【音質重視】高音質のヘッドホン人気おすすめランキング|有線・ワイヤレス

この記事では「有線」「ワイヤレス」に分けて、高音質ヘッドホンを口コミポイント順のランキングでご紹介しています。また、どうやって選べばいいかわからないという方に向けて、装着方式、形状、機能など選び方を詳しくご紹介しています。是非参考にしてみてください。

2023/08/10 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

「高音質」と一言でいっても、個々の聴力や好みによって音の感じ方は違います。そこで、「高音を重視」「低音を重視」などよく聴く音楽によって、自分の好みをあらかじめ把握しておきましょう

 

高音質であっても聴く音楽によっては、重視している音が生かされません。

 

そのうえで、高音質なヘッドホンの一般的なポイントもチェックしておきましょう。

 

【一般的に高音質ヘッドホンと言われる条件】

  • レビューで評価の高いもの(ビギナーなら実売価格3万円以内から)
  • ワイヤレスよりは有線
  • ワイヤレスならコーデックLDAC

 

一般的な高音質ヘッドホンの条件は上記の通りですが、一番重要なのは試聴することです。

 

実際にヘッドホンで音を聴いてみないと音の感じ方はわかりません。予算や好みの音質、口コミを参考に気になる機種を絞ってから、お店に行って試聴するのがおすすめです。

 

また、3万円以内の価格帯までは大体音質が価格に比例し、3万円を超えると調整や好みの話になってくるため、初心者は3万円以内の価格帯から選びましょう。

 

 

ワイヤレス・有線の接続タイプや、コーデックについては下記の見出しで詳しく解説しています。先に読みたい方は下記から飛べます。

⇒【必読】高音質なヘッドホンの選び方②接続タイプ編

⇒音質編②ワイヤレスはBluetoothのコーデックに注目

ハウジングとはヘッドホンの耳を覆うカップの外側の部分を指します。

 

このハウジングの形状は、

  • 開放型|ハウジングに隙間があり音が抜けていく,聴き疲れにくい
  • 密閉型|ハウジングに隙間がなく密閉されている,音漏れしにくい

の2種類があり、音楽ジャンルや用途によってどちらかを選びます。

 

ヘッドホンはこのハウジングと、イヤーパッド(耳当て)で作ったスペースの中に、ヘッドホンの心臓部であるドライバーが搭載されます

 

ここでは、

 

・音楽鑑賞用
・楽器演奏用
・音楽制作用
・DJ用


といった用途を交えて、どちらが向いているかを解説します。

【ワイヤレス】高音質ヘッドホンの人気おすすめランキング|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ボーズ
JVCケンウッド
アップル
マーク・レビンソン
Bang & Olufsen
商品名
WH-1000XMシリーズ
NC700シリーズ
XP-EXT1
AirPods Max
No5909
Beoplay HX
説明
高性能ノイズキャンセリング機能で音楽に没入できるヘッドホン
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
101 dB
95 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0
Ver.5.0
Ver.5.1
Ver.5.1
連続再生時間
最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時)
最大20時間
約12時間
最大20時間
約34時間(ANCオフ時)30時間(ANCオン時)
最大35時間(Bluetooth、ANC使用時)最大40時間(Bluetooth使用時)
充電時間
約3時間
最大2.5時間
約4時間
約3時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
SBCAAC
SBCAACaptX AdaptiveLDAC
SBCAACaptX Adaptive
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
254 g
250 g
330 g
384.8 g
340 g
285 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WH-1000XMシリーズ
高性能ノイズキャンセリング機能で音楽に没入できるヘッドホン
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
101 dB
Ver.5.0/Class1
最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時)
約3時間
SBCAACLDAC
-
-
254 g
2
ボーズ
NC700シリーズ
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ダイナミック型
Ver.5.0
最大20時間
最大2.5時間
SBCAAC
250 g
3
JVCケンウッド
XP-EXT1
95,800円
オーバーヘッド
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
約12時間
約4時間
330 g
4
アップル
AirPods Max
61,500円
オーバーヘッド
ワイヤレス
ダイナミック型
Ver.5.0
最大20時間
384.8 g
5
マーク・レビンソン
No5909
118,000円
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ダイナミック型
Ver.5.1
約34時間(ANCオフ時)30時間(ANCオン時)
SBCAACaptX AdaptiveLDAC
340 g
6
Bang & Olufsen
Beoplay HX
54,455円
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
95 dB
Ver.5.1
最大35時間(Bluetooth、ANC使用時)最大40時間(Bluetooth使用時)
約3時間
SBCAACaptX Adaptive
285 g
ソニー

