスの音が両方出る訳ではありません)。 パイオニア性だけあり、細部も細かく検証して作られている印象です。 折りたたみギミックがあるので強度面に少し不安がありますが、それなりにしっかりしているので、簡単には壊れない感じです。 音楽の質が向上したので、非常にいい買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホの機種変更でイヤホンジャックが無くなったため購入しました。初めてのワイヤレスヘッドホンとしてこちらを選びました。 音質に関しては上を見れば際限がないので割愛しますが、この価格、スペックで言えば満点です。 ワイヤレス系で1番のネックは電池持続時間だと思いますが、こちらは非常に長くフル充電(2時間)で最大25時間だそうです。また、10分の充電で4時間再生ができるファストチャージ機能があります。 ヘッドホンといえば締め付け感も気になる所かと思いますが、こちらは割とソフトな着け心地のように感じました。ワイヤレスですので取れやすいかも…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんがメガネをかけている方には耳が痛くなりにくいのでオススメです。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

SONY(ソニー)WH-CH510

< >
アイテムID:5630667の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630667の画像1枚目
  • アイテムID:5630667の画像2枚目
  • アイテムID:5630667の画像3枚目
  • アイテムID:5630667の画像4枚目
  • アイテムID:5630667の画像5枚目
  • アイテムID:5630667の画像6枚目
  • アイテムID:5630667の画像7枚目
  • アイテムID:5630667の画像8枚目
  • アイテムID:5630667の画像9枚目
  • アイテムID:5630667の画像10枚目
  • アイテムID:5630667の画像11枚目

価格:4,900円 (税込)

わずか132gから繰り出されるクリアサウンド

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たったの132gと軽くてフラットに畳める携帯に便利なコンパクト設計。無駄なものを一切排除したシンプルなデザインのワイヤレスヘッドホン。ボディは華奢でも、メリハリや臨場感のあるサウンドを実現します。小さいながらも音楽鑑賞や携帯電話のハンズフリー通話で活躍します。ヘビロテしても、急速充電で速攻パワーチャージが可能なところも心強いポイントです。

メーカー SONY(ソニー) 商品名 WH-CH510
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最大35時間 充電時間 約4.5時間
充電端子 USB Type c その他機能 -

SONY(ソニー)WH-CH510のレビュー

これは買って正解でした。 同じSonyさんですが、数週間前に買った数万円のヘッドフォンよりも高音質です。 低・中・高域、ぜんぶのバランスがいい。 それにワイヤレスといえば音が途切れる微妙なヘッドフォンもありますが、このヘッドフォンは音がブツブツと途切れません。感動しました。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

いつもは、イヤフォンを使ってましたが、耳が痛くなり煩わしかったです。 こちらのヘッドフォンは、ウォークマンを繋げて使用しています。 同じSONY製品だからなのか?分かりかねますが、音質がより良くとても良いですし、音落ちも有りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

Audio Technica(オーディオテクニカ)

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-WS330BT BK

< >
アイテムID:5629894の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5629894の画像1枚目
  • アイテムID:5629894の画像2枚目
  • アイテムID:5629894の画像3枚目
  • アイテムID:5629894の画像4枚目
  • アイテムID:5629894の画像5枚目
  • アイテムID:5629894の画像6枚目
  • アイテムID:5629894の画像7枚目

価格:7,950円 (税込)

アクティブなデイリーユースに最適なコンパクトモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ともかくコンパクトで軽い!低反発ウレタンを使用したストレスのない装着感のワイヤレスヘッドホン。わずか167gの軽量ボディながら、重低音が効いたSOLID BASSシリーズのモデルだけあって厚みのあるダイナミックなサウンドが楽しめます。電源のON/OFFや再生や一時停止、曲送り、音量調整などが本体で操作でき、毎日2時間程度の使用なら1回のフル充電で約1カ月も充電不要というから驚きです。

メーカー udio-technica (オーディオテクニカ) 商品名 ATH-WS330BT
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 ATH-WS330BT Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 (音楽再生時):最大約70時間 充電端子 USB Type-A/USB Type-C
充電時間 約4時間 その他の機能 オートパワーオフ機能

audio-technica (オーディオテクニカ)ATH-WS330BTのレビュー

いちばん目を見張るのは、Bluetooth接続の速さと安定感。 プレーヤーとの接続がとにかく速い速い。しかも街中で使っていても接続切れがほとんど無いので快適に聴き続けられる。 肝心の低音については、曲全体を味付けするように鳴らしてくれる。 多少こもり気味ではあるが(値段相応)、はっきり鳴っている心地よさがある。 パーカッションの響きは感動モノで、おとなしめのR&B・ヒップホップ系にはベストマッチ。 また、livetuneの曲のようなパーカッションを多用した爽快な楽曲には非常に向いている。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

