音漏れしないイヤホンの人気おすすめ10選【日常生活で大活躍】

日頃街なかで遭遇して気になるイヤホンからの音漏れ。耳にフィットしないイヤホンを使っていると自分でも気が付かずに周囲に音が漏れていることがあります。本記事では音漏れの原因と対策、おすすめの音漏れしないイヤホンなどをご紹介します。

2021/10/21 更新

通勤や通学、カフェやパブリックなスペースなどでイヤホンで音楽を聴いている人が増えていますが、気になるのが「イヤホン」からの音漏れです。

 

音量を上げ過ぎて音漏れする人が気になる反面、意外と自分も音漏れで、知らないうちに周囲に迷惑をかけている可能性は十分にあります。まず音漏れしないイヤホンとはどのようなものなのか解説します。

カナル型・インナーイヤー型・耳掛け型に分けて説明します。

音漏れが気になる人はカナル型がおすすめ

音漏れしないイヤホンで最も重要な条件は、イヤホンの遮音性です。簡単に説明すると使っている人の耳にしっかりフィットしているイヤホンは遮音対策がしっかりとできているので、よっぽど大きな音でかけない限りは音漏れしません。一方で装着した際にどこかに隙間があったり耳にフィットしていないと音が周囲に漏れてしまいます。

 

音漏れしないイヤホンを手っ取り早く選びたい場合は、カナル型イヤホンを選ぶことがおすすめです。カナル型とは直接耳の穴に差し込むタイプのイヤホンを指します。カナル型は購入後にもし耳穴のサイズに合わない場合には、イヤーチップやイヤーピースの交換で、自分の耳穴にあったサイズ調整などもできるので、簡単に音漏れ対策ができる点で非常に優れています。

インナーイヤー型は構造上音漏れしやすい

特にインナーイヤー型のイヤホンは、その形状から遮音性が低く、周囲に音が漏れてしまいます。インナーイヤーのイヤホンでも、その人の耳にフィットしていれば、ある程度遮音性が確保されますが、大半の人は耳に合わないイヤホンが原因で音漏れしています。

 

どうしてもインナーイヤー型のイヤホンは、外で音楽を視聴するのには適していないので、カナル型のイヤホンを選んだほうが好ましいです。

最近人気の耳掛け型も音漏れに注意

近年増えている耳掛け型のイヤホンもカナル型を採用していないモデルは音漏れに注意しなければなりません。耳掛け型イヤホンは、耳元がしっかり固定され耳を塞いでいるように見えますが、骨伝導を謳ったものや、開放型は大きな音が周囲み漏れています。

 

ここでもカナル型を採用しているイヤホンがおすすめです。耳掛け型でかつカナル型のイヤホンはしっかり耳元もフックで固定され、耳穴を塞ぐカナル型の機能も兼ねているので、音漏れ対策にばっちり対応したイヤホンです。

ここからは、イヤホンの「音漏れ」の原因を紹介します。続いて遮音性が高く音漏れしないイヤホンの選び方や、今使用しているイヤホンの音漏れを防ぐ方法、イヤーチップの選び方などを原因解説ともに紹介します。

音漏れの原因は?

「知人のイヤホンからの音漏れにイライラする」もしくは「自分が聴いている最中にイヤホンの音漏れに神経質になってしまう…」そんな経験がある方は、まず最初にイヤホンから音漏れする原因を知ることからはじめてみると良いでしょう。

 

イヤホンから音漏れする原因を突き止めることで、日常的にイヤホンの音漏れを防いだり、知り合いの音漏れに対してアドバイスしたり、音漏れしないイヤホンを紹介することができます。まずは一般的な音漏れの原因を挙げます。

イヤホンの形状に問題あり

耳から漏れてつい気になるイヤホンの音漏れ、最初に疑うのはイヤホンの形状です。一般的に市販されているイヤホンは、耳にはめ込んだり、耳に添えるようなインナーイヤー型のイヤホンと、耳に差し込むカナル型の2つに分類されます。

 

前述の項でも紹介しましたが、インナーイヤー型イヤホンは形状から音漏れしやすい傾向にあります。購入する際はイヤーピース交換で音漏れ対策できるイヤホンを選ぶようにしましょう。

イヤホンの装着方法は正しい?