WH-1000XMシリーズ

ワイヤレス・有線(ワイヤード)

WH-1000XM4

ワイヤレス・有線(ワイヤード)

WH-1000XM5

高性能ノイズキャンセリング機能で音楽に没入できるヘッドホン

ソニーのハイスペックヘッドホンです。独自のノイズキャンセリング機能の性能をさらに高め、交通音や人混みの喧騒の中でも、より音楽に没入できるようになりました。また、AI技術を組み込んだ「DSEE Extreme」を搭載し、多様な圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめます!

さらに、声を発することで自動的に「音楽の一時停止・外音取り込みモードへの切替え」ができる「スピーク・トゥ・チャット」機能も搭載。とにかくスマートに便利に使える高性能ヘッドホンをお求めの方におすすめです!人工工学に基づく設計とロングバッテリーにより、長時間の使用にもピッタリですよ。

KKさんの口コミ

静岡県 男性 20代 パート・アルバイト

音質、遮音性、付け心地が最強のノイズキャンセリングヘッドホン

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
自身で楽曲制作をすることもあり、より良い音が聞こえて、なおかつ使い勝手の良いブルートゥース・ノイズキャンセリングヘッドホンを探していました。

●予算感
3万円程度の予算で購入可能と考えていましたが、調べていくうちに、ハイクラスなものを買うのであれば、4〜5万クラスのものがほとんどでした。しかし、口コミやレビューサイトを見ていると、毎回といっていいほどランキング上位に入っていたのが、当商品でした。コメントを見ても、申し分のないクオリティが伝わってきたため、予算を少しオーバーしてでも当商品を手に取りたいと考えるようになりました。

●迷った商品
Bose QuietComfort® 45 headphones

●決め手
評価されている音のバランスが、当商品は一番良いと感じたからです。自分は音楽を幅広いジャンルを聞くので、どれにでも適応できそうなもの、と考えた時に当商品を最終的に選びました。

●懸念点
特になかったです。

●使ってみた感想(良かったこと)
まず、ノイズキャンセリングの性能です。自分としては初めてのノイズキャンセリング(かつブルートゥース)ヘッドホンだったのですが、相当な騒音の場所(地下鉄や飛行機など)で無い場合は、かなりの遮音性です。しっかりと集中できます。そしてもう一つは、付け心地です。頭と耳にしっかりとフィットする感じがあり、思わずつけたくなってしまうような感覚です。歩いていても、ずれてきたりすることはほとんどありません。

●使ってみた感想(悪かったこと)
自分の耳がおかしくなっている可能性もありますが、もう少し最高音量が大きくても良いと感じました。イコライザーをいじれば、低音が響いてくる感じも感じられますが、どっぷり音楽を聴きたい時などは、もう少し迫力が欲しいと感じます。

●どのような人におすすめできるか
作業しながら音楽を聴いたり、長距離の移動が多い人にはかなりおすすめです。音質、遮音性もさることながら、付け心地、またバッテリーのスタミナが最高です。ストレスなく使い続けることができます。

●気にする必要がなかったこと
価格です。初めてのノイズキャンセリングヘッドホンの購入だったので、クオリティが価格に見合うか心配でしたが、価格以上だと感じています。
もっと見る
レビューを閉じる

NAさんの口コミ

女性 30代 会社員(総合職)

SONYの高価格帯ヘッドホン、初購入しました!

●元々使っていた商品
新規で購入しました。

●きっかけ
WH-CH510を愛用していましたが、ノイズキャンセリングがないので電車の音等にかき消されがちでした。たまたま長時間飛行機に乗る予定もあったため、これを機に高価格帯ヘッドホンを買ってみようと思いました。

●予算感
予算は2,3万円程度までで、手持ちのWH-CH510よりも良い音質とノイズキャンセリング機能を期待していました。WH-CH510の上位機種について口コミ中心に調べていく中で、WH-1000XMシリーズは音質・ノイキャンともに満足度が高いレビューが多く、このシリーズなら間違いないと感じました。