自宅のWindows10 PCで利用中、今後通勤でも試してみようかと考えている。 思った以上に小振りで、かつシンプルデザインでとても気に入っている。 オンイヤータイプとはいえ思った以上にフィットするので音漏れも少ない(と思う)。 ただ、最初は気にならなかったが思った以上に締め付け感があり、 眼鏡のモダン部分(耳に掛ける部分)が押し付けられて次第に耳が痛くなる。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

JBL Synchros E40BT ワイヤレスヘッドホン

< >
アイテムID:5630357の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630357の画像1枚目
  • アイテムID:5630357の画像2枚目
  • アイテムID:5630357の画像3枚目
  • アイテムID:5630357の画像4枚目
  • アイテムID:5630357の画像5枚目
  • アイテムID:5630357の画像6枚目
  • アイテムID:5630357の画像7枚目

価格:9,799円 (税込)

デザイン賞受賞、見た目も◎の実力派

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数々の音響製品を送り出してきたJBLのヘッドホン。ワイドレンジ再生により、妥協のない高音質サウンドを提供してくれます。イヤーパッド部分にブランドロゴを配したスタイリッシュなデザインで、世界的なプロダクトデザイン賞を受賞。リーズナブルな価格設定で、コスパ◎のワイヤレスヘッドホン。見た目と性能を兼ね備えたお手頃価格のモデルです。

メーカー JBL 商品名 Synchros E40BT
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 3.0
連続再生時間 16時間 充電時間 約3時間
充電端子 USB その他機能 -

2年前くらいに購入した初めてのBluetoothヘッドホンでしたが、beatsのBluetoothイヤホンと併用してる為もあるのか未だに現役です。 もちろんお金をかければもっと、質のいい材料を使った製品はありますが、コストパフォーマンスを考慮すると完全に圧勝です。iphoneとのペアリングも一度接続ログを残せばすぐにペアリングします。最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

JBL、BOSE、AKGの3種類からの選択です。 結局、値段と見た目の良さでJBLに決定。 最後に50BTと悩んだ結果、40BTを購入。 接続も説明書無しで簡単にできました。 音質も良くノイズもありません。 この価格帯では一番だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

BOSE SoundLink around-ear wireless headphones II

< >
アイテムID:5630558の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630558の画像1枚目
  • アイテムID:5630558の画像2枚目
  • アイテムID:5630558の画像3枚目
  • アイテムID:5630558の画像4枚目
  • アイテムID:5630558の画像5枚目
  • アイテムID:5630558の画像6枚目
  • アイテムID:5630558の画像7枚目
  • アイテムID:5630558の画像8枚目
  • アイテムID:5630558の画像9枚目

価格:21,963円 (税込)

あのBOSEのヘッドホンだからサウンドはバッチリ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

言わずと知れた音響メーカーBOSE。スピーカーが特に有名ですが、音へのこだわりはヘッドホンにも活かされています。たとえ低音量でも、メリハリのあるダイナミックなサウンドを実現。音量に左右されず、常に迫力のあるサウンドを提供します。ワイヤレスで身軽にBOSEサウンドを携帯できるのは嬉しいポイントです。重くずっしりとした重低音と抜けの良い高音のコントラストが楽しめます。

メーカー BOSE 商品名 Bose SoundLink around-ear wireless headphones II
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン -
連続再生時間 約15時間 充電時間 -
充電端子 micro USB その他機能 -

BOSE SoundLink around-ear wireless headphones IIのレビュー

ワイヤレス環境で音楽やラジオを聴きたくて、やっとこさ購入しました。 Bluetoothのイヤホンは持ってますが、音質は全然違いますね。 boseというと重低音のイメージが強いですが、中音?もまぁまぁいいんじゃないのかな?と思います。 自分にはboseが一番です!

出典:https://www.amazon.co.jp

高温の伸びもよく、聴いていて気持ちがいいです。イヤーパッドも密閉性が高く、締め付けすぎないので長時間の使用も問題ありませんでした。 Bluetoothの音声ガイダンスが聞き取りにくかったので、星ひとつマイナスです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーディオテクニカ

ATH-AD500X

価格:9,718円 (税込)

全音域をバランスよく鳴らすコスパ優秀モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新開発の大口径φ53mmドライバーによる広帯域再生で、低域・中高域をバランスよく鳴らす開放型ヘッドホン。開放型ならではの抜けのいい広がりのあるサウンドで、1万円以下のリーズナブルな価格ながらコスパに優れたモデルです。さらに、3Dウイングサポート&トータルイヤフィット設計で、圧迫感を抑えた軽快な装着感も魅力。高弾性TPEシース採用の片出しコードは、絡みにくく使い勝手もいいです。

