【音質重視】高音質のヘッドホンの人気おすすめ【5選】詳しく解説。

この記事ではおすすめの高音質ヘッドホンをご紹介しています。また、どうやって選べばいいかわからないという方に向けて、装着方式、形状、機能など選び方を詳しくご紹介しています。是非参考にしてみてください。

2021/10/21 更新

ヘッドホンは世の中にたくさん種類があります。メーカーによってもデザインや音質などの面で多くの違いが出てきます。
中には「どうやって高音質のヘッドホンを選べばいいかわからない」という方も多いでしょう。

そこで、ここでは、様々な観点から高音質ヘッドホンの選び方をご紹介していきます。ぜひ、自分にあったヘッドホンを選んでみてください。

装着方式で選ぶ

まず、ヘッドホンには装着方式で2種類に分類されます。細分化するともっと種類はあるのですが、ここでは「オーバーイヤー型」「オンイヤー型」の2種類について詳しくご紹介していきます。

オーバーイヤー型ヘッドホン

オーバーイヤー型はその名の通り、耳を覆うタイプのヘッドホンになります。耳全体をイヤーパッドが覆うため、音が密閉され遮断性が高いという特徴があります。
ある程度大きな音量で聴いたとしても、音が漏れづらいため迫力のあるサウンドを楽しみたいという方におすすめのタイプです。

 

また、音が密閉されているため外部の環境音が入りづらく、自分の世界に没頭したいという方におすすめのタイプです。

 

ただ、デメリットもあります。イヤーパッドが耳を覆うタイプなので、耳が圧迫され、長時間装着していると、耳が痛くなってしまう可能性があります。
さらに、イヤーパッド部分が重くなりやすいという特徴もあり、持ち運びにはやや不向きです。特に、女性の方はイヤーパッド部分が大きく、デザイン性が低い傾向があるので注意しましょう。

オンイヤー型ヘッドホン

オンイヤー型はオーバーイヤー型に比べてイヤーパッド部分が小さく、コンパクトにおさまっているという特徴があります。耳にかぶせるタイプのため、長時間のリスニングでも疲れにくいという特徴があります。

 

さらに、小型で軽量のため男性だけでなく女性の方でも気軽に選択できるという点も大きなメリットと言えるでしょう。値段も比較的リーズナブルでデザインに特化したモデルも多く発売されています。とりあえずヘッドホンが欲しいという方におすすめです。

 

しかし、オーバーイヤー型と比較して遮断性が低いというデメリットもあります。耳にかぶせるタイプのため、音が外に漏れやすく、大音量で聴く際には周囲を気にしなければいけません。周囲を気にしすぎて音量を下げると、周囲の環境音も入ってきて音楽に集中できないなんてこともあります。

なので、オンイヤー型は「自宅で気軽に利用したい」「リーズナブルでデザイン性で選びたい」という方におすすめです。

形状で選ぶ

ヘッドホンは音を発生させる「ドライバーユニット」を「ハウジング」というパーツで覆っています。そのハウジングの構造によって「開放型」と「密閉型」の2種類に分類することができます。それぞれ特徴があるので、自分にあったものを選びましょう。

開放型

開放型はハウジングに通気口が空いており空気が自由に出入りできるという特徴があります。ハウジングが解放されているため、音がクリアでヌケ感が高いという特徴があります。
音がこもりづらく、長時間のリスニングでも圧迫感を感じることも少ないです。

 

ただ、通気口が空いているため、音漏れがしやすいというデメリットがあります。音がクリアに聴こえる反面、屋外での利用にはやや不向き。屋内での使用なら周囲を気にする必要もなく、長時間のリスニングに向いている開放型は適しています。

密閉型

密閉型は開放型と比べてハウジングが密閉されているという特徴があります。密閉されているため、構造上音漏れしにくく、外部からの遮断性も高いため、屋外での利用にも適しています。ただ、音がこもりやすいため、耳への負担が大きく長時間のリスニングには不向きです。圧迫感を感じてしまうこともあるので選ぶ際は注意しましょう。