●迷った商品
WH-1000XM4

●決め手
WH-1000XM4, 5ともに音質・ノイキャンに関するレビューの評価は高く、差はないようでした。いっぽうXM5ではデザインが大きく変更されており、こちらのほうが好きだったためXM5に決めました。

●懸念点
この商品に限らずヘッドセットに関しては、頭の形や大きさによってフィットしない場合もあります。その点は自分が購入して一定時間着用するまで不安要素でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
ノイズキャンセリングに関しては、レビューでも高く評価されていましたがその通りでした。電車内や飛行機内でも轟音にかき消されることなく楽しめました。音質に関しては、手持ちのWH-CH510よりも良いことは確かです。ただ高価格帯のものを買うのは初めてだったので、価格に対して妥当なレベルなのか、程度感まではわかりませんでした。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ノイズキャンセリング機能とフィット感の裏返しだとは思いますが、使用後外して見るとイヤーパット部分に汗をかいているのがわかります。WH-CH510ではこうならないので、密閉感が高い証拠ですが、夏場は特に嫌だなとは思います。

●どのような人におすすめできるか
ノイズキャンセリング機能と音質は確かに良いので、高品質ヘッドホンを持っておきたい方には確実な選択肢だと思います。ただ値段が張るので、そこまで必要なのか疑問を感じる方はWH-XB910N,WH-XB700など中間帯のものから試すのがよいかもしれません

●気にする必要がなかったこと
WH-CH510に比べると重量が大きいため、頭痛など起きないか心配でしたが大丈夫でした。
もっと見る
レビューを閉じる
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
101 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
連続再生時間
最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時)
充電時間
約3時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
254 g
ボーズ

NC700シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

ワイヤレス・有線(ワイヤード)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 UC

ワイヤレス・有線(ワイヤード)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

H.Oさんの口コミ

神奈川県 女性 20代 自営業・自由業

長時間使用にオススメのヘッドフォン

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
仕事用のヘッドホン購入に際し、今まで使用していたものが耳または頭頂部が痛くなってしまう物が多く、痛くなりにくそうなものを探していて辿り着きました。

●予算感
使い勝手が良く買い替えしないで済むことを重視していたため、予算は5万前後までであれば高機能のものを探していました。
調べた結果、耳も頭頂部もクッション性のある素材が使われているため負担がかかりにくいことを期待し、第一候補に選びました。実際に店舗でも試したところフィット感もよく重量感も感じにくかったことから、半日程度の連続使用にも耐えうると感じこの商品に決めました。

●迷った商品


●決め手
特に重視していた長時間使用でも痛みが出にくいことへの期待はもちろん、店舗で触ってみるとノイズキャンセリングの性能も良く、また音量調整を耳当て部分のタッチセンサーで直感的に行えることもかなり好印象でした。ボタンでの音量調整は大小を間違えることも多く煩わしかったので、感覚的な使用感も気に入っています。

●懸念点
概ね好評だったのですがやはり高額なので、他のヘッドフォンとの費用対効果の部分だけ気にしていました。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル


●使ってみた感想(良かったこと)
実際に仕事中に使用してみて、半日近く連続使用することもあるのですが耳も頭頂部も私には驚くほど負担が少なく、よほど変な体勢で使わない限りは痛みが気になることはありませんでした。
音質も全く不満なく、必要に応じ簡単にノイズキャンセリングを切り替えられるのも同居人がいる場合にとても便利に感じました。
クッションのヘタレも今のところなく、見た目もとても気に入っています。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ペアリングできる媒体数が2媒体までなのですが、3つ目以降の媒体への切り替えの時にうまくいかないことが何度かありそこは少し煩わしく感じることもありました。
また、有線接続も可能なのですが少し不安定に感じるかもしれません。

●どのような人におすすめできるか
今までヘッドフォンと痛みがネックだった人にはとてもおすすめです。見た目も洗練されていますし、持ち運ぶには少し大きいですが自宅使用であれば何も問題ないかと思います。

●気にする必要がなかったこと
クッションの替えが売っていたのでへたりやすいのかと少し心配していたが今のところ問題ありません。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

S.Fさんの口コミ

東京都 女性 30代 会社員(総合職)

ノイキャンしながら、音楽も重視したい人におすすめヘッドホン

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
良い音質のヘッドホンが欲しいと思い、3万円台で比較検討をしていました。
SONYやBOSEが音として好きそうだったので、試聴をしてBOSEを購入しました。

