ソニー MDR-Z7M2の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥68,800
ソニー MDR-Z7M2 イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー MDR-Z7M2 イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/13 更新

ランク王編集部

ハイレゾ音源を忠実に再現!高音質にこだわり抜いたヘッドホン

ソニーのワイヤードヘッドホンです。70mmという大きな振動板を採用し、生演奏のような響きを再現。振動板素材の相互作用により、クリアな音域表現と艶やかな中高音域表現が可能です。さらに、「フィボナッチ数列」を参考にした曲線パターンを用いたグリルにより、ハイレゾ音源の忠実な再生も実現していますよ。

本商品は、とにかく音質にこだわりたいヘッドホン上級者におすすめです!360立体音響技術によって、全方位を高音質なサウンドに包まるような音楽体験ができますよ。また、快適な装着感を実現するデザインなので、良質な音楽に長時間没入していたい方にもおすすめです。

編集部おすすめの記事

MDR-Z7M2の基本スペック

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
プラグ形状
標準プラグ/ミニプラグ/4.4mmバランス
インピーダンス 【Ω】
56 Ω
音圧感度 【dB】
98 dB
再生周波数帯域
4Hz〜100kHz
ドライバサイズ 【mm】
70 mm
コード長【m】
1.2 m
最大入力
2000 mW
リケーブル 
ハイレゾ 
カラー
ブラック系
重量【g】
340 g

MDR-Z7M2の通販サイト比較

楽天 ¥79,800

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥68,800

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥79,800

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応ものサムネイル画像

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応も

2022/05/23

【最新版】10万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】10万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【こだわりたい貴方に】価格別!高級ヘッドホンのおすすめ【23選】のサムネイル画像

【こだわりたい貴方に】価格別!高級ヘッドホンのおすすめ【23選】

2021/12/15

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【2022最新】密閉型ヘッドホンおすすめ28選完全版|失敗しない選び方のサムネイル画像

【2022最新】密閉型ヘッドホンおすすめ28選完全版|失敗しない選び方

2021/12/15

【最新版】3万円以上の密閉型有線ヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】3万円以上の密閉型有線ヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ハイレゾヘッドホンのおすすめ17選!|詳しい選び方もご紹介のサムネイル画像

ハイレゾヘッドホンのおすすめ17選!|詳しい選び方もご紹介

2021/12/15

【最新版】ハイレゾ対応の有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ハイレゾ対応の有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルものサムネイル画像

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルも

2021/12/15

【最新版】ハイレゾ対応のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ハイレゾ対応のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】ソニーの有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【2022年最新】ヘッドホン最強おすすめ13選|おすすめメーカーも紹介のサムネイル画像

【2022年最新】ヘッドホン最強おすすめ13選|おすすめメーカーも紹介

2021/12/14

【2022年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!のサムネイル画像

【2022年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!

2021/12/14

【最新版】音質重視!有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】音質重視!有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【徹底解説】ヘッドホンのドライバーってなに?種類や特徴を詳しく解説のサムネイル画像

【徹底解説】ヘッドホンのドライバーってなに?種類や特徴を詳しく解説

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説しますのサムネイル画像

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説します

2021/12/14

【最新版】5万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

あなたは音漏れ大丈夫?|遮音性の高いヘッドホンをご紹介します!のサムネイル画像

あなたは音漏れ大丈夫?|遮音性の高いヘッドホンをご紹介します!

2021/12/13

【最新版】高音質の密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】高音質の密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】有線のオーバーイヤーヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】有線のオーバーイヤーヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【2022年最新】ソニーヘッドホンおすすめ12選|人気シリーズを詳しく解説!のサムネイル画像

【2022年最新】ソニーヘッドホンおすすめ12選|人気シリーズを詳しく解説!

2021/12/03

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットものサムネイル画像

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットも

2021/11/16

【最新版】有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/12

ソニー(SONY)

ソニー SONY ステレオヘッドホン バランス接続対応 ケーブル着脱式 ハイレゾ 大口径70mm振動板 MDR-Z7M2

価格:60,746円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
ステレオヘッドホン MDR-Z7M2
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
標準プラグ/ミニプラグ/4.4mmバランス
コード長
1.2m
その他機能
リケーブル、ハイレゾ

MDR-Z7M2はイヤーパッドに低反発ウレタンフォームを採用することにより、長時間でも快適に装着できるように設計されています。

 