 

ただ、現在発売されている屋外用のヘッドホンがほとんど密閉型のため、屋外で使用する比率が多いという方は密閉型を選ぶと良いでしょう。もし「圧迫感を感じたくないけど、屋外で使う機会も多い」という方は、ヘッドホンではなくイヤホンの購入を検討しても良いでしょう。

音質で選ぶ

続いて、音質を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
音質で選ぶと言っても、低音質・高音質ということではなくて、音源に対しての音質を重視して選ぶ場合のことです。この場合、大きく分けて「モニター型ヘッドホン」と「リスニング向けヘッドホン」の2種類に分類することができます。
それぞれ詳しくみていきましょう。

モニター型ヘッドホン

モニター型ヘッドホンはアーティストなどがレコーディングなどで着用しているタイプのものです。メーカーや価格帯によって音質に違いはありますが、モニター型は生音に近い表現が得意です。例えば、楽器の音やボーカルの息継ぎなど。また、低音域から高音域まで幅広い音を拾えるため、よりリアルな音質で楽しみたいという方におすすめです。

 

ただ、モニター型はリアルなおとに近いため、ノイズまで拾ってしまうこともあるというデメリットもあります。また、ジャンルによってはバランスが悪く聴こえてしまうこともあるので注意しましょう。

リスニング向けヘッドホン

リスニング向けヘッドホンはモニター型と異なり、ベース音を強調したり、重低音を感じられたり、ドンシャリを楽しめたりとメーカーや価格によって違いがはっきり分かるという特徴があります。

 

モニター型が生音に近いという特徴に対して、リスニング向けは音楽によって適したフィルターを通すことで臨場感を増したり、好みにあったサウンドを選べたりするという特徴があります。

 

ただ、メーカーや価格は種類も多く何を選べばいいかという選択肢が多いというデメリットがあります。自分の欲しいものを探す手間がかかってしまう点に注意しましょう。

接続方法で選ぶ

続いて、接続方式で選ぶ場合についてご紹介します。接続方法とはヘッドホンが「無線」か「有線」かということ。コードがあるかないかで、使いやすさや便利なシーンが異なってきます。ここではそれぞれの違いについて詳しくみていきましょう。

無線(ワイヤレス)

無線はBluetoothで音楽を飛ばしてコードなしで音楽を聴ける方式です。一般的にはワイヤレスと呼ばれていて、煩わしいコードが必要ないということで人気です。
各メーカーから販売されていて利用している人が多いのですが、コードが必要ないから屋外で利用する際に便利というメリットがあります。

 

カバンに入れて持ち運んでいるとコードが絡まってイライラしてしまうなんてことありませんか?コードが断線して使えなくなったなんて経験かりませんか?
ワイヤレスはこれらの悩みがないため、屋外で利用する方に人気です。

 

しかし、有線のヘッドホンと比較して価格が高くなりやすいという特徴があります。また、Bluetoothで音楽を飛ばすと、低価格のものだと音質が下がってしまうなんてこともあります。
なので、「高音質でワイヤレスが欲しい」という方はそれなりの予算がかかることを考えた方が良いでしょう。

 

また、ワイヤレスのヘッドホンは充電が必要です。なので充電が切れてしまうと使えなくなってしまうのでこまめに充電する手間が増えてしまうという点もデメリットと言えます。

有線

有線は古くからある対応で、コードをミュージックプレイヤーなどのデバイスと直接接続して使用するタイプです。コードを接続するので基本的には充電が必要なく、ヘッドホンとデバイスがあれば手軽に接続できます。ワイヤレスの場合は、ペアリングなどの手間がありますが、有線はペアリングも必要ありません。

 

また、ものにもよりますが音質が落ちることなくリスニングできるのも有線のメリットです。
高音質を手軽に楽しみたいという方は有線をおすすめします。

 