●予算感
購入前、購入後の予算は変化がなく、3万円台のものを購入しようとしていました。
元々Beatsのヘッドホンを愛用していて、もっとノイズキャンセリングが良くて音に没入できるモデルのヘッドホンを聴き比べている時にこちらBOSEのヘッドホンに惚れ込みました。

●迷った商品
なし

●決め手
ノイズキャンセリングがとても良いと思ったこと、音大きめで鳴らした時に音の出方がとてもアガる感じで好みだったことが購入の決め手です。

●懸念点
なし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
カラーはあえて白を買ったのですがつけていても可愛く、カバンの中で目立って良かったです。
ノイズキャンセリングで使っても街中が静かになるのも良くて。外とかで音楽を聴いていると、踊り出したくなるくらいの没入感を感じました。軽くてつけていても疲れにくく想像よりも良かった。ヘッド部分の長さ調整もきくので自分の頭にもフィットしました。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ヘッドホン全般そうですがケースも付属しますがサイズが大きいのでカバンに入らず持ち運びには向かないなと思いました。首にかけたりして街を移動していたのですが夏とかは少し蒸れますね。パーツが少しチープにも思えて折れちゃったら怖いなと思いました。

●どのような人におすすめできるか
BOSEのサウンドが好きな人には良い商品と思います、低音も私は出方が好きでした。でも重低音重視の人には弱く感じるかもしれません。

●気にする必要がなかったこと
低音弱いかな?と思っていましたが私としては気にならず好みでした。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
駆動方式
ダイナミック型
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大20時間
充電時間
最大2.5時間
対応コーデック
SBCAAC
ノイズキャンセリング
マイク
重量【g】
250 g
JVCケンウッド

XP-EXT1

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
連続再生時間
約12時間
充電時間
約4時間
マイク
サラウンド
重量【g】
330 g
アップル

AirPods Max

N.Lさんの口コミ

東京都 女性 10代 高校生・高専生

迷ったら買うべき!ノイズキャンセリングに優れたヘッドホン!

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
今、流行っていて、ヘッドホンが欲しかったため。また、ちょうどよくappleがキャンペーンを行なっていたため。

●予算感
もともとヘッドホンが欲しかったので、購入前は、appleのヘッドホンを買うか、sonyの、値段がもう少し安いものを買うか迷ったが、ヘッドホンランキングサイトなどで口コミを見たり、デザインが気に入ったものもあり、

●迷った商品
WH-1000XM4

●決め手
サイトを見て、機能的にはどちらも悪くない感じでした。でもapple愛用者、デザインを気に入ってることもあり、こちらを選ぶことにしました。

●懸念点
値段にあってない、重いという口コミをみて、本当に買って長く使えるか不安でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
やっぱりデザインが気に入っていただけあって、つけてみるととても可愛いです。
あまり、周りに持っている人が少ないような感じがして、そこもよかったです。周りの人にも可愛いと褒められました。
音質も思ったより良く、特にノイキャンが想像以上にすごくて、これをつけてると集中できます。(周りの音を気にせずに)そこが良かったです。

●使ってみた感想(悪かったこと)
口コミに書いてあった通り、重さは重かったです。つけたまま作業をすることがあったのですが、途中で首が疲れてつけるのをやめました。正直長時間つけるのには向いてないなと思いました。
充電の持ちは期待してなかったのですが、よかったです。

●どのような人におすすめできるか
長時間使いたい人には首が痛くなるのでお勧めできないです。だけど、高品質な音を聞きたい人、ノイキャンが欲しい人、おしゃれしたい人などにはお勧めです

●気にする必要がなかったこと
デザインや形が頭に似合うか心配でしたが、意外と大丈夫でした。誰にも似合います。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

のらりくらりさんの口コミ

滋賀県 男性 20代 大学生・大学院生

音楽と映画を1つのヘッドホンで完結

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
賃貸アパートに住んでおり、騒音を気にせず大音量で音楽や映画を楽しめるヘッドホンを探していたところ本商品を見つけて購入しました。

●予算感
予算は5万円?10万円程度で安物ではなく長く使えるような物を考えていました。他の条件は高音質なのはもちろんBluetoothに繋げることができる無線タイプのものでノイズキャンセリングモードを搭載しているものを探していたところ本商品にしました。

