amazonで購入すべきヘッドホン│選ぶポイントとおすすめ10選を紹介!

音楽を聴く際の必需品としてヘッドホンがありますが、電気屋などに買いに行くのって面倒くさいですよね。そんな場合はamazonでの購入が手軽でおすすめです。amazonで購入すべきヘッドホンを抑えて、用途に合ったお求めのヘッドホンを手に入れましょう。

2021/10/22 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

皆さんはヘッドホンをどのように購入していますか?電気屋へ赴き直接現物を見て購入する人もいれば、amazonで購入して自宅まで届けてもらう方もいるはずです。

 

しかしながら、amazonなどネットでの購入は現物が見れない分、性能や大きさ、デザインなど購入の際いろいろと不安になりますよね。amazonでヘッドホンの購入を考えている方は、購入の際に気をつけるべき注意点とポイントを理解しておきましょう

 

また、amazonには様々なメーカーのヘッドホンが売られており、どのメーカーを選んで購入すればいいのかという悩みをお持ちの方向けに、購入するべきおすすめのメーカーも紹介します。自宅に居ながら自身が求める高性能のヘッドホンを手に入れましょう。

amazonは自宅に居ながら、楽に商品を購入することができて非常に便利なツールではありますが現物が見れない分、色々と不安になることも多いですよね。購入したヘッドホンが求めていたものと違っては台無しです。

 

amazonでヘッドホンを購入する際は以下の点に注意しましょう。

amazonで購入する際に注意すべき点の1つ目は、出品されている商品の販売元を確認することです。amazonサイトではありますが、すべての商品の販売元がamazonというわけではありません

 

販売元がamazonであるほうが、商品が届かないという心配がなく信頼してヘッドホンを購入することがでます。もしも、出品物がamazon出ない場合はカスタマーレビューなどで出品者の評価を確認して購入することをおすすめします。

続いての注意点は、購入を考えているヘッドホンが新品か中古品か確認しておくというところです。新品であれば、よほどのことがない限り故障など不具合はありませんが、中古品の場合は届いたら壊れていたり、キズや汚れが目立ったりなど現物を見ないとわからないデメリットが起こりやすいです。

 

もちろん中古品すべてが悪いわけではありませんが、なるべく新品の物の方が届いてからの心配事は少ないでしょう。

配送方法にも注意は必要です。基本的に発送元がamazonであれば丁寧な梱包がされていますが、個人でのヘッドホンの出品の場合、配送料を安く済ませようと梱包が手抜きで、配送中に故障するなどのリスクも高まります。

 

また、商品の値段は安く設定されていても、送料が高額であったり、離島であると送料が割り増しになる場合もあります。購入時に損のないよう、事前に送料と配送方法を確認しておきましょう。

最後に注意すべき点は商品の価格の変動です。amazonは、様々な出品者が商品を販売しているため、出品者ごとに商品を売る価格が異なります。例えば最も安く売られているヘッドホンが別の人に購入された場合、次に安くヘッドホンを販売している販売者の価格がその商品の最安の価格になります。

 

このように、amazonは販売者によって商品の価格が異なり、最安の商品が購入されるごとにその商品の価格が変動するので注意が必要です。

ひとことでヘッドホンといっても様々な種類があります。amazonでヘッドホンを購入する際には、購入したいヘッドホンのタイプとその特徴を理解して購入しましょう。

 

ヘッドホンには大きく、密閉型(クローズド型)・開放型(オープン型)・セミオープン型の3種類があります。それぞれの違いを理解して自身の用途に合ったタイプを選びましょう。

密閉型のヘッドホンとは、ハウジングが密閉されており外部に音を漏らさない仕組みとなっているヘッドホンのことを言います。密閉型ヘッドホンの良い点は外に音が漏れにくいだけでなく、外からのノイズも耳に入りにくくなります。バスや電車など公共交通機関を使用する際に最適のヘッドホンです。

 

また、ハウジングが共鳴するため重低音を出しやすく低音で迫力のある音を出すことができます。

開放型のヘッドホンは、音がヘッドホン内にこもらないため、伸びのある音質が出やすく、広い音場感が出せるという点がメリットです。また密閉型のヘッドホンと比べて比較的軽量な点も首や肩に負担がかからず、さらに持ち運びにも便利です。

 

デメリットは構造上必ず音漏れが出てしまい、さらには外からのノイズも入ってしまうため、静かな公共の場や騒がしい屋外での使用には向いていない点です。

セミオープン型のヘッドホンは、密閉型と開放型の中間の性能を持たせたヘッドホンになります。密閉型と比べ完全にヘッドホン内を密閉することなく小さな穴が数少なく開いており、広めの音場再現をしながらドラムなどの低温も聞き取りやすい構造となっています。

 

