【徹底解説】フードプロセッサーで粉末にできる?|ミルサーの代用も!

混ぜる・刻む・こねるなど、フードプロセッサーはさまざまな使い方ができますが、粉末にすることはできるのでしょうか。いりこ・お茶の葉・オートミールなどの粉末の仕方を解説!人気メーカーのアムウェイやブラウンのフードプロセッサーやミルサーのおすすめも紹介しています。

2021/06/07 更新

食品を混ぜる・こねるなど、フードプロセッサーはいろいろな使い方ができます。ただ、食品を粉末状にできるか疑問に思う方も多いですよね。例えば、フードプロセッサーでいりこを砕いて粉末だしにできればとても便利です。

 

しかし、今ではミルサーと呼ばれる食品を粉末状にするのに適したアイテムがあります。フードプロセッサーはミルサーの代わりになるのでしょうか。今回は、フードプロセッサーで食品を粉末にできるのか解説します。

 

また、フードプロセッサーで粉末だしを作るコツや、粉末におすすめなフードプロセッサーについても解説します。ミルサーも紹介しているので、食品を確実に粉末状にしたい方はそちらを選ぶのもおすすめです。ぜひご覧ください。

今すぐ見る!粉末におすすめのフードプロセッサー5選

結論からいうと、フードプロセッサーで粉末だしは作れます。ただし、食材を大きな塊の状態で入れると、刃にひっかからず粉末にしづらいため、時間を掛けて攪拌しないといけません。攪拌を時短で行うには、あらかじめハサミで小さく切ってからフードプロセッサーに入れるのが好ましいです。

 

また、攪拌し続けても細かい粉にはなりません。事前に食材を切らなければいけなかったり、時間が掛かったりすることも考えると、ミルサーを使うのがおすすめです。

 

そして、メーカーによってはフードプロセッサーに乾物を入れることを禁止している場合もあります。フードプロセッサーで乾物を粉末にする際は、事前に取扱説明書を確認しましょう

干し椎茸・乾燥昆布はフードプロセッサーでの使用が禁止されている場合があります。乾物を粉にする際は空回りの危険があり、モーターが熱されて故障することもあるため注意してください。実際に定番商品である、パナソニックのMK-K81では取扱説明書に使用禁止の記載があります。他のフードプロセッサーについても、必ず説明書を確認してから使用しましょう

粉末だしを作るときのコツは食材ごとに違います。フードプロセッサーに投入してスイッチを入れるだけではうまく粉末になりません。本記事では、以下の食材についてコツを紹介します。

 

 

気になるものがあれば、直接目次から飛んでご覧ください。

いりこ

いりこの粉末だしは、以下の手順で作ります。

 

  1. いりこをフライパンで煎る
  2. フードプロセッサーに入れて攪拌する

 

2.についてですが、攪拌時間が長いほど粉末が細かくなります。好みに合わせて調節してください。また、いりこの量が多いと、一度にフードプロセッサーに入れたときに安全装置が働いて動作しないことがあります。その場合は、何回かに分けて攪拌しましょう。

干し椎茸

干し椎茸の粉末だしは、以下の手順で作ります。

 

  1. 椎茸を天日干しにする、もしくは既に乾燥している椎茸を用意する
  2. 干し椎茸をフードプロセッサーに入れて攪拌する

 

干し椎茸は、そのままの状態だとサイズが大きく、フードプロセッサーの刃に引っかからないことがあります。撹拌に時間がかかるので、事前に小さくちぎってからフードプロセッサーに入れましょう

お茶の葉

お茶の葉はそのままフードプロセッサーに入れて粉末にできます。固くないため、エラーの心配もありません。ただし、粉末にはなりますが粗く仕上がるため、お湯を注いでも溶け残ります。お茶の葉を細かい粉末にしたいなら、ミルサーを使うのがおすすめです。

オートミール

オートミールは、そのままフードプロセッサーに入れて粉末状にできます。粉末にしたオートミールは万能粉となり、以下の料理の材料に使用可能です。

 