●迷った商品
sony wf1000xm4

●決め手
シンプルにアルミの筐体のデザイン気に入ったのが1番の理由です。また、ダイヤル式のボタンで音量調整、一時停止ができ見た目に無駄がないところも惹かれました。他にも、ノイズキャンセリングの強さや他のApple製品との親和性の良さあります。

●懸念点
音質がフラット過ぎて、他社のヘッドホンと比べると聞いていて飽きてしまうといった口コミ。側圧が強過ぎる口コミ。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
アルミの筐体やダイヤル式のボタンのデザインはとても気に入っています。Appleデバイスとの接続切り替えのし易さもとても便利です。また、イヤーパッドがメッシュになっており蒸れることなく使用でき、なおかつ、取り外して洗うことも可能でした。音の臨場感は空間オーディオが想定以上に良かったです。映画館にいるような迫力と跳ね返りの音が再現されており、すごい臨場感があります。

●使ってみた感想(悪かったこと)
電源のオン、オフが不便でした。電源ボタンがなく、付属のケースに入れたり外したりする事で勝手に電源が制御されているのでケースから出したままだとバッテリーを消費してしまうところは悪いと感じました。あとライトニングケーブルは不便すぎました。

●どのような人におすすめできるか
音楽と映画を1つのヘッドホンで完結させたい方におすすめできます。特に、映画で使用した空間オーディオの臨場感はダントツだと思います。

●気にする必要がなかったこと
個人的ではありますが側圧はそこまで気になりませんでした。

●その他
USB-cではなくライトニングケーブルを使用しなければならないところ。
もっと見る
レビューを閉じる
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス
駆動方式
ダイナミック型
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
最大20時間
ノイズキャンセリング
マイク
重量【g】
384.8 g
マーク・レビンソン

No5909

K.Mさんの口コミ

栃木県 男性 20代 会社員(一般職)

いつでもどこでも、貴方だけに送る最高の音楽体験を!

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
ネットの記事で見かけて、その外観とカタログスペックに興味を惹かれ、ちょうどお気に入りの有線イヤホンに近いサウンドが出せるワイヤレスヘッドホンを探していたため購入を検討しました。

●予算感
予算としては、20万以内程度で考えていて、お気に入りのイヤホンと同レベルのピュアサウンドが出せるなら高くてもいい!!という勢いでした。
結論から言うと、個人的には安い!と思ってました。
更に言うと、あの高級車であるLEXUSに搭載されるサウンドシステムのメーカーとあれば、音質において、まず間違いないだろうと思い、即決しました。

●迷った商品
なし

●決め手
購入の決め手としては、LEXUSのサウンドシステムで有名なMark Levinsonが、初のヘッドホンを発売した!という点でしょうか。
たとえば、BoseやBowers&Wilkinsは、サウンドシステムも充実していて、更にヘッドホン等にも着手していました。
しかし、Mark Levinsonはそれがまだなかったのです。
Mark Levinsonファンからしたら待望のヘッドホンだったのではないでしょうか。

●懸念点
人それぞれ味に好みがあるように。
どうしてもイヤホンやヘッドホンというアイテムには、人それぞれの好みの音があります。
○○さんが星5のレビューをしてる!
ナチュラルなサウンドが楽しめる!!
などなど。参考にはなるかもしれませんが、やはり聴いてみなくてはわからない。
正直そこだけは心配でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
梱包は高級感ある箱に入っており、全体的に大人びたパッケージとなっており、開ける段階から期待値が高まる事間違いなしです!