メーカー audio-technica(オーディオテクニカ) 商品名 ATH-AD500X
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型(オープンエアー) プラグ形状 ステレオミニプラグ
コード長(m) 3.0m その他機能 -

audio-technica (オーディオテクニカ) ATH-AD500Xのレビュー

普通のヘッドホンは頭頂部が潰れるのが嫌でこちらのヘッドホンを購入しました。ウィングサポートの効果はなかなかで、軽い装着感と安定性を両立していて素晴らしいと思います。 そしてヘッドホンを着けた状態でも外の音がよく聞こえます これは自分には有り難いです。ただ少しゴツいのは気になりますね。壁に寄りかかると頭頂部のワイヤー部分が当たって違和感がありま。 しかし1万円しない値段で自分の求める要素を詰め込んだヘッドホンが購入できたので、とても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

私、オーディオテクニカのヘッドホンを使うのは初めて。 当初、余り期待していなかったのですが再現性に優れているのでびっくりしました。 特に高音域のトレーサビリティが良い様に思われます。 また、オープンtype の所為か低音域の抜けも良く、バランスが取れていますね。 若干「ドンシャリ気味」ながら、総合して高い品質のホーンだと感じます。 加えて『日本製』なのも好印象。 満足出来る買い物でした。お薦めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

SENNHEISER(ゼンハイザー)オープン型ヘッドホン HD 599

< >
アイテムID:5627428の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5627428の画像1枚目
  • アイテムID:5627428の画像2枚目
  • アイテムID:5627428の画像3枚目

価格:26,400円 (税込)

世界で愛されるドイツ音響機器メーカーのヘッドホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツの音響機器メーカー「SENNHEISER(ゼンハイザー)」のヘッドホン。こちらはHDシリーズの最高峰モデル。ドイツらしい実直でスキのないクラフツマンシップが反映されたサウンドは、どこまでもクリアでのびやか。ケーブルとプラグは長さ・サイズ違いが2種類付属しているので、接続機器や環境による使い分けも可能。ベロア素材のイヤーパッドは肌触りがよく快適と好評です。

メーカー SENNHEISER(ゼンハイザー) 商品名 HD 599
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 ケーブル1:6.3mmステレオ標準プラグ、 ケーブル2:3.5mm ステレオミニプラグ
コード長(m) ケーブル1:3.0m、 ケーブル2:1.2m その他機能 -

SENNHEISER(ゼンハイザー)オープン型ヘッドのレビューホン HD 599

全体的にこの価格の割に音の再現性がとても高い。コスパ最強 全体的にとてもクリアで透明感があり落ち着いた音に再現されていて、かつ臨場感も感じとれる。曲によっては目を瞑りながら聴くとライブ会場にいるような感覚になると言っても大袈裟では無いくらいだ。 高音域はとても透き通るような音でドラムなどの繊細な音もしっかりと再現されている。 低音域は比較的良く鳴る方だとお思う。だからと言って強調し過ぎる低音でドンシャリな訳では無く、非常にバランスを取れた音で聴き疲れない上品な音で聴いていて非常に気持ちが良い。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

音質については人それぞれ好みがありますが、このヘッドホンの音の傾向はどこかの音域を強調することなくフラット寄りで、至ってナチュラルな音質です。 もしこの音がこもって感じたり低音が出てなく感じるなら、普段から相当劣悪なドンシャリホンで耳が洗脳されていると思われます。(中略)

出典:https://www.amazon.co.jp

JBL Quantum 100

< >
アイテムID:5630090の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630090の画像1枚目
  • アイテムID:5630090の画像2枚目
  • アイテムID:5630090の画像3枚目
  • アイテムID:5630090の画像4枚目
  • アイテムID:5630090の画像5枚目
  • アイテムID:5630090の画像6枚目
  • アイテムID:5630090の画像7枚目
  • アイテムID:5630090の画像8枚目

価格:3,873円 (税込)

最強のコスパのゲーミングセット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで機能が充実したヘッドホンで、ゲーミングセットに最適です。かすかな音から迫力のある爆音まで、あらゆる音をしっかり再現してくれるのでゲームの世界に没入することができます。脱着可能なボイスマイクでゲーム中のコミュニケーションもスムーズ。重量220ℊ、軽量ヘッドバンドと肌あたりのいいイヤークッション採用で長時間の使用でもストレスになりません。

メーカー JBL 商品名 Quantum 100
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両方
構造 耳密閉型 プラグ形状 3.5mm オーディオ
コード長(m) 1.2m その他機能 着脱式ボイスフォーカスマイク

JBL Quantum 100のレビュー

正直3000円台でこれは良い意味で有り得ないと思います、耳が一切当たらなく気になっていた側圧も全然感じず付け心地は最高。 音は低音が他のヘッドセットに比べて弱いかなと少し思いましたが、自分がやってるゲームでは低音はあまり聞こえても耳が疲れるだけなのでこれも良いです。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