ここまで「インナーイヤー型よりもカナル型の方が音漏れを防ぐことができる」という解説をしてきましたが、カナル型イヤホンでも、装着方法がルーズで隙間が多い場合は遮音性が低いので音漏れします。

 

例えばしっかり耳孔を塞がないで、ルーズにイヤホンをかけてる場合には、音漏れしないイヤホンとしてのカナル型のメリットは失われます。自分の耳にはめた時に隙間があるか、もしくはしっかり耳孔を塞いでいるか、イヤーピースの形状が自分の耳の穴にあっているかなどはチェックポイントです。

イヤーピースのサイズは合っているか?

大音量で聴いている

音漏れの原因で本人が気が付かない例でよくあるのが、気が付かずにボリューム大きめ大音量で聴いているケースです。遮音性をある程度担保しているイヤホンでも、爆音で視聴すると当然周囲に音漏れしてしまいます。イヤーピースなどでしっかり遮音性を確保した上で程良い音量で聴くことをおすすめします。

 

近年イヤホンを使い長時間大音量で聴いているのが原因で難聴になる方も増えています。音漏れ対策は周りへの気配りと同時に自身の耳の健康にも関わってくるのでしっかりと対策しましょう。

ノイズキャンセリング機能も音漏れ対策に

音漏れしないイヤホンを探すのと同時に、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンもおすめです。ノイズキャンセリングは、まわりの騒音を打ち消すことができる機能です。

ノイズキャンセリング機能を使うと、電車やお店などの騒音もカットしてくれるので大きな音量でイヤホンを聴かなくてもクリアなサウンドが楽しめます。

Apple(アップル)

Apple AirPods Pro

価格:30,580円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple「AirPods Pro」は、前モデルの「AirPods」や過去に発表されたiPhone用のイヤホンと比べても史上最高に音漏れ対策ができたイヤホンです。過去のApple製のイヤホンは全てインナーイヤーでしたが、今回「AirPods Pro」ではじめてカナル型を採用しました。「AirPods Pro」は、強力なノイズキャンセリング機能を搭載したモデルです。

 

カナル型を採用したことで、音の遮断性に優れ大きな音を出さなくても音楽や音声を聴くことができます。これまでのAppleのイヤホンと違いS/M/Lのイヤーピースを選択できます。現状では独特な形状ゆえにサードパーティのイヤーピースなども使用できない点が残念ですが、徐々に対応するメーカーやラインナップも充実することを期待したいです。

ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

価格:23,634円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー「WF-1000XM3」は、ノイズキャンセリング機能に優れた完全ワイヤレスイヤホンです。カナル型で抜群の遮音性を誇るイヤホンの1つで、現状入手できる音質もよく音漏れしないイヤホンの1つです。

 

ノイズキャンセリング機能も「AirPods Pro」と双璧と言われるくらい優れているので、音漏れの心配は皆無といってもいいと思います。人気のイヤホンということで、サードパーティのイヤーピースも一通り揃ってきたので、コンプライのような遮音性とフィット感に優れたイヤーチップに交換するとにより、完璧な音漏れ対策ができるイヤホンです。

JVCケンウッド

JVC HA-A10T-B 完全ワイヤレスイヤホン 本体質量5.2g小型軽量ボディ/最大14時間再生/防水仕様/Bluetooth Ver5.0対応/ブラック

価格:5,800円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビクター「JVC HA-A10T-B」は、エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホンです。カナル型のイヤーピース部分と、プラスチック製のコンパクトボディで軽い装着感が魅力のモデルです。付属のイヤーピースでも十分に遮音性が高く音漏れし難いイヤホンですが、自分にあったイヤーチップなどを装着するとより音漏れ対策ができます。

 

音漏れしない一方でノイズキャンセリングイヤホンと比べると、どうしても音が大きくなってしまい耳への負荷がかかる点だけは気をつけたいポイントです。なお価格も6000円前後とコストパフォーマンスが高いのでおすすめの1台です。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ 完全ワイヤレスイヤホン ホワイト 中型 TW-E3A(W)

価格:8,973円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハ「TW-E3A」は、完全ワイヤレスイヤホンです。カナル型とコンパクトボディで軽快な装着感で1万円以下とリーズナブルな価格設定も人気のイヤホンです。

 