●使ってみた感想(良かったこと)
まずは何より、非常に仕上がりの良いアクティブノイズキャンセリング(以後ANC)が特徴でした!
ANCは、弱いと周囲の音を消し切れないし、だからと言って強すぎると、耳が変に詰まったみたいな感覚を覚え、ホワイトノイズのサーッ…という音が気になってしまう。
このヘッドホンは、そのバランスが非常に良く設定されています!
また、外音取り込み機能もあるため、周囲の人との会話も一応は可能です。(外音取り込み全般に言える事ですが、音量上げすぎるとダメですよ?)
次にBluetoothに関してですが、接続方式がワイヤレスだと現段階の最高値であるLDACに対応しており、ハイレゾ音源相当の超高音質が流せます!
LDACは、LDAC対応のミュージックプレイヤーと合わせる必要があるので、プレイヤーにもお金を使わないと本領を発揮させる事は残念ながら叶いません。
さて、肝心のサウンドに関してですが、これがまた最高に良いサウンドが楽しめます!
まずは高音域。私は高音域は、俗に言う抜け感といい、いかにクリアに、籠もらず、耳に刺さらない優しい音が出るかが1番重要と考えているのですが、このヘッドホンはホントに優しく柔らかく透き通った綺麗な高音域が再現されています。
次に低音域。低音は曲の迫力、サウンドの抱擁力。例えるならば打ち上げ花火。あれは大きい爆発音と存在感があるからこそ魅力が最大限に生きる。しかしながら、ただ音が大きければいいというわけじゃない。低音も同じく、ただ大きい低音が鳴れば良いわけじゃないと考えていて、いかに優しく響き渡るかが個人的に重要なポイントです。このヘッドホンは、満足感ある低音。そしてそれに対する低音の沈み込むような響き渡りが非常に良く再現されています。
最後に中音域。中音域は、曲のボリューム感。料理で言う旨味に値する部分だと思うのですが、ここの仕上がりが甘いと、ただ味が濃いだけの料理のような状態になってしまいます。
このヘッドホンは、しなかやな高音域。迫力がありつつ優しい抱擁力のある低音。この両者に消え入る事なく、しっかりと存在感があり、曲の仕上げをしてくれています。
なかなかこの3つのバランスが良いイヤホン、ヘッドホンに会うのは難しいのです。ましてやワイヤレスともなると更にハードルが上がってしまいます。
このヘッドホンは、そんな贅沢な悩みを一撃で解決しちゃうとんでもないヤツなのです。
このレベルのサウンドは、正直有線でバランス接続(イヤホンの左右の線を完全に分離する接続方式)とかしないと不可能なレベルなのです。
毎回使うたびに、これホントにワイヤレスなんだよなぁと驚愕します。
曲のジャンルに関してですが、完璧なまでのオールラウンダー。
J-POP、ロック、アニソン、演歌にクラシックにジャズにとなんでも合います。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ここまで絶賛しておいてアレなのですが、正直に言うと。これでも私が求めていたサウンドには届かなかったです。
もちろん、私が求めてるレベルがあまりにも高すぎた。その一点に尽きるのですが、私が求めていたのは、まるで目の前で演奏をしているかのような原音再生でした。
やはりどう頑張っても、超高級なスピーカーを使って音楽鑑賞をしている感覚が拭えなかったです。
それでも、このサウンドを、そしてワイヤレスで鳴らしている事。そこは間違いなく素晴らしい点です!

●どのような人におすすめできるか
私と同じように、目の前で演奏しているかのような生のサウンドを求めようとしている人には、若干の残念感を味わう可能性はあります。

●気にする必要がなかったこと
やはりこれだけのスペックを持っているので、バッテリーの持続時間は気になっていましたが、かなり持つので対して気にならなくなりました。

●その他
できればLDAC対応のプレイヤーを用意することを強くオススメします。
もっと見る
レビューを閉じる
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
駆動方式
ダイナミック型
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
約34時間(ANCオフ時)30時間(ANCオン時)
対応コーデック
SBCAACaptX AdaptiveLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
重量【g】
340 g

おすすめのワイヤレス高音質ヘッドホン|比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
ボーズ
JVCケンウッド
アップル
マーク・レビンソン
商品名
WH-1000XMシリーズ
NC700シリーズ
XP-EXT1
AirPods Max
No5909
説明
高性能ノイズキャンセリング機能で音楽に没入できるヘッドホン
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ワイヤレス
ワイヤレス
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
101 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0/Class1
Ver.5.0
Ver.5.0
Ver.5.1
連続再生時間
最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時)
最大20時間
約12時間
最大20時間
約34時間(ANCオフ時)30時間(ANCオン時)
充電時間
約3時間
最大2.5時間
約4時間
対応コーデック
SBCAACLDAC
SBCAAC
SBCAACaptX AdaptiveLDAC
ノイズキャンセリング
ハイレゾ
マイク
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
254 g
250 g
330 g
384.8 g
340 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
ソニー
WH-1000XMシリーズ
高性能ノイズキャンセリング機能で音楽に没入できるヘッドホン
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
101 dB
Ver.5.0/Class1
最大30時間(NC ON時)最大38時間(NC OFF時)
約3時間
SBCAACLDAC
-
-
254 g
2
ボーズ
NC700シリーズ
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ダイナミック型
Ver.5.0
最大20時間
最大2.5時間
SBCAAC
250 g
3
JVCケンウッド
XP-EXT1
95,800円
オーバーヘッド
ワイヤレス
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
約12時間
約4時間
330 g
4
アップル
AirPods Max
61,500円
オーバーヘッド
ワイヤレス
ダイナミック型
Ver.5.0
最大20時間
384.8 g
5
マーク・レビンソン
No5909
118,000円
オーバーヘッド
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
ダイナミック型
Ver.5.1
約34時間(ANCオフ時)30時間(ANCオン時)
SBCAACaptX AdaptiveLDAC
340 g
Bang & Olufsen