この製品の良いところは長時間付けてても気にならない本体の軽さと、眼鏡をかけてても圧迫感をさほど感じさせない締め付け具合だと感じました。 音に関してはFPSゲームで重要になる足音もしっかり聞き取れるレベルなので価格の割にしっかりしてる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

デノン

AH-D1100

< >
アイテムID:5630518の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630518の画像1枚目
  • アイテムID:5630518の画像2枚目

価格:5,973円 (税込)

手ごろな価格帯のスタンダードモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級モデルも製造しつつ、良品の安価モデルを提供してくれる音響メーカーDENON(デノン)の密閉型ヘッドホン。クセのない聴きやすいサウンドと付け心地の良いソフトな装着感で、イージーリスニングにはもってこい。 3.5mの延長コードが付属しているので楽器演奏や室内での使用にも使い勝手が良く、手ごろな価格でクセのないフラットなサウンドが楽しめるモデルです。

メーカー Denon(デノン) 商品名 AH-D1100
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ステレオミニプラグ
コード長(m) 延長コード3.5m その他機能 -

Denon(デノン)AH-D1100のレビュー

非常に気に入ったので2個目の購入です。大きくて奥行きがあり、柔らかいイヤーカップは耳のどこにも触りません。耳の周囲を優しく包み込んでくれているような感じです。側圧も弱めで長時間装着で疲れません。(注 夏場は暑いです....)最初は低音が強いなと感じますが、慣らし50時間以上で強い低音も影を潜めて程よいバランスになります。高音、中音、低音のバランスが良い優れたスピーカーの音が耳元で鳴ってくれます。素晴らしい!(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

6000円という値段でこの音なら大変満足です。バランスよい音が聞こえます。 普段クラシックを聞きますが、各楽器の音が鮮明に聞こえて良いです。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

AKG(アーカーゲー) Y600NCBT ワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン

< >
アイテムID:5630260の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5630260の画像1枚目
  • アイテムID:5630260の画像2枚目
  • アイテムID:5630260の画像3枚目
  • アイテムID:5630260の画像4枚目
  • アイテムID:5630260の画像5枚目
  • アイテムID:5630260の画像6枚目
  • アイテムID:5630260の画像7枚目
  • アイテムID:5630260の画像8枚目

価格:11,949円 (税込)

音質・デザイン・機能の3拍子揃ったワイヤレス

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレらしいスマートなビジュアルながら、有線での使用も可能な高性能ヘッドホン。どんなジャンルを聴いても同レベルのクオリティをたたき出す、調和の取れたサウンドは素晴らしいの一言です。ノイズキャンセリング付きモデルでありながら、ヘッドホンを装着したまま車内アナウンスや車の音など周囲の音を聞ける機能が搭載されていて安全面も安心。ヘッドホンの着脱によって自動的に音楽の再生や一時停止が行われるなど、機能面もかなり充実しています。

メーカー AKG(アーカーゲー) 商品名 Y600NCBT
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最大25時間 充電時間 約2時間
充電端子 USB Type-C その他機能 ノイズキャンセリング

AKG(アーカーゲー) Y600NCBTのレビュー

音質はとても良い! 耳が大きいのでゆったりしていて3ー4時間くらいつけてても大丈夫!(中略)

出典:https://www.amazon.co.jp

今までソニーの1万ちょいのヘッドホンを使っていましたが、ノイキャンに興味を持ったので購入しました。 ノイキャンの性能が高いか普通なのかわかりませんが結構キャンセルしてくれてると思います。 装着感もいいし、音質もかなりいいです。 専用のアプリでイコライザーなど色々いじれるのも大変便利です。いい買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

Beats(ビーツ) Solo Pro Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

< >
アイテムID:5624990の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5624990の画像1枚目
  • アイテムID:5624990の画像2枚目
  • アイテムID:5624990の画像3枚目
  • アイテムID:5624990の画像4枚目
  • アイテムID:5624990の画像5枚目
  • アイテムID:5624990の画像6枚目

価格:29,800円 (税込)

コンパクト&スタイリッシュなノイキャンワイヤレス

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オープン価格でおよそ3万円と今回のセレクトの中では高額モデルではあるものの、デザインや機能性を考えればそれも納得の秀逸ヘッドホン。ビジュアルでは定評のあるBeats(ビーツ)らしい垢抜けたデザインが光ります。ノイズキャンセリングの性能はレビューでかなりの高評価で、クリアサウンドの音の波に誘ってくれること間違いなし。締め付けが苦手との声もあるので、試着してからの購入をおすすめします。

メーカー Beats(ビーツ) 商品名 Solo Pro Wireless
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 最長22時間(ANCおよび透明機能をオフにした状態では40時間) 充電時間 2 時間
充電端子 USB-A その他機能 ノイズキャンセリング、折り畳み式