ただ、有線はワイヤレスに比べてコードが邪魔になったり、断線で使えなくなってしまったりなどデメリットも多くあります。
なので、無線と有線のメリット・デメリットをしっかり把握して選ぶことをおすすめします。

価格で選ぶ

続いて価格で選ぶ場合についてご紹介します。
ヘッドホンはメーカーや機能によって価格に大きな差があるのが特徴です。安ければ数百円で購入できるものもありますし、こだわれば数万円するものもあります。なので、ここでは「低価格」と「高価格」それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

低価格(コスパ)

低価格のヘッドホンは前提として音質がそこまでよくありません。この記事を読んでいる方は高音質のヘッドホンを探している方が多いと思うので、低価格を選んで購入するのはおすすめしません。

 

低価格のヘッドホンの特徴としては、音質がそこそこで、デザインがそこそこ、音楽を聴く以外のほとんどの機能がない、というものが多いでしょう。ヘッドホンはイヤホンに比べて音質が良いのですが、低価格になるほど音質に関わる「ドライバーユニット」がチープになってしまうのでそこまで音質が期待できません。

 

さらに、ヘッドホンに実装される機能はどれも高機能なものなので、低価格ではあまり期待できないでしょう。
なので「音質やデザインよりもとにかく予算を抑えたい」「ヘッドホンが壊れてしまったからとりあえず買う」という方以外はあまり低価格で選ぶことをおすすめしません。

高価格

高価格のヘッドホンはとにかく音質が良いです。前述した「ドライバーユニット」がよくなるほど音質も良くなるので高価格になるほど音質が良くなるわけです。
もちろんメーカーによって音の表現が違うこともありますが、基本的に音質にはそこまで違いはありません。
また、「ハイレゾ音源対応」「ノイズキャンセリング機能」などヘッドホンを利用する上で便利な機能も多くあるので、予算があるかたはできるだけ高価格のものを選ぶと良いでしょう。

 

高価格のヘッドホンは耐久面でもしっかりしているので、長期的に利用できるというメリットもあります。

ただ、高価格でも適当に選んで良いわけではありません。それなりに高額になるので、自分にあっているかを慎重に選ぶことが重要になってきます。自分に不要な機能がついていないかなど、購入する前に入念にチェックしておくと良いでしょう。

機能で選ぶ

続いて機能を重視して選ぶ場合についてご紹介します。
ヘッドホンに搭載されている機能は他の電化製品に比べると少ないです。しかし、どれも便利な機能なので、自分にあっている機能があるか確認してくださいね。

ハイレゾ音源対応

高音質のヘッドホンを選ぶ上で重要な機能が「ハイレゾ音源」に対応しているかという点です。


ハイレゾ音源は簡単に説明すると、「CDの音質以上の音質」です。まるで耳元で演奏しているかのような高音質です。高音質を見分けるのに使われるのが「周波数帯域」ですが、ほとんどのヘッドホンは20Hz~20kHzに対応しているものです。この周波数帯域は人が聴き取れる周波数と呼ばれています。


対してハイレゾ音源は40kHz以上に対応しているものと言われています。なので、ハイレゾ音源を楽しみたいという方は40kHz以上に対応しているヘッドホンを選びましょう。

ノイズキャンセリング対応

続いて、ノイズキャンセリング機能ですが、こちらは外部のノイズをカットしてくれる機能です。例えば、人混みでヘッドホンを使用すると外部の環境音や人の話し声などがノイズとして入ってきてしまいます。しかし、ノイズキャンセリング機能を使うことで、まるで耳栓をしているかのようにノイズをカットしてくれます。

 

これは音楽を聴いている時だけでなく、ただヘッドホンをつけている場合でも効果があります。

「周囲のノイズがうるさくて音楽に集中できない」「カフェなどで黙々と勉強したい」という方はノイズキャンセリング機能がついているヘッドホンをおすすめします。

ソニー WH-1000XM3

ソニー

WH-1000XM3

価格:17,300円 (税込)