長時間の使用でも耳への負担を最小限に抑えることで、ストレスもしっかりと軽減してくれます。

MDR-Z7M2はワイドレンジのスピーカーを搭載しているため、幅広い帯域の音を表現してくれます。

そのため、ハイレゾ音源のような高音質なものも細かい部分までしっかりと表現でき、今ままで感じたことのない音質を再現してくれます。

MDR-Z7M2はイヤーパッド部分にハウジングに設けた通気孔があるため空気の流れを調節することで低音をしっかりとコントロールしてくれます。

 

振動板の動作を最適化することで、正確なリズムを再現してくれます。

MDR-Z7M2はハイスペックなヘッドホンで、ワイドレンジ対応で音質がよく聴こえます。

しかし、ヘッドホンのスペックが高くてもオーディオ自体のスペックが低いと安いヘッドホンと違いがそこまでわからないと感じる方が多いようです。

 

ハイスペックな分オーディオのスペックも求められてしまうのでお金がかかってしまうというデメリットがあります。

ヘッドホンを屋外で使用する場合音漏れのしにくさは重要なポイントです。

しかし、MDR-Z7M2は低音のハウジングを防止するために通気孔があるため、音漏れが気になってしまうという口コミが多くあります。

 

屋外で使用される際には注意が必要のようです。

MDR-Z7M2は音質を求めるため屋外への携帯性が低いヘッドホンいなってしまっています。

そのため、収納の面でも欠点が多く、屋内用としてしか使用できなくて残念と感じている方が多いようです。

 

外出用で購入を検討されている方は注意が必要のようです。

MDR-Z7M2はワイドレンジに対応しているヘッドホンですが、高音域がクリアに聴こえずキツイと感じてしまうという口コミが多くあります。

 

また、高音域だけではなく、中音域のボーカルもきつく聴こえてしまうという意見があります。

そのため、聴く人にもよりますがクリアに聞きたいという方はアプリでの設定をいじって調節しなければいけないようです。

ヘッドホンは長時間使用することが多いものです。そのため、いかに疲れないか、痛くならないかという点が重要になります。

 

MDR-Z7M2はイヤーパッドに低反発のウレタン素材を採用しているため、長時間の使用でも痛くなることがなく快適という口コミが多くあります。

 

MDR-Z7M2はワイドレンジ対応で、幅広い音域に対応しているヘッドホンです。

特に、高音域がよく聴こえて、金管楽器の音などが鮮明にリアルに聴こえるという口コミが多くあります。

 

オーケストラやクラシックをよく聴く方としては大きなメリットと言えます。

MDR-Z7M2は本体に高品質な素材で作られています。

そのため、全体的に高級感のある外見で、満足しているという口コミが多くあります。

 

マッドなデザインで、なおかつシンプルという点は周りのインテリアとも合わせやすいというメリットがあるようです。

これ使うんならsonyの30万弱するWALKMAN使わないと良さが分からない。 それ以下の携帯から聴くんなら3万も7万も15万も変わらない。

出典: https://www.amazon.co.jp

音質が高い分、低品質なミュージックプレイヤーを使用すると安いヘッドホンと違いがそこまでわからないという口コミが多くあります。
開放型並みに盛大に漏れます。恐らくハウジングの通気孔が増えたためでしょうか。

出典: https://review.kakaku.com

密閉型のヘッドホンなのに開放型並みに音が漏れてしまうという口コミが多くあります。 外出など公共の場で使用するには注意が必要のようです。
【携帯性】 屋内使用専用と考えて良いでしょう。 頑張れば屋外でも使用可能でしょうが、前述の音漏れも併せて衆人から後ろ指を指される覚悟が必要かと思います。

出典: https://review.kakaku.com

音質、品質の高いためか、携帯性に優れていないようで、屋外で使用できないという口コミが多くあります。 屋外で使用できないのはデメリットと言えます。
MDR-Z1R同様でボーカルやいろんな場面で 相変わらずきつい音しますね、 ホームオーディオでもウォークマンでも

出典: https://review.kakaku.com

高音域に対応していますが、音がクリアではなく、きつく感じてしまうことがあり残念という口コミがあります。 ミッドレンジの音もきつく聴こえてしまうようです。
長時間リスニングに耐えられます。

出典: https://www.amazon.co.jp

イヤーパッドが低反発ウレタン素材で長時間でも疲れなくて満足しているという口コミが多くあります。 長時間使用できるのは大きなメリットと言えます。
楽器はよりリアルに。いろんな音が聞こえるし、ボーカルは艶やかに。