  • パン
  • スープ
  • スコーン
  • その他お菓子

 

実際に粉末にしたオートミールを使って料理すると、サクサク食感が生まれて美味しいです。粉末にしたオートミールを保存容器に入れれば、いつでも使えます。

昆布

昆布を粉末にする前に、乾燥状態をチェックしましょう。湿気があると、粗くなりやすく、きれいな粉末になりません。具体的には、曲げたときに割れるくらい乾燥していれば大丈夫です。ただし、フードプロセッサーによっては昆布は使用禁止の食材に指定されていることもあるため、必ず説明書を確認してください。

Amway(アムウェイ)

フードプロセッサー E-3288-J

価格:46,000円 (税込)

1台7役のハイパワーなフードプロセッサー!

Amazon(中古)で詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

E-3288-Jはアムウェイから販売されているフードプロセッサーで、1台で7種類の調理が可能です。もちろん刻みもできるので、いりこの粉末だしなどを作れます。ミキサーとしても利用でき、スムージー作りにも使用可能です。また、220/230Wとハイパワーなため、食材をスピーディに調理できます。玉ねぎのみじん切りやミンチ作りなど、面倒な下ごしらえも簡単です。しかし、重量が4kgと重いのがデメリットです。

 

取扱説明書を見る

メーカー Amway(アムウェイ) 商品名 フードプロセッサー E-3288-J
容量 - 消費電力 220/230W
定格時間(連続使用時間) - 回転数 -
コード長 - サイズ 218×221×327mm
重量 4kg 付属品 -
BRAUN(ブラウン)

ハンドブレンダー MQ775

価格:17,554円 (税込)

1台7役で飛び散り防止設計のハンドブレンダー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンから販売されているハンドブレンダーです。つぶす・混ぜる・泡立てる・刻む・スライス・せん切り・こねるの7役を1台でこなせて、干し椎茸も粉末にできます。離乳食やスムージも簡単に作れるのがポイントです。また、飛び散り防止設計で、攪拌する食材が衣服などに飛び散りません。グリップは人工工学に基づいて作られているため握りやすく、長時間作業にもおすすめです。

 

スペック詳細を見る

取扱説明書を見る

メーカー BRAUN(ブラウン) 商品名 ハンドブレンダー MQ775
容量 - 消費電力 400W
定格時間(連続使用時間) 1分~2分 回転数 730回/分~13600回/分
コード長 1.2m サイズ 70x400x70 mm
重量 0.89 kg 付属品 -
BRAUN(ブラウン)

ハンドブレンダー MQ535

価格:5,980円 (税込)

軽くて使いやすい1台4役のハンドブレンダー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンから販売されているハンドブレンダーです。つぶす・混ぜる・刻む・泡立てるの4役を1台でこなせます。シンプルな機能で、価格が控えめなのがポイントですまた、ハンバーグの種作り・野菜のみじん切り・生クリームの泡立てなどさまざまな調理で役に立ちます。シャフトはわずか720gであり、長時間持っていても疲れにくいのがメリットです。

 

スペック詳細を見る

取扱説明書を見る

メーカー BRAUN(ブラウン) 商品名 ハンドブレンダー MQ535
容量 0.5L 消費電力 350W
定格時間(連続使用時間) 1分~2分 回転数 980回/分~14000回/分
コード長 1.2m サイズ -
重量 - 付属品 -
山善(YAMAZEN)

フードプロセツサー YFA-201(H)

価格:2,200円 (税込)

簡単操作で使える分解洗い可能なフードプロセッサー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善から販売されているフードプロセッサーです。連続で3分作動させられるので、長時間攪拌しなければいけない食材の粉末化に適しています。また、上部にあるボタンを押すと作動、離すと停止するため、初めてでも直感的に操作可能です。パーツは分解可能なため、お手入れしやすいのもメリット。デメリットは動作音が大きいことです。

 