Beats(ビーツ) Solo Pro Wirelessのレビュー

セールで22,000円で購入いたしましたが、とても気に入っております。 デザインがとにかくオシャレなので、音質、ノイキャンにプラスして見た目も重視する方はこのヘッドフォンをまじでオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

初のノイキャンヘッドホン! 早速、飛行機に乗ってみたが、ごぉぉぉって音が気持ちいいくらい無くなる。 長時間つけてると頭のテッペンが痛くなるのと、他のヘッドホンに比べてサイズ調整幅が短めかなってとこ以外は満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

SONY(ソニー )ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4

< >
アイテムID:5625645の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5625645の画像1枚目
  • アイテムID:5625645の画像2枚目
  • アイテムID:5625645の画像3枚目
  • アイテムID:5625645の画像4枚目
  • アイテムID:5625645の画像5枚目
  • アイテムID:5625645の画像6枚目
  • アイテムID:5625645の画像7枚目
  • アイテムID:5625645の画像8枚目
  • アイテムID:5625645の画像9枚目
  • アイテムID:5625645の画像10枚目
  • アイテムID:5625645の画像11枚目
  • アイテムID:5625645の画像12枚目
  • アイテムID:5625645の画像13枚目
  • アイテムID:5625645の画像14枚目
  • アイテムID:5625645の画像15枚目
  • アイテムID:5625645の画像16枚目
  • アイテムID:5625645の画像17枚目
  • アイテムID:5625645の画像18枚目
  • アイテムID:5625645の画像19枚目
  • アイテムID:5625645の画像20枚目
  • アイテムID:5625645の画像21枚目
  • アイテムID:5625645の画像22枚目
  • アイテムID:5625645の画像23枚目
  • アイテムID:5625645の画像24枚目
  • アイテムID:5625645の画像25枚目
  • アイテムID:5625645の画像26枚目
  • アイテムID:5625645の画像27枚目
  • アイテムID:5625645の画像28枚目
  • アイテムID:5625645の画像29枚目
  • アイテムID:5625645の画像30枚目
  • アイテムID:5625645の画像31枚目
  • アイテムID:5625645の画像32枚目
  • アイテムID:5625645の画像33枚目
  • アイテムID:5625645の画像34枚目
  • アイテムID:5625645の画像35枚目
  • アイテムID:5625645の画像36枚目

価格:37,500円 (税込)

最先端技術のSONY(ソニー )が放つ自信作!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

常にオリジナリティあふれる最先端技術を音楽機器に投入してきたSONY(ソニー)が、またまた驚きの新機能搭載ヘッドホンをリリース。再生中に声を発するとノイズキャンセリング機能と再生が同時に止まり、外部の音を取り込む「Speak to Chat」機能が魅力です。「本人の声」だけに反応するので、誤動作もなく買い物時などとても便利です。ノイキャンや音質の高スペックもはや当たり前、デザイン性にも優れた次世代型ヘッドホンです。

メーカー SONY(ソニー) 商品名 WH-1000XM4
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン 5.0
連続再生時間 イズキャンセリングON時は最長30時間、ノイズキャンセリングOFF時は最長38時間 充電時間 WH-1000XM4
充電端子 USB Type-C その他機能 Speak to Chat、ノイズキャンセリング、キャリングケース付属

SONY(ソニー)WH-1000XM4のレビュー

(前略)音質はやはり良く、どの帯域の音も綺麗に出ています。 ノイズキャンセリングも相まって、今まで聞こえなかったような音も聞こえ、 見たことある映画を見ても、何か違った発見があります。 ノイズキャンセリングの性能はやはり満足度が高く、 部屋で使用していると全く外音が聞こえません。 宅急便を数件気付かずにスルーしてしまったのは申し訳ないです。 一週間使っていますが、全体的に満足度が高く、欠点が見つかりません。 強いて言うならノイズキャンセリングのために密着度が高く、暑い日は少し辛いくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

(中略)え、なにこれ、いまワイヤレスヘッドフォンってこんなことになっちゃってんの? だってさあ、理屈的にどう考えてもワイヤーで信号伝える方が音いいに決まってるじゃん。って、思ってた訳よ。 具体的には同社のMDR-1Aを使ってて満足してたんです。 ナンバーワンだもの型番からして。1と1000は凄えらしいんです。ソニーさん的には。 お試しに買ったワイヤレスったって令和最新だぞ。最新。そらもう最高だと思うじゃないですか。 で、これ。このヘッドフォン。たまげたわ。全然音いいじゃないですか。誰が聞いても一発で違いわかるレベル。