用途としては、開放型だとうるさすぎるが密閉型のヘッドホンほどの静かさも必要のない、それほど音漏れを気にせずにいられる場面での使用がおすすめです。

ヘッドホンを購入する際に悩むことは、様々な機種がある中でどのようなヘッドホンを選んだら良いのかという点ですよね。電化製品に詳しい人は、ヘッドホン選びにさほど悩むことはないと思いますが、あまり詳しくない方にとって、どのようにヘッドホンを選んだらよいのか悩ましいものです。

 

そのような方向けに、ヘッドホンを購入する際の選ぶポイントを紹介します。ポイントを踏まえてヘッドホンを購入することで、買った後に後悔することもなくなります。

ヘッドホンを購入する際に、ヘッドホンが有線か無線(Bluetooth接続)かどちらを選ぶか考えて購入しましょう。有線・無線にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

●有線

メリット・・・配線がないため、使用時や収納時に邪魔にならない。   

デメリット・・・情報量が多いと通信が途切れる

        無線の電波が届かない場所だと使用できない。

●無線(Bluetooth接続)

メリット・・・情報量が多くても音声が安定する。

       通信状況に左右されない

デメリット・・・ケーブルが邪魔になる。

        

自身の生活環境や用途に合った方を選ぶようにしましょう。

ヘッドホンを選びには音質も大切です。音が聞こえればいい、と音質を考えずに購入するのは避け必ず確認しましょう。音質は「周波数特性」をチェックすれば確認できます。

 

聞く音楽によって選ぶべきヘッドホンの音質が異なります。具体的には以下のように選びましょう。

ロック系の音楽・・・100Hz以下

ポップス・・・・20KHz 

普段聞く音楽に合った音質を選び、鑑賞をより楽しみましょう。

ヘッドホン選びの際、イヤーパッドのタイプ確認も重要です。イヤーパッドとはヘッドホンで耳を当てる部分のクッションのことを示します。このイヤーパッドにもオーバーイヤー型とオンイヤー型の2種類があり、それぞれの型の特徴を理解してヘッドホン選びをしましょう。

オーバーイヤー型ヘッドホンは、イヤーパッドがヘッドホンを装着時に耳全体を覆うタイプのヘッドホンになります。このオーバーイヤー型タイプはヘッドホンの中ではポピュラーなタイプになります。装着時の安定性が高く、移動中などの振動でヘッドホンが外れることがありません

 

しかしながら、デメリットとしてはヘッドホンの形が大きくなってしまうため、ヘッドホン本体の重量が重くなってしまい、長時間の使用は適さない点です。

対してオンイヤー型は、その名の通りイヤーパッドを耳に乗せるような形で装着するタイプのヘッドホンです。オンイヤー型タイプは耳を覆わなくてもよい分、本体が小さめに設計できて小型で軽量な点が特徴のヘッドホンになります。

 

オーバーイヤー型と比べて軽量な分、首や肩にかかる負荷は小さく済みますが、パッド部分の圧力で頭に固定するため、長時間使用していると圧迫により耳が痛くなりやすいというデメリットがあります。

高い音質で音楽を楽しみたい方は、ハイレゾ対応のヘッドホンを選ぶようにしましょう。ハイレゾ対応とは、音楽をダウンロードする際に音の情報量を増やし、細かな息遣いや演奏の表現など、一般のCDや音楽配信サイト以上の高音質での音楽を楽しめるヘッドホンになります。

 

より細かで繊細な音質をお求めの方はハイレゾ対応のヘッドホンを選びましょう。今まで聞いていた音楽とは全く異なる音質が感じられるはずです。

ヘッドホンを選ぶポイントとして音質などに加えて、ヘッドホンについているその他の便利機能にも着目しましょう。

 

ノイズキャンセリング機能やマイク機能はヘッドホンを選ぶ際の重要なポイントとなります。

ヘッドホンで音楽を楽しむ際、なくてはならない機能としてノイズキャンセリング機能があげられます。ノイズキャンセリング機能とは、周りの話し声や雑音などをヘッドホンがキャッチしその音をかき消してくれる機能になります。

 

この機能により、周りのうるさい雑音を気にすることなく音に集中して楽しむことができるのです。

さらに、ヘッドホンにマイクが付属されているかも確認しておきましょう。ボイスチャットやWeb会議を行う際に、マイク入力ができるヘッドホンは欠かすことができません。

 

ご自身の使用用途でマイク必要な場合は、マイク入力機能搭載のヘッドホンを選びましょう。

amazonにはさまざまなメーカーのヘッドホンが売られており、どのメーカーのヘッドホンがいいかわからなくなる時があります。そのような場合は、有名電気メーカーや音楽を専門とするメーカーの商品を選ぶと間違いがありません。

 