取扱説明書を見る

メーカー 山善(YAMAZEN) 商品名 フードプロセツサー YFA-201(H)
容量 0.35L 消費電力 60W
定格時間(連続使用時間) 3分(3分間使用ごとに20分間以上休止) 回転数 -
コード長 1.2m サイズ 180x130x105 mm
重量 0.8kg 付属品 -
recolte(レコルト)

カプセルカッター RCP-3(W)

価格:6,420円 (税込)

小さいのに大容量・ハイパワーなフードプロセッサー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レコルトから販売されているフードプロセッサーです。刻む・混ぜる・潰す・砕く・練る・泡立てる・おろすの7役をこなせます。500mlと容量も大きいので、1度にたくさんの食材を調理できる点もメリットです。コンパクトな設計で、収納場所に困りません。さらに、260Wとハイパワー仕様で、野菜のみじん切りは5~10秒程度で完了します。

 

スペック詳細を見る

メーカー recolte(レコルト) 商品名 カプセルカッター RCP-3(W)
容量 0.5L 消費電力 260W
定格時間(連続使用時間) 1分~2分 回転数 24000回/分
コード長 - サイズ 124x234x117 mm
重量 1.1kg 付属品 -
Cuisinart(クイジナート)

粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

価格:5,615円 (税込)

本体をプッシュするだけの簡単設計!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クイジナートから販売されているミルサーです。本体をプッシュするだけで、スパイス・だしの素・コーヒー豆などを簡単に粉末にできます。フードプロセッサーに比べて、細かい粉末だしを作りたい人におすすめです。カバーを付けないと作動しないように出来ているので、けがの心配がありません。サビやにおい移りに強いステンレス容器なため、耐久性が高くお手入れも楽です。

 

スペック詳細を見る

取扱説明書を見る

メーカー Cuisinart(クイジナート) 商品名 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ
容量 0.1L 消費電力 160W
定格時間(連続使用時間) 連続40秒 回転数 約19000~22000回/分
コード長 1.2m サイズ 110x200x110 mm
重量 1 kg 付属品 -
イワタニ

サイレントミルサー IFM-S30G

価格:14,750円 (税込)

電子レンジ加熱可能な静音設計のミルサー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IFM-S30Gはイワタニから販売されているミルサー。ナッツや氷を砕ける強力な刃を搭載していてパワフルですが、動作音が55dBと静かです。レンジ加熱可能なガラス容器を採用しています。ミルサーで食材を液状に攪拌し、そのまま電子レンジで温めればスープが作れます。鍋やお玉を用意する手間がかかりません。

 

スペック詳細を見る

取扱説明書を見る

メーカー イワタニ 商品名 サイレントミルサー IFM-S30G
容量 大容器時:260ml、小容器時:75ml 消費電力 210W
定格時間(連続使用時間) - 回転数 -
コード長 約1.6m サイズ 238×338×140mm
重量 大容器セット時:約1.75kg、小容器セット時:約1.6kg 付属品 レシピブック
山本電気

NEWよめっこさん Y-308B

価格:7,680円 (税込)

米粉や粉末だしを簡単に作れるミルサー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山本電気から販売されているミルサーです。穀物も粉末にできるため、お米を砕いて米粉を作るのにも使用できます。乾燥した煮干や昆布もきれいな粉末にできます。容器がステンレス製なため、耐久性が高く、お手入れも簡単です。200Wとパワーがある一方で、静音設計なのもポイント。ふた・容器本体がきちんとセットされているときだけ動作する仕様で、事故の心配がありません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書を見る

メーカー 山本電気 商品名 NEWよめっこさん Y-308B
容量 - 消費電力 220W
定格時間(連続使用時間) 3分 回転数 -
コード長 - サイズ 105x221.5x113.5 mm
重量 1.38 kg 付属品 -

事前に小さくする・しっかり乾燥させるなどの工夫をすれば、フードプロセッサーでも食材を粉末状にできます。しかし、攪拌時間が長くなることや粉が粗くなることを考えると、ミルサーを使うのがおすすめです。おすすめの人気ミルサーを以下の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。