出典:https://www.amazon.co.jp

Roland (ローランド) モニターヘッドホン RH-A7-BK

< >
アイテムID:5620260の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5620260の画像1枚目
  • アイテムID:5620260の画像2枚目
  • アイテムID:5620260の画像3枚目
  • アイテムID:5620260の画像4枚目

価格:6,600円 (税込)

楽器メーカー“Roland”製だから安心のクオリティ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原音に忠実な再現性と聞きやすいクリアなサウンドで、モニタリングや楽器演奏に最適なRoland (ローランド)製ヘッドホン。電子ピアノやシンセサイザー、アンプなどさまざまな電子楽器を制作する楽器メーカーのモニターヘッドホンとあって、聞きやすさと音のバランスが魅力です。構造が開放型であることから、クセのないフラットなサウンドにも奥行きと臨場感が感じられます。

メーカー Roland (ローランド) 商品名 RH-A7-BK
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型(オープンエアー) プラグ形状 ステレオミニプラグ
コード長(m) 3.0m その他機能 -

Roland (ローランド) モニターヘッドホン RH-A7-BKのレビュー

いつもはイヤホンや、密閉型のヘッドホンで作業してましたが、耳が疲れて困ってました。 そこで、オープンエア型のヘッドホンを試してみようと思って注文してみたら、これが当り。 本体が軽いので装着感も締め付けられる感じが軽くて良いですし、耳への圧迫感が圧倒的に少なくて快適です。 音漏れは確かにしますが、外ではないので問題無いと思います。 音に関しても、全音域バランス良く鳴ってます。モニターするという所を重点的に見れば全く問題無いと思います。 オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

同じ価格帯のオーディオテクニカとの比較で悩み、現物を実店舗にて確かめました。比較商品の方が質感、音質とも芳しくなく(価格なりといった印象)、アマゾンにて本商品を購入しました。小学生5年生の娘(小柄)が電子ピアノ用で使用していますが、装用感、音質ともすごくいいと喜んでいて、私もたまに使用しますが、この価格帯の商品の中ではとても優れているのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Roland(ローランド)

Roland ローランド ステレオモニターヘッドホン RH-200S シルバー

< >
アイテムID:5636598の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5636598の画像1枚目
  • アイテムID:5636598の画像2枚目
  • アイテムID:5636598の画像3枚目
  • アイテムID:5636598の画像4枚目
  • アイテムID:5636598の画像5枚目

価格:4,980円 (税込)

クセのないグッドバランスなサウンド

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた、Roland (ローランド )のロングセラーモニターヘッドホン。密閉型なので、音漏れの気になる環境でも使用することができます。音質がクリアで、音楽制作や編集、楽器練習等など原音に忠実な高精度のモニタリングが可能です。大型ながらも肌触りがよく軽量なハウジングは、長時間使用してもあまり負担を感じません。鑑賞用に使用してもそれほど物足りなさを感じない、バランスの取れたクセのないサウンドが持ち味です。

メーカー Roland (ローランド ) 商品名 RH-200
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ステレオミニタイプ(ステレオ標準プラグ用アダプター付き)
コード長(m) - その他機能 ブラックはストレート、シルバーはカールコードを採用

Roland (ローランド )モニターヘッドホン RH-200のレビュー

自分には低音の量感、質は良いです。特に高音が好印象ですねー。長く作られてるモデルみたいですが、ずっとこのまま作っていって欲しいですね。他のヘッドホンも聞きますが、 やっぱりRolandという感じで、どんな曲でも聞いてて気持ちが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オルガンの音出しに、必要があって購入しました。廉価ですが、十分に使用できます。重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

SHURE ( シュアー ) / SRH440-BK-A 密閉型モニターヘッドホン

価格:10,900円 (税込)

マイクで鳴らした有名ブランドの実力~正確な再現性に脱帽!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「マイクといえばSHURE ( シュアー ) 」というほど、音楽を嗜む人の間では広く認知されているSHURE (シュアー) 。その信頼を裏切らず、全帯域を正確にキレイに再現してくれると評判のモニターヘッドホンです。特にボーカルの再現性が素晴らしく、モニター用ながら鑑賞用としても十分通用するクオリティはさすが。折りたたみ式でキャリングケースも付属しているので、スタジオなどに持ち出す機会の多い人には特におすすめです。

メーカー SHURE ( シュアー ) 商品名 SRH440-BK-A
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ステレオミニプラグ(標準プラグアダプター付属)
コード長(m) 3.0m その他機能 折りたたみ式、キャリーバッグ付属