ヘッドホンの購入におすすめのメーカーは、ソニー・BOSE・ゼンハイザーになります。それぞれのメーカーの特徴をご紹介します。

まずは、大手電機メーカーのソニーです。ソニーのヘッドホンの特徴はノイズキャンセリング機能が搭載されたモデルが多いという点です。周囲の雑音や話し声をかき消すように機能するので、大きな話し声が聞こえる場所などでも周りの音を気にせずに音楽に楽しむことができます。

 

移動中など外の音が気になりやすい場所ではソニーのヘッドホンがおすすめです。

Boseはスピーカーを始め、様々な音響システムを進化させてきた音質に特化した会社です。音響業界で超一流ブランドのBoseですが、なかでも重低音の音質に長けており、高いレベルの音質を再現しています。

 

また、重低音のみならず音のバランスがとれるよう音域全体にメリハリをつけて音の立体感を表現しています。ヘッドホンに音質を求めるなら間違いなくBoseのヘッドホンを選びましょう。

ゼンハイザーは1945年にドイツでつくられた音響機器メーカーになります。ゼンハイザーが他のメーカーと比べ長けている点はそのデザイン性です。一目でゼンハイザーのヘッドホンであるとわかる、ファッション性の高いバリエーション豊かなヘッドホンが販売されているのがゼンハイザーの特徴となります。

 

ヘッドホンにおしゃれさを求める方に向いているメーカーです。

まずはamazonで購入するべきおすすめの有線ヘッドホン5選を紹介していきます。価格や音質、お気に入りのメーカーなど自身の好みや用途に合った有線ヘッドホンを購入しましょう。

Shure Incorporated

SHURE ヘッドホン SRH144

価格:2,580円 (税込)

5000円以下で安くコスパも抜群!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SHUREのセミオープン型のポータブル・オンイヤー・ヘッドホンは、低価格でコスパがいいのが魅力です。持ち運びに適した超軽量の折り畳み式で、鞄に入れて外出先でも音楽を楽しむことができます。また、イヤカップは調整することができ、ヘッドバンドもパットがついているので長時間使用しても疲れにくい仕様となっています。

ヘッドホン型
セミオープン
メーカー
Shure Incorporated
重さ
150 g
MAONO

MAONO 密閉型モニターヘッドホン ヘッドフォン AU-MH601

価格:4,299円 (税込)

ノーマル・ミニどちらのプラグも対応

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MAONOのMH601は密閉ダイナミック型です。肌触りのよいイヤーパッドは、通気性に優れ長く付けていても蒸れません。イヤーパッドは取り外しができるため、清潔を保ちたい方におすすめです。ノーマルにもミニプラグにも対応しているので、さまざまな機材で使用可能なコスパ抜群のヘッドホンです。

ヘッドホン型タイプ
密閉型
重さ
400g
メーカー
MAONO
Audio Technica(オーディオテクニカ)

audio-technica ATH-AD500X

価格:6,980円 (税込)

立体的なイヤパッドが快適

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広帯域再生を可能とするオープンエアーの開放型ヘッドホンです。迫力ある低音と中高域まで再現するので、音の広がりを味わえます。素材はアルミニウム製のハニカムパンチングケースを採用しているので、強さと軽量さを両立。立体的なイヤパッドなので、装着感は快適です。外に音が漏れやすくなっているので、公共の場所での使用は注意してください。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

ヘッドホン型タイプ
オープンエアーダイナミック型
重さ
235g
メーカー
Audio Technica
ソニー(SONY)

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

価格:11,980円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まず初めに紹介する有線のヘッドホンはソニーのMDR-7506です。大口径40mmドライバーユニットでパワフルな音質を楽しむことができ、折り畳みが可能でヘッドホンを持ち運びたい時にかさばることなく持ち運ぶことが可能なヘッドホンになります。ヘッドバンドの長さも調節でき、使用時にもコードが邪魔になることなく使用することができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

ヘッドホン型タイプ
密閉型
重さ
230g
メーカー
ソニー
Bang & Olufsen

Bang & Olufsen ヘッドホン Form 2i セミオープン型 オンイヤー ブラック(Black) Form 2i Black 【国内正規品】

価格:18,800円 (税込)

セミオープン型で超軽量

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bang & Olufsen のセミオープン型ヘッドホン「Form 2i」です。軽い付け心地・ほどよい厚みのイヤーパッドは長時間使用しても疲れを感じません。スマートな見た目が特徴的で、ファッションと合わせてコーディネートも可能ですが、周囲の音を拾いやすくセミオープン型で音漏れもしやすいので室内での使用をおすすめします。

スペック詳細はこちら

ヘッドホン型
セミオープン型
メーカー
Bang & Olufsen
重さ
90g

続いては、amazonで購入するべきワイヤレスヘッドホンの紹介です。こちらも5選紹介しますので、用途に合ったワイヤレスヘッドホンの購入を検討してください。

ソニー(SONY)

ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

価格:4,681円 (税込)

ソニーのワイヤレスが5000円以下

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーが販売するワイヤレスヘッドホンWH-CH510です。有名メーカナーのワイヤレスヘッドホンでありながら価格が5000円以下で購入でき、安くヘッドホンを購入したい人必見。最大35時間の再生可能で長時間にわたってワイヤレスヘッドホンを使用したい方におすすめです。

ヘッドホン型
密閉型
メーカー
ソニー
重さ
132g
monoy

Monoyoi ワイヤレスヘッドホン

価格:4,380円 (税込)

5000円以下でネットゲームに最適なヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後に紹介するワイヤレスヘッドホンはMonoyoiが販売するヘッドホンです。マイク付きのヘッドホンで充電満タンの状態で24時間音楽再生が可能。

ゲーム内の足音・銃声・環境音や音の方向などをクリアに聞くことができ、ゲームを行う際の使用におすすめのヘッドホンです。

50mm大口径ドライバーを搭載したヘッドフォンで、圧倒的なスケール感で迫力の重低音再生を楽しむことのできるヘッドホンになります。

ヘッドホン型
密閉型
重さ
220g
メーカー
Monoyoi
BOSE(ボーズ)

Bose SoundLink around-ear wireless headphones II ワイヤレスヘッドホン ホワイト

価格:18,800円 (税込)

高音質をお求めの方はこのヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

続いて紹介するヘッドホンは、BOSEが販売するSoundLink around-ear wireless headphones IIです。ノイズキャンセル機能が搭載されており、騒音がうるさい屋外でも周りの音を気にせずに高音質な音楽を楽しむことができます。

 

音質にもこだわった高音質であるBOSEのヘッドホンを一度試してみてください。

ヘッドホン型
密閉型
重さ
149g
メーカー
BOSE
Philips Audio

Philips Audio Fidelio X2HR

価格:23,000円 (税込)

高級感あふれるデザインの開放型ヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本革のヘッドバンドが高級感を感じさせるPhilips Audioの開放型ヘッドホンです。応答周波数が拡張され高解像度のオーディオ認定で高域の伸びがよく、コストパフォーマンスに優れています。交換可能なデラックスメモリーフォームイヤーパッドは、通気性のあるベロア仕上で着け心地もよく疲れを感じさせません。

ヘッドホン型
オープン型
重さ
930g
メーカー
Philips Audio
Sony

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能で、周囲に合わせてリアルタイムに最適化。気になる騒音も低減してくれるので、外出先でも快適に音楽を楽しめます。最長30時間再生が可能で、10分充電で5時間再生など急速充電にも対応。タッチセンサーコントロールパネルとヘッドホンを外しただけで音楽が止まる機能つきで、操作性にも優れているヘッドホンです。

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

ヘッドホン型
密閉ダイナミック型
重さ
690g
メーカー
Sony

amazonでヘッドホンを選ぶ際の注意点やポイントを紹介してきました。amazonにはさまざまな販売元が多種多様なヘッドホンを販売しています。その中で、自身の用途に合ったとっておきのヘッドホンを購入できるようamazonサイトで購入を考える際は多くの点に注意して購入を検討しましょう。安くはない買い物ですのでおすすめのヘッドホンを参考にして、慎重に選んでくださいね。

関連する記事

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選ものサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの価格と選び方について│価格帯別おすすめ20選も

2021/12/15

おしゃれ女子におすすめのヘッドホン10選!人気メーカーもご紹介のサムネイル画像

おしゃれ女子におすすめのヘッドホン10選!人気メーカーもご紹介

2021/10/22

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説しますのサムネイル画像

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説します

2021/12/14

【最新】ピンクのヘッドホンおすすめ10選|ゲーミングヘッドホンや猫耳ものサムネイル画像

【最新】ピンクのヘッドホンおすすめ10選|ゲーミングヘッドホンや猫耳も

2021/10/22

【2022最新】コスパ最強ヘッドホンおすすめ特集|選び方のポイントのサムネイル画像

【2022最新】コスパ最強ヘッドホンおすすめ特集|選び方のポイント

2021/12/13

【徹底比較】種類別!おすすめのヘッドホン10選|種類ごとの特徴ものサムネイル画像

【徹底比較】種類別!おすすめのヘッドホン10選|種類ごとの特徴も

2021/12/14

メーカー別のおすすめヘッドホン15選|人気メーカーごとの特徴も解説!のサムネイル画像

メーカー別のおすすめヘッドホン15選|人気メーカーごとの特徴も解説!

2021/10/22

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットものサムネイル画像

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットも

2021/11/16