多機能!ハイレゾ相当の音楽が楽しめるワイヤレスヘッドフォン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ソニーより発売されている高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1を搭載しているヘッドフォンです。ワイヤレスで使用が出来るのもポイント。「NCオプティマイザー」を採用しているので、装着状態や環境に合わせて最適化してくれますよ。

さらに「クイックアテンションモード」「アンビエントサウンドモード」も搭載しているので、外でも使いたい方や、自宅でご家族の声も聞きたい方にピッタリ。ハイレゾ並みの音楽を楽しめるのも嬉しいですね。高音質なので、音楽や映画鑑賞を存分に堪能したい方にも向いています。
タイプ オーバーヘッド 接続タイプ ワイヤレス・有線(ワイヤード)
インピーダンス【Ω】 16Ω 再生周波数帯域 4Hz〜40kHz
最大入力【mW】  mW 充電端子 USB Type-C
ワイヤレス Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.4.2/Class2
連続再生時間 最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時) 連続再生時間 約3時間
対応コーデック SBCAACaptXaptX HDLDAC ノイズキャンセリング
ハイレゾ マイク
外音取り込み 防水・防塵性能  
重量【g】 255 g

このヘッドホンはソニーが展開するワイヤレスのオーバーイヤー型ヘッドホンです。

ソニーが独自開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載しているため、人混みなど些細な環境音から守ってくれます。プロセッサーの処理速度が全モデル比4倍になっているため、より高度なノイズキャンセリングを実現しています。

 

ノイズキャンセリングを環境によって最適化してくれる「NCオプティマイザー」を採用しているため、機能の使い方がわからない方でも手軽に使用できますよ。

 

また、ハイレゾ音源にも対応しているため、ワイヤレスでありながら高音質なサウンドを楽しめるのも魅力。

Bose NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

BOSE(ボーズ)

BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 トリプルブラック

価格:46,750円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このヘッドホンは人気オーディオメーカーBoseが展開するオーバーイヤー型のワイヤレスヘッドホンになります。

4つマイクが搭載されていて、ユーザーの声と外部のノイズをしっかりと分離して認識できるノイズキャンセリング機能を搭載しています。

周りが騒がしかったとしてもクリアに聞こえるため、高音質で楽しみたい方におすすめです。

 

さらに、Amazonの音声アシスタントであるAlexaに対応しているため、音声操作も可能となっています。

高度なノイズキャンセリング機能と、老舗メーカーであるBoseの高音質サウンドを掛け合わせることで、ワイヤレスでありながら、迫力のある高音質を楽しむことができますよ。

ソニー h.ear on 3 Wireless NC WH-H910N

ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-H910N : ハイレゾ対応 / bluetooth / 最大35時間連続再生 / ハイレゾ相当アップスケーリング対応 小型・軽量 タッチセンサー搭載 キャリングポーチ付属 2019年モデル オレンジ WH-H910N D

価格:22,634円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このヘッドホンはソニーが展開するオーバーイヤー型のワイヤレスヘッドホンです。

ハイレゾ音源にも対応している高音質サウンドを持ちながら、高いデザイン性も魅力のヘッドホンです。

カラーバリエーションが豊富で、自分の好みのファッションに取り入れることも可能。男性だけでなく、女性の方にもおすすめできます。

 

ノイズキャンセリング機能も搭載しているため、屋外で使用する際にも、環境音のノイズをカットしながら高音質なリスニングが可能です。

最大45時間使用できる大型バッテリーも内蔵しているので、こまめな充電が必要ない点も魅力です。

 

また、上記の2つよりも価格がリーズナブルな点も魅力です。これだけ高機能でありながら、デザイン性もいい。おまけにリーズナブルなので、何を買えばいいかわからない方や女性の方におすすめのヘッドホンです。

ソニー MDR-1AM2

ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン MDR-1AM2 B : ハイレゾ 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続 Φ4.4ケーブル同梱 リモコン/マイク付き 2018年 ブラック [並行輸入品]