SHURE ( シュアー ) / SRH440-BK-A のレビュー

リスニング用途でボーカルものを聴く方にオススメのヘッドホンです。低音域を重視する方は満足を得られないかもしれません。但し、低音域が出ていないわけではなく、全体のバランスを崩さないようにタイトな形で出ています。 何と言っても、このヘッドホンはボーカルフォンと言っていいぐらいに中高音域が充実しており、特に女性ボーカルは見事な程に綺麗に再生し、吐息までしっかり拾う感じです。 上位機種の840、940も所持していたのですが優れているものの突出した魅力を感じられず全て売り払って、この440だけ残したぐらいです。 また、その後他メーカーの3万円程度までのヘッドホンの売り買いを繰り返しましたが満足を得られず、最終的に440に戻りました。少なくともリスニングという条件の下では、同価格帯では敵なしと言え、散財を避けたい方はまず、この機種を試してもらいたいです。SHUREというメーカーの底力を感じる商品です。(中略)

出典:https://www.amazon.co.jp

これ以下でも、これ以上でもない。 普通の音がするヘッドフォンは必須なんです。 時々、良い音なのか(この音で正解なのか?)分からなくなるので... SRH440ーこいつがあるので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

beyerdynamic

DT 990 PRO

価格:19,113円 (税込)

有名ゲーム配信者も使用!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間の使用でも疲れにくい大口径のイヤーパッド、柔軟性のあるヘッドバンドが特徴のモニターヘッドホンです。サウンドについては、立体的で広がりのある表現が特徴。ケーブルは片出しのため、絡まることなくストレスフリーで使えます。また、モニターヘッドホンではありますが、有名なゲーム配信者が使用しているという点でも注目を浴びているヘッドホンです。

メーカー beyerdynamic 商品名 DT 990 PRO
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型(オープンエアー) プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
コード長(m) 3 m その他機能 -

ゲーム用に購入しました。 ゲーミングヘッドセットも悪くはないのですが、重く首が凝ることが多かったです。 このヘッドホンは軽くて、評判通り低音もよく聞こえます。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

ドンシャリ傾向の音楽が好きだったので、そっち系のヘッドホンを探していたところこれにたどり着きました。 開放型という点であまり大音量で音楽を聴くと周りに漏れてしまうのが難点ではありますがそれを覆い隠すほどの+であふれているので是非ご購入をといった感じです。 開放型でよかったと思う点ですが、密閉型よりも音が鮮烈に聞こえるといったところですかね。正直壊れても又買いたいなと早くも思ってますw(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

AKG

モニターヘッドホン K701-Y3-E

価格:23,466円 (税込)

本物志向のスタイリッシュなヘッドホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーストリアのメーカーAKG(アーカーゲー) の開放型ヘッドホン。高級感あふれるビジュアルが魅力的です。残響音も含めてすべての音を余すところなくクリアに再現し、特に中高域の再現性が特徴です。見た目の高級感の割には290gと軽量で、付けるだけでヘッドバンドの長さを自動的に調整するセルフアジャスト機能を採用するなど装着感にも随所にこだわりが見られます。

メーカー AKG(アーカーゲー) 商品名 K701
タイプ オープン 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 3.5mmステレオ、ミニプラグアダプター
コード長(m) 3.0m その他機能 -

AKG(アーカーゲー) オープン型ヘッドフォン K701-Y3のレビュー

評判が良い割に意外に安価なので買ってみました。 解像度の高さ、中高音の綺麗さは評判に違わず大変良いと思いましたが若干低音が弱いかも。少なくとも重低音がドンドン響くタイプではありません。またイヤホンや安物のヘッドフォンよりも鳴らすためのパワーが必要なのか、ボリュームをかなり上げないといけません。パソコンやスマホの端子にそのまま繋ぐ使い方では宝の持ち腐れになります。恐らくアンプが無いと真価を発揮出来ませんので初心者向けでは無いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質はかなりフラットな印象で、明瞭なハキハキとしたサウンドを聞かせてくれる。 得意なジャンルはあれど不得意なジャンルは少ない印象で、オールマイティに使えるといっていい。 どの音域も見通しが良く、特にボーカルやメイン楽器の鳴る中音域が他の音域に埋もれずにしっかり聞こえるのは本機ならではだろう。 取り立てて特徴的な音を出すわけでも、突出した長所があるわけではないが、それは同時に素直でニュートラルな良さがあるといえる。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

OneOdio Pro50 ハイレゾ ヘッドホン

< >
アイテムID:5624848の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5624848の画像1枚目
  • アイテムID:5624848の画像2枚目
  • アイテムID:5624848の画像3枚目
  • アイテムID:5624848の画像4枚目
  • アイテムID:5624848の画像5枚目
  • アイテムID:5624848の画像6枚目
  • アイテムID:5624848の画像7枚目
  • アイテムID:5624848の画像8枚目

価格:5,580円 (税込)