カナル型を採用している他のトゥルーワイヤレスと同様に、このイヤホンも音漏れの心配はありません。特にスマホでの使用についてはヤマハ謹製のアプリでリスニングケアというモードで耳への負荷を防ぐ工夫をしている点もおすすめポイントです。

アビオット

TE-D01d-DR

価格:6,160円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AVIOT「TE-D01d」は、高いデジタルーアナログ変換性能で人気を博した完全ワイヤレスイヤホンです。ハイエンドの価格体の商品が多い中で音質の良さと1万円を切る手軽さでロングセラーを続けている商品です。

 

省電力化により9時間以上の再生ができ、チャージケース込みだと計100時間再生を謳っているモデルです。このイヤホンもカナル型を採用しているので音漏れは少ないと言われていますが、後継機種では「外音取り込み機能」が追加されより音漏れ対策に適したイヤホンにアップデートしています。

ag

ag TWS03R トゥルーワイヤレスイヤホン完全ワイヤレス (ブラック)

価格:5,980円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ag 「TWS03R」は、低価格と高音質を両立され話題になっている完全ワイヤレスイヤホンです。廉価価格のトゥルーワイヤレスが増える中でFinalがサウンド監修しエントリーモデルながら基本的な性能を詰め込んだモデルです。ag独特の「粉雪塗装」と言われるマット仕様の塗装のケースやボディーの統一感や、多彩な色を取り揃えたカラーバリエーションなど見た目の良さもさることながら、バランスの良くチューニングの行き届いたサウンドもユーザーから高い評価を受けています。

 

ag 「TWS03R」は丸くコンパクトなボディで耳にもしっかりと収まるカナル型のイヤホンで、長時間聴いても疲れないように設計されています。遮音性にも優れているので音漏れ対策にもおすすめな1台です。

パイオニア(Pioneer)

パイオニア Pioneer SE-CH3T イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 ピンク SE-CH3T(P) 【国内正規品】

価格:2,323円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パイオニア「SE-CH3T」は、カナル型の有線イヤホンです。グラフェンという素材をコーティングした振動板を採用したドライバーを搭載しハイレゾなどの高音質かつ広帯域な音源再生にも対応しています。イヤホン部分の円筒形の筐体外径が6.8mmと非常に小型であることや、ボディも重さ3.1gと軽量で装着した際の耳への負荷も少ない点で、疲れずに音漏れしないイヤホンとしておすすめです。

 

有線イヤホンで価格も手頃で高音質、さらに音漏れが少ないというメリットに加え、ワイヤレスのようなバッテリーの心配がないという利点があるので、敢えて有線イヤホンという選択をしてみては如何でしょうか。

ゼンハイザ―

ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO Black 【国内正規品】

価格:12,724円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼンハイザー「IE 40 PRO」は、インイヤー型の有線イヤホンです。2018年に発売され1万円台でゼンハイザーの本格的なイヤホンを楽しめることから「1万円台で10万円の音質」という表現で話題になったモデルです。プロ向けのモニターイヤホンのエントリーモデルという立ち位置のモデルで、音楽再生を楽しむための要素を詰め込んだイヤホンです。

 

高音質再生を目的としたイヤホンという前提ですが、耳掛け式のインイヤー型を採用し、モニターという性格上長時間のリスニングにも耐えられる疲れないイヤホンです。音漏れ対策にインイヤー型は不向きと思われる方もいると思いますが、「IE 40 PRO」は、独自に開発・最適化されたイヤーピースを採用し柔らかなシリコン製のイヤーチップで遮音性にも配慮しています。

AVIOT

AVIOT TE-BD21f-pnk

価格:22,923円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AVIOT「TE-BD21F」は、カナル型の完全ワイヤレスイヤホンです。高音質のワイヤレスイヤホンを発売しているAVIOTですが、本機はトリプルドライバーを搭載し音質にも拘りをもって開発したと言われています。

 

小型のアルミ製ボディは、数多く発売されているトゥルーワイヤレスの中でも最小クラスのコンパクトさです、イヤーピース部分も、専業メーカー「SpinFit」に専用に開発を依頼したイヤーピースを採用し密閉度を高めた構造になっているので音漏れ対策にも十分考慮した製品です。また最大再生時間7時間、通話時間5時間と完全ワイヤレスの商品の中では若干短めですが、ボディのコンパクトさや軽さを考えると十分満足できる再生時間です。

audio-techinca

オーディオテクニカ audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW BK/Bluetooth対応 左右分離型 SOLID BASS ブラック