価格:17,280円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このヘッドホンはソニーが展開しているオーバーイヤー型の有線ヘッドホンです。

広帯域再生を実現する40mmHDドライバーユニットを採用しているため、ハイレゾの繊細な高音質もクリアに再生することが可能です。

 

ハウジングに制振性のある樹脂材料を用いていることで不要な振動を抑え、クリアな音質を実現しています。反響を抑え、クリアなサウンドを楽しみたいという方におすすめです。

 

また、イヤーパッド部分に低反発ウレタンを採用していることで、長時間のリスニングでも疲れにくい構造になっている点も魅力です。有線で高音質を楽しみたいという方はぜひ検討してみてください。

ゼンハイザー HD 660 S

ゼンハイザー

HD 660 S

価格:2,502円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\アプリで使える最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ 有線(ワイヤード)
インピーダンス【Ω】 150Ω 再生周波数帯域 10Hz〜41kHz
ハイレゾ 重量【g】 260 g

このヘッドホンは人気オーディオメーカーゼンハイザーが展開するオーバーイヤー型の有線ヘッドホンです。

 

ハイレゾにも対応していて、高音質なサウンドを楽しむことができます。また、開放型なので、通気性がよく、音がこもりづらいという特徴があります。音をクリアに楽しみたいという方におすすめです。

ただ、音漏れはしてしまうので、屋外より、屋内で利用される方におすすめです。

 

また、リケーブルできるので、ケーブルがもし断線してしまったとしても、ケーブルだけを買い換えればいいという点も魅力です。

最低限の機能しかありませんが、とにかく自宅でクリアな高音質を楽しみたいという方は、ぜひ検討してみてください。

今回、高音質ヘッドホンの選び方を詳しくご紹介してきました。
しかし、選び方もたくさんあって結局何を選んだら良いのかわからないという方もいますよね?そんな時は、ハイレゾ・ノイキャン(ノイズキャンセリング)が搭載されているものを選びましょう。

 

前述しましたが、ハイレゾ・ノイキャン機能があるだけで、何倍も高音質で聴くことができるようになります。ハイレゾ音源は通常のCDからは聴くことができない音まで膨大なデータを収録している音源です。もちろんデータ容量が多くなることで、聴ける音域も多くなるのでまるで生で聴いているかのような臨場感を楽しむことができます。
このハイレゾに対応しているヘッドホンは高価になりやすいですが、高音質を求めるなら特におすすめの機能です。

 

ノイキャンですが、外部の音を遮断してノイズをカットしてくれるので音楽を集中して聴くことができます。屋内をメインで利用する方は外部のノイズが少ないのでそこまで必要はありません。ただ、屋外の人混みで音楽を聴くという方はノイズを抑えた方が高音質でリスニングできるでしょう。
直接的に音質に関わる機能ではありませんが、環境音やノイズをカットしてより音質の純度を高めましょう。

 

このように、高音質のヘッドホンで迷ったら「屋内をメインで使用される方」はハイレゾ対応のヘッドホン、「屋外をメインで使用される方」はハイレゾ対応とノイキャン機能が搭載されているヘッドホンをおすすめします。

今回の記事ではおすすめの高音質ヘッドホンについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
高音質ヘッドホンの選び方はたくさんありました。装着方式や接続方法など、それぞれ特徴、メリット・デメリットがあるので、購入する際は把握しておくと便利ですよ。

 

特に、無線(ワイヤレス)と有線の接続方法で選ぶ際には、慎重に判断する必要があります。
予算がある程度あって持ち運ぶ機会が多い方なら無線で接続できるタイプがおすすめですし、低予算で高音質を楽しみたい方は有線がおすすめです。自分に合ったものを選びましょう。

 

何を買えば良いかわからないという方はハイレゾ対応とノイキャンが搭載されているヘッドホンをおすすめします。これらの機能があるだけで、高音質でリスニングできますよ。
ヘッドホンは種類が豊富なので、ぜひ自分に合った高音質ヘッドホンを探してみてください。