Beoplay HX

M.Cさんの口コミ

北海道 男性 30代 会社員(総合職)

高級感が漂いつつ、機能性を堪能できるヘッドフォン

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
前に使ったヘッドフォンのアクティブノイズキャンセリング機能が良くなかったので、買い替えを検討しました。

●予算感
今までヘッドフォンの予算は3万円以内と考えていた。
よく飛行機に乗っているので、エンジン音がいかにノイズキャンセリングできかの機能が一番大事で、その次は長時間装着でも耳が蒸れにくい素材です。
調べていくと、B&Oを見つけて、デザインはすごくお気に入りで、一度海外のB&Oストアで試着して、蒸れにくい事が確認できたので、予算を上げて国内の正規販売代理店で購入した。

●迷った商品
Beoplay portal

●決め手
Portalはゲーム専用で、耳当てはHXのほうが個人的に感触が好きだった。その他、HXの電池量はPortalより高く、40Hに対して28Hだったので、HXにしました。

●懸念点
特になし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特になし

●使ってみた感想(良かったこと)
今までないアクティブノイズキャンセリング機能でした。飛行機内でもすごく静かでした。重厚な低音がしっかり発揮してくれて、どんな音楽でも気持ちよく聞けました。そして、10時間以上つけっぱなししても蒸れにくくて、耳の回りがあまり汗かきませんでした。
想像以上に機能性が良かったです。そしてなんといっても高級感が漂って、気持ちも高揚させられました。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ボタン位置は、脱着時に指で握るところに設置してあるので、脱着時にボタンを不意に押してしまうことはたまにあります。一応外すときに自動的にポーズになる機能はあるが、ボタン押して、音楽を再生させてしまうことはたまにあります。

●どのような人におすすめできるか
室内しか使用しない人におすすめです。ノイズキャンセリング機能がいいので、周りのことが気づかないくらいノイズキャンセリングなので、若干危険ですね。

●気にする必要がなかったこと
ノイズキャンセリング機能は口コミを見ると人によっては夫々だったが、実際に使ってみると期待以上でした。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
95 dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.1
連続再生時間
最大35時間(Bluetooth、ANC使用時)最大40時間(Bluetooth使用時)
充電時間
約3時間
対応コーデック
SBCAACaptX Adaptive
ノイズキャンセリング
マイク
重量【g】
285 g

【有線】高音質ヘッドホンの人気おすすめランキング|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
エー・ケー・ジー
エー・ケー・ジー
オーディオテクニカ
エー・ケー・ジー
ゼンハイザー
ソニー
商品名
K812シリーズ
K872シリーズ
ポータブルヘッドホン ATH−WP900
K712 PROシリーズ
HD 400 PRO
MDR-Z7M2
説明
品質重視な方向け◎ナチュラルで正確な音が聴けるヘッドホン
ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
開放型(オープンエアー)
開放型(オープンエアー)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
96 dB
98 dB
100 dB
93 dB
110 dB
98 dB
Bluetoothバージョン
-
-
連続再生時間
-
-
充電時間
-
-
対応コーデック
-
-
ノイズキャンセリング
-
-
ハイレゾ
-
マイク
-
-
防水・防塵性能
-
-
サラウンド
-
-
重量【g】
398 g
390 g
243 g
298 g
240 g
340 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
エー・ケー・ジー
K812シリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
96 dB
398 g
2
エー・ケー・ジー
K872シリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
98 dB
390 g
3
オーディオテクニカ
ポータブルヘッドホン ATH−WP900
71,253円
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
100 dB
243 g
4
エー・ケー・ジー
K712 PROシリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
93 dB
298 g
5
ゼンハイザー
HD 400 PRO
31,018円
品質重視な方向け◎ナチュラルで正確な音が聴けるヘッドホン
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
110 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
-
240 g
6
ソニー
MDR-Z7M2
81,649円
ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
98 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
340 g
エー・ケー・ジー