価格:12,726円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオテクニカ「ATH-CKS5TW」は、カナル型の完全ワイヤレスイヤホンです。音については重低音の表現に注力したモデルで、1度のフル充電で連続15時間、ケース併用で45時間と同レベルのトゥルーワイヤレス・イヤホンの中で最も長時間再生に対応したイヤホンです。コンパクトな左右のボディに音楽再生・通話・音量のコントロールができる操作性の高さも魅力です。

 

装着時のフィット感を追求した結果、完全ワイヤレス用の専用イヤーピースを用意しシリコン素材を採用、イヤホン外れくにさと同時に音漏れにも考慮した設計になっています。専用アプリでイヤホンの設定やコーデックの切り替え指定ができる点などもメジャーなオーディオテクニカならではです。カラーバリエーションも3パターン用意しており、音質もそれなりによく音漏れしないイヤホンの選択肢としておすすめモデルです。

ソニー(SONY)

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11L : Lサイズ 4個入り ブラック EP-EX11L B

価格:217円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー「EP-EX11」は、最も人気の高いイヤーピースです。リーズナブルな価格設定もあり、ユーザーがイヤーピース変更をした際の最初の選択肢として手に入れやすいモデルで、S/M/L/LL/SSと5もサイズバリエーションがあること、カラーをブラックとホワイトから選ぶことができる点、比較的多くのイヤホンに装着可能なども人気の理由です。

 

「EP-EX11」は1つのパッケージに2セット4個のイヤーピースが入っています。収縮性のある素材で特殊な形状のイヤーピースを採用しているイヤホンでない限りはほぼ装着可能です。

Comply(コンプライ)

Comply(コンプライ) Tsx-100 ブラック Mサイズ 3ペア アジアンフィット 耳垢ガード付き イヤホンチップス Comfort+ Shure SE215, Etymotic, Klipsch, Westone, LG HBS-1100 & More イヤホンをカンタンにアップグレード 機能強化:高音質 遮音性 フィット感 脱落防止イヤーピース 「国内正規品」HC29-10101-01

価格:3,410円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Comply(コンプライ)「Tsx-100」は、ポリウレタンフォームという素材でイヤホンの装着性に革命をもたらしたイヤホンチップの代表的なメーカーです。柔らかい素材でカナル型イヤホンの耳にピッタリフィットするイヤホンチップで、幅広いイヤホンに対応した商品を発売しています。

 

音漏れ対策については、コンプライ独自の「パッシブノイズリダクション技術」と呼ばれる技術で、音漏れや騒音をシャットアウトします。イヤホン自体の音質向上の効果も高く、必ず自分の持っているイヤホンに対応したイヤーチップが発売されているので、イヤーチップ選びに困ったらまずはコンプライを試してみるのも良いかもしれません。

ウェストン

Westone(ウェストン)イヤーチップTRUE-FIT + Star Fit Kit (低反発フォーム+特許シリコン)10ペア(5サイズ展開) 62810

価格:1,980円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホンメーカーWestone(ウェストン)製のイヤーチップ「TRUE-FIT」です。2000万件の耳型を採取し最適解を出して開発したというイヤーチップで、低反発フォームを使用した耳にしっかりフィットする商品です。

 

またウェストン以外のメーカーの多くのイヤホンに対応しています。低反発のイヤーチップは消耗品なので交換するサイクルも早いのが難点ですが、「TRUE-FIT」は5ペア10個を基本に販売されている商品で、コンプライなどと比べても1個あたりのコストパフォーマンスは高いのでおすすめです。

「音漏れしないイヤホン」をテーマに音漏れの原因や対策、おすすめのイヤホンをご紹介してきました。日頃から屋内、屋外問わず周りの人に迷惑をかけずに気持ちよく音楽を聴くためにも音漏れしないイヤホン選びはエチケットといえます。

 

遮音性の高いイヤホン選びは音質向上にもつながるのでお気に入りのイヤホンを見つけるヒントにもなります、また今所有しているイヤホンの音漏れ対策と共に、イヤーチップ、イヤーチップの交換で普段使いのイヤホンの音の印象が変わったり音が良くなったりという効果もあるのでぜひトライしてみてください。