ハイレゾの高音質が叶える躍動感あふれるDJプレイ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50mmの特大ダイナミックドライバーが繰り出すダイナミックなサウンドで、プレイ中のテンションも上がります。調整可能なヘッドバンドや柔らかな大型イヤーパッドを採用した人間工学に基づくデザインが、長時間使用のストレスを大幅に軽減します。イヤーパッドは前後90・上下180°反転可能なため、片耳モニタリングもスムーズに行えるのが嬉しいポイント。折り畳み式で収納や持ち運びも便利です。

メーカー OneOdio 商品名 OneOdio Pro50
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ステレオミニプラグ、ステレオ標準プラグ
コード長(m) 1.2m(ストレートコード)、2m(カールコード) その他機能 ハイレゾ、キャリーポーチ付属

OneOdio Pro50 ハイレゾ ヘッドホンのレビュー

音の良さとコスパの良さは群を抜いて素晴らしい!……というレビューは多いので、装着感と持ち運びについて。 眼鏡ユーザー、女、ブラウンを購入しました。室内では勿論ですが持ち運びも意識してヘッドホンを探していました。 開封後すぐにチェックの為に手に取った時から既に軽いです。やはり軽い。軽くて音が良くて肩こりもさして気にしなくて良いのはありがたいです。若干重めのサイズ感ですが、クッション部分のレザー調パーツがブラウンが主体なので柔らかく見えると思います、多分。 持ち運び用に小さめの袋が付いています。そちらに入るのかなと思いながらも畳めばコンパクトになったので、持ち運びを想定していない用途かもしれませんが鞄の場所も食わないので良いです。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

バスドラが結構来ます。ゆえにフラットではなく、結構下の方(もっと言うとベースよりも下のバスドラ付近)だけ強化された感じ。だからと言って中~高の方が疎かになること(前略)はなく、かなりクリアにならしてくれます。 ノリノリに音楽を楽しみたい場合に適しているように思います。 今まで体験してきたヘッドホンの低音強化は低音ボワボワな音像のぼやけたものばかりだったとフラットな音質のヘッドホンを主に買ってきたのでヘッドホンってこういうならせ方できるんだと感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Pioneer DJ DJヘッドホン HDJ-CUE1

< >
アイテムID:5625882の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5625882の画像1枚目
  • アイテムID:5625882の画像2枚目
  • アイテムID:5625882の画像3枚目
  • アイテムID:5625882の画像4枚目
  • アイテムID:5625882の画像5枚目
  • アイテムID:5625882の画像6枚目
  • アイテムID:5625882の画像7枚目

価格:8,800円 (税込)

「やっぱりこれ!」固定ファン多数のPioneer DJヘッドホン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内外を問わず、長年多くのDJ達に愛用されてきたパイオニア(Pioneer)のヘッドホン。比較的リーズナブルなモデルながらも、厚みのある中低音域が重厚感のあるグルーブを生み出します。プレイ中の負荷を想定した金属製スライダー内蔵のヘッドバンドなら、耐久性も安心です。別売りオプションパーツとして5色展開のカールコードとイヤーパッドがあるので、自分好みにカスタマイズしてのDJプレイも可能です。

メーカー パイオニア(Pioneer) 商品名 Pioneer DJ HDJ-CUE1
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 -
コード長(m) 1.2 m カールコード その他機能 Bluetooth機能

Pioneer DJ HDJ-CUE1のレビュー

実は、テクニクスのオーバヘッドの復刻したモデルと両方購入しましたが、 音質は、パイオニアDJ一択です。音の解像度が明らかに違います。 ひと昔のHDJ1500系レベルの音は出ています。 低音は当然ながらよく出ますが、篭りはなくクリアです。 重量は、まあまあかな。長時間使用でも疲れないです。 主にトラックメイク、DJプレイで使用していますが、使い勝手は良いですね。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

(中略)音は低音が強めですが、許容範囲内です。無理に解像度を上げることなく、音場が広めで好感が持てます。クラシックよりポップスやジャズ、打ち込み系の音源に向いているようです。付属のコードでは少し眠たい音ですが、バランス接続にすると音の明瞭度やメリハリが格段に上がります。 なお、筐体はプラスチックを多用していますがしっかりしており、多少手荒に扱っても大丈夫そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘッドホンを購入する際に気になるのが価格です。安いものでは1000円台から5万円を超えるプロ仕様モデルまでその価格帯にはかなり幅があります。「比較的リーズナブル」かつ「そこそこのクオリティ」という条件を満たす価格帯の目安は5000円です。

 

5000円前後であれば、全音域のバランスがよくそれなりの臨場感が味わえるモデルを探すことも難しくありません。この価格帯のヘッドホンでは、メーカーを問わず「コスパがいい」「この価格でこれなら十分満足」といった高評価のレビューも多数見受けられます。ただし、高額の上位モデルと比べてしまうと音質は劣ります。

ヘッドホンにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。好みの音楽や使用するシチュエーションなど、自分のニーズを把握して最適なタイプを選びましょう。

# おすすめ