出典: https://www.amazon.co.jp

高音質に対応していて、聴いていても安いヘッドホンとは全然違うという口コミが多くあります。高音域が特に綺麗のようです。
外観は高級感がある。

出典: https://review.kakaku.com

本体に高品質な素材を使用しているため、外観に高級感があり、満足しているという口コミが多くあります。 ただ、厚みがあり、微妙と感じてしまう方もいるようです。
かなり低い低音も出るので満足です。

出典: https://review.kakaku.com

聞こえる音域が広く、かなり低い音まで聴こえて満足しているという口コミが多くあります。 ワイドレンジに対応しているということはかなりメリットのようです。
ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン MDR-1AM2 S : ハイレゾ 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続 Φ4.4ケーブル同梱 リモコン/マイク付き 2018年 シルバー

価格:26,406円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MDR-1AM2はMDR-Z7M2の下位互換の製品で発売は同じ2018年モデルです。

 

MDR-Z7M2とMDR-1AM2の大きな違いは「コードタイプ」「ドライバサイズ」「持ち運びのしやすさ」です。

 

コードタイプですが、上位モデルであるMDR-Z7M2は両側ですが、MDR-1AM2は片側です。

コードタイプは両側に搭載されている方が、遅延の面や音楽データのやりとりの際に円滑に行うことができるというメリットがありますが、片側の方がコードが邪魔にならないという面もあります。

 

ドライバサイズですが、上位モデルであるMDR-Z7M2は70mmですが、MDR-1AM2は40mmとなっています。ドライバサイズは数値が大きいほど高音質とされているため、音質の面ではMDR-Z7M2の方がかなり優れているということがあります。

 

持ち運び面ですが、上位モデルであるMDR-Z7M2は持ち運びの面より、音質にシフトされているので持ち運びはしづらいです。しかし、MDR-1AM2は折りたたみ機能やリモコンの搭載など、屋外でも快適に使用できる設計となっています。

 

その他の基本的なスペックの面ではほとんど変わりません。

 

価格の面では上位モデルであるMDR-Z7M2の方が3万円弱高くなっています。

 

結論として、高音質で外出先でも楽しみたいという方はMDR-1AM2をおすすめします。

しかし、自宅でしか使用しない、さらに高音質を楽しみたいという方はMDR-Z7M2をおすすめします。

Sony

ソニー SONY MDR-Z1R

価格:204,496円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MDR-Z1RはMDR-Z7M2の上位互換の製品で発売時期は2016年モデルです。

 

MDR-Z7M2とMDR-Z1Rの大きな違いは「周波数帯域」「インピーダンス」「音圧感度」です。

 

周波数帯域ですが、MDR-Z7M2は4Hz~100kHzですが、上位モデルであるMDR-Z1Rは4Hz~120kHzとなっています。

周波数帯域は低音から高音までの音域の広さを表しているもので、MDR-Z1Rの方が幅広い高音域に特化していると言えます。

 

インピーダンスですが、MDR-Z7M2は56Ωですが、上位モデルであるMDR-Z1Rは64Ωとなっています。インピーダンスは電力の抵抗を表す数値で、値が小さいほど音が大きくなります。

 

音圧感度ですが、MDR-Z7M2は98dbで、上位モデルであるMDR-Z1Rは100dbとなっています。音圧感度は数値が大きいほど大きな音を出力することができます。ただし、おなつかんどは音量のみで、音質に関係はありません。

 

その他の基本的なスペックとしては違いはありません。

 

価格としては上位モデルであるMDR-Z1Rの方が10万円弱高くなっています。

 

結論として、価格の面でも大きな差がありますが、長く使用すると考えれば音域で大きく違うのでMDR-Z1Rをおすすめします。

ソニー(SONY)

ソニー SONY ステレオヘッドホン バランス接続対応 ケーブル着脱式 ハイレゾ 大口径70mm振動板 MDR-Z7M2

価格:60,746円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー MDR-Z7M2 ヘッドホンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

MDR-Z7M2は有線のヘッドホンですがハイレゾなどの高音質を聴けるハイスペックなヘッドホンになります。幅広い音域にも対応しているので音楽の幅が広がるというメリットもあります。

 

しかし、携帯性の面や、音漏れの面などでは他製品に劣っている部分もあります。

 

評価として、MDR-Z7M2は自宅で高音質な音楽を楽しみたい方、映画鑑賞を臨場感ある雰囲気で味わいたい方におすすめです。

 

ヘッドホンは音域が広がったり、ドライバサイズなどで、価格が大きく異なってしまう製品のため、上を見てしまうとキリがなくなってします。

なので、自分の中で最低限この音質は欲しいということを明確にすることが重要です。

そこから欲しい機能と価格を照らし合わせて、自分にあったヘッドホンを探してみてください!