K812シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
96 dB
重量【g】
398 g
エー・ケー・ジー

K872シリーズ

有線(ワイヤード)

K872-Y3

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
98 dB
重量【g】
390 g
オーディオテクニカ

ポータブルヘッドホン ATH−WP900

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
100 dB
ハイレゾ
重量【g】
243 g
エー・ケー・ジー

K712 PROシリーズ

Amazon での評価

(2024/06/01調べ)

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
93 dB
重量【g】
298 g
ゼンハイザー

HD 400 PRO

品質重視な方向け◎ナチュラルで正確な音が聴けるヘッドホン

本商品は、ゼンハイザーより発売されているナチュラルな音源を楽しめるモニターヘッドホンです。透明感のあるクリアな音質で、リスナーが聴いている音とほぼ同じように聴こえるのがポイント!本体は軽量設計で負荷なく使えますよ。ベロア素材でつけ心地がいいのも嬉しいです。

そのため、長時間装着したい方や、作業時間が長い方に最適です。より快適に音楽や作業を楽しみたい方にいいですよ。また、本体価格は.3万円以上するので、予算がしっかりある方に向いています。その分自然で正確な音を体感でき、高品質さを重視する方におすすめです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
110 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
-
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
240 g
ソニー

MDR-Z7M2

ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン

ソニーのワイヤードヘッドホンです。70mmという大きな振動板を採用し、生演奏のような響きを再現。振動板素材の相互作用により、クリアな音域表現と艶やかな中高音域表現が可能です。さらに、「フィボナッチ数列」を参考にした曲線パターンを用いたグリルにより、ハイレゾ音源の忠実な再生も実現していますよ。

本商品は、とにかく音質にこだわりたいヘッドホン上級者におすすめです!360立体音響技術によって、全方位を高音質なサウンドに包まるような音楽体験ができますよ。また、快適な装着感を実現するデザインなので、良質な音楽に長時間没入していたい方にもおすすめです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度【dB】
98 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック
-
ノイズキャンセリング
-
ハイレゾ
マイク
-
防水・防塵性能
-
サラウンド
-
重量【g】
340 g

おすすめ高音質な有線ヘッドホン|比較一覧表

商品画像
メーカー
エー・ケー・ジー
エー・ケー・ジー
オーディオテクニカ
エー・ケー・ジー
ゼンハイザー
ソニー
商品名
K812シリーズ
K872シリーズ
ポータブルヘッドホン ATH−WP900
K712 PROシリーズ
HD 400 PRO
MDR-Z7M2
説明
品質重視な方向け◎ナチュラルで正確な音が聴けるヘッドホン
ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
開放型(オープンエアー)
開放型(オープンエアー)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度【dB】
96 dB
98 dB
100 dB
93 dB
110 dB
98 dB
Bluetoothバージョン
-
-
連続再生時間
-
-
充電時間
-
-
対応コーデック
-
-
ノイズキャンセリング
-
-
ハイレゾ
-
マイク
-
-
防水・防塵性能
-
-
サラウンド
-
-
重量【g】
398 g
390 g
243 g
298 g
240 g
340 g
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 タイプ 接続タイプ 構造 駆動方式 音圧感度【dB】 Bluetoothバージョン 連続再生時間 充電時間 対応コーデック ノイズキャンセリング ハイレゾ マイク 防水・防塵性能 サラウンド 重量【g】
1
エー・ケー・ジー
K812シリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
96 dB
398 g
2
エー・ケー・ジー
K872シリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
98 dB
390 g
3
オーディオテクニカ
ポータブルヘッドホン ATH−WP900
71,253円
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
100 dB
243 g
4
エー・ケー・ジー
K712 PROシリーズ
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
93 dB
298 g
5
ゼンハイザー
HD 400 PRO
31,018円
品質重視な方向け◎ナチュラルで正確な音が聴けるヘッドホン
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
開放型(オープンエアー)
ダイナミック型
110 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
-
240 g
6
ソニー
MDR-Z7M2
81,649円
ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン
オーバーヘッド
有線(ワイヤード)
密閉型(クローズド)
ダイナミック型
98 dB
-
-
-
-
-
-
-
-
340 g